福岡市中央区

2017年02月10日

福岡市中央区 警固ヤキトン 晩酌セット

大神商店のベアーです。

班長と久しぶりに博多に飯でもと言う事で、一路南下しつつ福岡市内。
当初の目的はお好み焼き。七隈方面を目指して向かってたんですが、定休日であることが中村学園付近で判明。
もう目と鼻の先なのにと。
さぁどうしようかと言う事で、気になってたヤキトンのお店へ向かいます。
地下鉄別府駅前を通り、Uターンして警固方向へ。

DSC_0876
警固ヤキトンさんへお邪魔しました。
近くのコインパーキングに車を止めて早速店に向かいます。
入口はビニール製のカーテンで仕切られてる様子。
左側から開閉可能な様子ですのでそちらを開けて店内へ。
2人である旨を伝えるとテーブル席を案内いただけました。

DSC_0878
メニューを拝見。
店内の脂感を感じつつ。さぁどうしようかな?と。定食などもある様子ですが、興味を引いたのは、

DSC_0887
晩酌セット。21時までの規制緩和と言う事で大将に訪ねてみたらぎりぎりOKと言う事でしたのでお願いしました。

DSC_0879
とりあえず喉を潤す感じで、ジャワティー?紅茶フレーバーなお茶的な。グイッと飲みながら談笑。

DSC_0880
まずは煮込みが配膳です。
しっかりとした大根に豚バラ、下にこんにゃくが。
濃いめのだしでしっかりと煮られて柔らかく、味も濃く。バラの煮具合がとろけるほどでこれは酒が旨いなぁと言う事で。

DSC_0883
ビールをいただきます。
冷えたグラスの中ジョッキ。アツアツの煮物と共にグイグイと酒が進む進む。

DSC_0881
激辛キムチです。
白菜、ニラ、ニンニクの風味がしっかり。
かなりビリリとくるほどの辛さですが、酸味もそれなりに。
辛さが酒のアテにピッタリな勢い。小皿に取り、ビールで辛さを流しながらまた一口。

DSC_0882
酢モツです。
下はキャベツの千切りが。
まろやかなタレ、ポン酢風味に柚子胡椒を混ぜといていただきます。
結構しっかりとした食感。
クニュクニュとした噛みごたえですが、旨味もしっかり。

DSC_0884
本日のメインのヤキトン。スペアリブです。
醤油ベースの甘辛タレにしっかりと漬けこまれて味の染みた豚肉をグリルでじっくり焼き上げるスタイル。
骨の周りのすじ肉、ナンコツを込みでしゃぶりつくす感じに。
程よく脂も落ちてますが、肉自体もジューシー。パサつく感じも無く。
濃いめのタレがしっかり染みて肉の旨味とタレの濃さが特徴的。
お酒が進むなぁと。

DSC_0885
ビール2杯目もほぼ終わりかけで少し気になる、看板メニュー。
ビール2杯 or シロハイ、バクハイ3杯では無く、
ビール2杯 + シロハイ、バクハイ3杯の文字。
コレもしかして5杯のセットコース?
そんなメニューの疑心暗鬼を思慮しつつ、シロハイを注文です。
自家製ジンジャーシロップを使ったジンジャーハイボールだそうで。
味が薄かったら足してくださいとの事でシロップの小瓶が置かれます。
一口飲んでさっぱりスッキリ、甘味も少々。気になるシロップを少し追加してみると、より甘味がはっきりと。ジンジャー風味より少し甘味が強さを感じますが、脂っぽさが洗い流される感じで。
配膳の際にコレで4杯目ですとの事でしたので、やっぱり5杯なんだなぁと確信。

DSC_0886
最後にバクハイをいただきました。こちらは、ウィスキーが濃いめなハイボール?
ウィスキーの香りもしっかり。アルコール感も喉に感じるほどで。
アテは無くなっても飲み干せるほどのいいアルコール感。
しっかりいただき完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。これはのん兵衛の味方の店だと心底思う感じで。
豚足も気になるので、寄れる機会があれば是非とも。

DSC_0888
いろんな著名人の方が来られてるなぁと帰り際に思いながら店を後に。
晩酌セットで2,200円。ドリンク5杯にがっつりな食事で。これはかなりのリーズナブルさ。
福岡県福岡市中央区警固2-14-5

TEL:092-731-4518
営業時間 11:30~14:30/18:00~01:00(月曜不定休)
警固ヤキトン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:46|PermalinkComments(0)

2016年10月26日

福岡市中央区 中華屋台 磊 (ライ) 羊肉串、鶏心串、牛筋串、肉丸串、焼餃子、自家製担々麺、焼きめし

大神商店のベアーです。

仕事を片付けて遠征と言う事で。福岡で中華をいただこうと班長と共に駅から天神地区をウロウロと。
気になる店を訪問しようと向かってみたんですが、看板の電気はOFF状態。店内は灯りがあるんですけどね。
閉店間際かなぁと言う事でその近辺をウロウロしつつグルグルと天神を北から南へとグルグルと。
いくつか候補を考えつつ、さてどの店に行こうかと言う事で。

