カレー

2017年03月30日

小倉南区 薬師curry ランチセット(ビーフカレー・キーマカレー)ライス大盛

大神商店のベアーです。

城野の西日本シティ銀行へ用事があって訪問。
融資の手続きなどなどと。書類の記入などを行い、いまからお時間いただきますと言う事で1時間弱の空き時間が。
丁度いい具合にランチタイムと言う事で。駅近辺に何か食べる所がないかなぁと散策です。
車を銀行においてそのままふらふらと。
線路を渡った先の小道の奥にラーメン屋さんがあったなぁとかもよぎりましたが、本日の気分はラーメンではないなぁと。
駅側にお好み焼き屋とかなかったかな?とか歩きながら進んでいきますが、居酒屋さんはランチ営業を行ってない様子。
駅に着くなぁと。逆側の中華にでも行こうかな?とか考えてたら目の前に薬師の看板が。

DSC_1391
スパイスの香りが漂ってます。カレー屋さんの様子。
持ち帰り等も行ってるみたいだし、ちょっと行ってみるかと言う事で早速訪問。

DSC_1392
ランチもやってる様子。
早速扉を開いて店内へ。段差を木製のスロープで埋めてるあたり、配慮だなぁと思いながら。
店内はカウンターにテーブル席。落ち着いた雰囲気ですが、販売店も行ってる様子でレトルト商品等々がカウンター上にディスプレイ。
奥に格子のような空間があるのでなにかな?とか考えつつ。
カウンターに座って早速メニューを拝見。

DSC_1393
ランチメニューに

DSC_1394
通常メニューと言う事で。
どうしようかな?とかんがえつつ、ランチメニューでお願いします。
カレーの種類を選んで、サイドメニューにドリンクのオーダー。
どうしようか悩みつつもとりあえず嗅覚でチョイス。

DSC_1395
サイドメニューはサラダでお願いしました。玉子サラダです。
しっかりと解された黄身白身。フワフワ食感。ドレッシングはシソ系のノンオイルかな?とか考えつつ。
野菜もシャキシャキでしっかりとドレッシングが染みてていい具合。
細かくそぼろ状になった玉子が野菜にまんべんなく溶け込んでなかなか面白い食感。
最初見た時クスクスかと思ってしまうほどの細かさ。

DSC_1396
食べ終わった頃にカレーの配膳です。

DSC_1397
右がビーフに左がキーマ。色合いも少しだけキーマカレーのほうが濃い感じで。
早速ビーフカレーからいただきます。
ライスにかけて一口。
特段辛味はそこまで無いですが、香辛料の香りがしっかりと。口に残る紫蘇のような風味。クミンが結構多めな感じかな?とか考えつつ。

DSC_1398
辛味調味料がありましたので、ご飯に少し振りかけていただくと、結構刺激的なスパイス感。
かけて食べるより、溶かした方がいいかな?と言う事でカレーの中に投入してスプーンで混ぜると意外に溶け消える感じ。
さらにご飯にルゥをかけていただくと、結構なスパイス感。ピリッと来る辛さというより、段々と辛さが残っていくような。
最初の一口は汗をかく感じでは無かったんですが、入れて以降の辛味は地味に汗が噴き出る感じで。
キーマカレーというほどひき肉感があるわけではないですが、いいコクと旨み。
全体的に具材がしっかりと溶け込んでて固形物はライスにかかってる付け合わせてほど。
ライスは柔めというより少しモッチリとした食感。
パラパラ系より日本のご飯を採用している様子。
スプーンでご飯の山を切り崩す感じ。
残りのルゥをにしっかりと香辛料を投入して、ライスと共にがっつりいただきました。

DSC_1399
食後のドリンクと言う事で。アイスコーヒーをいただきました。プレモルがいいなぁとか思いますが、まだまだ業務は続きますし。
酸味がいい具合。辛味が引く様相。

DSC_1401
支払いを済ませて帰る時に看板の裏側にハッピーアワーの文字が。
それはそれで興味を持ちつつ、本日のランチは終了です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
いいスパイス感のカレー。クミンの紫蘇っぽい香りを堪能しながら。
ランチセットで1,000円+税。ライス大盛は+100円だったと思います。
福岡県北九州市小倉北区若富士町6-19 105

TEL:093-922-5894
営業時間 11:00~20:00(日祝日定休日)
薬師curry

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:54|PermalinkComments(1)

2017年02月26日

中間市 KALA (カーラ)  南インド料理(基本のミールス、マトンのコランブ)

