中華

2017年03月31日

小倉北区 富楽飯店 皿うどん、半炒飯

大神商店のベアーです。

3月の最終日と言う事で、〆などなどの処理のため東奔西走。
朝からいろんな場所へ移動しながら、ガソリンが無いランプも付いてるし。書類を作って、投函して、ラストは会議の議事進行。帰れるかな?そんな事を考えつつも時間の谷間でランチの時間。
到津あたりを走行してましたので、何をいただこうかな?と。歯科大の前の真鶴飯店の文字を見かけてふと。
そういえば、班長の先輩友人の方がこの近辺の奥に中華屋があるって言ってあなぁと。
ベトコンラーメンのあたりとかふとキーワードを記憶の奥底から広い探して向かってみることに。
ラーメン屋の通りをまだって少し進んだ先に中華料理屋さんを発見。ここかな?と言う事で早速訪問です。

DSC_1402
富楽飯店さん。出前用のカブが止まってました。
ランチ時間少し前なのでまだまだ店内はまばらの状態。
早速扉を開いて中へ。
店内はカウンター4席ほど、テーブル席が2つとこじんまりとした空間。
先客が数名。食事を取られてる最中。
カウンターが空いてたので座ってどうしようかな?と。

DSC_1403
メニューは厨房前の壁にかかってました。手前のメニューもありましたがこちらで確認しながら。
どうしようかな?
初見のお店なので中華丼とか、ラーメンにチャーハンとか。そういえば、オムライスがという話も少し思い出しつつも大衆中華。なににしようかな?と
野菜が食べたいなぁと。しかも中華だしが染みた感じ。五目麺かなぁと思いながらふと皿うどんの文字が。
皿うどんいいなぁと。野菜と太麺。酢を回しかけて酸味と中華だしの旨味。
アツアツをズズズと言う感じで。そんな事を思い浮かべながらオーダーです。
壁に半炒飯の文字もありましたのでそちらもお願いしました。
奥の厨房から調理の音が。
鍋にお玉が当たる音。炎で炒められる野菜の音等々。
ほどなくして配膳されました。

DSC_1404
皿うどん。小盛かな?と思いきや普通にしっかりと。
野菜もいたまりいい湯気感。
早速いただきます。中の具材もしっかりと中華風味でガッツリ。
麺は若干やわ系。モッチリとした食感で歯で噛むとプツリと切れる感じで。
もやしにキャベツ、ネギにニンジン。しっかりと中華だしが染みて野菜が旨い。
胡椒を少々振りかけて、厨房出入り口付近に置かれてた酢をひと回しかけて再度ズズズと麺を啜ります。
酢の影響でこってりとした酸性食品が中性な感じに。
胃にいい具合にがっつりとそんな感じで。

DSC_1405
続いて半炒飯です。飯森具合。一口いただくと脂に米に玉子の風味。
少し塩味は抑えられた感じだなぁと。
パラパラほどのご飯。脂はそこそこに。具材の玉ねぎも少しシャキッとした食感を残しつつ。
これはスープ系といただくと映える感じかな?そんな事を考えつつ。
卓上にあったソースを適量垂らしながらソース感を噛みしめつついただきます。
しっかり完食。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
街の中華屋そんな感じで。学生街の料理屋で全体的にリーズナブルな感じがさらにいい感じ。
皿うどんに半炒飯で800円。十分腹に溜まった具合。
福岡県北九州市小倉北区真鶴1丁目8-2

TEL:093-561-9280
営業時間 11:30~21:00
富楽飯店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:06|PermalinkComments(0)

2017年03月16日

小倉北区 中華料理 龍福 八宝菜定食

大神商店のベアーです。

午前中に小倉北区をぐるりと回り、午後からは少し城野方向へ足を延ばす予定。
ランチはその途中でと思いながらも久しぶりに中華っぽいものがいいなぁと。
そういえば、小倉北区の市役所手前に中華屋さんがあったなぁと思い出し、寄ってみることに。
久しぶりの訪問です。

DSC_1243
中華料理 龍福さん。町の中華屋っぽい雰囲気で下町感が漂う風貌。
ガラス戸から中を覗いてみると、サラリーマンのオアシスな感じで。
女性客もグループで食事を取られてる様子。
早速扉を開けて店内へ。
おばちゃんがいらっしゃいと。少し陽気な感じがする方。
1名である旨を伝えると奥のテーブル席へどうぞと案内いただきました。
座ってさぁどうしようかな?と日替わり定食が壁に貼られてた感じで。

