割烹・小料理

2017年03月11日

小倉北区 活魚料理 黒田節 刺身定食

大神商店のベアーです。

3月だなぁと。ふと思います。
まだ寒さが残りつつも、車を運転すると陽射しが温かくダッシュボードもそこそこに温い。
なによりも、月が決算と言う事で慌ただしい書類の作成、夜の会議などなどで天手古舞。
まぁ毎度のことなのはこの業務を行っている以上仕方がないと腹をくくりながら。
昼間の時間は準備と作成などで少しまったりとしながらさぁどうするか。
最近魚町に出没するケースが多いので、本日もその方向でと言う事で。

DSC_1162
活魚料理 黒田節さんです。
魚町銀天街のアーケードの中にあります。
昔から目にする機会はあれど、入ったことはなし。前の湖月堂 喫茶去さんも同様です。
ランチもやってるんだなぁと思いながら近づいて、

DSC_1163
入口の看板をまじまじと。大体千円ほどから。
若干目ランチにしては高めな価格設定かもと思いもありますが、まぁ場所が場所だしと言う事で。
とりあえず入って見ようと店内へ。
入口に立つと自動ドアがスーッとOPEN少し奥に廊下を歩くとカウンターと座敷などなど。
店員さんが右往左往としてる中で1名である旨を伝えるとカウンターに案内されました。

DSC_1164
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と
天ぷら刺身定食でもいいけど、なんとなく鮮魚の気分。
海鮮丼でガッツリと口に放り込むのもいいですが、と迷う感じ。
黒田節定食も気になるところ。
どうしましょうと。店員さんがこちらを向いてますので、思わず刺身定食をお願いしました。
熟考逃した感じで。
とりあえず携帯をいじりつつ、待ってますと食事の準備が。

DSC_1165
刺身の醤油にマカロニサラダとデザートのネーブル。
とりあえずマカロニサラダに手を伸ばしていただきます。
まろやかなマヨネーズ感。マカロニが柔らかい食感で。
まぁマヨネーズの風味旨みが前面に。

DSC_1166
ご飯と味噌汁に茶碗蒸し。

DSC_1167
それに、刺し盛が4種盛。イカにサーモンというかマスに鯛にブリ。
イカはネットリとした食感でマスは尾手前部分が大き目にカット。
鯛とブリは弱熟成ほどでハリは少な目でモッチリとした食感。
醤油を少しつけていただく感じで。ご飯を味噌汁でいただく感じに。
味噌汁の出汁具合がなかなか。
茶碗蒸しというより、湯のみ蒸しそんな大きさで。サイコロ状の鶏肉にギンナンとかまぼこ。
すが立ってない仕上がりで、茶碗蒸しの出汁具合は少しアッサリ薄目な感じで。
ネーブルをかじり、お茶を飲み干して完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
まぁ場所が場所だけにと思いますが、ランチの1,300円はちょっと強気な価格設定かな?と。
福岡県北九州市小倉北区京町2-6-19

TEL:093-521-7477
営業時間 11:30~15:00/17:00~22:00(水曜定休日)
活魚料理 黒田節

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:12|PermalinkComments(0)

2017年03月09日

小倉北区 お料理 いちか和 日替わり膳(鯵の開き、キャベツの揚げの煮びたし、蓮根とこんにゃくの煮物)

大神商店のベアーです。

最近適度に飲みに出て散財してるなぁと思いながら、まだ月はじめの1桁初旬。後半に向けて少し節制しないとと思いながら、晩は家で適度に飲むか。
そんな感じで。
せめてランチをより楽しもう。そういう気分で。
久しぶりにふらりといちか和さんへお邪魔です。
通りに魚の焼けるいい匂いが漂ってます。
毎日会館から入った通路にそんな匂いが充満。そんな感じ。

DSC_1157
お料理 いちか和さん。晩もやってるのを見るんですが、なかなか敷居が高そうで。
ランチは早めに行かないと売り切れ閉店なんてのもよくある事で。

DSC_1156
11時半過ぎには店に入るくらいの勢いで。たまに、TELでランチ予約もやられてる様子ですので、そのうち入れてみようかな?とか考えつつ。
この日の日替わり膳のチョイスは鶏むね肉の唐揚げと鯵の開き。甲乙つけ難しですが、鯵だなぁと言う事で。
肉より魚を選べる年になったんだろうなぁと思います。
引き戸をガラリと開けて店内へ。カウンターにテーブル席が3つほど。
そこまで広くないので、12時15分ほどになると入れなかったりと多々。
本日はまだ時間的に余裕があって本日一番乗りの様子。
1人である旨を伝えカウンター一番奥に座ります。

