ダイニングBAR

2017年04月05日

小倉北区 鉄板&Bar CRANE(クレイン) 砂ズリのガーリックソテー、仔牛ロース、シンプル卵のガーリックライス

大神商店のベアーです。

業務が忙しくなる前の4月初旬。これを逃すと夜の業務が詰まってきてるので、息抜き程度に一杯いただきに行くかな?そんな事を考えつつ小倉の街へ。
何をいただこうか。気持ち肉かな?
焼鳥とかもいいんですが、少し上品な感じの肉っぽいやつがとか考えつつ魚町を通り過ぎます。
うっしっしさんが経営しているステーキハウス的な店の横を横切り高架を潜ると、小倉駅北口。
以前に比べて賑わいを見せる様子ですが、それでもまだまだ暗さは残った感じで。
北九州予備校の塾に通ってた頃は本当に何もないなぁと思ってたぐらいで。
さて、先日ふらっと散歩がてら気になる店を見ていたので行ってみようと立ち寄ったのは

DSC_1438
鉄板&Bar CRANEさん。
レモンステーキ1,000円の文字が意外にリーズナブルだなぁと思いつつ。

DSC_1439
看板もしっかりと書かれてます。どうやら肉の店と言うより鉄板焼きの店かぁと。
扉を開いて店内へ。
中は奥に長く、カウンターに9席ほど。奥にテーブル席がある様子。
カウンターにいたシェフがどうぞと言う事でしたので、カウンター中央に座ります。

DSC_1440
まずはビールをお願いしました。プレモルです。ホップの香りと苦味がしっかりと。

DSC_1442
基本メニューを確認しながら本日のおすすめをチェック。
ビールのアテにと言う事で砂ズリのガーリックソテーをお願いします。
店内中央ほどにある鉄板前に移動して早速調理が開始されました。
オリーブオイルのはじける音に刻んだガーリックの焼ける匂い。バターのコゲ感などなどと。
結構多めのズリスライスが鉄板で炒められつつ野菜と織り交ぜながら調理が終了。

DSC_1443
配膳されました。
糸唐辛子のピリッとする辛味を噛みしめつつ。
中の野菜もエリンギ、シメジ、ニンニクの芽、もやしなどなどと。結構な量があるなぁと。
ビールをグイグイの飲みつつ焦がしにんにくの風味を味わいつつ。
そこそこに食べつつ飲みながら次の注文と言う事で仔牛ロースをお願いします。

DSC_1444
油が引かれた鉄板の上にロースの肉とナスにシイタケなどなどが。
肉の脂を吸い込む具合で。

DSC_1445
食べ終わる頃にお皿で配膳。
マスタードと岩塩でどうぞと言う事でしたので早速。
ロース肉です。
脂身が少な目で赤身の旨味がしっかりと。噛むと少しクセを感じますが、しっかりとした筋肉繊維。
旨みがジュワッといい具合。
岩塩に付けつつ塩味で堪能しながら。
付け合わせのナスにサツマイモとシイタケにニンニクの芽を少し滴った肉の旨味に付けつついただきます。
ビールがすすむなぁと。
ワインかな?とおもったんですが、ビールでグビグビと。

DSC_1447
少し肉を残しつつビールを飲み干したので焼酎を麦でお願いしました。歌垣をロックで。
久留米の麦焼酎で風味が豊か。少し甘味を感じるほどでキリッとしたアルコールがスッキリ。
肉をいただきながら舌にのせるほどの焼酎をいただく。そんな感じで。

DSC_1448
〆でシンプル卵のガーリックライスをお願いしました。
これまた鉄板で焼かれるガーリックの香りがいい具合。
中にエリンギのみじん切りなどなどと。シンプルな感じ。
塩味も強くなく、醤油で少し風味付けされてる具合で。
濃くなくロックのチェイサーを数口口につけた程度。いい盛り具合。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
目の前で調理を見ながら食事をいただく。いい満足度。
料理にお酒が5杯ほどで5,700円程度。まぁそんなもんかな?仔牛のロースが1,500円程度とそこまで高額感を感じず。
福岡県北九州市小倉北区浅野2-13-24

TEL:093-533-2280
営業時間 11:30~14:00/18:00~23:00(木曜定休日)
鉄板&Bar CRANE(クレイン)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:22|PermalinkComments(0)

2017年02月12日

小倉北区 LIBERTY BELL (リバティベル) チーズ盛り合わせ、マルゲリータ、ポルチーニ茸のクリームソース

大神商店のベアーです。

ふらっと飲食に出て、少し夜風にあたりながら。散歩がてらに紺屋町をふらふらと。
一本奥の道を通り、以前とかなり変わったなぁとか思い出しながら道を進みます。
お酒を年齢的に飲んでもいい年頃の頃はもっと活気があったなぁと思いますが、今は往来する人もほぼ無いような。
合コンやらで賑わってた飲み屋さんも、いつの間にかゴルフバー的な感じになって、いまではお化け屋敷の様子。興味があるのでそのうち行ってみようとおもいますが、中々足を運ぶ事能わず。
そんな感じで道を進んでましたら、イタリアンのような、ダイニングバーのようなそんなお店の明かりを発見。
いつからOPENしたんだろうとか思いながら、とりあえず入って見ることに。

