寿司

2017年01月10日

大分県日田市 和風料理 金比羅亭 日田インター店 しおかぜセット(寿司、天ぷら、ざるそば)

大神商店のベアーです。

大分県日田市といえば、水郷日田や、天領と言う事で杉が有名だったりと。
いろいろ名物になりそうな雰囲気はありつつものどかな街並みが保たれており、なんともいい雰囲気の田舎感。
周囲を山に囲まれてる盆地のおかげで夏場は暑く、冬場は寒いそんなイメージを持ってる土地柄。
水もおいしく山素材が多いので料理もそれなりにと言う感じがたまに行きたくなる様子。
夏の三隈川の花火大会も子供の頃から訪問してた記憶があり、知り合いの病院の委員長一団が取ってた場所にお邪魔させていただいて、川岸のコンクリート舗装された場所で花火のライブ感を楽しんだりと。
北九州市に住んでる割には海峡花火、芦屋の花火大会などより大分の川開きの花火大会の方が行ってたなぁとしみじみ。
その花火大会は日田の街にある企業協賛で打ち上げられる花火大会なので、打ち上げた後に協賛企業名をアナウンスして、花火大会に来られた方へのCMも怠らず。
思い出の企業としてはニッカなどなど。
そんな中に古城・金毘羅うどんさんもアナウンスが流れる企業の一つ。
日田のある意味ソウルフードなんだなぁと。

うろうろしつつ晩にかかってきたので、久しぶりにそんな金毘羅うどんの系列店舗金毘羅亭さんへお邪魔しました。

DSC_0508
和風レストランと言った作り。
表のディスプレイは町中では見なくなったなぁと眺めつつ店内へ。
店内はテーブル席がずらりと。
左手側には座敷のような部分も見え隠れ。
1人である旨を伝えると、お好きな席へどうぞと言う事で。
早速テーブル席を1人で独占です。

DSC_0507
メニューを拝見。
平日限定のランチから色とりどりと。
うどんと丼が中心ですが、寿司とか天ぷらとかもしっかりと。
なんとなく蕎麦な気分でしたので、しおかぜセットをお願いしました。

テーブルの上に昔見た星座占いの丸い置物が。ついつい試してみようかな?と好奇心に駆られますが、我慢我慢。
そんなことを考えつつ待ってましたら配膳されました。

DSC_0503
しおかぜセットです。どのあたりが潮風なのかを聞いてみたいと思いますが、たぶん寿司だろうなぁと思いつつ。

DSC_0505
寿司に、

DSC_0504
天ぷらに、

DSC_0506
蕎麦と言う事で。早速いただきます。
寿司はしっかりと握られたシャリ玉。結構固めでネタはまぁ特段鮮度が高めというほどでもなく。
口に含むと酢の加減はいい具合。酸味をそこまで強く感じず。ネタとちょうどいい程度。
まぁ握りが硬いかな?と思いながら。
天ぷらは衣薄目で野菜は中々。
ピーマンの肉厚さに少し好印象を得つつ。がぼちゃはそこそこの厚さを半分と言う事で。
まぁそんなもんかな?と。海老はしっぽ付近までしっかりと殻がはがれてて意外に食べやすく。
蕎麦は二八よりもう少し小麦多めなのかな?とか思いつつ。香りはそこまで感じず。
ちょっと蕎麦自体も茹で過ぎでダルダルな感じに仕上がってて少しもったいないなぁとか。
水分量が多めでしたので、汁に結構浸しながらじっくりいただくスタイルで。
小鉢で茶碗蒸しはいい鶏出汁。ギンナンのホックリとした風味を味わいつつ。
普段和風ファミレス形態にあまり来ないのである意味新鮮な気分で。
ごちそうさまでした。日田のソウルフードな雰囲気をばっちり味わいながら。
しおかぜセットで1,320円となかなかいい金額。
まぁ寿司に天ぷらに蕎麦と考えたらそんな感じだなぁと。
大分県日田市吹上町1129-2

TEL:0973-23-6222
営業時間 11:00~22:00
和風料理 金比羅亭 日田インター店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:14|PermalinkComments(0)

