寿司

2016年12月31日

八幡西区 鮨屋台 握り屋 鮨コース飲み放題付き

大神商店のベアーです。

業務が終わってさぁどうしようかといつも考えることですが、久しぶりに休日返納でバタバタしてたので不満も溜まり、なんか発散したいなぁと。
班長は20年来の友人ですが、愚痴言う間柄でもないしなぁと。八幡西区折尾近辺の友人に連絡を入れてみたらたまたま小倉に居るからと言う事で合流して飲むことに。
場所は友人のホームの黒崎でと言う事で。
黒崎再来です。

さぁ何を食べようかと相談。
肉も魚でもと駅周辺をぐるりと回りつつ散策です。
餃子、炊き鍋、ちゃんこ、焼き鳥などなど。いろいろ候補に上がりますが、年の瀬なのか、黒崎の活気なのか満員御礼でなかなか座るまでに至らず。
鮨に行こうと言う事で友人の案内で路地のあたりへ。

DSC_0380
鮨屋台 握り屋さん。元八仙閣さんが入ってたそうで。鮨屋台の文字が無いとマッサージ店のような感じが。
少し薄暗めな階段を上り上がっていくとにぎやかな店内。
丁度2席カウンターが空いてたので案内されました。
店内はカウンターとテーブル席の様子。
大勢の方が食事にお酒にと楽しまれてる様子。

DSC_0383
ネタもだいぶ減ってきてるなぁと。時間としては8時前ほどで結構回転してるのかなぁ。

DSC_0382
メニューを見つつどうしようか考えます。
アラカルトで食べたい単品をいただくのか、それともコースで行くのか。
思考をやめて店にゆだねる形でと言う事で、鮨コースをお願いしました。

DSC_0384
生ビールをいただきます。
うっぷんを晴らすためにがぶがぶと。
飲みつつ、友人が飲み放題とかあったよね?と店員さんに。
どうせ上等な酒をちびちびと言うよりビールがぶ飲みだろうからそれをお願いしました。

DSC_0386
お通しです。煮魚。箸で身をほぐすとホロホロと連鎖的に崩れそうな感じ、口に含むと言い出汁加減に染み具合。
煮汁も辛さはなく、わかめも和えると結構いい味に。
一発目どころか、お通しでこれなら焼酎だなぁとか思いつつ。

DSC_0387
刺し盛り3品です。トリ貝、鯛にタコ。かなり大き目な切り口のタコ。薄造りで数枚に分けてくれたらどれだけお酒が進むのかとか考えます。
鯛もプリッとした食感。たんぱくですが、魚の旨みを感じつつ。
トリ貝の弱コリっとした食感にわさびを少し足しつついただきます。

DSC_0390
生ハムのサラダ。
サラダの生ハムは結構厚めなスライス。
ドレッシングも和風。酸味もそこそこで、濃いめの味付け。
ビールとサラダをあてにしながら。

DSC_0389
煮穴子が。
箸で切れる柔らかさ。中までふっくらな仕上がり。
煮汁もいい出汁で穴子のホロホロと崩れるほどの食感。
わさびを上に乗せて少し風味を変えたりと。

DSC_0391
こうなると完全に焼酎へ移行です。
麦の二階堂をいただきました。
香りはほのかに、臭み少な目でキリっとしたアルコール感。
日田を少しアピールしつつ。

DSC_0392
和牛のローストというかステーキ。佐賀牛だったかな?
柚子胡椒と共にと言う事で。
柔らかくて脂がしっとりと。赤身部位の隙間から湧き出る肉汁がなんとも。
脂っぽさをそこまで感じず。

DSC_0394
鮨7貫です。たんぱくなイカから始まり、鯛にすずきにトリ貝、海老にカンパチにマグロと順に身の味わいが濃くといった感じの並び。ガリも甘酢でつかってて、かじると生姜の辛味が口いっぱいに広がるほどで。
結構な量のお酒を飲みつつもしっかりと味わいます。

DSC_0395
なめこの赤だし。
キノコの量が多めでヌルットしたなめこの食感を堪能しつつ。わかめの噛むとコリっとした歯ごたえをアクセントに。

DSC_0396
デザートは和三盆のアイスだそうで。
甘みがそこそこ。風味はチョコレートアイスのような感じだなぁと思いつつ。
久しぶりに寿司食べたなぁとしみじみ。
堪能です。ごちそうさまでした。黒崎のちょっとした隠れ家スポット的な感じで。
鮨コースに飲み放題で5,400円でした。飲み放題が1,400円と言う事で。結構リーズナブルな感じ。
福岡県北九州市八幡西区黒崎2-9-15 2F

TEL:093-645-4356
営業時間 18:00~23:00(日・祝定休日)
鮨屋台 握り屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:40|PermalinkComments(0)

2016年12月11日

飯塚市 いけす回転寿司 わっしょい おまかせにぎり(上にぎり 彩)

