グラタン

2017年04月10日

下関市 おかもと鮮魚店 刺し盛り、とらふぐ刺、天盛り、エビグラタン、板うに、揚げ餃子

大神商店のベアーです。

久しぶりに友人と晩飯でもと言う事で待ち合わせを。
以前から連れていくよと伝えてた下関の岡本鮮魚店さんへお邪魔する計画。
移動手段は電車と言う事で、門司駅構内で待ち合わせをしてその足で下関へ。
電車で下関へ行くのは久しぶり。
途中で電気が消えたりするのはデフォルトだなぁとか思いながらそうこうしてましたら下関駅へ到着です。
グリーンモールの方向を駅員さんに聞いてそちらの方向へ歩きつつ。
くらい通りの一角を目指して歩いていきます。

DSC_1475
そんな感じで訪問です。
おかもと鮮魚店さん。班長の車か昼のランチでの来訪がメインなので、この時間に歩きで来るのはなんとなく新鮮。
早速店内を見渡すとほぼ満席の入り具合。
入口には2名のお客さんが待ってる様子ですが、さすがにここまで来てからの別の店と言うわけにはいきません。
少し待ってますと相席で案内されました。

DSC_1476
通りに並べられた魚介の数々。テンションが上がります。
早速席についてさぁと言う事で。

DSC_1477
メニューを確認しながらビールをオーダー。

DSC_1478
お通しです。つぶ貝に煮凝りの様子。
どっちもいい旨み。ビールのアテにいただきながらその他のオーダーをお願いします。

DSC_1479
まずはとらふぐの刺身。
コリっとした食感。しっかりと締まった身にかための歯ごたえ。ネギを巻いてポン酢を少々。噛むと旨みがしっかりと。
紅葉おろしを少し付けてさらに一口。ピリリとした風味と淡泊な身を噛めば噛むほど旨みがしっかりと。
鮮魚がリーズナブルで量もしっかりとしてなのが好印象。

DSC_1480
刺し盛り2人前と言う事でしめさば、ホタルイカ、くじら、タイラギ、サーモン、カンパチ、タコ、イカ、鯛、ブリなどなどと結構な品目がどっさりと。
さすが鮮魚を扱うお店と思いつつ、各々刺し盛りに手をつけながら語らいつつ、酒を酌み交わしてがっつりと。
馬鹿話から多々に渡っての戯言などを。

DSC_1481
天ぷらの盛り合わせ。魚介のお店ですが、野菜天ががっつりと。
魚介の天ぷらでいいんですよ?そんなことを考えつつもナス天、ニンジン、ピーマンにかぼちゃ、エビ等を頬張りつつ。

DSC_1482
横の冷蔵庫にがっつり並ぶ日本酒群を片っ端から呑んでいく始末。

DSC_1483
もう少しガッツリついでくれるとさらにうれしいのになぁとか思いながら冷酒をグイグイと飲み干していきます。

DSC_1484
エビグラタンのオーダーを友人が。
中にはベシャメルソースに多めの海老と玉ねぎ、コーン。マカロニは入ってないんだなぁとか思いながらチーズのコゲを堪能しながら日本酒をがっつりと。

DSC_1485
入口の冷蔵庫へ何か仕入れに行こうと言う事で。
岡本鮮魚店の醍醐味を。並んだ魚で煮物とか焼き物とかをオーダーできるシステムがなんともいい感じ。
ただ、本日は板うにがそこそこの値段でしたのでお願いしたら海苔とわさびがついて配膳です。
甘めでネットリとしたウニの風味。海苔のパリッとした食感に醤油の濃いめな旨みに塩味。口に放り込むと磯の香がしっかりと。
旨みを堪能しながら日本酒で流し込む。そんな感じ。
しっかりといただきました。

DSC_1486
〆に近づいてきた様子で、揚げ餃子をオーダーしてたっぽいので、

DSC_1487
強炭酸のハイボールをオーダーです。
ゴクゴクとのどを鳴らしながら、アツアツの揚げ餃子と共に。しっかりといただいて一次会の飲み会は終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
鮮魚をがっつり食べれるいい店だなぁと常々。
しこたま酒をがっつりのんで食事を取って2人で17,000円ほどで。やり過ぎた感が否めないですが、まぁ満足。そんな具合で。
山口県下関市竹崎町2丁目7-4

TEL:083-232-8551
営業時間 11:00~23:00(日・定休日:月曜祝日の場合は連休)
おかもと鮮魚店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 21:01|PermalinkComments(0)

