瓦そば

2017年03月19日

小倉北区 炉ばた 七福心 本日の刺し盛り、穴子の白焼き、カリカリ茶そば鉄板

大神商店のベアーです。

一杯飲める程度の臨時収入があったので、意気揚々と小倉の街に飲みに出ることに。
ガッツリといただくのもいいなぁとか考えつつはしご酒の感じで。
米町付近を歩きながらさぁ何をいただこうかと。
沖縄系の居酒屋さん2軒も気になるところですが、魚町のハワイ系のお店も興味が沸いてたりと。
逸る気持ちを抑えつつまずは、軽く一献と言う事で。

DSC_1273
炉ばた 七福心さんへ訪問です。
玄関前は少しにぎやかな感じで。
看板もしっかりと灯りが灯ってます。
脇におススメのメニューが貼られてたりと。
扉を開いて店内へ。大き目なカウンターがずらりと。
テーブル席も数席用意されてます。
1人である旨を伝えるとお好きな席へと言う事でしたので、カウンター中央あたりへ。
先客は旅行客のカップルさん。名所名物とかを訪ねてる様子。

DSC_1275
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ドリンクオーダーを聞きに来られましたので、刺し盛りと焼酎の芋ロックでお願いしました。

DSC_1277
さっそく届いた芋ロック。氷で適度に加水されつつ。
黒霧島です。スタンダードな感じで。

DSC_1278
ほぼ同時ほどに刺し盛りが。4点盛りです。
マグロの中トロ、サーモンに炙りしめさば、タコと言う事で。
わさびを乗せつつ刺身をいただきます。
適度の弾力、いい柔らかさ。わさびの刺激を鼻で感じながらがっつりといただきます。
炙りしめさば、中トロ、タコと言う事で鮮度が重要な刺身は特段無く。マグロの熟成もいい感じの柔らかさ。

DSC_1279
焼き物でブリカマにしようかとか考えつつ悩んだところで穴子の白焼きをお願いしました。
もう少し焼かれた方が好みですが。
プリッとした食感。弾力も硬めで、骨を噛みながらいただく感じでまた焼酎が進む具合。
わさびを乗せながら醤油にちょいと付けて弾力感がある身をかじる。
青のりの風味もいいアクセント。

DSC_1280
炭水化物系を何か入れておこうと言う事で、メニューを見ながら気になったカリカリ茶そば鉄板をオーダー。
まぁ瓦そばですよね。
アツアツに焼かれた鉄板の上で茶そばがしっかりと焼けてる様子。
カリカリになった茶そばをつゆにつけていただく。カリッとした食感にモッチリとした茶そばの風味と弾力。
肉と厚手な錦糸卵もつゆに通して口に含んで肉の旨味を堪能。
鉄板の上の蕎麦を全体的に広げてカリカリ面を増やすべく、裏返したりと焼きながら。
これでも焼酎が飲めるなぁと言う事でさらに追加をしながら完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
意外に珍しいメニューがあってなかなか楽しいなぁと。
焼酎4杯ほどに料理で5,000円前後だったと。
福岡県北九州市小倉北区京町3-11-17 岩崎ビル 1F

TEL:093-522-1323
営業時間 17:00~00:00 (日曜定休日)
炉ばた 七福心

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:38|PermalinkComments(0)

2015年05月09日

下関市 元祖瓦そば たかせ 新館 瓦そば、鮎の塩焼き

大神商店のベアーです。

ゴールデンウィーク中に下関に足を運んだので、名物料理をひとつ味わいに。
北九州から県外へすぐとなると、関門トンネルをぬけて下関へ渡るのが一番早いかなと。
下関の想い出は、子供の頃によく火の山のアスレチックに日曜日連れて行ってもらってましたね。
あと、シーモールの映画館でドラえもんとかウルトラマンとかやってた記憶が。たぶん幼稚園の頃だったので、もう30年以上前の話。

さて、川棚です。昔は草そりのCM(おた福)が流れていた記憶があるくらい。瓦そばも本格的に食べた記憶がないなーということで、一回真面目に食べてみようと思い伺うことに。
下関の駅周辺から川棚まで20km。いいドライブです。
山道というか野道というか。のどかな風景を運転です。途中でダムなのか池なのかが2箇所ほど通り過ぎて、
目的地のたかせさんの場所へ。
本館、別館、新館と建物が3つ。臨時駐車場なるものが坂の中腹くらいにあったのを確認。
かなり大きな敷地に有名な店舗なのだと把握です。


DSC_1145
入り口は老舗風な造り。新館に伺いました。脇の池に鯉がたんまり。

早速店内を進むと、突き当たりに食堂スペース。結構広く人数も入りそう。
テーブルに付いてお茶をすすりつつ、メニューの確認です。

DSC_1146
瓦そば

DSC_1147
うなぎ

DSC_1148
御膳などなど

DSC_1149
お茶漬けもちょっと興味があります。

うなぎにも目がいきますが、本日の目的は瓦そば。ということで瓦そば3人前に鮎の塩焼きをいただきます。
周囲のテーブルでもあちこちで瓦そばを食べられてます。名物料理だ

DSC_1151
少し待って到着です。瓦そば。
テーブルの上にあるつゆを碗にとり早速いただきます。
瓦で焼けたそばが香ばしくカリカリです。
つゆも少し濃い目。しょうゆの風味が強いですが茶そばとマッチです。
錦糸卵と肉もつゆに浸けて食べるといい風味。
意外においしいです。
北九州市でもたまに見かける瓦そばですし、家でもやれる料理ですが、イメージはホットプレートの焼きそば
まぁそば焼きなので、そばの風味とかこしとかを味わうんではなく、カリカリに焼けた麺がおいしい。そんな感じ
です。

そうなると、やっぱり瓦に3人前だと焼き面の面積が少ないので、頼み方は1~2人前を2回とかの注文のほうがいいのかも。そんな事を考えてしまいました。

DSC_1152
鮎です。さすがに旬前ですけどいいお味。夏前にすいかのような香りを楽しみたいところです。
背から腹から丸かじり。おいしくいただきました。

全体を通して名物料理を堪能です。おいしくいただきました。
2人で4500円でおつりが来る感じかな
山口県下関市豊浦町大字川棚5437
元祖瓦そば たかせ 新館

ookamisyouten at 10:47|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気