焼肉・ステーキ

2017年03月18日

小倉北区 焼肉 ヤキニク園 上ロース定食

大神商店のベアーです。

小倉北区の神岳付近を走行しつつ城野駅へ向かう途中で、三叉路を曲がった先にある焼肉屋さんが今回の現場。

DSC_1264
ヤキニク園さんです。
神岳付近は焼肉屋の激戦区で、結構な数の肉屋が。
一本入った通りから表通り、近辺まで合わせると片手で数えられないほどの焼き肉店がひしめき合ってる感じで。
そんな一角。
以前はホルモン園さんがあった跡地に同じような名前でOPENしたなぁと。オーナーは変わってないのかな?とか考えつつ通っておりましたら、ランチののぼりが数本立ってるのを発見。
ランチをやってたのかと、ふと興味が沸いて入って見ることに。
入口側の駐車場へ車を止めて早速中へ。
自動ドアを開けて下駄箱へ靴を補完。
店舗の扉を開くと音が鳴るシステム。1名の店員さんが颯爽登場。
1名である旨を伝えると奥の座敷に案内されました。

すべて個室のスタイル。確かに神岳二丁目の店長に話を聞いたら、良い肉を使った高めの焼肉屋だと聞いてますと言ってたので、そんな感じだなぁと思いながら。

DSC_1265
ランチメニューを確認。上のロース、カルビ、タン定食に地鶏豚バラ定食と言う事で。
ならばと言う事で、上ロース定食をお願いします。
ソフトドリンクはどうしましょうかと言う事で、アイスコーヒーをお願いしました。

DSC_1268
まずは最初にアイスコーヒーが。水より先に配膳です。
おおぅ。斬新な手法。さすがに食事前に味を舌に落としたくないので横によけて放置を決定。
氷が溶けて水っぽくなるだろうけど仕方がない。そんな感じで。

DSC_1269
少し待ってますと配膳されました。

DSC_1270
肉アップ。
まじまじと見ると肉です。
モミダレに浸かることも無く。
塩も胡椒すら振られてない様子。
素材の味で勝負派のお店なんだなぁと。
肉も厚めでスライスでしっかりとした感じで。
先にサラダをいただきます。
ドレッシングは焼肉屋さんのタレ系ドレッシング。酸味もそこそこに旨みがしっかり。
トマトも適度の青臭さを残しつつしっかりと。
水菜とレタスに染みたドレッシングななんともいいシャキシャキ感。

DSC_1272
網もしっかりとした鉄格子スタイル。タレもついてないからコゲも気にせずに。
早速一枚一枚と焼いていただきます。
そのままの肉の味を確認。
噛めば噛むほど肉の旨味がしっかりと。
厚めの切り口なので、少しアク的な感じが若干気になる程度ですが、肉肉しい感じの赤身の旨味。
しっかりとした筋肉繊維に適量の霜が旨みをしっかりと。
タレは醤油系で丁寧にすりおろされた食材が微かにわかる程度。旨みも十分、コクもしっかりと。
6枚ほどの肉を2枚素材で、2枚タレで、残りの2枚はテーブルに置かれてた塩を適量振りつつ脂の旨味を堪能しながらいただくスタイル。
途中で味噌汁とご飯。タレとご飯で1杯ほどお代わりしながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
上ロース定食で1,380円だったと。まぁこの金額なら城野のやすもりさんの少し上の定食とか、小倉町中の龍園さんとかの定食とか選択肢は多々かな?そんな感じで。
肉自体の旨味はしっかりと。
福岡県北九州市小倉北区熊本2-1-9

TEL:093-512-5829
営業時間 11:30~14:00/17:00~23:00(火曜定休日)
焼肉 ヤキニク園

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:48|PermalinkComments(0)

2017年03月13日

大分県玖珠郡 七輪炭火焼 その田 上撰和牛カルビ定食

大神商店のベアーです。

朝から所用で大分県へ。昼過ぎに用事を済ませ、さぁどうしようかな?と。
ランチをいただいて、夕方までに北九州へ戻ればいいかと言う事で。一路湯布院方向に進んでみます。
特段アテの無いドライブ。
お食事処 川原驛で豊のしゃもの白子をいただいてもいいなぁとか思いながらも向かってみますが、もう少し足を延ばしてと言う事で、天ケ瀬、豊後森まで。
童話の里として売ってる玖珠ですが、九州道を通ってると鬼とかの張りぼてが山に飾られてたりと。
意外にユーモラス。
街中を少し移動しながら駅を通り過ぎ、このあたりでなにかないかな?そんな気分。
少し検索をかけてみると、焼き肉の良さそうなお店が。
行ってみるかと言う事で、ナビに登録をして早速訪問です。

DSC_1186
七輪炭火焼 その田さん。
ランチも中々良さそうな感じで。駐車場に止めて店内へ。
入口の扉を開くと、中にもう一枚自動ドアが。
入ると奥へと通じる通路。

DSC_1187
レジカウンターに近づくと何やら証明書のようなものがちらほらと。肉質も良さそうな雰囲気。
厨房から接客に現れた店員さんに1名ですがと伺うと個室に案内されました。
どうやら全部個室の作り。少し高そうな雰囲気もありつつ。

