豚骨ラーメン

2017年04月13日

門司区 ラーメン 敦敦敦 ラーメンAセット(ラーメン、半チャーハン、餃子)

大神商店のベアーです。

朝から現場へ直行して、いろいろと打ち合わせ。資料を作成して配布そんな感じを繰り返しつつ今月の実働日数も半分ほどになったなぁと常々。
残り半分の期間で仕事を終わらせないとと考えます。
なんにせよとりあえずランチだ。
門司の御所神社の近くにいましたので、前々から気になってたラーメン屋に行ってみようと言う事で。

DSC_1507
ラーメン 敦敦敦さんです。
通りから奥にラーメンの文字と敦敦敦の看板名は見えるんですが、なんにしても一本中の通り。
どうしても入ろうかなぁと悩むほどで。
久しぶりにこのあたりをふらふらとしていたので、いい機会。早速訪問です。

DSC_1508
入口にセットメニューの写真がしっかりと。
とりあえず中にと言う事で引き戸を開けて店内へ。
中は手前にテーブル席、奥にカウンターの作り。
12時過ぎほどでしたが、お客さんはまだいない様子。
1人である旨を伝え、カウンターの中央に座りつつメニューを拝見。

DSC_1509
さすがは、横にパチンコ屋があるラーメン屋。ホルモン焼きもランチタイムを過ぎたら可能な様子。
ホルモン焼きも気になります。
高菜、キムチのトッピングが替玉クラスと意外に侮りがたし。そんな事を考えつつセットメニューだなぁと言う事で。
Aセットをお願いしました。
スッとおばちゃんがスポーツ新聞をカウンターへ。
少し眺めつつ待ってましたら配膳です。

DSC_1510
ラーメンに

DSC_1511
半チャーハンに餃子。
早速いただきます。
スープをレンゲでいただきます。
アッサリ系。油っぽさは感じず。クセも特段感じず。飲みやすい感じ。
小倉駅構内6番乗り場の立ち食いラーメンに近い感じだなぁと思いながら。
麺は細麺ストレート。小麦の香りを感じつつ。つるりとした食感。シコシコ系。
ズズズと啜りながらのど越しを堪能。
チャーシューは厚めの煮豚系。いい脂感でしっかりとしたタレの染み具合。
きくらげのコリコリ感を堪能しながら。
あまりクセが無いので、途中でニンニクを少々追加しつつさらに食べ進む感じで。
さてと言う事で半チャーハンをいただきます。
いため具合は少し油系のいため具合。しっとりとかつ結構な具材入り。
玉ねぎの甘味と食感がしっかりと。いい旨みで。
このチャーハン意外にいいなぁとおもいながら。チャーハン大盛でもいいかもとふと思いつつ。
餃子は博多一口餃子程度の大きさ。
焼き面は少ししんなり。蒸し面は少し水分が多めな感覚。
餃子の皮がくっついて、分けるたびに少し破れる具合で。
パリッとした焼き面のほうが好みだなぁとか考えつつ。
替玉をいただこうか悩んだ結果本日はこれまで。
少し健康診断までに節制を行う気持ちで。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
絶品という感じではないですが、まぁ普通の言葉がよく似合う感覚で。
ラーメンAセットで850円と替玉を追加しても1,000円だなぁとか思いつつ。
福岡県北九州市門司区柳町1-8-8

TEL:093-372-0753
営業時間 11:00~19:30(月曜定休日)
ラーメン 敦敦敦

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 21:55|PermalinkComments(0)

2017年04月09日

宗像市 爽風亭 ラーメンCセット(こくまろラーメン、チャーハン)

大神商店のベアーです。

日曜日と言えどもこの時期は忙しく、会議の出席に議事進行などなどをこなしながら。
クタクタになって朦朧とした意識の中でと言う感じではないですが、なにかとやることが多くたまり、これはやばい。そんな具合で。
朝から一つ現場をこなして、さぁどうしようか。
本日はこれにて終了ですが、何か食べに行かないとなぁと言う事で車で少し3号線を走ります。
戸畑→八幡→黒崎→折尾と横目で通り過ぎるのを見ながら特段あてもなく進みます。
このまま博多にラーメンでも食べに行こうかなぁとかを頭によぎらせながら。
そういえば、ラーメンといえばいつも気になってたけど入れない店があったなぁと思い出し、寄ってみることに。
目的地は決定です。

