水餃子

2017年01月29日

八幡西区 担々たぬき・ら~めんKIWAMI Aセット(担々麺大盛、水餃子、ライス小)

大神商店のベアーです。

週末ですが夕方から仕事となったため、何か食べに行こうと言う事で。
車に乗り込みさぁどうしようか悩みつつもふらふらと目的無く進みます。
北区から国道199号線を通りつつ戸畑を抜けて枝光。八幡東区を抜け、今度は国道3号線を南下しながら。
そういえば最近ラーメン食べに行ってないなと。
それならと言う事で、以前何回かお邪魔した担々麺の店に行ってみようと向かう事に。

DSC_0737
担々たぬき・ら~めんKIWAMIさんです。
近くのコインパーキングに車を置いて早速と言う事で。
長めな店舗の作り。カウンターのみで8席ほどかと。
店内は座るだけで通路は通れずなので、入口が2つどちらからでも入店可能で。
赤い暖簾をくぐって早速店内を見渡すと、右側が空いてる様子なので、右の入り口から入店です。
空いてる席に座ってさぁどうしようかと。

DSC_0738
メニューを拝見。
汁なし担々麺もいいなぁとか考えつつAセットで大盛をお願いします。
少し携帯をいじりつつ店内の風景を見てますと、学生の食事だったりと、サラリーマンの方が数名だったりと。
いろいろな客層が入り混じってるなぁと。
湯切りの音等も聞こえつつ待ってますと配膳です。

DSC_0739
担々麺の大盛に

DSC_0741
水餃子にライスの小。
早速いただきます。
スープをレンゲですくい、一口。
アッサリとしたスープ感。ゴマの風味とコク。プチっと噛んでつぶれるゴマの食感より少し水分を含んでギュっと噛み感じるような。そんな具合。
辛さは3辛でお願いしたところ、辛味はありますが咽るほどではなく。
旨みと辛味がしっかりと。
麺は中太ちぢれ麺。弾力があり、噛むといいコシに食感が。
ちぢれ麺なので、スープがよく絡む。
肉味噌を少し箸でつまみ口へ。
辛さは無く旨みと濃いめな味付けで。少しづつスープに溶けるようにゆっくりと合わせてズルズルと麺をいただきます。
茹で青梗菜のシャキッとした食感に少し担々麺の辛味が染みていい塩梅。
さて、配膳された水餃子に箸をのばして一口。
皮はツルリと。中の餡はしっかりと。ポン酢がかかってで配膳ですのでかなりのさっぱりとした感じで。
酸味が少し強めなポン酢。ご飯より焼酎とかビールがいいなぁとか考えます。
パクパクと口に放り込みつつ水餃子を完食。
ライスを口に少し含み、担々麺の底に溜まった肉味噌交じりのスープを口に含んでまたライス。
味が濃いめでご飯が進む。
たっぷりいただいて完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
最近は大盛でペロリと言うほど入らなくなったなぁとか考えながら帰路へ。
裏手にあった蕎麦屋も気になりますがさすがに入らないなーと。
担々麺大盛、水餃子にライス小で1,400円。まぁ安くはないですね。
福岡県北九州市八幡西区藤田3-5-7

TEL:080-3539-9114
営業時間 11:45~14:00/21:00~0:00 (金・土)219:00~1:00(月曜祝日定休日)
担々たぬき・ら~めんKIWAMI

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:14|PermalinkComments(0)

2017年01月06日

小倉北区 餃子酒場 栗ちゃん 焼き餃子、水餃子、唐揚げ、豚骨炊き餃子、焼きめし

大神商店のベアーです。

少し前からラーメン竹光さんの隣の店舗が改装を始めて、なにができるか興味がありつつ見てましたら。
餃子酒場栗ちゃんの名前で看板が。
紺屋町の栗ちゃんラーメンの系列だなぁと。
近いうちに顔を出してみようと思いようやくそんな日が。
仕事終わって帰路について家でゴロゴロと。
晩飯何食べようかなぁと悩んでたところ、通り際に思い出したあの店に行ってみよう。そう思い向かう事に。

