福岡市博多区

2017年03月04日

福岡市博多区 かしわ屋源次郎 博多シティ おひとり様水炊き(ランチ限定)

大神商店のベアーです。

午後から福岡で所用が2件ほど重なり、その後に北九州へ戻って会議の議事などなどと。
朝からTELが鳴りやまず、いろいろと手配をしながら福岡市内へ。
車を使うと戻っての北九州の会議に間に合いそうにないので、行きは快速、帰りは新幹線で。
博多←→小倉を新幹線で20分弱。しかも九州新幹線の運行で10分単位ほどで次から次へと電車の往来。
便利になったものです。
1軒目の用事を済ませて吉塚駅から博多駅までぶらりと歩き、さぁ何を食べようかと。
そこまで時間もありませんので、博多駅の上か横のKITTE博多かな?などと。
帰り準備と言う事で新幹線の切符を購入し、とりあえず上がってみようと言う事で博多駅9階フロアへ。
久しぶりに利久さんで牛タンとかもいいなぁとか思いつつふらりと移動。

DSC_1092
目の前に看板で親子丼のとろりとした写真が目に飛び込んでき、
親子丼もありだな!と言う事で。

DSC_1091
かしわ屋源次郎さんへお邪魔です。
食事時を少し外れた14時過ぎほど。さすがにまばらな人の数ですが、それでもまだまだ食事中。
早速フロアに入り1名である旨を伝えるとカウンターへ案内されました。
店内はそこそこの広さ。
カウンターもあり、テーブル席もそこそこに。
食事を取って一休みにはいい具合。

DSC_1093
メニューを拝見しながらさぁどうするか。気持ちは親子丼でしたが、こんなメニューもある様子。
水炊きかぁと。ご飯に小鉢に鍋をつついて。
鍋ならビールとかいいんだけどなぁとか心でつぶやきつつ。

DSC_1095
そんな感じで悩んでましたら、おひやにスープが配膳されました。
店からの小粋なおもてなし。
スープをいただくと、ほんのりと優しい出汁感。濃すぎず、いい風味。すこし生姜のピリッとした風味を感じながら。卓上にありました塩をほんのひとつまみ程度投入し少し混ぜてスープをいただくと少しスッキリとした感じに。
これは中々。
飲み干すと器の底にあらびき黒胡椒の粒が。
これは出す直前の方が胡椒の風味が生きるんだろうなぁと考えつつ。
スープを飲み干して、迷ってた気持ちも一気に水炊きに偏りましたので、オーダーをお願いすることに。
本日の用事の2件目の事を少し考えつつ、さぁどうするかと。
少しシミュレーションをしながら待ってますと配膳されました。

DSC_1096
おひとり様水炊き。

DSC_1097
土鍋の蓋を取ると香るゴボウの匂い。
スープをすくって一口二口と。
先ほどのスープとまた変わってゴボウの出汁、他の根菜類、葉物野菜の出汁などなどと。
塩を少し投入しつつさらにぐいっといただきます。
野菜もしっかりと出汁で煮られていい旨み。
えのきに、ニンジン、しいたけ、ネギに白菜などと。
ささがぎのゴボウもシャキッとした食感でこれは中々。
鶏肉は柔らかく煮られて旨みもしっかりと。
皮目がすこしぶにゅっとした仕上がりですので、苦手な方はいるだろうなぁとか考えながら。
柔らかく煮られた身も皮もいい素材感。
がんもどきも出汁が染みて噛むと出汁が滴る具合に。
どちらかと言えば、ご飯に手を付けるより鍋だけでガッツリそんな感じで。
小鉢の皮酢に手を伸ばしてみます。
鬼おろしの下に厚手の鶏皮が。
混ぜてつまんで口に放り込むと。かなりの食感。固めというかしっかりと固い地鶏系の皮酢。
これは中々いい具合。
噛んでも弾力で押し返されるほどの固さ。鬼おろしの大根感もいい具合。
こちらをメインにご飯を頂く感じで。
最後の一滴までがっつりといただきました。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。中々いいランチに。次のために英気を養いつつ。
おひとり様水炊きで税込み1,400円でした。ご飯よりビールが飲める時にいただきたい気分で。
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F

TEL:092-477-9408
営業時間 11:00~23:00(不定休)
かしわ屋源次郎 博多シティ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 18:12|PermalinkComments(0)

2017年03月01日

福岡市博多区 MASAJIN (マサジン) ジンギスカン(MASAJIN人気3種盛、希少部位3種盛)