大神商店のベアーです。

飯塚近郊をぶらぶらとドライブです。
晩飯をどうしようかなぁと考える間にいつの間にか。
小倉の街中で酒を入れつつとか、はたまたその他の場所で酒無しの食事をとか。
考えながら移動してたらついつい飯塚付近まで。
小倉に戻って餃子にビールとかもいいなぁとか思いつつ飯塚警察署付近を走行してましたら
通りで見かける海鮮丼の看板。
そういえば、あそこ興味は惹かれてたなぁと思い少し寄ってみることに。
まぁ海鮮丼食べて軽く飲みに出る感じでもいいし。と

DSC_0123
いけす回転寿司 わっしょいさん。わっしょいの文字と海鮮丼の看板ばかりに目が行ってましたけど、回転寿司だったんだなぁと。

DSC_0124
近くに寄ってみるとランチの看板が立ってます。
結構古い感じで。
早速店内へ。
中はひと昔古い感じの回転寿司のお店の風貌。
待合のベンチがあったりするので、昼は繁盛してるのかな?とか考えつつ。
たまたま入った夜9時過ぎだったので人はまばらでぽつぽつと。
コの字になったカウンターの左側へ座ってみます。
回転寿司のレーンを回ってるのは数皿ほどで、ほとんど何もない状態。
大将が中で握りつつお客さんに提供しているスタイル。
まぁ閉店まで時間がないですし。

DSC_0125
脇にありましたメニューを拝見。
表は寿司ネタメニューの様子。
海鮮丼もメニューにありますが、さぁどうしようかなぁと。
海鮮丼の特選(時価)の文字もちょっと気になるところですが、まぁ寿司屋ならば寿司をいただくかと言う事でおまかせにぎりの彩をオーダーです。
店内をグルグル回るレーンに数皿が回りつつ時間が流れていきます。
奥のテーブル席のお客さんからコーンマヨのオーダーが上がったりと。
古さはありますが、意外に目新しい系のメニューもあったりと。

DSC_0127
そうこうしてましたら配膳です。
上にぎり 彩
左下からイカ、海老、たまごにウニ、いくら。
メバチの赤身にカンパチ、鯛、玉ねぎのスライスが乗ったエンガワにトリ貝となかなかいいチョイス。
本日はサーモンがきれてましてとの事でしたがいえいえ大丈夫です。
早速いただきます。
全体的にシャリがモッチリとそこまで大き目なにぎりではないので適度の噛む感じ。
ネタはプリッとしていい食感。うにもミョウバンの苦味をそこまで感じないくらいで。
メバチの赤身の鮮やかさに少し抵抗を感じつつも全体的に固めの仕上がりで。
以外にしっかりといただきました。

DSC_0128
赤だし付きで具は麩にわかめ。赤だしもしっかりとした味噌の感じに出汁も上々。
アツアツをいただきつつ、

DSC_0130
茶碗蒸しもしっかりと蒸されてあとから提供です。
玉子のプルンとした蒸し具合に出汁がしっかりと。
三つ葉のの風味と4分の1ほどにカットされたシイタケ、かまぼこ、鶏肉も少し大き目で投入されてて意外にいいボリューム感。
まぁこんな感じかな。
ごちそうさまでした。期待よりよかった食事になりました。
まぁランチがメインのお店なのかなぁと思いつつ。
上にぎり 彩で1,280円+税。
まぁそれなりに。海鮮丼をランチでいただきに来てみようと店を後に。
結局小倉に帰り着いたのが11時前と言う事もあり、そのまま寝ることに。まぁそのうち飲みに出ようと。
福岡県飯塚市有井332

TEL:0948-82-1312
営業時間 11;00~22:00だったような
いけす回転寿司 わっしょい

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:44|PermalinkComments(0)

2016年07月24日

小倉北区 小金丸流 丼丸 どんまる丼特盛、味噌汁

大神商店のベアーです。

ここ数年よく見かけるワンコインの海鮮丼屋。
持ち帰り用みたいな形でたまに見かけてました。
宗像の3号線沿い、以前の大作ラーメンさんの跡地に出来てたりと。
そういえば野間でも見た記憶があったりと。
フランチャイズチェーンの丼丸看板。
大畠に新しく出てた様子を班長から連絡があり、行ってみることに。

DSC_5176
花輪が飾られてて新規OPENの様子。
以前うどんさくらさんとか、ドキドキうどんの店がテナントに入ってました跡地。早速駐車して訪問です。
持ち帰りメインかと思いきや、店内で食事も可能な様子。
引き戸をスライドして店内に入りますと、居ぬきの状態。カウンターとテーブル席は変わらずですが、店内の壁紙等は少し変わったのかな?と思わせる仕様。