DSC_1188
ランチメニュー等を確認。通常ランチは1,000円程度で、おすすめメニューが3種類。
何をいただこうかと悩みつつ、おすすめメニューをオーダーです。

DSC_1189
食事の準備と言う事で山盛りのオガ炭に焼きプレートが置かれました。
網じゃないんだなぁ、珍しいとか思いつつ。
韓国系?そんな感じを思いながら。

DSC_1191
まずはタレにサラダが配膳。
サラダは大根のサラダ。ゴマドレッシングでクリーミー。シャキシャキとした食感の大根。みずみずしさがしっかりと。
タレは左から味噌、ポン酢系、醤油味。全体的に粘度は低めな様子。

DSC_1193
そうこうしてましたら肉等々が配膳です。

DSC_1192
肉アップ。奥からハラミ、手前でカルビ、右がネギタン塩。
早速焼きながらいただくことに。

DSC_1195
塩系からと言う事でネギタン塩をゆっくりと。
焼き網に置いた時に気付いたんですが、この網段々になって脂が炭にかからない仕組みに。なるほど。火が大きく燃え上がらない感じなんだなぁと、
しかも肉汁が流れる先に野菜をセットしつつ肉の旨味を吸わせるスタイルで。
なんとまぁ面白い。そんな事を考えつつ。
ネギタン塩はしっかりと、タン元、タン先の部位までが3きれほど。笹の葉の下にタン先がひっそりと。
しっかりと柔らかめの肉質からコリっと固めの部位までを堪能。
ハラミは少し血の灰汁っぽさを感じる癖のある感じ。
肉も少し固めで噛みきれる柔らさかでは無い感じ。
肉肉しい赤身の部位を噛みながら肉の旨味を堪能しつつ。
カルビが逆にしっかりとした霜降り具合。
厚めに切られてて噛みごたえも十分。噛みきれる程度の固さで。脂がドバっと垂れる様子。
醤油タレに付けてサッと脂を流しつつご飯にon。米をかき込む感じで。
ライスもいい炊き具合。柔すぎず、固さも十分。味噌汁は麦の白みそ。少し甘めな風味で。

DSC_1196
網部分を少しづつ回転させながらコゲを避けながらカルビを焼く。
前後に肉汁と脂を染みさせるべく野菜を配置して準備万端。
ガッツリといただきました。

DSC_1197
食後のデザートでアイスコーヒーに柚子のシャーベットを。
柚子シャーベットはシャリっとキメが粗く手作り感がしっかりと。
かき氷までは行きませんが適度な氷の粒が粗目で。
アイスコーヒーで口の中の脂分を洗い流しで本日のランチは終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
まぁ金額的には少し高めのランチですが、それでも十分いい具合。
春休みのようで、お子様連れのお母さんたちがランチをいただいてる様子。
上撰和牛カルビ定食で2,030円だったかと。
大分県玖珠郡玖珠町塚脇457-1

TEL:0973-72-5757
営業時間 11:30~14:30/17:30~23:00(水曜定休日)
七輪炭火焼 その田

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:52|PermalinkComments(0)

2017年03月10日

小倉北区 焼肉 京園 カルビ定食、ライス大盛

大神商店のベアーです。

小倉の街は一本入ればディープな場所が多々と。日向の道に日陰の道が混在するスポットだなぁと改めて。
以前は飲み屋街に風俗店が共存してたりと。
だいぶ淘汰されてしまったなぁと紺屋町を通る度に思う事多々。
小倉駅横もゲイ的な映画館とかストリップ劇場とかそんな昭和な面影も残しつつパチンコ屋が点在。そんな流れの一角にあります焼肉 京園さん。
古くからある焼肉屋さんです。
この通りを通ると焼ける醤油のいい香りが漂ってて食欲がそそられるなぁと常々。
ランチをいただこうとふらふらしてたらこの通りに入ってついつい匂いに誘われて訪問です。

DSC_1168
焼肉 京園さん。古めかしい感じの店構え。
早速引き戸を開けて店内へ。
テーブル席に座敷が7席ほどの作り。
数名のサラリーマン風のお客さんがビールとお湯割りを片手に焼き肉を堪能中。うらやましい。

DSC_1169
メニューを見ながらさぁどうしようかと。
まぁランチで酒も飲めないし、定食一択なんですが。
カルビ定食をお願いし少し待つことに。
着々と準備が始まり、コンロに火が灯ります。
タレにおしぼりにお冷が置かれ、次々と食事準備が進んでいきます。
数分の間で完了。

DSC_1170
カルビ定食です。

DSC_1171
肉アップ。キャベツの下もしっかりと肉が引かれてました。

DSC_1172
早速焼きつついただきます。
高火力のガスバーナー。炙る程度でササッといただく感じに。
肉は霜がとかとろけるとかそんな感じでは無いにしてもいい柔らかさ。
タレもしっかりと浸みてていい濃さに。
そのままいただいても十分だと思うほどですが、タレの醤油風味を追加でいただきます。
キャベツは炙る程度でタレにさっと通していただきます。
シャキッとした食感。少しのしんなり感を追加しつつ。タレの辛味でご飯が頂ける感じ。
米は柔らかめな食感。
どちらかと言えば団子状に。
ネットリとしっとりと。
好みは固めの炊き具合なので少し残念。
肉を一枚焼いて、タレにくぐらせオン ザライス。がっつりといただくスタイルで。
キムチは酸味がそこそこに、辛味のほうが際立つ感じ。ご飯のお供。味噌汁は合わせで濃いめな仕上がり。
豆腐の味噌汁で結構しっかりとした風味。

