うなぎ

2016年07月29日

小倉北区 川淀 うな丼定食特大

大神商店のベアーです。

普段から頂いてもと思うんですが、年に1回のお祭りイベントに乗らなきゃ損損ということで、今年も土曜の丑の日が。そう言いながらもフライングで1日前に行くあたりがその日に並んでいただく醍醐味をまだまだ堪能しきれてないなぁと思う所。

午前中に用事があったので、そちらへ。12時過ぎまでかかったので一旦荷物を置いてさて、ランチタイム。
明日が丑の日と気付いてますから、今日ウナギを食べよう。そんな気分。
丑の日にうの付くものをいただくのが習わしなので、ならば、今日はいの付くものかなとか思いながら魚町の方向へ。
鳥町商店街へ入り、中腹当たりにありますうなぎ処へ。

DSC_5212
川淀さんです。小倉の老舗。風貌から趣を感じます。
早速中に。
扉を開けて中に入るとカウンター4席ほど。二階に上がる階段が奥に。
1人である旨を伝えるとカウンター中央に案内されました。

店内は数名のお客さんが食事中。さて何食べようと言う事でメニューを拝見。

DSC_5213
白焼きもいいし、蒲焼もいいし、丼でがっつくのもいいしと思考を巡らせます。
やっぱり白米にタレが染み込んだあたりをがっつりいただきたい気分ですので、丼定食をお願いしました。
大きさは特大で。うなぎがどんどん焼かれていきます。
手元は見えませんが、煙が立ち上り、換気扇に吸い込まれていく姿が圧巻。
いい香りが漂ってきてこれでごはんをいただく気持ちもわからないでもない。
少し携帯をいじりつつ待ってますと配膳されました。

DSC_5214
うな丼定食特大。

DSC_5215
うなぎアップ。
早速いただきます。
香ばしい香りがまた食欲をそそる。
箸でつかむと意外にしっかりとした感じ。切れるかな?と思い先を立ててみると身の締りがしっかりしてる。
そのまま箸でつまんで口に一口かじると、皮目のパリッとした食感。タレの焦げ部分がカリっとして身自体は締まり、しっかりとした食感。蒸しうなぎで口どけ食感も好きですが、この締まり、噛みごたえもまたいい旨み。
タレが染みた身は淡泊ですが濃厚な脂。
食べるたびにうなぎだなぁと噛みしめる。そんな丼。
ご飯も炊き具合がよく、米もしっかりとした固さ。タレが米と米の間を浸透していい味付け。甘辛いタレがまた抜群に合う。
うなぎをかじって、米をいただき、またうなぎをかじって米をいただく。ローテーションが止まりません。
うなぎも身も大き目でこれはいいチョイスだと心の中で自画自賛。
肝吸いを一口、あっさりとしたお吸い物に、肝と水菜と麩が。
肝の食感はクニッと柔らかくて苦味等は無くアッサリ。しっかりいただきました。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
いい身の締り具合で皮目の食感も堪能。川魚の匂いもほぼ感じず。いい味わいでした。
うな丼定食特大で3,400円。年に1回の贅沢ですね。
福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-16

TEL:093-521-2764
営業時間 11:00~21:00(月曜定休日)
川淀

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:14|PermalinkComments(0)

2015年08月06日

門司区 志おや うなぎの蒸篭蒸し

大神商店のベアーです。

二の丑の日という事で街中でも、若干のうなぎの賑わいを目にします。
スーパーの広告とか。
業務の合間にコンビニに立ち寄ったところ、弁当コーナーの一角にうな重弁当のコーナーが。
一つ1,180円。上の弁当になると1,880円。そんなに大きくなくうなぎの切り身が1切れか2切れかのうな重弁当。
上で2,000円なら店で食べるか。そんなことを考えておぱげにあと晩にうなぎを食べに行くことに決定。
電話連絡を入れて席を確保してからの訪問です。

