明太茶漬け

2017年03月24日

小倉北区 呑喰処 よいしょ アジフライ、宮崎地鶏のわさび和え、明太茶漬け

大神商店のベアーです。

中津口付近に出没と言う事で。
ふらりと歩きながら町を目指します。
旧紫水会館があった通り。懐かしいなぁと。
この通りにも数件お店がありますが、そこそこに入った経験ほどで。
醤油屋さんのとなりの居酒屋さん。前々から気になってたので行ってみようと言う事で。

DSC_1325
呑喰処 よいしょさんへ訪問。
明々とライトで看板が照らされてます。
暖簾も風で揺れるほどで。
引き戸を開けて中へ訪問。
カウンターで8席ほど。
スロープのよう通路を上がり1名である旨伝えるとどうぞとカウンター中央へ通されました。
何を頼むかな?と言う事で。

DSC_1326
まずはビールをいただきます。泡立ちもいい具合。

DSC_1327
お通しは大き目な玉子豆腐。出汁汁も濃いめでいい塩味。つるりとした食感にのど越しがたまりません。

DSC_1330
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ビールといえば、フライ系かな?そんな事を考え、尋ねてみます。
カニクリームコロッケ、カキフライ、アジフライでビールならどれがおススメです?なんて。
回答はアジフライでしたので、早速オーダー。

DSC_1329
冷凍保管されてたアジフライをフライヤーでゆっくりと揚げながら。少し待ちつつ配膳です。
油がしっかりと。
ソースをかけて熱いうちにいただきます。
身がふっくらと。衣のサクサク加減も中々。まずはアツアツ。
そのままの鯵の身の淡泊な感じもいいんですが、ウスターソースのスパイシー感も結構好み。
ビールを飲みながらアジフライをいただく。
付け合わせのサラダも水菜にキャベツ。ゴマドレッシングの濃いめでクリーミーな風味も中々。
トマトもしっかりといただきました。
アジフライをいただきながらビールが終わったので芋ロックでいただきます。
グイグイと飲める勢い。まだまだ止まらないので、

DSC_1331
焼酎に合うアテと言う事で宮崎地鶏のわさび和えをいただきました。
わさびが結構効いた感じで。醤油ダレに溶け込んだわさび。水菜と海苔をあえてがっつりと。
身は固め、皮もコリコリとした食感で歯ごたえがしっかりと。
呑むにはいいアテだなぁと。
肉の旨味を感じながらロックでイモ焼酎を飲み干していきます。

DSC_1332
ある程度飲みも進んで、そろそろ〆かな?そんな感じに。
メニューの本日のお茶漬けはと聞いてみたところ、梅と明太だそうで。
ならと言う事で明太を別皿で先にいただきました。
これであと1杯は酒が飲める。そんな感じで。

DSC_1334
1杯だけいただきお茶漬けをお願いしました。わさびも結構な量に海苔がふんだん。出汁茶漬けです。
後のせで先ほどの明太に大葉を投入。
程よく明太を溶かしつつがっつりといただく感じで。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
このくらいの飲み方がちょうどいいなぁとしみじみ。
ビールに焼酎と食事で4,800円ほど。料理は1,800円くらいでしょうから酒を6~7杯ほどいただいた計算かな?
いいアテでした。
福岡県北九州市小倉北区中津口2-1-4

TEL:093-522-7578
営業時間 18:00~(木曜定休日)
呑喰処 よいしょ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:40|PermalinkComments(0)

2017年03月17日

小倉北区 旬創酒庵 うま家 ごまさば、塩サバ、ナンコツの唐揚げ、明太茶漬け

大神商店のベアーです。

仕事も一段落。週末は少し用事が立て込んでるので、少し飲みも兼ねて外に出ようと。
街中を離れ少し歩いてみようと言う事で。旦過方向から三萩野、白銀付近をぐるりと回ってまた三萩野へ。
気になる店は数店あれど、いざ入るにはどうしようかなぁ?と。
三萩野といえば、以前歯科の先生から連れて行ってもらった店があったなぁと言う事で、久しぶりに行ってみるかと向かいます。
丁度交差点の先ほどにあります居酒屋さん。