DSC_0853
LIBERTY BELLさんです。生パスタとピザののぼりが揺らめいています。

DSC_0854
メニューの看板も置かれてました。結構気になる感じですので早速訪問です。
扉を開けて店内へ。カウンターにテーブル席と奥に長い店舗の作り。
1人である旨を伝えると、店員さんがテーブル席へどうぞと言う事でしたので早速座ります。
椅子も内装もこだわり感があるような。そんな店の雰囲気。

DSC_0855
とりあえずと言う事で、白ワインをグラスでいただきました。
結構多めの注ぎ量。シャブリだったような。
一口含むといい酸味。スッと入る飲み口。なかなか。

DSC_0856
メニューを見ながらとりあえずどうしようかなぁと言う事で。

DSC_0857
チーズ盛り合わせをお願いします。
カマンベール、ブルーチーズ、ミモレットにデザートチーズ。価格に対して結構いい量が。
ブルーチーズのコクを堪能しつつ、ミモレットは少し熟成度合いが若めで固さをそこまで感じず。
カマンベールのネットリとした食感でクラッカーをいただきながら。
デザートチーズはクリームチーズにバニラビーンズを混ぜて成形したとの事で、バニラの風味がいい具合。
甘めですが、酸のあるワインにいい具合にマッチ。
ついついワインをガバガバと。

DSC_0858
こうなってくると少し気分よくと言う事で。マルゲリータをお願いしました。
フレッシュトマトにモッツアレラ、バジルペーストがほんのりと。
生地もサクッとクリスピースタイル。パリパリの食感の側にチーズとトマトの乗った部分はモッチリ食感。
トマトも火が入ってて酸味が甘味に変化。チーズのボリュームを感じつつがっつりと。
結構しっかりといただきました。

DSC_0859
もう一品と言う事で、ポルチーニ茸のクリームソースパスタをお願いします。
白ワインといい具合。
生パスタでモッチリとした食感。
フォークで巻き取るとグイグイと締まる手ごたえを感じ、ソースを絡めて口に放り込む。
クリームソースが濃厚でパスタに絡むし味も濃い。
ポルチーニをフォークですくって噛むと旨みがしっかりと。
ワインでクリームを流し込み、またフォークでパスタをいただく。
かなりの量をいただいたんですがペロリと平らげる始末。
ごちそうさまでした。前に少し飲んでたはずですが、それでもがっつりといただく感じで。
堪能いたしました。多国籍なメニューの作りで気になるメニューもまだまだあったり。
ワイン3杯に料理で4,500円ほどで。意外にリーズナブルな感じ。

あとで、住所とか確認のために少し検索かけてたら、Atmosphere From New Yorkさんの姉妹店だったんですね。どうりでポルチーニ茸のクリームソースがあるわけだと納得。

福岡県北九州市小倉北区紺屋町10-15

TEL:093-511-0252
営業時間 11:45~1:00(土曜日)18:00~2:00(日曜定休日)
LIBERTY BELL (リバティベル)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:51|PermalinkComments(0)

2017年02月06日

小倉北区 肉焼 dinningbar 出会いのかけら 馬レバー刺、馬刺し、ミノチャンジャ

大神商店のベアーです。

ふらっと飲みに出る際に、一杯だけ貰ってから本格的にというケースがたまに。
行きつけのオシャレな感じのバーと言うか、そこでヱビスを一杯。
そんな感じで向かってみたら、なんとなくカウンターが満席の様子。
最近多いなぁと感じながら。まぁいっかと思いながら本日はどうしようか考えます。
久しぶりに新旦過食堂町でいただくかと言う事で。

DSC_0832
出会いのかけらさんへお邪魔することに。
以前バイトをしてた店の同僚に教えてもらったお店。
意外にローコストな感じのお店ですが、しっかりと。
焼肉屋の同級生を連れて行ったときに肉衛門さんと比べてうんたら言ってましたけど。それはその額じゃんと割り切りです。
扉を開けて店内へ。結構乱雑な感じのお店でお世辞にもきれいとはいいがたし。
食器や鍋も積んでる感じがホームメイド的な感じだったり。
1人である旨を伝え、カウンターに座ります。
久しぶりだなぁと思いながら。
カウンターに置かれてる記念ボトル4年か5年あたりが記憶にあるくらいだなぁと。もう7年目の記念ボトルが置かれてるのを見ると、月日の経つのは早いなぁと。

DSC_0833
まずはビールをいただきます。
いい泡具合。グイッと一口。

DSC_0834
お通しはすじ煮込み。良く煮込まれてて柔らかく。味は濃くなく素材感がでております。
ごぼうもいいシャキシャキ感。すじ肉の脂部分もよく抜けてコラーゲンを感じる様子で。
こんにゃくの食感を堪能しながら。