2016年12月31日

八幡西区 鮨屋台 握り屋 鮨コース飲み放題付き

大神商店のベアーです。

業務が終わってさぁどうしようかといつも考えることですが、久しぶりに休日返納でバタバタしてたので不満も溜まり、なんか発散したいなぁと。
班長は20年来の友人ですが、愚痴言う間柄でもないしなぁと。八幡西区折尾近辺の友人に連絡を入れてみたらたまたま小倉に居るからと言う事で合流して飲むことに。
場所は友人のホームの黒崎でと言う事で。
黒崎再来です。

さぁ何を食べようかと相談。
肉も魚でもと駅周辺をぐるりと回りつつ散策です。
餃子、炊き鍋、ちゃんこ、焼き鳥などなど。いろいろ候補に上がりますが、年の瀬なのか、黒崎の活気なのか満員御礼でなかなか座るまでに至らず。
鮨に行こうと言う事で友人の案内で路地のあたりへ。

DSC_0380
鮨屋台 握り屋さん。元八仙閣さんが入ってたそうで。鮨屋台の文字が無いとマッサージ店のような感じが。
少し薄暗めな階段を上り上がっていくとにぎやかな店内。
丁度2席カウンターが空いてたので案内されました。
店内はカウンターとテーブル席の様子。
大勢の方が食事にお酒にと楽しまれてる様子。

DSC_0383
ネタもだいぶ減ってきてるなぁと。時間としては8時前ほどで結構回転してるのかなぁ。

DSC_0382
メニューを見つつどうしようか考えます。
アラカルトで食べたい単品をいただくのか、それともコースで行くのか。
思考をやめて店にゆだねる形でと言う事で、鮨コースをお願いしました。

DSC_0384
生ビールをいただきます。
うっぷんを晴らすためにがぶがぶと。
飲みつつ、友人が飲み放題とかあったよね?と店員さんに。
どうせ上等な酒をちびちびと言うよりビールがぶ飲みだろうからそれをお願いしました。

DSC_0386
お通しです。煮魚。箸で身をほぐすとホロホロと連鎖的に崩れそうな感じ、口に含むと言い出汁加減に染み具合。
煮汁も辛さはなく、わかめも和えると結構いい味に。
一発目どころか、お通しでこれなら焼酎だなぁとか思いつつ。

DSC_0387
刺し盛り3品です。トリ貝、鯛にタコ。かなり大き目な切り口のタコ。薄造りで数枚に分けてくれたらどれだけお酒が進むのかとか考えます。
鯛もプリッとした食感。たんぱくですが、魚の旨みを感じつつ。
トリ貝の弱コリっとした食感にわさびを少し足しつついただきます。

DSC_0390
生ハムのサラダ。
サラダの生ハムは結構厚めなスライス。
ドレッシングも和風。酸味もそこそこで、濃いめの味付け。
ビールとサラダをあてにしながら。

DSC_0389
煮穴子が。
箸で切れる柔らかさ。中までふっくらな仕上がり。
煮汁もいい出汁で穴子のホロホロと崩れるほどの食感。
わさびを上に乗せて少し風味を変えたりと。

DSC_0391
こうなると完全に焼酎へ移行です。
麦の二階堂をいただきました。
香りはほのかに、臭み少な目でキリっとしたアルコール感。
日田を少しアピールしつつ。

DSC_0392
和牛のローストというかステーキ。佐賀牛だったかな?
柚子胡椒と共にと言う事で。
柔らかくて脂がしっとりと。赤身部位の隙間から湧き出る肉汁がなんとも。
脂っぽさをそこまで感じず。

DSC_0394
鮨7貫です。たんぱくなイカから始まり、鯛にすずきにトリ貝、海老にカンパチにマグロと順に身の味わいが濃くといった感じの並び。ガリも甘酢でつかってて、かじると生姜の辛味が口いっぱいに広がるほどで。
結構な量のお酒を飲みつつもしっかりと味わいます。

DSC_0395
なめこの赤だし。
キノコの量が多めでヌルットしたなめこの食感を堪能しつつ。わかめの噛むとコリっとした歯ごたえをアクセントに。

DSC_0396
デザートは和三盆のアイスだそうで。
甘みがそこそこ。風味はチョコレートアイスのような感じだなぁと思いつつ。
久しぶりに寿司食べたなぁとしみじみ。
堪能です。ごちそうさまでした。黒崎のちょっとした隠れ家スポット的な感じで。
鮨コースに飲み放題で5,400円でした。飲み放題が1,400円と言う事で。結構リーズナブルな感じ。
福岡県北九州市八幡西区黒崎2-9-15 2F

