福岡近辺

2017年04月09日

宗像市 爽風亭 ラーメンCセット(こくまろラーメン、チャーハン)

大神商店のベアーです。

日曜日と言えどもこの時期は忙しく、会議の出席に議事進行などなどをこなしながら。
クタクタになって朦朧とした意識の中でと言う感じではないですが、なにかとやることが多くたまり、これはやばい。そんな具合で。
朝から一つ現場をこなして、さぁどうしようか。
本日はこれにて終了ですが、何か食べに行かないとなぁと言う事で車で少し3号線を走ります。
戸畑→八幡→黒崎→折尾と横目で通り過ぎるのを見ながら特段あてもなく進みます。
このまま博多にラーメンでも食べに行こうかなぁとかを頭によぎらせながら。
そういえば、ラーメンといえばいつも気になってたけど入れない店があったなぁと思い出し、寄ってみることに。
目的地は決定です。

東郷を過ぎて3号線を南下。
見えてきます爽風亭さんの建物。下り車線からの入口は無く、先の信号でUターン。坂を上ったあたりに駐車場入り口が。早速止めて店に向かいます。

DSC_1493
爽風亭さんです。
宗像に地縁があった頃から見てはいたんですけど、のぼり車線側にしか入口が無いのでなかなか寄る機会を得れず。ようやく今日念願かなって。そんな感じ。
木目の扉を開けると内扉が。さらに奥に進むと木の風合いを前面に出した店舗の作りで。
1人である旨を伝え入口付近のカウンターに座ります。

DSC_1494
セットメニューを見ながら。さぁどうしようかな?と。ほかのメニューを見てたらどうやら一風堂さん仕込みのスープの提供との事。修行されてたのかな?そんな事を考えつつ。ならばと言う事でCセットのこくまろラーメンをいただくことに。
注文をしてお冷をいただきつつ。
その間にも結構な客入り。13時半程度と少し時間を外れた時間でもあとからあとへとお客さんが入ってこられる様子。
結構な有名店?そんな事を考えつつ待ってましたら配膳です。

DSC_1495
Cセット。

DSC_1496
ラーメンアップに

DSC_1497
チャーハンと言う事で。
早速いただきます。
スープを一口。マー油が乗ってないあたりにレンゲを差し込んで一口二口と。
コク深め、脂ギッシュな感じのスープ。いい風味。たしかに前知識で一風堂さんの名前を見てたのでそんな感じのスープだなぁとか思いながら。
麺は細ストレート。茹で具合は普通でお願いしました。シコシコ系でのど越しスッキリ。
ズズズと啜りながら。
具は多め。もやしに、きくらげ。大判なチャーシューが一枚。もやしの上に豆板醤系の辛味ダレ。辛味ダレに少し酸味あり。そんな具合で。
もやしはシャキシャキとした茹で具合。脂ギッシュなスープなのでそれほど水っぽさを感じず。
きくらげも食感コリコリで結構な量が。
麺を啜るのに、若干邪魔だなぁ的な感想を持つほどの量。
辛味ダレを溶かしてスープに馴染ませると、また少し風貌が変わる感じで。
濃いめのスープにピリッとした辛味が加わりそれはそれでいい感じ。
チャーシューも大き目でトロトロ食感。オイリーな具合でパサつく感じはまるでなく。
しっかりとした一杯。濃いめな感想。
さてチャーハンと言う事で。
ゴロゴロと大き目なきざみチャーシューがふんだんに。
玉子とネギとニンジンのみじん切り。パラっとした仕上がりと言うより、少し油感が残る仕上がりで。
味は濃いめ。塩辛さをそこまで感じず。
ねぎのシャキシャキとした食感にきざみチャーシューがうまいなぁと。
しっかりいただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
入り難さで寄ってなかったですが、これは中々。
そのうちまたにでも。
ラーメンCセットで1,000円。替玉をいただこうと思いましたが、またの機会に。
福岡県宗像市村山田742

TEL:0940-36-0182
営業時間 月~土11:00~16:00/18:00~24:00 日曜日11:00~24:00
爽風亭

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:43|PermalinkComments(0)

2017年03月23日

糟屋郡宇美町 扇龍ラーメン ダブルラーメン、替玉

大神商店のベアーです。

所用で博多経由で目的地まで行くことに。
出発したのはお昼前ですが、どこかで飯でもと思いつつ。
久しぶりに須恵の三洋軒さんとか行ってみたいなぁと思いながら古賀の交差点を曲がりひたすら太宰府方面へ。
時間的に閉まってるかな?と思いながら言ってみますが、やっぱり売り切れ閉店。
まぁ仕方がないと言う事でさらに太宰府方面へ。
時間は中途半端な時間帯。だいたいの店は休憩時間に突入だろうなぁと。
朝倉付近か原鶴付近でうどんかな?と思いながら走ってると、ふと思い出す扇龍ラーメンさん。
太宰府までの道で昔行ってたなぁと言う事でなつかしさもあり、寄ってみることに。

