居酒屋・宴会

2017年04月16日

小倉北区 魚処やましたすし部 刺し盛り、エビマヨ、ゲソバター、天ぷら盛り合わせ、海鮮串カツ

大神商店のベアーです。

昼に友人から連絡があり、今日晩に飲みに行かないかとの誘い。
業務の忙しさもあるもののテンションは上がりっぱなし。そんな具合。
疲れはアドレナリンが補ってくれるだろうと言う感じで集合時間と場所を指定。
魚系で酒を飲むそんな感じ。
小倉の街中に8時過ぎと言う事でなんとか時間に間に合うほどで業務をこなしてさぁ一献。
タクシーで合流しつつ小倉北区の市街地方向へ。

DSC_1519
魚処やましたすし部さんです。
以前夕方に海鮮丼をいただきに来た以来。飲みたいなぁと思いながらも中々距離があるため願いかなわず。
いい機会だなぁと思ってたので訪問です。
引き戸を開けて店内へ。
左側はカウンター右にテーブルが2席ほど。2名である旨を伝えると奥のテーブルに案内されました。
早速座ってメニューを見ながら。

DSC_1520
まずはビールをオーダー。
冷えていい泡具合。
魚屋さんの一角で飲む酒も新鮮。冷えたビールをグイグイと飲みつつ。

DSC_1521
刺し盛りを2人前程度。がっつりの切り身。鯛にカンパチマグロにイカなどなどと。結構なボリューム感。
鮮度もいい具合。プリッとした食感。弾力がいい感じ。
ビールを3杯程度飲み干しつつ焼酎ロックでガッツリと。

DSC_1522
イカのゲソバター。レモンを絞ってがっつりいただきます。
かなりのバター醤油風味。これはいい旨み。
イカのゲソの少し固めな食感。コリッとに近い噛み具合。
バターの風味がかなり効いててコッテリ風味の醤油の旨味。
ビールが旨いなぁと思いながら。

DSC_1523
エビマヨと言う事で。
大ぶりなエビの天ぷらにマヨソースがしっかり絡んで。
これも濃厚クリーミー。プリッとしたエビの食感がなんとも。
ガッツリのビール派で。

DSC_1525
天ぷら定食の単品がありましたのでそちらをオーダー。
天つゆと塩が配膳です。揚がり具合は薄目の衣で。
鮮魚がしっかり上げられてていい具合。

DSC_1524
海鮮串カツと言う事でホタテ、白身フライが2品、エビにイカゲソにシイタケなどなど。
タルタルソース一択でガッツリと。
刺し盛りの量がかなりあり、最後は刺し盛りに焼酎でしっかり堪能。結構飲んだなぁと言う事で、その足で小倉の街中に消えていく2人。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
二人でガッツリといただいて8,000円行かない程度だった気が。
さすがは鮮魚店の居酒屋と言った感じで。
酒の種類はそこまで無いですが、かなりの鮮魚とコスパはいいなぁと実感。
福岡県北九州市小倉北区三郎丸3-16-9

TEL:093-931-4550
営業時間 18:00~23:00(火曜定休日)
魚処やましたすし部

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 20:03|PermalinkComments(0)

2017年04月12日

小倉北区 居心地ダイニング びぃどろ せせりの柚子胡椒焼き、たんぽぽオムライス

大神商店のベアーです。

業務が終わり帰路へ。家に帰り着いてソファーに寝転がりながらうとうとしておりましたら、いつの間にか日を跨ぎそうな時間。
飯食う時間が無くなったなぁなどと思いながら。
資さんあたりかウエストでうどんでも食べて来ようかなぁとかよぎりながら少し頭をはっきりさせて。
こんな時間でも町中で食事ができる所はないかな?そんな事を考えつつ少しネット検索をしてましたら数件見あたる様子。まぁ酒込みでのお店だなぁとページをめくってますと、オムライスの写真がふと目に止まり、店舗名をクリック。
見てみると小倉ウィステリアビル。ラウンド5の入ってるビルかぁ。そういえば見た記憶があるなぁと言う事で物は試しに行ってみることに。
紺屋町を歩きながら。キャッチの声を断りつつ目的のビルへ。

DSC_1498
どうやら朝3時までOPENしている様子。
早速ビルの一番奥へ。

DSC_1499
居心地ダイニング びぃどろさんです。
前は電飾の看板だった記憶があったんですけど、変わったのかな?そんな事を考えつつ店内へ。
引き戸を開けて店の奥へ。
入口から右に曲がる通路。右手側にカウンター、左手に掘りごたつ式のテーブルが数席。
そこまで広くない店内ですが、飲みは良さそう。
1人である旨を伝えるとカウンターへど案内。中央付近の席に座ってとりあえずと言う事で。

