バーニャカウダ

2017年03月21日

小倉北区 炉端と串焼 炭衛門 ゴマサバ、バーニャカウダ、麩田楽、焼き鳥、ちらし寿司

大神商店のベアーです。

先日班長と共に食事でもと言う事で、少し近況の報告及び、今後の展開についての話し合いを行うべく、小倉の街へ集合です。
とりあえず座れる場所に入ろうと言う事で焼き鳥あたりがいいなぁと言う班長のリクエスト。
そういえば、コレットの裏に入ったことの無い串焼きの店があったなぁと言う事で、向かってみます。

DSC_1211
炉端と串焼 炭衛門さん。エレベーターで2階に上がったところフロアすべてが炭衛門さんの様子で暖簾がかかっていました。
一歩踏み出すと、まさかの段差が。
前を見てないと危ないですね。
2人である旨を伝えると、入口付近のカウンターへ案内されました。

DSC_1212
壁に掲げられてるメニューがずらりと。
とりあえずビールを注文し乾杯。写メったはずが記録されてなかった罠がここに。
しっかりと飲みつつオーダーと言う事で。

DSC_1215
まずはゴマサバ。醤油が注がれた器に少し〆たサバの身。ゴマを適量振りかけてある漬けではないスタイル。
珍しいなぁと思いながら一口。煮切り醤油を適量付けてわさびと共にいただきます。
軽く締まったサバの身。少しの熟成加減があり柔らかめな食感。

DSC_1218
麩田楽です。
焼いた生麩に味噌だれをドバっと。
モッチリとした生麩の食感。味噌の濃い味がしっかりと。口の中に放り込むとかなりの弾力を感じるもちもち感。ビールで流し込みながら。

DSC_1220
バーニャカウダーと言う事で。
焼いた野菜をアンチョビマヨネーズでいただきます。
適度な火の通り具合がなかなか。
アボガドの柔らかくトロリとした食感がいい感じ。
シイタケとかナスとかあまりバーニャカウダーで見かけない野菜もしっかりいただきました。

DSC_1221
串と言う事でねぎまがわさびで。中はしっとりとレアっぽさが残る焼き加減。表面は魚の身の食感。中は刺身ほどの食感。

DSC_1223
レバーのタレにかしわ。レバーの火の入り具合はミディアムを少し超えるほど。ネットリとした食感に少しのレバー香が漂うほどで。

DSC_1225
ちらし寿司です。
マグロ、玉子、白身。胡瓜と海苔にミニトマトが表面を覆うように盛りつけられてます。
酸味もきつくない酢飯に醤油を少し垂らしてがっつりと。
ごちそうさまでした。しっかりといただきました。
串等も少し高めな値段設定かな?と思ったほどで。
ビール4杯に料理で6,000円行かなかったくらいだったと。まぁそんなもんかな?
福岡県北九州市小倉北区京町3-5-7 2F

TEL:093-521-8977
営業時間 17:00~(不定休)
炉端と串焼 炭衛門

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:54|PermalinkComments(2)
livedoor プロフィール
livedoor 天気