大神商店のベアーです。

博多に所用で訪問と言う事で、夜の8時から用事を済ませてさぁどうしようかと。
以前バイトをしてた店のオーナーが中州のビルで営業してるので、顔出し程度に訪問し談笑。
飲み屋なのに飲まずに30分ほど顔みせ程度でパパッと切り上げて待望の博多飯。
さぁなにをたべようかなぁと。
人形小路の雰囲気の良さそうな店でゴマサバをいただきつつ日本酒とか好みだとか、いろいろな妄想が膨らみます。
まぁ初見の店ばかり、目移りしながらテクテクと。
川沿いでふと気になる看板が。ラム肉のお店の様子。
中で数名のお客さんが食事を取られてるのを見て、ジンギスカンも久しぶりにいいなと。
気分はラム肉で。

DSC_1076
MASAJIN さんです。どうやら北海道に本店がある様子。チェーン展開というか、権利を買って博多で営業そんな感じ。
古民家風というか、落ち着いた色合いで。

DSC_1075
壁に貼られてるラム肩ロースの大きな文字が。この写真で心鷲掴み。
早速店内へと言う事で。
扉を開けて訪問です。
店内はテーブル席が5席ほど。二階に上がる階段が奥にあり、上も客間の様子。
1人である旨を伝えると奥のテーブル席に案内されました。

DSC_1077
メニューを見ながらさぁどうしようかと。
一品でいただくもいいし、3種盛でもいいしと思いながら。

DSC_1078
とりあえずビールをいただきました。さすがは北海道食。サッポロなんだなぁと。
グビッとのみ、そろそろオーダーを決めないとと言う事でまずはおススメの三種盛をお願いしました。

DSC_1079
食事の準備と言う事で、タレ等が。左からガーリックバター、塩、レモン汁+あらびき黒コショウ、醤油タレこれは中々期待が膨らみます。

DSC_1080
ジンギスカン鍋に野菜が敷かれて牛脂がてっぺんにドンっと。脂が地味に溶けて淵に溜まっていくスタイル。
少し鍋に脂を引きながら熱が籠るのを待ちます。

DSC_1081
そうこうしてましたらMASAJIN人気3種盛が配膳されました。
左からラムランプ、ラムタン、ラム肩ロースの順番で。
ちょっと期待が膨らむ感じで。
タンからじっくり焼きながら。
タンも牛は豚と比べてやはりラムそんな肉の風味。全体的にラム肉感がすごいなぁと。
アッサリさっぱりで固さは無いですが、そこそこの風味具合。
そのままいただくと肉本来の香り、旨みがしっかりと。
焼けたタンの上にガーリックバターを乗せて溶けてバターの油分がとろけるほどになったら、くるんで一口。
すぐにビールをグビッと。
ガーリックバターのニンニク風味がしっかり残り、バターの優しめなコクを堪能しつつ。

DSC_1084
肩ロースとランプ肉も表面に焼き色が付く程度でそのまま塩のみで旨みを堪能したり、タレを付けてがっつりとジンギスカンを味わったりと。
個人的にはランプの赤身の肉肉しい旨みのほうが好みだなぁとか。

DSC_1085
こうなってくると希少部位のほうも気になるので注文です。
左からハツ、タン、レバーと言う事で。
タンがかぶってますが、ガーリックバターとレモン汁でアッサリいただきながら。
あとは普段いただく牛ですら癖のある部位。なおかつラム肉となるとなおさらだろうなぁと興味本位も半分あり。
レバーをじっくり焼いてみます。中まで火が通る感じに。
レバーだなぁと言う感想。それもラムのレバーと一発でわかる風味と。焼過ぎるとネットリとした食感がより鮮明に。かつ、香りも強いなぁと。
表面を炙る感じで焼いて口に頬張ります。
ハツはしっかりと鉄分な感じが。
食べて知る牛の偉大さ。メジャーな畜産はそれだけ研究開発努力を惜しまず洗練されてきてるんだなぁと。
おいしいですが、癖があるのと、次の日の昼ほどまで胃の中のラム感が消えない感触。ブラックコーヒーを飲んでもそんな気配がまったく無い剛のモノでした。
結局ビール3倍に三種盛を2品のオーダー。これはこれで満足。
個人的に赤身肉の旨味を堪能できるラムランプがお気に入り、寄れたら次はラムチョップにソーセージ系だなぁと思いつつ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。久しぶりにヘルシーなたんぱく質をしっかりと。
料理にお酒で4,500円程度。まぁそんなもんかな?と思います。
福岡県福岡市博多区中洲4-1-12

TEL:092-291-4718
営業時間 17:30~04:00(日祝日定休日)
MASAJIN (マサジン)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:00|PermalinkComments(0)