DSC_1500
ビールをいただきました。お通しでほうれん草とシメジとサーモンのガーリックソテー。そんな感じで。
意外に脂感は無く冷えた感じの小鉢。
ほうれん草とシメジに柔らかめなサーモンの切り身が。
いい具合でしたのでビールを飲み干す前にガツガツと。

DSC_1501
本日のおすすめと言う事で刺身とかどうですか?とのお声がけをいただきましたが、酒をがっつり飲める時間でもないしなぁと思い、本日はつまみ一品だなと思いながら。

DSC_1502
グランドメニューも見つつ鶏タタキと悩んだあげく、せせりの柚子胡椒焼きを注文です。
少し大将と話をしながら待ってましたら配膳されました。

DSC_1504
せせり焼き。柚子胡椒風味。
お好みで追加の柚子胡椒をお使いくださいとの事で。
早速一口。
柚子胡椒がピリッと聞いてるほどで辛味ががっつりと言うほどではなく。
テフロン加工系のフライパンが見えましたので、そこまで脂っぽくも無く。
いい弾力に筋肉繊維質。
糸唐辛子の風味とネギの食感を噛みしめつつ。
追加も柚子胡椒もピリリと辛め。これだけでも日本酒が飲めるなぁとか考えながら。
ビールをもう一杯追加して半分行かない程度飲み干したあたりで次のオーダー。
最後のせせり肉をちびちびと噛みつつビールを飲む感じで。

DSC_1505
たんぽぽオムライスです。
デミグラスソースがたっぷりと。

DSC_1506
上の玉子を割ってご飯に広げてからいただきます。
スプーンで一口、二口と。
ご飯はケチャップライスではなく、鶏肉入りのデミグラスソースをそのまま流用。
結構ねっとりとしたご飯の濃さ。言うならば、カレーライスのルゥとライスを混ぜた食感に近い感じの濃さ。きらいじゃぁないですが。たまごはコゲ等も無くふわふわ半熟。
デミグラスソースと一緒にいただくと意外にマイルドかつクリーミー。生クリームほどの脂肪分ではなさそうなので、牛乳かな?そんな事を考えつつ。
濃いめのご飯にまろやかな玉子と言う事で意外にしつこくなく。
中の具は鶏肉、モモ肉ではなく、胸肉かな?とジューシーな食感ではなく繊維が空くに切れる具合で。
適度な量をがっつりと。
本日は食事がメインと言う事でこれで終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
ほかにもゴルゴンゾーラのペンネとか飲みながら食べたいなぁと思うメニューがいくつかと。
そのうちまた来よう。そんな感じで。
ビール2杯に料理で3,200円とまずまず。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町3-3 ウィステリア1F

TEL:093-511-8077
営業時間 18:00~3:00(日曜定休日)
居心地ダイニング びぃどろ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:23|PermalinkComments(0)

2017年04月11日

八幡西区 台湾料理 欽源 麻婆豆腐定食

大神商店のベアーです。

仕事を終わらせて帰路へ。
この時期では珍しくない夜深い時間。
決算月さえ乗り越えればが合言葉でせっせと労働の喜びをかみしめております。
さぁ晩飯はどうしようかと。
後輩の指導にもあたりながら昼に2時間弱の電話で時間を取られ、口に入れたのは缶コーヒー一本。
腹減った。
さぁ何を食べようか。
どうしようか考えながらとりあえず移動です。
さすがに10時前に食事がとれる場所とは限られてるし。
このまま博多にラーメンでも食べに行くかとかも考えますが、明日のことを考えるとそこまで遠出はしたくないし。
かと言って飲むのはきついしなどなどと。
結局八幡西区の吉祥寺付近まで走行してました。
藤棚がきれいなんだろうなぁ。
そんなことを考えながら、あまり遠すぎると帰りが困難だしと言う事で引き返す感じで。

以前扇茶屋と言う居酒屋さんがランチを650円程度で提供されてて、かなりボリューム感を兼ね備えてた店がありましたが、店をたたんで、フレンチ食堂なるお店に。
そのフレンチ食堂さんも入ろう入ろうと思いながらも中々寄れずにいつの間にか移転をされてる様子で。
跡地にどうやら台湾系の中華料理屋さんが入られてる様子。
時間も10時過ぎでまだ開いてる様子なので飯食いに行くか。そんな気持ちで入店です。

DSC_1461
台湾料理 欽源さんです。花輪もしっかりと。どこからか移転されてきたのか不明ですが、明々と灯りが。
店内はさすがにお客さんはいない様子。時間も遅いですしね。
早速扉を開いて店内へ。
中はテーブル席がずらりと。壁は白目で明るさがあるなぁと。
店員さんに1名である旨を伝えるとお好きな席へと言う事で。
テーブル席に座ってさぁどうしようかな?と。