DSC_6136
中華屋台 磊 さんへお邪魔することに。
菜館とかではなく屋台と言う事で。興味があります。

DSC_6137
入口の看板には中国串焼きの文字が。
羊肉串は確かに最近見かけます。
早速店内へ。
扉を開けると、奥にカウンター、手前にテーブル席が数席ほど。
右手の大テーブルではグローバルな方々が宴会最中の様子。

DSC_6138
テーブル席に案内されてさて、メニューを拝見。
屋台料理とは串のことかーと思いつつ。たしかに。とりあえずオーダーです。
少しの談笑と共に配膳されました。

DSC_6139
中国串焼き。
上から羊肉串4本、筋2本、ハツ2本に肉団子。
全体的にスパイシー。日本の焼き鳥と異なり、香辛料がふんだんにまぶされててこれはなかなか。
羊肉の串に関してもスパイスが前面に味わえる感じなので、肉の臭みもそこまで感じず。
筋も下処理がしっかりされてる様子で。固さや筋感もそこまでなく。
ハツは輪切りで刺さってる様子。意外にしっとり。
肉団子の中に軟骨が仕込まれてる様子でコリットした食感が少し。

DSC_6140
焼き餃子です。
皮厚めの大陸系。水餃子も同様なんだろうなぁと思いながら。
結構しっかりとした皮の中から餡が。皮ももちもちな感じより少し固めな食感。
食べごたえのある餃子な感じで。

DSC_6141
担々麺です。スープを一口いただくと、胡麻感がすごくねっとりとした粘度もあるスープ。
中辛程度ですが、意外に辛さが後から来る様子。
麺は中太ちぢれ麺。結構スープに絡みます。
ズルズルとすするとシコシコした麺の食感がなんとも。
スープの中にも山椒のあらびきの実がしっかりと。カリッとする食感がなんともいい感じ。

DSC_6142
焼きめしです。
ミックスベジタブルが投入されてたので、まぁそんなもんかなぁと思いつついただくと、これが意外にイケる。
米もパラパラで脂っぽくないし、かといって卵がふんだんと言うわけでも無く。
米の炊き具合が絶妙で、炒めてるんだろうなぁと思いながら。
中のみじん切りにされたハムとかもいい感じ。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
鉄串でいただく焼き鳥もまたある意味新鮮でなかなかいい感じ。
酒を飲みつつたべに来たいなぁと思います。
中国焼串に焼餃子と担々麺に焼きめしで2,400円程度。
福岡県福岡市中央区春吉2-2-11 王丸ビル 1F

TEL:092-762-7878
営業時間 18:30~1:00(月・祝定休日)
中華屋台 磊 (ライ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:13|PermalinkComments(0)

2016年09月23日

福岡市中央区 Trattoria Del Cielo(トラットリア デル チェーロ) ランチコース

大神商店のベアーです。

班長から晩にTELが。
休みならイタリアン行かない?明日のランチで予約いれるからと。
久しぶりにイタリアンもいいなぁと言う事で二つ返事でOKを
朝9時半に連絡を入れて合流しつつ出発。
下道をグルグルと進み、行き着く先は中央区の薬院。
場所は教えられてましたけど店の名前までは聞いてなかったので事前の知識も特段無く。
付いた先はトラットリア デル チェーロさん。イタリアの風を感じます。
近所に付くとオリーブオイルの香りが漂ってくるような。
近場にオリーブオイルの専門店があるからとかではなくて。

DSC_5800
ビルの階段に看板が。
いい雰囲気。階段を上がり二階に進むと玄関です。

DSC_5802
木の作りのオシャレな扉。早速開いて店内へ。
テーブル席が6席ほど。当日の飛び込みは2席しか空いてない様子。あとは予約で埋まってるそうで。

テーブルに付くと肉とパスタのチョイスを尋ねられましたので、パスタはボンゴレ・ロッソ的な、肉はラムをお願いします。

DSC_5806
行きの運転手は務めたので、ご褒美にワインをいただきます。
デキャンタで白をお願いしました。
だいたい5杯ほど。メインの肉料理まで白ワインで堪能です。

DSC_5807
前菜盛り合わせ。これは中々すごい。
地鶏のレバーペースト(左)はここ最近いただいたレバーペーストの中で最も舌触りがなめらか。裏ごし食感。
中央のカポターナの酸味もいい具合。

DSC_5810
アラカルトでいただきましたトリッパ。トマトの酸味にレモンの風味が。ハチノスも煮込まれてますが、肉の旨味が抜けてなく、味がしっかりと。柔らかい。食感もいい。

DSC_5811
パスタです。あさりのキノコのオリーブ系パスタ。
いい茹で具合。塩味もちょうど良く。
あさりの旨味。キノコもおいしい。ついついパクパクと食べ進んでしまいます。