東郷を過ぎて3号線を南下。
見えてきます爽風亭さんの建物。下り車線からの入口は無く、先の信号でUターン。坂を上ったあたりに駐車場入り口が。早速止めて店に向かいます。

DSC_1493
爽風亭さんです。
宗像に地縁があった頃から見てはいたんですけど、のぼり車線側にしか入口が無いのでなかなか寄る機会を得れず。ようやく今日念願かなって。そんな感じ。
木目の扉を開けると内扉が。さらに奥に進むと木の風合いを前面に出した店舗の作りで。
1人である旨を伝え入口付近のカウンターに座ります。

DSC_1494
セットメニューを見ながら。さぁどうしようかな?と。ほかのメニューを見てたらどうやら一風堂さん仕込みのスープの提供との事。修行されてたのかな?そんな事を考えつつ。ならばと言う事でCセットのこくまろラーメンをいただくことに。
注文をしてお冷をいただきつつ。
その間にも結構な客入り。13時半程度と少し時間を外れた時間でもあとからあとへとお客さんが入ってこられる様子。
結構な有名店?そんな事を考えつつ待ってましたら配膳です。

DSC_1495
Cセット。

DSC_1496
ラーメンアップに

DSC_1497
チャーハンと言う事で。
早速いただきます。
スープを一口。マー油が乗ってないあたりにレンゲを差し込んで一口二口と。
コク深め、脂ギッシュな感じのスープ。いい風味。たしかに前知識で一風堂さんの名前を見てたのでそんな感じのスープだなぁとか思いながら。
麺は細ストレート。茹で具合は普通でお願いしました。シコシコ系でのど越しスッキリ。
ズズズと啜りながら。
具は多め。もやしに、きくらげ。大判なチャーシューが一枚。もやしの上に豆板醤系の辛味ダレ。辛味ダレに少し酸味あり。そんな具合で。
もやしはシャキシャキとした茹で具合。脂ギッシュなスープなのでそれほど水っぽさを感じず。
きくらげも食感コリコリで結構な量が。
麺を啜るのに、若干邪魔だなぁ的な感想を持つほどの量。
辛味ダレを溶かしてスープに馴染ませると、また少し風貌が変わる感じで。
濃いめのスープにピリッとした辛味が加わりそれはそれでいい感じ。
チャーシューも大き目でトロトロ食感。オイリーな具合でパサつく感じはまるでなく。
しっかりとした一杯。濃いめな感想。
さてチャーハンと言う事で。
ゴロゴロと大き目なきざみチャーシューがふんだんに。
玉子とネギとニンジンのみじん切り。パラっとした仕上がりと言うより、少し油感が残る仕上がりで。
味は濃いめ。塩辛さをそこまで感じず。
ねぎのシャキシャキとした食感にきざみチャーシューがうまいなぁと。
しっかりいただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
入り難さで寄ってなかったですが、これは中々。
そのうちまたにでも。
ラーメンCセットで1,000円。替玉をいただこうと思いましたが、またの機会に。
福岡県宗像市村山田742

TEL:0940-36-0182
営業時間 月~土11:00~16:00/18:00~24:00 日曜日11:00~24:00
爽風亭

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:43|PermalinkComments(0)

2017年03月26日

戸畑区 食堂&肉バル Otudane(オツダネ) 薬膳カレー大盛、牛タンねぎ塩ラーメン

大神商店のベアーです。

久しぶりに戸畑の現場へと言う事で。
午前中の業務をサッと終わらせて、午後に向けての英気を養う。そんな事を考えながらランチについて少し悩みつつ。
駅周辺の食べる所を考えると結構限られてるなぁと常々。
久しぶりに駅裏の蕎麦をいただきにいこうかなぁとか。
八福さんが店を閉めたのは残念だなぁとか。
そういえば、少し前にウナギのいち川さんの近くに食堂の文字を見かけたなぁと言う事で。本日はそこに行ってみようと心に決めつつ、昼休みを迎えます。
休憩時間になったので、早速向かう事に。

DSC_1359
食堂&肉バル Otudaneさん。昼は食堂、夜は肉BARだそうで。入口は左側。いち川さんの隣に大き目な看板が目立つ様子で。

DSC_1360
おススメメニューが看板に書かれてました。
早速店内へ。
引き戸を開けて中に入ると、少し暗めな店内。内装はそこまで凝ってはなく。
大き目な音で和楽器バンドの千本桜が流れてたりと。
店員さんが誰もいない感じなので、厨房付近に顔を出して1名である旨伝えるとお好きな席へ案内。
中央の大きなテーブルに座ってさぁどうしようかと思案。

