長崎県

2016年04月04日

長崎県平戸市 平戸漁業協同組合 旬鮮館 天然平目定食、サザエの刺身、ひおうぎ貝焼

大神商店のベアーです。

さて、長崎駅前である程度時間も費やし、準備も万全。そろそろドライブと思いつつ、どちらへ。
佐世保、雲仙、大村湾とどうしようかなぁと。
帰路も考えて、佐世保方面へ。その後平戸を抜けて伊万里、有田、武雄に小城。北上して唐津経由の福岡入りと言う事で進みます。

さすがは休日。車もそこそこに込んでハウステンボス前は渋滞。そこを抜けると結構スイスイと。町中を走りつつ、山林に近いような通りを。田畑を抜けて一路北上。
天気もいいですし、風も気持ちいいくらい。

お昼に平戸に到着です。

鮮魚を扱ってる土産物みたいなお店が見えたりと観光地の様子。
どこか食事できる場所がないかなぁとネット検索。
観光客向けの店が橋を渡った先にある様子。
行ってみようと思いつつ向かいます。

駐車場も2時間無料。観光地です。
街並みも古さがありそう。そこまで広くはない感じ。
さて、飯と思い、近所に漁業組合の食堂のようなものがある様子ですので向かってみることに。

DSC_3967
旬鮮館さんです。平戸漁業協同組合の建物内に食堂がある様子。
早速向かってみます。

DSC_3968
入口に看板が。
本日のおススメメニューが書かれてます。
平目にイカにタイ茶漬けと

DSC_3969
いけすにイカが泳いでます。新鮮なんでしょうね。
イカスミ注意の文字が。吐くのかな?
店内は12時半程度で満席。
入口に名前を書く用紙が置いてありましたので、記入して待つこと10分程度。
入れ替わりで入れました。
カウンターにテーブルが数席。そこそこ広い感じです。
1人ですので、カウンターに座ってさてメニューを拝見。

DSC_3971
気になるものが数点ほど。早速オーダーをお願いします。

ガラスの先にはさきほどのいけすが。
大き目の平目を〆てる様子が見えます。細いワイヤーのような何かを刺してる様子。
鮮度を保つ秘訣かな?とか思いながら見てますと配膳されました。

DSC_3973
まずはサザエの刺身。
大きさはどうしますか?との事でしたので中くらいクラスでとお伝えしたところ、そこそこ大き目な感じ。
左わきには肝もしっかりと。
早速いただきます。
醤油を小皿に取り少し浸けていただきますと、コリコリとした食感。
貝独特の粘りはまだそこまで発生してなく。臭みも無く食感がいい。
薄くスライスされてますが、コリッとした食感はいい具合。硬すぎず、歯ごたえがある感じ。
肝も箸でつまんで醤油に少し浸けて口へ。
苦味よりコクが口に広がります。
微かほどの苦味が後から来る程度に旨みがしっかり。ネットリとした食感。
日本酒とか飲んだらおいしいんだろうなぁとか考えつつも歯でコリッとした食感を堪能しつつ。
少し厚みのある切口は貝の食感。しっとりとして旨みがしっかり。
タイラギの貝柱のようなそんな感じも。少し驚き。

DSC_3974
天然平目定食です。
刺身に縁側。アラ汁にご飯。
切り干し大根も鮮度が高いのか、大根もそこまで干されたモノが戻された様子ではなく。
大根の苦味を感じる味わい。素朴でこれはいいなぁと。
さて、刺身です。
そのままを一口。たんぱくながらも噛めば噛むほど味がしっかり。
甘みを感じるほどではないですが、いい旨み。
ポン酢を付けてお召し上がりくださいとの事でしたので、ポン酢を。
酸味が刺身の繊維をいい具合に引き立てる様子。
噛むとまた味がじんわりと。さすがは白身の刺身だなぁと思いつつ。
ご飯はアラ汁で流し込み。
縁側の刺身もコリッとした食感がまたいい感じに。
おいしくいただきました。

DSC_3977
ヒオウギ貝の焼き物。
海水の塩分がありますのでそのままでもよいですし、ポン酢でもとの事で一口そのままでいただきます。
結構塩っ気が強い感じ。
ひもの部分とかも海水っぽさが十分に染みてる感じ。
ただ、そのままいただくにしても、もう少し火が入ってる方が好みかもしれません。
レアというかそんな感じ。
貝柱を一口かじると貝の甘味、旨みがしっかりと。柔らかく仕上がってますが、濃縮された旨みとはまた異なる感じ。
これはこれで。
ヒオウギ貝も堪能です。
タイ茶も気になりますし、イカ刺しとかもいいなぁとか考えますが、さすがにぼちぼち食べたなぁと言う事で店を後に。
ごちそうさまでした。平目を堪能です。
平目祭り的な事をいまやってる様子でしたので、旬なのかなぁとか考えつつ。
酒があればもっと腰を落ち着けて飲むなぁとしみじみ。
料理全部で2,000円きっかり。サザエの刺身が300円はうれしい感じ。
長崎県平戸市宮の町655-1 平戸市漁業協同組合