DSC_5173
早速メニューを確認。内容としては、均一価格。で60種類から選ぶ形に。

DSC_5172
店入口に貼られてあったメニューが中にもしっかりと。
店舗の名前がついてるどんまる丼の特盛をお願いすることに。
味噌汁、お吸い物はどうですか?とのお声がけでしたので、味噌汁をお願いします。
オーダーを通して少し待ってたらすぐに配膳されました。

DSC_5175
どんまる丼に味噌汁。

DSC_5174
変わらないくらいですが、海鮮丼アップ。
早速いただきます。
全体的に盛り具合は多め。切り身も大き目カットで食べごたえがある感じ。
ガリもかなりの量が。
酢飯は少し強めかな。酸味を若干目強めに感じます。
具はマグロにサーモンとイカにネギトロ。
鮮度も抜群というより、調理された食材を乗せた感じなのかな?と思いながら。
ネギトロの量はしっかりと。以前通販で購入してみたネギトロの一パック350円ほどの量がドンと丼に。
量は申し分ない感じです。
少し困ったのがわさびを溶かす皿とかあったらなおいいなぁと思いながら食べ進みます。
味噌汁はわかめの味噌汁。インスタントではなく作ってある感じ。
一杯いただいて結構おなかが膨れる感じでした。
ごちそうさまでした。
特盛800円に味噌汁50円だと全体的に安い感じですが、海鮮丼が500円で大盛ならそれで満足かなぁとふと思ったり。
スーパーとかで購入できる寿司惣菜を少し良くした感じ?
福岡県北九州市小倉北区大畠2-8-31

TEL:093-777-3357
営業時間 11:00~21:00 (水曜定休日)
小金丸流 丼丸

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:45|PermalinkComments(0)

2016年06月16日

小倉北区 京寿司 大畠店 回転寿司、鮭かま、真子と白子の煮物、茶碗蒸し

大神商店のベアーです。

班長が長旅より戻ったとの連絡があり、なら飯でもどう?と晩に出かけます。
基本的に帰ってくると大衆的な食事(カレーとか、資さんうどんとか)を欲する奴ですが、なんとなく予感が働いてたのか、昼に焼きカレーを食った話をしてスルーしつつ。
焼き肉の話題は逆にスルーされてしまいましたが。
さてノープラン。どうしようか?と悩みどころですが、班長が久しぶりに食べたいと思い立った食べ物が。ならそれをと言う事で、一路小倉北区大畠の京寿司さんへ向かう事に。

DSC_4751
北九州市内でもかなり展開されてる回転寿司チェーン。

DSC_4752
本日のおすすめが書かれてる回転寿司屋ってあまり見かけないですよね。
昔小倉の紺屋町でバイトをしてた時、麻布21ビル1階の京寿司さんで労働後のビールをあおってたのは懐かしい話。
他にも、いろんな形態の店を展開されてる様子。
魚マルシェさんとかも画面のCMで見た記憶が。
早速中に入ります。
食事の時間はある程度落ち着いてる様子。
入って店員さんに声をかけると席へ案内いただけました。

DSC_4753
回転寿司ですけど、手元のリモコンでオーダーも可能。
メニューもしっかりと置かれてます。
個人的にとりあえずのビールをオーダー。
写真撮ったはずですけど、たまに記録されてない現象に見舞われつつ。

DSC_4755
カンパチ

DSC_4756
炙りの鯛をレモンと塩で

DSC_4762
メネギのピリッとした辛味に、シャキシャキの食感を堪能しつつ

DSC_4759
サーモン巻。鉄火のしっかりとした赤身も好きですが、これもなかなか。

DSC_4765
カワハギの肝軍艦。濃厚な味わい。
そんな寿司をいただきつつ、

DSC_4758
本日のメインの真子と白子の煮物。
出汁は薄味で冷まして配膳。しっかりと出汁が染みてます。
生姜の風味がいい。辛めでも無く臭みも無く。
真子のプツプツとした魚卵の食感もいいんですが、個人的な好みは白子のクリーミーな味わい。
これでビールを一杯追加。

DSC_4764
さらに、半額だった鮭のカマをいただきつつ。
脂がしっかりと乗ってて、いい身のほぐれ具合。
醤油をかけた大根おろしを少し乗せていただくと、脂分もさっぱりと食べて2度おいしい感じに。
身をゆっくりほぐしながら、さらにビールを注文しつつ。
これと、白子の煮物でビールが何杯でも行けそう。そんな予感。

DSC_4769
しっかりいただいたので最後の〆感覚で茶碗蒸しをオーダーです。
形成は弱固め。いい固さです。
中にギンナン、鶏肉、かまぼこ等の一般的な茶碗蒸しですが、出汁具合がまた良く。
胃を落ち着けつつ堪能いたしました。
周囲の回転寿司より少しグレードが高い分満足度と出ていくお金もそこそこで。
飲みとして考えたらビール3杯でこれは安いかなぁと。合計3,500円ほどだった気がします。
堪能です。ごちそうさまでした。
福岡県北九州市小倉北区大畠3-7-65