DSC_1462

メニューを見るとよくみるコンビニ跡地の大盛中華風スタイル。
ちょっと小倉北区大畠にあった雅寿楼さんを思い出しつつ。ならばと言う事で麻婆豆腐定食をお願いします。
ラーメンのチョイスをと言う事で、醤油ラーメンをお願いしました。
少し携帯をいじりながら厨房の音が聞こえます。
一旦出来上がりまで来た様子ですが、厨房に向けて店員さんが何やら少しもめてる様子。なにか間違ったのかな?そんな事を考えてたら配膳です。

DSC_1465
麻婆豆腐定食。

DSC_1464
麻婆豆腐アップで。
どうやらラーメンを間違った様子ですぐにお持ちしますとの事。食べ終わる前までに持って来ていただければと思いながら早速。
サラダに手を伸ばして食物繊維の補給を。クリーミーなゴマドレッシング。野菜の千切りをシャキシャキとした食感と共に楽しみつつ。
先に平らげてそれではと言う事で麻婆豆腐です。
深めな土鍋にしっかりと。グツグツとにたたった地獄の窯状態。
この厚さを望んでたんですよと心の中で思いながら。
レンゲですくいつつ一口頬張ります。
アツアツ。口の皮がはがれるかな?とか思うくらいの熱気。熱さ。
ラー油の辛味がしっかりと。山椒の痺れる感じはそこまで無く。旨みは少し薄目で単に辛い感じだなぁとか思いながら。
豆腐もアツアツでしっかりと火が入って、喉を通る時の熱さはたまりません。
ご飯をかき込みながらいただく感じで。
旨みが少し薄目だなぁと言う感じで。
ご飯を平らげても半分ほどの麻婆豆腐があったのでお代わりをいただきつつ完食。

DSC_1466
ラーメンは少し小ぶりでかなりのもやし量。
チャーシューはスターアニスの香りが強めかな?とか感じつつ。
麺は中華麺でつるりとした食感。スープと共にいただきながら。
ごちそうさまでした。いい量だなぁと思いながら。
薄目な味付けとはまた異なる水料理感。悪くないんですが、アツアツの麻婆豆腐が惜しいなぁと
福岡県北九州市八幡西区大平1丁目7-7B

TEL:093-613-5033
営業時間 11:00~14:00/17:00~23:00
台湾料理 欽源

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:58|PermalinkComments(0)

2017年04月10日

下関市 おかもと鮮魚店 刺し盛り、とらふぐ刺、天盛り、エビグラタン、板うに、揚げ餃子

大神商店のベアーです。

久しぶりに友人と晩飯でもと言う事で待ち合わせを。
以前から連れていくよと伝えてた下関の岡本鮮魚店さんへお邪魔する計画。
移動手段は電車と言う事で、門司駅構内で待ち合わせをしてその足で下関へ。
電車で下関へ行くのは久しぶり。
途中で電気が消えたりするのはデフォルトだなぁとか思いながらそうこうしてましたら下関駅へ到着です。
グリーンモールの方向を駅員さんに聞いてそちらの方向へ歩きつつ。
くらい通りの一角を目指して歩いていきます。

DSC_1475
そんな感じで訪問です。
おかもと鮮魚店さん。班長の車か昼のランチでの来訪がメインなので、この時間に歩きで来るのはなんとなく新鮮。
早速店内を見渡すとほぼ満席の入り具合。
入口には2名のお客さんが待ってる様子ですが、さすがにここまで来てからの別の店と言うわけにはいきません。
少し待ってますと相席で案内されました。

DSC_1476
通りに並べられた魚介の数々。テンションが上がります。
早速席についてさぁと言う事で。

DSC_1477
メニューを確認しながらビールをオーダー。

DSC_1478
お通しです。つぶ貝に煮凝りの様子。
どっちもいい旨み。ビールのアテにいただきながらその他のオーダーをお願いします。

DSC_1479
まずはとらふぐの刺身。
コリっとした食感。しっかりと締まった身にかための歯ごたえ。ネギを巻いてポン酢を少々。噛むと旨みがしっかりと。
紅葉おろしを少し付けてさらに一口。ピリリとした風味と淡泊な身を噛めば噛むほど旨みがしっかりと。
鮮魚がリーズナブルで量もしっかりとしてなのが好印象。

DSC_1480
刺し盛り2人前と言う事でしめさば、ホタルイカ、くじら、タイラギ、サーモン、カンパチ、タコ、イカ、鯛、ブリなどなどと結構な品目がどっさりと。
さすが鮮魚を扱うお店と思いつつ、各々刺し盛りに手をつけながら語らいつつ、酒を酌み交わしてがっつりと。
馬鹿話から多々に渡っての戯言などを。