DSC_0610
門司学園の右手に丘を登る途中、信号を左に曲がって住宅地方向にすすみますとあります、志おやさん。
風景に溶け込んでますから、少し注意深く看板を見つけて訪問しました。
民家風で木造平屋に小豆色の暖簾がたなびいてます。駐車場を案内いただき早速店内へ。
店内はカウンター4席に座敷が1間のこじんまりとしたお店。時間帯によってはそこまで入れない雰囲気のあるプレミア感を味わいつつ座します。

DSC_0612
カウンターに座りおしながきを拝見。
蒸篭の竹をいただきました。お時間少しかかりますがとのお声がけをいただきました。大丈夫です。蒸篭気分。

座敷には家族でうなぎを楽しみにこられてる方々が。団欒です。
座敷から喜びの声と感謝の雰囲気が漂いつつ帰られましたので、店主さんのご好意で座敷に上がらせていただくことに。
少し会話の後にうなぎの配膳です。

DSC_0616
蒸篭蒸し。ふたを開けるとうなぎのいい香りが漂います。

DSC_0617
ご飯の上に錦糸卵とうなぎ。青海苔が振られてます。
ご飯を一口いただくと蒸された米がやわらかくいい感じ。おこわですね。
米がもっちもっちでおいしいです。
少しタレをまわしかけ、ご飯により濃い味をしみさせます。
同様に山椒を振りピリリとした風味と香りをいただきます。
タレの染みたご飯がまた甘辛く濃厚な味。おいしいです。
山椒のかかった部分を口に含むと痺れる辛さ。少し麻痺した舌をお茶で流しつつまたいただきます。
うなぎも蒸されてホロホロと身が溶ける様子。タレが染みたうなぎが絶品でした。
錦糸卵もうなぎの油を少し吸ってご飯と食べるとよりいい感じ。
青海苔の風味も少し鼻に残る程度でおいしくいただけました。

DSC_0618
肝吸いにサラダに小鉢。
あっさり上品な肝吸いです。
麩が出汁を吸い、噛むとジュワっと染み出るおいしさ。
爽快です。
甘辛いうなぎにさっぱりした肝吸いがまた引き立つ感じでおいしくいただきました。

夏のイベントを十分に堪能です。
ご馳走様でした。おいしくいただきました。旬にまた来て食べたいです。
うなぎの蒸篭蒸しで3,050円でした。今年の丑の日も堪能です。
福岡県北九州市門司区長谷2-7
志おや

ookamisyouten at 07:43|PermalinkComments(0)

2015年08月02日

戸畑区 いち川 うな丼

大神商店のベアーです。

戸畑新池でお仕事です。
他愛もないただの留守番程度の作業なんですが、拘束時間の割りに時給がよくてついついスポットで引き受けてしまいます。
午前中が過ぎて1時間の昼休憩。午後からも拘束時間がありますので、さっさと昼を済ませようと駅側へ足早に進みます。
病院を過ぎたあたりからなんとなく香ばしい香り。
醤油に粗目等、煮切った酒か味醂か周囲に漂うこの匂い。
うなぎのタレが焼ける匂いと体が直感。

このあたりといえば、いち川さんかぁと歩きつつ思案です。

まずうなぎ、入店後に捌いて焼く時間を考えたらそうそう1時間で戻れるわけないし。
かつ、この時期のうなぎ屋は絶対多い。
土用の丑の日を過ぎたといえどまだまだにぎわってるはず。
さらに、二の丑の日は8月5日だからそれまでイベント毎は取っておいたほうがいいし。

そんなことを考えつつ緩やかな坂をのぼり、いち川さんへ到着です。
欲望の赴くままに。食べたいものを食べる。遅れても誤れば、殺されはしないでしょw
そんな勢いで突入です。

DSC_0551
正面玄関です。和風な感じ。暖簾も引き戸も赴きがあります。
隣の座敷側の玄関に周ります。
ずらっと行列。ノートに名前を書くと8組くらいのお客さんが待たれている様子。
少し怯みましたが、もうここまできて後には引きたくありません。前進あるのみ。
名前を書いて待つことに。
店中の椅子は座れそうにないので外の縁側みたいなところに座って待つことに。
すだれがかかってて風流です。
昼時ですけど日陰になってて少し風が通るだけで涼しさを感じます。
クーラーのほうが絶対涼しいですけど。