2017年02月18日

福岡市博多区 博多無邪気 ラーメン(大)辛味噌そぼろ飯

大神商店のベアーです。

いろいろと用事をこなしつつ、午後から福岡へ。それもまた用事のためにと言う感じ。
手早く所用を済ませてしまい、時間も夕方7時前。さぁどうしようかと。
車なのでさすがに飲む店には入れませんが、食事くらいとろうかな?と。
ランチはパンのみでしたので。
駅近くに車を止めてゆっくりと散策。本当に駅前に来るのは久しぶり。
このあたりが、陥没したあたりかなぁとか思いながらウロウロと。セブンイレブンで缶コーヒーを買いながら。
天下一品とかも入ったこと無いなぁとか思いながら角を曲がり、ふと目に止まる無邪気の文字。
そういえば、隣のラーメン屋のた組さんは入った記憶はあったけどこちらはまだだったなぁと言う事で。早速訪問してみることに。

DSC_0951
博多無邪気さんです。薄暗くなりつつある路地に赤々と灯る提灯の灯。

DSC_0950
ラーメンの写真がガラスに貼られてます。どうやら醤油豚骨と言う事で。ご飯食べ放題も少し興味が惹かれる感じで。
扉を開いて店内へ。ずらっと並んだカウンター席。
数人の方が食事中の様子で。

DSC_0949
まずは入口にある券売機で食券をと言う事で。
どうしようか悩みつつ、ラーメン(大)に後ろ髪を引かれつつ辛味噌そぼろご飯をお願いすることに。
食券を購入して、ウォーターサーバーの位置を確認。すぐ近所のカウンター席に座りつつ食券を渡します。
固さはと言う事でしたので、普通でお願いしました。
水分を少し含み、待ってますと店内に一人、また一人と来店の姿が。皆さんご飯を注文の様子。
太麺ですら固め注文に博多の心意気を感じつつ。そんな感じで待ってますと配膳です。

DSC_0946
ラーメン(大)に辛味噌そぼろ飯。

DSC_0947
ラーメンのアップに

DSC_0945
ご飯と言う事で。
早速いただきます。
レンゲでスープをすくいつつ一口二口と。
表面の油が結構濃いめな感じで。
醤油豚骨と言うより、濃いめの元ダレ感な感覚に。
出汁はしっかり、濃い具合。
麺は太ちぢれ麺で結構スープに絡みます。
太目の麺で食べごたえがしっかりと。モッチリほどではない茹で具合。シコシコとした食感の中間ほどで。
ズズズと胃に落としながら。
海苔を分けてスープに沈めてご飯を頂く準備を。
チャーシューは集めでしっかりとした肉風味。かじるといい肉汁感。
少しスープに沈めて余熱で温めつつかじります。
多めのネギがさっぱりとして油っぽくない感じに。
シャキシャキとした食感を堪能しながら。
途中ですりごまを入れると風味がまた変わる感じ。
さらに大き目の入れ物に入れられたニンニクをひとすくい投入するとこれまた風味がしっかり変わり、コクと旨みにニンニク風味がガツンと。
麺を食べ終わってさぁと言う事で沈めておいた海苔をご飯に巻いて一口、しっかりと出汁が染みた海苔にご飯がいい味に。
辛味噌そぼろは冷たいですが、ご飯と一緒に口に頬張り、スープを飲む感じで。
ラーメンライスの醍醐味を堪能。
スープを最後まで飲み干すと、骨の髄がしっかりと。
旨みがよく出たスープだなぁと言う事で。
DSC_0948
このスープならライス食べ放題でもよかったなぁとか思いながら器を上げて店を後に。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。家系ラーメンをもう少し回ってこないとなぁと考えながら。
ラーメン(大)に辛味噌そぼろ飯で960円。しっかりと腹も満たされました。
福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-10

TEL:092-409-3448
営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00(無休)
博多無邪気

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:22|PermalinkComments(0)

2016年11月05日

福岡市博多区 トン骨野郎 てつ屋 ラーメン、餃子

大神商店のベアーです。

作業が一段落着いたので、食事に出よう。そんな感じで上着を着つつ、車で出かけます。
何を食べようか考えながら運転をしてたらいつの間にか新宮過ぎまで来てるので、このまま博多入りです。
久しぶりに博多っぽいラーメンがいいなぁと言う事で。春吉、天神、警固、長浜、大名、薬院そんなあたりをふらっと移動しつつ行き着いた先は中州。早速近くのコインパーキングに車を止めて訪問です。