DSC_1321
扇龍ラーメンさん。以前はもっと福岡寄りの反対車線で営業をされてましたけど、こちらに移転です。
記憶にあるのはいきなり団子を販売してた店も長屋のテナントに入ってたなぁと。
しみじみ。
早速暖簾をくぐり店内へ。
カウンターで1人食事中。
テーブル席等もあり広めな造り。
カウンターの席を2つほど飛ばして座ってさぁどうしようかな?と。

DSC_1322
手元にあったメニューを拝見。よくいただいてたメニューもしっかりと。
ラーメン1杯ワンコインの驚きのリーズナブルさがなんとも。

DSC_1323
と言う事でよくいただいてたダブルラーメンをオーダーです。
携帯をいじり、漫画はじめの一歩を数ページ眺めてたら配膳されました。
早速いただきます。
スープを一口、二口。柔らかめの仕上がり。脂っぽさや、香辛料のガツンとした刺激を感じず。コラーゲンがしっかりと溶け込んだ若干粘度があるようなスープの仕上がり。
豚骨の臭みもそこまで感じず。懐かしい豚骨ラーメンの風貌。
麺は細麺ストレート。かん水多めで若干黄色が強く感じる仕上がり。
シコシコとした食感。つるりとのどを通しつつ。
きくらげのコリっとした食感をアクセントでいただきながら。
チャーシューは柔らかめ。オイリーと言うほど脂っぽさはないですが、適度にとろける仕上がりで。
パサつく感じは無く。ホロホロと崩れるくらいの柔らかさ。肉っぽさを感じず。

DSC_1324
替玉をいただきました。チャーシュー1枚ついて来るスタイルで。
ズズズと啜りながらがっつりと。
玉子はハードボイルドで半分で。スープに沈めて余熱と出汁を少し黄身に吸わせていただくスタイル。
若干粘度のあるスープをしっかりいただき完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
久しぶりにいただくラーメン。なつかしさを思いながら。
ダブルラーメンに替玉で650円とリーズナブルな価格で。もう少しスープに熱があればさらに良かったなぁとそんな感じで。
福岡県糟屋郡宇美町桜原1-2-36

TEL:092-933-1425
営業時間 11:00~21:00(第1・3月曜定休日)
扇龍ラーメン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:08|PermalinkComments(0)

2017年03月22日

行橋市 食堂 百万石 皮酢、酢モツ、ヒラス刺、串カツ、焼き鳥、から揚げ、オムライス、ちゃんぽん

大神商店のベアーです。

行橋出身の先輩にからあげ太郎さんがいいよと教えてもらい訪問し、行橋のレベルの高さに意外に驚きを感じつつ。
角打ち 立ちヒロシの大将が行橋出身と言う事もあり、数点巡った記憶等々を話題で飲んでおりましたところ、大将の友人の方曰く、あっちの方が俺は好みだけどと言うような。
門司のお福とふじのような派閥抗争がある様子。ならばと言う事でつたない記憶を頼りに班長を誘って飲みに行くことに。
たぶんここでは?記憶に薄いが歴史の教科書に出てくるようなそんな名前だったなぁと言う事で訪問です。

DSC_1320
食堂 百万石さん。駅前の通りのすぐのところにありました。
持ち帰りもある店の様子。入口横の窓から注文をしてる人を見かけつつ。

DSC_1304
食堂な感じがぷんぷんと。早速扉を開いて店内へ。
中に入るとコの字型のカウンターが中央に。テーブル席も数席ほど。2階もある様子。
ほぼ満席状態でたまたま入れ替わりで帰られた方がいたので、そのテーブルに案内されました。

DSC_1313
メニューも食堂メニューから一品料理。つまみなどなど。

DSC_1309
本日のおすすめで刺身等も置いてる様子。

DSC_1307
まずはビールをいただきます。冷えたグラスに細かな泡。ぐいっと飲みながら料理を待つことに。

DSC_1310
まずは皮酢と酢もつ。配膳までにさほど時間がかからないだろうなぁと言う事で。
皮は柔らかめな食感。ポン酢をしっかり混ぜつつ。
素モツはスライスしたズリで、食感も柔らかめ。こちらもポン酢がしっかり染みていい塩梅。

DSC_1311
串カツです。
卓上にあったソースを適量かけていただきます。
豚バラに衣がしっかりと。
豚の脂身が衣でコーティングされてていい旨み。
アツアツのうちをかじりながらビールをいただく感じで。

DSC_1312
ヒラスの刺身です。
鮮度が高め。ハラミの部位はコリコリとした食感。
醤油に付けるとはじくほどの脂ののり具合。
プリッとした食感、かなりの弾力。
わさびを乗せて醤油をちょっと。口に含むと鼻を通る刺激がいい具合。