DSC_1363
お冷ではなく、温かいそば茶が。春先の気候ですが少し肌寒い季節にはちょうどいい具合。
近くに貼ってあるPOPなどを見つつ、メニューが運ばれてきたので早速確認と言う事で。

DSC_1361
看板に書いてあった牛タンねぎ塩ラーメンとか。

DSC_1362
カレーなどなど。その他ラーメンも提供されてる様子。
ワイン唐揚げがメディアで取り上げられ、おススメ商品の様子。
牛タンねぎ塩ラーメンと薬膳カレーを大盛でお願いし少し待つことに。
あとからランパスを持った夫婦が来場。注文をしつつ。土曜の昼下がりでこのくらいの客入りかな?とかちょっと思いつつ。
携帯を少しいじりながら待ってますと配膳されました。

DSC_1364
薬膳カレーに

DSC_1366
牛タンねぎ塩ラーメン。
ねぎ塩だれが乗った豚骨系。
まぁ定食屋さんな感じだなぁという第一印象。
早速ラーメンからいただきます。
スープはあっさり目の豚骨にガラ。少し甘味を感じるほど。
チャーシューの代わりに炙り牛タンが乗ってる感じですが、タン先の歯ごたえを感じる部位。少し噛みごたえを味わいつつ。麺は細ストレート。デポ茹でで、少し麺が絡み気味。
ねぎの青みが結構感じられるほどの風味、香り。
海苔ときくらげはまぁこんな感じかな?と
全体的に少しぬるめな印象。

次に、薬膳カレーと言う事で。
ルゥは粘度が高くボテっとした感じ。
野菜も肉もしっかり溶け込んでスパイス感はそこまで感じず。
旨みはしっかりと。
口の中にボテっとした印象が残る感じのルゥ。
ご飯は普通。
ラーメンの麺から先にいただいた事もありつつも全体的にぬるめな印象。
もう少し湯気立つアツアツのほうが好みだなぁとか感じながら。
ごちそうさまでした。
牛タンねぎ塩ラーメンと薬膳カレーで1,500円行かないほどで。
腹は満たされましたが、満足度は低いかなぁとか。
福岡県北九州市戸畑区新池2-11-8

TEL:093-616-1329
営業時間 11:00~15:30/17:00~23:00(日・祝日定休日)
食堂&肉バル Otudane(オツダネ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:55|PermalinkComments(0)

2017年03月23日

糟屋郡宇美町 扇龍ラーメン ダブルラーメン、替玉

大神商店のベアーです。

所用で博多経由で目的地まで行くことに。
出発したのはお昼前ですが、どこかで飯でもと思いつつ。
久しぶりに須恵の三洋軒さんとか行ってみたいなぁと思いながら古賀の交差点を曲がりひたすら太宰府方面へ。
時間的に閉まってるかな?と思いながら言ってみますが、やっぱり売り切れ閉店。
まぁ仕方がないと言う事でさらに太宰府方面へ。
時間は中途半端な時間帯。だいたいの店は休憩時間に突入だろうなぁと。
朝倉付近か原鶴付近でうどんかな?と思いながら走ってると、ふと思い出す扇龍ラーメンさん。
太宰府までの道で昔行ってたなぁと言う事でなつかしさもあり、寄ってみることに。

DSC_1321
扇龍ラーメンさん。以前はもっと福岡寄りの反対車線で営業をされてましたけど、こちらに移転です。
記憶にあるのはいきなり団子を販売してた店も長屋のテナントに入ってたなぁと。
しみじみ。
早速暖簾をくぐり店内へ。
カウンターで1人食事中。
テーブル席等もあり広めな造り。
カウンターの席を2つほど飛ばして座ってさぁどうしようかな?と。