TEL:093-512-6622
営業時間 [月~金] 11:00~15:00 17:00~22:00 [土・日・祝] 11:00~22:00(年中無休)
京寿司 大畠店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:22|PermalinkComments(0)

2016年01月17日

門司区 栄寿司 上にぎり、ネギトロ巻

大神商店のベアーです。


仕事で新門司方面に。クライアントと会う用事で11時に待ち合わせ。
訪問そうそうに内容の説明等を行い、業務は終了。
新門司です。なに食べよ。

以前から気になってた店が開いてるのかなぁと思いつつ店の前を通ってみることに。

暖簾がかかってるのでやってる様子。

DSC_3040
栄寿司さんです。
フェリー場からの帰り道で、通りからひっそりと看板が見えてましたし、新門司なんて海の近い場所で構えてるお店なので少し興味がありました。

早速中に入ります。
玄関から入って右に曲がるとカウンターに座敷等。
どうやら予約で結構満席。
1人である旨を伝えると、カウンターに案内いただけました。
横までお盆が並んでます。お昼にみなさん来られる様子。

DSC_3041
メニューを確認。お昼のセットメニューも見当たりますが、ちらし寿司に天ぷらとかあら炊きとか、にぎりがいいなぁということで、上にぎりをお願いしることに。
追加で巻物とかと思いつつ、鉄火かネギトロか、スペシャル巻なんて興味はありますが、ネギトロを注文。
カウンター前で大将が作業を開始、アナゴをバーナーで炙ってる姿を見るとちょっとワクワク。

DSC_3043
そうこうしてると配膳いただきました。
上にぎり。早速いただきます。
まずはアナゴ。ふっくらとした身に煮きったタレが甘辛く上品。熱が入った身の脂が適度に染みて口に広がる風味がなんとも。
シャリ玉も少ししっかりと握られてます。噛む楽しみを感じつつ。
ウニの軍艦巻きをいただいた時に感じた海苔のしっかり感。磯の風味がまたいい具合。
縁側も少量の醤油をつけた程度でしっかり噛みつつ。旨みがじんわりと広がる感じで。
エビもプリッとした食感がなんとも。
鯛の身がそれ以上にプリッとして噛む弾力を感じます。身の鮮度が高いので硬いとまでいかないほどの身の締り。
中トロも適度の脂身に身の旨味がなんともいい具合。このくらいの脂の乗りがいい感じ。
葉で隠れてますが、イカの握りに少し驚き。
そうめんほどの細さではないですが、少し太めに繊維を断って束ねて握られてます。
おかげで、口の中でイカの身が噛みやすい。ひと手間ですね。

DSC_3044
おすましはブリの身にわかめでした。
ブリの脂が染み出て椀の表面に油膜が少し。なんとなくうれしい感じ。
ブリの身の表面に膜が。片栗粉をまぶして湯に通した様子。旨みが凝縮。中はしっとり。
おいしい椀でした。

DSC_3046
ほどほど食べ終えたあたりで配膳です。
ネギトロ巻。2本でしたか。厚みもありいい量です。
早速つまんで少し醤油をつけつついただきます。
海苔がモッチリと厚めの中を噛むとプツリと切れて中からシャリとネギトロが出てきます。
表現としては適切ではないかもしれませんが、ソーセージのを噛んだら皮がプツリと切れる食感くらいの弾力。
海苔が意外においしい。
ついついパクパクとテンポよくいただきました。
ごちそうさまでした。
町の寿司屋さんって感じを十分に堪能です。
まだまだ、鉄火とか刺身系とかをお酒をいただきつつやりたい気分に。
午後の活力になりました。
上にぎりにネギトロ巻で2,700円悪くない感じ。
福岡県北九州市門司区吉志2丁目21-19
TEL:093-481-5353
営業時間 11:00~ランチ営業も実施中
栄寿司

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:03|PermalinkComments(0)

2016年01月02日

小倉南区 創作寿司 旬の味処 心 上寿司ランチとおせち

大神商店のベアーです。

正月です。
班長と正月についてのプランについての話し合い。元旦は店が開いてないけど食レポも華麗にかつ力強く!また、豪華に絢爛にそんなプランの思考をです。
ということで、創作寿司 心さんでおせちをいただこうということで訪問です。
前回(http://ookami.blog.jp/archives/22289753.html

DSC_2680
久しぶりにランチをいただきつつおせちを注文と言うことで。
日曜日もランチをやってるんですが、たまたま第三日曜日に訪問して閉まってたりとかでアクシデントもありつつ。

DSC_2693
ランチ営業中。さっそく中に入ります。
中はカウンターに4、5人程度で座敷はまだ入った事なしです。
とりあえず、カウンターに座って上寿司ランチを注文。