DSC_0465
餃子酒場栗ちゃんさんです。
小窓には持ち帰り餃子の文字も。
テイクアウトも可能な感じで。
入口のガラス扉から店内が見渡せる様子。
早速扉を開けて中に入ります。
店内はコンクリート打ちっぱなしにカウンターとテーブル席。奥には座敷がある感じ。
厨房とカウンターを仕切る壁はトタンを打ち付けてるような。簡素な造り。
内装は最低限度な感じで。
1人である旨を伝えカウンター中央に座して早速。

DSC_0466
まずはビールをお願いします。
モルツだそうで。泡もきめ細かくしっかりと。冷えたグラスでいい感じ。

DSC_0467
メニューを拝見。そこまで多くは無い様子。
餃子に一品料理などなど。
後から来られたお客さんがラーメンの注文をしてましたけど、こちらはおいてないんですよ。とお断りを。
フムフム。

DSC_0468
まずは焼餃子をいただきました。大き目な包み具合。
表面はカリッとまで行かない程度のきつね色。具の中の油分がわかるほど。気泡が上下に動いてる感じで。
まずはそのままいただく感じで。
噛むと肉汁が一気に染み出るほどのジューシー加減。
皮は薄目で餡重視。具材にもしっかりと味が付けられてて、タレを絡ませなくてもそれなりに。
もう少しカリッとアツアツが好みですが。しっかりと包まれてて皮から脂が染み出てない感じ。

DSC_0469
水餃子です。
こちらはは焼餃子に比べて皮がモッチリと。
タレを酢醤油に自家製ラー油を大量に投入した器に移しつついただきます。
皮のヒダ部分がタレやラー油によく絡んで味が染みてビールも進む進む。

DSC_0470
唐揚げです。
餃子のタレを手に取った時に、唐揚げのタレもあったので栗ちゃんならと言う事で。
片栗粉の衣をまとって配膳です。
さすがに、本店の女将さんの唐揚げと比べるには酷ですが、それなりに。
上がり具合もしっかりと。タレをまぶしてもカリッとした衣の食感はある様子。
本店のタレをかけた時にパチパチとはじけるほどの揚げたて感がたまらないんですけどね。

DSC_0471
豚骨炊き餃子をいただきました。
ラーメンスープで炊かれた餃子です。
しっかりと豚骨のスープが染み込んでこれはいい感じ。
自家製ラー油の中に浮いてる黒ゴマをすくい入れてプチプチした食感を楽しみながら。
スープを飲み干すと、しっかりと髄の部分が鍋底に。ラーメン屋だからこその豚骨炊き餃子だなぁと。
これまででビール3杯飲みつつどうしようかなぁと。
もう一杯飲んでもいいけどとふとブレーキがかかりそうでしたので、

DSC_0473
焼きめしをいただきました。
ゴロっときざみチャーシューがふんだんに。玉子にネギとシンプルな感じの焼きめし。
スプーンですくって一口。
パラパラとしてますが、しっとりとした食感。
出汁を回しいれた焼きめしで、旨みがいい具合。
脂っぽさはないので余計に入るなぁと。
焼きめしを食べ終わった皿に少しだし汁感が残りつつ。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
もう少しアツアツだったらよりいいなぁと思うほどの出来栄え。
ビール3杯に料理で3,200円ほどでしたので結構がっつりいただいたなぁと思います。
福岡県北九州市小倉北区中津口1丁目9-16コーポ米谷中津口

TEL:
営業時間 ~24:00(不定休)
餃子酒場 栗ちゃん

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:14|PermalinkComments(0)

2016年12月16日

八幡西区 中国料理 龍鶴園 麻婆豆腐定食ランチ

大神商店のベアーです。

黒崎駅前です。仕事の合間に少しランチと言う事で。
土地勘もさほどない場所ではありますが、以前親戚が住んでたので、駅横のそごうのイメージがある程度。
ガンプラを買ってもらって帰って作って遊んでた記憶が微かある程度。
あとは、大人の飲み会などなどで。
駅前の中国料理 龍鶴園さん。前職の先輩がなかなかいいよと言ってたのを思い出し少し寄ってみることに。