DSC_5812
魚料理です。
ブダイだったか、ちょっと思い出せない白身魚ですが、いい焼きモノ。
西洋わさびのソースを付けつついただきます。
皮目の多少の焦げが少し気になる程度ですけど、ハラミがしっとりと。
淡泊な身の旨味を噛みしめながら。
付け合わせのナスの食感もよく。
堪能です。

DSC_5813
ラム肉のバルサミコソースがけ。
マッシュドパンプキンの甘味がバルサミコの酸味とマッチ。
レンズ豆も口直しにいただきつつ。
ラム肉のです。臭みは抑えられてていい焼き具合。
クセは少し感じますが、バルサミコの甘味と酸味が打ち消すような。
赤身の旨味を堪能です。

DSC_5815
赤のグラスワインをいただきました。
もう飲みがとまりません。

DSC_5816
ドルチェと言う事でティラミスとマンゴーシャーベット。甘味も抑えられててこれまた止まらない感じ。
ティラミスのマスカルポーネチーズのねっとりとした食感がまぁ後を引く甘味と共に。

DSC_5817
コーヒーをブラックで飲みつつ堪能です。
ごちそうさまでした。
いいランチをいただきました。
これは大満足。
昼からお酒を飲みつつおいしいランチをいただく楽しみ。
いやー優雅な休日の午後になってしまいました。
コース2人分にトリッパと白ワインに赤ワインで合計8,000円を超えるくらい。
ランチの価格で考えたら少し高めかもしれないですけど。お酒が入ってますしね。
福岡県福岡市中央区薬院1-11-7 Sビル2 2F

TEL:092-714-0975
営業時間 11:45~14:00/17:30~21:30(月曜定休日)
Trattoria Del Cielo(トラットリア デル チェーロ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 22:10|PermalinkComments(0)

2016年09月11日

福岡市中央区 鶏白湯らーめん コウノトリ 濃厚鶏白湯ラーメン鳥三昧セット

大神商店のベアーです。

業務が終わってさて、どうしようかと思いながら帰路へ。
特段家に帰っても飲むだけだなぁと言う事で、班長にTELして飯に行くことに。
久しぶりに博多へラーメンでもと言う事で向かいます。
時間は10時半過ぎほどに。北天神あたりからゆっくりと流しつつ赤坂方面へ。さすがに夜なので渋滞等はなくスムーズに進みます。
目的の店も特段無く、気になる店に入るそんな感じで。
ラーメンと言ったものの食事がとれそうな場所ならどこでもと言った雰囲気で。道を進んでいくと、提灯に鶏白湯らーめんの文字が。
博多で白湯系の店なんだと言う事で近所のパーキングに止めて向かう事に。

DSC_5672
電気もついてますのでまだまだ営業中なんだろうと言う事で訪問です。
屋号は後で気づいたんですが、コウノトリさんだそうで。

DSC_5678
さて、食券を購入するために券売機の前へ。
なににしようか悩みます。シンプルにあっさりな鶏白湯でも、こってりそうな濃厚鶏白湯でもと悩みつつ、濃厚鶏白湯ラーメンを大盛とセットでオーダーです。
食券を店員さんに渡してカウンターへ。
店内は2人掛けのテーブル席が2つほど、カウンターも6名程度とこじんまりまとまった感じ。
木目のカウンターもいい雰囲気。待つこと数分で配膳されました。


DSC_5674
濃厚鶏白湯ラーメン大盛の鶏三昧セット。

DSC_5675
ラーメンに

DSC_5676
鶏めしと

DSC_5677
とり天の揚げ出汁。
早速いただきます。
まずはスープを一口。
驚くほどコッテリ。スープと言うよりソースそんな具合。
トロリとしたコラーゲン。どろりとしたスープは箸が立つくらいの勢い。
髄の粉っぽさも感じつつ濃くのどに絡みつく感じのスープ。量は少な目なので、パスタ料理と見間違うくらい。
麺は中細ちぢれ系。少しモッチリとした麺の食感ですが、またスープが絡む絡む。
濃いスープの勢いについつい麺を忘れてしまうくらい。
印象は少な目。
中の具は鶏チャーシューにつくね。シナチク、ネギに玉ねぎのみじん切り。
つくねはゴツっとした面影ですが、意外に柔らかく肉の旨味がしっかりと。
鶏チャーシューはハムのような食感。少しスープに浸けたらより油感が増したような。そのままでも十分いい具合。
シナチクはスープに沈んで微かに甘味を感じるくらい。
スープの味が強烈でこれはなかなか。

さて、鶏めしをいただきます。
この鶏めしの配膳前からの香りがすごい。
奥の厨房から釜を開けた時の香りが店内に広まるくらいのゴボウの素朴な香りが。
醤油風味の炊き込みご飯。ゴボウのシャキッとした食感がいい感じ。
スープのこってり感とま反対そんなイメージ。
とり天の揚げ出汁もいただきます。
出汁をかけた直後あたりの衣はサクッと香ばしく、また身もジューシーでとり天の風味が前面に。
これが、出汁を吸ってくるとまた旨さが変わる様相。
出汁を吸った衣に汁気を帯びたとり天もまたいい味わい。
大根おろしを纏いつつさっぱりと。
出汁も中々おいしい出来具合。
完食です。スープは久しぶりに飲めませんでしたけど。堪能いたしました。
これは中々個性的。
小倉の魁龍ラーメンと比較してみないとと思う一品でした。
福岡県福岡市中央区赤坂1-5-23