DSC_6210
トン骨野郎 てつ屋さん。ラーメンの赤ちょうちんが煌々と。
店内を見ると満席の様子でしたが、ちょうど帰り支度をしてる最中でしたので少し待つことに。
店内の団体さんがはけて入れ替わりで訪問です。
片付くまで奥のテーブルで待たせていただきつつ、

DSC_6211
メニューを確認。
ホルモン系が人気なんだろうなぁと思いつつも、ホルモンいただいたらビールが欲しくなるだろうと言う事で、ラーメンと餃子を注文です。
横に飾られてある山笠の説明が書かれたポスターと、壁一面に貼られてる名刺が印象深い感じ。
そうこうしてましたら、カウンターも片付き配膳されましたのでそちらへ移動です。

DSC_6213
ラーメンに

DSC_6215
餃子。
早速いただきます。
スープをれんげで一口。
アッサリ系の豚骨。粘度を感じないほど。脂もくどくないくらいで、臭みも無く。スッキリとしたスープ。
長浜系のいい感じ。
麺は細ストレートで、特段方さのオーダーを入れてませんでしたが、弱固めな感じのシコシコした食感。
すすると、麺とスープが適度にまとわりいい感じ。
するりと入りのど越しもなかなか。
麺を一心不乱にいただきつつ。
途中でゴマを投入してさらにズルズルと。
具のチャーシューはいい出来上がりで、周囲の味の染みた部位に、肉の旨味を感じる中央。
弱薄めな切り口ですが、しっかりと脂感は残ってて柔らかい食感。
葱もスープが染み、熱が少し入った程度をいただきつつ。
麺だけすすりながら、替玉をどうしようか悩みつつ。
先に餃子をいただきます。
博多一口餃子。小ぶりな餃子が皿に10こほど並んでます。アツアツのうちに皮をはがして個々分断。
餃子のタレに浸して一口でかじりつきます。
サクっとした食感。歯ごたえ。中の餡は濃いめの味付け。焼き面と蒸し面がしっかりしてて、焼いた側はサクッと。蒸し面はモッチリとした食感。
焼きというより、揚げに近い皮の食感かもしれません。
テンポよくサクもちの食感を堪能しながら濃いめの餡の味付けを堪能しつつ。
10個いただいた時にはおなかの入る容量もいい具合。満腹まではいかないにしても、食べると少し戦いに変わってしまうかもとかの予感があったので、本日は替玉なしで。
スープをいただきつつ完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
スッキリとした豚骨スープがいい感じ。
ラーメンと餃子で950円だったと。財布にも優しい具合で。
福岡県福岡市博多区冷泉町8-21

TEL:092-282-7233
営業時間 18:00~翌4:00(日曜定休日)
トン骨野郎 てつ屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:14|PermalinkComments(0)

2016年08月09日

福岡市博多区 支那そば 月や 本店 えびワンタンそば、シュウマイセット、名物ゆでもつ

大神商店のベアーです。

班長が久しぶりにラーメンが食べたいとのTEL。
まぁ特段ノープラン。まぁ行くかと言う事で博多へGO。
何かプランを考えてるか確認すると、昼間に家系ラーメンのサイトを見てたら食べたくなった様子。
まぁよくあること。道中馬鹿話と最近のマイブームを話しつつ向かいます。
本日は家系とか言いながらも、行き着いた先は支那そば系。このブレる感じもいつも通りでなかなか。

DSC_5320
支那そば 月や 本店さんへお邪魔しました。支那そばと言ってたので、中華なイメージを想像してたんですが、意外にオシャレな具合。
中でサンドイッチでも売ってそうな外観ですが、

DSC_5321
この看板を見ると支那そばやさんですね。早速中に入ります。
店内は白いタイルの壁にテーブル席等もおしゃれ具合。POPな絵など貼ってます。
中央あたりにあるテーブルに座ってさてなにを食べようか。

DSC_5323
メニューを見つつ悩みます。
班長のオーダーを確認しつつ、被らないように注文を。

店内を見渡しつつ、最近の中華系はこんな感じが主流なのかと思いつつ。
近くにある釘本食堂さんも内装がキレイな感じでしたしね。
班長と話しつつ数分待ってますと配膳されました。