TEL:093-645-4356
営業時間 18:00~23:00(日・祝定休日)
鮨屋台 握り屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:40|PermalinkComments(0)

2016年01月17日

門司区 栄寿司 上にぎり、ネギトロ巻

大神商店のベアーです。


仕事で新門司方面に。クライアントと会う用事で11時に待ち合わせ。
訪問そうそうに内容の説明等を行い、業務は終了。
新門司です。なに食べよ。

以前から気になってた店が開いてるのかなぁと思いつつ店の前を通ってみることに。

暖簾がかかってるのでやってる様子。

DSC_3040
栄寿司さんです。
フェリー場からの帰り道で、通りからひっそりと看板が見えてましたし、新門司なんて海の近い場所で構えてるお店なので少し興味がありました。

早速中に入ります。
玄関から入って右に曲がるとカウンターに座敷等。
どうやら予約で結構満席。
1人である旨を伝えると、カウンターに案内いただけました。
横までお盆が並んでます。お昼にみなさん来られる様子。

DSC_3041
メニューを確認。お昼のセットメニューも見当たりますが、ちらし寿司に天ぷらとかあら炊きとか、にぎりがいいなぁということで、上にぎりをお願いしることに。
追加で巻物とかと思いつつ、鉄火かネギトロか、スペシャル巻なんて興味はありますが、ネギトロを注文。
カウンター前で大将が作業を開始、アナゴをバーナーで炙ってる姿を見るとちょっとワクワク。

DSC_3043
そうこうしてると配膳いただきました。
上にぎり。早速いただきます。
まずはアナゴ。ふっくらとした身に煮きったタレが甘辛く上品。熱が入った身の脂が適度に染みて口に広がる風味がなんとも。
シャリ玉も少ししっかりと握られてます。噛む楽しみを感じつつ。
ウニの軍艦巻きをいただいた時に感じた海苔のしっかり感。磯の風味がまたいい具合。
縁側も少量の醤油をつけた程度でしっかり噛みつつ。旨みがじんわりと広がる感じで。
エビもプリッとした食感がなんとも。
鯛の身がそれ以上にプリッとして噛む弾力を感じます。身の鮮度が高いので硬いとまでいかないほどの身の締り。
中トロも適度の脂身に身の旨味がなんともいい具合。このくらいの脂の乗りがいい感じ。
葉で隠れてますが、イカの握りに少し驚き。
そうめんほどの細さではないですが、少し太めに繊維を断って束ねて握られてます。
おかげで、口の中でイカの身が噛みやすい。ひと手間ですね。

DSC_3044
おすましはブリの身にわかめでした。
ブリの脂が染み出て椀の表面に油膜が少し。なんとなくうれしい感じ。
ブリの身の表面に膜が。片栗粉をまぶして湯に通した様子。旨みが凝縮。中はしっとり。
おいしい椀でした。

DSC_3046
ほどほど食べ終えたあたりで配膳です。
ネギトロ巻。2本でしたか。厚みもありいい量です。
早速つまんで少し醤油をつけつついただきます。
海苔がモッチリと厚めの中を噛むとプツリと切れて中からシャリとネギトロが出てきます。
表現としては適切ではないかもしれませんが、ソーセージのを噛んだら皮がプツリと切れる食感くらいの弾力。
海苔が意外においしい。
ついついパクパクとテンポよくいただきました。
ごちそうさまでした。
町の寿司屋さんって感じを十分に堪能です。
まだまだ、鉄火とか刺身系とかをお酒をいただきつつやりたい気分に。
午後の活力になりました。
上にぎりにネギトロ巻で2,700円悪くない感じ。
福岡県北九州市門司区吉志2丁目21-19
TEL:093-481-5353
営業時間 11:00~ランチ営業も実施中
栄寿司

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:03|PermalinkComments(0)

2015年12月26日

篠栗町 OHANA(オハナ) ハウオリコース

大神商店のベアーです。

夕方に飯でもと言うことで班長に連絡を入れるも応答がなし。
まぁならばと言うことで以前購入してたカニクリームコロッケが冷蔵庫の賞味期限を余裕でオーバーしつつありそうでしたので電子レンジで温めてビールをちびちびあおってると折り返しのTELが。
今から福岡空港に用事との事。その後に飯いくか。となり、同行することに。