DSC_1173
途中でニンニクとコチジャンを追加しながらタレの風味をよりコクうま系に変貌させつつご飯を完食。
がっつりいただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
換気扇がほぼ稼働していないような感じで、午後からの匂いが若干気になるくらいですが、まぁ問題なし。
カルビ定食ご飯大盛で1,150円。少し値上げしてたなぁと思いながら。
福岡県北九州市小倉北区京町2-6-8

TEL:093-551-4314
営業時間 11:00~22:30(木曜定休日?)
焼肉 京園

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:00|PermalinkComments(0)

2017年03月01日

福岡市博多区 MASAJIN (マサジン) ジンギスカン(MASAJIN人気3種盛、希少部位3種盛)

大神商店のベアーです。

博多に所用で訪問と言う事で、夜の8時から用事を済ませてさぁどうしようかと。
以前バイトをしてた店のオーナーが中州のビルで営業してるので、顔出し程度に訪問し談笑。
飲み屋なのに飲まずに30分ほど顔みせ程度でパパッと切り上げて待望の博多飯。
さぁなにをたべようかなぁと。
人形小路の雰囲気の良さそうな店でゴマサバをいただきつつ日本酒とか好みだとか、いろいろな妄想が膨らみます。
まぁ初見の店ばかり、目移りしながらテクテクと。
川沿いでふと気になる看板が。ラム肉のお店の様子。
中で数名のお客さんが食事を取られてるのを見て、ジンギスカンも久しぶりにいいなと。
気分はラム肉で。

DSC_1076
MASAJIN さんです。どうやら北海道に本店がある様子。チェーン展開というか、権利を買って博多で営業そんな感じ。
古民家風というか、落ち着いた色合いで。

DSC_1075
壁に貼られてるラム肩ロースの大きな文字が。この写真で心鷲掴み。
早速店内へと言う事で。
扉を開けて訪問です。
店内はテーブル席が5席ほど。二階に上がる階段が奥にあり、上も客間の様子。
1人である旨を伝えると奥のテーブル席に案内されました。

DSC_1077
メニューを見ながらさぁどうしようかと。
一品でいただくもいいし、3種盛でもいいしと思いながら。

DSC_1078
とりあえずビールをいただきました。さすがは北海道食。サッポロなんだなぁと。
グビッとのみ、そろそろオーダーを決めないとと言う事でまずはおススメの三種盛をお願いしました。

DSC_1079
食事の準備と言う事で、タレ等が。左からガーリックバター、塩、レモン汁+あらびき黒コショウ、醤油タレこれは中々期待が膨らみます。

DSC_1080
ジンギスカン鍋に野菜が敷かれて牛脂がてっぺんにドンっと。脂が地味に溶けて淵に溜まっていくスタイル。
少し鍋に脂を引きながら熱が籠るのを待ちます。

DSC_1081
そうこうしてましたらMASAJIN人気3種盛が配膳されました。
左からラムランプ、ラムタン、ラム肩ロースの順番で。
ちょっと期待が膨らむ感じで。
タンからじっくり焼きながら。
タンも牛は豚と比べてやはりラムそんな肉の風味。全体的にラム肉感がすごいなぁと。
アッサリさっぱりで固さは無いですが、そこそこの風味具合。
そのままいただくと肉本来の香り、旨みがしっかりと。
焼けたタンの上にガーリックバターを乗せて溶けてバターの油分がとろけるほどになったら、くるんで一口。
すぐにビールをグビッと。
ガーリックバターのニンニク風味がしっかり残り、バターの優しめなコクを堪能しつつ。

DSC_1084
肩ロースとランプ肉も表面に焼き色が付く程度でそのまま塩のみで旨みを堪能したり、タレを付けてがっつりとジンギスカンを味わったりと。
個人的にはランプの赤身の肉肉しい旨みのほうが好みだなぁとか。

DSC_1085
こうなってくると希少部位のほうも気になるので注文です。
左からハツ、タン、レバーと言う事で。
タンがかぶってますが、ガーリックバターとレモン汁でアッサリいただきながら。
あとは普段いただく牛ですら癖のある部位。なおかつラム肉となるとなおさらだろうなぁと興味本位も半分あり。
レバーをじっくり焼いてみます。中まで火が通る感じに。
レバーだなぁと言う感想。それもラムのレバーと一発でわかる風味と。焼過ぎるとネットリとした食感がより鮮明に。かつ、香りも強いなぁと。
表面を炙る感じで焼いて口に頬張ります。
ハツはしっかりと鉄分な感じが。
食べて知る牛の偉大さ。メジャーな畜産はそれだけ研究開発努力を惜しまず洗練されてきてるんだなぁと。
おいしいですが、癖があるのと、次の日の昼ほどまで胃の中のラム感が消えない感触。ブラックコーヒーを飲んでもそんな気配がまったく無い剛のモノでした。
結局ビール3倍に三種盛を2品のオーダー。これはこれで満足。
個人的に赤身肉の旨味を堪能できるラムランプがお気に入り、寄れたら次はラムチョップにソーセージ系だなぁと思いつつ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。久しぶりにヘルシーなたんぱく質をしっかりと。
料理にお酒で4,500円程度。まぁそんなもんかな?と思います。
福岡県福岡市博多区中洲4-1-12