DSC_1322
手元にあったメニューを拝見。よくいただいてたメニューもしっかりと。
ラーメン1杯ワンコインの驚きのリーズナブルさがなんとも。

DSC_1323
と言う事でよくいただいてたダブルラーメンをオーダーです。
携帯をいじり、漫画はじめの一歩を数ページ眺めてたら配膳されました。
早速いただきます。
スープを一口、二口。柔らかめの仕上がり。脂っぽさや、香辛料のガツンとした刺激を感じず。コラーゲンがしっかりと溶け込んだ若干粘度があるようなスープの仕上がり。
豚骨の臭みもそこまで感じず。懐かしい豚骨ラーメンの風貌。
麺は細麺ストレート。かん水多めで若干黄色が強く感じる仕上がり。
シコシコとした食感。つるりとのどを通しつつ。
きくらげのコリっとした食感をアクセントでいただきながら。
チャーシューは柔らかめ。オイリーと言うほど脂っぽさはないですが、適度にとろける仕上がりで。
パサつく感じは無く。ホロホロと崩れるくらいの柔らかさ。肉っぽさを感じず。

DSC_1324
替玉をいただきました。チャーシュー1枚ついて来るスタイルで。
ズズズと啜りながらがっつりと。
玉子はハードボイルドで半分で。スープに沈めて余熱と出汁を少し黄身に吸わせていただくスタイル。
若干粘度のあるスープをしっかりいただき完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
久しぶりにいただくラーメン。なつかしさを思いながら。
ダブルラーメンに替玉で650円とリーズナブルな価格で。もう少しスープに熱があればさらに良かったなぁとそんな感じで。
福岡県糟屋郡宇美町桜原1-2-36

TEL:092-933-1425
営業時間 11:00~21:00(第1・3月曜定休日)
扇龍ラーメン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:08|PermalinkComments(0)

2017年02月15日

門司区 ラーメン食堂 暖や ラーメン、替玉

大神商店のベアーです。

門司区大里で3号線を北上。駅より少し先にあったラーメン屋 ちろるさんが通っても締まってるなぁと横目で見ながら往来です。
このあたりは桂順さんとかあるし厳しいのかな?などと考えながら業務をこなしておりました。
そんな日常を繰り返しつつ、昨日もまたふと通りを見てみると花輪が立ってて車が止まってる様子。
新しいテナントが入ったのかな?と横目で見ながら通り過ぎるとラーメン食堂の文字が。
再度ラーメン屋さんが入ったんだなぁと。
ならば一食行かねばと使命感を感じつつUターンして訪問です。

DSC_0928
門司区 ラーメン食堂 暖やさん特段大きな看板等も無く、この花輪が無かったら少し気付かない感じでした。
暖簾も裏返って奥にあり少し見えにくい感じ。

DSC_0929
焦げ茶に塗装された板に営業中の文字が。手作り感が中々。
早速扉を開けて店内へ訪問です。
作りはちろるさんと変わらない感じで。ただ、食券の券売機が無いのでオーダー制の様子。
そこそこに人が入ってます。カウンター中央あたりの席がたまたま空いたのでそこへ座りさぁどうしようかと。

DSC_0930
メニューもこんな感じですが、これから増える様子。
唐揚げとかチャーハンもいずれの様子で。
早速なので、ラーメンをお願いします。
カウンター奥で調理が続いております。
湯切りのデボがビシャッと音を立てつつ麺の茹で上がりを知らせる感じで。
少し待ってましたら配膳されました。

DSC_0931
ラーメンです。
スープを一口。若干脂でのとろみを感じますが、少々アッサリとした感じで。
脂っぽくはそこまで無いにしても浮いてる感じはあるなぁと。
尖った感じも無く、主張は控えめな感じ。
麺は中細ストレート。
少しもっさりとした食感ですが、ズズズと啜りつつスープと共に麺を胃に入れます。
チャーシューはバラ肉。オイリーで噛んでもパサつく感じも特段無く。
煮豚ですが、そこまで濃く味が染みてる様子ではなく。少しスープに浸けて脂をとろけさせていただく感じで。
ネギときくらげの食感をスープと共に堪能しながら。

DSC_0932
替玉です。
元ダレは別皿で配膳されお好みで使ってくださいとの事。入れて少しスープを確かめつつ辛くならない程度に投入。
ズズズとさらに啜ります。
ゴマを投入、胡椒は白コショウで入れると風味がより鮮明に。
そんな感じで完食です。
ごちそうさまでした。とりあえずOPENしたての味を堪能です。
麺を食べ終わったあとのスープが意外に印象に残った感じで。
ラーメンに替玉で700円。まぁそんな感じで。
福岡県北九州市門司区黄金町2-24

TEL:
営業時間 
ラーメン食堂 暖や

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:19|PermalinkComments(0)

2017年02月04日

小倉北区 玄徳ラーメン セット(ラーメン、やきめし)