DSC_1248
旬創酒庵 うま家さん。馬刺し等々がいいと言う事で連れて行ってもらったなぁと。

DSC_1249
店の横の壁にはおまかせコース等々のメニューがずらりと。
早速訪問です。
扉を開けて中に入ります。
履物を脱いで下駄箱に入れるスタイル。段を上がり店内へ。
店内は掘りごたつ式の座敷のテーブルがずらりと。左奥にカウンターが。
1名である旨を伝えるとどうぞと掘りごたつ式のカウンターへ。

DSC_1250
まずはビールを一杯いただきます。
サッポロ系で泡多め。グラスを傾けてビールをいただきます。

DSC_1252
お通しと言う事で。茹でブロッコリーの醤油系ドレッシングかけ。コリッとした茎の食感も中々。ブロッコリーの穂先の部分もいい固さ。
ビールを半分ほどいただきながら、さぁどうしようかなと言う事で。

DSC_1253
まずはゴマサバをいただきました。
浅漬けタイプでしっかりと。
わさびはチューブのきざみ混ぜスタイルで。
漬け醤油にしっかりとわさびを溶いてピリリとした風味と共にいただきます。
さばのプリッとした食感。中々。海苔も適度に混ぜつつ。
焼酎が欲しくなってきたので二階堂をロックでお願いしました。
キリリとアルコール感を感じる麦焼酎。ロックの氷を混ぜて冷やして出してくるので若干目加水されてるほどで。
大葉でくるんでサバの身をいただき、焼酎で口をサッパリと。
まだまだ焼酎いけるなぁと言う事で。

DSC_1254
塩サバをお願いします。
ハラミあたり。大根おろしは水分多めで甘めな感じで。
脂がしっかりと出て旨みが凝縮してるハラミあたりをアツアツのうちに箸でつまみつつグイッと一献。
大根おろしに醤油を適量振りつつ口に運んでこざっぱりと。
身もふっくらとと焼きあがってて、そこそこの塩味がいい酒のアテで。

DSC_1255
揚げ物と言う事でやげんナンコツの唐揚げを。
から揚げと言うより天ぷらっぽい感じだなぁと。
素揚げの方が若干好みかもと思いつつ。
軟骨部位の周囲についてる肉も丁寧にそぎ落とされた完全にナンコツ部位の唐揚げ。
塩味は少な目。少し塩を追加で振りつつ、レモンを回しかけていただきます。
コリッとした食感のナンコツ、アツアツです。
衣が少し野暮ったくもっさりとした感じですが、まぁそんなもんかな?と思いながら。

DSC_1256
〆前かなぁと言う事で明太お茶漬けをお願いします。
明太を別皿で先にいただき、これをつまみでいただこうとしたら、

DSC_1257
言うのが遅かった様子で一口かじったあたりで出汁が注がれお茶漬け配膳。
あらら。
わさびをお茶漬けに溶いて海苔茶でズズズと先にいただきます。
冷えて汁を吸った飯をいただくくらいならと言う事で。
米も適量。出汁も少し多めでサラッと胃に流し込み。〆のお茶漬けを完食し、残った明太と二階堂を飲み干す形で。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
全体的に少し量が少な目設定だなぁというのが感想かな?と。
食べ盛りではないですけど、もう少し多めな店の方が満足度が高いかも。
ビールに焼酎5杯程度に料理で5,000円程度だったと思います。
焼酎ロックが+50円と書かれてましたけど、がっつり氷入りなんですけどねと思いながら。
福岡県北九州市小倉北区片野1-1-3

TEL:093-921-5959
営業時間 17:00~3:00 (日・祝日 17:00~0:00)(月曜定休日)
旬創酒庵 うま家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:34|PermalinkComments(2)

