春巻き

2017年01月11日

小倉北区 いちばん家 刺し盛り、地鶏のタタキ、塩サバ、セロリと胡瓜のラー油和え、春巻き、和牛バラ肉のおろしポン酢

大神商店のベアーです。

以前町中でおススメの店を伺った所、ココがいいですよと言われてたなぁとふと思い出し。
飲みに出るかと意気揚々と向かった先。
友人の店がたまたま休みと言う事もあったので、言われてた店を覗いてみようと。
夜7時前ほど。

DSC_0515
米町の公園前にありますいちばん家さんです。
えんじ色した外観に白い店舗の文字看板。

DSC_0516
ランチもやってる様子な看板も立ってましたので、早速店内へ。
引き戸を開けて1人である旨を伝えるとどうぞと言う事でしたので、カウンター一番奥の席に座しておしぼりを受け取ります。

DSC_0517
メニューを見てたら、店員さんが当店のおすすめは刺し盛りと海老かっぱのやさしい和風あんかけですよと言う事でしたので、刺し盛りをお願いしつつ、

DSC_0519
まずはビールをお願いしました。
付け出しの卵サラダ。中に燻製肉のような、カツオのようなそんな肉がサイコロ状に切られて混ぜられてます。
肉のみを噛みしめたら馬肉の燻製かな?と思って聞いてみた所かも肉だそうで。納得。

DSC_0520
刺し盛りです。左からシマアジ、鯛、カンパチ、サーモン、マグロ、タコとトビコが海藻クリスタルに和えられてつまとして添えられてました。
全体的にいい鮮度。プリッとして魚の旨みがしっかりと。
わさびを乗せつつちょっとだけ醤油を付けながらいただきます。

DSC_0521
そうなってくると日本酒が欲しくなるようで。
万齢を一合いただきます。
辛口の酒をクィっといただきつつ、刺身を食べる。
醤油のコクにわさびの風味を味わいながら。

DSC_0522
辛口なのでどうかな?と思いつつ地鶏のタタキをいただきました。
表面から少し火を通した具合のモモ肉。1人の場合は半身も対応いただける様子ですが、一人前をしっかりといただきます。
ネットリとした鶏肉を噛みしめながら。結構しっかりとした肉質。固めではないですが、弾力が十分に。
皮もパリッとほどではないにしても、適度に脂が落ちてる感じで。
玉ねぎにも鶏脂が染みていただきつつ。酒を飲みつつ。

DSC_0523
つづいて基山 基峰鶴をいただきました。
こちらも辛口で。
日本酒をグイグイと飲みつつ。

DSC_0524
次のアテで塩サバを。
旨みが濃縮されたサバの身を大根おろしに醤油をかけて適度にいただきます。
魚の脂がしっかりと乗って程度なこってり感。
ハラミの部位を楽しみにしながら酒を飲みつつ。

DSC_0525
こうなってくると東一をお願いしてみます。
これもまたいい酒だーと言いながら。3合目を煽りつつ。

DSC_0527
こってり感がまだまだ口にあったので、三岳をロックでいただきました。
しっかりと濃いめなアルコールを噛みしめつつ飲みながら食事を堪能です。

DSC_0529
六十餘洲をいただきました。辛口のお酒から少し外れる感じですが、結構な旨みに甘味にと舌鼓を打ちながら。

DSC_0530
セロリと胡瓜のラー油和えを。
もう一杯焼酎をいただきつつ辛味と野菜のシャキシャキ加減を堪能しながら。

DSC_0532
春巻きと

DSC_0533
牛バラ肉のおろしポン酢をいただきながら。
しっかりと食事に酒にとだいぶ酔っての帰路へ。
おいしいお酒においしい料理で堪能ながら。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。次は海老かっぱのやさしい和風あんかけをお願いしてみようと思いながら今日のところは終了で。
料理に酒でいくらだったのだろうかと言うほど飲んだ感じが。日本酒が1合900円まで、刺し盛りも1~2人前で1,000円程度とそこまで高くない料金だったなぁと。
だいぶ飲んだなぁとしみじみ。
福岡県北九州市小倉北区京町3-12-4

TEL:093-967-9508
営業時間 11:30~14:30/18:00~24:00
いちばん家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:34|PermalinkComments(0)