待つこと20分弱で呼ばれたので早速入店です。
あー、クーラーが涼しくて生き返る感じ。

カウンターに案内されつめたい麦茶にお絞りをいただきました。

DSC_0552
メニューです。写真入り。

DSC_0553
文字の献立メニュー。
いち川定食はリーズナブルですが、うなぎを食べると考えると小鉢とかに当てるよりがっつりいきたい雰囲気ですが、昼から重もどうなのかな?とか、蒸篭蒸しとかひつまぶしもいいかもしれないですが、やはりうなぎ・たれ・ご飯の三位一体を今日は味わいたい。
そんなことを考えてうな丼に落ち着きました。

店内の音を伺いつつ待ってます。周囲の家族連れや老夫婦など、やはり夏の醍醐味みたいなイベント毎ですよね。みなさんおいしそうに食が進んでいる様子。

そんなことを考えつつ、携帯を弄ってると以外に早く配膳されました。

DSC_0554
うな丼です。赤い器が輝いて見えます。

DSC_0555
開けたら湯気とともにうなぎがどどーんといい香りです。
まずは箸で一口。ふわふわに仕上がってます。タレまみれじゃないので、淡白さも兼ね備えてますが、脂の乗りもいい具合。身もホロホロに口で溶けておいしいです。
ご飯と一緒にいただくとこれまたいい身の旨みが米と溶け合っていい感じ。
山椒を少し振り、ピリリと辛めのアクセントを加えつつ口にほおばります。
ご飯大盛りにしとけばよかったとか思いつつ、置いてあるタレを全体にまぶしてさらに食べ進みます。
箸がとまりません。いい具合のうなぎ。
身はやわらかく皮目はコラーゲンを感じる程度の弾力。表面はいい具合に焼かれてて食感もおいしいです。
タレも程よく染み込んでおいしくいただきました。

DSC_0556
肝吸いに写る照明も和風な感じで赴きを感じます。
肝も柔らかく弾力がありあっさりとした風味。三つ葉の香りがまた食欲を引き立てます。
タレで少し甘辛くなった口内を洗い流し、またご飯の感動を味あわせてくれるそんなお吸い物でした。

今日もおいしいものを感謝感激です。
ごちそうさまでした。晩に重を食べに着たい所です。

まぁ落語の始末の極意ではないですが、匂いにつられてひょこひょこと現れる客。まさに狙い通りのなのかもしれませんね。
うな丼2,060円でした。ご馳走様でした。
福岡県北九州市戸畑区新池2-11-9
いち川

ookamisyouten at 11:38|PermalinkComments(0)

2015年07月24日

小倉北区 田舎庵 小倉本店 うなぎの白焼き、うな重(竹)

大神商店のベアーです。
7月24日は土用の丑の日で、日本全国津々浦々なんとなくうなぎ食べようかな?的な雰囲気をメディアもかもし出しておりますし、スーパーもこの日のために予約注文まで伺ってる様子。
まさか平賀源内も店舗で繁盛は成功だったでしょうけど、ここまで浸透するキャッチコピーになるとは夢にも思わなかったのではと考えたり。

今年は8月5日もありますので、さてどうしようか思案中です。

さすがに土用の丑の日は大勢が押しかけるので、少しフライング気味にうなぎを食べに行くことに。

平和通りのモノレール駅すぐにあります田舎庵さんへ。日中にふらっと入ろうと通りましたけど、並んで1時間待ち。とてもとても並んで食べる前にスタミナばててしまいそう。そんなこんなで夕方に電話を入れての訪問です。

DSC_0428
和風なつくりに麻の暖簾。ひょうたんが吊り下げられてて赴きがあります。
中で数名の方が待っている様子。
店に声をかけると、一階のテーブルに案内されました。