DSC_1314
から揚げを頼んだんですが、モモも骨付きも完売だそうで。モモ身を期待してたんですが、残念。
骨なしの部位をいただきます。
しっかりとした生姜醤油風味。衣も厚めですが、中の身はあっさり具合。
胸肉だなぁと。パサつくほどではないですが、ジューシーとはいかないほどの肉汁感。

DSC_1317
ビールも飲み終わりましたので、ハイボールをいただきます。
強くない炭酸。薄目ですが、さっぱりとしたハイボール感がしっかり。

DSC_1316
焼鳥です。
左から肝、ホルモン、皮、つくねの順番で。
皮のコラーゲン質を堪能しながら。
肝は結構しっかり焼くスタイル。ネットリの少し上ほどのざらつきを感じるくらい。
タレが十分に染みてますがなかなか。
つくねは柔らかい食感。ホルモンのクニュっとした歯ごたえは中々。

DSC_1318
班長注文のオムライス。
昔ながらのチキンライスを玉子に包んだケチャップ仕様。
ご飯のケチャップ感もさることながら、結構な具沢山。少しのご飯のコゲが若干目気になる程度で。

DSC_1319
〆にちゃんぽんをいただきました。野菜たくさん具沢山。
少し粘度を感じるスープ。コラーゲンがしっかりと。
野菜の量ががっつりあり、これは中々。
麺は太麺でしっかりと出汁が染み込んで優しい味に。
干しシイタケの風味と出汁を感じながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
酒2杯に料理で5,000円行かないほどだったかと。

次回はモモ身の唐揚げをいただこうと心に誓いつつ。
福岡県行橋市宮市町4-3

TEL:0930-22-0629
営業時間 土日は昼から、平日は夕方からOPENしてた貼り紙が。
食堂 百万石

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:01|PermalinkComments(0)

2017年03月03日

遠賀郡 麺や麦坊主 ちゃんぽんセット

大神商店のベアーです。

班長曰く、海外の日本大使館で腕を振るってた方が遠賀付近で居酒屋兼ランチの店をやってるそうで。
少し興味が沸く内容。夜の居酒屋メニューで堪能したい気分もありますが、まずはランチで行ってみようと。
車を走らせ一路遠賀の今古賀の交差点へ。
遠賀のゆめタウンを目印に右に曲がったすぐのあたりに店を構えてらっしゃる様子。

DSC_1028
麺や麦坊主さんです。
テナントのタイルもなんですが、結構奇抜な感じの店構え。
扉も木目にガラス戸入りと。
早速前の駐車場に車を止めて訪問です。
店内は左手側にカウンター右手にテーブル席とこじんまりとした作り。
右手のテーブル席に座りつつさぁどうしようかと思案。

DSC_1030
メニューは黒板にかかれてます。
ちゃんぽんかカレーかうどんか。たぶんちゃんぽんがおススメなんだろうなぁと言う事で。ちゃんぽんセットをお願いすることに。
テーブルメニューは特段ないんだなぁとおもいながら。

DSC_1031
窓側に居酒屋メニューが。
フレンチ系の方だそうで、魚介のマリネとかが気になる次第。
そんなこんなと待ってましたら配膳されました。

DSC_1032
ちゃんぽんセット。

DSC_1033
ちゃんぽんに

DSC_1034
おにぎりにからあげと言う事で。
早速いただきます。
スープを一口。
ガラ系の旨味がしっかり。微量に粘度がある感じですが、くどくなくすっきりと。
白濁スープですが、脂感もそこまで無しか食感。
野菜も多め。キャベツにもやしにニンジンなどなど。水菜とは珍しいとか感じながら。具もチャーシューの切れ端のような豚肉にモツまで含まれて結構な品目が多々。いろんな出汁が出てるんだろうなぁと。
麺は戸畑ちゃんぽんのように細麺ですが、蒸し麺ではなく、ボソボソとした食感では無し。
いい具合にツルリとのどを通る感じ。いわば中麺ほどの中華麺。
いい勢いでズズズと啜りながら麺を食べ干しつ、スープを飲む勢い。
おにぎりも作り置きではなく、握りたてで、ご飯が温か。ホロリと崩れる程度の結び目。
からあげの衣は少し厚め。ナゲット的な衣の食感。
付け合わせのキャベツとニンジンの千切りはゴマドレッシングがしっかりと。
ガッツリいただいた感じで。

DSC_1035
食後にコーヒーを一杯。苦味も酸味もいいバランス。
少し空気を含みつつ香りを堪能しながら。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
モツちゃんぽんが一番おススメ商品なんだろうなぁとかモツを噛みながらふと思った瞬間。
ちゃんぽんセットで780円とリーズナブル。
福岡県遠賀郡遠賀町松の本2-10-36