移動の運転は半々なんですが、今日はさすがに1本開けてますからもう助手席の主に。

福岡空港で班長の先輩を迎えてそのまま篠栗のOHANA(オハナ)さんへ訪問です。
前回http://ookami.blog.jp/archives/39832467.html
福岡近辺ではかなり質のいい品をたくさん頂けるお店。

DSC_2713
早速到着。時間としては8時過ぎくらい。
周囲は真っ暗ですが、店は煌々と明かりが。
引き戸を開けて早速中に入ります。
この日は人も少な目で地元の方が入口付近で焼酎を飲まれてました。
早速奥側の席へ向かいます。

DSC_2714
メニューです。今日は前回と変えてと思いつつも、やっぱり魚メインのハウオリコースをいただきます。
それにしても飲み放題プランが3時間1,000円とは安い。コースの質も上等なのに、それを飲み続けれるのが素晴らしい感じ。元が取れてるのか気になります。

DSC_2716
まずはビールをいただきます。
キンキンに冷えたビールをあおりつつ。飲んでた缶ビールのアルコールも少し和らいでいましたのである意味いい具合。胃は暖まってます。

DSC_2717
前回同様ハワイアンテイストな感じがいい具合。
プロジェクターからはテレビが映されてます。大画面。
周囲の仕切りもハワイアンな感じな垂れ幕で仕切られてて店内ハワイ一色。

DSC_2718
お通しでまずは鮟肝。
ネットリとした肝の味。ポン酢でいい具合に締まっていただけます。
下と上あごでつぶすとまたなんともまろやかな。
匂いもしっかりとして鼻腔から抜ける様子は焼酎が飲みたくなる感じ。

DSC_2719
刺し盛りです。

DSC_2720
大トロアップ。
寿司は鯛にイカにウニに大トロ。刺身も厚切りでプリッとした食感。タコも水々しくて噛むと旨みが。
鯛も噛めば噛むほどに甘味が増してくる様子。イカの少しネットリとした中にも噛む歯ごたえ、コリッとした食感ものこしつつ。
大トロはさすがです。脂ぎっしり。
口に含むと、口内の熱で溶けだした脂であふれかえる感じ。
すごい脂の量が口にあふれかえってきます。
いやー大トロ堪能です。

DSC_2721
茶碗蒸し。プリッとした卵と出汁。上の麩がまた柔らかく出汁を吸っていい食感。中には鶏肉、しいたけ、タコに鯛などの魚貝に銀杏。出汁もしっかりでこれまた濃厚。
ビールを飲みつつですが、下の味を変えつつどんどん食べ進んで行きます。

DSC_2722
以前より、焼肉が重いといわれる事が多かったそうで、卓上の鉄板焼きに変更との事でした。
もやしにキャベツにエリンギ、エビにソーセージにロースというかサーロイン。これだけでも十分に高いコースで出せそうなお肉。

DSC_2723
タレも甘辛い醤油ベースにネギ等。鉄板の下にはバターにたくさんのニンニクスライスが仕込まれてて、火が入るとそのあたりの油が溶け出していい匂いを醸し出します。
ニンニクの焼ける匂いがまた格別。
ある程度火がとおってきましたのでさっそくいただくと、これは柔らかい肉。
脂も大量ですがサクっと噛み切れてしまうほどの柔らかさ。
また、脂の量も多いですが、そこまでくどさを感じず・・・いや、感じるやもしれませんw
大量の脂が噛むと染み出て飲めるくらいにあふれ出て、これが肉汁かーとおもうほど。
中々食べれるクラスではないなぁと思いつついただきます。
また、揚がったニンニクスライスをちびちびと口に含みつつビールを飲みつつ。これはたまらない具合です。

DSC_2724
肉の次はアワビです、中にシイタケと鮭のハラミも添えられてて、一転アッサリ系に。
ハラミはまぁ濃いめですが、コリッとしたアワビがなんとも。
インゲンの味が本当に箸休め。そんな濃厚な料理を堪能。

DSC_2726
伊勢海老です。
身がプリプリの上にベシャメルソースとチーズが蕩けてまたいい具合。
エビ味噌を穿り返しつついただきました。
エビの足もしっかり火が通ってて、かじるとえびせんのような歯ごたえ。酒のつまみに少しとっておいて食べつついただきます。