DSC_1158
再度メニューを確認しつつ、日替わり膳の魚チョイスで副菜はどうしようかな?と。
ブロッコリーもいい具合ですが、蓮根の煮物も捨てがたい。
ココは出汁の染みたレンコンの歯ごたえを脳裏によぎらせつつ選択です。
刺身膳とかだったら両方のチョイスなんですが。
ある程度火を入れつつOPENした様子で、ものの数分ほどで配膳されました。

DSC_1159
日替わり膳・魚。

DSC_1160
中ぶりな鯵の開きに

DSC_1161
副菜などなど。
早速いただきます。
まずは味噌汁を一口。
海苔の味噌汁が毎度の事で。この海苔もいい風味。固めでしっかりと噛める具合がなお。
キャベツとあげの煮びたしもいい出汁の染み具合。つゆだくな感じで箸を入れると滴る出し汁。
味も濃すぎずほんのり醤油出汁。
こんにゃくとレンコンもしっかりと煮られていい固さ。弾力があるこんにゃくの食感に、固めですが、繊維が裂ける感じのレンコンをいただきつつご飯をかき込む具合で。
さてと言う事で、メインの鯵の開きに手を付けます。
程よく水分が飛んでて、いい旨み。
大根おろしを少し添えて魚の身を口に放り、ご飯を頂く。
米もいい炊き具合でつぶれずにしっかりとした食感。
骨の間や、干されていい具合に身が乾燥した濃いめの旨味を堪能です。
煮物とかをそうそう頼まないですので、こんな時に和を感じる瞬間を。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。相変わらずのランチ感を堪能。
日替わり膳で780円とリーズナブルな価格。ご飯もお代わりできますが、さすがに覚えてらっしゃる様子で、少し大き目の丼でした。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町12-13

TEL:093-533-1219
営業時間 11:30~なくなるまで(14:00?)/夜営業
お料理 いちか和

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:28|PermalinkComments(0)

2017年03月04日

福岡市博多区 かしわ屋源次郎 博多シティ おひとり様水炊き(ランチ限定)

大神商店のベアーです。

午後から福岡で所用が2件ほど重なり、その後に北九州へ戻って会議の議事などなどと。
朝からTELが鳴りやまず、いろいろと手配をしながら福岡市内へ。
車を使うと戻っての北九州の会議に間に合いそうにないので、行きは快速、帰りは新幹線で。
博多←→小倉を新幹線で20分弱。しかも九州新幹線の運行で10分単位ほどで次から次へと電車の往来。
便利になったものです。
1軒目の用事を済ませて吉塚駅から博多駅までぶらりと歩き、さぁ何を食べようかと。
そこまで時間もありませんので、博多駅の上か横のKITTE博多かな?などと。
帰り準備と言う事で新幹線の切符を購入し、とりあえず上がってみようと言う事で博多駅9階フロアへ。
久しぶりに利久さんで牛タンとかもいいなぁとか思いつつふらりと移動。

DSC_1092
目の前に看板で親子丼のとろりとした写真が目に飛び込んでき、
親子丼もありだな!と言う事で。

DSC_1091
かしわ屋源次郎さんへお邪魔です。
食事時を少し外れた14時過ぎほど。さすがにまばらな人の数ですが、それでもまだまだ食事中。
早速フロアに入り1名である旨を伝えるとカウンターへ案内されました。
店内はそこそこの広さ。
カウンターもあり、テーブル席もそこそこに。
食事を取って一休みにはいい具合。

DSC_1093
メニューを拝見しながらさぁどうするか。気持ちは親子丼でしたが、こんなメニューもある様子。
水炊きかぁと。ご飯に小鉢に鍋をつついて。
鍋ならビールとかいいんだけどなぁとか心でつぶやきつつ。