TEL:093-293-9888
営業時間 11:00~22:00(不定休)
麺や麦坊主

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 10:16|PermalinkComments(0)

2017年02月26日

中間市 KALA (カーラ)  南インド料理(基本のミールス、マトンのコランブ)

大神商店のベアーです。

嵐の前の静けさと言った所で、久しぶりにゆっくりとした朝。多少電話は鳴るものの訪問までに至らずといった感じで。朝満喫。
班長からTELがなり、飯どう?との事。
以前一度訪問してみたんですが、時間の遅く売り切れ閉店になってたカレーを再チャレンジと言う事で。
10時半ほどに合流して訪問です。

DSC_1019
中間市にあります、KALA さん。ナンとか置いてないこだわりのインド料理との感じらしく、雰囲気あります。

DSC_1020
重厚そうな扉にはこんな張り紙が。ちょっと癖のありそうなオーナーさんだなぁと思いながらも扉を開けて店内へ。
店内はカウンター席にテーブル席が3つほど。そこまで広さは無い感じ。
2人である旨を伝えると窓際手前のテーブルに案内されました。

DSC_1022
メニューを拝見。
???と続く文字ばかり。
理解ができるのは、野菜まし、カキのピクルスにアンコウのココナツカレー。
これは理解と勉強が必要な感じだなと思いながら、とりあえず基本のミールスにマトンのコランブをオーダーです。
どんな料理が出てくるかは楽しみで。
調理中にさてとと言う事で、早速携帯でメニューの文字を検索。
ミールスからメニューに並んでる単語を網羅しつつ。少し理解。
かなり奥が深いぞと思いながら読み進めてましたら配膳されました。

DSC_1024
基本のミールスにマトンのコランブ。

DSC_1025
毒々しいピンク色の液状のカレー下にパクチーが盛られたカレーこれがマトンのコランブだな?とか考えながら。
早速いただくことに。
一口づつカレーに口を付けながら。単体では酸味が強めなスープ、瞬間的な辛味ですがサッと引くようなカレー。
液体っぽい中に擦られた玉ねぎのような物体だったり、ナスに根菜系のホワイトカレー。ピンクの液体は冷たいヨーグルトの風味?付け合わせの豆、わさび菜のような、葉物野菜の千切りにマンゴーのチャツネなどなどと。
タイ米ライスに少しづつ乗せつつ確認をしながら。

DSC_1026
途中店員さんが気付いた様子で、初めてですか?とのお声がけで食べ方の図解を持って来てもらえました。
あるなら早く見たかったとおもいながら。
解説を読んでいくと全部の器を出して個別に混ぜつついただく様子。
パパドも砕いてライスと混ぜていただく様子。
てっきりビールのアテ程度しか思ってなかったんですが、インド料理に申し訳ないとか考えつつ。
粗目に砕いてライスと混ぜつつ、豆や葉物野菜も少しづつ混ぜて、カレーを少しづつ投下。
単体では薄いなぁとか酸味が強いなぁと思ってたカレーの一品一品が重なり合うごとに深みのあるカレーに近づいていく感覚。
だから、酸味が強めのカレーだったり、辛さが際立つカレーだったりと多種多様なカレー群があるんだなぁと。
これは楽しいなぁと。ある程度全体的に混ぜつつ、マトンの骨をしゃぶりつくす感じでガッツリと。
ライスの追加はいかがですか?とのお声がけをいただいたので、お願いしたところ、ボウルにシャモジで2すくいほど。お代わりも自由な感じで。
ガッツリといただきました。
これは確かに初見と知識が無ければどうしていいかわからないなぁと。
特にカレーは混ぜていただかない派の自分にとっても到達できない山頂だなぁと常々。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。新たな体験だったとしみじみ。ミールスの入口に立った気分で。
基本のミールスにマトンのコランブで2,100円と中々のランチ価格。悪くないです。
福岡県中間市東中間1-3-7 Kタウン 1F

TEL:093-245-3501
営業時間 11:30~15:00(土日 11:30~16:00)ディナーは要予約(火曜・水曜(祝日は営業)たまに不定休)KALA (カーラ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 10:25|PermalinkComments(0)

2017年02月11日

宗像 おふくろ食堂はまゆう でかナビ丼、皮酢

大神商店のベアーです。

ふらりと宗像付近を走行しつつ、午後を迎えます。
時間としては2時過ぎほどまで用事がかかってしまったので、遅めのランチ。
ただ、この時間で気になるところが、開いてる店は?などど思いながらも向かいます。
多々店の前を通りつつも定休だったり、時間で準備中になったりと言う事でランチ難民になりそうだなぁと。
このまま食べずに晩に残しておいてもと思いますが、さすがにこのあたりまで来てるので何か食べて帰ろうと葛藤が続きます。
ふと、宗像道の駅が目の前に。
この近辺でも気になる店は数点ありますが、さすがに空いてないだろうなぁと言う事で。