TEL:092-791-7155
営業時間 11:30~0:00(月曜定休日)
鶏白湯らーめん コウノトリ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:40|PermalinkComments(0)

2016年06月19日

福岡市中央区  博多元助 薬院本店(はかたげんすけ) 味玉つけ麺(300g)、ごはん

大神商店のベアーです。

特段土地勘があるわけではないんですが、人の込み具合とか町の規模とかを考えると出かけやすい地区だと思います。
おいしい店も多いですし。寄り易しなのでついついふらふらと。
駐車場に止めて散策がてらうろうろしてますと気になるお店がいくつかと。
味噌ラーメンの店は本日終了。また今度にでも。
担々麺の店は朝まで開いてる様子。近いうちに。
高そうな焼肉屋さんが。さすがにこの時間帯は店員さんも片付けてそうだし。

DSC_4738
というわけで、 博多元助 薬院本店さんへお邪魔することに。
店内は窓から見渡せるほど。カウンターにずらっとお客さんが。
引き戸をずらそうと手をかけて押してみますが、なかなか動かず。
これは結構力入れないとと言う事で押して入ります。
カウンターに数席空いてましたので、右手側にあった食券券売機でメニューの確認。
ポチポチと押して店員さんへ手渡し、席へ。

DSC_4739
後ろにも人がいたので券売機の写真はさすがにあきらめ。
カウンターの先にもメニューがありましたのせそちらを。
近所のお店とコラボイベントをやられてる様子でした。

DSC_4741
数分ほど待っての配膳です。
IHで温めつついただける様子。以前ありました小倉旦過のフジヤマ55さんもやられてたスタイル。
保温にしつつ待ってますと、丼山盛りの麺が。
これは多いな?と思って見てましたら、底上げされててよかった。そんな感じ。
茹で時間は10分ほどかかってるのかな?と思いつつ。
早速麺をいただきます。
ズルッとひとつまみ。小麦の香りが。太いモッチリした食感。結構固めな仕上がり。
喉を通るとガツンと来る食べごたえがなかなか。
つけ汁は濃厚。かなりとろみを帯びてます。
たまごにチャーシューとネギなどなど。
魚粉もしっかりと。
ズルズルと食べ進めていきますと、さすがに煮詰まって辛めになってきましたので割り出汁を足しつつまたづるづると。

DSC_4743
ご飯です。

DSC_4744
ご飯割りにと言う事で。
濃いだし汁をぶっかけていただきます。
たまごも半熟ですが、これは温玉のがいいなぁと思いつつ。
濃厚な出汁を啜りごはんを一口二口と。濃いめで辛めでした。
もう少し汁を割っとけばよかったなぁとか思いつつかき込んで終了です。
ごちそうさまでした。
ガッツリとした食べごたえのある麺をいただいたと思います。
ご飯割りはもう少し薄味にしておけばと考えさせられたので次回に期待して。
味玉つけ麺にご飯で1,200円でした。少し高め?
福岡県福岡市中央区薬院2-2-2 薬院ビル 1F

TEL:092-714-7739
営業時間 11:30~23:00(売り切れ次第終了)(定休日なし)
博多元助 薬院本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:29|PermalinkComments(0)

2016年06月14日

福岡市中央区  海鮮丼 日の出 ぜいたくざんまい丼

大神商店のベアーです。

今日もふらふらと薬院駅方向へ。
以前コインパーキングに止めてウロウロしてた際に、気になる看板。
海鮮丼 日の出の文字が。
時間も0時を回ってたので今度来てみようと思ってましたのでちょうどいい感じに。

BlogPaint
深夜に入る手前ほど。まだまだ煌々とした明かりが。
なんとなく漁師風。
早速扉に近づきつつ。

DSC_4733
いろんな定食もある様子。
海鮮丼メインのお店というより、魚を扱う定食屋といった雰囲気。
10時半まで開いてるお店の様子。
近くにあったらいいなぁとか思いながら。店の中へ。
店内はそこそこの広さ。
中央に大テーブル。窓際はカウンターでテーブル席が数席と。
中央の大テーブルの端に着座して早速メニューの確認です。

DSC_4734
海鮮丼メニューと定食メニュー。一品料理も豊富な感じ。
このあたりにホテルで泊まって飲んでこんな感じでいただけるのはいいかもと。
左手側のメニューでしたが、右手にはうに丼、いくら丼などなども。
どれにしようか迷いながらも、やっぱり基本のぜいたくざんまい丼をお願いすることに。
丼を頼むと、小鉢と卵焼きと茶碗蒸しと選べる様子。
茶碗蒸しと迷いましたが、小鉢をお願いすることに。
少し携帯をいじりつつ周囲の様子を伺いますと。サラリーマンの方々が多そうな雰囲気。飲みの帰りか、仕事の合間か。まだまだ眠らない町薬院。