DSC_1244
水と共に年期の入ったメニュー表が。
大分色あせてます。
どうしようかなぁと考えつつ、ラーメンも350円とは安いなぁと。
麺類よりご飯の定食気分。そう感じで八宝菜定食をお願いすることに。
近所の勤め先の方々の様子で、休憩時間をゆっくりくつろいてる様子。
漫画の量がかなり多めで背中の棚にずらりと。
そんな感じで待ってましたら配膳されました。

DSC_1245
八宝菜定食。

DSC_1246
メインアップで。
早速いただきます。
小鉢は冷奴にほうれん草に炒り玉子。3品とは中々侮りがたしとか考えつつ。
メインの八宝菜も結構な量がしっかりと。
ご飯多めでもらえばよかったとか考えつつ。
ほうれん草に醤油を少し垂らしシャキっとした食感をいただきながら、冷奴へ。
ゴマがしっかりと振られて少しの醤油でコクと旨みを堪能。
炒り卵は作り置きですが、中華だし味でいただきつつご飯をがっつりと。
さて、メインの八宝菜と言う事で。結構な食材量。イカに海老に肉団子、きくらげ、ベビーコーン、うずらの卵が2個か3個か。多いなとか思いながら。豚肉に青梗菜等々。しっかりと中華餡でとろみもつけて。
箸でつかみつつご飯を頂く。
野菜もシャキっとした食感でこれまたいい具合。
ビールとか焼酎とかもいい具合の塩味で濃さはそこそこに。
ご飯を頂きながらお代わりもらおうかなぁとか少し過るも、食べ過ぎだなぁと言う事で控える方向で。
味噌汁は柚子入りの様子。わかめの味噌汁を啜ると少し酸味が。
ん?作り置きで酸っぱくなってる?と思って数口いただいてみると、柚子の皮が。なるほど。たぶん果実も絞って風味を足してるんだなぁと思いながら。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。中々のボリュームにリーズナブルな価格帯。
八宝菜定食で700円とはかなりのコスパの良さ。
福岡県北九州市小倉北区中島1-14-2

TEL:093-531-8928
営業時間 11:00~14:30/17:00~21:00(日祝日定休日)
中華料理 龍福

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:35|PermalinkComments(0)

2017年02月21日

小倉北区 太光苑 エビチリ定食

大神商店のベアーです。

朝からぐずついた天気で雨模様。稀に土砂降りになったりと。スーツが塗れるなぁと少し憂鬱。
ぐるりと門司方面から小倉北区の片野付近を通り、城野駅近辺でのお仕事完了。
昼どうしようかなぁと。
駐車場がある場所で近いところがいいなぁと。最近中華とか行ってないなぁと言う事で候補は2つ。
駐車場が隣の太光苑さんにお邪魔することに。

DSC_0986
城野の高架を潜る道の横にあります太光苑さん。赤い看板が目印です。
隣のビルに専用駐車場があるので置いて店に向かいます。

DSC_0987
ランチの看板もしっかりと。
店内への扉を開いて中へ。
作りは中央に仕切りのある大テーブル型カウンターと窓側のカウンター。奥に座敷などもある様子ですが、利用したことないなぁとか考えつつ。
大テーブルのカウンター端に座ってどうしようかな?と

DSC_0988
メニューもいろいろ。定食系もいい感じ。
普段なら2品定食か3品定食あたりをと思いますが、なんとなく気分がエビチリになってたので、エビチリ定食をお願いします。
オーダーが通り奥にある氷専用の冷凍庫から氷を数個グラスに入れて手元にあったピッチャーで水を汲みつつ。
待ってますと、サラリーマンの方々がどしどしと。いつの間にか満席手前そんな感じで。

DSC_0989
エビチリ定食が配膳されました。

DSC_0990
エビチリアップ。まさにそれがメインそんな感じで。
早速いただきます。
サラダをつまんで口に放り込み。酸味は柑橘系のドレッシング。最近そんなドレッシングに当たるなぁと思いながら。
海老をつまんでご飯をかき込む。
辛味はピリッと。舌に残るほどではなく。辛口ですが、水をがぶ飲みするほども無く。
プリッとした食感。素揚げの衣があんかけをよく纏う感じに。
ご飯をかき込み、あんかけをいただく。
ネギのみじん切りがしっかりと。シャキシャキとした食感。辛味がしっかりとしたラー油風味にまたご飯がいい具合に進む。
スープをいただくと優しい清湯。塩加減も良く、辛さを洗い流す感じで。
エビチリをレンゲですくいつつ、あんかけと共に口に含んでご飯をかき込む。
お代わりをお願いし、厨房に器を差し出すと丁寧に装っていただき、またご飯を頂く感じで。
杏仁豆腐は牛乳寒天な感じかな?とか思いつつ。意外にシロップに浸かってる果物系の甘味が懐かしい感じだなぁと思いながら。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
2品定食のコスパはすごいなぁと改めて実感。
エビチリ定食で1,000円でした。お代わりは無料で。
福岡県北九州市小倉北区片野4丁目17-7