DSC_1095
そんな感じで悩んでましたら、おひやにスープが配膳されました。
店からの小粋なおもてなし。
スープをいただくと、ほんのりと優しい出汁感。濃すぎず、いい風味。すこし生姜のピリッとした風味を感じながら。卓上にありました塩をほんのひとつまみ程度投入し少し混ぜてスープをいただくと少しスッキリとした感じに。
これは中々。
飲み干すと器の底にあらびき黒胡椒の粒が。
これは出す直前の方が胡椒の風味が生きるんだろうなぁと考えつつ。
スープを飲み干して、迷ってた気持ちも一気に水炊きに偏りましたので、オーダーをお願いすることに。
本日の用事の2件目の事を少し考えつつ、さぁどうするかと。
少しシミュレーションをしながら待ってますと配膳されました。

DSC_1096
おひとり様水炊き。

DSC_1097
土鍋の蓋を取ると香るゴボウの匂い。
スープをすくって一口二口と。
先ほどのスープとまた変わってゴボウの出汁、他の根菜類、葉物野菜の出汁などなどと。
塩を少し投入しつつさらにぐいっといただきます。
野菜もしっかりと出汁で煮られていい旨み。
えのきに、ニンジン、しいたけ、ネギに白菜などと。
ささがぎのゴボウもシャキッとした食感でこれは中々。
鶏肉は柔らかく煮られて旨みもしっかりと。
皮目がすこしぶにゅっとした仕上がりですので、苦手な方はいるだろうなぁとか考えながら。
柔らかく煮られた身も皮もいい素材感。
がんもどきも出汁が染みて噛むと出汁が滴る具合に。
どちらかと言えば、ご飯に手を付けるより鍋だけでガッツリそんな感じで。
小鉢の皮酢に手を伸ばしてみます。
鬼おろしの下に厚手の鶏皮が。
混ぜてつまんで口に放り込むと。かなりの食感。固めというかしっかりと固い地鶏系の皮酢。
これは中々いい具合。
噛んでも弾力で押し返されるほどの固さ。鬼おろしの大根感もいい具合。
こちらをメインにご飯を頂く感じで。
最後の一滴までがっつりといただきました。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。中々いいランチに。次のために英気を養いつつ。
おひとり様水炊きで税込み1,400円でした。ご飯よりビールが飲める時にいただきたい気分で。
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ 9F

TEL:092-477-9408
営業時間 11:00~23:00(不定休)
かしわ屋源次郎 博多シティ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 18:12|PermalinkComments(0)

2017年02月19日

小倉北区 おしくらまんじゅう おばんさいセット

大神商店のベアーです。

ふらっと飲みに出て、数件を巡りつつ、堺町公園付近をゆっくりと移動です。
公園側から平和通りの方向へ歩き、ふと右に目をやると前の店舗と違うなぁと。
興味を持ったのと好奇心でついつい店に寄ってみると、

DSC_0973
黒板に店の紹介が気になったのでふらっと訪問です。

DSC_0974
おしくらまんじゅうさん。大皿料理の小料理屋さんの様子。
扉を開けて店内へ。
常連さんの方が1名女将さんが給仕を行っている様子。
L字のカウンターでテレビを背に座って少し談笑。
メニューは奥のホワイトボードに書かれてある料理が作れる様子で。ナポリタンや玉子焼きなどなど。
家庭料理系のメニューが書かれてます。

DSC_0976
大皿料理から5品ほど装ってもらい配膳です。
ブロッコリーといんげん、春雨サラダ、スモークサーモンに切り干し大根、魚の煮物
素朴な感じでまったりと。

DSC_0977
ビールをいただきながら常連さんやおかみさんと会話が弾む感じで。
いただきました。
結構ハシゴで巡ってたので、そこまで入る事能わず。そこそこにいただいて次の店へと言う事で。
ごちそうさまでした。堪能というほど時間をかけてないので、いづれまた。
話しを聞いてましたら、もともと古船場のあたりで営業されてたそうで、移転してきたとの事。
意外にいい場所が空いてるんだなぁと。ビル1階ですし。
おばんさいセットが1,500円ほどだったような。
ビールと2,000円の支払い。
福岡県北九州市小倉北区堺町1-5-15 中道ビル1F