DSC_2681
まずは鯛にイカ。
鮮魚です。プリプリとしていい食感。

DSC_2682
お稲荷さん。甘く炊かれたあげに酢飯の具合がまたいい感じ。

DSC_2684
プリプリのエビに少し甘めに食感が少し固めの玉子。

DSC_2685
ハマチに大葉を巻いたヒラメ。

DSC_2687
トリ貝の軍艦。コリコリとした食感がいい感じ。

DSC_2688
お味噌汁です。具はわかめにえのき。ネギもいい具合の長さで具感がうれしい感じ。

DSC_2689
海鮮巻きも大葉の風味がよく効いてます。

DSC_2690
最後にウニといくら。ネットリとした旨みがまた口の中に残ります。

DSC_2691
茶碗蒸しもいただきましt。
出汁が効いた茶碗蒸し。ゆずの香りがいい感じ。
昼から寿司を堪能です。
これで1,500円だからいい感じ。
そのままおせちを注文です。
1月1日に出来ますとの事でしたので、正月の晩御飯が楽しみに。

と言うわけで・・・

DSC_2862
おせちです。
3重の重箱に紫の風呂敷。正月感満載です。

DSC_2868
風呂敷をほどくと鶴に松のふた。気持ちワクワクです。

DSC_2869
一の段エビに餅。鴨にハム、数の子に車麩に筍に金柑と豪華な振る舞い。

DSC_2870
二の段は9分割で紅白なます、黒まめにエビ、筑前煮などなど、真ん中のゆずをくり抜いた中にはイカの塩辛が

DSC_2871
三の段は巻物に稲荷巻きに押しずしと寿司屋の真骨頂。

DSC_2880
ビールも瓶のプレモルをキンキンに冷やしたモノをいただきました。グラスもいい雰囲気。美味しくいただきます。
エアコンで暖めておいた部屋で冷えたビールがまたいい感じ。

DSC_2876
全体図。堪能です。正月の宴を堪能。一つ一つの作りもしっかりしてて、これまたいい晩餐。
堪能いたしました。
ビールを堪能したあとは、家にあった海老名酒造の?を開けつつ
宴は続いていきました。
ご馳走様でした。
堪能いたしました。

上寿司ランチに茶碗蒸しで1,500円、おせちで21,000程度だったと思います。
今年も一年努力で邁進いたします。
福岡県北九州市小倉南区若園1-20-16
TEL:093-922-5923
定休日 木曜日・第三日曜日との事
創作寿司 旬の味処 心

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 14:48|PermalinkComments(0)

2015年12月20日

小倉北区 平四郎 大手町店 旬の10貫にぎり

大神商店のベアーです。

ちょっと忙しく、なかなか席を外せない感じでお昼を迎えました。午後もほとんど埋まってます。どうしよう。
そんな時にサッと食べてサッと出れる店が一番いい感じ。
ラーメン、うどんに、マックなどなど。
いわゆるファーストフードのお店ですね。

何を食べるか、どこで食べるかを考えつつも時間は刻一刻と過ぎていきます。
その時間がもったいないということで、大手町のスピナーマートへ。
西鉄系のスーパーに併設されてる食事処へ行こうというわけで向かいます。

DSC_2665
と言うわけで今日は平四郎 大手町店さんへ。
ランチをやってるのでササッと頂いて、ササッと仕事に戻ります。

扉を開くと風除室さらに奥に扉が。開くとカウンターがUの字型に、奥にはテーブル席が。結構広め。
手前のカウンターに腰をおろして、メニューです。
iPadの単品メニューもありますが今日はランチ。

DSC_2669
旬の10貫にぎりをいただきます。
上にぎりも前食べましたが、そこまで変わらないなぁと思いつつ。

DSC_2667
お椀がサービスだそうで。さっそく一口。サーモンのあら汁です。
脂が浮いていいコクです。
味噌も濃すぎず、辛すぎず。
回転鮨ですが結構高級店
単品で回ってるメニューも3貫600円程度だったりと。
いいお値段。

DSC_2668
目の前で職人さんが握ってくれてます。
10貫にぎりです。
中トロ、鯛、エビ、イカ、ブリ、カニ、玉子に炙り赤身、ウニにいくら
豪勢です。
玉子も包丁を入れて中に酢飯が入ってたりと手が込んでます。
これはいい感じ。
周囲のお客さんはこれに一皿追加ほど。
確かにこの品目に+αをしたとしてもそこまで高くないし。
お寿司を堪能です。
ご馳走様でした。
旬の10貫にぎりで1,080円。いやー安いと思います。
福岡県北九州市小倉北区大手町12-4 スピナガーデン大手町 2F
TEL:093-591-0070
平四郎 大手町店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 07:11|PermalinkComments(0)