TEL:093-923-3235
営業時間 11:00~22:00(日曜定休日?)
太光苑

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:51|PermalinkComments(0)

2017年01月18日

小倉北区 中國厨房 雅屋  麻婆豆腐、カキと白菜の炒め煮、雅屋チャーハン

大神商店のベアーです。

普段から飯を食べるか仕事をやってるような感じのブログ記載しかしてないなぁと
まぁ趣味みたいなものですし。
生きてく上で何らかのアクションをしないといけません。
食べるために仕事をするのか、
はたまた仕事をするために食べるのか。
まぁ仕事と食事は生きてくための手段の一つで、いかに面白おかしくできるかが結論なんだろうなぁと。

ずいぶん前の話です。
前職の職場近所に歯科がありまして。中学同級生のお姉さんがそこで働いてたと言う事もあり。
また、多少職業柄親交があった歯科の先生が飯でもどう?とのお誘いが。
年末冬場で、当時ちょうど風邪をこじらせてたので、一度お断りをしたんですが、
だからこそ飯を食えと言う事で強制的に連れていかれた事が店を紹介いただけるきっかけだったと思います。
その時は何をいただいたかよく覚えてませんが、かなりがっつりと。温かい飯をたんまり頂いた記憶。

さて、今日何を食べようかなぁと冷えた体を温めるにはと言う事でやってきました。

DSC_0596
中國厨房 雅屋さん。中華です。
オシャレな感じの外観。早速と言う事で店内へ。
扉を開けて店内へ訪問。
右にカウンター席がずらりと。
左は座敷となってて、そこそこの宴会も可能な感じで。
1人である旨を伝え、カウンターに座ります。

DSC_0598
とりあえず、メニューを見る前にビールをお願いしました。
冷えたビールで再度胃の中を洗い流す感じ。
冷えた体に染みわたる。

DSC_0599
メニューを見ながらどうしようかなぁと。

DSC_0600
小鉢と言う事で配膳です。
揚げ出汁豆腐とナスの組み合わせ。
中々心ニクイ感じ。
ナスは素揚げで表面の皮が少し固め。中から油がしっかりと。
油っぽくなく出汁が染みてます。
身のとろける具合を堪能しつつ。
揚げ出汁豆腐を一口かじると。表面がカリッと。中はアツアツでふっくら。
大豆の風味を堪能です。
出汁のカツオ風味がまたかなり効いてて少し出汁を口に含み豆腐をかじりビールをいただく。そんな感じで。

DSC_0601
麻婆豆腐です。
個人的な鉄板です。
ラー油感が無く全体的に出汁を纏ったあんかけ風。
豆腐もしっかりと賽の目状に形を整えております。
取り皿に取りつつ箸でつまみいただきます。
しっかりとした豆腐の固さ。弾力がありいい食感。
固いわけではなく、弾力があるため箸で持ち上げても切れ落ちる事はなく。
また適度な大きさなので重さで切れることは無いんだろうなぁと。
噛むと辛さは控えめでジューシー。
豚肉のひき肉にネギとシイタケ。香辛料の辛味を感じます。
豆腐を半分に切ると中から少し染み出る旨みのしずく。
適度な辛さでビールが進むなぁと。

DSC_0602
麻婆豆腐も終盤に差し掛かったので、次と言う事で、カキと白菜の炒め煮をお願いします。
いいタイミングでの配膳でさらにビールを追加です。
カキの身はプリッとしていい旨みが。結構締まって旨みが濃縮。
去年末ほどからいただいたカキの身がなんとなくスカスカなイメージがあり、最近カキが好物じゃぁなくなったのかもなぁと思ってた矢先でしたのでまだまだ健在だなぁと。
全体的にオイスターソースで炒められてる上にほのかな酸味。黒酢でこざっぱり。
中華の酢の旨味成分は結構好みです。
水菜も茎部分のシャッキリとした食感。
ネギの甘味。大根のほろ苦さとこれまた別ベクトルでビールが進むなぁと。