DSC_2728
あら炊き。もう兜煮に近い感じ。
身もしっかりとしたヤズ、ハマチクラス。大量です。出汁が上品で薄めの味付け。身の旨みが堪能できる感じに炊きあがっててこれだけでも焼酎が何杯も飲めそうな感じ。
骨をしゃぶりつつ身を取り分けます。ただただ、圧倒的物量。
魚の身の旨みを胃にいれつつ。

DSC_2729
チューハイレモンです。古き良きチューハイな感じ。レモン感がハンパないくらいで、酸味も十分。氷もクラッシュアイスでまたよく冷える様相。
美味しいので何杯もおかわりです。

DSC_2731
班長が〆にと炭水化物を注文ですので、同様に海鮮ひつまぶしをいただきました。
魚貝がふんだんに乗った海鮮丼。ブリにタイにいくらにタコ、エビ等多種多様な鮮魚です。タレを少し乗せていただきます。
少しご飯が固めの炊きあがり。出汁仕上がりなのかな。と思いつつ。

DSC_2733
出汁をかけて魚貝に少し熱を入れます。いままでのプリッとした鮮魚の歯ごたえが一転繊維がほどけてシットリとした食感に。これまたいい具合。魚の油が溶け出して出汁と混ざり合うとまた濃厚なスープに
美味しくいただきました。それでも少しご飯は固めだった気が。

DSC_2735
ロコモコです。デミグラスソースが大量にかかった卵ハンバーグ丼。肉も赤身肉の旨みがぎっしり。少し固めの肉質がまた、ハワイアンテイストな感じに。卵の黄身を少し崩し一緒にいただくと濃厚なソースにクリーミーな感じが。さすがはハワイ押しだとつくづく感心。これもいい味です。

DSC_2737
最後にデザートと言うことでリンゴにマンゴーシャーベット。あっさりと口直しでいただきました。

本日も大量の物量を堪能です。
ご馳走様でした。
今回も満腹満足。最後まで食べきれなかったのが残念無念。
コースは4,000円に飲み放題が1,000円、単品の海鮮ひつまぶしが1,400円にロコモコプレートが1,000円いかなかかった程度だった気がします。
いやーよかった。
福岡県糟屋郡篠栗町尾仲38-65
TEL:092-947-7739
OHANA(オハナ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 14:47|PermalinkComments(0)

2015年09月24日

佐賀県 玄海町 魚山人 (ぎょさんじん) 刺し盛り、イカの煮物、あわびの姿焼き、サザエのつぼ焼き、たこと野菜のサラダ、魚の煮付け、心太、茶碗蒸し、赤米の寿司、潮汁

大神商店のベアーです。

シルバーウィーク最後ということで、前々から予約をしておいた魚を食べに行くツアーの開催です。
場所は佐賀県玄海町。数名の大所帯で出発です。
レンタカーを借りて一路玄海の仮屋漁港へ。
高速をひたすら走り、一般道とバイパスを乗り継いで向かいます。
最終日は生憎の雨模様でした。

DSC_1434
漁港に待ち合わせ時間について待っていると漁船が近づいてきます。
この船に乗っての送迎です。ワクワクです。

DSC_1438
船で海を進むこと約5分くらいでしょうか。船乗り場に着きましたので降りて道を進むと、

DSC_1442
店の看板魚山人と貼られてます。
さらに進むと2階に上がる小屋が。

DSC_1445
階段を上がると来訪者の色紙サインなどなど。カルロスゴーンもきている様子。あの船に乗ったんでしょうね。その風景もすごいですが。
中に入ると10畳ほどの広さの部屋が一室。皿など配膳されてます。照明も白熱灯色が3つほどで落ち着いた雰囲気。
実は、日に昼と夜の2組しか予約で取らないという豪勢な食事処。予約がいっぱいで3ヶ月待ちくらいでした。

DSC_1451
早速みなさんでビールを乾杯です。
陶器のグラスに冷えたビールがいい具合。

DSC_1454
刺し盛りです。鯛にシマアジにイカ。だいだいではなくてみかんの輪切り。野菜も自家製とのこと。自家製のゆず胡椒でいただきます。
鯛の身もぷりぷりして鮮度抜群。シマアジの刺身も脂の乗りがいい感じ。コリっとした食感です。イカも弾力があり口に含むと鮮度がわかるつるっとした舌触り。
驚きは赤いゆず胡椒が風味豊かで辛味もピリッとしてコクがあり刺身に合う様子。
塩ではなく唐辛子にニンニクでしょうか。おいしいゆず胡椒を少しずつ刺身に乗せていただきました。