DSC_1481
天ぷらの盛り合わせ。魚介のお店ですが、野菜天ががっつりと。
魚介の天ぷらでいいんですよ?そんなことを考えつつもナス天、ニンジン、ピーマンにかぼちゃ、エビ等を頬張りつつ。

DSC_1482
横の冷蔵庫にがっつり並ぶ日本酒群を片っ端から呑んでいく始末。

DSC_1483
もう少しガッツリついでくれるとさらにうれしいのになぁとか思いながら冷酒をグイグイと飲み干していきます。

DSC_1484
エビグラタンのオーダーを友人が。
中にはベシャメルソースに多めの海老と玉ねぎ、コーン。マカロニは入ってないんだなぁとか思いながらチーズのコゲを堪能しながら日本酒をがっつりと。

DSC_1485
入口の冷蔵庫へ何か仕入れに行こうと言う事で。
岡本鮮魚店の醍醐味を。並んだ魚で煮物とか焼き物とかをオーダーできるシステムがなんともいい感じ。
ただ、本日は板うにがそこそこの値段でしたのでお願いしたら海苔とわさびがついて配膳です。
甘めでネットリとしたウニの風味。海苔のパリッとした食感に醤油の濃いめな旨みに塩味。口に放り込むと磯の香がしっかりと。
旨みを堪能しながら日本酒で流し込む。そんな感じ。
しっかりといただきました。

DSC_1486
〆に近づいてきた様子で、揚げ餃子をオーダーしてたっぽいので、

DSC_1487
強炭酸のハイボールをオーダーです。
ゴクゴクとのどを鳴らしながら、アツアツの揚げ餃子と共に。しっかりといただいて一次会の飲み会は終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
鮮魚をがっつり食べれるいい店だなぁと常々。
しこたま酒をがっつりのんで食事を取って2人で17,000円ほどで。やり過ぎた感が否めないですが、まぁ満足。そんな具合で。
山口県下関市竹崎町2丁目7-4

TEL:083-232-8551
営業時間 11:00~23:00(日・定休日:月曜祝日の場合は連休)
おかもと鮮魚店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 21:01|PermalinkComments(0)

2017年03月25日

小倉北区 大衆居酒屋 気晴れ屋 牡蠣食べ放題コース

大神商店のベアーです。

久しぶりに友人と飲み会という事で、現地で待ち合わせ。
どうやらマグロ料理の気晴れ屋さんが牡蠣食べ放題をやってる様子。
それは興味があるという事で。早速行ってみることに。

DSC_1341
大衆居酒屋 気晴れ屋 京町店さんです。
前職で料理教室イベントを開催した際にお世話になったお店。

DSC_1342
大きな看板にメニューなどなどが。
友人達が来るのを玄関前で待ちつつ。
到着とともに店内へ。
予約の席に案内されさぁという事で。

DSC_1343
ブリキの角缶に卓上コンロが設置。中は網で底上げされてる様子。
どうやら蒸し焼きスタイルでの提供。

DSC_1344
注意書きも書かれてます。1時間の食べ放題。ラストオーダーは取りに来ないそうで。

DSC_1345
上も賑わしい感じでディスプレイされてます。
早速牡蠣食べ放題コースをお願いし、飲み物をオーダー。
飲み放題1,000円という事で。発泡酒ですが金麦をオーダー。

DSC_1347
牡蠣が到着。角缶に入るだけ詰め込んで卓上コンロに火をともします。
だいたい沸騰してから10分前後だという事で。

DSC_1350
蒸し焼きというより、ゆで牡蠣状態。開いた口の端からナイフを突っ込み貝柱を切る形で。

DSC_1349
結構大き目な牡蠣で。
ぷりっとした身の食感。うまみもしっかりと。
そのままでいただいても牡蠣のうまみがしっかりt。ポン酢に塩やレモン汁などをいただきつつがっつりと。
牡蠣に熱が入ったらすぐさま配膳しつつ、次の牡蠣を入りきるまで投入。同時に注文を行う形で。
少し忙しい感じでいただく様子。
DSC_1348
金麦です。結構込み合ってたので遅れての配膳。先に注文しておいたほうがいいな?という事で数口つけたら飲み物のオーダーを行いつつ。
途中でハイボールに変えながら。

DSC_1352
追加でマグロの山かけと、

DSC_1351
すじ煮込みなどなど。
1時間はあっという間で、すぐにオーダーストップが。
もう少し入りそうな勢いですが、ここでタイムアウト。
ごちそうさまでした。まぁ堪能。
全体的に配膳が遅いので早めにオーダーする必要がありそうな感じ。
軍手も隣の席の型が2枚使ってたのでトングで剥いてましたから言ってもらったほうがよかったかな?とかおもながら。
あとペンチがほしい限り。牡蠣の端を叩き割るとかけらが飛び散るなぁとか思いながら。
なんにせよ入れて10分のタイムロスがあるから頑張っても6回と制限されてるなぁなんて。
牡蠣食べ放題コース1,800円、飲み放題が追加で1,000円といいリーズナブルさ。(一品料理は別料金)
なんにせよワイワイといただくお祭り的な感じで。
福岡県北九州市小倉北区京町4-4-22 1F