DSC_5326
えびワンタンそばにシューマイセット

DSC_5327
そばアップに

DSC_5324
シューマイに小ライス。

DSC_5325
班長が頼んでたセットのソースかつ丼に

DSC_5328
ゆでもつです。
さて、早速いただきます。
スープを一口。多めのネギを少しよけつつスープをれんげでいただきます。
いい旨み。甘味がありあっさり系。それより少し驚きは、醤油の風味が旨い。
たまり醤油か焦がし醤油で濃く仕上げたのかそんなイメージを思ってたら生醤油だそうで。納得。醤油の風味がなかなかすごい。そんなスープを堪能しつつ麺をいただきます。
麺は平麺のちぢれ系。あっさりとしたスープが絡みいい味に。
麺はモッチリと茹でられて少し柔めなイメージ。
ズルズルとすすりつついただきます。
さて、えびワンタンと思いつつ一つつまむと結構熱め。冷まさずそのまま、ツルっとした質感のワンタンの皮がなんとも。柔らかく、ツルツル。のどを通る時でさえスルリと落ちていくような雲吞。さすがは雲を呑むと書く食べ物。
えびミンチの具もプリプリとしてまた旨みがしっかりと。食感も楽しくいい感じ。
メンマも柔らかく甘めな具合。
途中、胡椒を多少投入しつつ、ラー油をひと回し。
ごま油の風味がまた追加されていい辛味とスッキリした辛さをいただきます。
ネギの多めがシャキシャキした食感で最後の一滴までいただけるような。そんなラーメン。

シューマイも大き目で一口かじるとプリッとした食感からミンチの肉っぽさを堪能。かなり柔らかな仕上がりですが、片栗系でまとめられてるのかしっかり形成されててこれもいい感じ。
ソースかつ丼を少しいただきました。
薄目のロースカツにきめ細かなパン粉をしっかりまぶしてカリッとするまで揚げてるかつ丼。そのかつをさっとスパイシーで甘めなウィスターソースにくぐらせて、ごはんの上にON。これはおいしくないわけがない。
カリッとした食感のかつにご飯が進みます。甘辛くスパイシーなソースもいい具合。鉄板メニューですね。

メニューに名物と書かれてた、ゆでもつです。
一口いただくと、柔らかいモツの歯ごたえ。中の脂身もとろける食感。
味付けはポン酢だそうで。これはビールが欲しくなるなぁと
付け合わせの柚子胡椒を混ぜつつパクパクといただきました。
中々ちょい飲みメニューもそろってていいなぁと思いながら店を後に。
堪能です。ごちそうさまでした。
えびワンタンそば+シューマイセットで1,000円、名物ゆでもつが400円。ソースかつ丼セットも+300円で付けられる様子。またこよう。
福岡県福岡市博多区店屋町2-21 店屋町ビル 1F

TEL:092-261-5001
営業時間 11:00~23:00(日・祝日定休日)
支那そば 月や 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:42|PermalinkComments(0)

2016年06月26日

福岡市博多区 鯛茶や 中洲明治通り店 サバ茶漬け、カンパチ茶漬け

大神商店のベアーです。

土曜の午後から業務をこなして、時間を確認すると10時過ぎ。昼飯も夜飯も取ってないのでさてなにか食べに行こうと思いながら黒崎付近を走行し、班長と合流。
佐賀に行こうかと話をするも、さすがに今からだと食事処も開いてなさそうだしなぁと。
とりあえず博多に出てから考えるかと言う事で迂回をしつつ博多まで。

最近のドライブで気になる店を数点班長と共に場所確認を。
西新から平尾を抜けて薬院までのルートで数店。酒を飲めそうな場所からハンバーグの店までと多種多様。
さすがに営業時間外ですので通るだけ。
薬院から天神に入り、中州へ。
そういえば、ここの気になる鯛茶の店があったなぁと通り際に見てみると営業中の様子。
ならばと言う事で向かう事に。

DSC_4869
名のとおり鯛茶やさんです。
以前から前を通ったり、バイトで中州に来てた頃から興味があった店。
早速扉を開けて中に。
中は6席ほどのカウンターのみ。
入口左には券売機が。

DSC_4871
種類はそこまで多いわけでは無い感じ。
どうしようか悩みつつ、ついついサバ茶漬けをオーダー。
班長はカンパチ茶漬け。メインの鯛茶は食せず。
食券を渡して少し待ってると盆にのせられて配膳です。

DSC_4872
サバ茶漬けのセット。

DSC_4873
漬けオンリー

DSC_4875
カンパチ茶漬けのセット

早速いただきます。
まずは漬けのみ、タレが濃いめですが辛くなくいい塩梅。
ゴマもプチプチとした食感がいい感じ。
わさびを混ぜてさらにツンっとくる風味と白米を堪能。
なかなかご飯と相性が良く、サバ身の一切れいただき、ごはんをかき込む。
これに味噌汁いいなぁとかおもいますが、茶漬けのセット。そこは我慢。
小鉢で揚げ出汁豆腐が。絹ごしの豆腐が熱せられて出汁に浸かってるだけでもおいしい限り。
あら炊きとかもメニューにありましたので、それに焼酎とかもいいなぁとか思いつつ。
そんな事を考えつつ、ご飯を5口ほどで平らげてごはんをお代わりです。