DSC_1455
イカの煮物です。中に卵がぎっしり。
噛むとプチプチと卵た潰れてうまみが染み渡ります。焼酎と会う一品だと感じます。

DSC_1456
イサキの煮付けでしょうか。中には小ぶりのクエもいた様子。大将が言っておられました。
この煮付けもいい味です。醤油辛くなく、しっかりと出汁を吸った身がなんとも。ご飯食べたくなる系の煮付けでした。

DSC_1458
鮑です。そのまま箸で貝柱部分をはずして丸かじりです。
ワタの部分の苦味がまた濃厚でいい味。身も食感はありますが、意外にやわ目。噛み千切れるほどの鮑。おいしくいただきました。

DSC_1459
サザエです。
中ぶりな大きさで身離れもいい感じ。するっとわたまで抜けて口に運ぶとワタがさほど苦味を感じずです。
味の濃いサザエでこれは病み付きになりそう。
中の出汁もおいしくいただきました。

DSC_1461
たこと野菜のサラダ。中華名で大将が言われてましたけど、のんべえなので記憶が曖昧。
たこの身がしっかり引き締まっててコリッとした食感。野菜にかかってるドレッシングも中華風で食べ進みます。
野菜も豊富でこれも自家製だそうで。

DSC_1462
ひじきのキッシュです。やわ目の卵焼きに大量のひじきを投入って感じでしょう。ひじきを煮物意外で食べるのは久しぶりな気がします。

DSC_1463
アマダイのさつま揚げ。レタスと一緒にいただきます。
これまたいい練り物。ふわふわの身に魚のすり身の強い味がしっかりと。
レタスもパリッとしててまたいい具合。

DSC_1465
心太です。
テングサから自分で取って作っているとの事で、正直驚きです。
噛むとプツプツと切れる感じがまたいい味わいでした。

DSC_1466
茶碗蒸しです。ウニがのってました。
魚介の出汁がふんだんに使われてて、中にはホタテとしいたけのみ。シンプルな茶碗蒸しですが、濃厚な卵の味わい。少しすくって焼酎を飲みつついただきました。

DSC_1468
赤米を使った寿司だそうで。鮮度の高いネタに感服。ご飯の酢飯もいい具合の味付け。おいしくいただきました。
おなかいっぱいになりつつです。

DSC_1470
潮汁です。シマアジの頭をほぐしながらいただきました。いい塩梅です。

大将が調理が終わった後に座敷に来ていただき、話をしながら楽しい宴会になりました。
フレンチの坂井シェフとも友人で料理を一緒に作った話を聞かせていただきながら夜は更けていきました。
楽しい時間とおいしい料理を堪能です。ごちそうさまでした。
本日お邪魔した建物も自作だそうで、なにからなにまで自作とは恐れ入りました。
コースの料理が5,000円からとの事で、20,000円のコースになると飼育してるクエを出していただける様子。それもすごい。
佐賀県東松浦郡玄海町仮屋高岩
TEL:0955-52-2733(船で行くので完全予約制です)
魚山人 (ぎょさんじん)



ookamisyouten at 14:38|PermalinkComments(0)

2015年08月13日

篠栗町 OHANA(オハナ) ハウオリコース

大神商店のベアーです。

篠栗町です。宗像から大宰に抜ける道でしかあまり接点が無いので、そうそう寄る機会に出会わずでした。
博多駅から5駅と利便性もあり、抜群のベットタウンなんですけどね。
今回、おぱげにあの先輩達に同行させていただき、おススメスポットを満喫です。
目的地はオハナさん。以前魚吉さんという店の時に一度訪問でしたが、今回も楽しみです。

夕方7時半に予約で6時過ぎに小倉を出発。九州道をひたすら南下です。
福岡インターから飯塚方面に向けて進み、篠栗駅に到着。目的地は駅のすぐ前でしたにで、駅のコインパーキングに止めて向かいます。
日も傾き、いい頃合いです。