DSC_0603
3杯ほど飲み干して、4杯目をどうするか考え、結局二階堂をロックで。
食事を堪能です。

DSC_0604
丁度酒と食事の皿を終えるほどを見越して、雅屋チャーハンをお願いしました。
中華のチャーハン。好物です。
米はパラっと。玉子はふんわり。各具材もいいみじん切り状態。
なんにせよフワフワな仕上がり。
玉ねぎの甘味にチャーシューの旨味。玉子も米も柔らかい仕上がりですが、べたつく感じも全くなく。
食べ進んでも化学調味料どころか胡椒感も無い天然素材系?
熱さを引くために水を2口程度含んだほどで、塩辛さとかも無い仕上がり。
かと言って満足度は高い仕上がりで。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。麻婆豆腐で体を温める感じで入ったんですが、ついついがっつりと。
酒4杯に料理で5,000円ちょっと。しっかり飲んでこの価格。満腹満足で帰路に。
福岡県北九州市小倉北区京町3-5-4 坂元ビル1F

TEL:093-511-2100
営業時間 17:00~23:00
中國厨房 雅屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:14|PermalinkComments(0)

2016年12月16日

八幡西区 中国料理 龍鶴園 麻婆豆腐定食ランチ

大神商店のベアーです。

黒崎駅前です。仕事の合間に少しランチと言う事で。
土地勘もさほどない場所ではありますが、以前親戚が住んでたので、駅横のそごうのイメージがある程度。
ガンプラを買ってもらって帰って作って遊んでた記憶が微かある程度。
あとは、大人の飲み会などなどで。
駅前の中国料理 龍鶴園さん。前職の先輩がなかなかいいよと言ってたのを思い出し少し寄ってみることに。

DSC_0210
黒崎駅前の一番近い場所にあります中国料理 龍鶴園さん。まさに一等地に構えておられて、場所代高いだろうなぁとか邪推をしてみたり。

DSC_0211
ランチメニューむある様子。
早速店内へ入ります。
店内はカウンターにテーブル席が数席。
そこそこの広さ。初見ではそんな感じで。
中へ入ると厨房の先から店員さんが。お好きな席へどうぞと言う事でしたので、入口付近のテーブル席へ座ります。
ランチメニューを確認しつつ、麻婆豆腐定食ランチをお願いしました。
少し携帯をいじりつつ待ってます。あとからお客さんも増えてきて少し申し訳ない気分。
まぁささっといただいてと思いながら待ってますと配膳されました。

DSC_0212
麻婆豆腐定食ランチに

DSC_0213
プラスの水餃子。
早速いただきます。
サラダで食物繊維をいただきます。
中華風のドレッシング。酸味より醤油風味が結構強め。なかなか味わい深いドレッシング。
野菜も千切りもパリッとした仕上がり。鮮度を保ちつつ。
さて、麻婆豆腐です。
一瞬の色合いはケチャップ風あんかけかなぁと思いつつ期待度を落として箸で豆腐をつまみつつ口へ。
一口いただくと、しっかりとしたひき肉感が。
その後に少しキツめの辛味が押し寄せてくる感じ。
あら?色合いから見たら結構本格的。
ラー油系の油っぽさは無いですけど、しっかりとした餡で固めの仕上がり。
ひき肉とシャキシャキとした玉ねぎがどっさりと。
豆腐の熱もいい感じ。
箸で豆腐をつまみつつ、ご飯をかきこむ。辛さがしっかりと。激辛まで行かないにしても、汗が噴き出るくらい。
以外に予想外の旨さ。
たまごスープを口に含んで辛さを抑えつつまたご飯と一緒に麻婆豆腐をいただく。
ついついご飯をお代わりです。
水餃子も冷える前にいただきます。
テーブルに置かれてた醤油と酢を適度にかけてそのまま箸で持ち上げつつ。
口に含みます。
皮はモッチリと。中の餡はしっかりとした肉感。水餃子ですので、肉汁感はないですけど、モッチリした食感の皮にひき肉の旨み。
ついついご飯のお供に。
しっかりと食事をいただいた気分で。
中々気になるメニューも多々あり。
いい中華料理のお店だなぁと。たまに来るならいい感じ。
ごちそうさまでした。そこそこ堪能です。
ランチのメニューと言う事で、750円とリーズナブル。ご飯のお代わりも可ですしね。
福岡県北九州市八幡西区黒崎3-7-1

TEL:093-883-7845
営業時間 11:00~24:00(火曜定休日)
中国料理 龍鶴園

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 22:06|PermalinkComments(0)