大神商店のベアーです。

小倉南区の曽根付近から徳力地区の方向へ移動し、そこから北区の繁華街三萩野方向へと移動。
普段から車の利用はかなり多めで、今年の4月に買い直した車の走行距離がそろそろ5万キロを超そうとする勢い。まぁ福井まで行ったりとか、和歌山まで行ったりとか、宮崎まで行ったりとか。まぁ年間5万キロは正直ちょっとやりすぎだなぁ。
モノレール沿いの道から一本外れた道を走行しながら、今日はなにを食べようか。そんな思考を行いつつ。
小倉の町中でいただくのもいいし、このあたりでいただくのもいいし。
そういえば、元徳ラーメンさんとか行ってないなぁと思い出したので、寄ってみることに。
いったん通り過ぎて一方通行の道を順に迂回し、駐車場へ。

DSC_0826
前職の時は近くに事務所があったので年に1、2回ほどのペースで寄ってたような記憶。
だいぶ焼けて色が落ちた暖簾をくぐり店内へ。
店の中は意外にきれいな感じに。前は座敷があったようなそんな記憶ですが、テーブル席がずらりと。
カウンターに座って水を飲みながら、さてと。

DSC_0827
メニューを拝見。セットのラーメンとやきめしをお願いします。
店内に流れるテレビの音。お昼前のニュースが流れる中調理開始。
おかみさんがやきめしを。大将がラーメンを作りながら。
少し待ってましたら配膳されました。

DSC_0828
ラーメンにやきめし

DSC_0829
ラーメン単体と

DSC_0831
やきめしという事で。
早速いただきます。
スープはあっさりと、とろみはなく少し香りが強めな感じで。
濃すぎず、塩味もそこそこで。
しっかりと黒コショウの風味を感じるほどに。
麺は中細ストレート。少し歯ごたえがあるほどでシコシコと
麺をすすりつつスープをいただく感じで。
チャーシューはモモ肉かな?少しパサつきを感じますがスープに浸してウェットな感じで。
もやしのシャキシャキ感を歯ごたえでいただきながら。
途中でゴマを振りつつさらにいただきます。
さて、やきめしという事で。
少し油分が多めな具合で。卵に刻みチャーシューと玉ねぎなどなど。
味は上々でパクパクといただきつつ、スープを飲み干す。
しっかりと完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
まぁ昔ながらのラーメン屋といった感じがノスタルジーを感じる様子で。
ラーメンとやきめしのセットで850円。安めな価格。
福岡県北九州市小倉北区片野3-7-5

TEL:093-941-6577
営業時間 11:00~16:00(火曜定休日)
玄徳ラーメン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:38|PermalinkComments(0)

2017年01月08日

小倉南区 石田一龍 本店 屋台ワンタンメン、餃子セット

大神商店のベアーです。

過去のブログを見返してた時に、ふと記事にしてないなぁと思う店が数店ほど。
書く気満々で写メって食べてるはずなんですが、昼と晩と次の日の昼と晩などと食べが続いてついつい流れて行ってしまってるケースがあったりと。
数日たって記憶が朧げになり、ちょっと記載が難しいなぁと言う事で流されたり。
ただ、食べた記憶、写メった記憶があるので勝手に書いてると思い込んでしまってるケースが。

DSC_0495
石田一龍 本店さんです。
いなかうどんさんの記事を書いた時にリンクを探してみたら書いてなかったことに気付いたので、近日行こうと思ってました。
お昼を過ぎて14時半ほどなのにもかかわらず結構な込み具合。
駐車場も少し多めな感じなのに、1台分の空きしかなくと言う事で。
車を止めて早速訪問です。
引き戸を開けて早速店内へ。
中はテーブル席にカウンターといたってラーメン屋っぽい雰囲気。
壁には色紙が貼られてたりと。
食券券売機が右手に置かれてますので早速メニューを確認と。
濃厚ラーメンと屋台ラーメンの2種類にワンタンとチャーシューメンのバリエーション。そのたサイドメニュー等々と。
今日は屋台ラーメンでワンタンのオーダーに餃子セットのボタンを押して食券を店員さんへ。
カウンターの右端の席に案内されましたので、座して待ちます。
少し携帯をいじりつつ、カウンターの様子を見ながら待ってますと配膳されました。