TEL:0950-22-3133
営業時間 10:00~17:00(第1、第3火曜日、第2、第4土曜定休日)
平戸漁業協同組合 旬鮮館

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:22|PermalinkComments(0)

2016年04月03日

長崎市 らーめん柊本店 あおさらーめん、締め茶漬け

大神商店のベアーです。

新しい車の納車が決まり、あと1週間で今の車とお別れ。
エンジンの調子もすこぶる悪いにも関わらず、堪能できるのも限られてるので、最後だなぁと思い切って少し遠方へドライブ。
長崎へ訪問です。
鳥栖まで高速に乗って、後はひたすら国道を通りつつ長崎へ。
気付いたら朝の4時ほどに長崎駅前に到着。
さて、帰りを堪能するべく、すこし休憩と何か食べようとウロウロと。
さすがに店はあんまり開いてなさそう。
町の中は魚のすり身の天ぷらのにおいが漂ってくるのになぁと。
五島うどんのお店も開いてましたけど、手前にあるラーメン店も結構な人が入っててますます興味が。
まずはラーメンで満足度が低かったらうどんも行ってみるかと言う事で向かってみました。

DSC_3958
らーめん柊本店さんです。
営業中の看板が煌々と照らされててまだまだ大丈夫そう。
店内を少し覗き込んでみると、ほぼ満席。カウンターが1席空いてそうなので入って確認。
店員さんもどうぞとの事でしたので早速。
店内はカウンターが2つに分かれて5席ほどと3席ほど。中央にテーブルが人席。
小さめのカウンターで欧米の方が食事中。器用に箸を使いつつ。ちょっと驚きと感動。

DSC_3961
食券の券売機でメニューの確認です。
3種類のメニューとサイドメニューの構成。
初見ですが、2度3度となかなかあるわけではないので、ここは特別メニューをオーダー。
券を購入して席へ。食券を手渡して少し待ちます。

DSC_3960
テーブルにもありましたメニュー。
トマトラーメンとか担々麺とかも気になりますが、今日はあおさラーメンをお願いします。

DSC_3962
少し待っての配膳です。あおさらーめん。
そこまで強烈ではない磯の香。
早速いただきます。
スープはとんこつ系のとろみが弱。あっさりとした豚骨スープでマイルド。久留米系より弱柔らかめ。とげとげしくない感じ。
基本の塩味はそれほど高くないのはあおさで調整されてるのかなぁと思いつつ。
麺はモッチリとしたした食感。細麺ストレート。
意外に食感が良くてもちもちとした弾力。柔らかいと違い押し返す歯ごたえ。ズルズルとすするとスープが絡んでいい具合。
あおさが麺にまた絡み味も食感もちょっと楽しく食事。
チャーシューはいい具合の厚み。オイリーな感じがしっかりとして、パサつく様子もなく。
スープに浸すとまた肉繊維にスープがしみこむような感覚に。
これはちょっと好み。
絞め茶漬けをお願いします。

DSC_3964
ご飯に大量ののり。中央に赤々とした梅干しで配膳。
スープを大量にかけて食べてくださいとの事でしたので、早速。
焼ノリ系にアオサのダブルな海苔茶漬け。チャーシューも上に乗せつつ。
梅干しラーメン等もありますが、漬物を先にいただきます。
スープが優しい感じで塩味が濃いわけではないので、するっと入る感じ。
豚骨出汁の海苔茶漬け。焼き豚も肉っぽさがありこれは堪能。
昔の金龍のねこまんまラーメンを思い出しつつもスルスルと胃に収めてしまいました。
堪能です。ごちそうさまでした。

長崎で出会った胃の負担が軽減されそうなラーメンでした。
まぁ朝5時まえにラーメンを食べること自体が負担でしかなさそうですけどね。
あおさらーめんに絞め茶漬けで880円でした。長崎食の最初を堪能です。
長崎県長崎市銅座6-8 HANAビル 1F

TEL:095-821-9210
営業時間 [平日]11:00~翌3:00 [金・土・祝前日] 11:00~翌5:00(正月以外休みませんと書かれて気が)
らーめん柊本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 19:30|PermalinkComments(0)

2015年05月05日

長崎市 コロッケ トルコライスカントリー コロッケセット

大神商店のベアーです。

折角の長崎食べ歩きなので、長崎をもう一品。そんな感じで行ってみたい洋食屋さんへ。
九州ローカルの深夜番組のドーモ。よく食べ物屋の特集を組んでて見たりしてました。さすがメシテロ時間。
そんな中でであったお店コロッケさんです。

