ごまぶり定食

2017年04月07日

小倉北区 玉川食堂 ごまぶり定食

大神商店のベアーです。

朝から右往左往と言う事で。
書類のミスでクライアントに押印をいただきに伺い。書類の回収などなどと。
昼まで息つく暇もなし。そんな4月。
銀行に書類を提出してようやくホッと一息つけるなぁと。
12時半を過ぎてるので何か食べて戻るかと思い、魚町銀天街をウロウロ。

DSC_1467
居酒屋さんの定食とかでもいいなぁと思いながら歩いてましたら久しぶりに見かける地下に降りていく通路。
そうだと言う事で早速向かいます。
小倉魚町銀天街に古くからやってる食堂。

DSC_1468
玉川食堂さんです。
創業97周年と言う事で歴史を刻んでるなぁと。
小倉の胃袋を鷲掴み。そんな感じ。
早速店内へ。テーブル席が6席ほど並んでます。奥には座敷が2席の様子。満員ですが、相席でテーブルに座して待ちます。

DSC_1470
本日の日替わり。何をいただこうかなぁと。
気持ちは生姜焼き定食でしたが、ごまぶりでもいいなぁと言う事でお願いします。
テーブルに置かれるお茶と急須。いい茶のスッキリ感。

DSC_1471
小鉢を2品チョイスと言う事で。おひたしときんぴらごぼうをお願いします。
なんとなく家庭の味で。
携帯をいじりながら少し待ってますと配膳されました。

DSC_1472
ごまぶり定食ご飯大盛。

DSC_1473
ごまぶりアップ。
煮切りの味醂と醤油を割った漬ダレの上に少し熟成が進んだブリの切り身が数切れ。上からゴマがしっかりと。
わさびを溶いて一口いただくと、プリッとした食感。程よい固さで旨みがしっかり。
味醂の風味を感じながらゴマの香ばしさを纏ったブリの身を噛みつつ。
ご飯をかき込む。
ご飯を口に含んで味噌汁を啜る。
味噌汁は豆腐とあげ、いい味噌の塩梅。
ほうれん草のおひたしのシャキッとした食物繊維。今でこそ料理はしないですが、ほうれん草とシメジはよくバターとベーコンで炒めてビールを飲んだなぁとしみじみ。
きんぴらごぼうの醤油感もいい具合。ついついご飯を平らげてお代わりを半分ほどいただきます。
残りのきんぴらごぼうと味噌汁で適量のご飯を頂きつつ。
少し残ったご飯の上にゴマブリを並べて、煮切り醤油を回しかけ。
わさびを少し乗せて、横に置かれてある急須からお茶をブリの身にかからないように脇からそっと流し込んで。

DSC_1474
ぶり茶漬けに。
お茶のいい風味、醤油出汁に少し塩味を足してご飯を流し込む。
ぶりの身に少し熱が入り、ホロホロと崩れる手前。この食感が好きで、下の上で半レアを堪能。
直接かけると火が入り過ぎて完全に崩れる形となるのでお茶につけすぎず、熱を加えすぎずで。
わさびも溶かしつつがっつりといただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
まぁ懐かしい感じの食堂の風景。ご飯がもう少し固めならなお好み。
ごまぶり定食で740円。お代わり無料と胃袋にも財布にも優しい具合。
福岡県北九州市小倉北区魚町2-3-21 B1F

TEL:093-522-6305
営業時間  11:00~22:00(水曜定休日)
玉川食堂

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:13|PermalinkComments(4)
livedoor プロフィール
livedoor 天気