TEL:093-541-0960
営業時間 11:00~14:00/17:00~00:00(不定休)
大衆居酒屋 気晴れ屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:02|PermalinkComments(0)

2017年03月24日

小倉北区 呑喰処 よいしょ アジフライ、宮崎地鶏のわさび和え、明太茶漬け

大神商店のベアーです。

中津口付近に出没と言う事で。
ふらりと歩きながら町を目指します。
旧紫水会館があった通り。懐かしいなぁと。
この通りにも数件お店がありますが、そこそこに入った経験ほどで。
醤油屋さんのとなりの居酒屋さん。前々から気になってたので行ってみようと言う事で。

DSC_1325
呑喰処 よいしょさんへ訪問。
明々とライトで看板が照らされてます。
暖簾も風で揺れるほどで。
引き戸を開けて中へ訪問。
カウンターで8席ほど。
スロープのよう通路を上がり1名である旨伝えるとどうぞとカウンター中央へ通されました。
何を頼むかな?と言う事で。

DSC_1326
まずはビールをいただきます。泡立ちもいい具合。

DSC_1327
お通しは大き目な玉子豆腐。出汁汁も濃いめでいい塩味。つるりとした食感にのど越しがたまりません。

DSC_1330
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ビールといえば、フライ系かな?そんな事を考え、尋ねてみます。
カニクリームコロッケ、カキフライ、アジフライでビールならどれがおススメです?なんて。
回答はアジフライでしたので、早速オーダー。

DSC_1329
冷凍保管されてたアジフライをフライヤーでゆっくりと揚げながら。少し待ちつつ配膳です。
油がしっかりと。
ソースをかけて熱いうちにいただきます。
身がふっくらと。衣のサクサク加減も中々。まずはアツアツ。
そのままの鯵の身の淡泊な感じもいいんですが、ウスターソースのスパイシー感も結構好み。
ビールを飲みながらアジフライをいただく。
付け合わせのサラダも水菜にキャベツ。ゴマドレッシングの濃いめでクリーミーな風味も中々。
トマトもしっかりといただきました。
アジフライをいただきながらビールが終わったので芋ロックでいただきます。
グイグイと飲める勢い。まだまだ止まらないので、

DSC_1331
焼酎に合うアテと言う事で宮崎地鶏のわさび和えをいただきました。
わさびが結構効いた感じで。醤油ダレに溶け込んだわさび。水菜と海苔をあえてがっつりと。
身は固め、皮もコリコリとした食感で歯ごたえがしっかりと。
呑むにはいいアテだなぁと。
肉の旨味を感じながらロックでイモ焼酎を飲み干していきます。

DSC_1332
ある程度飲みも進んで、そろそろ〆かな?そんな感じに。
メニューの本日のお茶漬けはと聞いてみたところ、梅と明太だそうで。
ならと言う事で明太を別皿で先にいただきました。
これであと1杯は酒が飲める。そんな感じで。

DSC_1334
1杯だけいただきお茶漬けをお願いしました。わさびも結構な量に海苔がふんだん。出汁茶漬けです。
後のせで先ほどの明太に大葉を投入。
程よく明太を溶かしつつがっつりといただく感じで。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
このくらいの飲み方がちょうどいいなぁとしみじみ。
ビールに焼酎と食事で4,800円ほど。料理は1,800円くらいでしょうから酒を6~7杯ほどいただいた計算かな?
いいアテでした。
福岡県北九州市小倉北区中津口2-1-4

TEL:093-522-7578
営業時間 18:00~(木曜定休日)
呑喰処 よいしょ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:40|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

行橋市 食堂 百万石 皮酢、酢モツ、ヒラス刺、串カツ、焼き鳥、から揚げ、オムライス、ちゃんぽん

大神商店のベアーです。

行橋出身の先輩にからあげ太郎さんがいいよと教えてもらい訪問し、行橋のレベルの高さに意外に驚きを感じつつ。
角打ち 立ちヒロシの大将が行橋出身と言う事もあり、数点巡った記憶等々を話題で飲んでおりましたところ、大将の友人の方曰く、あっちの方が俺は好みだけどと言うような。
門司のお福とふじのような派閥抗争がある様子。ならばと言う事でつたない記憶を頼りに班長を誘って飲みに行くことに。
たぶんここでは?記憶に薄いが歴史の教科書に出てくるようなそんな名前だったなぁと言う事で訪問です。