2016年12月14日

小倉北区 Bistro-chinese-RON(ビストロチャイニーズロン) 点心4種、麻婆豆腐

大神商店のベアーです。

久しぶりに中華が食べたいなぁと仕事中に思いだしたら膨らむ気持ち。
業務を終わらせてさぁ食べに行こうと勢い付けて街へ繰り出します。
中華でビール。胃も喉も踊ります。
大福軒さんで麻婆にビールとかもありだなぁとか、雅屋さんで麻婆にビールもありだなぁとか。
鍋貼餃子 鼎さんの鍋焼き麻婆丼とかも候補にい上がります。
どうしようかなぁと。思案しつつふらふらと。
時間はまだまだ大丈夫そうなので一回りと言う感じで。
ふと、鍛冶町付近を差し掛かった時に、そういえば、中華風な蒸籠が窓際に積まれてた店があったなぁと思い、前を通ってみると営業中の様子。
飲茶もいいなぁと言う事で訪問することに。

DSC_0151
ビストロチャイニーズロンさん。外観も結構オシャレな感じで。
少し1人で入るのに躊躇しそうな具合ですが、扉を開いて訪問です。
店内はカウンター4席に2人掛けテーブル席が3席。こじんまりとした店内。
1人である旨を伝えカウンターの端へお邪魔しました。

DSC_0152
まずはと言う事でビールをお願いします。
モルツとチンタオの2種類があるそうで。郷に入れば郷に従えですが、あえてのモルツで。
少し泡多めで写メをぱちりと。

DSC_0153
メニューは看板にある感じ。その他材料があれば作りますよ。との事で。
全体的にホテル的な価格だなぁと。
その分味も期待しようと言う事で。点心4種に昼からの希望のRON特製麻婆豆腐をお願いしました。
奥の厨房で調理が始まります。
その間ドリンクメニューを確認してると、ワインから紹興酒まで。最後の方には烏龍茶のメニューもしっかりと。
飲茶ですね。
厨房から炒める音や香りが漂いいい待ち時間。
少し待っての配膳です。

DSC_0155
点心4種。右上のエビ餃子、右下の小籠包、左上の翡翠餃子に左下の焼売と。アツアツを提供です。
酢醤油もありますが、そのままでも味が付いてますよ。との事でしたので、そのままいただくことに。
エビ餃子の皮は厚めでプリッとした食感。海老もプリプリでいい歯ごたえ。海老の素材感がしっかりと。
小籠包はアツアツです。中の汁もしっかりと堪能。ひき肉感がしっかりと。
翡翠餃子は中の餡に食物繊維を感じる食感。タケノコとかよりシャキシャキした感じでこれもまたなかなか。
焼売はしっかりと大き目。中にはひき肉の餡に海老等も含まれてる様子。
しっかりとビールを飲みつついただきます。

DSC_0154
本日待望の麻婆豆腐。鍋焼きでアツアツです。
上にかかった山椒も少し控えめでしたが、味を崩さず損なわせず。そんな感じ。
豆腐は大き目の乱切りスタイルで、れんげですくって口へ運ぶと辛さもさることながら出汁の旨味感もしっかりと。
単に辛いだけではなくひき肉の旨味、出汁を吸った豆腐、辛味の一体感がしっかりと。
アツアツの豆腐を口に含んで、ビールで冷ます。また豆腐を食べて、ビールをいただく。
ついついビールをもう一本。
食べつつオーナーと雑談を。
小倉の出身で地元で料理屋をと言う感じでOPENされたそうで。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。海鮮と季節野菜のXO醤炒めとか気になる感じでしたが、そのうちにまたと言う事で。
モルツ2本に点心と麻婆豆腐で4,800円だったような。
まぁそれなりの値段ですけど、久しぶりの土鍋麻婆豆腐を堪能。
福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-1-9

TEL:093-521-6355
営業時間 
Bistro-chinese-RON(ビストロチャイニーズロン)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:57|PermalinkComments(0)

2016年11月27日

小倉南区 中華料理 楼蘭 八宝菜定食

大神商店のベアーです。

来週末にイベントがあるため、夜は飲まずに準備中。おかげで食事の機会がランチを重点に、晩は軽めが多くなりつつあるこの頃。
あと少しだなぁと思いつつ缶ビールを1本だけと甘い誘惑に負けつつ日々を。
今週末も仕事で埋まって昼も車で移動を繰り返しつつ途中で止まってTELをかけつつ。
そうこうしてましたらお昼です。
周囲を見渡すと、小倉南区。徳力公団近くなので少し小道に逸れつつ。
ラーメン屋さんとか定食屋さんとかあのあたりにあったなぁと思い向かいますと発見。
気分は中華と言う事で、早速訪問です。

DSC_6429
中華料理 楼蘭さんです。
となりの定食屋さんもそのうち来てみようと思いつつ。
営業中の文字を確認しつつあたりの駐車場へ車を置いて訪問。

DSC_6430
サービス定食と書かれた黒板に文字がぎっしりと。さぁどうしようかなぁと言う事で。まずは店内へ。
扉を開いて店内へ。
右はテーブル席、左は座敷と中央に仕切りがあり分かれてます。
まだ時間も早めの様子で、店内は来場者がおらず。
1名である旨を伝えると、お好きな席へと言う事でしたので、テーブル中央へお邪魔しました。