2015年09月13日

小倉北区 小倉十三区 パンチのフレンチ 豚肉の炙り、関門タコのグラタン、オムレツ、カナッペ、トマトベースのパスタ

大神商店のベアーです。

久しぶりにおぱげにあこと班長と飲みに町に出ました。
いくつか候補が上がった中で、小倉十三区に行こうということで。
中にフレンチが入っているとの事で、ならそこを重点に飲み食いしようとなりました。
骨付きかルビとか、鉄板ナポリタンとかを食べにたまにきてましたけど、パンチのフレンチをメインでいただくのは初めてです。ちょっと興味があります。

DSC_1122
早速店の脇のテーブルに座ります。ほかの店舗のテーブルにも結構な人だかり。
満席状態です。
どこに座っても料理は注文できますけど、やっぱり近場で出来立てからいただこうとの事で。

DSC_1117
まずはビールをいただきます。
熱気と活気がある店内?十三区内です。雰囲気に当てられてビールも進みます。

DSC_1123
お通しに鴨肉の燻製かな?下には濃厚なポテトサラダにキャベツ等がドレッシングに浸ってます。
意外に酸味より旨みの強めなドレッシング。鼻腔を刺激する酸味臭もそこまでなくです。

DSC_1124
店長オススメ料理を注文でいただきました。豚肉の炙り焼き。脂が乗っててジューシーな肉の下にさきほどのお通しの下にひかれてあったキャベツのサラダが。ドレッシングも同様で肉のソースににも合う感じ。
こざっぱりといい具合。ビールに濃厚な脂がよくあう様子。

DSC_1125
オムレツです。トマトソースかけ。やわらかくて、またトマトソースもいいコクとまろやかさ。粉チーズとかほしくなりますね。

DSC_1126
関門タコのグラタンです。ハーフサイズでいただきました。タコぎっしり入ってて中はトマトベース。野菜もあらみじんに切られてて食べ応えありです。
バケットをいただき、乗せつついただきます。
タコはコリコリとした吸盤の食感もさると事ながら、身も絞まって少し固め。チーズとトマトソースにマッチです。

DSC_1127
カナッペ。トマトベースに野菜がたんまり。チーズもとろけて食欲が増します。半分に切られてるので意外に食べやすくてパクパクと進みます。

DSC_1128
トマトベースのパスタです。
海老とホタテがトマトソースに馴染んでて旨みが十分。
パスタ麺も少しやわめで飲みのあてとしてはいい感じ。ソースもよく絡んだパスタです。
バケットの残りで少しづつソースをぬぐいながら完食です。

屋台街のなかで久しぶりの洋食を堪能です。
ごちそうさまでした。
雰囲気があり、がやがやと騒がしい場所ですけど、祭り気分で楽しんでました。

料理にビール6杯くらいで8,500円程度。安いですね。
福岡県北九州市小倉北区京町3-5-8
TEL:093-511-2332
小倉十三区 パンチのフレンチ



ookamisyouten at 11:47|PermalinkComments(0)

2015年08月23日

下関市 おかもと鮮魚店 刺し盛り、天ぷら盛り合わせ、海鮮茶碗蒸し、白子豆腐の揚げだし、アワビのグラタン、イカキムチ、真子の煮物、ムツの煮付け、うな丼、おかもと丼

大神商店のベアーです。

茨城からの友人が仕事の関係で北九州に1ヶ月程度滞在です。
彼と知り合ったのは6年くらいまえに飲み屋で意気投合してそれ以来。
年に2回程北九州に来るかも知れない様子なので、着いたら連絡を貰って飲んだりです。
この地域の良さを堪能してもらうために、さっそく連れ回して接待です。

以前、海鮮丼を食べに来たおかもとさんですが、夜も来てみたいと思っていましたので誘って訪問です。

DSC_0773
8時過ぎです。もう暗い通りに煌々と照る照明等。さっそく引き戸を開けて中に。

DSC_0774
鮮魚店ならでわの冷蔵庫。多種多様な魚が中にたっぷり。貝から海老類からカニ。魚もたんまりです。
一応8時に予約をしての入店でしたので、少し片付けていただいて、広めのテーブルに着座です。
こんな時間なのに、満席満員。入れ替わってまだまだ席が埋まっていく状態。