DSC_0862
久しぶりにおふくろ食堂 はまゆうさんへお邪魔することに。
お盆と盛ってセルフのおかずを見ながら、さぁ何を食べようかと。
以前にはそこまで思わなかったんですが、微妙に高めの値付けだなぁと。
セルフの煮魚なども300円ほどで数品取るとすぐに1,000円をオーバーしそうな勢い。しかもレンジで温めなおしてとか考えるとなんとなく微妙だなぁなどど。

DSC_0863
まぁ丼かな?と言う事でなにか小鉢的なものをと一品皮酢を盆において、おすすめ商品の様子のでかナビ丼をお願いします。
おばちゃんが裏で切り身を担当されてる様子の方へ伝えて丼にご飯を注ぎ手渡し。
その間に精算を済ませて、裏から丼を持って来て配膳と言う感じ。
時間としては1分弱あたりで配膳されました。

DSC_0864
でかナビ丼に、皮酢に味噌汁。

DSC_0865
多少アップに

DSC_0866
味噌汁を。
早速いただきます。
わさびは少な目、器に取って刺身醤油を多めに注いで、わさびを溶いて丼に戻す。
濃いめの刺身醤油がご飯まで染みていく感じに。
練りワサビの風味がツンと鼻に抜けるほどですが、そこまで辛味を感じることも無く。
丼はマグロにマグロにブリにイクラの丼と言う事で。
ぶりの身はいい食感。鮮度もありますがしんなりとする手前。プリッとした食感に噛むとブリの身の脂がトロリと。濃いめの魚の旨みをしっかりと。
まぁ、マグロはメバチかキハダといった所。身は柔らかくホロリと解ける感じに。ブリの方がいいなぁと考えつつ。
所々でイクラのプチプチを感じながら
ご飯をがっつりと頬張る感じでガツガツと。
残り半分を切ったあたりで、お茶漬け用の出汁をかけたらいいかもなぁとか考えがよぎりましたが、まぁそこまではと言う事で今回はそのまま完食。今度機会があったらやってみよう。
皮酢は少し柔らかめの仕上がり。コリっとした食感等ではなく、クニクニと噛みつつポン酢が染みて結構さっぱり。
味噌汁はわかめと豆腐で、具沢山。
出汁もしっかりと。啜り温まりつつ完食。
ごちそうさまでした。まぁまずまずの堪能感。
もう少しご飯が多かったらいいなぁとか思い店を後に。
でかナビ丼に皮酢で1,200円ほどだったと。まぁ海鮮丼でかつセルフの店なら若干高めかなぁとか。
福岡県宗像市江口1172 道の駅むなかた

TEL:0940-62-2715
営業時間 11:00~15:30(第四月曜日定休)
おふくろ食堂はまゆう

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  




ookamisyouten at 17:04|PermalinkComments(0)

2016年11月29日

宗像市 和処 樹 魚のごま醤油定食

大神商店のベアーです。

宗像市役所へ用事があって訪問。書類の受け取り等と言う事で午前中から伺ってましたが、お昼時間になってもまだ時間かかりそう。そんな感じでしたので、断りを入れて外出です。
宗像まで来てましたから何か食べて行こう。できたら津屋崎方向で魚とかいいなぁとか思ってましたけど、意外に宗像市役所で時間がとられたので、近辺の店に。
以前訪問した際に気になってた市役所前のイタリアンでもと向かってみたら、貸店舗の張り紙が。
世知辛い世の中ですね。
前訪問しとけばよかった。
そうなると、その先の和食的な雰囲気のお店にと言う事で早速訪問。

DSC_0013
和処 樹さん。小料理屋っぽい雰囲気が漂いいつつ。

DSC_0010
入口にランチの看板が。結構リーズナブルな価格設定。
早速店内へ訪問です。
引き戸をスライドさせて早速中へ。
入口から見えるのは正面にカウンター席が6席ほど。奥に座敷がある様子。
1人である旨を伝え、カウンターの右端へ座ります。
日替わりの説明を大将から受け、どうしようか少し悩んで、魚のごま醤油定食をお願いすることに。
熱めのお茶を啜りつつ周囲を見渡すとサラリーマンの方々が主の様子。
役所近辺の食事処ですしね。
座った後からもどしどしと来店が続き、結構な繁盛店の様相。
そうこうしてましたら配膳されました。