TEL:
営業時間 
おしくらまんじゅう

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 20:34|PermalinkComments(0)

2017年02月13日

小倉北区 一誠 おまかせセット(前菜3品、刺し盛り、カレイの唐揚げ、太刀魚の塩焼き、イワシのつみれ汁、天ぷら盛り合わせ)

大神商店のベアーです。

ふらりと飲みにでようと言う事で小倉の街中へ。
特段目的地はなかったものの、気になってた店が開いてたら入ろう。そんな雰囲気で。
寒さが身に染みる感じですが、着の身着のままでふらふらと。
コレットの裏手あたりから平和通りに向かって少し歩くと、以前お伺いしたあぶりTAOさんが。
その先に迷ってたもう一軒の店があり、今日あたりかな?と言う事で早速向かって見ましたら、開いてる様子で。
ならばと訪問することに。

DSC_0889
一誠さんです。
少し高そうな雰囲気のあるお店だなぁと第一印象。

DSC_0890
この看板を見るとそんなに高価な感じとはしませんが、なんにしても雰囲気はある感じ。
早速扉を開けて店内へ。
奥に長いつくりの様子で手前にカウンター。奥は座敷かテーブルか。そんな感じ。
1人である旨を伝えるとカウンターに案内されました。

DSC_0891
メニューを拝見。
ほどほどの価格設定。
思ってたほどではなくてリーズナブル。

DSC_0892
まずはビールをお願いします。
一番搾りのジョッキが置かれて早速一口。グイッと3分の1ほど飲み干しつつ。
おススメを伺ったところセットメニューがいいですよとの事でしたので、おまかせセットをお願いしました。

DSC_0893
まずは前菜3品の小鉢に

DSC_0894
刺し盛り。品目は5品と中々の盛り具合。
早速いただきます。
小鉢はおからとイワシの糠炊き、ほうれん草のおひたしと。
イワシは店で炊いたものの様子で少し骨は固めですが、いい身の締まりとほぐれ方。
おからは干した芝海老を粗くつぶして混ぜてる様子。結構な旨みがしっかりと。
ほうれん草のゴマ醤油がどっさり。いいプチプチ感を堪能しながら、刺し盛りへ。
鯛にイカにしめさば、貝柱にブリと鮮度もいい感じでプリッとした食感を堪能です。

DSC_0895
唐揚げと言う事でカレイの唐揚げが。
淡泊でほろりと崩れるほどの身を箸でつまんで紅葉おろしで溶いた出汁に浸けつついただきます。
ピリリと辛めの紅葉おろしの風味を纏い、カレイの淡泊な身がこれまたうまい。
縁側部分の骨もそこそこ柔らかく、ついついバリバリといただきました。

DSC_0896
これはさすがにビールよりと言う事で麦の焼酎をロックでいただきます。
二階堂かな?と
グイッと口に含んで、鼻から抜けるアルコール香を楽しみつつ。

DSC_0897
太刀魚の塩焼きです。
ハラミの脂ののった部分からいただきます。
表面は程よく焼かれ身もいい脂ののり具合。
淡泊な魚ですが、醤油をちょっと付けてさらに焼酎をいただく感じで。
黒豆も程よき固さで煮られててこれまたいいアクセント。

DSC_0898
寒いでしょうと言う事でイワシのつみれ汁が配膳です。
豆腐がたんまり。つみれも大き目でしっかりほろりと。尾っぽ部分の身を使っていると言う事ですが、かなりプリッとした食感。片栗粉かな?とか思いながら。
出汁もカツオ風味がしっかりと。豆腐にも出汁とつみれの旨味が染み込んでいい椀だなぁ。

DSC_0899
天ぷらと言う事で。ピーマンにかぼちゃナスに海老、レンコン、ゴボウ天と衣がパリッと中はふっくら。
レンコンのサクサク感を特に感じながらついつい焼酎を飲みすぎました。
がっつりともう一品とか考えましたがさすがにいい量いただいたなぁと言う事で本日はここまで。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。一品料理も気になるものが多々。また来ないとと思う次第。
店の大将、女将さんたちも話しやすく談笑尽きないお店だなぁと。
おまかせセットにビールと焼酎4杯で4,500円ほどだったと。いい感じのほろ酔い気分で店を後に。
福岡県北九州市小倉北区米町1-1-11