DSC_0835
メニューを見ながら、天使の海老が無くなったなぁと少し残念に思い、他になにかと探してましたら刺身部分で馬レバー刺を発見。これはと言う事でお願いします。
しっかりと薄いゴム手をはめてトリミングをして配膳です。
ごま油と塩で。塩薄目でごま油にネットリと。
角が立つほどの鮮度。シャキッと切れる歯ごたえ。ネットリとした食感。久しぶりにいただくなぁと。
久留米のげん氣亭さんでいただいた時に感動を覚えた馬レバー刺身ですが、これもまたいい味わい。
しっかりとネギを巻きつついただきます。

DSC_0836
個人的な注文品ではないですが、馬刺しを。
レバ刺しをいただいてる時に来訪されたお客さんが、急遽隣に座って意気投合。話を始めつつ馬刺しを注文。
食べてと言いながらがっつり飲んで次の店へ。嵐のごとく。
そんなイベントを体験したときに配膳された馬刺し。
柔らかく肉質も上々。生姜とニンニクを交互に付けつついただきます。
こうなってくると焼酎と言う事で。

DSC_0837
焼酎をいただきつつ。アテも無くなったのでミノチャンジャをお願いしました。
ナンコツチャンジャは写真の撮り忘れで。
ミノチャンジャを一口。辛さがしっかりと。ミノがずいぶん使ってて固めな食感ですが、口内の熱と、唾液の酵素でじんわりと柔らかく。噛んで切れる歯切れの良さは無いですが、ガムやグミほどの噛みきれない感じも無く。
旨みがしっかりと。辛味がやけに焼酎を誘うなぁと。
海鮮バター煮込みをお願いしたところ、本日は売り切れとの事でしたのでこれにて終了。
次の店に流れる形で。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。久しぶりにくるとまたいいつまみがあるなぁと。
馬刺しに馬レバー刺が1,000円前後だった感じで。飲み物が500円ほど。いい感じの飲み具合。
福岡県北九州市小倉北区魚町4-2-3

TEL:093-551-3223
営業時間 17:30~2:00(不定休)
肉焼 dinningbar 出会いのかけら

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:43|PermalinkComments(0)

2017年01月16日

小倉北区 Locotonte(ロコトンテ)  ウニのクリームパスタ

大神商店のベアーです。

最近紺屋町をふらふらとしてますと、目に付く看板などなど。
以前今以上に飲み歩いてた時、シューティングバーの店員さんと共に数度訪れた記憶があるお店の看板。

DSC_0573
ロコトンテさんです。
京寿司の大畠店の液晶モニターで系列店紹介で流れててそうなんだと知った感じですが。
最近はご無沙汰で。
飲んだ勢いもあり、ちょっと寄ってみようと言う事で階段を上がっていきます。

DSC_0574
3階まで上がると扉が。早速扉を開けて店内へ。
3階はカウンターにソファー席などなどと。二次会とか女子会とかで利用できそうな広いスペース。
1人である旨を伝え、カウンターに座ります。

DSC_0575
とりあえずと言う事で、ビールを一杯。グラスもいい冷え具合。
グイグイと飲みつつ。さぁメニューを拝見です。

DSC_0579
手元にあったフードメニューや

DSC_0578
ドリンクメニューなどなどと。

DSC_0576
カウンター越しの黒板メニューもいい味出してます。
何を食べようかなぁと思いつつ。炭水化物と言う事で。うにのクリームパスタをお願いすることに。

店員さんが奥の厨房へ入り早速調理にかかります。
話しを聞くと、鹿児島出身で調理師を目指して修行中との事。
店内を見渡してましたらある程度の時間で配膳です。

DSC_0580
ウニのクリームパスタ。イクラ添え。きざみ大葉も和っぽい感じで。
早速いただきます。
クリームソースにウニがしっかりと溶け込んで、濃厚な味わい。
塩味が少し強めの様子。まぁ飲んだ後の〆で考えるとまずまず。
パスタの茹で具合は少し柔らかめですが、ソースがよく絡みしっかりと濃厚なソースを堪能しつつ。
グルグルとフォークを巻きつつパスタをいただきます。
ソースの量が結構多めなのもいい感じで。
パスタを食べ終えて、イクラをスプーンですくいつつ完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
しっかり〆の炭水化物をいただきつつ、飲みは終了との事で。
ビールにウニのクリームパスタで2,000円。そんなもんかな?と。
イタリアンが深夜に食べたくなったらいいなぁと思いつつ。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町4-18 長谷部ビル 3F

TEL:093-533-0777
営業時間 18:00~翌5:00
Locotonte(ロコトンテ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:55|PermalinkComments(0)

2017年01月05日

小倉北区 ガブ飲みぶどう食堂 フラワー&ドラゴン 牛すじの赤ワイン煮込み、アンチョビキャベツ、マリネ、明太子のアヒージョ、レバーペースト、ニョッキ、アボガドのカプレーゼ