DSC_0011
魚のごま醤油定食。

DSC_0012
漬けアップ。
早速いただきます。
結構いい品目の膳だなぁと。ごはんに香の物、小鉢の玉子焼きと、大豆の煮もの、サラダに主の漬けに豚汁と。
サラダのドレッシングもゴマドレッシング。豆乳のような風味がまろやかで結構いい味。
玉子焼きも甘すぎず、フワッとした出汁巻き。弱温かみを感じるほど。
大豆の煮ものは冷まして味がしっかり染みた感じに。
中のレンコン、ゴボウの繊維の食感もさることながら、大豆の少し煮られた柔らかさもいい具合で。
主菜の漬けです。
少し寝かせたヒラスの様子。身のプリっとした食感より、しんなりとした柔らかみのある歯ごたえ。噛むと甘みを感じるほどで。
提供手前でサッと和えた感じのゴマ醤油。塩っ気は強くなく、煮切りみりん等で割った風味。ゴマがしっかりとコクを出し。かつ海苔の風味が少し強めでごはんに乗せていただくとこれはいい。
日本酒でもいいなぁと。
アツアツごはんの上に少し醤油が染み出る感じで乗せて米をがつく。それの繰り返し。
ついついごはんのお代わりを。
量をどうされますか?と問われたので、多めでと。
椀に大盛でいただきました。
がっつりといただきました。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
これは中々。市役所に寄ったらランチは迷わずに済みそうだなぁと。
次は海鮮丼か刺身定食かなぁと思いつつ。
魚のごま醤油定食で800円。ごはんお代わりしても値段変わらずリーズナブル。
宗像の魚と思うと鮮度も良さそうそんなイメージで。
福岡県宗像市東郷2-2-8

TEL:0940-72-5142
営業時間 11:30~14:00/17:00~22:00
和処 樹

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:13|PermalinkComments(0)

2016年11月02日

行橋市 若鶏からあげ 太郎 とりもつ、から揚げ(ブツ、モモ)、地鶏たたき、きも焼、とりかわ、チキンカツ、定食ごはん

大神商店のベアーです。

月も変わり、寒さを感じるようになってきたなぁと。
朝晩の冷え込みが特に感じる様子。そろそろ暖房器具を準備しないとと思いながらも。ずぼらな性格なので、テレビの放射熱でいいかと思い放置気味。
10年くらい前に購入した液晶テレビがかなりの熱を放出するおかげで、夏は暑く冬は温かかいそんな具合。
班長に連絡を入れて飯でもどう?と出かけます。
曽根のオムライスを目指して向かってみたものの定休日の様子。
ではと言う事で、行橋の気になってた焼肉屋さんに向かうもこちらも定休日。
下調べをせずに動くのでこんなこともよくあることで。
そういえば、と先輩に教えてもらてたから揚げの店が近所だったなぁと言う事でそちらの方へ行ってみると電気が赤々と。訪問決定です。
近くのコインパーキングに止めて早速向かいます。

DSC_6168
若鶏からあげ 太郎さんです。行橋の有名店だそうで。早速店内へ訪問です。
店内はカウンターの席が10席程度。座敷等は無く。完全に飲み屋さんな雰囲気。

DSC_6167
カウンター先もこんな感じで。
メニューの下にボトルの口が。値段は見えません。

DSC_6179
まずはと言う事でビールをいただきます。仕事終わりにビールを煽る。これは至福の瞬間。
ビールというより、アルコールでしがらみから解放されるスイッチonと言った所でしょうか。

DSC_6171
とりもつです。
砂ずりのポン酢煮びたしと言った所でしょうか。
かなり柔らかく煮られてて、ズリのシャリっとした食感とかもほぼ無く。
じんわりと染み出る煮物の旨味。これはいい固さに旨み。
ビールを飲みながら柔らかめのズリを噛みしめつつ。ネギの風味もまたいい食感で。
これ一品でもかなりビールが進みます。

DSC_6174
地鶏タタキです。
ムネとモモのコラボレーションの様子。
厚みのある肉身に、ムネの薄サーモンピンク、モモの薄バラ色といい色合い。
生姜を付けつつ堪能です。
こちらもモチっとした食感に皮も柔らかめ。噛むとじんわり旨みが広がりいい味わい。
モモ肉の方が濃いめの肉味。炙りの香ばしさがなんとも。
醤油も甘めな感じで肉に合うなぁとパクパクと。

DSC_6173
から揚げのぶつ切りです。
リブの部分から、手羽などなど。
あばら肉の部分をいただくと衣がカリッと。中はふっくらジューシー。
鶏肉のから揚げのイメージが変わる感じ。
揚げ物のから揚げは身が引き締まって筋肉繊維の密度が高まったような感じと思ってましたけど、
これはどちらかと言えばふっくら柔らかめな仕上がり。

DSC_6177
と言う事でモモ肉もいただきます。ドラムですね。
豪快に手で持ち上げ身をかじるとジュワっと染み出る鶏肉の脂。柔らかく仕上がってて、付け根の骨の部分も噛み食べられそうな勢い。
柔らかさで言うと、ケンタッキーの圧力釜製法な感じですが、ケンタッキーより全然肉質がしっとりとパサつく感じも無く。骨の髄までしゃぶりそうな勢い。