大神商店のベアーです。

嵐の前の静けさと言った所で、久しぶりにゆっくりとした朝。多少電話は鳴るものの訪問までに至らずといった感じで。朝満喫。
班長からTELがなり、飯どう?との事。
以前一度訪問してみたんですが、時間の遅く売り切れ閉店になってたカレーを再チャレンジと言う事で。
10時半ほどに合流して訪問です。

DSC_1019
中間市にあります、KALA さん。ナンとか置いてないこだわりのインド料理との感じらしく、雰囲気あります。

DSC_1020
重厚そうな扉にはこんな張り紙が。ちょっと癖のありそうなオーナーさんだなぁと思いながらも扉を開けて店内へ。
店内はカウンター席にテーブル席が3つほど。そこまで広さは無い感じ。
2人である旨を伝えると窓際手前のテーブルに案内されました。

DSC_1022
メニューを拝見。
???と続く文字ばかり。
理解ができるのは、野菜まし、カキのピクルスにアンコウのココナツカレー。
これは理解と勉強が必要な感じだなと思いながら、とりあえず基本のミールスにマトンのコランブをオーダーです。
どんな料理が出てくるかは楽しみで。
調理中にさてとと言う事で、早速携帯でメニューの文字を検索。
ミールスからメニューに並んでる単語を網羅しつつ。少し理解。
かなり奥が深いぞと思いながら読み進めてましたら配膳されました。

DSC_1024
基本のミールスにマトンのコランブ。

DSC_1025
毒々しいピンク色の液状のカレー下にパクチーが盛られたカレーこれがマトンのコランブだな?とか考えながら。
早速いただくことに。
一口づつカレーに口を付けながら。単体では酸味が強めなスープ、瞬間的な辛味ですがサッと引くようなカレー。
液体っぽい中に擦られた玉ねぎのような物体だったり、ナスに根菜系のホワイトカレー。ピンクの液体は冷たいヨーグルトの風味?付け合わせの豆、わさび菜のような、葉物野菜の千切りにマンゴーのチャツネなどなどと。
タイ米ライスに少しづつ乗せつつ確認をしながら。

DSC_1026
途中店員さんが気付いた様子で、初めてですか?とのお声がけで食べ方の図解を持って来てもらえました。
あるなら早く見たかったとおもいながら。
解説を読んでいくと全部の器を出して個別に混ぜつついただく様子。
パパドも砕いてライスと混ぜていただく様子。
てっきりビールのアテ程度しか思ってなかったんですが、インド料理に申し訳ないとか考えつつ。
粗目に砕いてライスと混ぜつつ、豆や葉物野菜も少しづつ混ぜて、カレーを少しづつ投下。
単体では薄いなぁとか酸味が強いなぁと思ってたカレーの一品一品が重なり合うごとに深みのあるカレーに近づいていく感覚。
だから、酸味が強めのカレーだったり、辛さが際立つカレーだったりと多種多様なカレー群があるんだなぁと。
これは楽しいなぁと。ある程度全体的に混ぜつつ、マトンの骨をしゃぶりつくす感じでガッツリと。
ライスの追加はいかがですか?とのお声がけをいただいたので、お願いしたところ、ボウルにシャモジで2すくいほど。お代わりも自由な感じで。
ガッツリといただきました。
これは確かに初見と知識が無ければどうしていいかわからないなぁと。
特にカレーは混ぜていただかない派の自分にとっても到達できない山頂だなぁと常々。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。新たな体験だったとしみじみ。ミールスの入口に立った気分で。
基本のミールスにマトンのコランブで2,100円と中々のランチ価格。悪くないです。
福岡県中間市東中間1-3-7 Kタウン 1F

TEL:093-245-3501
営業時間 11:30~15:00(土日 11:30~16:00)ディナーは要予約(火曜・水曜(祝日は営業)たまに不定休)KALA (カーラ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 10:25|PermalinkComments(0)

2017年02月24日

小倉北区 本家カレーの店 龍 小倉本店 カツカレー大盛

大神商店のベアーです。

朝からカレーな気分のまま業務に出てそこそこに作業をこなしつつ。
書類の投函等もあり、外出して小倉北区の宇佐町付近を走行中にふとカレーの龍でランチをいただこうかな?と。
久しぶりです。
角を曲がり、向かってみると店舗は無く。
あら、店閉めてたんだと初めて気づく感じに。
そこまで頻繁に食べたくなる感じではなかったんですが、無くなるとなんとなく寂しい気分で。
また、朝からそんなカレー気分。チェーン店のカレーでもとか思いますが、ますます龍のカレーがいいなぁと言う事で。