TEL:093-551-2258
営業時間 
一誠

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:26|PermalinkComments(0)

2017年02月02日

小倉北区 おにぎり屋 一善 おでん、らっきょう、ポテトサラダ、唐揚げ、玉子焼き、ソーセージ、おにぎり、鰻茶漬け

大神商店のベアーです。

2夜連続でまさかの訪問。
あぶりTAOさんでお酒を飲んでふらりと鍛治町方向へ足を向けたら、今昔亭さんの看板でせいろの文字を。
そばいいなぁと。今昔亭さんに飛び込んでも良かったんですが、しっかりと胃の中を開けて来ようと言う事で、しらいしさんへ向かう事に。
通りを歩きつつふらふらと。

DSC_0798
途中でなんとなくおにぎりとおでんののぼりを発見。
看板を見るとおにぎり屋との文字が。
〆を蕎麦と思いながら歩いてましたけど、ごはんもいいなぁと少し移り気な感じに。とりあえず入って見ようと言う事で訪問です。

DSC_0788
ロイヤービルの二階に階段で上がってみると、左手に一膳の文字がここだなぁと言う事で扉を開けて訪問です。
店内は8席ほどのカウンターのみ。店内に1人の方がボトルを置きつつ飲まれてる様子。
1人である旨を伝えカウンター中央ほどにすわります。

DSC_0789
そこそこ飲んでたので、焼酎の芋とお通しを。
醤油の染みた豆腐をいただきながら酒を喉に通す。
菜っ葉と大根の皮で作った煮物はピリ辛で結構焼酎が進む進む。
お通しで3杯弱をいただくほどで。

DSC_0790
おでんも気になったので大根と玉子をお願いします。まだまだ焼酎をロックでぐいぐいと。
大根はかなり染みてる様子。
苦味も無く。柔らかく炊きあがってるなぁと。
玉子の黄身を出汁に浸しつつ少しねっとりした当たりで口に含んで焼酎で洗い流す。そんな感じ。

DSC_0791
〆でと言う事とで、おにぎりとお茶漬けをいただくことに。
定額なんだなぁと言う事で。

DSC_0793
イクラのおにぎりを。塩味は程よく、結びも柔らかめ。固さが無くほろりろ崩れる感じで。
いい温度。イクラのプチプチ感を堪能しながら、

DSC_0795
鰻茶漬けをいただく感じに。
海苔の風味とわさびを溶いて。
鰻のかば焼きのタレが出汁に溶けでいいうまみ。
少し冷えた鰻の身を出汁で温めつつプリッとした食感に皮のコラーゲンを堪能しながら。
そんな感じで友人と合流のために店を後に。

そんな話を班長にしてたら飯を食いに行こうと言う事で。連投です。

一軒目は焼き鳥屋台で飯を食って。さぁ次だと言う事で。
再度訪問。
カウンター中央に座って早速酒を。
本日も2件目のハシゴと言う事で焼酎を芋でいただきつつ。

DSC_0799
らっきょうに

DSC_0800
ポテサラを。ネットリとしていい食感。このくらいのマヨネーズがいいなぁと。

DSC_0801
がんもどき。しっかりと表面が上がってて、中の豆腐感もしっかりと。

DSC_0802
昨日気になってたから揚げを。大ぶりで結構な量。
ジューシーで衣もパリッと2度揚げ。

DSC_0805
ソーセージに玉子焼きと言う事で。
なんとなくおにぎりのお供と言う感じに。

DSC_0806
梅ひじきのおにぎりに塩サバのおにぎり。

DSC_0807
本日もやっぱり鰻茶漬けで終了。
いや、堪能しました。ごちそうさまでした。〆の店でゆ喜さんも言ってましたけど、さらに選択肢が増えたなぁと喜びの声が。
一日目が4,000円くらいだった気が。二日目が7,500円ほどだったような。
なんにせよ酒がぶ飲みし過ぎたなぁと。ともに一人で焼酎5,6杯ほどだったと。
小倉の夜を満喫です。

福岡県北九州市小倉北区堺町1-1-7 ロイヤー堺町ビル 2F

TEL:093-533-3376
営業時間 18:00~2:00(日曜定休日)
おにぎり屋 一善

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:48|PermalinkComments(0)