吉宗さんからさほど遠くない場所ですが、少しうろうろ。
少し大きめの通りから小道1本入った路地の角すぐにありました。

DSC_1052
素朴な感じの佇まいです。
扉を開けると満席ですとの回答。さすがにここまで来て「また来ます」は言えないので待つことに。
5分程度でテーブルが空きましたのでご案内いただきました。
メニューを確認すると、やはりメインはコロッケ。あとトルコライス。洋食が載っています。
というわけで、コロッケセットにトルコライスカントリーをお願いしました。

テーブルの上には思い出帳を装った落書き帳がw
お子様連れが結構多いんでしょうね。思い出より落書きが多く目立ってた気がします。

DSC_1055
待つこと10分くらいで早速サラダ。ドレッシングは中華風に近い気はしましたけど土地柄かな?
摩り下ろし玉ねぎのドレッシングでおいしくいただきました。
血糖値上昇抑えつつ。

DSC_1054
コロッケセット

DSC_1056
トルコライスカントリー

DSC_1057
コロッケカントリー部分アップ。

コロッケは中がクリーム系です。ジャガイモの粒感も感じますので混ぜてるのかな。
とろとろクリーミーな感じです。たまに見当たるコーンがアクセント。ナイフで切る感じくらいまで周りがもう少しカリっと仕上がってる方が好みかもしれません。フォーク1本で十分食べれるやわらかさ。
コロッケカントリーの方は刻みベーコンが入ってるとのことですが、たまに当たるコーンより遭遇率がわかりませんでした。たしかにあるなぁ程度。コロッケの味としてふくよかになってる気がします。
油切れもよくコロッケ自体はいい味わい。
トルコライスのピラフは町の洋食屋さんならでは。ミックスベジタブルに卵あと隠し味でベーコン。このベーコンはカリカリでいい感じ。
ナポリタンも結構濃い目の味付けで麺がもっちり。
トマトケチャップで結構麺が絡んで適量取るのに四苦八苦。ナポリタンの醍醐味でもあるんですが

全体を通して重い感じですね。マヨネーズ主体のタルタルソースを油で揚げたコロッケにかけて、油分大目のナポリタンと油分大目のピラフ。完食時に皿に伸びるてかてかな筋がなんとも印象的でした。
もう、食べ終わった感が半端ないですw

全体的においしかったです。コストパフォーマンスもいい感じ。前食がなければもっと楽しめたんでしょうね。
若者向けのいいお店だと思います。学校帰りにこんな店があればと思う次第。

食べ進んでいても後から後から客足は途絶えることなく、地元の優良店なんだぁなと思いました。
時間にして入ったのが3時過ぎ、帰り際は4時くらいでしたけどそれでも満席状態。
すごいな。

全部で1,700円程度だったと思います。1皿1,000円以下かな?
長崎県長崎市東古川町3-23
コロッケ

ookamisyouten at 12:40|PermalinkComments(0)

2015年05月04日

長崎市 吉宗 本店 (よっそう) 吉宗定食

大神商店のベアーです。

九州の最西端。ほぼ県を海で囲まれた県、長崎。
思い出といえばJRが一時期持っていたハウステンボスの優待券で遊びに行ったくらい?
それもずいぶん前の話で、しっかりと行ってみたいと思いつつなかなか行く機会がなかったり。
身近なところでは、長崎街道の宿場町跡とかが北部九州に連なる感じですかね。

さて、ゴールデンウィークです。何かしたいな?そう思い立ってドライブです。
①長崎へ茶碗蒸しと蒸寿司を食べに行く。
②熊本へ赤牛のステーキ丼を食べに行く。
③大分へ臼杵豆腐を食べに行く。
④島根県出雲へ出雲そばを食べに行く。
4つのルートを考えた結果、長崎へ行くことに。

出発したものの土砂降りの雨。運がないなーと思いつつ出発です。
(実はこの選択が一番運があったんですが・・・)

高速道路を進みます。ゴールデンウィークに行楽地に食べ歩きに行くマヌケが2人。
さすがの雨です。鳥栖インターで15kmの渋滞と表記が見えますが実際するすると抜ける事に成功。
意外にあっさりと長崎方面への道を稼ぎました。
古賀サービスエリアに寄れなかったので金立のサービスエリアへ

サービスエリアといえば、ご当地ソフトクリームを食べなきゃとの事で、

BlogPaint
サービスエリア内のクリームランドさんで、ソフトクリームをいただきました。
どうも、オススメはメロンパンソフトですが、メロンパンを購入したので、
いちごソフトクリームをいただきます。