DSC_6431
壁にかかった定食メニュー。写真付きです。麻婆豆腐はケチャップスタイルの様子。んーどうしようかなぁと考えつつ中華丼のあんかけの色合いに少し惹かれて、八宝菜定食をお願いしました。

DSC_6432
その他メニューも多々。少し汚れが年期を感じます。
後から数名のお客さんが来場。注文もダル麺と言われてます。
ダル麺?メニューを確認すると五目あんかけ麺の様子。それもいいなぁとか思いながら。
そんな感じで待ってますと配膳されました。

DSC_6433
八宝菜定食。

DSC_6434
メインの八宝菜山盛りです。

DSC_6435
副菜のサラダなどなど。
早速いただきます。まずはサラダからと言う事で。
マカロニサラダを箸でいただきつつ。
マヨネーズもそこまで濃くなく。あっさりと。柔らかめに茹でられたマカロニに胡瓜のシャキシャキ感がなかなか。
器の練り物をいただくと鶏肉系の肉ダンゴかな?しっとりとよく練られててあらびき感も無く。タレは酸味がきいたポン酢ですけど温かい感じ。糸こんにゃくもポン酢が染みててさっぱりと。
レタスは対照的にマヨネーズがしっかりと。副菜の皿は主に酸味系だなぁとしみじみ。
さて、メインの八宝菜を。
中の具は多々。赤ピーマン、ピーマンに白菜、シイタケ、エリンギ、イカに海老に煮豚に青梗菜。あとうずらの卵。8種類から10種類に変貌を遂げてしかも山盛り。
あんかけのとろみは固めで、結構な弾力に熱気がしっかりと封じ込められてて、青梗菜を口に含むと、アツアツで舌を火傷しそうに。
煮豚はスターアニスで風味付け。中華感が増してます。
そんな固めのあんかけを箸でいただき、ごはんをかきこむ。
中華醤油の強めな味付け。関東風で濃い感じ。
ご飯が進むおかずだなぁと。
ついつい、ライスの大をお願いしてお代わりです。
中華スープは卵にコーンと少し甘めな仕上がりで、これもとろみがついててアツアツ。
ランチからあったまる仕上がりだなぁとしみじみ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
町の中華屋な感じでランチも気軽に。晩もいい感じだろうなぁと
八宝菜定食にライス大で840円。ボリュームもありコスパもいい感じ。
福岡県北九州市小倉南区徳力3-7-18

TEL:093-963-7908
営業時間 11:30~15:00/17:30~21:00
中華料理 楼蘭

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:16|PermalinkComments(0)

2016年11月01日

中間市 担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎 汁なし担々麺、麻婆豆腐丼(ハーフサイズ)

大神商店のベアーです。

久しぶりに中間方面に移動です。
三ヶ森方面を抜けてトンネルを越えると中間市へ突入です。
以前北九州市と合併話が上がってた時に前職の営業所が北九州市になるならば事業所を作ろうみたいなことになり、一時期先輩と共に毎日赴いてた経験が。
思い出は、雪降る冬場に荷物が乗らないためにオープンカーで荷物を載せて移動させた記憶。あの時は顔の感覚が無くなり、涙が流れてる事すら気付かない事態で。まぁ寒かった思い出。
そんな心温まる思い出を引っ提げて中間へ凱旋。
訪問を済ませて、さて食事だと言う事で。
なにを食べようかなぁとか思いながらウロウロと。
ラーメンもいいんですけど、少し寒いので温まる食べ物がいいなぁと言う事で。

DSC_6185
担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎さんへ訪問です。
以前龍の道さんと言うラーメン屋があったなぁと思いながら。
本日で2度目の訪問でした。
早速店内に入ります。
店内はカウンターとテーブル席のお店。カウンターも少し高めな感じかな?と思いつつ。
お昼を少し過ぎてましたので、まばらな客層。早速カウンターに座ってさてどうしようかと考えます。

DSC_6186
メニューを見ると担々麺&麻婆丼専門店らしくそんな感じで。ハーフサイズの丼のセットをお願いすることに。
激辛麻婆豆腐丼は確かに激辛だった記憶が頭をよぎったので、麻婆豆腐丼のハーフに汁なし担々麺をお願いすることに。
厨房でテキパキと作業が開始されていきます。
麺の湯切りの音等々。
そんなに時間をかけずに配膳されました。