大神商店のベアーです。

正月もそろそろ過ぎてきたので班長と共に飯でもと連絡。
夕方7時過ぎあたりに合流して早速食事へと言う事で。
旦過あたりに足を延ばして何かないかなぁと見渡すと、ガブ飲みぶどう食堂 フラワー&ドラゴンさんの明かりがついてる様子。
久しぶりに行ってみるかと言う事で、近くのコインパーキングへ車を止めて訪問です。

DSC_0441
ガブ飲みぶどう食堂 フラワー&ドラゴンさん。数度ほど寄らせていただいた記憶がある感じ。
早速階段を上り店内へ。
引き戸を開けて店内で2人である旨を伝えると窓際の円卓に案内されました。
店内はカウンターとテーブル席。3階も席がある様子。
とりあえず座ってさぁどうしようかな?と

DSC_0443
ドリンクメニューを確認しつつ。
ビールかなぁとか考えましたが、どうせならと言う事で生ワインの白をお願いします。

DSC_0445
お通しのパスタの素揚げに塩をまぶした感じで。
プリッツに近い味ですけど、ポリポリ感が強い具合で。
数本とりつつ口に運ぶ班長。かなり早い速度で消えていきます。

DSC_0446
生白ワインも到着で。
早速一杯。フレッシュな感じの白ワイン。アルコールをそこまで全面に出てるわけではないのでグイグイと飲める様子。
白ワインのキレも穏やかで飲みにくさは感じず。
お通しでいただきました。

DSC_0447
メニューを確認しつつチョイスです。

DSC_0448
まずは牛すじの赤ワイン煮込み。
トロトロなすじ肉。全体的にコラーゲンのねっとり感を感じつつ。
中のマッシュルームもいい旨み。
これなら赤だなぁと言いつつ

DSC_0449
がぶ飲み赤ワインをお願いします。
なみなみに注ぐ感じで。表面張力で盛り上がった感じの注ぎ口。
口を運んで一口吸ってからグビグビと飲みにはいります。

DSC_0450
アンチョビキャベツ。アツアツで出てくるんだなぁと
焼かれた鉄板にキャベツがしっかり。
アンチョビソースにまみれたキャベツの塩っ気が結構強めですが、アンチョビの旨味をしっかりと。
キャベツの芯部分が意外にいい甘みにこの塩味。ついつい箸が進んでしまうなぁと。

DSC_0451
マリネです。酸味より出汁っぽい感じで。キノコの旨味がしっかりと。
エリンギ、ベーコン、えのきにシメジなどなどと。
醤油のような風味が意外にしっかりと。

DSC_0452
明太子のアヒージョをいただきました。
中温程度のオリーブオイルに浸かった明太にマッシュルーム。
最後に崩して、バケットに乗っけていただく様子。
明太を崩していく過程で火が通るシステムの様子。
バケットに明太を乗っけていただくと生のたらこ部分と火の通ったよりプチプチ感が強いたらこ部位が下でしっかりと。
明太の塩味がオリーブオイルに溶けてなかなか。
ニンニクの風味があまり感じずなのは店のお客さんが女性メインだからかなぁと言う事で。

DSC_0453
レバーペーストです。
レバーとクリームチーズのパテと言う事で。
香草の風味がする感じ。レバーの臭みがなく食べやすさを前面に。
ネットリな食感はしっかりと。
普通のレバーペーストより食べやすいなぁと。

DSC_0455
自家製チーズのおつまみニョッキです。
チーズフォンデュスタイルでの配膳でした。
ニョッキもチーズまみれでこれで白ワインはすすみそうだなぁと。
中に入ってるパプリカやズッキーニもいい感じで。
バケットとかを付けていただくとまたおつまみになりそうかもとか話をしつつ。

DSC_0456
アボガドのカプレーゼです。
ちょっとモッツアレラチーズがパサつく感じ。まぁカプレーゼはトマトだよねぇという結論で。
ぼちぼち飲みつつ料理もしっかりといただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
料理にワインを数杯飲みつつ6,800円前後と。まぁ安い感じで。
福岡県北九州市小倉北区馬借1-4-10 2F

TEL:093-280-6298
営業時間 17:30-翌0:00(月曜定休日)
ガブ飲みぶどう食堂 フラワー&ドラゴン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:16|PermalinkComments(0)