DSC_4877
サバ茶漬けですのでお代わりでいただいたごはんを一口ほど食べて量調整したのちに
切り身をのっけてだし汁をかけていただきます。
出汁はしっかりとしたかつおだし。いい出汁具合。
つけ汁も全部まとめて投入してますが、濃い醤油風味。のわりには辛さは無く。煮切ったみりんか日本酒か。
箸で胃に流し込み。
切り身も出汁で熱せられてほのかに火も通りホロリと崩れるくらいの食感。
これはなかなか。
最後の一粒まで流し込んで完食です。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
鮮魚の茶漬け屋さん。いいなぁ。〆でこれはいいなぁと思いながらの帰路へ。
サバ茶で1,280円+ごはんのお代わりが100円、カンパチ茶漬けで980円でした。鯛茶も見た所980円です。
〆としては若干高めかなぁとかも感じますが。場所代込みで考えるとそんなもんかなぁとか。
福岡県福岡市博多区中洲5-2-3 松居壱番館1F

TEL:092-283-8800
営業時間 [月・火]18:00 ~ 翌5:00 [水~土]11:00 ~ 14:00 /18:00 ~ 翌5:00 (不定休)
鯛茶や 中洲明治通り店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:15|PermalinkComments(2)

2016年05月24日

福岡市博多区 東洋軒 春町店 ラーメンセット、替玉

大神商店のベアーです。

鹿児島への南下中にふとランチ。博多近辺まで来てたので、何か無いかなぁと思いつつ移動です。
通り沿いにあればそこでと思いつつ。
ふと通り際に東洋軒の文字を発見。
そういえば、ずいぶん古い話ですが、クッキングパパで載ってたとか(店舗は違いますが)そんな話を福岡の友人に聞いたような。
あれから15年ほど。ちょっと行ってみようと言う事で伺う事に。

DSC_4506
東洋軒 春町店さんです。
駐車場は結構広め、1時過ぎあたりですけど、数名の方が食事中。
早速車を止めて中に。
中に入ると、カウンターと座敷が。
鏡があったり、テレビが流れてたりと。
カウンターについてメニューを拝見です。

DSC_4502
専門店と言う事で、そんなにメニューは多く無し。
セットがある様子ですので、注文です。

DSC_4503
テレビの音に耳を傾けててたら配膳されました。
セットのラーメンに小炒飯。

DSC_4504
ラーメンも油膜がしっかり。
早速いただきます。
まずはスープ。茶色です。白濁色ではなく、かなりの茶系。醤油の元ダレがしっかりと入ってるんだろうなぁと思いつついただきます。
意外に塩辛くなく。
油っぽさはありますけどね。
麺をずるりと。
細ストレート。
モッチリというか柔らかめな茹で具合。
麺が少し絡みまとわりつく感じ。
さらにズルズルと食べ進み。
チャーシューは4枚脂身がしっかりとしてますが、油っぽさよりコラーゲン的な風味。そこまで醤油のつけ汁が染みて辛味がってほどではなく。
中々。
小炒飯の茶碗をさて。
まだらに炒められたごはん。白い部分に茶色の部分が。
チャーシューの煮汁かな?と思いつつ。
濃厚な味わいですけど、炒飯というかごはん炒めな感じ。

DSC_4505
替玉も結構元ダレが大量に。
スープに投入するとさらに濃さがアップ。
ズルズルとすすりつつ完食です。
ごちそうさまでした。
醤油豚骨だなぁと思いつつ。
帰りに持ち帰りのチャーシューを買って帰る方々が数名。有名なんでしょうね。
福岡県福岡市博多区春町3丁目5-9

TEL:092-581-7650
営業時間 11:00~21:00 [水曜のみ]11:00~15:00(無休)
東洋軒 春町店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:42|PermalinkComments(2)

2016年05月16日

福岡県博多区 釘本食堂 豚足Bセット、唐揚げ

大神商店のベアーです。

さて、博多へ豚足を食べにというわけで。
寄り道と言えど、ラーメンを食べての出発。
少しゆっくりとドライブしつつ博多へ入ります。
脇山を抜けて、犬鳴ルートで博多入り。時間としては15時過ぎくらい。少し小腹が空いてきたくらいですので、まぁちょうどいい時間かなぁと思いつつ。
細かな道筋は少し不明でしたので、そのままぐるぐるとまわりつつ、近所のパーキングに止めて店へ。