DSC_1011
本家カレーの店 龍 小倉本店さんへお邪魔することに。
小倉の街中でもいわゆるピンク街的な場所付近にありますカレーの店 龍さん。
近くのコインパーキングに車を止めて早速訪問。
扉を開けて店内へ。白いカウンターがずらりと。店内で数名のお客さんが食事中。
カウンター中央あたりへ座ってさぁどうしようかなと。

DSC_1012
メニューはこれだけ。シンプルな感じで。
カツカレーの大盛をお願いします。
カツの揚がり時間で少しお時間いただきますとの事でしたので、問題ないですとの返答を。
携帯をいじりつつメールのチェックなどなど。
そんなことを行っておりましたら配膳されました。

DSC_1013
カツカレー大盛。

DSC_1014
白いカウンターに白い器で見えにくいですが、ギリギリのラインまでルゥが注がれていい具合。
早速いただきます。
ルゥをひとすくい。いい粘度。とろみがあり固すぎず。欧風カレーの感じがしっかりと。
辛さもビリリとくるほどのスパイス感は無いですが、コクがしっかり。まろやかな感じで。
コーヒー系かな?とか思いながら。
ご飯は若干固めの炊き具合、スプーンの腹で押すと粘度が少ないご飯の集合体がほどける感じに。
適度にご飯をスプーンですくい、ルゥを通って口に頬張る。
ご飯の固さがいい食感。
カツの衣はきめ細やかなパン粉。
スプーンの端で押し切る感じで半分に。
結構な柔らかさ。
ルゥに使った衣の部分はしっとりと。浸かってない衣はサクサクとした食感で。
表面が少し冷えたルゥが膜を張る感じになりつつあるので、早々にルゥとご飯を平らげます。
盛り具合も中々いい具合でしっかりと胃に溜まる感じが。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
ルゥが足りなかったら言ってくださいとの事でしたので、追加ルゥもいただけるんだろうなぁと。
ご飯のほうが少し足りない程度で完食でした。
カツカレー大盛で900円。久しぶりに食べると中々いいなぁと。
福岡県北九州市小倉北区京町2-5-4

TEL:090-3070-4323
営業時間 11:00~16:00(第二、第四火曜日定休)
本家カレーの店 龍 小倉本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:24|PermalinkComments(0)

2017年02月17日

門司区 門司港レトロカレー工房 春や こだわりのカレー

大神商店のベアーです。

門司港で打ち合わせを終わらせて11時過ぎ。少し時間を持て余した具合ですが、次の場所まで移動を考えるとここでランチを取っておこうという気分に。
北九州市門司区門司港エリアは観光向けのエリアになり、食事処もそれなりに。
大通り付近からベイエリア等は店が並んでるのでそこそこ食べる場所をチョイスできます。
少し通りを挟み、商店街のエリア以降はなんとなく地元民の方々が愛すべき店が。

DSC_0921
そんな一角にあります、カレー工房 春やさん
よく大平山さんへお邪魔するんですが、その時目に入るこのターコイズカラーの扉。

DSC_0922
A看板もいい色合い。
早速と言う事で訪問です。
扉を開けると事務所のような風合いで。
おかあさんが一人で給仕を行ってる様子。
左手に大テーブルとカウンター席が3つほど。2人の方が食事を取られてました。
カウンターに座ってさぁどうしようかとメニューを探してみますが特段無し。
入ったら出てくるシステムの様子。

DSC_0923
すぐにサラダが配膳されました。
酢サラダと言う事で。
野菜がシャキシャキとした食感で、いい酸味。
鼻にツンとくるほどの酸味ではなくかなりのまろやかさ。
素材感を楽しみながらパクパクと。

DSC_0924
そうこうしてましたらカレーが配膳されました。
こんもりと盛られたご飯に固めに仕上がったルゥが。
一口いただくと、結構しっかりとしたルゥの固さ。
濃いカレーの味が。
マッシュルームが丸ごと1つ。スプーンで取って口に含むといい旨み。キノコの繊維がサクっと裂ける食感が柔らかく。
濃いめのルゥがご飯に絡み、また旨みもしっかり凝縮されててこれは中々。
大き目な牛肉の塊を見つけてちょっとテンションが上がりつつ。
これまた柔らかく煮られてて、歯にストレスを感じないほどで。
ご飯の量も少ないかな?と思いながらいただいておりましたが、意外に腹に溜まる様子。