2015年10月24日

小倉南区 寿司正 寿司にぎりセット ビッグ

大神商店のベアーです。

故三波春夫氏の生前の言葉が少し頭によぎったお店でした。悪い意味で。

「お客様は神様です。」
よくクレームの申し入れの際に発せられる言葉となってしまっておりますが、本来の意味は「客だぞ!偉いんだぞ!」と物を購入する側の意識ではなく、販売する側・つまり店側が「おいしく頂いてくれてありがとうございます。」とか、「喜んでいただいてありがとうございます。」といった気持ちで取り組むための言葉と認識しております。
春夫氏の歌を楽しんで聞いてくださるお客様は神様です。と言った意味だったと理解してたのに、言葉面だけ取って販売する側、購入する側の上下関係を作り上げるような言葉になっている不思議。

物を売る側の権利として「売らない」という権利もあるんですが、利潤追求のため販売するケースもあり、購入側としてもお金という対価を出して購入するので、どうしても上下関係のような構図になってしまうのは仕方が無いのかなぁと。

本来、等価交換なので売る側、買う側は対等な立場なんですけどね。
それゆえ、自分も注文の際は「生ビール1杯ください。」と言うわけです。購入するには購入する側の礼儀もあるのかなぁと。自分の信条なので、ほかの人には求めるものではないですけどね。
営業時代の先輩の教えを今でも刻んでおります。

さて、班長と共にランチをという事で、南区曽根方向へ足を伸ばします。
安部山の先にある目当ての店は定休の様子。そのまま進んでもぶらぶらするだけだと言うことで、引き返しつつ寿司の話を。
そういえば、最近寿司関連の店記事書いてないなぁというわけで、前から気になってた安部山の寿司正さんに邪魔することに。

DSC_1793
寿司正さんです。下にパーキングがある様子なので行ってみても見当たらず。仕方がないので、別の駐車場へ止めて歩いて移動。
仕出しと持ち帰りも行ってるすし屋さんの様子。結構老舗で50年とか過ぎてる様子。
趣を感じます。
早速中に入ると左手側に座席、右手側にカウンターのつくり。内装はきれいな様子。

BlogPaint
カウンターの先には北九州で有名な某漫画家の先生の色紙と額入りのサインが置かれてます。
そこそこ来られるんでしょうね。

DSC_1795
メニューを見ると探検九州で取り上げられた事をアピールしつつのメニュー表です。
世界一安い「ジャンボ」にぎり。気になります。
というわけで、班長はジャンボ、自分はビッグをお願いすることに。

大将に伝えると準備が進みます。
昼食時分で、2人だけカウンターに座ってほかだれも無しなのは少し気になる所ですけど。

DSC_1796
まずは鯛にマグロです。
ビッグだのジャンボだの書かれてたので、佐伯寿司クラスの大きさなのかと思ってましたけど意外に普通。
早速鯛から頂きます。
身がプリッとしてシャリは若干甘酢の様相。醤油は粘度低めの辛目な感じ。
一口大の大きさでにぎりは少し固め。箸でつまんでも崩れない。
まずまず。
マグロもいい色合いですね。白い筋がきれいに入って鮮やかなばら色。

DSC_1799
あら汁です。大きい。がっつりの大きさです。
出汁は鯛のあらで煮出したつゆ。鯛脂の処理があまり美味くなく、魚の臭みを感じるかな?。味噌も薄めなので少しそこは気になる所。身をほぐしつつ出汁の出たあらを頂きつつ、味噌汁を飲む感じですが、最後のあたりは残してしまいました。

DSC_1797
えびにイカ。イカも飾り包丁が入ってて見た目も鮮やか。身はモッチリとしてますがねっちょりとした歯ごたえは無く。鮮度は高めかな?
えびはぷりっとして歯ごたえ上々。
DSC_1800
サーモンにアジですね。サーモンはそこまで脂感無く、アジも血合い部分でコリッとした食感。

DSC_1801
たこにギョク。たこの身もプリとして歯ごたえは固めですが、噛み切れない感じではなく。吸盤のプツプツは楽しい感じですね。
ギョクは甘みもそこそこ、こざっぱりとした感じでした。

DSC_1802
アナゴです。煮きりのたれが乗ってますのでそのまま頂きます。
ふわっとした仕上がりの身がホロホロと崩れる感じ。どちらかと言えばシャリのほうがしっかりしてるかもしれません。

DSC_1803
ウニの軍艦。海苔もパリッとしてますが、ウニの風味より海苔の風味のほうがイメージとして残ってしまいました。

全体的にリーズナブルな寿司なんですが、大将が終始不機嫌な様子。職人さんで50周年を越える店を構えてるという自信かなぁとか思ったり。
「嫌なら店閉めてたらいいじゃん。」って思いながら頂きました。
常連さんにはにこやかに話して、一見お断りの雰囲気なのかもしれませんね。しかもランチのみ。金になんないし。

