ヒラス刺

2017年03月22日

行橋市 食堂 百万石 皮酢、酢モツ、ヒラス刺、串カツ、焼き鳥、から揚げ、オムライス、ちゃんぽん

大神商店のベアーです。

行橋出身の先輩にからあげ太郎さんがいいよと教えてもらい訪問し、行橋のレベルの高さに意外に驚きを感じつつ。
角打ち 立ちヒロシの大将が行橋出身と言う事もあり、数点巡った記憶等々を話題で飲んでおりましたところ、大将の友人の方曰く、あっちの方が俺は好みだけどと言うような。
門司のお福とふじのような派閥抗争がある様子。ならばと言う事でつたない記憶を頼りに班長を誘って飲みに行くことに。
たぶんここでは?記憶に薄いが歴史の教科書に出てくるようなそんな名前だったなぁと言う事で訪問です。

DSC_1320
食堂 百万石さん。駅前の通りのすぐのところにありました。
持ち帰りもある店の様子。入口横の窓から注文をしてる人を見かけつつ。

DSC_1304
食堂な感じがぷんぷんと。早速扉を開いて店内へ。
中に入るとコの字型のカウンターが中央に。テーブル席も数席ほど。2階もある様子。
ほぼ満席状態でたまたま入れ替わりで帰られた方がいたので、そのテーブルに案内されました。

DSC_1313
メニューも食堂メニューから一品料理。つまみなどなど。

DSC_1309
本日のおすすめで刺身等も置いてる様子。

DSC_1307
まずはビールをいただきます。冷えたグラスに細かな泡。ぐいっと飲みながら料理を待つことに。

DSC_1310
まずは皮酢と酢もつ。配膳までにさほど時間がかからないだろうなぁと言う事で。
皮は柔らかめな食感。ポン酢をしっかり混ぜつつ。
素モツはスライスしたズリで、食感も柔らかめ。こちらもポン酢がしっかり染みていい塩梅。

DSC_1311
串カツです。
卓上にあったソースを適量かけていただきます。
豚バラに衣がしっかりと。
豚の脂身が衣でコーティングされてていい旨み。
アツアツのうちをかじりながらビールをいただく感じで。

DSC_1312
ヒラスの刺身です。
鮮度が高め。ハラミの部位はコリコリとした食感。
醤油に付けるとはじくほどの脂ののり具合。
プリッとした食感、かなりの弾力。
わさびを乗せて醤油をちょっと。口に含むと鼻を通る刺激がいい具合。

DSC_1314
から揚げを頼んだんですが、モモも骨付きも完売だそうで。モモ身を期待してたんですが、残念。
骨なしの部位をいただきます。
しっかりとした生姜醤油風味。衣も厚めですが、中の身はあっさり具合。
胸肉だなぁと。パサつくほどではないですが、ジューシーとはいかないほどの肉汁感。

DSC_1317
ビールも飲み終わりましたので、ハイボールをいただきます。
強くない炭酸。薄目ですが、さっぱりとしたハイボール感がしっかり。

DSC_1316
焼鳥です。
左から肝、ホルモン、皮、つくねの順番で。
皮のコラーゲン質を堪能しながら。
肝は結構しっかり焼くスタイル。ネットリの少し上ほどのざらつきを感じるくらい。
タレが十分に染みてますがなかなか。
つくねは柔らかい食感。ホルモンのクニュっとした歯ごたえは中々。

DSC_1318
班長注文のオムライス。
昔ながらのチキンライスを玉子に包んだケチャップ仕様。
ご飯のケチャップ感もさることながら、結構な具沢山。少しのご飯のコゲが若干目気になる程度で。

DSC_1319
〆にちゃんぽんをいただきました。野菜たくさん具沢山。
少し粘度を感じるスープ。コラーゲンがしっかりと。
野菜の量ががっつりあり、これは中々。
麺は太麺でしっかりと出汁が染み込んで優しい味に。
干しシイタケの風味と出汁を感じながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
酒2杯に料理で5,000円行かないほどだったかと。

次回はモモ身の唐揚げをいただこうと心に誓いつつ。
福岡県行橋市宮市町4-3

TEL:0930-22-0629
営業時間 土日は昼から、平日は夕方からOPENしてた貼り紙が。
食堂 百万石

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:01|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気