DSC_0925
酢漬けの漬物に、ラッキョウに福神漬けと。
箸休めもしっかりと。

DSC_0926
食後のコーヒーに茶請けと言う事で。
マッタリくつろぎつつコーヒーの香りを感じつつ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
個人的な好みはもう少し柔らかめのルゥですが、これはこれでかなりの濃縮感を堪能しながら。
こだわりのカレーセットで500円。まさかのワンコインランチとはと思いながら次の場所への移動です。
福岡県北九州市門司区東本町1-1-15

TEL:093-331-2788
営業時間 10:00~17:00頃(限定15食ほどで売り切れ次第終了)(日祝定休日)
門司港レトロカレー工房 春や

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 09:03|PermalinkComments(0)

2017年01月30日

門司区 プリンセスピピ 門司港本店 パエリア式王様焼きカレー

大神商店のベアーです。

久しぶりに拘束時間が長い一日でしたと振り返ってみました。
朝から業務に勤しみますが、何時に訪問、次はココ、その次は~と転々と門司区をウロウロと。
ようやく一段落と言った所で、門司港です。
そういえば気になるカレー屋があったので行ってみようと思い、コインパーキングに車を止めていそいそと。
店について写メりながら店のドアを開けると、もう終わってしまいました。との事。
これはすげぇ。実は12時10分前ほどなのに終わってるとは。お昼からの営業なのに。どんだけの限定食なんだろう。これはまた近いうちに来ねばと。
銀天街を歩きつつ、どうしよかなぁと。
このあたりは普段でもよく通るし、なにかないかな?と思ってましたら、駅横の通りとか駐車場に止めてまで行ったことないし、足を延ばしてみるかと言う事で。
門司港駅を通り過ぎて国道199号線の突き当り。
いろいろな店が立ち並んでます。
この道を歩くのは久しぶりどころかいつぶりだろうとか考えながら店のチョイスを。
フランス国旗が掲げてある店まで歩きながら全体を通してみた所、ここかな?と思い飛び込んだお店が。

DSC_0745
プリンセスピピ 門司港本店さん。
店内を見渡したら満員御礼な感じで入れ替わりほどで席が空いた様子でしたので入って見ることに。

DSC_0746
こんな看板も。門司港焼きカレーフェアなんてのもあったんですね。
確かに歩いてみたら焼きカレーの店がこんなにあるとはつゆ知らず。
早速白い扉を開いて店内へ。
左の厨房に立ってました店長らしき人へ1名ですがと伝えると、奥のテーブル席へ案内されました。
店内はテーブル席がずらりと。そこまで広さは無いですが、そこそこの収容人数。
木目調の作りがなんともオシャレな感じで。

DSC_0747
メニューを拝見。焼きカレーの種類がずらりと。
ピザも置いてる感じで。自然派な感じ。

DSC_0748
新メニューのようなパエリア式王様焼きカレーを注文です。
隣のマダムたちが頂いてた鉄板的な器の焼きカレーが少しおいしそうに見えたのもあったので。
オーダー後は目の前に見える関門海峡を眺めつつ。
マッタリとした時間が経過です。
本日は風が強いなぁとか、また天気が晴れだったらもっと気持ちいい感じなのになぁとか。
そんな事を考えつつ待ってましたら配膳されました。

DSC_0749
パエリア式王様焼きカレーに

DSC_0750
サラダと言う事で。
早速サラダからいただきます。
ドレッシングはブルーベリーを使って作りましたとの説明をいただいて。
野菜も大根、レタス、ニンジン等々。
ブルーベリーのドレッシングは酸味もそこまで無く、甘味がしっかりと。
大根に染みる紫の液体。中々いい感じ。パリッと新鮮な野菜の食感を堪能しつつ、先に食物繊維をいただいたのちに、焼きカレーと言う事で。