DSC_0496
屋台ワンタンメンに

DSC_0497
餃子セット。
早速いただきます。
スープをれんげですくい、一口。
豚骨スープの中に節系の旨味と香りがする感じで。
それでもコッテリ感があるので、濃厚スープはさらにコテコテだろうなぁと改めて。
下唇にねっとりとコラーゲン的な粘りを感じるほどのスープ。豚骨の臭みは薄目で飲みやすさがあり。
麺は細ストレート。茹で具合は普通でお願いしたところ固さは感じずシコシコ感が保たれてるほどで。
スープを吸って麺が旨いなぁと。
チャーシューもモモ炙り系で表面が少し焦げる程度の処理がされて乗ってるので、スープの余熱を加えずそのまま一口。
厚さもそれなりで肉っぽさも十分に。
雲吞をつるりと。
中の餡は少な目くらいで。皮は少し固めな感じ。
もう少しツルリとしたほどが好みですが、それはそれで。
きくらげのコリっとした食感を楽しみながら餃子へと移行です。

さて、餃子セットと言う事で3つの餃子にご飯のセット。
餃子のタレを程よい程度に取ってチョイ浸け。
半分ほどをかじると、中の餡のシャッキリとした食感が。
肉よりニラと野菜の大きさがしっかりと。
肉汁はあふれるほどは無いですが、パサつく感じも無いほどに。
野菜の歯ごたえが意外にあってこれは中々。
ご飯は少し柔らかめな炊き具合。ネットリとしてますが、米がつぶれるほどではない程度。
餃子でご飯を半分ほどいただき、スープに浮いた海苔をご飯に巻いて一口、あとは口にご飯を含んで、スープをいただくスタイルで完食です。
替玉もいただこうかなぁと思いましたが、満腹前ほどで控えておこうという気持ち。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
屋台ワンタンメンに餃子セットで1,010円ほど。悪くない値段。
福岡県北九州市小倉南区下石田1-4-1

TEL:093-963-2650
営業時間 11:00~16:00、18:00~20:40(年中無休)
石田一龍 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:02|PermalinkComments(0)

2016年12月23日

小倉北区 珍竜軒 総本店 黒玉背油ラーメン大盛

大神商店のベアーです。

御用収めまであとわずか。そんな昼下がり。
冬場の雨も珍しいなぁと思いつつ三郎丸付近を通行です。
ランチ時さぁどうしようかなぁと悩みつつも、豚福さんあたりか、それともと言う事で、珍竜軒 総本店さんを目指します。

DSC_0264
ランチ時間は結構並んでて多め。駐車場もほぼ満杯。久しぶりに11時半ほどに来店できたのでスムーズに店内へ。
扉を引いて早速中へ。それでも店内は大勢のお客さんが食事中。
飛び石ほどにカウンターが空いてましたので、そちらへ案内されました。

DSC_0265
さぁどうしようかとメニューを拝見。
以前からあったのか覚えが無いですが、黒玉背油ラーメンなるメニューが。
少し興味がありましたので早速注文です。
水を口に含みつつ、携帯をいじってますとカウンターが空いては埋まりを繰り返す感じで。
ローテーションは速いなぁと思ってましたら配膳されました。

DSC_0266
白濁スープに緑のネギの色がしっかり映える感じで。
早速いただきます。
スープを数口。
濃すぎず、あっさりとした口当たり。まろやかでコクがしっかりと。
豚骨臭さは無く。尖った感じが無い正統派な雰囲気。
ネギと共に数口いただくと、ネギのシャッキリした食感に熱が入ってこれまたいい香りと共に。
麺は中細ストレート。
シコシコ系より少しモッチリした食感。
ズズズと啜りつつのど越しを味わいながら。
背油部分をスープと共にいただきます。
少しカリッとした食感を想像してましたが、かなり柔らかな仕上がりで。
肉味噌っぽい風味。スープに溶け込んでもコクは深まりますが、味が変わるほどではない感じ。
チャーシューの量も結構な感じで。
少しスープに浸しつつ、熱を加えていただくと、柔らかくホロホロと崩れてしまいそうな食感。
薄目ですが、これは中々。
スープをいただきつつ麺を啜りつつ完食。
おにぎりもいただこうかなぁと思いつつでしたが、さすがに多すぎかな?と言う事で。
ごちそうさまでした、堪能いたしました。
久しぶりに来たら、また新鮮な驚きと感動を。
黒玉背油ラーメン大盛で820円だったと。いいボリューム。
福岡県北九州市小倉北区三朗丸1-5-5