2016年12月12日

小倉北区 ブリティッシュパブ&ステーキハウス パトンリゾート 国産赤身ステーキ300g 赤ワイン

大神商店のベアーです。

適度に訪れる肉が食べたい衝動。
がっつりと食べたいなぁとか思い悩みつつもとりあえず晩飯だ。
というわけで、行きつけのカフェバー的な所のカウンターでビールをいただく。
最初訪れた際は北欧風な雰囲気を醸すお店で、手作り感満載。
いまも変わらず店舗の改装をオーナーがやってる感じで。
少し馬鹿話をオーナーとしつつ団欒。
ふと、紅の豚の主人公マルコが魚と白ワインを食べてる姿を思い出し、今日は赤ワインと肉をがっつりと行くかーと心でイメージしつつ店を後に。
さてステーキ的な肉をと言う事で。
いくつか候補を考えたんですが、小倉十三区の前の看板に確かそんな感じの看板があったなぁと言う事で向かう事に。
少しビールを飲んでましたので酔いが醒める前に移動です。

DSC_0133
ブリティッシュパブ&ステーキハウス パトンさん。通りはよく通るんで店の存在は知ってましたけど、中はまだ踏み入れたこと無く。
たまに、地方情報誌とかで名前は拝見してましたけどなかなか寄る機会がなく。
この横にある看板の沖縄料理もこの先にある沖縄料理の店も少し興味があるところ。

BlogPaint
看板にでデカデカとステーキの文字。気になってたのもありますし、今日の気分にピッタリだと言う事で早速中に。
奥につながる通路は結構長め。入口の扉を開くと少し薄暗く。ホールではどうやら忘年会の様子。
店員さんに1人である旨を伝えるとカウンターに案内されました。
ガヤガヤとする店内。カウンターに座ってさてメニューと言う事で。

DSC_0134
フードメニュー。気になるマルゲリータのピザ等ありますし、ソーセージなんかも良さそうですが、初志貫徹ステーキを。どうしようか悩んだあげく300gでお願いしました。
少しおじけづいたのかもしれません。
赤ワインをボトルでとお願いしたところ、本日は在庫不足もあるのでデキャンタでいいですか?と言う事でしたのでそれでお願いしました。

DSC_0136
デキャンタに注がれたワイン。手酌で好きなだけ飲めるのがいい感じ。
早速注いで一口いただきます。
ミディアムボディで少し酸味が強め。スパイス感がしっかりと。
重さと渋みはそこまで感じませんけど、なかなかガツンとくる感じ。
銘柄きいとけばよかったかなぁとか思いつつ。
あたりを見つつ、携帯をいじりつつ待ってますと配膳されました。
焼き時間が少しかかった感じで。

DSC_0137
ドーンと置かれた赤身肉。奥のコーンと手前のソース。
ジュウジュウと音を立てて鉄板の熱気を感じます。
切っての配膳でした。
早速いただきます。
まずは中頃のスライスを。
塩コショウがしっかりと。胡椒のスパイスがしっかり効いて旨みが十分。
赤身なので、しっかりとした筋肉繊維。噛むと固めの歯ごたえですが、旨みが染み出る様子。
ガッツリとしたステーキ。
端の火の通った部位をソースに付けていただきつつ。
オニオンベースの和風テイスト。アツアツの肉をソースで少し冷ましつついただきます。
肉を口に含んで噛みつつ赤身の旨味を堪能。
その後に赤ワインの酸味と渋み、スパイス感で胃に流しつつ。
少し箸休めでコーンをいただきつつもまた肉に戻る。
赤身の肉で脂肪分が無い感じなので脂っこくなく、いい肉汁感を堪能。
表面だけではなくしっかり中も温かく、冷えた感じを最後まで与えない焼き具合。
話しを聞いたら表面をしっかり焼いてオーブンでじっくりと熱を入れてますとの事。
いい肉の仕上がり感。
最後の一枚までアツアツのままいただく感じでワインも堪能。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。肉肉しいがっつりとした食感がこれまたいい具合。
ボトルで400gのステーキでも全然よかったなぁと思いつつ。
オーナーと軽く談笑し、店を後に。
銀次郎さんもローコストの肉でいいんですけど、こちらもまたいい感じ。
国産赤身ステーキ300gに赤ワインのデキャンタでぴったし4,000円。たぶんまけてくれたんだろうなぁと思いつつ。また来よう。そんな感じにさせるお店。
福岡県北九州市小倉北区京町3-6-23

TEL:093-551-8683
営業時間 18:00~翌0:00/金土祝日前18:00~翌2:00 (不定休)
ブリティッシュパブ&ステーキハウス パトンリゾート

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:00|PermalinkComments(0)

2016年07月22日

小倉北区 スペインバル オリーブ畑 イベリコ豚のレバーパテ、特選チーズ三種盛り合わせ、コカ(スペイン風ピザ)、明太子のクリームパスタ

大神商店のベアーです。

班長と共に食事を兼ねて小倉の街をふらふらと。
久しぶりに洋食などどう?との事で、オリーブ畑さんへ赴くことに。
魚町銀天街の一本モノレール側の通り。2階に上がる店

DSC_5131
牛のマークが目を引きます。

DSC_5132
おススメ料理もある様子。
サーロインとか興味もありますが、軽くの予定で。
早速階段を上がり2名である旨を伝えると、テーブルへ案内されました。
周囲も結構な込み具合。大勢のお人がガヤガヤと。