パエリア式王様焼きカレーです。
右半分は玄米、左半分は白米との事。違う食感を楽しんでくださいとの事でしたので、それならばと。
先に白米側をスプーンですくいつつ。
かなりのコゲ感。表面がしっかりと焼かれていい煎餅状態。モッチリとした米にカレールゥがしっかりと浸透していらっしゃる様子。カレーも焼かれて少し濃厚さを出しつつもそこまでルゥに固さは感じず。米の間にしっかりと浸みてます。
野菜も後のせで、ジャガイモ、ブロッコリー、かぼちゃ、ナス、ゴボウ、ニンジン等々。
ベーコンが数枚そんな肉っぽさ。どちらかと言えば野菜がメインな感じで。
アツアツのうちでハフハフと口に頬張ります。
逆に玄米側の方をスプーンですくっていただくと、米が若干固めの少し粘りを感じる様子。噛むと米に弾力を感じるような。
おこげで粘りが出てるのかな?とか思いながら。
中間行かないくらいで玉子の黄身を潰してご飯にあえて頂く感じで。
黄身が固まる前ほどの温度でご飯にいいコクが。
さらにチーズの部位をいただきながら。
アツアツの焼きカレーを堪能です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。鉄板焼きでおこげがいい食感。なかなか。
パエリア式王様焼きカレーで1,080円とランチ価格でおなかも満たされました。
至福のランチタイムが終了し。風が強い門司港の街を歩きつつ次の仕事へ向かう事に。
福岡県北九州市門司区西海岸1-4-7

TEL:093-321-0303
営業時間 11:00~15:00/18:00~22:00(火曜定休日)
プリンセスピピ 門司港本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 19:54|PermalinkComments(0)

2017年01月23日

小倉北区 khukuri(クークーリー) スペシャルサンクスセット

大神商店のベアーです。

1月22日はカレーの日と言う事だそうで。
昭和57年に制定されて全国の給食でカレーがふるまわれたと言う事もあり、そこからカレーの日となったらしいんですが、まぁそんな日なのでと言う事で。
昼過ぎまで寝て起きたら夕方手前。
スパイス系が食べたいなぁと思いながら冷蔵庫を覗いてみても、ビールと水と醤油などの調味料ほどしか出てこない罠。
カレーかな?とか考えとりあえず普段着に着替えて出ることに。
フラフラと魚町銀天街を歩きながら、ガネーシャさんとかもいいなぁとか考えながら歩きつつ通りまで来た時にふと目に入る看板。
そうだ、店が変わっていったことが無かったから入って見ようと言う事で。

DSC_0659
クークーリーさんへお邪魔です。
緑に黄色の看板がなんとなくエスニック。

DSC_0660
看板もOPENとの事でしたので早速2階に上がります。

DSC_0661
扉を開けて早速中へ。少し寒さを感じてましたのでいい暖が取れれば。そんな感じ。
1人である旨を伝えるとどうぞお好きな場所へと、案内をいただきました。
さぁなににしようかな?とメニューを見つつセットメニューを確認すると、

DSC_0662
スペシャルサンクスセットなるものが。
結構年期が入ったラミネート加工。ずいぶん使われてるんだろうなぁと思いながらも、初ならこれがいいなと言う事で。お願いします。

DSC_0663
辛さのチョイスと言う事で7倍ほどをお願いしました。
店内は現地のBGMが流れつつ。ゆったりとした時間が。
窓から行きかう人の流れを見つつ待ってますと、

DSC_0664
セットのドリンクとパーパル
夕暮れ時からまさかのビール。いい感じ。
パパドを一口ほどに割りつつパリパリの食感を堪能しながらビールをゴクゴクと。
少しえびせんのような風味もありなんともいい食感。

DSC_0665
あらまし飲み終わりつつ待ってますと配膳です。

DSC_0666
チキンカレーにエビカレーとライスにタンドリーティッカとシークカバブチャツネが添えて

DSC_0667
サラダもドレッシングがたんまりと。
早速いただきます。
まずはナンをちぎり一口。
結構なバター感。かなりしっとりと多めな感じで。
張り付けて焼いた部位の香ばしさがなんとも。カリっとした食感。中はモッチリ。
焦げ部分もまた香ばしく、これは進む感じで。
チキンカレーに付けていただき、エビカレーに付けていただく。
大き目なナンですが、意外にスルッと胃にはいる感じで。
サラダのドレッシングも甘味があり旨みがありと。ソース状で野菜に乗っかる具合。
シャキシャキとしたキャベツの千切りの歯ごたえを噛みしめつつ。
カレーのルゥをすくいつつご飯にかけて一口。
米はまぁ少しヌカっぽい感じを残してますが、まずまず。
ナンをいただき、ご飯を食べてもう少しかな?と言う事でしたので、ご飯を1杯ほどお代わりで。
さすがにナンは入らないだろうなぁとの判断。
タンドリーティッカをナイフとフォークで切りつつ口に。
スパイスの旨味はしっかりと。
少し固めの仕上がりですが、いい固さ。
シークカバブもパプリカのスパイス感を堪能しながらチャツネを付けつついただきました。
完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
まぁ1,900円ならいいかな?的な。
天やで晩酌セットいただいて帰ろうとか考えてましたけど、さすがに入らないなーと思いながら。
福岡県北九州市小倉北区魚町2-4-3 ふくやビル 2F