DSC_4736
そうこうしてましたら配膳です。

DSC_4737
丼アップ。
奥左の器にわさびを移してゴマ醤油をそこそこに。
わさびを溶かしてかけていただきます。

具は数の子、ウニ、いくら、カニ身、大トロ、ネギトロに海苔と豪勢な感じ。
出汁茶漬けもできる様子ですが、さすがに鮮度が抜群な具材なので今日は遠慮。
ゴマサバを頼んだ時にでも確かめてみようと思いつつ。
わさびを溶かした醤油を回しかけてごはんに少し染み入る感じ。
海鮮丼は楽し気にいただけますよね。
ウニの風味に、いくらのプチプチとした食感。カニ身をむきつついただくとまたいい風味。数の子のコリコリとした食感に大トロの醤油をはじく脂感。ごはんをかき込みつつお茶を少々。
またネギトロのねっとりとした風味を堪能しつつ。ほかの食材も一緒にいただく。
一気にかき込んでしまいました。
これはなかなか。
小鉢は茹でたジャガイモにめんたいマヨネーズをかけた感じの物が。
これなら茶碗蒸しのほうが少し良かったかもねーとか思いつつ。
味噌汁の具材も多め。
玉麩に豆腐にわかめ。出汁もしっかり。味噌も薄くなく。白みそのいい味わい。
堪能いたしました。夕飯と言うより晩飯、夜食そんな感じの時間でしたけどなかなか。
昼も混雑してるんだろうなぁと思いつつ夜のとばりへ一歩踏み込んでみたりと。(車運転で飲めないから、散策程度ですが)
ごちそうさまでした。
ぜいたくざんまい丼で1,850円でした。なかなか。
福岡県福岡市中央区薬院2-1-8 リアン薬院ビル 1F

TEL:092-791-7971
営業時間 11:30~22:30(年中無休)
海鮮丼 日の出

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:56|PermalinkComments(0)

2016年05月30日

福岡市中央区 濱司 濱司の海鮮土鍋スペシャルカレーライス大盛

大神商店のベアーです。

最近大人な街、薬院に出没中です。
前回、回kaiさんを訪問した帰りに近くのコインパーキングで興味を持ったお店が。
海鮮です。土鍋です。カレーです。イメージが広がります。
近いうちに行かないとと思いつつ週替わりほどで訪問と相成りました。

DSC_4548
濱司さんです。
マンションの一階というか、少し中に入った感じで。
通りから趣ある店内が見えている様子。
早速近くへ。

DSC_4549
看板にはいろいろとメニューが。イメージ的にはカレーダイニングバーといった所でしょうか。
お酒を飲んでウコンを接種。胃に健康的なイメージです。
中に入ると飲み会を開催しているグループが。
カウンターは空いている様子ですので、一人である旨伝えカウンターへ。

DSC_4551
早速メニューの拝見です。
お目当ての土鍋カレーが大丈夫か確認したところ問題ないとの事でしたのでお願いいたしました。

DSC_4552
さすがに飲み時間ですので、ワンドリンク。
お酒は無理ですから、烏龍茶をお願いしました。

DSC_4553
調理を眺めつつ。少し待っての配膳です。
土鍋カレー。アツアツです。

DSC_4554
カレーアップ。中央の卵が少し気になるところ。
早速いただきます。
まずはそのままルゥを一口。
海鮮の出汁がしっかりと。シーフードカレーです。
溶け込んだ旨みがいい感じ。欧風カレーでいいとろみ。
辛いですが、辛すぎず。
アツアツですので辛さと熱さで汗をかきつつ。
ご飯をひとすくいして、ルゥにくぐって一口、また一口と食べ進みます。
これはいい。
中の魚介も火が通り過ぎず、プリッとしたエビにホタテ。イカの変わりに長崎産の車エビをと言う事で有頭エビがしっかりと。
スプーンで切れる柔らかさ。噛むとまたいいエビの旨味が。
頭までバリバリといただきました。
途中たまごを崩してマイルドに。
土鍋カレーを堪能です。
話を聞くと、オーナーは門司港で営んでたそうで。
門司港の有名店だったそうな。
国鉄の工事局の方々がよく来られてたそうで、いまも博多のJR関係者の方がたまに来ていただいてる様子。
ビルマうどんといい、土鍋カレーといい、スパイス系のおいしい店があったんですね。門司港。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
濱司の海鮮土鍋スペシャルカレーで1,480円だったと思います。
福岡県福岡市中央区薬院3-3-29 ライオンズマンション薬院駅南 1F

TEL:092-791-8188
営業時間 [月~土]11:00~15:00 18:00~23:00 [日]11:00~15:00(不定休)
濱司

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:52|PermalinkComments(0)