DSC_6181
きも焼です。
照り焼きでしっかりとタレが染みてる様子。
焼き具合はウェルダンで中までしっかりとと火が通ってる感じですが、パサつく感じも特段無く。
これは焼酎が旨いだろうなぁと思いながらいただきます。

DSC_6182
ここまで来るときになってたとりかわ。皮は地鶏系ではなくやわらかスタイル。混ぜで染みたあたりをいただきます。皮を噛むと旨味がしっかりと。
またゴマと混ざるとプチプチとした食感がいい感じ。

DSC_6184
とり天と悩んだ結果、チキンカツをいただきました。
身はから揚げ同様にふんわり仕上げ。衣は唐揚げよりさらにカリッと。これも旨い。
鶏の旨味がしっかりと出てますので、ソースいらず。ケチャップもあと掛けの方がいいなぁとか思いながら。

DSC_6175
定食ごはんです。
味噌汁は具だくさんで器ぎりぎりまでの投入。
わかめに玉ねぎに豆腐と一般的ですが、合わせの味噌がいい濃さ。
ご飯が進みます。
若鶏からあげ 太郎さんを堪能いたしました。
班長のいままでのから揚げ屋ランクでいきなり2位まで躍り出る様子。
若鶏の柔らかさを堪能するから揚げならこちらだなぁとしみじみ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
料理にビールを2杯で抑えた結果4,900円を行かない程度。料金も安いなぁと実感。
店の隣は駐車場らしく、奥にある浦島という店も息子さんたちが運営しているそうで。今度寄ってみようと思いつつ。
福岡県行橋市中央3-5-35

TEL:0930-23-2143
営業時間 ~10時くらいだったはず。
若鶏からあげ 太郎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:07|PermalinkComments(0)

2016年11月01日

中間市 担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎 汁なし担々麺、麻婆豆腐丼(ハーフサイズ)

大神商店のベアーです。

久しぶりに中間方面に移動です。
三ヶ森方面を抜けてトンネルを越えると中間市へ突入です。
以前北九州市と合併話が上がってた時に前職の営業所が北九州市になるならば事業所を作ろうみたいなことになり、一時期先輩と共に毎日赴いてた経験が。
思い出は、雪降る冬場に荷物が乗らないためにオープンカーで荷物を載せて移動させた記憶。あの時は顔の感覚が無くなり、涙が流れてる事すら気付かない事態で。まぁ寒かった思い出。
そんな心温まる思い出を引っ提げて中間へ凱旋。
訪問を済ませて、さて食事だと言う事で。
なにを食べようかなぁとか思いながらウロウロと。
ラーメンもいいんですけど、少し寒いので温まる食べ物がいいなぁと言う事で。

DSC_6185
担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎さんへ訪問です。
以前龍の道さんと言うラーメン屋があったなぁと思いながら。
本日で2度目の訪問でした。
早速店内に入ります。
店内はカウンターとテーブル席のお店。カウンターも少し高めな感じかな?と思いつつ。
お昼を少し過ぎてましたので、まばらな客層。早速カウンターに座ってさてどうしようかと考えます。

DSC_6186
メニューを見ると担々麺&麻婆丼専門店らしくそんな感じで。ハーフサイズの丼のセットをお願いすることに。
激辛麻婆豆腐丼は確かに激辛だった記憶が頭をよぎったので、麻婆豆腐丼のハーフに汁なし担々麺をお願いすることに。
厨房でテキパキと作業が開始されていきます。
麺の湯切りの音等々。
そんなに時間をかけずに配膳されました。

DSC_6187
汁なし担々麺ハーフ麻婆豆腐丼のセット。

DSC_6188
アップの汁なし担々麺と

DSC_6189
麻婆豆腐丼です。
早速いただきます。
まずは担々麺から。
上にとろみの付いた担々だれがしっかりと。ひき肉も大き目な感じ。
乗せられてるのはネギに水菜。それ以上にゴマの風味と四川の香りが。
花椒がそこそこにかかってる様子で、全体的に混ぜてズルッと一口。
麺は弾力がありいい茹で具合。中麺ちぢれ麺でタレが絡みます。ひき肉もしっかりと。
水菜のシャキッとした食感やネギのシャリッとした食感もアクセント。
ゴマのコクが濃いめのタレに花椒のシビレ具合がいい感じ。
追加でラー油をひと回し、置いてあった山椒を少し多めに振りかけつつさらに食べ進みます。
結構しびれる刺激。
次に麻婆豆腐丼をいただきます。
甜麺醤系の甘めな味付け。豆腐は絹ごしでのど越しもすっきり、スルッと胃に落ちる感覚。アツアツで胃にも熱が伝わる感じ。
いい味付けでごはんが進みます。
この豆腐の大きさはなんともいい感じ。
ツルリと入る豆腐感。それに辛い味付けにしびれる刺激。
ついついこちらにも山椒を山掛け。
刺激の追加です。
麻婆豆腐をたべて、少しごはんが見えてましたので、メニューにあった後入れごはんの感覚を試してみようと思い。汁なし担々麺のソースをれんげでひとすくいしごはんに乗っけていただきます。
これは中々。
ゴマのコクもさることながら、肉味噌の旨味が白米に合うなぁと。
たしかにこれだけで白ご飯もらってもいいなぁとか思いつつ、全部をかけてごはんもいただきます。
最後に水を飲んだ時、この店の本当の味わいが。
花椒のシビレ具合が一気に爆発です。
舌のシビレが半端なく押し寄せてくるのがわかります。
いままで食べてて、麻痺してたんだろうなぁと。
四川の入口を堪能した気分で本日のランチは終了。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
いろんなセットの組み合わせでも850円となかなかリーズナブル。
福岡県中間市中間4-2-5