2016年12月26日

小倉北区 大衆酒場 大桜 ブリゴマしょうゆ合え、サバの塩焼き、だし茶漬け(明太子)

大神商店のベアーです。

連日飲み会と言う事で、昼は良く寝て、夜に活動。そんな週末最終日。
例のごとく、昼過ぎまでゴロゴロしながら晩に備えて胃腸を整える。時間も暮れて、さぁ出発と言う事で。
何をいただこうかなぁと。紺屋町をふらっとしながら、竹光さんの看板を横目に。
焼鳥は数日前だったし、米がいいなと。
一旦整理するためにカフェバー的な所でビールを一杯。
マスターと適度に話をしつつ今日の攻め具合は紺屋町より三萩野側だなぁと言う事で夜の街をふらっと移動。
そういえば、気になってた店があったのでそちらが空いてたら訪問してみようと言う事で早速向かうと明かりもついてる様子。
店に向かいます。

DSC_0303
大衆酒場 大桜さん。焼肉工房 憶さんの二階で営業してます。大きい看板が目を引くお店。
早速2階に上がる螺旋階段を上り、店の扉を開けて訪問。
店内はさらに数段上に。フロアが。
明るい店内。お客さんがずらりと。
店内はカウンターに6人ほど。座敷が2スペースある様子。
1人である旨伝えるとカウンター奥に案内されました。

DSC_0304
まずはビールをお願いします。
キンキンに冷えたビールのジョッキ。のどを鳴らしつつ今日初のアルコールを摂取。
最近ビール1杯の後にワインだの焼酎だのと流れるスタイル。

DSC_0305
メニューを見るとさほど高額ではない様子。
悩んだ結果、まずはブリゴマしょうゆ合えを注文です。

DSC_0307
携帯をいじりつつ待ってますと少ししての配膳です。
ブリゴマしょうゆ合え。置かれた器を見てちょっと驚き。
結構な盛り具合。ネタが大きい上にかなりのボリューム。
ガッツリとした量で出てくるとは。
早速いただきます。
プリッとしたブリの身。ゴマ醤油がしっかりと浸みてなかなか。
捌きたての鮮度より少し柔らかめな感じで。
わさびを溶きつつブリの身をいただきつつ。
ビールを早めに終わらせて麦焼酎をロックでいただきました。銘柄は清明だったと。
焼酎の濃いめなアルコール感にいい旨み。
少し残しつつ次のオーダーをと言う事で。

DSC_0309
サバの塩焼きをいただきました。
まさかの一匹丸ごととは。
大将曰く、少し多めなんですけどね。との事でしたけど、頭がついて出てくるサバは久しぶり。
身を箸で丁寧に取りつつ。醤油をかけた大根おろしと合わせていただきます。
少し淡泊な感じですが、焼酎のいいアテで。
この2品をいただいただけで結構な満腹感。
だったらと言う事で、

DSC_0310
だし茶漬けを明太でいただきました。
これに先ほどのブリの漬けを合わせて

DSC_0311
ブリ茶漬け。
後入れのブリの身の表面にうっすら霜がついて、中はレア。食感もホロっと崩れる感じで。
わさびの風味は少し飛んでしまってましたけど、醤油の出汁の旨味を堪能。
このお茶漬けも丼で配膳される大きさ。
全部いただきましたが、もう満腹。
明太子と焼酎でちびちびやろうと思ってましたけど、もう入る気がしないぐらいのボリューム感。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。この量はかなりのものだなぁと。
焼酎3杯にビールと料理で2,800円を超えるくらい。安い。
サバ1匹で480円とかなりのリーズナブルさ。
今度定食とか餃子もいただいてみようと思いながらの帰路へ。
ここは一人1品程度でシェアするのがいいお店だと。
福岡県北九州市小倉北区古船場町8-13 2F

TEL:093-521-0004
営業時間 17:00~翌5:00 /日曜17:00~翌1:00(月曜定休日)
大衆酒場 大桜

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 12:13|PermalinkComments(2)
livedoor プロフィール
livedoor 天気