TEL:092-291-4718
営業時間 17:30~04:00(日祝日定休日)
MASAJIN (マサジン)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:00|PermalinkComments(0)

2017年02月27日

大分県日田市 和牛焼肉 五葉苑 五葉苑おまかせセットB(上タン、上ロース、上カルビ)

大神商店のベアーです。

久しぶりに大分県日田市へ。
春の訪れとともに、英彦山の雪解けで峠が問題なく通れる時期だろうと思いながら車でスイスイと。
日曜日の午前中からマッタリとドライブがてら進みます。
途中コンビニで休憩を入れながら。
市街地に入ったのはお昼過ぎほど。
そこから少しぐるっと巡りながら用事を済ませたりしておりましたら午後4時程度に。
鳥刺しを購入して、食事を取って帰ろうかと言う事で。車で市内散策をぐるりといたします。
丁度豆田のひな祭りと言う事もあり、一方通行で通れないなぁと。
脇道を通りながら何を食べるか。そんな事を考えておりましたら、気になる店を思い出し。
市街からそこそこに離れた場所にありました焼肉屋。
ランチメニューとかも看板に書かれてましたが、なんとなく敷居が高そうな感じ。
空いてたら行ってみようと言う事で中津方面へ進みます。
バイパスを通り、いいちこ酒造の手前あたりにあります焼肉屋。

DSC_1042
和牛焼肉 五葉苑さん。和っぽい雰囲気の建物に石畳。電気はついてるけど開いてるかな?と玄関まで近づいてみると開いてる様子ですのでそのまま店内へ。
引き戸を開いて踏み出して店内に入ると、受付のような大きなカウンターレジが。
1人である旨を伝えましたら座敷とテーブルのチョイスが可能の様子でしたので、テーブルでお願いしました。
個室のようなテーブル席へ案内されて早速椅子へ座ります。

DSC_1043
メニューを拝見。肉の種類はそこまで無く。
カルビ、ロース、タンなどなどのランクが3段階そんな感じで。
隣は定食メニューの様子。
お酒を飲みたい気持ちもありますが、まだまだ運転して帰らないといけないので定食メニューでライスをもらおうと。
五葉苑おまかせセットBをお願いします。

DSC_1044
水にタレ用の器にタレと言う事で。
小鹿田焼の器かな?とか考えながら。
小石原焼の窯元から派生して今では日田の重要無形文化財。重要無形景観などなど。13の窯元しか継承できない一子相伝の技がうんたらかんたら。
そんな解説を昔のドラマで船越英一郎さんがやってたなぁとか思い出し。
タレは甘めの味噌風味。そういえば、以前いただいた焼き肉屋(ちろり亭)さんも味噌ダレだったなぁとか考えながら。

DSC_1045
サラダです。醤油風味のドレッシングでパリッとした食感の野菜。トマトも青臭くなく甘味がしっかり。地物なのかな?とか考えながらいただきます。

DSC_1054
ワンドリンク付いて来るそうで。メニューを拝見すると赤ワインとかの文字がしっかりと。いいなぁと後ろ髪を引かれながら烏龍茶をお願いします。

DSC_1046
まずは上タンと言う事で。4切れほどが並んでおります。
元に近い部位。中々いい厚み。レモンを絞っていただく感じ。
焼き網に一枚づつ乗せて表面がグツグツと脂の染み出るほどでさっと裏返し、サクッといただく。
そこそこの厚みのタン。食感も硬すぎず、薄すぎず。脂も適度に落ちて、塩と黒コショウの風味を堪能しながら。

DSC_1048
ご飯に味噌汁と漬物です。
アツアツの味噌汁を先にぐぃっと。わかめに麩に麦みその味噌汁。
ご飯はべっとり系で柔らかめ。噛むとモチに近づくほどの柔らかさ。この店のデフォルトの様子。
お代わりは?と聞いてみたら有料ですとの事でしたので、まぁご飯はいいやと言う感じ。
新米で艶やかなライスなら飲んでないしほしいなぁと思いましたけど。

DSC_1049
続いてロースにカルビと言う事で。
色目にはかなりの霜降り感覚。カルビは牛脂に肉が残ってる程度じゃないの?と思うほどの脂感。
もみダレは漬ダレと同じ味噌風味の様子。
表面にさっとかけて肉の素材を堪能スタイル。

DSC_1051
表面をサッと炙って中の脂を溶かしつつ、網目のコゲを付ける程度で口に頬張ります。
肉質は上等な具合で、噛むと脂がしっかりと。逆に多めの肉脂。のどを通る時も脂感がしっかり。
濃いめの脂の旨味。肉も柔らかくておいしいんですが、どちらかと言えばインパクトは甘味がある脂の旨味。
タレを付けずに肉のそのままご飯と頂く感じで。