DSC_0669
オハナさんです。看板にgood food restaurntの文字が。照明加減で白く輝いてます。
作りは居酒屋風。黄色い看板にハイビスカスの絵と目立ちます。
さっそく引き戸を開け中へ。
ずらっと酒瓶が並んでて、カウンターと奥に座敷。テーブル席もありです。
内装はハワイアンテイストで、垂れ幕や、仕切りのロールカーテンもハワイアン仕立て。
キティハワイバージョンまで飾られてたり。

DSC_0670
trfさんの曲で振り返ってみると、古いコカコーラのCMが流れてました。若い所ジョージさんも出演してたりと。
懐かしい限り。
さっそく注文です。魚メインということで、ハウオリコースをいただく事に。
飲み放題が3時間180分ですか。たっぷり堪能です。

DSC_0676
まずはキンキンに冷えたビールです。
霜が降りて表面を覆い指の後が付く感じ。さっそく乾杯していただきます。
泡もマイルドでのどが潤います。

DSC_0675
刺し盛りと寿司です。豪勢。
イカはもちもちでスッと歯切れが良く、少しねっとりとした食感が舌を通ります。醤油も少しで噛めば味が深まるばかり。
大トロは醤油を弾くほどの脂の乗り具合。すっと蕩ける感じです。
ウニも濃厚、煮アナゴも口でふわっと溶ける食感。おいしいです。
刺身も鮮度抜群でタイのハラミ部分もコリコリとしていい具合。クジラベーコンなどなど。サーモンもわさびを巻いても辛味が負けるくらいの油分を感じます。
1品目からもう幸せ気分。

DSC_0677
茶碗蒸しです。シイタケにタコ、鶏肉にエビ。出汁が濃厚で旨みが豊富な茶碗蒸し。
卵の蒸し加減も絶妙で、スッとすくうとプルプルと震え、口に含むと溶け出してしまう感じです。

DSC_0678
おばいけの酢味噌和えです。
クニクニとした食感に酢味噌をかけてあります。味噌もふつうの酢味噌より味噌の風味が漂い、単に酸味を感じるだけではなく、コクとまろやかさもいただけます。おばいけも噛めば噛むほど味が染み出ていい具合。ビールを飲みつつ食べてましたけど、スッキリ辛口な日本酒が良かったかもとか少し感じつつです。

DSC_0680
ホタテのバター醤油焼きです。上にタコ足とサーモンが乗せられてました。
これまたホタテ出汁が出てうまい。バターと醤油にホタテの相性抜群ですね。タコもサーモンも少し出汁につけつついただきました。
最後の旨みの詰まったスープも口に含んで、お酒をいただきます。

DSC_0682
伊勢海老のグリルにムースとハム。付け合せにジャガイモとエビのベシャメルソースをかけたものです。
ムースの中身が4等分されてて、ベシャメルソースとパルメジャーノを和えたものにエビムースで固めた感じ。
まさか寿司屋でここまで出るとは。伊勢海老の味噌を付けつついただきます。プリプリなエビの身に、ソースも濃厚な仕上がり。3時間の飲み放題がまだまだ続きます。

DSC_0688
もう一つの売りの焼き肉です。
ロースにタンにホルモン。肉の色がピンク色。霜の入り具合がすごいです。

DSC_0690
あぶる程度にでいただきました。
肉の質感が見た目通りでスッと切れる感じ。噛んだ食感がなにより筋繊維を感じないくらいの柔らかさ。
抜群な肉でびっくり。そのまま食べても味が濃厚で、肉の旨みを感じます。肉刺しでも食べれそうなイメージです。
この肉はびっくり。タンも柔らかく、サクッと歯切れが良い感じ。塩麹タレに漬けられてる様子でタレなしでも十分おいしい味わい。

DSC_0691
結局タレを1回しか使わずでした。肉本来の旨みが凝縮です。

DSC_0692
ホルモンも脂処理されてるのに滴る油脂で炎が大きく燃え広がり舞う感じ。
適度に脂が落ちておいしくいただきました。

DSC_0693
コースの魚メインでしょうか。金目鯛のグリルにオクラのソテー。金目の身も脂が乗っててジューシー。焼酎の水割りでじっくりいただきます。身もホロホロでいい魚の味わいでした。