TEL:
営業時間 11:00~15:00/17:00~20:00(売切次第終了)(水曜定休日)
担々麺&麻婆丼専門店 四川野郎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:41|PermalinkComments(2)

2016年10月13日

行橋市 本格手作りレストラン さん・はろー トップサイドテンダーサイコロステーキ Bセット

大神商店のベアーです。

行橋方向へ少しドライブ。
食事を兼ねて向かいます。
行橋駅周辺でいただくのもいいんですが、少し周囲の店を訪問してみようとぐるぐると。
南行橋駅を越えてそろそろ道寂れてくる頃かなぁと思って見てましたら右手側にさん・はろーの文字が。
そういえば、釜飯とハンバーグの地域密着店の話を見た記憶があったなぁと言う事で、
早速訪問です。

DSC_6002
そこそこ遅くまでやってる様子のレストラン。
なんとなく雰囲気は門司のさんはっとさんに似てるなぁと。
風除の扉を開いて早速中へ。

DSC_6008
入口には周年イベントのチラシが。

さらに扉を開いて店内へ。
店内はテーブル席がずらっと並んでます。そこそこ広め。
店員さんに1名である旨を伝えるとお好きなテーブルへどうぞと言う事でしたので、入口付近のテーブルへ。
メニューを確認しながらどうしようか悩みます。

通常メニューのビックステーキ220gか、イベントメニューのトップサイドテンダーサイコロステーキなのか。
他メニューで包みハンバーグとかも興味をそそられましたけど、本日はトップサイドテンダーサイコロステーキをお願いすることに。
単純に250gと量の差だけだったんですけどね。
あとイベント仕様のメニューと言う事で。

DSC_6003
先にサラダとスープが到着です。
サラダはキャベツの千切りにパプリカなどなど。
ドレッシングが3種類と言う事で、玉ねぎの醤油ベースでいただきました。
結構酸味と醤油の風味が強いドレッシング。
すりおろし玉ねぎの量それなりに。
味の濃いドレッシング。嫌いじゃぁないです。

コーンスープです。
とうもろこしの粒が結構入ってて、その他にニンジン、玉ねぎ、ベーコンなどなど。
とうもろこしの粒がメインですけど。
濃いめでとろみもしっかりとしたポタージュスープ。
濃厚でこれは中々。
食べごたえがありいい感じ。

DSC_6006
食べて少し待ってましたら配膳です。

DSC_6007
トップサイドテンダーサイコロステーキのアップ。
早速いただきます。
付け合わせのポテトフライが4キレにニンジンのグラッセが先っぽで3つほど。申し訳なさそうに。
あとは肉。
箸でつまんで一口。たしかにテンダー。柔らかい肉質。トップサイドもなんとなく理解。牛肉っぽさが薄い感じかな?と。
淡泊で肉質も柔らかめ。脂分も少な目でスジも無し。
噛むと少しの血肉を感じますが、すぐにかみ砕いてしまうような。
とろける感じの柔らかさとも、赤身肉の持つ筋肉繊維の力強さも特段無いような。
食べやすいといえば食べやすい感じ。
ステーキソースはオニオン風味のソース。もう少し量あればなおよかったなぁと思いながら。
肉をパクパクと、ごはんをパクパクと。
サイコロステーキ系なので、ウェルダンな焼き具合。火は通ってますが柔らかい事を考えると、肉本来の柔らかさがあるんだろうなぁと実感。
堪能ほどではないですけど。いただきました。ごちそうさまでした。
220gのステーキのほうが良かったかなぁとか少し思いつつ。
ただ、イベントメニューで1000円の割引券もらったので、その期間中に包みハンバーグかステーキをいただきに来ようかなぁと。心に秘めつつ。
トップサイドテンダーサイコロステーキのBセットで2,700円を超えるくらい。ちょっと不完全燃焼な感じかな。
福岡県行橋市辻垣492

TEL:0930-22-4374
営業時間 11:00~21:30(無休)
本格手作りレストラン さん・はろー

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 14:08|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気