DSC_0775
まずはビールです。冷えた一杯に周囲のお客さんの熱気で少しテンションが上がります。

DSC_0776
お通しのニナ貝(ニーナ)に甘海老のから揚げ。ひさしぶりにニーナを食べました。クルクルとほじって日本酒と食べたい気分。

DSC_0777
刺し盛り3人前です。メニュー内で見つけきらなかったので、時価?です。でも高くなさそう。
ハマチにたこにサーモン。さばも〆と生にカツオ、イカ、鯛に貝柱と鯨肉にアジ。全体的に鮮度も良くて油がのってて醤油をはじく感じ。素材の味を堪能です。

DSC_0778
天ぷら盛り合わせ1人前です。かぼちゃに茄子にピーマン。しいたけにイカと白身を2切れづつに海老3尾と豪勢な1人前。
さっくりした衣に火の通りも良くアツアツ。ビールもついつい進んでいきます。

DSC_0780
白子豆腐の揚げだし。白子を裏ごししてクリーム状にしたものを葛粉で固めて揚げたものだと。
豆腐をいただくと白子の香り味が漂い、モチモチとした葛豆腐の食感が楽しめる感じ。出汁も薄味で味濃くなく損なわない程度の出汁。おいしくないわけないですよね。

DSC_0781
少し橋休め程度にイカキムチをいただきました。イメージは塩辛の塩を唐辛子に変えたような。
ヌルっとした食感に唐辛子の辛味とイカ本来がもつ旨みが付け込まれてる様子。
お茶漬けでもおいしいのがイメージできました。

DSC_0782
海鮮茶碗蒸しです。
アラとかから取った海鮮だしで作られた茶碗蒸しです。中にはしいたけ、海老に白身魚などなど。濃厚な茶碗蒸しで火の通りもいい具合。プリンみたいにプルプルです。出汁の旨みとかすかに感じる塩っ気でビールが進みます。

DSC_0784
気になる一品ということで、アワビグラタンをいただきます。少し固めのベシャメルソースにアワビの切り身がぎっしり。アツアツの内部をチーズでコーティング。少しづつ食べながらビールを飲み進みます。
久しぶりに海鮮グラタンをいただきました。

DSC_0785
メニューになかった真子で煮物をいただきました。ぷつぷつとした食感で火の通りもよく。よく出汁がしみてます。
豆腐も出汁がよく染みてて味がいい。

DSC_0792
ついつい焼酎ロックに変更です。とろっとした強めのアルコールと煮魚の相性が抜群でした。

DSC_0786
うな丼です。うなぎの身も厚く脂が乗ってます。皮目まで柔らかく、また青海苔のかかったご飯とに染みる甘辛なタレもいい具合。
これだけで1品で記事書けそうです。

DSC_0789
アンコウのから揚げ。パリッとした骨もいただけるから揚げでした。コラーゲンをたくさん含んだ身がやわらかく溶ける感じ。身の旨みを十二分に堪能です。

DSC_0791
ムツの煮物。これも時価。冷蔵庫に並んであった魚を注文してそのまま煮魚にしていただきました。
丸々1匹でかしら付。身もやわらかくしっかりと出汁が染みこんでます。ハラミの部分をいただきますと脂が乗ってて皮もトロトロ。胸鰭部分に孕んでた真子もいい具合の煮加減。内臓の苦味も焼酎を進めるアクセント。脳天の肉も締まってますが、箸でつまんで口に含むとほろほろと。
骨を残すのみまで食べつくしました。
あーこの煮汁をご飯にかけていただきたかった。残念。はしたないですがw

DSC_0793
名物おかもと丼です。3人前はありそうな大きな器にあふれんばかりの海鮮。カニだの海老だの魚貝の山です。
器について丼用のタレをかけていただきます。プリプリな仕上がり。刺し盛りと重複する魚郡ですが、ご飯と醤油ベースのゴマダレで食べるとまた格別。堪能です。

DSC_0794
味噌汁もアラで煮出した出汁の白味噌仕立て。中には切り身が絶妙な火加減で。
おいしくいただきました。ごちそうさまでした。

ついつい食べ過ぎてしまいました。
下関の市場の味を十分に堪能です。
ついつい、品目と写真が多かったので、紹介程度に。
料理は旨みコクですが、記事はあっさりと。
10:30くらいからぼちぼちとテーブルが空き始めた感じでした。さすがは有名店。
全部の料理にお酒でを含めて25,000円程度。3人で飲み食いして8,500円くらいですか。十分堪能です。
ショーケースで注文は接待として楽しく満足いただけたと思います。
山口県下関市竹崎町2丁目7-4
TEL:083-232-8551
おかもと鮮魚店

ookamisyouten at 13:44|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気