DSC_4405
意外にオシャレな感じの風貌。
中もテーブルとカウンターもシックな感じ。
入口の豚足を裁く場所もステンレスの台座できれいに清掃されてる様子。
中々。

DSC_4407
テーブルに着いてさて何を注文しようかと思いつつ。
豚足Bセットをお願いしました。
あとは唐揚げ。

DSC_4410
豚足です。ビールが必須ですので注文です。
最近飲ませない方向(飯処のチョイスとか)が少し見え隠れする班長。
そろそろ気付いたのか?、搾取されてることに?とか思いつつも注文。
キンキンに冷えたビールです。チョイにがのモルツの風味がまたいい具合。

DSC_4411
そうこうしてましたら配膳です。

DSC_4412
よく煮られた豚足に

DSC_4413
しっかりとしたサイドメニュー。

DSC_4414
プラスの唐揚げ。
さっそくいただきます。
唐揚げはパリッと揚がってて中はジューシー。
脂もしっかりともも肉特有の肉繊維の凝縮。
その束に歯を立てつつ切りえぐり、貪る様相。おいしい唐揚げ。
衣のカリカリ感がまたいい食感。
大きさもとなりのレモンを比較するとそこそこの大きさ。
揚げたてがおいしい料理だと痛感です。
さて、唐揚げを堪能しつつ豚足を。
しっかりと切り分けていただいておりますので、一口サイズ。
口に含むとゼラチン質のコラーゲンがツルンツルン。
噛まずとも舌と上あごで押しつぶせるくらいの柔らかさ。
中華の薬味の香りが出汁からほのかに。また食欲を沸かせる香り。
味は見た目の濃さに比べて辛くなく、肉の味もしっかり。弱甘めかな?と思いつつ。
辛子を付けていただくとまたピリッと引き締まってこれまたいい感じ。
皮もツルツル、身もしっとりとしてコラーゲンの塊。そんな様相。
付け合わせの煮野菜にかかったタレも甘辛くていいアクセント。
タレを絡めてしっかりといただきます。
キャベツと青梗菜がシャキシャキに茹でられて歯ごたえも上々。
厚揚げも出汁が染みててなかなか。
たまごもしっかりと味がしみて、中の黄身はハードボイルド。タレに絡めていただきます。
ご飯と味噌汁で締めつつ。味噌汁も具だくさん。玉ねぎに大根と豆腐等々。食べる味噌汁感でしっかりいただきました。
ごちそうさまでした。堪能です。
近くに合ったらいいなぁと思う店。
しかも立ち飲みとかでパッと飛び込んで、ササっと出ていくそんな店に合ったらよりいいなぁとか思いながら。
ビールに定食と唐揚げで1,600円程度ナイスな定食。
福岡県福岡市博多区店屋町6-29

TEL:092-291-2022
営業時間 11:00~22:00(日・祝日定休日)
釘本食堂

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:46|PermalinkComments(0)

2016年04月28日

福岡市博多区 博多一双 博多駅東本店 特製ラーメン、餃子5個、替玉

大神商店のベアーです。

仕事が終わり、ぷらっと博多に来てみました。食事です。ラーメンです。
直方、飯塚を経由して、八木山を抜けて博多入り。
春日市の友人が駅近くでえらく並んでる店があったんで行ってみてと言われてましたのを少し思い出し訪問です。
以前向かった時はスープ終了かなにかで片付け最中だったので、リベンジと思いつつ。

DSC_4218
博多駅筑紫口側です。飲み屋が立ち並んでる角にあります博多一双 博多駅東本店さん。
いろいろ検索をかけてみると、結構な有名店の様子。海外の方もかなり並んで訪問される様子。
本日は大丈夫そう。
券売機前に立ってる人影も見えますがとりあえず向かってみます。
扉を開けて中に入ると、テーブルが数席とL字のカウンターの店舗。
店内は繁盛してますが、入れそうですので、早速券売機で食券購入です。
なんにしようかな?と思いつつ。シンプルスタンダードなラーメンか、また特製なのかと考えた結果、特製ラーメンを注文することに。
あと餃子に替玉の食券を購入して、店員さんを見ると、こちらへと案内されました。

DSC_4219
カウンターに座って配膳を待ちます。
木目のカウンターも脂が染みてるような色合いに。
べたつきはないですけどね。
L字の短篇なので、厨房内が丸見えです。
寸胴をかき混ぜつつ、スープをどんぶりに移す姿や麺の茹でる姿等々が目の前に。