DSC_1057
白とピンクのコントラストが一番きれいそうだった肉を最後に残し、焼く場所も綺麗に保った場所で最後の仕上げを。
火にあたる場所から、ジワリと肉の脂が白から透明に近い色合いに。表面にグツグツと脂がたまり、そこそこに熱が通った段階で巻いていただく。
そんな感じを堪能です。
食べ終わって一息ついて店を後に。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
レジカウンターの後ろに佐賀牛とか宮崎牛とかいろいろな牛の産地の盾などが。
特上を食べに今度来てみようと思いつつ。
五葉苑おまかせセットBで2,970円と肉質で考えるとまぁまぁリーズナブルかな?と。ご飯がもう少しうまければ。
大分県日田市財津町2635-4

TEL:0973-24-3302
営業時間 11:30~22:00
和牛焼肉 五葉苑

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:40|PermalinkComments(0)

2017年02月16日

小倉北区 白金ビーフ 黒毛和牛モモステーキ

大神商店のベアーです。

旦過付近に用事があって午前中からウロウロと。車を止めて訪問したり、受け取ったりと行っておりましたら、お昼になる様子。
小倉でランチだ。
何処に行こうか考えつつも、最近結構な勢いで飲み続けてましたので少し節制をと思い、旦過市場にある蕎麦屋さんへ向かってみようと言う事で。
以前三萩野で営業されてたお店でこちらに越してきたんだろうなぁとか考えながら向かいますが、
まさかのシャッターが閉まった状態で。
休業日かーと言う事で通りをそのまま過ぎ、久しぶりに大福軒さんでおまかせ定食ご飯大盛かな?とか考えながら向かってみますと、これまたシャッターが閉まってます。
今日はそんな日かな?とか考えながら少し途方に暮れておりましたら、目の前に白金ビーフさんの看板が。
そういえば、昼もやってる話を聞いてたなぁと言う事で。
早速向かってみることに。

DSC_0938
白金ビーフさんです。熟成肉のお店のイメージで夜の旦過を通る際目にする感じです。

DSC_0939
メニューもそこそこにある様子。
早速訪問と言う事で。
扉を開いて店内へ。
右手にカウンター左にテーブル席が3席ほど。奥も席がある様子ですが、そこまで見えず。
1人である旨を伝えるとカウンターの中央あたりに案内されました。
椅子を引いていただくようなお店。

DSC_0940
早速座ってメニューを拝見。
さぁどうすっかなぁと。
蕎麦予定がステーキとは。まぁ抑え気味にと言う事で、黒毛和牛モモステーキをお願いしました。

DSC_0941
まずは配膳のサラダです。
水菜、春菊、レタスなどなど。レンコンチップスを粗く砕いたものが乗ってます。
一口いただくと、柑橘系の酸味で整ったドレッシング。
酸味がきつくなく、さわやかな感じで。
水菜のシャキシャキ感、春菊のほろ苦さやレタスのみずみずしさを感じながら。
アクセントのレンコンのカリッとした食感がまたいい感じ。

DSC_0942
ご飯にテールスープに香の物。

DSC_0943
モモステーキです。150gほどかな?とか考えながら。
中はレア加減がよく一口いただくと赤身肉の旨味がしっかりと。
霜部分ではないので、とろける食感は無いですが、柔らかめな肉質。噛んでも固さを感じないほど(すじ部分はさすがに噛みごたえがありますが)
そのままの肉に塩味を少し感じるほどで。
ジャポネスソースに付けると、逆に濃いソースの旨味、玉ねぎ感がしっかりと。
塩味が消える感じの仕上がり。
肉の旨味を味わいつつご飯をパクつく。
付け合わせの野菜を下に引いて肉のレア度を避難させつついただく感じで。
アスパラグリルとサツマイモのグリルも素材感がしっかりと。
甘みを感じる仕上がりで。
さつま芋はじっくり火を通してきつね色になるほどのほうが好みですが、この熱が通った具合でジャポネスソースを付けていただくのも悪くないなぁと。
ご飯の量もいい分量でしっかりと肉をいただくほどで平らげました。
テールスープをいただきます。
中は三つ葉とネギ飲みで、化学調味料感が無い感じ。
胃に優しいなぁと。三つ葉の量もそこそこ浮いててシャキシャキとしたネギと三つ葉の食感。三つ葉の風味を堪能しつつ完食。

DSC_0944
食後のコーヒーと言う事でアイスコーヒーをお願いしました。
ブラックのままでいただきます。
そこまで濃さは無いモノの、苦味も抑え気味。酸味の方が若干目際立ってるほどかな?とか。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。昼から英気を養いつつ。
黒毛和牛モモステーキで1,620円だったと思います。税込みで。
これは中々。また来ようとか考えながら仕事に戻ります。
福岡県北九州市小倉北区馬借1-5-19 フル・リール祝ビル 1F

TEL:093-383-8929
営業時間 11:30~14:30/17:00~24:00(不定休)
白金ビーフ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:55|PermalinkComments(0)

2017年02月09日

小倉北区 黒毛和牛焼き肉&黒豚しゃぶしゃぶ くろ多 焼き肉ランチバイキング

大神商店のベアーです。

先日定休の様子で入れなかった焼き肉ランチのお店。
どうしてもきになるなぁと言う事で、日を置かずに再度足立へ訪問。
お昼を指すほどにちょうど訪問です。
今日はのぼりが立ってるなぁと思いながら、駐車場に止めてさっそく店内へ。