2017年01月28日

門司区 ふぐ料理・懐石料理 てん花 料理長おすすめ きまぐれ膳

大神商店のベアーです。

ふらっと門司港まで足を延ばして食事でもと言う事で。
気になってた店にお邪魔です。

DSC_0728
ふぐ料理・懐石料理てん花さん。
ずいぶん前に食事を兼ねて散策してた時に候補に挙がってたお店で、少し敷居が高そうだなぁと思いつつ通り過ぎた記憶があった場所。
そのうち行ってみようと思いながら心のフックにひっかけてたのを思い出し、ちょっとランチに行ってみることに。

DSC_0729
こんな看板が出ておりました。
早速店内へ。
引き戸を開けて入店です。
中々作りがよさそうなそんな具合。
店員さんに1人である旨を伝えると、カウンターのような席に案内されました。
座敷等もありそうな雰囲気。
一段そのまま靴のまま上がり、カウンター席へ案内です。

DSC_0730
書かれてあった夜メニューなどなど。
リーズナブルとは言いませんけど、意外に時価ではないなぁとか思いながら。

ランチメニューを拝見しつつ料理長おすすめ きまぐれ膳をお願いします。
夢御膳とか花御膳とかそんな感じもあったような。
少し携帯をいじりつつ待ってますと、板さんが登場。
刺身を切り分けていきます。
まだ皮付きの柵から皮を剥ぎ、包丁で丁寧に素早く。そんな感じで。器に盛ってそのまま退場。
そんな感じを少し見つつ待ってましたら配膳です。

DSC_0731
3段の器が入った入れ物で配膳です。
瓢箪状にくりぬかれた脇から容器を引き出す感じで。

DSC_0732
全体を写メって。

DSC_0733
一番上がチョイスのカキフライ。

DSC_0734
二段目は刺し盛り。

DSC_0735
三段目は香の物などなどと
早速いただきます。
まずはと言う事で。刺身から、ヒラマサに鯛と豆腐?とおもって醤油を少し付けてわさびを乗っけると湯葉ですか。確かに弾力が桁違い。箸で切れないなぁと思ったほどで。
ヒラマサも鯛も鮮度が高めでいい食感。プリッと身が締まっていい感じ。
わさびを乗っけて巻いてちょっとだけ醤油をつけていただく。たんぱくですが、噛むと旨みがしっかりと。
次と言う事で。
カキフライをいただきます。
かなりしっかりとした衣。カリッと音を立てるほどに。
中のカキは大粒でジューシー。旨みもしっかりと。
ソースでいただくのかな?と思ってましたら、膳の上に少量のタルタルも完備。
少し乗っけていただきつつ、ご飯を頂く。
付け合わせのサラダもいいポン酢の風味。
シャキシャキのレタスの食感を噛みしめながら。
三段目の香の物をいただきます。
きんぴらにひじきに、カブかな?と。
きんぴらはいい醤油風味。濃すぎず、かといって素材の味しかと言うわけでも無く。
野菜もゴボウにれんこん、ニンジンにいんげんなどなどと。
ご飯が進むなぁ。
ひじきは少し梅酢が足されててこれまたスッキリとした風味。
カブが紫蘇で浅く漬かったようでポリポリと。
お吸い物はわかめに玉麩と。上品かつあっさりとした感じに。
ご飯をいただき、吸い物をいただく。

DSC_0736
そうこうしてましたら、茶碗蒸しが配膳されました。
蓋を開けると、三つ葉の香りが際立つようで。
中に海老とギンナンが。
出汁の濃さも適度で素も無いキレイな仕上がりで。
さすがは和食の店といった感じ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。これは中々いいなぁと思いながら。
料理長おすすめ きまぐれ膳で1,050円と。消費税5%から値上げしてないのかな?とか思いながら店を後に。
結構なおなかと心の満たされ具合で満足しつつ。
福岡県北九州市門司区栄町10-8

TEL:093-331-8080
営業時間 11:30~14:30/17:30~22:30(不定休)
ふぐ料理・懐石料理 てん花

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:38|PermalinkComments(0)