DSC_6187
汁なし担々麺ハーフ麻婆豆腐丼のセット。

DSC_6188
アップの汁なし担々麺と

DSC_6189
麻婆豆腐丼です。
早速いただきます。
まずは担々麺から。
上にとろみの付いた担々だれがしっかりと。ひき肉も大き目な感じ。
乗せられてるのはネギに水菜。それ以上にゴマの風味と四川の香りが。
花椒がそこそこにかかってる様子で、全体的に混ぜてズルッと一口。
麺は弾力がありいい茹で具合。中麺ちぢれ麺でタレが絡みます。ひき肉もしっかりと。
水菜のシャキッとした食感やネギのシャリッとした食感もアクセント。
ゴマのコクが濃いめのタレに花椒のシビレ具合がいい感じ。
追加でラー油をひと回し、置いてあった山椒を少し多めに振りかけつつさらに食べ進みます。
結構しびれる刺激。
次に麻婆豆腐丼をいただきます。
甜麺醤系の甘めな味付け。豆腐は絹ごしでのど越しもすっきり、スルッと胃に落ちる感覚。アツアツで胃にも熱が伝わる感じ。
いい味付けでごはんが進みます。
この豆腐の大きさはなんともいい感じ。
ツルリと入る豆腐感。それに辛い味付けにしびれる刺激。
ついついこちらにも山椒を山掛け。
刺激の追加です。
麻婆豆腐をたべて、少しごはんが見えてましたので、メニューにあった後入れごはんの感覚を試してみようと思い。汁なし担々麺のソースをれんげでひとすくいしごはんに乗っけていただきます。
これは中々。
ゴマのコクもさることながら、肉味噌の旨味が白米に合うなぁと。
たしかにこれだけで白ご飯もらってもいいなぁとか思いつつ、全部をかけてごはんもいただきます。
最後に水を飲んだ時、この店の本当の味わいが。
花椒のシビレ具合が一気に爆発です。
舌のシビレが半端なく押し寄せてくるのがわかります。
いままで食べてて、麻痺してたんだろうなぁと。
四川の入口を堪能した気分で本日のランチは終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
いろんなセットの組み合わせでも850円となかなかリーズナブル。
福岡県中間市中間4-2-5

TEL:
営業時間 11:00~15:00/17:00~20:00(売切次第終了)(水曜定休日)
担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:41|PermalinkComments(2)

2016年10月26日

福岡市中央区 中華屋台 磊 (ライ) 羊肉串、鶏心串、牛筋串、肉丸串、焼餃子、自家製担々麺、焼きめし

大神商店のベアーです。

仕事を片付けて遠征と言う事で。福岡で中華をいただこうと班長と共に駅から天神地区をウロウロと。
気になる店を訪問しようと向かってみたんですが、看板の電気はOFF状態。店内は灯りがあるんですけどね。
閉店間際かなぁと言う事でその近辺をウロウロしつつグルグルと天神を北から南へとグルグルと。
いくつか候補を考えつつ、さてどの店に行こうかと言う事で。

DSC_6136
中華屋台 磊 さんへお邪魔することに。
菜館とかではなく屋台と言う事で。興味があります。

DSC_6137
入口の看板には中国串焼きの文字が。
羊肉串は確かに最近見かけます。
早速店内へ。
扉を開けると、奥にカウンター、手前にテーブル席が数席ほど。
右手の大テーブルではグローバルな方々が宴会最中の様子。

DSC_6138
テーブル席に案内されてさて、メニューを拝見。
屋台料理とは串のことかーと思いつつ。たしかに。とりあえずオーダーです。
少しの談笑と共に配膳されました。

DSC_6139
中国串焼き。
上から羊肉串4本、筋2本、ハツ2本に肉団子。
全体的にスパイシー。日本の焼き鳥と異なり、香辛料がふんだんにまぶされててこれはなかなか。
羊肉の串に関してもスパイスが前面に味わえる感じなので、肉の臭みもそこまで感じず。
筋も下処理がしっかりされてる様子で。固さや筋感もそこまでなく。
ハツは輪切りで刺さってる様子。意外にしっとり。
肉団子の中に軟骨が仕込まれてる様子でコリットした食感が少し。

DSC_6140
焼き餃子です。
皮厚めの大陸系。水餃子も同様なんだろうなぁと思いながら。
結構しっかりとした皮の中から餡が。皮ももちもちな感じより少し固めな食感。
食べごたえのある餃子な感じで。

DSC_6141
担々麺です。スープを一口いただくと、胡麻感がすごくねっとりとした粘度もあるスープ。
中辛程度ですが、意外に辛さが後から来る様子。
麺は中太ちぢれ麺。結構スープに絡みます。
ズルズルとすするとシコシコした麺の食感がなんとも。
スープの中にも山椒のあらびきの実がしっかりと。カリッとする食感がなんともいい感じ。