DSC_1320
食堂 百万石さん。駅前の通りのすぐのところにありました。
持ち帰りもある店の様子。入口横の窓から注文をしてる人を見かけつつ。

DSC_1304
食堂な感じがぷんぷんと。早速扉を開いて店内へ。
中に入るとコの字型のカウンターが中央に。テーブル席も数席ほど。2階もある様子。
ほぼ満席状態でたまたま入れ替わりで帰られた方がいたので、そのテーブルに案内されました。

DSC_1313
メニューも食堂メニューから一品料理。つまみなどなど。

DSC_1309
本日のおすすめで刺身等も置いてる様子。

DSC_1307
まずはビールをいただきます。冷えたグラスに細かな泡。ぐいっと飲みながら料理を待つことに。

DSC_1310
まずは皮酢と酢もつ。配膳までにさほど時間がかからないだろうなぁと言う事で。
皮は柔らかめな食感。ポン酢をしっかり混ぜつつ。
素モツはスライスしたズリで、食感も柔らかめ。こちらもポン酢がしっかり染みていい塩梅。

DSC_1311
串カツです。
卓上にあったソースを適量かけていただきます。
豚バラに衣がしっかりと。
豚の脂身が衣でコーティングされてていい旨み。
アツアツのうちをかじりながらビールをいただく感じで。

DSC_1312
ヒラスの刺身です。
鮮度が高め。ハラミの部位はコリコリとした食感。
醤油に付けるとはじくほどの脂ののり具合。
プリッとした食感、かなりの弾力。
わさびを乗せて醤油をちょっと。口に含むと鼻を通る刺激がいい具合。

DSC_1314
から揚げを頼んだんですが、モモも骨付きも完売だそうで。モモ身を期待してたんですが、残念。
骨なしの部位をいただきます。
しっかりとした生姜醤油風味。衣も厚めですが、中の身はあっさり具合。
胸肉だなぁと。パサつくほどではないですが、ジューシーとはいかないほどの肉汁感。

DSC_1317
ビールも飲み終わりましたので、ハイボールをいただきます。
強くない炭酸。薄目ですが、さっぱりとしたハイボール感がしっかり。

DSC_1316
焼鳥です。
左から肝、ホルモン、皮、つくねの順番で。
皮のコラーゲン質を堪能しながら。
肝は結構しっかり焼くスタイル。ネットリの少し上ほどのざらつきを感じるくらい。
タレが十分に染みてますがなかなか。
つくねは柔らかい食感。ホルモンのクニュっとした歯ごたえは中々。

DSC_1318
班長注文のオムライス。
昔ながらのチキンライスを玉子に包んだケチャップ仕様。
ご飯のケチャップ感もさることながら、結構な具沢山。少しのご飯のコゲが若干目気になる程度で。

DSC_1319
〆にちゃんぽんをいただきました。野菜たくさん具沢山。
少し粘度を感じるスープ。コラーゲンがしっかりと。
野菜の量ががっつりあり、これは中々。
麺は太麺でしっかりと出汁が染み込んで優しい味に。
干しシイタケの風味と出汁を感じながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
酒2杯に料理で5,000円行かないほどだったかと。

次回はモモ身の唐揚げをいただこうと心に誓いつつ。
福岡県行橋市宮市町4-3

TEL:0930-22-0629
営業時間 土日は昼から、平日は夕方からOPENしてた貼り紙が。
食堂 百万石

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:01|PermalinkComments(0)

2017年03月21日

小倉北区 炉端と串焼 炭衛門 ゴマサバ、バーニャカウダ、麩田楽、焼き鳥、ちらし寿司

大神商店のベアーです。

先日班長と共に食事でもと言う事で、少し近況の報告及び、今後の展開についての話し合いを行うべく、小倉の街へ集合です。
とりあえず座れる場所に入ろうと言う事で焼き鳥あたりがいいなぁと言う班長のリクエスト。
そういえば、コレットの裏に入ったことの無い串焼きの店があったなぁと言う事で、向かってみます。

DSC_1211
炉端と串焼 炭衛門さん。エレベーターで2階に上がったところフロアすべてが炭衛門さんの様子で暖簾がかかっていました。
一歩踏み出すと、まさかの段差が。
前を見てないと危ないですね。
2人である旨を伝えると、入口付近のカウンターへ案内されました。

DSC_1212
壁に掲げられてるメニューがずらりと。
とりあえずビールを注文し乾杯。写メったはずが記録されてなかった罠がここに。
しっかりと飲みつつオーダーと言う事で。

DSC_1215
まずはゴマサバ。醤油が注がれた器に少し〆たサバの身。ゴマを適量振りかけてある漬けではないスタイル。
珍しいなぁと思いながら一口。煮切り醤油を適量付けてわさびと共にいただきます。
軽く締まったサバの身。少しの熟成加減があり柔らかめな食感。