2016年05月21日

福岡市中央区 回kai スパイス紅茶、スパイシーグリルチキン、ウルトラスパイシーチキンカリー

大神商店のベアーです。

仕事も終わり、さてと言う事で博多へ食事へ。
気になるカレーの店へ行ってみようと思い向かう事に。
ゆっくりと下道で移動です。
三号線を南下しつつ、天神方向へ。
今日も薬院へ。
薬院という街。イメージは天神より少し穏やかな街のイメージ。
天神は人通りが多い上に若者のがおおいなぁとそれに比べると少し大人な風情というか落ち着いた雰囲気というか。一駅となりなんですけどね。そんな感じのイメージが。

さて目的地付近へ。近所のコインパーキングに止めて早速向かいます。
道を歩きつつ目的地に向かってると、スパイシーないい香りが。
別の店からぷんぷんと漂ってきます。

DSC_4492
どうやらここもカレー系の様子。入って見ようと言う事で入店です。
カフェのような、バーのような佇まい。
入口を入るとカウンターのみの様子。8席程度かな?手前でお酒を嗜まれている方が2名。1名である旨伝え奥のカウンターへ座ります。

DSC_4493
お茶とお酒とスパイス料理との文字。まさにそんな感じでした。

DSC_4494
メニューをみつつ。さて何食べようかな?

DSC_4495
今日のおすすめ。なかなかいろんな料理が並んでます。

DSC_4496
車での来訪を伝えると、お茶のメニューも出していただきました。
ティーの種類も豊富。
ただ、どれがいいかちょっと戸惑いがあったので、
冷たいお茶でお願いしました。
あと料理のオーダーです。
ジャズが流れる落ち着いた喫茶店というかバーというか。照明も穏やか。
雰囲気がいい感じ。

DSC_4497
そうこうしてましたら、紅茶です。
スパイス紅茶だそうで。
一口いただくとターメリックとかそんなピリっとした苦味な風味
スパイスの香りが少し漂う紅茶。ピリリと刺激的な味わいがなんとも。
まさにスパイシー

DSC_4498
スパイシーグリルチキンです。
手羽元を開いて漬け込んだ鶏肉を焼いてある様子。
野菜のドレッシングも刺激的。プチトマトの酸味と甘みがいい具合にスパイスを洗い流してくれるような。
鶏肉もしっかりと漬けこまれて、味も染みてかつ、骨からの肉離れがいい具合。
ジューシーな鶏肉の旨味を堪能しつつ。
ビールとかマッチしそう。
刺激的な紅茶をいただきつつ

DSC_4499
さて、ウルトラスパイシーチキンカリーです。
辛めですけど大丈夫ですか?とのお声がけをいただいておりました。
ルゥも少し赤目。表面にラー油ではないですけど、カプサイシンが溶け込んだ油膜が少し点々と。
ご飯も大盛でいただきました+100円だそうで。いい盛り具合。
ご飯の上には鳥皮カリカリになるまで焼いたものが。
いい香り。スパイス感満載。
早速ルゥを一口。辛味が押し寄せてくる感じ。
特にルゥの中に砕いた?黒コショウの歯ごたえが。
カリッカリッと面白いアクセント。
ご飯の固さもいい感じ。
柔すぎてもっさりとしてないし、硬すぎてパサパサとしてないし。ルゥに染み入るちょうどいい固さ。
聞けば、南阿蘇の無農薬だったか、減農薬のお米を利用されてたそうで、震災のため、入荷ができず現在は都城のお米だとか。
そう聞くと熊本も頑張ってほしい次第。
香草もルゥに浸していただきます。
カレーを食べ進めて、最初はピリッとした辛味が。後から体が熱くなるぐらい汗をかきつついただきました。
ごちそうさまでした。堪能です。
量少ないかなぁと思いながら見てましたら、意外に満腹。2件目のハシゴは無しとなりそのまま帰宅。
薬院はカレーで気になる店がまだまだありますし。もう少し夜に来てみようと心に誓いつつ。
また、ほかの店も良さそうだなぁと思うところが満載。そのうちに。
料理全部で1,880円だったかな?おつり+でコーヒー買うかな?とか思いつつ車に向かいましたから。
福岡県福岡市中央区薬院3-13-20

TEL:092-525-4027
営業時間 [月・火・水・金]12:00~15:00 18:00〜01:00 [土]12:00〜01:00 [日]12:00~18:00(木曜定休日)
回kai (カイ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 09:50|PermalinkComments(0)

2016年05月17日

福岡市中央区 博多 一風堂 薬院店 赤丸新味(ラーメン)チャーシューまぶしごはん

大神商店のベアーです。

会議が終わり9時過ぎ。
飯は会議前に少しパパッと済ませておいたので特段どうしても食べないとという気分でも無く。
運転しつつ帰路へ。
少し携帯をいじりつつ、さて明日もあるしとソファーでゴロゴロしてましたら、ふと思いつきで博多へいこう。そんな感じで家を飛び出して車で南下。
昨日も博多、今日も博多と最近夜の福岡市にひっそり参上。