消費者側からしても「大将は神様です。」という言葉なんですが、
それは、心をこめておいしく食べてもらおうという心意気があればこそ。
「老舗だから」とか、「この店のルールは俺だ」は常連だったとしても勘弁してほしいところ。
たぶん2度目は無いなぁと班長と話しつつ帰路へ。
時間が時間なら心さんに寄って口直ししたかった気分でした。
http://ookami.blog.jp/archives/22289753.html

にぎり寿司 ビッグで1,350円。ジャンボで550円(あら汁付)安いんですけどね。多少高くても気分良くご飯は食べたい気持ち
福岡県北九州市小倉南区湯川5-1-6
TEL:093-921-8166
寿寿司
ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
  


ookamisyouten at 10:10|PermalinkComments(0)

2015年08月13日

篠栗町 OHANA(オハナ) ハウオリコース

大神商店のベアーです。

篠栗町です。宗像から大宰に抜ける道でしかあまり接点が無いので、そうそう寄る機会に出会わずでした。
博多駅から5駅と利便性もあり、抜群のベットタウンなんですけどね。
今回、おぱげにあの先輩達に同行させていただき、おススメスポットを満喫です。
目的地はオハナさん。以前魚吉さんという店の時に一度訪問でしたが、今回も楽しみです。

夕方7時半に予約で6時過ぎに小倉を出発。九州道をひたすら南下です。
福岡インターから飯塚方面に向けて進み、篠栗駅に到着。目的地は駅のすぐ前でしたにで、駅のコインパーキングに止めて向かいます。
日も傾き、いい頃合いです。

DSC_0669
オハナさんです。看板にgood food restaurntの文字が。照明加減で白く輝いてます。
作りは居酒屋風。黄色い看板にハイビスカスの絵と目立ちます。
さっそく引き戸を開け中へ。
ずらっと酒瓶が並んでて、カウンターと奥に座敷。テーブル席もありです。
内装はハワイアンテイストで、垂れ幕や、仕切りのロールカーテンもハワイアン仕立て。
キティハワイバージョンまで飾られてたり。

DSC_0670
trfさんの曲で振り返ってみると、古いコカコーラのCMが流れてました。若い所ジョージさんも出演してたりと。
懐かしい限り。
さっそく注文です。魚メインということで、ハウオリコースをいただく事に。
飲み放題が3時間180分ですか。たっぷり堪能です。

DSC_0676
まずはキンキンに冷えたビールです。
霜が降りて表面を覆い指の後が付く感じ。さっそく乾杯していただきます。
泡もマイルドでのどが潤います。

DSC_0675
刺し盛りと寿司です。豪勢。
イカはもちもちでスッと歯切れが良く、少しねっとりとした食感が舌を通ります。醤油も少しで噛めば味が深まるばかり。
大トロは醤油を弾くほどの脂の乗り具合。すっと蕩ける感じです。
ウニも濃厚、煮アナゴも口でふわっと溶ける食感。おいしいです。
刺身も鮮度抜群でタイのハラミ部分もコリコリとしていい具合。クジラベーコンなどなど。サーモンもわさびを巻いても辛味が負けるくらいの油分を感じます。
1品目からもう幸せ気分。

DSC_0677
茶碗蒸しです。シイタケにタコ、鶏肉にエビ。出汁が濃厚で旨みが豊富な茶碗蒸し。
卵の蒸し加減も絶妙で、スッとすくうとプルプルと震え、口に含むと溶け出してしまう感じです。

DSC_0678
おばいけの酢味噌和えです。
クニクニとした食感に酢味噌をかけてあります。味噌もふつうの酢味噌より味噌の風味が漂い、単に酸味を感じるだけではなく、コクとまろやかさもいただけます。おばいけも噛めば噛むほど味が染み出ていい具合。ビールを飲みつつ食べてましたけど、スッキリ辛口な日本酒が良かったかもとか少し感じつつです。

DSC_0680
ホタテのバター醤油焼きです。上にタコ足とサーモンが乗せられてました。
これまたホタテ出汁が出てうまい。バターと醤油にホタテの相性抜群ですね。タコもサーモンも少し出汁につけつついただきました。
最後の旨みの詰まったスープも口に含んで、お酒をいただきます。

DSC_0682
伊勢海老のグリルにムースとハム。付け合せにジャガイモとエビのベシャメルソースをかけたものです。
ムースの中身が4等分されてて、ベシャメルソースとパルメジャーノを和えたものにエビムースで固めた感じ。
まさか寿司屋でここまで出るとは。伊勢海老の味噌を付けつついただきます。プリプリなエビの身に、ソースも濃厚な仕上がり。3時間の飲み放題がまだまだ続きます。