2017年01月01日

八幡西区 お茶漬け専門店 千 鶏皮、ゴマ鯵茶漬け

大神商店のベアーです。

黒崎で飲み歩き、カラオケを歌いつつそろそろ終電前ほどのお時間。
帰り際に〆で何か食べて帰ろうという事になり。ふらふらと歩きながら店を探します。
ラーメンとかうどんとかそんな感じを考えながら歩いてますと、目の前に大きく千の看板が。
どうやらお茶漬け専門店の様子。
早速という事で、友人と訪問です。

DSC_0397
白い大きな看板が目の前に。
あかりもしっかりとと思ってます。
早速店内へ。扉を開けると、以前はスナック経営の様子な店舗。カウンターがに椅子がずらっと。
まぁ店の門構えからそんな感じがプンプンと。
とりあえず、焼酎をいただきつつ、なにかつまみをという事で。

DSC_0399
鶏皮をおねがいしました。
少し暖かめの仕上がり
プリッとした触感で意外に硬さはなく
濃いめな醤油ダレがかかってていいお味。
ゴマのプチプチをアクセントにゆっくりといただきつつ焼酎をのみほします。

DSC_0400
お茶漬けという事で。
ゴマ鯵茶漬けをいただきました。
漬けのゴマ鯵にたっぷりの焼きのりが。
ポットの出汁をかけていただきます。

DSC_0402
鯵の身に直接かからないように回りから甚割とまわしかけてノリがしんなりとする姿を堪能。
熱気でほのかに熱が入り、鯵の表面が白く霜が降りた感じあたりでつまんで一口。
切り身がホロホロと崩れる感じを堪能です。
出汁もしっかりと濃い風合い。海苔の香りに出汁の風味。
ごはんも出汁気を吸って少しふやける手前ほど。
少し固めの炊き加減のごはんを流し込むように。
ゴマの香ばしさも歯でプチプチと楽しみながら。
少し出汁を追加で足して飲み干しつつ完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
〆に出汁の効いた茶漬けのおかげでまた飲みたくなりついつい小倉で迎え酒。いい味でした。
ゴマ鯵お茶漬けは800円ぐらいだった気がします。鶏皮もそこまで高くなかったような。
福岡県北九州市八幡西区藤田3-4-7

TEL:
営業時間 
お茶漬け専門店 千

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 14:50|PermalinkComments(0)

2016年12月20日

八幡西区 JAPANESE RESTAURANT 太賀 イカの一夜干し、鶏つみれ汁、野菜のかき揚げ、ギンナン

大神商店のベアーです。

師走と言う事で少し日中が追われつつ。あと少し頑張って仕事収めと言いながらせっせと作業をこなす日々。
さて、班長と共に黒崎行脚と言う事で。
気になる路地を歩んでいきつつ、どうしようかと通り過ぎる手前、何やら寿司屋のような、店構えのお店がそこに。
白い壁に看板も洒落た感じで。

DSC_0200
JAPANESE RESTAURANT 太賀さんです。
間接照明がいい感じ。
興味は沸きます。お高いんでしょ?そんな雰囲気も。
そんな中も興味を引くとそこに行かないとという使命感で。
早速中へ。引き戸を開いて店内に入ると、意外に明るい感じで。カウンターに数席。奥には半個室的な座敷が並んでる様子。
2人である旨を伝えつつカウンターに案内されました。

DSC_0202
カウンターの上にはおばんさいというか。大皿料理がずらりと。
注文をしつつ、

DSC_0204
黒龍をひやでいただきます。
いい感じの陶器の徳利に入れられての配膳。
早速くいっと一口で。

DSC_0206
こんな飲み方ならばと言う事で、イカ一夜干しをお願いしたらゲソしかと言う事で。
ゲソとエラ部分をいただきます。
コリっとまではいかないゲソの食感。いい弾力を堪能しつつ日本酒を煽る感じで。

DSC_0207
鶏つみれ汁をいただきます。フワフワの鶏ダンゴ。食感は柔らかいですが、しっかりとした旨み。出汁もガラ風味から鶏の出汁がしっかりと。
身も心も温まりそうな感じで。