DSC_0867
黒毛和牛焼き肉&黒豚しゃぶしゃぶ くろ多さんです。
店内でオーダーをするときに気付いたんですが、どうやら菜好牛さんの系列の様子。
少し安価な食べ放題といった感じで。
扉を開いて店内へ。
作りは以前の店舗で来た時同様な感じ。
1人である旨を伝えて準備ができるまでベンチで座って待機です。
七輪などが運ばれて準備ができ、早速案内されました。

DSC_0868
オガ炭が熱く燃え上がってます。
タレは味噌だれと醤油ダレの2タイプ。
注文はタッチパネルでオーダー形式の様子。
早速注文です。

DSC_0869
まずはタン塩にネギタン。
タン先で少し固めな食感。
そのままいただくと塩味は強めですが、レモンといただくといい塩味に。
タンを焼いてごま油が少しかかったようなネギに軽く熱が通ったほどでいただきます。

DSC_0870
すこしボケ気味ですが、せせりを。
しっかりと肉が大き目で、身の締りもいい感じ。
タレでお願いしたところ、漬ダレの染み具合もなかなか。
少し中までしっかりと火が通る感じでいただきます。
いい身の締まり。プリッとした鶏肉食感。サッパリとした身ですが、パサつく感じも特段無く。

DSC_0871
カルビにロースをタレで。
カルビは脂身と赤身が半々ほどで。
どちらかと言えば、バラ肉のような。
ロースはしっかりと赤身部位に多少の脂肪分。厚みがあり、若干の鉄分のアクを感じる程度。
この厚みはいいなぁと思いながら。ご飯と卵スープをいただきます。
たまごスープはカツオ出汁にごま油の風味がしっかりと。
ご飯にタレを付けつつ肉をいただきながら。

DSC_0872
テッチャンをおねがいしました。脂身も適度に残して焼けてくると脂が炭に落ちて炎が上がる。
脂も適度に抜けて少しカリッとなる程度まで炙り、いただきます。
クニッとした食感を楽しみながら。

DSC_0873
キムチをいただきました。
少し酸味が強めですが、上からかかってる粗目の唐辛子が絡みをより際立させる様子。
クッパとかピビンバとかちょっと期待だな?とか思いながら箸休め程度にいただきます。

DSC_0874
焼きすきも食べ放題メニューにあったので注文です。
玉子の黄身の弾力がすごい。箸で持ち上げられそうな勢いがあり、混ぜても濃さがわかる感じで。
焼き網を変えていただき、その上に一枚大き目の肉を炙る感じで焼き、巻いて玉子に浸して口に運ぶ。
少し固めな肉ですが、中々の厚みと玉子のまろやかさがいい感じ。
残った玉子はご飯にかけて卵かけ的な感じでいただきます。

DSC_0875
ロース肉をもう一品と言う事で辛味噌のロースをお願いして炙る感じでいただきました。
結構な辛味と味噌のまったり濃厚な旨みがしっかりと。
ビールが飲めたら最高だろうなぁと思いますが、さすがにランチ。まだまだ時間としては早いので我慢です。
本日のランチはこれで終了。
クッパとかいただこうかな?とおもいましたが、さすがに食べ過ぎになるなぁと言う事で。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
菜好牛さんの中でも住み分けができてるんだろうなぁと、かたや高級肉を取り扱う焼き肉店。かたや、黒毛和牛を食べ放題で出す店と。それなりですが、結構いただいた感じで。
食べ放題コースにソフトドリンク飲み放題を入れて2,000を少し上回る感じだったような。
福岡県 北九州市小倉北区 大畠3-4-20

TEL:093-541-0214
営業時間 11:30~22:30(不定休)
黒毛和牛焼き肉&黒豚しゃぶしゃぶ くろ多

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:11|PermalinkComments(0)

2017年02月05日

小倉北区 神岳二丁目 まぜホルモン、カルビすじ、ライス大

大神商店のベアーです。

少し閑話休題的に。
普段から、家は帰って寝るだけな位置づけで仕事が終わったら食べに行くかと考えながら外出がメイン。
ブログをはじめて特にリピート率も若干下がりつつ、新しめの店を一見で行くケースが多々。
馴染みのいい店に行こうかなぁとか考えつつも、ネタ探しに翻弄。それが楽しいんですが。
まぁそんな人生。
今日は焼き肉が食べたいなぁとふと思い、久しぶりに神岳二丁目でウルッテと中落カルビが食べたいなと。
それにビールでぐいっと。と言う事で、久しぶりに出かけることに。
小倉北区の宇佐町方向へ足を向けつつ歩いて訪問。少し風が強い感じですが熱い炉の前で冷えたビールを想像すると少し足早に。

DSC_0817
久しぶりに来訪です。神岳二丁目さん。

DSC_0818
看板の下の木曜3杯までビール半額の文字が消えてるなぁとかふと思いつつ。
早速店内へ。
少しテーブルが変わった感じで。入口横の6人席が廃止されて4人の据え置き炉になってるなぁと。
1人である旨を伝えると、4人掛けの席へ案内されました。
いつものカウンターで良かったんですけどね。