DSC_1218
麩田楽です。
焼いた生麩に味噌だれをドバっと。
モッチリとした生麩の食感。味噌の濃い味がしっかりと。口の中に放り込むとかなりの弾力を感じるもちもち感。ビールで流し込みながら。

DSC_1220
バーニャカウダーと言う事で。
焼いた野菜をアンチョビマヨネーズでいただきます。
適度な火の通り具合がなかなか。
アボガドの柔らかくトロリとした食感がいい感じ。
シイタケとかナスとかあまりバーニャカウダーで見かけない野菜もしっかりいただきました。

DSC_1221
串と言う事でねぎまがわさびで。中はしっとりとレアっぽさが残る焼き加減。表面は魚の身の食感。中は刺身ほどの食感。

DSC_1223
レバーのタレにかしわ。レバーの火の入り具合はミディアムを少し超えるほど。ネットリとした食感に少しのレバー香が漂うほどで。

DSC_1225
ちらし寿司です。
マグロ、玉子、白身。胡瓜と海苔にミニトマトが表面を覆うように盛りつけられてます。
酸味もきつくない酢飯に醤油を少し垂らしてがっつりと。
ごちそうさまでした。しっかりといただきました。
串等も少し高めな値段設定かな?と思ったほどで。
ビール4杯に料理で6,000円行かなかったくらいだったと。まぁそんなもんかな?
福岡県北九州市小倉北区京町3-5-7 2F

TEL:093-521-8977
営業時間 17:00~(不定休)
炉端と串焼 炭衛門

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:54|PermalinkComments(2)

2017年03月20日

小倉南区 浜焼き 浜太郎 焼き牡蠣、ホタテバター焼き、豚バラ、牡蠣飯、焼ウニ

大神商店のベアーです。

週末の仕事もそこそこにこなして、家でまったりと優雅な時間を過ごしてると、
突発的なTELでのクライアントの呼び出しに応じて夕方から訪問。
行ってみると、さして休みの日に話す内容でなかったりと。
まぁ困ったもんです。
仕方がないなぁと思いつつ家に帰り着くと班長から連絡が。
今年牡蠣小屋行ってないからどう?シーズンそろそろ終わりそうだしと言う事で、
こんな日も呑むかそんな気分で準備をして外出です。

DSC_1284
曽根の駅を過ぎたあたりにあります浜焼き 浜太郎さん。今年もやってるのを見かけてましたが、入るのは初。
横の駐車スペースに車を止めて早速訪問。
大き目のビニールハウスで奥に炭焼き場、手前に食材がぎっしりと。

DSC_1285
ハマグリやアワビが置かれてたり、

DSC_1286
時間が少し遅めな感じで食材もまばらな具合で。

DSC_1287
ウニやご飯もの等々と。

DSC_1289
ランチや牡蠣焼きそばのPOPがあったりとなんとも賑わしい感じで。

DSC_1288
全体的なメニューを見ながらさぁどうするかと言う事で。
店員さんに初である旨を伝えると、牡蠣の種類を選んで食材をバットに入れて持って来ていただければ伝票記入しますよと言う事らしい。
早速適量の食材を取りつつカウンターへ。
伝票に記載を行い札をいただ来ます。
どうやらその都度会計ではなく一括後払い方式の様子。
札に書かれた炭焼きの番号席へいきますと、オガ炭を大量に投入いただきました。
温かい感じで。この季節のこの温度は中々寒くなくていいなぁと思いながら。

DSC_1290
牡蠣大を1kgに

DSC_1291
ほどほどのの食材。試しも兼ねて。

DSC_1292
エビ釣り、サザエ釣りなんてのもありましたけど、腹上向けで横たわる車エビ群。
まぁ時期的にそろそろ終了だろうからよく仕事したんだろうなぁと思いながら。

DSC_1293
生ビールをグイッと飲みながら炭の火を眺めつつ。

DSC_1296
水蒸気爆発を起こさないように牡蠣の口を適度に空くくらい叩き割りますが、念のために班長方向に口を向けながらじっくりと焼いていきます。

DSC_1294
牡蠣ご飯を温めなおしていただきました。
かなりの昆布量でしっかりとした醤油風味。ご飯に出汁の旨味がしっかり染みた炊き込みご飯。米粒もいい粘度と固さ。

DSC_1295
焼きあがるまでウニをつまみにビールをグイッと。
冷凍の外国産ウニですが、まぁそれはそれで。
そのままでも塩味が十分トロッとした口どけはウニの旨味がそのままで。
まぁ焼き用と言う事なので、生食は適量で。