DSC_4220
そうこうしてましたら配膳です。
特製ラーメン。海苔にチャーシューと味玉、きくらげにワンタンとネギ。
豚骨臭も強くなくマイルドな感じ。
早速スープをいただきます。
とろみは無いですが、しっかりとコクのあるスープ。
豚骨系のガツンとした感じではないですけど、クリーミーな風味。全体的に飲みやすいスープ。
辛味も抑えられてて出汁はしっかりと。いい具合。
麺は普通で注文しました。
細ストレートでスープになじむ感じ。ただ、このスープだと少し固めでツルツルと入れたほうがいいなぁとか思いながら
海苔も出汁が染みてまたいい具合。
これはごはんが欲しくなる感じ。替玉食券購入してなければ、ごはんを追加注文でした。
チャーシューはオイリーでいいしっとり感。パサつきのないバラチャーシュー。
きくらげのコリコリとした食感もアクセントで麺に絡む感じがなかなか。
ワンタンはもう少し皮多めでつるりとした食感のほうが個人的には好みかもしれません。
味玉は柔らかく仕上がってて、漬けだしもしっかりと浸みてる様子。黄身がおいしい。

DSC_4221
餃子5個です。
皮の焼面はパリッと、蒸し面はモッチリ。
具は少な目でどちらかと言えば、皮を楽しむスタイルかなぁと
酢醤油を付けてパクパクと。

DSC_4222
餃子をいただきつつ替玉を注文です。麺は固めで。
湯切りを4回でステンのボウルに移して配膳。湯切りのテンポが一緒でなかなか楽しい。
早速麺を投入して、いただきます。
やはり少し固めのほうがツルツルと入っていい感じかなと思い浮かべながら。スープを飲み干すと丼底に髄がみあたり、しっかりと旨みが取れたスープだなぁと思いつつ店を後に。

ごちそうさまでした。堪能です。
飲んだ後に〆で行ければこれはまた太るなぁとか思いながら食べ、完食です。
堪能堪能。
福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6

TEL:092-472-7739
営業時間 11:00~24:00(不定休)
博多一双 博多駅東本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:44|PermalinkComments(0)

2016年02月20日

福岡市博多区 バークレー ハンバーグカレー

大神商店のベアーです。

川端商店街のどさんこさんは父のおすすめのラーメン屋で博多に来るとたまに行ってた記憶があります。
特製味噌大盛を注文してあのもやしのシャキシャキ感を堪能してた記憶が少しよみがえってきたりと。
店が移動してもたまに用事で中州近辺に来る際は選択肢の一つに入ります。
そんな思いでの川端商店街。

逆の通りから川沿いに目立つバークレーの文字。
行ってみることにします。

DSC_3478
商店街の通りに大きな看板がたってますバークレーさん。

DSC_3479
奥の入口に至るまで商品の紹介で充実してます。

DSC_3481
行き着く先にも黄色の警告色で描かれた看板。

BlogPaint
お昼を少し回ってますけど、店内は満員です。
早速中に入ります。
店内に入ると空いてるテーブルに案内されました。それでも他のテーブルも一杯。席を立ってはまた、ほかのお客さんが入れ替わりに入ってくるそんな状態。
繁盛店ですね。

DSC_3483
メニューの確認。やっぱりここは看板メニューのハンバーグカレーをいただきます。

DSC_3484
トッピングのラッキョウです。一粒8円計算。福神漬けはサービスの様子。

DSC_3487
店内の雰囲気は食事のお客さんでにぎわい。雰囲気に触れてると配膳です。
ハンバーグカレー

DSC_3486
ハンバーグアップ。
早速いただきます。
カレーは少しルゥが固め。粘度がしっかりでご飯に絡む感じ。
スパイシーなルゥです。コクがあり刺激的。
ご飯は少し固めの炊き具合。米もつぶれずルゥに絡むいい感じ。
ルゥもよく煮られてる様子で、野菜等の形は見当たらず。溶け込んでる様子。
さて、ハンバーグです。
スプーンでさっくりと切れる柔らかさ。
滑らかなひき肉感です。
切ると肉汁がじわっと染み出てルゥに溶け込みコクを追加。
パテの食感もひき肉のこまやかな練り具合で舌触りもいい感じ。
ついついパクパクといただいてしまいました。
ご馳走様でした。
ルゥのスパイシーな感じが何ともいい塩梅。帰り際のレジ前には広島カープのグッズが多少並んでたので、カープファンなのかな?と思いつつ店を後にしました。
ハンバーグカレーで840円、ラッキョウは40円でした。いい午後に向けてのランチでした。
福岡県福岡市博多区上川端町11-8
TEL:092-271-6640
営業時間 11:00~19:45(不定休)
バークレー

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 12:08|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気