DSC_1023
緩めのどろどろです。
かなり果肉が入ってて甘酸っぱい。ワッフルコーンもかなりサクサクでした。
コーンの中間から下の部分は普通のバニラソフトが入れられててかさ上げっすかw
まぁいいですけど。
これで420円でした。

DSC_1027
金立名物メロンパンだそうで、緑色のメロンパン。意外においしそうです。
かじるとメロンのクッキー生地がサクサクです。微妙にメロン風味もするんですが、バター味、バター風味が強いかな?もう、隠し味の領域です。
中はもっちり。これはおいしいメロンパンでした。
ほかにもカレーパンとか気になりましたけど、さすがに食べ歩きに行く前におなかいっぱいはマズイと思いここで買い食いは終了。

そのまま進んで約3時間程度で長崎へ到着です。
高速代も軽のETC利用で片道2770円だったかな?人数いたら結構安く遊べますよね。

長崎もやっぱり雨だった。
ので観光とかで降りず、今日の目的長崎茶碗蒸しのお店へ向かいます。

路面電車を横目でみつつ市街地へ。商店街付近のコインパーキングに止めて早速向かいます。
ぶらぶらと商店街を見ると興味がある店でいっぱい。くじらカツの店とか饅頭が出店で売られてたり。
ゴールデンウィークなのでにぎやかなのでしょうね。

DSC_1050
商店街から路地に入り古めかしい建物が見当たりました。
創業148年の老舗 吉宗 本店さんです。
食品サンプルが前面に飾られてます。
早速中に入ると木札を持ったお店の方がこられ、人数確認を伝えて靴を脱ぐと、札をパァァァンと鳴らし人数を上に伝えておられます。
なんかいい感じ。

DSC_1028
階段も赤絨毯。少し急な感じです。千と千尋みたいな感じ?

DSC_1040
大座敷に通されました。ちょっとニヤニヤ。おのぼりさんです。

DSC_1038
7番札です。いい番号です。

DSC_1039
窓を見ると提燈がつるされてて観光地の雰囲気があります。

メニューを確認すると創業者の話から茶碗蒸しと蒸寿司の経緯。現在の流れなどなど、結構な歴史と共に長崎に根付いてる経緯が見てわかります。
さすがは老舗だなぁとのことで、屋号の吉宗定食に伊達巻とばってらをいただきました。

DSC_1042
待つこと数分で伊達巻と

DSC_1043
ばってらです。
伊達巻はふわふわな玉子焼き。中の酢飯も酢が強すぎずいい塩梅。かんぴょうもよく煮られてていい感じ。
甘さすっきりでいい感じ。
ばってらもサバが〆られすぎず酢の感じはありますけど、強くなくておいしい。昆布〆で旨みも重々感じられて病み付きになりそうですね。

DSC_1045
寿司をつまみながら、話をしてたら吉宗定食の到着です。
うわっw茶碗蒸しデカい。
名物料理をあしらえた膳ですね。
早速蒸寿司からいただきます。桜でんぶに鯛そぼろかな?それに錦糸卵を載せたご飯。中にはかまぼこの細切りとごぼうが混ぜられててます。コクありごぼうの旨みも吸ったおいしいご飯。
漬物はかぶでコリコリでした。
中央の酢味噌和えはフカの湯引きだそうでこれまた珍しい。ササミみたいな食感です。
焼き茄子もしょうゆではなくてゴマだれで和えてました。一口食べたらこれもアリです。おいしいです。
豚の角煮は脂身がいい感じですね。油分が抜けてコラーゲンです。プルプルです。
さて、茶碗蒸し。
いい塩梅で火が通り、中にはかまぼこ、麩、鶏肉、きくらげ、焼いたブリ、銀杏、えび、しいたけなどなどが眠ってます。どんぶりの茶碗蒸しは初でしたけどこれは汁物扱いでいい感じ。だし汁もおいしくすする程度ありますから
結構おいしいですね。
いやー堪能しました。ある意味ひとつのアトラクションでしたねー。
観光地の名物料理なので、そこまで期待してなかったんですが、自分が旅行コンサルタントだったら昼食で入れてると思います。卓袱料理ではないですが長崎を堪能できる店かもしれません。
駐車場がないのがネックですけど。

おいしい昼食でした。

ちなみに、ほかのルートは・・・
②熊本へ赤牛のステーキ丼を食べに行く。
 ⇒鹿児島まで渋滞。
③大分へ臼杵豆腐を食べに行く。
 ⇒湯布院から濃霧のため通行止め
④島根県出雲へ出雲そばを食べに行く。
 ⇒関門トンネルが通行止め
そんな感じでした。食べ歩きの旅と考えたら運がよかったのかもですね。

二人で7200円程度だったと思います。
長崎県長崎市浜町8-9
吉宗 本店

ookamisyouten at 11:04|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気