DSC_5134
メニューを拝見。さて何食べようかと言う事で、写真を撮り忘れてた赤ワインをいただきます。

DSC_5137
店の名前の通り、オリーブがお通しの様子。
一つつまみ塩味を堪能しつつ。

DSC_5138
イベリコ豚のレバーペーストです。
バケットではなくクラッカーなのかと思いながらとりあえず。
ネットリとしたレバーパテでクラッカーの香ばしさもまずまず。
レッドペッパーを噛むとまたいい風味。
ピクルスとレバーペーストを乗せて食べるといい具合との事。

DSC_5139
チーズ三種盛。大き目の皿に盛られて配膳ですが、テーブルがいっぱいいっぱい。
左からベリー系のソースがかかったクリームチーズ、中がゴーダのスモークにメイプルシロップかけ、右がピエダングロワのウォッシュチーズ。3種ともなかなか。とくにピエダングロワは高いだけあって濃厚。ベリーのクリームチーズは一口頂いたら、なぜか班長が全部食べつくしでましたので、かなり気に入ったのでしょう。

DSC_5141
チーズと赤ワインを飲みながら、スペイン風ピザのコカです。
生地はさっくりとしてますが、具の乗ってる部分はしっとりと。
具も多めで、ソーセージに、ベビーコーンとオリーブにピーマン等々。
結構ボリューミー。

DSC_5143
で、〆に明太のクリームパスタを。クリームの中にもしっかりと明太子が山のように。ソースに絡めてパスタをいただくと、プチプチとつぶれる食感が。まぁ少し塩味が強めだなぁと思いつつ。上の明太子をさらにあえてぺろりと。痛風コースですね。
堪能です、ごちそうさまでした。
ゆっくりと話をしながらいただくにはいい感じだなぁと思います。
流れる時間を堪能。
料理とアルコール5杯程度で6,500円でした。まぁそんなもんかな?
福岡県北九州市小倉北区魚町2-4-8 2F

TEL:093-522-0011
営業時間 18:00~01:00(不定休)
スペインバル オリーブ畑

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:34|PermalinkComments(0)

2016年06月22日

飯塚市 自然派ワイン食堂 ARTAGER(パルタジェ) 人参の冷製ポタージュ、本日のスペイン風オムレツ、レバームースブリュレ仕立て、海老とキノコのチュプチュプetc・・・

大神商店のベアーです。

ぼてじゅうさんの前で途方に暮れつつも雨脚も強めになってきつつあり、これはまずいと先ほど通り際に気になった店に行こうとなりまして。
向かった先が、ワイン食堂的な。ダイニングバー的なお店。

DSC_4822
PARTAGER(パルタジェ)さんです。
雰囲気も良さげな様子。隠れ家的な感じもなかなか。

DSC_4824
入口には定休日と共に店の看板が。影の看板もまたいい雰囲気。早速中に入ります。
2人である旨を伝えると入口付近のテーブル席に案内されました。
カウンターもあり、テーブルもあり。奥は一段上がった感じに。
ワインの冷蔵庫も大き目。

DSC_4813
本日のグラスワインのメニュー。生ビールはCOEDOの様子。早速いただきます。

DSC_4817
生ビール。しっかりとしたホップ香がなんとも。苦味が強めですのでさっぱりとした飲み口。料理に合いそう。

DSC_4818
まずは、本日のスープをお願いしたところ、ニンジンの冷製スープ。意外にニンジンっぽさはそこまで無く、生クリーム系のポタージュ。クルトンが冷製スープでかつとろみがあるおかげで沈んでもカリッとした食感。最初から意外に心鷲掴みです。

DSC_4819
本日のスペイン風オムレツ。スパニッシュオムレツにハニーマスタードソースが。
中もジャガイモ、玉ねぎなどの野菜もたっぷり。それにこのハニーマスタードの粒粒の食感がいい具合。
たまごも焼過ぎず、パサパサな食感も無し。しっとりとしていい具合。
ついつい食べ進んでしまいます。

DSC_4820
レバームースのブリュレ仕立てです。カラメルがパリッとした食感。
レバームースもしっとりと。肉の臭みも無くしんなりとしたムース。
バケットに塗りつつカリッとした食感に濃厚かつ微かに感じるミルク風味なムースを堪能ビールも良し、ワインでも良さそう。そんな事を考えつつ。

DSC_4821
海老とキノコのチュプチュプです。
普通のアヒージョと異なりオイルが少しオレンジというか、出汁が出ているというか。
海老もキノコもアツアツですが、オイルの風味がまたいい感じ。
ニンニクの風味がとても良くこれはいいなぁと。
替えチュプチュプなるものがあったので注文してみると、

DSC_4826
替えチュプチュプです。
先ほどのチュプチュプを全部食べ終わって新たに具材を入れて煮込んで持って来てもらえる様子。
一旦煮立たせた後に再度具材を入れて煮立たせたおかげで、先ほどよりオイルの風味が飛んだなぁと。
ニンニクの風味がさっきの方が断然だなぁとか思いつつ。200円の差なら断然もう一品ですね。