DSC_0432
まずはビールを注文です。一番絞りをいただきます。
メニューを確認しつつまずは白焼きでビールを飲むことに。

DSC_0434
少しまっての白焼きです。醤油風味のたれに心添え程度のわさび。追加のわさびを注文です。

DSC_0435
追加わさび。薄い黄浅緑色のわさびがいい雰囲気。
少し多めに取って白焼きに乗せていただきました。
本わさびです。辛味もまろやかで鼻に刺激を与えるわけではなく、フワッと風味を引き立てる感じ。おいしいわさびです。白焼きのうなぎもわさび醤油でさっぱりと。身はホクホクとして皮は脂を帯びてますがパリっとした仕上がり。皮下のコラーゲンもいい具合です。
ビールがどんどん進みます。

DSC_0436
肝です。
食感はやわらかくいい具合。たれがしみて香ばしい香りが漂います。
お酒がのみたくなります。キレのある辛口。

DSC_0438
そうこうしてるとうな重です。
肝吸いもセットでいい具合。
山椒をふる前にまずは一口。
身がやわらかくホロホロです。とろける感じ。ご飯もしっかりしててたれに絡んでいい具合。おいしいです。
身を少し箸で摘んでビールを飲みつつたれご飯を食べつつまたうなぎ。
夏の風物詩ですね。
山椒を多めに振りピリリとした刺激を下に与えつつまた飲むビールがいい具合においしい。
夏だ!そんな雰囲気にさせてくれます。
肝吸いで少しタレの甘みを洗いつつ、またご飯をいただく。
おいしくいただきました。ご馳走様でした。

ちょっと早めのうなぎでしたが、これはこれでいい具合。
うな重と白焼きに肝串に飲み代で7,000円前後。夏の風流を堪能です。
福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-1-13
田舎庵 小倉本店



ookamisyouten at 14:08|PermalinkComments(0)

2015年03月30日

大分県日田市 日田まぶし千屋 日田まぶし

大神商店のベアーです。

日田豆田地区は天領(徳川直轄地)ということも相成って古い町並みが連なってる場所。
いわば観光地化しております。
それでも、萩や津和野の比べると有名な歴史上人物とか輩出しているわけではないので、巡りスポット程度なんですが。

観光地ですからそれなりの名物なんてのも実際あったり無かったり。
三隈川なんて大きな川が市街を流れてあるので、鮎、スッポン、うなぎなんてよく聞く話なんですが、どうも日田はラーメン、焼きそば、から揚げなどなどを押したいのかなぁ。どこ向いてるかよくわかりませんけど。
天領押しつつ、豆田で歴史を感じつつ食べるのはソース焼きそば。
ちょっとイメージするとユーモラス。
酒蔵もあり、水も有名になり、川資源もあり、観光スポットのイメージも作り上げれる素材有りなのに、どうもパッとしない(できない)なぁと思ったり。

でも、三隈川のうなぎを食べれるまで街を散策してみます。

DSC_0469
そんなこんなで、豆田地区で結構有名なうなぎ屋さんへお邪魔しました。
日田まぶし千屋さんです。
豆田の観光地区内にあり、お持ち帰りもOK。そんなお店。
前回の黒田屋さんから数十mほど離れた場所に位置し、結構有名なお店です。
店の作りも豆田の通りに合わせて作られてるので、違和感を感じませんし。

早速扉を開けて中に。
15時半過ぎでしたけど数名のお客さんが食事をされてました。

メニューは日田まぶししかありません(大盛りはあります)。
早速日田まぶしをお願いし、座して待つことに。

DSC_0473
うなぎのたれと薬味の到着です。大根おろし、ゆず胡椒、わさび、ねぎの4種類。
食べ方はメニューの裏に書いてあります。
①まずは、そのまま。②次は薬味で。③最後は茶漬けで
またテーブルには山椒も置いてありいいにおい。

DSC_0476
待って頂きました日田まぶし。
おひつにぎっしりと詰まったうなぎに肝吸い。
早速まずはそのままで頂きます。
ふっくらとしたうなぎの身がほろほろでおいしい。ご飯もいい塩梅。
山椒を振って一口、たれを少し垂らして一口。
お米にたれの甘辛さが染みておいしくいただけます。