TEL:093-541-0779
営業時間 11:00~15:00/17:00~23:00(土日祝は11:00~23:00)
khukuri(クークーリー)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:18|PermalinkComments(0)

2017年01月17日

門司区 呑み処 あんか~ カツカレー大盛

大神商店のベアーです。

今日はカレーが食べたい。そんな気分で朝起きて身支度をして、業務へ。
書類整理から始めて、正午前にお客さんのところへ訪問。
門司港です。
午前の仕事はあらまし終わったなぁと言う事で、門司港付近でカレーを探すかとフラフラ。
焼きカレー屋が多く店を開けてますが、普通に欧風カレーが食べたいなぁと。アーケード街の脇の道をふらっと歩きつつ、以前門司のはしご酒大会の時に聞いてたカレー屋さんへ訪問することに。

DSC_0591
呑み処 あんか~さんです。
スナック的なお店も14周年の花輪がしっかりと。
門司港の飲み屋は長いなーと感じつつ。

DSC_0592
看板を見るとカレーにカツカレーにからあげカレーと言う事で。
早速店に向かいます。

入口はスナックそのもの。扉のドアノブも少し緩めで閉まってるのか開いてるのか。そんな感じ。
扉を開けて店内へ。
5席ほどのカウンター席のお店。店内は4名のお客さんが双方右左に2名づつと言う事で。中央の椅子に腰かけます。

DSC_0594
メニューを拝見しつつカツカレー大盛を注文です。
メンチカツカレーも興味はありますが、そのうちにでもと言う事で。
店内はお世辞にもきれいとはいいがたい雰囲気ですが、なんとなく昭和感が漂う感じで。
調理が開始です。
トンカツが油に投入されて揚がる音が。その間にルゥをかき混ぜつつご飯をよそおいつつ、トンカツの音がパチパチとはじける感じでサクサクと切り分ける音。乗せてルゥをかけてと一連の動作の後配膳されました。

DSC_0595
カツカレー大盛です。
早速いただきます。
ルゥは少し粘度が高く固めな感じ。濃さは濃すぎずなかなかルゥの深い感じで。
ご飯は若干柔らかめな炊き加減。固めなルゥにご飯があんかけのようにかかる感じで。
ルゥは辛さ控えめで若干甘味を感じるほどに。中辛かな?と。
カツはルゥに浸った部分の衣が柔らかくなってますが、結構さっくりとした衣感。
豚肉は柔らかめなロース。脂身っぽさはそこまで感じず。
カツも12等分ほどに切り分けられてますので、一口で口に含める大きさ。
カツを食べて、ご飯とルゥをいただきながらとパクパク食べ進んで完食です。
どうやらルゥは追加でいただける様子。均等にいただいたので、今度足りなかったらいただいてみようと思いつつ店を後に。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
門司の正ちゃんカレーの流れだと聞いた記憶があったので、あの苦味も結構あるのかな?と思いきやそこまで無く。
カツカレー大盛で800円。いい感じの値段設定。
福岡県北九州市門司区栄町9-25

TEL:093-321-6228
営業時間 11:30~14:00/17:00~不定(日祝日定休日)
呑み処 あんか~

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:30|PermalinkComments(0)

2016年11月19日

田川郡川崎町 つぼやきカレー キートン カシミールカレー特盛

大神商店のベアーです。

田川地区を移動中にずいぶんと気になるカレー屋さんがあり、そのうち行ってみようと常々考えておりました。
夜も気分じゃあなくとか、距離がそこそこあるので、なかなかタイミングが合わず。そんな感じで日々が過ぎてはや数ヶ月。
秋から冬を感じる気温。雨も滴り余計に寒さを感じる様子。
夕方から晩飯の事を考えながら、どうしようかなぁと。
温まるのがいいよね。できたら鍋かスパイス系。そんな雰囲気。
少し時間もあるのでゆっくりと車を運転しつつ、田川方面に差し掛かったので、行ってみようと思い向かいます。
添田郵便局あたりからひたすらまっすぐ。数キロ運転しただろうなぁと思いながら走ってますと見えてきます、つぼやきカレーのお店の看板。

DSC_6352
と言う事で訪問です。つぼやきカレー キートンさん。
赤いホロに和モダンな感じの造り。
玄関前の駐車場へ車を置いて早速訪問。
風除の扉を開けて店内へ。