DSC_0819
メニューを確認しながらと言う事で、まずはビールを。それにまぜホルモンをお願いします。

DSC_0820
生ビールが到着。コンロの火が灯り暖気と共にビールを飲む。至福。

DSC_0822
まぜホルモンと言う事。辛めにあえていただきました。
センマイ、ウルッテ(喉ナンコツ)、ハツ、ギアラ、テッチャンなどなど。ゆっくりと一枚おいて、次の焼き加減を見ながら二枚目、三枚目と。ビールをいただきつつ。
ウルッテをしっかりと焼いてジュクジュクとナンコツ部位から染み出る油と固めな歯ごたえを堪能。
センマイを焼き過ぎないように気を付けつつまたビールを煽る。
まぜホルモンだけでビールを3杯ほどいただき、もうある程度満足状態。
と言う事で、

DSC_0823
カルビすじと

DSC_0824
ライスの大をお願いします。
このライス大が本当に丼一杯でボリュームがすごい。しかも、夕方からの営業でほぼ炊き立てご飯でふっくらと。
中落カルビを焼いてタレ→ご飯→カルビ→ご飯そんなローテーションで脂とタレをご飯にしみこませつつ、ご飯に染みたタレと脂をいただいて、肉をかじってまたライス。腹に溜まる感じ。
人より少し大食漢ほどではないかと言う事ですが、これで大満足。
久しぶりに来るとまだまだ健在だなぁと思いながら。
基本的に内蔵系が安く旨い店だと改めて実感。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。相変わらずのボリューム感。
ビール3杯にまぜホルモンと中落カルビにライス大で3,400円ほどと言う事で。コスパがいい焼肉屋。そんなイメージ。
ちょっと検索をかけてみたら前に2度のブログ記事書いててしかも一回は全く同じオーダーな罠が
1回目2回目
福岡県北九州市小倉北区神岳2-5-31

TEL:093-531-4255
営業時間 [火~土]17:00~0:00/[日]18:00~0:00(月曜定休日)
神岳二丁目

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 14:17|PermalinkComments(0)

2017年01月20日

小倉北区 焼肉 喜来家(きくや) キムチ、ナムル、テッチャン、ニンニクのオイル焼き、カルビ、中落カルビ、ナムル(もやし)、チゲ鍋、そぼろ丼、ご飯(中)

大神商店のベアーです。

1月19日を迎え3年目突入です。
多少更新ができない日もありましたが、大体毎日更新を繰り返しつつ、記事も780に到達です。
一重に閲覧いただく皆様のお力あっての継続となり、まことにありがとうございます。
総閲覧人数も20万人を2年目最後の日に迎えたりと、今年もより精進しつつ日々の積み重ねを行っていく所存です。
これからも温かく見守っていただければと思います。

さて、そんな3年目の突入と言う事で。
大神商店の立ち上げの際に会合を開いた場所へ行ってみようと言う事で小倉北区の大畠に向かいます。

DSC_0622
焼肉 喜来家さん。以前の店舗とは変わってます。
たしか森もとさんだったと。
早速引き戸を開けて店内へ。
中は作りが変わらない様子。
個室形式の座敷が通路沿いに。

DSC_0623
作り物かな?とまじまじと見てましたら動いてます。生きてるカメレオン。
動物園とか爬虫類展以外で見るのは初めてだとちょっとワクワク。
そんなディスプレイも置かれてある店内。
2人である旨を伝えると個室に案内いただけました。

DSC_0625
早速座ってメニューを確認。
肉へのこだわりがある様子いい価格帯だなぁと。

DSC_0624
まずはビールをお願いします。
冷えた生グビッと飲みつつ。

DSC_0626
適度につまみがてら。キムチを。
浸かりはそこそこ深めな感じ。
酸味が若干強めですが、しっかりと濃い旨み、辛味が中々。
葉の部分にしっかりと辛み成分が染みわたっていいヒリヒリ感を堪能です。

DSC_0627
ナムル盛り合わせ。
ほうれん草にゼンマイ、大根とニンジンの紅白なますに数の子。どうやら、もやしナムルが切れたので出来上がるまでの代わりにと言う事で。
ポリポリと数の子を噛みしめつつ。塩味に唐辛子の辛味を感じつつ。

DSC_0628
テッチャンをお願いしました。
しっかりと辛味ダレに浸かってます。
肉質はいい脂身。クニクニと弾力もあり、厚めの腸部位の肉質。いい食感。

DSC_0630
ニンニクのオイル焼きをいただきます。
少し風邪気味と言う班長。せいの付くものと言う事で。

DSC_0635
オイルがグツグツと。火も通ってきたので早速。
ホクホクとしたニンニク。アツアツです。
しっかりとごま油の風味がついてこれは中々。
アツアツを口に入れてビールを流し込む感じで。

DSC_0631
カルビをいただきました。
サシの入り具合と脂部分がいい感じ。
炙る程度に焼きつついただきます。

DSC_0633
班長注文のご飯(中)を。
しっかりと炊きあがりのご飯。米もいい艶。柔すぎずにご飯の一粒一粒がしっかりと。

DSC_0634
中落カルビを胃いただきます。
大き目で長めなカルビを一本焼きながらハサミで切りつついただきます。
中の芯部位に少し大き目なすじを感じる程度。結構な脂感とタレに浸かった肉の旨味が。
焼かれて少し香ばしく焦げが付く程度でビールをいただく。