DSC_0210
黒崎駅前の一番近い場所にあります中国料理 龍鶴園さん。まさに一等地に構えておられて、場所代高いだろうなぁとか邪推をしてみたり。

DSC_0211
ランチメニューむある様子。
早速店内へ入ります。
店内はカウンターにテーブル席が数席。
そこそこの広さ。初見ではそんな感じで。
中へ入ると厨房の先から店員さんが。お好きな席へどうぞと言う事でしたので、入口付近のテーブル席へ座ります。
ランチメニューを確認しつつ、麻婆豆腐定食ランチをお願いしました。
少し携帯をいじりつつ待ってます。あとからお客さんも増えてきて少し申し訳ない気分。
まぁささっといただいてと思いながら待ってますと配膳されました。

DSC_0212
麻婆豆腐定食ランチに

DSC_0213
プラスの水餃子。
早速いただきます。
サラダで食物繊維をいただきます。
中華風のドレッシング。酸味より醤油風味が結構強め。なかなか味わい深いドレッシング。
野菜も千切りもパリッとした仕上がり。鮮度を保ちつつ。
さて、麻婆豆腐です。
一瞬の色合いはケチャップ風あんかけかなぁと思いつつ期待度を落として箸で豆腐をつまみつつ口へ。
一口いただくと、しっかりとしたひき肉感が。
その後に少しキツめの辛味が押し寄せてくる感じ。
あら?色合いから見たら結構本格的。
ラー油系の油っぽさは無いですけど、しっかりとした餡で固めの仕上がり。
ひき肉とシャキシャキとした玉ねぎがどっさりと。
豆腐の熱もいい感じ。
箸で豆腐をつまみつつ、ご飯をかきこむ。辛さがしっかりと。激辛まで行かないにしても、汗が噴き出るくらい。
以外に予想外の旨さ。
たまごスープを口に含んで辛さを抑えつつまたご飯と一緒に麻婆豆腐をいただく。
ついついご飯をお代わりです。
水餃子も冷える前にいただきます。
テーブルに置かれてた醤油と酢を適度にかけてそのまま箸で持ち上げつつ。
口に含みます。
皮はモッチリと。中の餡はしっかりとした肉感。水餃子ですので、肉汁感はないですけど、モッチリした食感の皮にひき肉の旨み。
ついついご飯のお供に。
しっかりと食事をいただいた気分で。
中々気になるメニューも多々あり。
いい中華料理のお店だなぁと。たまに来るならいい感じ。
ごちそうさまでした。そこそこ堪能です。
ランチのメニューと言う事で、750円とリーズナブル。ご飯のお代わりも可ですしね。
福岡県北九州市八幡西区黒崎3-7-1

TEL:093-883-7845
営業時間 11:00~24:00(火曜定休日)
中国料理 龍鶴園

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 22:06|PermalinkComments(0)

2016年07月27日

小倉北区 中華菜家 伎山(ギザン) 黒ゴマ担々麺セット

大神商店のベアーです。

三萩野の交差点が込んでたので、市民球場の先から南区側へぬけようと走行中に伎山さんの暖簾を発見。
晩しかやってないと思ってたら、昼間のランチもやってるんですね。
数回前を通ってみた時は開いてなかったのでちょっと昼飯で立ち寄ることに。
駐車場の番号もうる覚えでここらだったかな?と思い駐車して向かうと合ってました。

DSC_5193
中華菜家 伎山さんです。
以前一度、前職の後輩ですが、年上の飲み友達と一緒に入った事があった以来。
味を覚えてなかったのでまた来てみたいとは思ってましたけど、町から少し離れるのでタイミングがつかめず仕舞い。

DSC_5194
ランチメニューが掲示されてます。
とりあえず中へ。
開き戸を開けて店内へ。少しうす暗いオシャレな感じ。
左側にL字のカウンター。右に座敷が数席。
1人である旨伝えるとカウンターへ案内いただけました。

DSC_5195
席について、メニューを。表にあったランチメニューでした。夜のアラカルトは出してない様子。
日替わりにラーメン系と言う事で、黒ゴマ担々麺セットをおねがいしました。