DSC_0694
デザートにパインのシャーベットさすがはハワイアンがコンセプト。甘さ控えめでサッパリ。口の脂分を洗い流す感じです。ゆずシャーベット等に比べると甘味ですが、いい具合。

DSC_0696
最後にデザート感覚で酎ハイのマスカットをいただきました。マスカット風味が感じられます。ブドウのさわやかな皮の渋みとか、香りとか。甘い感じのデザート的な雰囲気です。

平らげました。3時間の長丁場もあっという間に過ぎるほどの圧倒的物量の料理・酒群。おいしくいただきました。ご馳走様でした。近ければどんなにいいかと思ったことか。
機会があればまたお願いします。
コース1人前で5,400円。飲み放題がついてこの値段とこの料理は安すぎでしょう。いいお店です。
福岡県糟屋郡篠栗町尾仲38-65
OHANA(オハナ)

ookamisyouten at 11:04|PermalinkComments(0)

2015年02月17日

小倉北区 すし将軍 寿司etc・・・

大神商店のベアーです。
ちょっと一杯のつもりで飲んで、いつの間にやらはしご酒ってことはよくよくありますけど、
落ち着いて飲む店もあれば、せせわしくパパッと食べ飲みして早々に次の店に行くなんてのも多々
普段から今度あそこ行って見よー的な思考で町を巡るので、
気になる店の気になるメニューをとりあえず堪能ってのはよくあることかなぁと思います。

ずいぶん前からOPENしてましたけど、なかなか寄る事の無い魚町地区の寿司屋すし将軍さん

ほろ酔いで魚町銀天街を武蔵から駅側へ歩きつつ、もう少し入れたいなーの雰囲気で
そうだ、行って見ようから店へ

DSC_2179
銀天街のロフト側入り口にあり、煌々と明かりが灯ってる寿司屋さん
1貫75円の安さを売りにした看板(o´ω`o)
寿司屋で安さより鮮度とか味とかのほうが個人的に惹かれますけどねー
あと結局2貫で150円だったら回転すしより若干高い程度かなぁと思って入店

DSC_2117
ずはビールをいただきます。
瓶でモルツでした。
瓶ビールいいですねー

DSC_2118
マグロの漬け。

DSC_2119
中トロ。アブラいいかんじ。

DSC_2120
生エビ。

DSC_2121
ウニ軍艦でいただきました。

DSC_2122
カンパチとウニ

DSC_2123
ヒラメ

DSC_2124
穴子炙り

ビール2本に寿司で2500円くらいだった気がします。
魚町近辺だったら京寿司閉まってたらココで食べてもいいかな?的な
ランチメニューがあるっぽいので今度試してみようと思います。
福岡県北九州市小倉北区魚町1-6-7
すし将軍 小倉魚町店

ookamisyouten at 01:36|PermalinkComments(0)

2015年02月08日

小倉北区 創作鮨 心  寿司ランチ

大神商店のベアーです。
外食で高価といえば、やっぱり寿司かなぁと思います。
それでも、昨今はだいぶ安く食べれるようになってるとおもいますが、
それでも、職人さんの作る寿司は美味しいなぁと

DSC_2105
回らない寿司をリーズナブルに食べるには、やっぱりランチを攻めるが一番と思います。
早速やってきました若宮の住宅街にあるすし屋心さん
平日だけでなく祝日もランチ出していただけるありがたいすし屋さんさんです。

昼なのでさすがにビールは難しいですが・・・

DSC_1599
お茶をいただきながら、イカに白身

DSC_1601
玉もいい感じに甘く仕上がってます。鯛はプリプリです。

DSC_1602
それが私のお稲荷さん的な?
出汁が染みてよく煮上がってます。

DSC_1603
海老にハマチ。繊維を感じるいい歯ごたえの海老に弾力のあるハマチ

DSC_1604
ホロホロととろける脂身のサーモン

DSC_1605
茶碗蒸しもゆずが利いてて風味よくていい感じ。

DSC_1606
今日の巻物は海鮮です。蛸とか魚がいい感じの巻物でした

DSC_1607
〆はウニとイクラで(*・ω・*)ノ~~
いやーいつも堪能させていただいております。
これに、赤だしがついてくるからすばらしい
正直結構な隠れ家ですよwww

ランチで1500円だしてお釣りがきます。
福岡県北九州市小倉南区若園1-20-16
創作鮨 心

ookamisyouten at 23:46|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気