DSC_6353
カレー専門店の様子でいろいろなメニューが書かれてます。
ちょっと期待しつつ。
さらに扉を開けて店内へ。
目の前には大き目なカウンター席がコの字型に。奥にはテーブル席がある様子。
店員さんがカウンター内に居ましたので、1人である旨を伝えるとどこでもどうぞと言う事で。
カウンターの中央少し左側へ陣取ります。

DSC_6354
メニューを持って来ていただいたので、早速拝見。
いろいろな種類のカレーが。
どうしようかなぁと。
初見の店です。奇をてらうより王道だろうなぁとか思いつつ。
チョイスの方向性としては、カツカレー、シーフードカレーあたりかなぁとか考えながら見てますと、カシミールの文字が。
辛旨な感じがいいなぁとか巡る思考。
カツカレーが脱落しつつ、狙いは地中海カレーとかかれたシーフードカレーかカシミールの選択。
魚介の旨味に後ろ髪をひかれつつもカシミールカレーをお願いしました。
見たら大盛、特盛の文字が。特盛で2倍だそうで。ついついどのくらいの量かチャレンジです。

DSC_6355
オーダーが通り水と福神漬けにラッキョウのサービス。いい色してる福神漬けだなぁとか思いつつ。
そこまで待たずに配膳されました。

DSC_6356
一回り大きめのお皿にターメリックライスが円状に広がってます。
グツグツ煮られたルゥが鉄鍋で配膳です。

DSC_6357
ライス大盛。さすがは2倍と書かれた量。結構ボリューミー

DSC_6358
ルゥもアツアツです。
小倉北区のガネーシャさんほどの濃い色はありませんが、なかなかいい香り。
早速いただきます。

DSC_6359
インドカレーというより、欧風カレーな風貌。
適量ルゥをライスへon。いい照りと粘度。染み込みすぎず、かつ硬すぎず。いいルゥの仕上がり。
アツアツのうちにいただきます。
スプーンですくい一口。濃いカレールゥの旨味がしっかりと。玉ねぎの風味も感じるくらい。
辛さは辛口でお願いしましたが、カシミールカレーですのでもっと辛さを強くしても良かったなぁとか思いながら。
具はサイコロ状の牛肉がゴロゴロと。
柔らかく煮られてて、スプーンの腹で押してみると崩れるくらいの柔らかさ。
噛んでも筋を感じないほど。
濃いめのカレールゥにマッチです。
少しかけて食べ、また少しかけて食べを繰り返していきます。
鍋がアツアツに煮えてるので、冷える感じも無くアツアツを頬張りつつ。
気が付いたのは、少しづついただいてくと、底のルゥが濃いめの粘度に変わっていく感じ。ルゥも少し濃さを増してるような。
最後のルゥをかける際に、鍋を倒しつつそこまでしっかりとかきとる感じで。
ターメリックライスも単体だと味気ないですけど、ルゥと合わさるといい風味だなぁとか思いつつ。
堪能しました。ごちそうさまでした。これは中々。
特盛でルゥライスが2倍でも一気に食べ終わり満腹堪能。
辛さもA~選べる感じで今回Bをお願いしましたけど、CとかDとかでカシミールカレーを食べてみたいなぁと思うくらい。
ちなみに常連さんがB’かB+か言ってたのでその間の辛さも対応可能な様子らしいですね。
カシミールカレー特盛で1,400円ほど。2倍の量と考えたらいい感じ。
あとで確認してたら広島の呉に本店があり、広島で展開しているカレー屋さんの様子。今度探して行ってみよう。
福岡県田川郡川崎町池尻460-1

TEL:0947-45-8245
営業時間 11:30~15:20 17:20~21:30(木曜、第二日曜定休日)
つぼやきカレー キートン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:16|PermalinkComments(0)

2016年11月09日

小倉北区 ギタンジャリ チキンカレー大盛

大神商店のベアーです。

西小倉の界隈を歩いてると、ふとギタンジャリさんが。
馬借から移動してたのは知ってましたけど。ここに移転してたとは。
と言う事で、その足で訪問です。

DSC_6244
ギタンジャリさん。ビルの一角奥に入口が。
道路に面した場所に看板が無かったら素通りしてました。

DSC_6245
ランチメニューも前同様に。
早速店内にはいります。
扉を開いて中へ。

DSC_6246
カウンターもあり、テーブル席も数席。かなり広い空間に。
オシャレな感じに変貌です。
前の店舗はインド料理って感じが雰囲気からだ頼ってましたけど、壁のガネーシャの絵とかでインド風な感じの喫茶店なように。
早速メニューを確認しつつ、チキンカレーをお願いしました。ライス大盛で。
店内は雰囲気も良く。いろんな組み合わせのお客さんがゆっくりと食事中。
学生さんも入口に来てメニューを見たりと。