奥の厨房から調理の音が。
数分ほどで配膳されました。

DSC_5197
黒ゴマ担々麺セット。

DSC_5198
担々麺に

DSC_5199
セットの水餃子。
早速いただきます。
担々麺のスープを一口。
醤油ベースにラー油と山椒が。あっさり系というか薄味でサラッとしてる様子。
ゴマペーストと言うより、擦った黒ゴマが大量に投入された辛い醤油ラーメン系?そんなイメージ。
麺を啜ると細ストレート。意外に中華系のラーメンというより、小麦香る日本のラーメン系の麺。いい湯で加減。
具は焼かれたニンニクの芽に片栗粉をまぶした豚肉にさっと火を通した感じ。
いい食感かと。
スープを飲み進むと、ニンニクチップもコク追加。
少々辛めで注文でしたが、もう少し辛くてもいいかな?と思いつつ。
水餃子です。
皮がしっかりとしてモッチリとした食感。中の具材も肉汁がしっかりと。豆板醤を少し付けて、タレにくぐらせてさらに一口。
ご飯と一緒にいただきました。
ずらっと見ると炭水化物に炭水化物に炭水化物といった定食。ボリュームはそれなりに。
ごちそうさまでした。堪能です。
チャーハンをいただきたかった気分ですけど、これはこれで。
黒ゴマ担々麺セットで900円。ランチ価格ですね。数名のお客さんが後から入ってこられて「いつもの」って言われてましたので、それなりにランチはやってたのかな?と思いながら、仕事に戻ります。
福岡県北九州市小倉北区片野2-21-17 矢野ビル 1F

TEL:093-951-9627
営業時間 11:00~15:00 17:00~24:00(月曜・第一日曜定休日)
中華菜家 伎山

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:49|PermalinkComments(0)

2016年01月16日

八幡西区 居酒屋 ゆたか 地鶏串、きゅうりの旨味和え、水餃子、豚肉と菜花の魚香いため、麻婆豆腐

大神商店のベアーです。

黒崎の2件目にふらっと立ち寄りました居酒屋さん。
前回はもうだいぶ飲んで酔ってましたので、味が辛い、旨いくらいの認識。
味わってないので、レビューもかけず。せっかく行ったのにどうしようかなぁと悩みつつ班長の連絡。

「もう一回行くよ。」

日にちを合わせて2日後に再訪となりました。

DSC_2988
居酒屋 ゆたかさん。
三角公園の近所に位置し、通りの奥。ビルの中にあります店舗。
初見の際に一周したくらい。

DSC_3039
A看板に本格四川料理も食べれる居酒屋ですとの文字が。
興味を持ったのはそこ。
居酒屋で本格中華の振る舞いが心を鷲掴み。

DSC_3027
ガラスの格子戸に紫の暖簾です。中が見える感じ。先客が1名ほど。
早速中に入ります。

店内はカウンターに6席程度、奥に座敷があるこじんまりとした作り。

DSC_3030
まずはビールをいただきます。
瓶ビール。キンキンに冷えたラガーをいただきました。

DSC_3028
メニューを見つつ注文です。
いろいろ気になるメニューが多め。
話を聞くと、四川飯店で修行されてたとの事で、陳健一氏の元ですか。
博多駅の空10に入ってる四川飯店に一度麻婆豆腐をいただきに行った記憶がよみがえります。

DSC_3031
お通しのおでん。居酒屋風です。
よく出汁がしみてます。大根もよい出汁の染み具合。箸で切れる程度のホロホロ加減。
練り物もじんわりと味がしみてビールのあてにちょうどいい。

DSC_3032
きゅうりの旨味和えです。
コリっとした食感に出汁の旨味を吸ったきゅうりがまた何とも。
冷えたきゅうりの食感がなんともいい感じ。

DSC_3033
地鶏串です。
お好みで一味と青のりをふりかけてということで。
固めの皮目が厚くコリコリの食感。
脂が乗っていい身の部分。いい串です。
一味を一振りすると、ピリッと辛めに、青のりを一振りするといい磯風味。
名物の様子。これもいい。

DSC_3035
水餃子をいただきました。
小倉北区のとんが店を閉めて以来、そのクラスの水餃子にあたるこがなかったんですが、これはいい。
皮ぎっしりに身が詰まって旨みぎっしり。
白菜の芯の部分も乱切りですが、しっかり噛めるくらいの大きさ。
甘味十分。
スープも胡椒の風味が強いくらいですが、しっかりいただけるいい水餃子。