DSC_4825
5つのトマトのケッカソース。
フルーツトマトをふんだんに。しかも色とりどりのトマトをバケットに乗せていただきます。
えんじ色したフルーツトマトの酸味がブドウ種に近い感じで意外においしく感じました。

DSC_4827
サーモンのレアグリル。世界一の塩でという商品。
ハラミを一口。なかなかの脂感。塩もレッドペッパーが無ければ和な感じ。
ご飯が欲しくなる要素が満載。
皮目もパリッと仕上がってて、ナイフを入れてもしっかりと切れる感じがまたいい具合。
塩っ気も強めではないし。素材堪能です。

DSC_4828
グラスワインを一杯いただきました。
残りもわずかでしたのでサービスで並々と。
サッパリしてていい具合。アルコールの感じもなかなか。

DSC_4829
イカと枝豆のリゾットです。
米が生ゴメからつくられてるそうで。
出汁の風味もさることながら、米感がいい食感。
少しヌカの風味もアクセントな感じに。枝豆の歯ごたえとイカの火の通り具合もなかなか。
雨やどりの感じで飛び込んだ店でしたが。これはいい具合の堪能感。
ランチもやってる様子ですので、昼に用事を作って来てみたい気もします。
堪能いたしました。
料理にビールと白ワインにウーロン茶が2杯だったかな?しめて8,800円ほどだった気がします。
飲んで食べてでやすいなぁと。
意外にリーズナブルで驚きな隠れ家がまた一軒。

福岡県飯塚市本町8-17

TEL:0948-23-6032
営業時間 11:30~14:30 18:00~23:00(パエリア、リゾットは1時間前ラストオーダー)(火曜定休日)
自然派ワイン食堂 ARTAGER(パルタジェ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:04|PermalinkComments(0)

2016年06月11日

小倉北区 cucina di TORIYON(クッチーナ・ディ・トリヨン) マテ貝のロースト、関門たこのペペロンチーノ

大神商店のベアーです。

焼き肉屋を後にぷらっと歩きすぐ横のブロックでまたまた気になる店が。
前からあったのは知ってましたがなかなかタイミングも無くて素通り。
この日は酔いもありついついふらふらと。

BlogPaint
cucina di TORIYON(クッチーナ・ディ・トリヨン)さんです。
夜空の下のビアガーデンのような様相。
楽し気です。
早速向かってみます。

DSC_4688
看板にメニューと金額が。そこまで高めな設定ではなさそう。
早速一人である旨を伝え案内いただきました。

DSC_4679
アルミのテーブルにメニューが。座ってとりあえずのビールをお願いします。

DSC_4681
泡立ちいい具合のハートランドが。のどを鳴らしていただきます。

DSC_4683
お通しでズッキーニのマリネ。
ピクルス的な感じかな?と思っていただくと、意外にそんな酸味も無く。
焼いて水分を飛ばしたズッキーニにソース替わりのようにマリネ液をかけてる感じ。
これはいい具合。ビールとの相性も抜群だと思いながら。

DSC_4685
マテ貝のローストをいただきました。メニューには別名だった気がします。
ぷっくりと焼けた貝の身を噛むとジュワーっと旨みが染み出てきます。
レモンを絞りかけるとさらに酸味がしっかりとした旨みが引き立つ感じに。
貝の中にある出汁もついついいただきました。
これはいい具合。

DSC_4687
白ワインをグラスでいただきました。
辛めのオーダーです。
デキャンタでもよかったかもとか思いながら。冷えた白ワインをグビっと
アツアツのマテ貝を口に含みつつまた白ワインを喉に通しながら。

DSC_4686
気になる本日のパスタを注文です。
タコのペペロンチーノだった気がします。
パスタの量も選べる感じでしたので、中盛りでおねがいしました。
オイルベースでしっかりとしたパスタの味。
タコも硬いかな?と思いきや、意外にいい火加減の処理。噛んで固さより弾力と思える噛みごたえ。
身の切れ具合もおよくてこれはなかなか。
白ワインをいただきつつ、パスタを口に。
いいおいしさのパスタです。
雰囲気と共に堪能いたしました。ごちそうさまでした。
夜空を見上げつつ、お酒を飲む楽しさ。これはいい雰囲気。
周囲の雰囲気も明るい感じですし。梅雨入り前の初夏を堪能です。
ごちそうさまでした。
料理は1品600円~800円程度だった気が。
ドリンクは600円程度だったような。
飲み始めるとついつい支払いが適当になり過ぎだなぁと反省。
福岡県北九州市小倉北区魚町3-3-11

TEL:050-7521-7308
営業時間 11:30~15:00 18:00~24:00(火曜定休日)
cucina di TORIYON(クッチーナ・ディ・トリヨン)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:56|PermalinkComments(0)