今日はどのあたりに行こうかなぁとか思いながらとりあえず中洲を越えて、天神へ。久しぶりに薬院付近をと思いつつ車でゆっくり流してますと、気になる食堂が数件。
車を近所のコインパーキングに止めて向かってみますと。
まさかの12時で閉店なんですよ。と
確かに電気も消えてますしね。
ほかに、スパイシーな香りを放つ食堂とか、もありましたけど、同様に12時閉店の様子。
あと10分早ければと思いながら、肌寒い町をウロウロと。

DSC_4421
そんな事をしてたら目にとまった一風堂さんの看板。
久しぶりにいただこうと言う事で訪問です。

12時を越えても大丈夫かな?と思いつつ扉を開けて入るとどうぞとの声。早速カウンターに座ります。

DSC_4422
少しこってり系をと言う事で赤丸新味にチャーシューまぶしごはんをお願いしました。
ひさしぶりだなぁと思いつつ。

DSC_4424
薬味もそろってます。
もやしを少し小皿に取ってポリポリと

DSC_4427
そうこうしてましたら配膳です。
赤丸新味に

DSC_4426
チャーシューまぶしごはん。
早速いただきます。
ラーメンのどんぶりの熱さ。こだわりですね。スープが冷めない工夫だと。
一口レンゲですくっていただくと、こってり系クリーミー。油膜が張るくらい。
麺は細ストレート。
湯で加減もかためでお願いしました。ズルっとすすり、麺を胃に流し込みます。
テンポ良く。
麺を一回持ち上げて、麺の長さ、量を確認。一旦スープに沈め、また麺にスープを絡ませつつ一気にズルズルとすすりあげる。
テンポ良く。
すする時は器に顔を近づけて。絡んだスープが落ちないように。跳ねてスープが飛ばないように。
天下一品の社長か会長が会見で食べ方の話を行ってましたけど。器が立体的な一風堂さんや、小倉のろくの屋さんには向かない方法かなぁとか思いつつ。
カウンターの天板の高さとか、腰の位置とかも気を配りつついただくと、もうラーメン道そんな様相。
チャーシューはしっとりとした脂感。オイリーまではいかないくらい。結構厚め。いい食感。
辛味のタレを溶いてさらにスープをいただきます。
さて、チャーシューまぜごはん。
配膳時の海苔のパリッとした感じがラーメン一杯をいただく間にしなっとした海苔感へ。
旬の時間は短いのですね。とか考えつつ。
箸でつまむと、きざみチャーシューが結構な量。ボリューミーな感じ。
肉肉しい感じが豪勢ですね。
ご飯の量に対してのチャーシューが多いといううれしい悲鳴。
これにスープをかけてチャーシューお茶漬けとかもありだなぁとか思いつつ。
ご飯を口に含んで、スープをレンゲで口に入れる。至福。
堪能です。ごちそうさまでした。
さすがはチェーン展開されてる店だなぁと思いながら。
北九州にもあればたまに行くのになぁとか考えつつ。
赤丸新味とチャーシューまぜごはんで1,120円でした。そこそこ高い感じ?まぁこんなもん?
福岡県福岡市中央区薬院1-10-1

TEL:092-725-2022
営業時間 11:00~翌2:00(無休)
博多 一風堂 薬院店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:52|PermalinkComments(0)

2016年03月06日

福岡市中央区 アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ 福岡 マルゲリータ・ドッピア、マリナーラ・マキシetc…

大神商店のベアーです。

午前に業務を終え、班長からの誘いでそのまま博多へ。
ピザを食べに行こうとの話。
着替えなどもせずに、スーツのままに博多へ上陸。

大名です。おしゃれな街。人通りが多い天神の先なのでどうしても寄り難い場所でしたが、町を歩いてみると意外に気になる食事処がたんまりと。
これは遠征しつつ、記録しないとですね。

一応14時に予約をいれてましたが、少し遅れて到着です。

DSC_3655
アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ 福岡さん。ミラノ、東京 恵比寿に次いで3店舗目の出店だそうで。
去年の10月OPENでかなりの盛況店。早速中に入ります。
入口を過ぎるとワインセラーが。横を抜けると店内。テーブルがずらりと。また奥にミラノから持ち込んだ石窯が。
ランチも終了後の時間ですので、店内は結構静かな感じ。一巡はけて夜に向けての一息と言った所でしょう。
そんな中にお邪魔です。

DSC_3658
メニューは結構いろいろと。ドリンクメニューからタパス等。
メインはピザのこの2種類。マルゲリータとマリナーラ。
ドッピア、マキシとノルマージの差は具材の量だそうでしたので、ドッピアとマキシで2枚お願いしました。

DSC_3661
まずはビールを。映画:ショーシャンクの空にで屋上でタールを塗ってる時のセリフで「仲間にビールを」ふとよぎるシーンをおもいだしつつ。
ハートランドの生みたいですね。
席を立って戻ってきたら、店員さんが
「泡を最高の状態にして再度お持ちします。」
と配膳のために持って来ていただいてたビールを一旦持ち帰り、自分が席に着いたと同時に持ってきていただいた一品。
心遣いが行き届いています。
弾力のある泡、ホップ香もいい感じ。仕事の後の一杯、昼間から飲む酒の旨さ。これはたまりませんね。