DSC_3036
豚肉と菜花の魚香いためです。
ラー油の辛味がなんともいい味。ビールも進みます。菜花のほろ苦さもそこまで感じず。青菜の旨味と揚げ豚肉のコクがなんともいい感じ。

DSC_3037
麻婆豆腐です。思わず白飯をいただきました。
見るからに辛そう。そのうえ、お好みで山椒をということでいただきました。
ビリっというくらいの辛味。かなり口に残ります。これは辛いけど旨い。そんな感じ。
脂に浮いたひき肉の旨味もまた微かに感じるくらい。でも汗をかきつつこれは入る感じ。
いいからさで酔いも吹き飛ぶ感じ。
本格中華を居酒屋で堪能いたしました。
ごちそうさまでした。

ちなみに初回に、

DSC_2994
鶏肉とレンコン等の炒め物に

DSC_2996
よだれどりをいただいてました。

本格中華を町の居酒屋で堪能です。
ビール2本等に料理で6,600円でした。いい満足度。
福岡県北九州市八幡西区黒崎1-8-7
TEL:093-642-3796
居酒屋 ゆたか

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:37|PermalinkComments(0)

2015年08月10日

小倉北区 餃子の店 うさぎ 焼餃子、水餃子

大神商店のベアーです。

小倉船頭町に「とん」という中華料理屋がありまして、ちょくちょく通わせていただいておりました。
餃子1つが子供の握り拳より大きいくらいで、もう小ぶりの肉まんと言ってもいいくらい。カリッと焼けて中は餡がたっぷり。また、辛味ダレがおいしくて先輩と2人で行って焼餃子4人前にビールとその他を少し食べて7,000円前後というコストパフォーマンスを図ってたお店でした。難をいえば、接客がおざなりな程度。
少し前からしまってたので、移転なのかどうなのか気になってたんですが、風の便りで女将さんがお亡くなりになられて店を閉めたそうで。残念無念。

そんな話を聞くとまた餃子が食べたくなってどうしようもない感じ。
いっそホワイト餃子を佐賀武雄まで食べに行くか?とかまで考える始末。
王将で大人食いしてもいいなぁとかもう夢にまで出る様子なので、小倉で気になってた餃子の店に行くことに。

DSC_0649
餃子の店 うさぎさんです。
本当にずっと気になってたんですが、暖簾は出てないし、店舗も暗いしで入ること無しだったんですよね。
隣の味噌屋もいつの間にかテナント募集になってたりと。
夕方6時からOPENとの事でしたので、時間を合わせて歩いて訪問です。
店前についても、フィルムを貼ってあるので中がよく見えず。
勇気を出して引き戸を開けて店内に入りますとカウンターに女将さんが食材の調理中。
声をかけてカウンターに着座です。

12席ほどある一枚板のカウンターに古い換気扇のフード。年季が入っています。
25年くらい営業をしてて当初は木町でやってたとの事なので、ベテランですね。

DSC_0644
壁に貼ってあるメニューを確認して焼餃子2人前にビールをお願いしました。

その場でニラを刻む音が聞こえます。新鮮なニラのシャキシャキと繊維が切れる音と共にニラのにおいが漂ってまさに餃子屋さんって雰囲気。
店内のBGMもカントリー調の音楽が流れてました。壁にダーツの的とか飾られてて、昔はオシャレなお店だったんでしょう。面影が見え隠れです。

DSC_0645
まずはビールです。
歩いてきたのでいい具合にのどに染み渡ります。
少しの運動でこれだけおいしくいただけるビールに乾杯。

DSC_0646
餃子です。
一口餃子が5行3列に整列です。
焼き面はパリッとしてて蒸し面はもっちり。いい感じです。中の具もニラが前面に出ててニラ焼餅の雰囲気。
皮と皮がくっ付いてますが、箸で切り分けできる感じ。ジューシーというより、野菜系の旨み餃子。
一口サイズなので食べて飲んでの繰り返し。
途中でラー油を足して激辛スタイル。ちょっと入れすぎたかな?とか。
食べながら、これが2人前かな?と思ってたら・・・