2016年06月01日

小倉北区 SPAIN BAR O(スペイン バル オー) マッシュルームの陶板焼き、イカスミのパエリア

大神商店のベアーです。

以前に比べて夜な夜な徘徊する割合も減ってるような気がします。
深夜どころか朝方まで飲んで、社内で二日酔い。午前中は倉庫整理と言いつつほぼコンビニと倉庫を往復して、午後から酒が抜けたら外出なんてざら。
そんな生活だったのに、今では飲むより、ドライブで0時を越えて家に帰って寝る感じ。
昔を知ってる人が聞いたら規則正しい生活になったねぇと言われそう。(言われないか)
さて、久しぶりに友人の店へ2杯いただきに行ってそれから本格的にと思いつつ。米町あたりをふらふらと。
始まりが8時くらいでしたので、9時半程度。店も1順、2順が終わりそろそろ空いてくる時間かなぁと思いながらも。
記事にしてない店がいいなぁとか少しの下心を持ちつつ。
いくつか候補の店が上がりましたが、友人の店での2杯にプレート料理が胃に少しあるので、今一歩踏み出せず。
今度来てみようと思いながらふらふら。

食堂ぱんち松五郎さんの横を通りつつ、最近来てないからゴマサバ食べたいなぁとか思いますも、せっかくなら空腹でガッツリがいいなぁとか思いふと軽めで食事込みならということで、

BlogPaint
SPAIN BAR O(スペイン バル オー)さんへ。
前職営業の時に設計士の方に教えていただいたお店。
ちょくちょく寄らせていただいてましたが、最近は少し寄ってなかったなぁと。
早速中に入ります。
奥にボックスの隠し部屋があるバー基本はすべてカウンターと手前のテーブル席のみ。
入口近くのカウンターに座っていつもの注文を。

BlogPaint
ここにくると必ず頼むヱビススタウトクリーミートップ。
写真の通りきめ細やかな泡。ローストされた苦味。コクとキレのいい具合。
これに、

DSC_4583
お通しのパルメジャーノが合う。
ほろりとした食感のチーズを少しかじり、ビールをあおる。
塩っ気に苦味のビールでのどを鳴らし、潤すスタイル。
飲んだ後でも十分に堪能です。

DSC_4588
メニューです。
いろんなタパスを提供いただいておりますが、ここではだいたい。

DSC_4590
マッシュルームの陶板焼き。アヒージョです。
オイルも若干少ない程度。
最初に少しバケットをちぎり、マッシュルームの隙間からオイルをしみこませいただきます。
アツアツのオイルがバケットにしみこんでまたいい感じ。
このマッシュルームは正直罠を忍ばせてます。やばいくらいに。
来たと同時にいただくと、耐性の無い口の中の皮がペロリと。アツアツです。グツグツと煮えたぎるオイルと同等の熱さを含む熱量。少しだけ冷める程度で口にしないと泣いてしまいそうになる熱さ。
というわけでバケット2切れを食べつつ、ある程度熱が引いたくらいからマッシュルームをいただきます。
それでも十分熱い。
ニンニクのみじん切り、生ハムのみじん切り、パセリがマッシュルームの傘に仕込まれて、口に含むといろんな食感、味わいが。
生ハムのみじん切りのコリッとした食感からパセリの風味。ニンニクの香り、オイルを吸ったキノコの旨味。一気に堪能です。

DSC_4591
目の前にあった自然派ワインのPOP。ついついひかれてしまいましたので。

DSC_4592
注文です。
またマッシュルームにいい感じ。
飲みつつアツアツををいただきつつ。
バケットもしっかりオイルを吸わせて。
底の方までしっかりとオイルを拭いつつ。
表面に比べると、底のオイルの塩っ気が程よく酒のあてに。

DSC_4594
ワインを飲みつつ、アヒージョをいただきつつ、最初の注文からオーダーしておりましたイカスミのパエリア。
ココのこのパエリアは好物で、ついつい注文してしまいます。
柔らかく火が入ったイカにエビ。赤いパプリカもいい色合い。ブロッコリーも火が通って柔らかめでなかなか。
いただきます。
器のそこにこびりついた米をそぎ落としつつ口に含むと。お米がせんべい状態に。カリッとよりさらに歯ごたえが良くパリより充実した食感。イカスミの旨味を纏ったごはんに少しのトマトペースト?旨みの相乗がなによりと。
イカ、も縁ぺら部分で歯ごたえがいい感じ。
レモンをひと回し絞ってまたさわやかに。
白ワインをもう一杯いただきつつ、飲みながら食べながら。
炭水化物を取りつつもそれはお酒のあてと言う事で。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
久しぶりにいただきましたが昔通りナイスなお味。
料理にお酒3杯で4,500円程度。まずまず。
福岡県北九州市小倉北区米町1-1-15

TEL:093-511-0350
営業時間 17:00~翌05:00(盆・正月以外は無休?)
SPAIN BAR O(スペイン バル オー)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:09|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気