DSC_0636
ナムル(もやし)をいただきました。シャキッとした茹で具合に出汁とごま油の風味。

DSC_0637
チゲ鍋です。納豆入りですので、チョングッジャンです。
中はけんちん汁のような。野菜がたんまりと豆腐がしっかり。
納豆の大豆がしっかりと。辛味もあり、これは温まる感じで。

DSC_0638
ご飯がいい仕上がりでしたので、気になるそぼろ丼をお願いしました。
肉を成形した切れ端部位を粗みじんに刻んでそぼろにした様子。
結構肉感はあり、また、甘辛く炒められた肉がいい旨み。
思わず口にかき込む感じでいただきました。

ごちそうさまでした。堪能いたしました。
高め設定の焼肉屋と言う事もあり、また場所もあまり大通りと言うわけでも無いので閑散としていますが、いい味わい。
料理とビール4杯ソフトドリンクでほぼ8,000円程度。まぁ若干高め。
北九州市小倉北区大畑2丁目8-31-1F

TEL:093-541-3090
営業時間 
焼肉 喜来家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:46|PermalinkComments(0)

2016年12月07日

小倉南区 焼肉 いち コンビランチ(カルビ、ハラミ)

大神商店のベアーです。

小倉南区です。
イメージは守恒地区を有する徳力方面と下曽根周辺の2手および山間部。緑地の公園を有し、自然も豊かな感じですが、学校区も守恒校区があり商業、学業ともに盛んな感じ。
モノレールの沿線は北区、南区と言う事でベットタウンの様相。渋滞に巻き込まれること無く、時間通りに小倉駅まで着くので利便性も高く、またラッシュ時には3分だったか5分くらいの時間で運行されてますから待ち時間も少ないですし。そんな利便性の高い南区イメージ。
さてお仕事です。
クライアントに呼ばれて訪問。書類の提出などなどを行い押印いただき仕事は終了。
次の現場に移動する際に競馬場前を通り、そういえば、以前とんかつ屋さんがあった場所が焼肉屋さんに変わってたなぁと思い出し表を通ってみることに。
通り際に見てたらランチも営業している様子なので、せっかくならばと言う事で訪問することにしました。

DSC_0085
焼肉 いちさんです。以前の店に前職の後輩と共に訪れた記憶はありましたけど、それ以来。
この隣の海鮮丼のお店もいつの間にか無くなってたなぁとかしみじみと。

DSC_0086
駐車場のところに看板が出されてて、定食メニューが表示されてます。
結構リーズナブルな感じの価格帯。早速と言う事で訪問です。
引き戸を開けて店内へ。お昼時と言う事で大勢の方が食事中。
入ると右手、左手に座敷が数席。奥にカウンターが控えてます。
1人である旨を伝えるとカウンターに案内されました。

早速メニューを確認しつつ。おススメは満腹ランチのところに印がありますけど、せっかくいただくなら牛がいいなぁと言う事で、コンビランチを注文。
カルビにハラミの2品目。

DSC_0088
通常のメニューを確認すると、通常メニューも高く無い感じで。
かなりリーズナブルな雰囲気。

DSC_0089
コンロが準備されました。七輪に焼き網。
オガ炭の高火力で。

DSC_0090
そんなに時間もかからず配膳です。

DSC_0091
肉のアップ。
早速いただきます。
右のハラミを一枚網の中央に。
その間サラダとキムチを。
サラダは韓国風ドレッシングで醤油ベース。
辛味、酸味もそこまでなく。野菜にしっとりと馴染むようで、パクパクといただきます。
キムチは少し酸味を残しつつそこまでつかり過ぎてない具合で。ご飯を少しいただきながら焼き具合を待って。
食べる前にカルビを網に乗せて
まずはハラミをそのままいただきます。
漬ダレはそこまで味の濃い感じではなく。ハラミの脂身よりしっかりとした赤身の食感が。噛むとじんわりと肉汁が染み出るスタイルで。
ある程度炙る感じで火を入れつつ表面が色づく程度でカルビをそのまま。
こちらは柔らさがいい感じ。
脂身も結構しつこくなくて肉の柔らかさも十分で。
交互に食べる前に網に乗せ、表面に火が入る程度で次の肉を置きつついただく感じ。
結構なボリューム感もあり。
またご飯のお代わりも自由だそうで、ついついお代わりをいただきます。
カルビ→タレ→ご飯→ハラミ→タレ→ご飯のローテーション。タンパク質と炭水化物のコンビネーションで。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
普通に考えて、単品一皿くらいの価格でライスにサラダにキムチにスープと。さすがは北九大のおひざ元。帰り際に見た唐揚げ定食の唐揚げも山盛り具合過ぎてこれもまた驚き。
また来よう。そんな気持ちで店を後に。
コンビランチで880円。コスパもいいなぁと。
福岡県北九州市小倉南区北方2-21-5

TEL:093-981-8523
営業時間 11:30~14:30/17:30~23:30(無休?)
焼肉 いち

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:05|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気