DSC_0208
野菜のかき揚げと言うか天ぷら。
ごぼうのシャキシャキとした食感から春菊のパリッと揚がった風味も程よく。
天つゆにさっとくぐらせる程度でいただきつつ。最後は塩で。

DSC_0209
ギンナンでさらに日本酒をいただきます。
ホクホクの身に多少の塩分。日本人の醍醐味。
中々止まらない手、日本酒もどんどん消えていく姿が。
軽く飲みつつ、馬鹿話をしつつ夜は更けて行く感じで。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
日本酒2合に料理にソフトドリンクで6,000円程度だった気が。
そこそこ酔いが回ってた感じで。
福岡県北九州市八幡西区熊手1-1-12

TEL:093-622-1233
営業時間 
JAPANESE RESTAURANT 太賀

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 20:24|PermalinkComments(0)

2016年12月08日

小倉南区 四季の料理 嵯我野 限定20食セット

大神商店のベアーです。
 
今日も小倉南区近辺と言う事で。
時間もいいころ合いのお昼。
先日訪問させていただいた楼蘭さんの隣にあったお店も気になってたので早速行ってみようと言う事で訪問です。

DSC_0095
四季の料理 嵯我野さんです。
和食な感じが漂ってるのがまたいい感じ。
表にA看板が。メニューかな?と思って近づいてみたら今日のメニューが書かれてます。
ほかに特段メニュー等は貼ってない感じで。

引き戸を開けて店内へ。
一段上がって座敷スタイル。
靴を脱いで下駄箱へ。座敷と掘りごたつ式のカウンターが。
結構な繁盛店の様子で、埋まるくらいの席で皆さん食事中。
1人である旨を伝えるとカウンターに案内されました。
テレビの脇です。
お昼のセットでいいですか?と言う事でしたのでそのままお願いしました。

カウンター内から調理風景が確認。
あらかじめ準備されてる食材や小鉢をお盆に配置しつつ。鍋に出汁を投入したりと。
そこまで時間がかからずに配膳です。

DSC_0097
お昼のセットです。

DSC_0099
鍋アップ。
早速いただきます。
1人鍋に小鉢が3つ。ぶっかけの冷そばに茶碗蒸しと品目も多め。
ご飯は鯛めしだそうで。
まずはそばからと言う事で。
乾麺スタイルの蕎麦が茹でられてスタンバイされてた感じ。出汁と海苔がかけられてて、一品料理な具合で。
ランチの小鉢で出る感じ。鰹節の風味が結構感じます。
海苔と鰹節が乗ってるのかな?とか思いながらもズズズっと一気に。
このだしでかき揚げをいただく様子。
中央にあるかき揚げを蕎麦だしに付けていただくと、ほんのりと油が出し汁に溶け出してコクが追加されます。
パリッとした食感のかき揚げ。中の野菜もふんだんに。春菊とかさつまいもにニンジンなどなど。
結構ボリューム感があったり。
サラダのような湯で野菜の酢味噌和え。
確かに酸味のあるドレッシング。こんな使い方もあるんだなぁと感心しつつ。
もやし等の茹で野菜にしっかりとした酢味噌の酸味が乗っかる形で。
唐揚げにしんじょにナスとピーマンの素揚げにあんかけをかけたものが。
全体的にしんなりと。
さて、鍋です。
野菜ふんだんに。
白菜に春菊、ネギにえのき。中にフグの身も1切れ、2切れほど。
ポン酢でいただきつつ。シャキシャキした食感と日ごろいただいてない食物繊維を堪能しつつ。
さて、鯛めしを。
炊き込みご飯の風味。見える鯛の身と。
醤油ベースの出汁で炊かれてこれは中々しっかりとした味。そのままでも頂ける感じですけど、鍋の出汁をポン酢で割りつつ少し口に含みつつ。
茶碗蒸しもギンナン、鶏肉、かまぼこなどなどと。少し固めに蒸された具合で。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
和食のランチで品目多め。これは近場にあればたまに通いたい店だなぁと。
なんせ、ランチの価格が600円と驚きの設定で。
なかなかいい感じ。
福岡県北九州市小倉南区徳力3-7-18 コーポ佐野 1F

TEL:090-6295-9480
営業時間11:30~14:00(夜は完全予約制だそうで)
四季の料理 嵯我野

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 20:36|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気