DSC_0647
2皿目登場w
15個一皿なんですね。
ラーメン屋とか王将とかで少しつまむ程度の餃子は食べますが、餃子兄弟以来のがっつり餃子でした。

DSC_0648
焼きが終わったので水餃子です。
和風だしが効いた汁の中にさきほどの餃子が8個程度ゆでられてます。
スープを飲むと少し薄めの味付け。餃子のタレ横に注ぎ口みたいなのが見受けられるので、少し垂らしていただきました。
少しの酸味、醤油を追加で味が濃くなりいい具合。
餃子の皮はツルツルで餡も型崩れせずです。
旨みは焼きに比べてスープに溶け込んでしまってますがまた別の味わい。やさしい〆の一品になりうる感じです。
おいしくいただきました。ごちそうさまでした。
持ち帰り餃子のほうが店より高いのは容器代含むって事なのかな?とか思いつつです。
楽天で通販をされてたらしく、クレームとかの苦労話をいただけました。

焼餃子2人前、水餃子1人前にビール3杯で3,200円。
福岡県北九州市小倉北区萩崎町8-35
餃子の店 うさぎ 

ookamisyouten at 10:07|PermalinkComments(0)

2015年06月05日

八幡西区 餃子兄弟 焼餃子、水餃子、麻婆豆腐、ライス

大神商店のベアーです。

折尾地区は学生の街というイメージです。
大学とか学術研究都市とかも近いですし。
そのため、結構安くてボリュームが多い店も多い気がします。
少し前ですが、とんかつ屋もわらじサイズのとんかつを1000円前後で提供してたのを覚えています。

夕方個人的な仕事を少しこなして、おぱげにあと八幡西区に来てました。気になるもつ鍋の店があったので行ってみようと回るも定休日。気を取り直して次に気になってたもつ鍋屋さんの前を通るも定休日。
さてととりあえず折尾方面に車を向けててふと、餃子が頭をよぎります。そのまま向かってみることに。

DSC_1568
折尾駅の構内に駐車し、川沿いの飲み屋通りを少し歩くとあります。餃子兄弟さん。
古びた赤のホロに大きく店名が
入り口には営業時間とか、その他POPが貼られています。
前に数人の列。さすがは有名店。
並んで待つこと30分程度。店に入れました。

中はカウンター6席と通路を挟んだカウンター4席くらい。
メニューも焼き、水餃子と焼飯、麻婆豆腐にザーサイにスープとシンプル。
マスターと女将さんがひっきりなしに餃子の皮を開いて、詰めてと繰り返してます。

あわてずに注文です。

DSC_1569
まずはビール。ザーサイがおともについてきました。
ピリリと辛いザーサイです。おいしい味わい。ビールも進みます。

DSC_1570
ザーサイがなくなった頃に焼餃子が到着。いい焼加減。酢醤油につけて食べると濃縮したうまみが口に広がります。結構肉汁いっぱいです。ニラの風味も感じます。
皮も焼き面はカリカリでいい具合。ついつい箸が進みます。

DSC_1571
続いて水餃子です。熱々です。そのまま一口で食べると中の具材が一気に熱を放出。口の皮がはげるかと思うくらいの熱さ。でもおいしい。
たれに浸けたり、そのまま食べたりと忙しくいただきます。
焼餃子に比べて水餃子はアッサリですが、素材の味は水餃子のほうが感じました。

DSC_1572
麻婆豆腐にライスです。辛い麻婆豆腐です。ビールもういっぱいもらおうかな?とか思いつつもご飯でいただきました。辛味がおいしく、豆腐の味も感じるんですが、生姜の利き具合がいい感じ。
バクバクと食べ進んでいってしまいました。

餃子一筋でやっていってるすごいお店です。おいしかったです。ごちそうさまでした。
そういえば、隣で食べてたお客さんが、店名の由来を聞いてたんですが、人類みな兄弟、餃子好きは兄弟的な事をマスターが言ってた気がします。
おいしいものが好きな人は兄弟なんですよ。

餃子2種と麻婆豆腐にライスとビールで2,500円でおつりがくるくらい。
福岡県北九州市八幡西区堀川町1-13
餃子兄弟



ookamisyouten at 11:19|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気