DSC_6249
そうこうしてましたら配膳されました。
チキンカレー。大盛です。辛さは辛口で。
サフランライスが丘のごとく。
早速いただきます。
ライスはパラリとした感じですが、若干崩れる食感が。
ルゥをいただくとビリっとしたスパイスの辛味に風味。
豊かなソース感。
ライスをスプーンの腹部分で押しつつルゥを絡めていただきます。
ルゥに混ざるとサフランライスの香りがカレー一色に染まる感じ。
パクパクといただきます。
箸休めのアチャールもスパイスがしっかりと。辛味もありますけど、酸味が多め。甘辛い感じでなかなか。
玉ねぎのシャリっとした食感もいい感じで。
いい盛り具合。

DSC_6250
ドリンクはアイスコーヒーをいただきました。
苦味薄目で酸味がそこそこ。口直しにはいい塩梅。
堪能です。ごちそうさまでした。
馬借の時のインド料理ってイメージは薄らいで入りやすい感じになったのかな?と思いつつ。
チキンカレー大盛にコーヒーがついて850円。リーズナブルな価格設定。
福岡県北九州市小倉北区室町2-11-4 TMビル 1F

TEL:093-583-0265
営業時間 11:00~15:00/17:30~22:30(第一第三水曜定休日)
ギタンジャリ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:54|PermalinkComments(0)

2016年10月20日

八幡西区 メキシカンカレーハウス シーフードカレー大盛W

大神商店のベアーです。

午後から三ヶ森近辺に用事があって出かけます。
このあたりも以前業務を行ってた場所ですので、なんとなく懐かしさを感じます。
角にあったラーメン屋も無くなり、新しくOPENしてたチェーン展開のラーメン屋も別店舗に変わってたりと、移り変わりも感じつつ。
昼を取ってなかったので、蕎麦かラーメンかと思いつつ三ヶ森近辺に到着です。
通りを進んでいくと、以前後輩に教えてもらってたカレーハウスが見えてきます。
いつもは閉まってるイメージでしたけど、今日は時間前に着いた様子。ならばと言う事で、訪問することに。

DSC_6060
メキシカンカレーハウスさんです。
メキシカンなのにカレーとはこれいかにと思いますが。

DSC_6062
入口の看板におススメメニューが書かれてます。
鉄板のカツカレーからスペシャルビーフカレーとシーフードカレー。
俄然興味がわいてきました。
閉店時間まであと30分ほどでしたので店内に入って確認です。
4時に締まりますけどいいですか。と言う事でしたので問題なしと入店です。
店内はカウンターにテーブル席が数席。
なんとなく雰囲気は喫茶店のような感じで。

DSC_6063
メニューを見つつ、手作り感が満載。
スペシャルビーフカレーをお願いしてみた所、本日は終了との事で残念。
ならばと、シーフードカレーをお願いしました。
大盛Wで。

DSC_6064
年期の入った銅製タンブラー。これでモスコミュールとかスカイボール飲むと味わいあるんだろうなぁとか考えながら待ってます。まだ業務中なのでお酒は飲めないんですけど。

DSC_6066
そうこうしてましたら配膳されました。

DSC_6067
シーフードカレー大盛W。アップです。
早速いただきます。
ルゥを少しスプーンでいただくと、若干粘度は高めな感じ。
家庭のカレーほど。欧風です。
濃いめなカレールゥのあじ。ライスが進みます。
シーフードの出汁がしっかりとにじみ出て魚貝の旨味がたんまりと。
これはなかなか。
シーフードの火の入り具合もいい感じ。
硬くなる前程度で柔らかく、プリッとした食感。
海老にイカにホタテにあさり。結構な量が投入されてます。
玉ねぎもそこそこの量が。甘味とコクの素ですね。
ご飯の量も結構な感じでかなりの満腹感。
堪能いたしましたごちそうさまでした。
貝の旨味がしっかり出たルゥがいい味わい。次はスペシャルビーフカレーをいただいてみようと思いつつ。
シーフードカレー大盛Wで1,230円だったと。辛味も追加してみたいなぁと思います。
福岡県北九州市八幡西区里中1-6-13

TEL:093-612-8635
営業時間 11:00~16:00 土曜のみ22:00(木曜定休日)
メキシカンカレーハウス

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 21:35|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気