次にまずはご飯部分を少しよそい、わさびを混ぜてうなぎを乗せねぎを盛り頂きます。
これはこれで美味い。わさびの風味がいい。甘辛いたれを引き締めてる感じがします。
また、ねぎのシャキシャキ感もアクセントとなってよい歯ごたえ。

続いてうなぎとご飯をよそい、上から大根おろしとゆず胡椒をのせて混ぜていただきました。
これもまたいい。大根ご飯にゆず胡椒のピリリとしたアクセントがなんともいえず食欲をそそります。
また、崩れたうなぎの身がご飯の風味を豊かに、たれの味が良いのでなおのこと旨い。

肝吸いも上品な味わいでたれ味を洗い流すような出汁具合。

だし茶漬けはやっぱり、ねぎとわさびをのっけていただきました。
出汁のしょうゆ分が濃くないのでさらさらと入ってきます。
これはいいな。

なんと言っても茶碗の大きさが絶妙なので、少しよそい食べて、また次の味を楽しめる絶妙加減。
だし汁にわさびをといてねぎ吸いに山椒ふってすまし汁としていただきました。

観光地の料理とすれば、これは楽しくおいしくいただけると思います。
当然帰りしなに伺うのは「うなぎは何処産ですか?」
帰ってくるのは鹿児島産です。ですよね。

日田まぶしで2,600円でした。大盛りは3,100円。観光地の料理で値段はそんなものかな?
大分県日田市豆田町4-14
日田まぶし千屋

ookamisyouten at 00:36|PermalinkComments(0)

2015年02月26日

大分県日田市 うなぎの黒田屋 せいろ蒸し

大神商店のベアーです。

今日はパラパラと雨が滴っていたので、なんとなく日田へ。
特に雨とか関係ないんですけどね。
車を走らせ2時間程度で日田市内に到着しました。

実は、刺身醤油が切れかけてたなーと思い買出しがてらのドライブからついに日田までになっちゃいました。
往復4時間の旅です。

DSC_0097
日田駅の陸橋を越えたところにある大口醤油さん
実家では、大口の醤油かカネ大の醤油(こちらは福岡の大分手前にある蔵)を使ってるんですが、刺身醤油は断然大口の醤油に限るって事であえての2時間ドライブでした。

DSC_0096
昭和の感じがする蔵で店に入ると棚に並べられた商品。
だし醤油からかぼす醤油、刺身醤油と作ってる醤油のラインナップ
そのなかに写真立てに入れられたアントニオ猪木の来店写真♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ
いい味出してるw

特撰の刺身醤油とカボス醤油を頂いて店を後にしました。

まぁお昼なので、なに食べよう?そんな感じで少し思考をめぐらせてたら
そうだ、うなぎ食べよう←結論

そんな感じで評判の良いうなぎ屋さんへ。
川沿いにあったなーと思いながら向かったところ本日定休・・・

でもどうしても今日は日田で鰻だなーと思い、豆田地区へ
豆田の飾り雛が3月だからそろそろ人も増えてくるころかな?そんな感じで散策してたらうなぎの看板発見

DSC_0104
ココにしようということで、黒田屋さんに入りました。

DSC_0098
お茶と骨せんべい
塩っけがいい感じです。カリカリに揚がった骨がなんとも。お茶うけとしていいですねー

DSC_0102
メニューを見てたらせいろ蒸しかな?との事で上せいろをいただきました。
しっかり敷き詰めたご飯の上に鰻と金糸卵がたっぷり
肝吸いも上品な味です
うなぎはやわらかくてホクホク。いい感じ
ご飯はたれの染み込んだものをせいろで蒸してアツアツ。もう少しタレの味があってもいいなー?
山椒をかけて美味しくいただきました。
帰り際に産地を聞いてみたら今日は鹿児島産ですと

またうなぎ食べに行こう
上せいろ蒸しで2400円でした
大分県日田市豆田町2-2
うなぎの黒田屋

ちなみに刺身醤油が1200円程度、カボス醤油が600円程度だったかな?
大分県日田市田島1丁目6-43
大口醤油

ookamisyouten at 18:45|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気