2016年09月22日

小倉北区 チャイニーズダイニング 鼎 4種の春巻盛り合わせ、豚軟骨と牛ホルモンの黒酢煮込み、激辛四川麻婆豆腐土鍋仕立て、麺ランチコース、特製平麺の煮込みそば

大神商店のベアーです。

班長が臨時収入を得たとの事で、食事をごちそうに。
久しぶりにカレーとかと言う事で向かったんですが、生憎の定休日。仕方がないので、近くの中華料理屋でランチと言う事に。向かった先はチャイニーズダイニング 鼎(ディン)さん。足立にあるちょっと高い中華料理店。
イベント等での利用などできる大き目な中華料理屋。以前の職場の飲み会で社員一同で寄った記憶もあったりします。

DSC_5782
入口も少し年期が入ってますがオシャレな具合。
錆だれとかもところどころ。メンテは不十分なのかもなーとか思いつつ。
早速店内へ。風除の扉を開いてさらに奥へ。カウンターから左側の広いテーブル席が置いてある部屋へ案内されました。
数名のお客さんが食事中。
メニューを見ながらさてどうしようかと言う事でいくつかの品目を頼みつつ待ってます。

DSC_5787
まずは選べる麺コースの前菜9品目。ナムル的な所から小柱のマヨネーズ和え的なところまで。
結構いい感じ。

DSC_5788
中華スープに大根メインのサラダです。
パリパリと音を立てつつ。
スープもとろみがしっかりと。
まぁ中華スープな様相。

DSC_5790
春巻き4種盛と言う事で。
黒豚春巻き、広東春巻き、海鮮網目春巻きとに黒豚(ミニ)春巻き。
3品目の味で4種と言い張るあたりはどうかと思いますが、
しっかりといただきました。
意外に海鮮網目春巻きのパリッとした皮目に海鮮餡がなかなか。
スイートチリソースを結局使わずそのままパクリと。

DSC_5792
豚軟骨と牛ホルモンの黒酢煮込みです。
軟骨はばら軟骨。しっかりと煮込まれてて、少しコリっとした食感を残しつつ。
いい煮込み具合で、トロリとした身の旨味。
牛ホルモンも柔らかく、噛みきれるほどの煮込み具合。
黒酢で煮込まれてるから、柔らかくなってるのかな?とか思いつつ。
まぁ敷かれたもやしは特段かさ上げほどしか?とか思いながら。
黒須の酸味も温かく火が通ってますからほのかな香りもいい具合。

DSC_5795
続いて、激辛四川麻婆豆腐土鍋仕立て。
アツアツでグツグツです。
山椒の香りが立つほど。
見た目通りの辛さがそこに。
口に含むと、辛味の中にほのかな甜麺醤の甘味が残る様子。
辛いですけどね。
ご飯が欲しくなるくらい。辛い麻婆豆腐。久しぶりに土鍋仕立てでいただきました。

DSC_5797
大葉、京水菜入りの葱つゆそばです。
具は名のとおり。
スープをいただくとアッサリとした醤油ベース。
濃さもそこまで無く。中華スープ感満載。
麺はよくある中華料理店の麺。シコシコ系ボソボソまで行かないくらいの感じ。
ズルズルとすするとスープが絡む感じで。
大葉、水菜、ネギなどなどと言う事でアッサリというかさっぱりといった感じの麺料理。

DSC_5796
逆にこっちはこってり系。
海鮮三種とにぎやか野菜の特製平麺の煮込みそば。
言わばチャンポンです。
野菜たっぷり、具もどっさり。
海老とイカにホタテと海鮮も中々。
麺は平麺の少し面積大き目。結構な食べごたえ。
豚肉も片栗まぶしての湯通しがしっかりと。プリっとした食感。
スープもコクと野菜の旨味がしっかりと。結構量も多めでこれだけ食べても満足しそう。そんな感じ。

DSC_5799
麺ランチのデザートと言う事で杏仁豆腐にごま団子、それにチョコドーナツ。結構中華の枠組みを越えての料理だなぁと。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
アラカルトで数品頼んでシェアしつついただくほうがあってる店かな?と思いつつ。
結構な品目いただきました。
ごちそうさまでした。
料理全部で5,100円だったと思います。お酒飲んでないんですが、ランチで一人2,500円少し高いと感じるほどの満足度。
福岡県北九州市小倉北区足立2-1-28

TEL:093-952-7071
営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00(無休)
チャイニーズダイニング 鼎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 21:54|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気