TEL:093-941-3750
営業時間 11:00~17:00(火曜定休日)
珍竜軒 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:28|PermalinkComments(0)

2016年12月15日

福岡市東区 赤のれん&とん吉 箱崎総本店 赤のれんらーめん、半炒飯

大神商店のベアーです。

食事と言う事で。久しぶりに博多方面へ。
国道3号線を南下しつつ今日は博多付近で食事だとおもいながら向かいます。
特段なにか用事があったわけではないんですが。久しぶりにふらっと遠征と言う事で。
うどんあたりか、それとも食事だけならと言う事でいろいろ巡ります。
薬院から平尾へそこから浄水通りを抜けて気付いたら雑餉隈あたりをウロウロと。
ノープランで動くのもどうかなぁと思いつつも諦めてそのあたりの店に入ろうとしたとき、ふと思い出した赤のれん。
十数年前に香椎あたりでよくいただいてたなぁと思いつつ。酔ってみることに。

DSC_0169
箱崎の楽市楽座付近の交差点入ったあたりにあります、赤のれん&とん吉さん。
以前はチェーン展開もされてて、香椎のダイエー横の総合ビルにもテナントで入ってたおかげで、よく食べに行ってたなぁと思い出しながら。
手前の駐車場に車を置いて早速店内へ。
自動ドアが開き、中から数組のお客さんの声が。
居酒屋展開もしている様子でちょいと酔いの声が聞こえます。
中の方まで入って行ってまだいいですか?と尋ねたらOKでしたのでそのままカウンターへ。
作りは結構広めで、カウンターにテーブル席が数席。
座敷は予約席の様子。

DSC_0170
メニューを確認しながらさぁどうしようかと。
ジャンボらー麺とかの大食いメニューもある様子。
まぁ胃に負担をかけたくないので放置です。
赤のれんのラーメンに半チャーハンをお願いすることに。
テレビの音と飲みの席の会話が店内に鳴ってます。
適度に携帯をいじりつつ店内の様子を見渡しながら見てますと配膳されました。

DSC_0172
炒飯に

DSC_0173
ラーメンと言う事で。
早速いただきます。
まずはラーメンからと言う事で。
れんげでスープをいただきつつ。
醤油ダレの濃さがしっかりと。こってりというより味辛い感じの出来上がり。脂はサラッとしてしつこくなく。塩味が強めかなぁ。
スープのコクはいい感じ。そこまで豚骨臭もきつくなく。
麺は細ストレート。シコシコで表面はつるりとした食感。のどにスルスルと落ちていく感じ。
量もそれなりに。
スープが少し絡み、旨みをしっかりと。
チャーシューオイリーで結構な脂感。シナチクはいい炊き具合で柔めですが、食物繊維を感じるほどに。
ネギのシャキシャキをスープに漬け込んで少ししんなりした当たりをがっつりいただきます。
途中でゴマを投入しつつズルズルと。
さて、半チャーハンと言う事で。
盛り具合はお世辞にもきれいでは無い感じ。
スプーンですくって一口二口。いい塩加減。あっさりとしてますが、結構米はぱらっとした仕上がり。
玉子投入後即ご飯を入れて焦げる前に炒め作るそんな感じ。
きざみチャーシューの量も結構なもんで。かなり具沢山な半チャーハン。
スープを一口含んでチャーハンをがっつく形を取りながら完食です。
ごちそうさまでした。久しぶりに食べた思い出補正も含めてなかなか。
塩味が強いので、スープ飲み干すと高血圧で倒れそうだなぁと言う事でスープを残しつつ。
中々いい感じ。
ラーメンに半チャーハンで900円とリーズナブル。
福岡県福岡市東区箱崎6-12-15

TEL:092-641-4931
営業時間17:00~23:00頃?(月曜定休日)
赤のれん&とん吉 箱崎総本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:21|PermalinkComments(0)

2016年12月10日

若松区 万来軒 ラーメン大盛、餃子、ライス(中)

大神商店のベアーです。

年末大味噌前ともなり、師走時期で先生も走る。そんな時分。
今月やれることが限られてますので、もはや押し込める感じで業務を完遂。
まぁ今年のことは今年のうちにと言う事で。
バタバタと業務に追われつつも、土日はしっかりとと言う事で。昼前まで寝てさぁどうしようかなぁと。
前職の先輩から連絡があり、ランチ情報をいただきましたので早速と思って向かってみるとまさかの定休。
ネットで調べてみると第二、第四土曜日”以外”
この書き方は確認で見たら間違うなぁと。
言いたい事はわかるけど。
再度連絡を入れると、場所の情報だけをいただき、ラーメン屋があるよとの事。
行ってみることに。