DSC_1297
口が開いた牡蠣の上にウニを乗っけて出汁焼きに。
グツグツと汁が煮あがってきたらがっつりいただきます。
ウニの旨味がしっかりと。
牡蠣の濃い旨みも相成って。
まぁ感じはわかりますが、たぶん個別にいただいても十分旨を感じるんだろうなぁと言う事で以降の牡蠣はポン酢だったり素のままでいただくこと決定。

DSC_1299
牡蠣をある程度処理し、ホタテをじっくりと。
中の汁をこぼさないように慎重に置き場を確保しながらじっくりと火を通すスタイルで。
バターも溶け汁にと一体化し、身も十分熱が入った様子なので、貝柱を外して一口パクリと。
グイッとビールを飲みながら殻を少し温めつつ、ウニを投入。

DSC_1302
と言う事で焼き雲丹をいただきます。ホタテの出汁にバターが溶け込んで中のウニが沸々と。周囲が少し溶けてきてる中のウニを箸でつまんで一献。
なかなかいい塩味に旨み。酒も切れつつあったのが残念無念。
しっかりと堪能いたしました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。焼き雲丹いいなぁと心の奥底から思いつつ。
ビール2杯に食材で5,400円だったと思います。牡蠣大が1kgで1,500円。まぁ簑島の牡蠣直売所より若干高めな感じかな?と。冷凍ウニもパックで800円とまぁそんな具合の価格だからより焼きに躊躇もせずで。
福岡県北九州市小倉南区上曽根新町897-7

TEL:080-7946-5815
営業時間 10:00~20:30(無休ですが、3/20までで今シーズン終了だそうで)
浜焼き 浜太郎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:50|PermalinkComments(0)

2017年03月19日

小倉北区 炉ばた 七福心 本日の刺し盛り、穴子の白焼き、カリカリ茶そば鉄板

大神商店のベアーです。

一杯飲める程度の臨時収入があったので、意気揚々と小倉の街に飲みに出ることに。
ガッツリといただくのもいいなぁとか考えつつはしご酒の感じで。
米町付近を歩きながらさぁ何をいただこうかと。
沖縄系の居酒屋さん2軒も気になるところですが、魚町のハワイ系のお店も興味が沸いてたりと。
逸る気持ちを抑えつつまずは、軽く一献と言う事で。

DSC_1273
炉ばた 七福心さんへ訪問です。
玄関前は少しにぎやかな感じで。
看板もしっかりと灯りが灯ってます。
脇におススメのメニューが貼られてたりと。
扉を開いて店内へ。大き目なカウンターがずらりと。
テーブル席も数席用意されてます。
1人である旨を伝えるとお好きな席へと言う事でしたので、カウンター中央あたりへ。
先客は旅行客のカップルさん。名所名物とかを訪ねてる様子。

DSC_1275
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ドリンクオーダーを聞きに来られましたので、刺し盛りと焼酎の芋ロックでお願いしました。

DSC_1277
さっそく届いた芋ロック。氷で適度に加水されつつ。
黒霧島です。スタンダードな感じで。

DSC_1278
ほぼ同時ほどに刺し盛りが。4点盛りです。
マグロの中トロ、サーモンに炙りしめさば、タコと言う事で。
わさびを乗せつつ刺身をいただきます。
適度の弾力、いい柔らかさ。わさびの刺激を鼻で感じながらがっつりといただきます。
炙りしめさば、中トロ、タコと言う事で鮮度が重要な刺身は特段無く。マグロの熟成もいい感じの柔らかさ。

DSC_1279
焼き物でブリカマにしようかとか考えつつ悩んだところで穴子の白焼きをお願いしました。
もう少し焼かれた方が好みですが。
プリッとした食感。弾力も硬めで、骨を噛みながらいただく感じでまた焼酎が進む具合。
わさびを乗せながら醤油にちょいと付けて弾力感がある身をかじる。
青のりの風味もいいアクセント。

DSC_1280
炭水化物系を何か入れておこうと言う事で、メニューを見ながら気になったカリカリ茶そば鉄板をオーダー。
まぁ瓦そばですよね。
アツアツに焼かれた鉄板の上で茶そばがしっかりと焼けてる様子。
カリカリになった茶そばをつゆにつけていただく。カリッとした食感にモッチリとした茶そばの風味と弾力。
肉と厚手な錦糸卵もつゆに通して口に含んで肉の旨味を堪能。
鉄板の上の蕎麦を全体的に広げてカリカリ面を増やすべく、裏返したりと焼きながら。
これでも焼酎が飲めるなぁと言う事でさらに追加をしながら完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
意外に珍しいメニューがあってなかなか楽しいなぁと。
焼酎4杯ほどに料理で5,000円前後だったと。
福岡県北九州市小倉北区京町3-11-17 岩崎ビル 1F

TEL:093-522-1323
営業時間 17:00~00:00 (日曜定休日)
炉ばた 七福心

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:38|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気