DSC_0688
もう一つの売りの焼き肉です。
ロースにタンにホルモン。肉の色がピンク色。霜の入り具合がすごいです。

DSC_0690
あぶる程度にでいただきました。
肉の質感が見た目通りでスッと切れる感じ。噛んだ食感がなにより筋繊維を感じないくらいの柔らかさ。
抜群な肉でびっくり。そのまま食べても味が濃厚で、肉の旨みを感じます。肉刺しでも食べれそうなイメージです。
この肉はびっくり。タンも柔らかく、サクッと歯切れが良い感じ。塩麹タレに漬けられてる様子でタレなしでも十分おいしい味わい。

DSC_0691
結局タレを1回しか使わずでした。肉本来の旨みが凝縮です。

DSC_0692
ホルモンも脂処理されてるのに滴る油脂で炎が大きく燃え広がり舞う感じ。
適度に脂が落ちておいしくいただきました。

DSC_0693
コースの魚メインでしょうか。金目鯛のグリルにオクラのソテー。金目の身も脂が乗っててジューシー。焼酎の水割りでじっくりいただきます。身もホロホロでいい魚の味わいでした。

DSC_0694
デザートにパインのシャーベットさすがはハワイアンがコンセプト。甘さ控えめでサッパリ。口の脂分を洗い流す感じです。ゆずシャーベット等に比べると甘味ですが、いい具合。

DSC_0696
最後にデザート感覚で酎ハイのマスカットをいただきました。マスカット風味が感じられます。ブドウのさわやかな皮の渋みとか、香りとか。甘い感じのデザート的な雰囲気です。

平らげました。3時間の長丁場もあっという間に過ぎるほどの圧倒的物量の料理・酒群。おいしくいただきました。ご馳走様でした。近ければどんなにいいかと思ったことか。
機会があればまたお願いします。
コース1人前で5,400円。飲み放題がついてこの値段とこの料理は安すぎでしょう。いいお店です。
福岡県糟屋郡篠栗町尾仲38-65
OHANA(オハナ)

ookamisyouten at 11:04|PermalinkComments(0)

2015年05月19日

苅田 天龍 和定食

大神商店のベアーです。

最近門司近辺で午前を迎える事が多々ありまして、お昼はその近所となってしまいます。
ただ、フットワークが軽いのでその分移動しても苦ではなく、門司からランチのために西区まで移動とかも別に構わない。
そんな食べ歩き人生。
でも、午後からも門司だと少しシンドイかな?

新門司から沼・曽根近辺にいたので少し苅田へ
さて何食べよ?そんな感じでドライブです。
いろいろ目に入りますし、思案為所です。ふと定食を頂こう。そんなこんなで苅田港方面へ、
少し入って奥ばった突き当りにあります大きな建物の天龍さん。お寿司屋ですが、料亭というか。法事とかで利用されたりと地域の老舗でしょう。
駐車場も数台あり、とりあえず昼前なのでそのまま駐車で入店です。

DSC_1232
3階建ての建物で、座敷等完備。宴会も法事もなんでもござれ
そんなお店です。
中に入ると左手側にカウンターとテーブル、個室に仕切られた座敷等があり、そちらへ案内されました。

DSC_1233
大理石のカウンター。食材が冷蔵庫に乗ってます。

DSC_1235
早速メニューを確認。

DSC_1234
下は1,000円以下上は3,000円くらいまでの予算に応じてランチを提供している模様。
今日は和定食をいただきました。

カウンターの上に焼酎等が置かれてて眺めて時間をすごします。
気になる銘柄の焼酎がありましたので、今度購入してみようとか思いつつ。待つこと数分程度で、

DSC_1241
到着です。
天ぷらと刺身に茶碗蒸し。
さっそく頂きます。
カンパチに鯛の湯引きに刺身。脂がのってていい感じ。わさびを少しのせてサッパリと頂きます。
鼻に抜けるわさびの辛味がまたなんとも。
焼酎とか日本酒とか飲みたいですけどお昼からはさすがに・・・。
ご飯と共に頂きます。
天ぷらもパリッと仕上がってて上々。
茄子の天ぷらっていいですよね。年を重ねて旨さが実感できるようになりました。
小鉢の里芋の煮物も味が染みててご飯が進みます。
味噌汁の出汁もよく出てます。豆腐とわかめ
香の物もポリポリと
茶碗蒸しは少し固めの仕上がり。出汁少な目、卵多目。
中には鶏肉、かまぼこ、えび、銀杏、椎茸等
もう少しやわ目のほうが好みですが、まずまず。
少しゆっくりの昼食を頂きました。満足。
昼から刺身とお酒もいいなぁと思いつつ。後ろ髪を引かれる思い出店を後に。
午後からの活力でした。

苅田、行橋近辺も増えてきたので、そろそろカテゴリーの独立をと思いつつあと数件行ったら分けようと思います。

和定食で1,200円に消費税だったかな?
福岡県京都郡苅田町港町19-2
天龍

ookamisyouten at 01:33|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気