「場所は若松。小石という地名の場所のジョイフル隣にラーメン屋がある」

ただこの一文。ヒントは小石とジョイフル。とりあえずナビに小石の主要場所で入れて向かってみると山の奥に到着。
さすがにこの場所にジョイフルはないよなぁと言う事で。
今度は小石、ジョイフルで検索を入れて車で10分ほどで向かってみると、ありました。ラーメンの文字。

DSC_0116
万来軒さん。
駐車場も広く数台の車が止まってます。
食事時なので結構繁盛している様子。
車を止めて店内へ。
扉を開くと右手側に座敷、左手側にテーブル席が数席。正面にカウンターで8人掛け。
カウンターの中央に座って早速メニューを確認。

DSC_0117
カレーライスも気になりますが、ラーメンをどうしようかなぁと。
基本のラーメンを大盛でお願いします。

目の前の調理風景が広がるいい場所。
麺を茹でる鍋はデポなんですが、少し広めで四角い網状。コンビニの唐揚げとか揚げてる際に見かけるほどの大きさ。パスタ的な感覚かな?とか。広めのデポで麺が茹で泳ぐんだろうなぁと思いつつ。
スープの鍋も厚手の蓋でしっかりと保温されてる感じ。
スープを器に取り、手早く麺を茹で切りスープに投入。チャーシューとメンマに海苔ともやしにネギをトッピングして配膳されました。

DSC_0119
ラーメン大盛。
早速いただきます。
スープをいただくと、少し塩味が強めな感じ。アッサリとしてマイルド。油のクドさと感じることも無く穏やか。
豚骨臭を感じるほどではなく。とがった感じが無く。いい旨みのスープです。
麺は中細ストレート。少しやわめの茹で具合でモッチリとした食感にツルリとしたのどごし。麺がスープの塩味を吸って味も含みつつ。
上のメンマは少し甘めの味付け、食感も柔らかめの炊き具合ですが、食物繊維を断ち切る感じは残ってていい歯ごたえ。チャーシューは5枚ほど。オイリーと言うほど脂ギッシュではないですけど、パサつき等も特段感じず。バラの脂身がいいプルプル加減。
もやしはシャキシャキとした食感。固めの茹で具合で水っぽくなく。
途中で胡椒を数振りしてスープをいただくと、これまたスープの感じが変わる様相。
まろやかから少しピリリと締まった感じに。ゴマを振ってプチプチ感を堪能しつつ。
麺が終わりました。さてどうしようか思案。
替玉もありますが、たぶんこの系統のスープに替玉はなぁと。
やはり塩味強く、脂濃く、な感じのほうが茹でた麺でスープが薄まっても気にならないだろうけど、これだけ繊細なスープの作りだと替玉は合わないかなぁと。

DSC_0121
と言う事で、結論はライスの中をいただきつつスープを堪能です。
ご飯を口に含み、レンゲで数杯スープを含む。
いい旨み。
ご飯もモッチリと炊きあがってて柔すぎず、硬すぎず。カレーを出してるだしと思いつつ米もしっかりとしてました。
どうせならばと言う事で。

DSC_0122
餃子を注文です。
博多一口餃子より一回りほど大きさがある感じ。
酢醤油が置かれましたので、酢で割って酢多めでいただきます。
焼き面はパリッと、蒸し面はモッチリ。皮の厚さはそこまでないですが、厚すぎず。
中の餡は野菜が多め。肉よりしっかりとしたキャベツ感。
噛むと中の餡は柔らかく崩れる感じの食感。決して肉汁たっぷりのジュワッと系ではないですが、野菜と肉でふんわり仕上がった感じ。
肉肉しさはないですが、いい野菜の甘味。旨み。
ラーメンのスープを飲み干して餃子ライスを堪能です。
ライス大でもよかったかなぁと思いつつ、完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。決して派手さはないですがしっかりとしたラーメンの作り。
ラーメン大盛にライスの中と餃子で1,100円。そこらのラーメンセットと変わらない値段でいい満足度。
福岡県北九州市若松区響南町6-1

TEL:093-771-7615
営業時間 11:00~20:00だったような。
万来軒

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:15|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気