DSC_6142
焼きめしです。
ミックスベジタブルが投入されてたので、まぁそんなもんかなぁと思いつついただくと、これが意外にイケる。
米もパラパラで脂っぽくないし、かといって卵がふんだんと言うわけでも無く。
米の炊き具合が絶妙で、炒めてるんだろうなぁと思いながら。
中のみじん切りにされたハムとかもいい感じ。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
鉄串でいただく焼き鳥もまたある意味新鮮でなかなかいい感じ。
酒を飲みつつたべに来たいなぁと思います。
中国焼串に焼餃子と担々麺に焼きめしで2,400円程度。
福岡県福岡市中央区春吉2-2-11 王丸ビル 1F

TEL:092-762-7878
営業時間 18:30~1:00(月・祝定休日)
中華屋台 磊 (ライ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:13|PermalinkComments(0)

2016年10月01日

小倉北区 麗白(レイハク) 麗白ランチコース

大神商店のベアーです。

昨日は仕事の関係者と飲み会と言う事で。
ビールを数杯、白ワインをボトルで開けて、さらに焼酎をロックで数杯。
まだまだ飲み足りないので、イタリアンの店でグラスを2杯に行きつけのBar的な所でビールを再度一杯と。はしごに次ぐハシゴ。
〆もいただいてたはずなのに。テーブルにはカレーうどんが置いてあり。ウコンを取らなきゃ。そんな意思が働いたんでしょう。
昼前くらいに起きてさて、どうしよう。そんな時に班長からのTEL。
中華に行こう。と言う事で現地集合で中華をいただきに行くことに。

DSC_5882
魚町のモスバーガー横の通り2階にOPENされた麗白さん。雰囲気良さそう。
DSC_5881
表にこんな感じの看板が。夜もディナーでコースが味わえる様子。
中々良さそう。
早速店内へ。店内はテーブルが数席ほど。マダムの食事会や、ご年配の夫婦が食事をとられている最中。
新しいお店の感じで。天井も高い。雰囲気もしっかりと。

DSC_5883
ランチメニューはこんな感じで。コースをおねがいしました。

DSC_5884
ウーロン茶がポットで。
1分ほど蒸らしてからお召し上がりくださいと言う事で。
アツアツをいただきます。
意外にいい苦味。冷えてくると少し苦味もおさまってくる感じです。

DSC_5885
サラダと言う事でヒラスのカルパッチョ風。
パリパリに揚がったワンタンの皮がアクセント。
ソースはピリっと辛めの中華風。
イクラのプチっとする食感も堪能しつつ。

DSC_5886
スープと言う事で。冬瓜とスペアリブのスープ。冬瓜にかなり出汁が染みてていい味。
スペアりプも箸でスルッとみがほぐれるほどの柔らかさ。
スープの深みは一品でした。

DSC_5887
前菜と言う事で、
左から大根餅、麻婆豆腐、台湾オムレツだそうで。
一品一品が丁寧に作られてていい具合。
大根餅もモッチリと。餅だけに。
麻婆豆腐は辛味もありますけど、どちらかと言えば少し甘味が。中にシメジを見かけたり。
台湾オムレツは刻んだ切り干し大根が中に。エビもプリッとしたいい食感。

DSC_5888
海老と野菜の炒めもの。空芯菜(かな?)とシメジに揚がったエビが。
とろみがついてこれまた上品なお味。
海老の処理もよくプリッとした食感。塩炒め的な味わい。

DSC_5889
干し貝柱の粥をお願いしました。
おかゆです。
米もとろけて雑穀な感じ。
干し貝柱の旨味も溶けてる様子。
二日酔いに近い感じの胃には優しい味わいで。
ザーサイの塩味も弱といったところで辛くなくいい塩梅。
コリット噛みしめつつ旨みがじんわりと。
お代わりもできる様子です。

DSC_5890
食後のデザートはプリン。
ネットリとしたたまごの旨味。カラメルソースはとろみもしっかりと。苦味も柔らかめ。
おいしくいただきました。

台湾系中華のコースを堪能いたしました。
ごちそうさまでした。
コースで1人2,000円。なかなかの満足度。
DSC_5891
扉の麗しの島 台湾の文字がなんとなく心鷲掴みでした。
福岡県北九州市小倉北区魚町2-5-17 インクスポットビル 2F

TEL:093-287-8287
営業時間 11:30~15:00/17:00~22:00(火曜定休日)
麗白

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 19:07|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気