DSC_3662
まずはイカのフリット。
ビールに最高ですね。
イカの身は柔らかく、味もしっかり。
衣が香ばしくカリッと。イカ身はしっとりした火加減。レモンを少し垂らすと、また酸味が利いてさっぱりと。
油の切れもいい感じ。

DSC_3664
モッツアレラのフリット。
これもまたビールに最高です。
アツアツに上がったモッツアレラ。口に入れると形成している衣がカリッと。中からチーズがドバっとあふれる始末。これはうまいぞ。
半分かじるとチーズがみょーんと伸びる伸びる。
話を聞くとモッツアレラもイタリアから空輸で冷凍してないフレッシュチーズを利用しているそうで。
文明の利器と科学の発展が、自分の幸せを作り上げていただいてることに感謝しつつ。

DSC_3665
ボルケッタです。
ローズマリーと玉ねぎの香りが立ち、豚も塩等で引き締まった感じ。
以前は裏メニューだったらしく、良くできた時にしかおススメしたなかったそうで、3月から福岡店の正式メニューへ昇格だとか。

DSC_3666
厚めの豚肉。表面の皮のカリッとした食感に染みた塩味がまたいい加減。
玉ねぎも豚脂が染みて甘味に旨みにといい感じ。

DSC_3668
ピッツア・マルゲリータ・ドッピオ。
かなり大き目でナイフとフォークでいただきます。

DSC_3670
とろけるチーズ感。空輸のモッツアレラたっぷり。
薄い生地です。サクサクとした食感ですが、モッチリ感も重々。
トマトソースも熱で蒸発してないのでジューシーな仕上がり。
口に入れるとチーズがとろけてこれまた伸びる伸びる。
シンプルなのでより洗練されてるんだろうなぁと。
耳もモッチリで最後までいただきました。

DSC_3671
そんなピッツアには赤ワインを。と言う事で、グラスで一杯。
銘柄は思えてないですが、ライトボディな感じ。香りは高く。口当たりはいい感じ。少し含んでピザを頬張る。そんな楽しみ方。

DSC_3673
続いてお時間いただきますとの事でした、イカの窯焼き。肝も中に仕込まれてる一品。
しまったっ!!これならもう一杯ビール飲んどけばよかったw
そんなことを考えつつナイフを入れてイカを切ります。
柔らかめのイカ身。スッとナイフが入ります。
肝と和えつつ切っていただく。
濃厚な肝ソース。オリーブオイルと合わさってこれまた深みのある味。苦味等は感じず。ただただ、コクが淡泊なイカ身に合わさる感じ。食感は縁ぺらの部分がコリコリと。ゲソのいい具合の弾力。イカ身もソフトで柔らかめ。
日本酒でも、いや、日本酒がいいのかもしれません。
堪能しつつ。

DSC_3674
ズッパフォルテです。ハチノス以外に大腸、小腸のトマト煮。
柔らかく煮られてます。
少しモツのにおいを感じますが、それもまた郷土料理感として堪能。
トマトの旨味が肉の繊維内にしっとりと含まれた感じに仕上がっててワインを飲みつつ。

DSC_3675
ピッツア・マリナーラ・マキシです。
切り分けを店員さんに行っていただきました。
オレガノ、ニンニク感がすごい。トマトソースもたれるくらいの量が。
つまんでいただきます。
生地に染みたトマトソース感。
少し粗目のトマトソースの存在感がまたすごい。香草とスパイスの感じを堪能です。
ワインを含み、ピザをいただく。かなりの量をいただいてますが入る入る。
ピザの焼き上がりをいただく幸せをかみしめつつ。そんな感じで。

DSC_3680
お会計のときにサービスでカプチーノをいただきました。
いいホロ苦さ。口の中がさっぱりとします。
大量の砂糖を投入が本場流なのかな?とか考えますが、この苦さを堪能しつつ。

いただきました。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
時間もいい具合に過ぎてます。時間の流れが緩やかだったなぁと思います。
ナポリ店はピザのみのメニューにドリンクも瓶ビールにコーラとファンタオレンジとからしい話を聞いて、
築地の銀だこがニューヨークに店を構えると本場ジャパニーズフードとして料亭風味が追加されるのかなぁとか想像してしまいました。所変われば。

お酒に料理で11,000円ほど。いやー食べ過ぎです。班長がこれ以上はどうしようか悩んでたのを見るのは久しぶり。
鮮魚のグリルとかまだまだ堪能してない食べ物が山のようにあるので、近いうちにまたと心に決めつつ。
福岡県福岡市中央区大名1-4-18

TEL:092-717-7444
営業時間
[月金] 11:30-14:00 l.o.、17:30-22:00 food l.o. /22:30 drink l.o. (23:00 close)
[土]11:30-22:00 food l.o. /22:30 drink l.o. (23:00 close)
[日・祝 ]11:30-21:00 food l.o. /21:30 drink l.o. (22:00 close)
アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ 福岡

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:47|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気