ラーメン

2017年01月08日

小倉南区 石田一龍 本店 屋台ワンタンメン、餃子セット

大神商店のベアーです。

過去のブログを見返してた時に、ふと記事にしてないなぁと思う店が数店ほど。
書く気満々で写メって食べてるはずなんですが、昼と晩と次の日の昼と晩などと食べが続いてついつい流れて行ってしまってるケースがあったりと。
数日たって記憶が朧げになり、ちょっと記載が難しいなぁと言う事で流されたり。
ただ、食べた記憶、写メった記憶があるので勝手に書いてると思い込んでしまってるケースが。

DSC_0495
石田一龍 本店さんです。
いなかうどんさんの記事を書いた時にリンクを探してみたら書いてなかったことに気付いたので、近日行こうと思ってました。
お昼を過ぎて14時半ほどなのにもかかわらず結構な込み具合。
駐車場も少し多めな感じなのに、1台分の空きしかなくと言う事で。
車を止めて早速訪問です。
引き戸を開けて早速店内へ。
中はテーブル席にカウンターといたってラーメン屋っぽい雰囲気。
壁には色紙が貼られてたりと。
食券券売機が右手に置かれてますので早速メニューを確認と。
濃厚ラーメンと屋台ラーメンの2種類にワンタンとチャーシューメンのバリエーション。そのたサイドメニュー等々と。
今日は屋台ラーメンでワンタンのオーダーに餃子セットのボタンを押して食券を店員さんへ。
カウンターの右端の席に案内されましたので、座して待ちます。
少し携帯をいじりつつ、カウンターの様子を見ながら待ってますと配膳されました。

DSC_0496
屋台ワンタンメンに

DSC_0497
餃子セット。
早速いただきます。
スープをれんげですくい、一口。
豚骨スープの中に節系の旨味と香りがする感じで。
それでもコッテリ感があるので、濃厚スープはさらにコテコテだろうなぁと改めて。
下唇にねっとりとコラーゲン的な粘りを感じるほどのスープ。豚骨の臭みは薄目で飲みやすさがあり。
麺は細ストレート。茹で具合は普通でお願いしたところ固さは感じずシコシコ感が保たれてるほどで。
スープを吸って麺が旨いなぁと。
チャーシューもモモ炙り系で表面が少し焦げる程度の処理がされて乗ってるので、スープの余熱を加えずそのまま一口。
厚さもそれなりで肉っぽさも十分に。
雲吞をつるりと。
中の餡は少な目くらいで。皮は少し固めな感じ。
もう少しツルリとしたほどが好みですが、それはそれで。
きくらげのコリっとした食感を楽しみながら餃子へと移行です。

さて、餃子セットと言う事で3つの餃子にご飯のセット。
餃子のタレを程よい程度に取ってチョイ浸け。
半分ほどをかじると、中の餡のシャッキリとした食感が。
肉よりニラと野菜の大きさがしっかりと。
肉汁はあふれるほどは無いですが、パサつく感じも無いほどに。
野菜の歯ごたえが意外にあってこれは中々。
ご飯は少し柔らかめな炊き具合。ネットリとしてますが、米がつぶれるほどではない程度。
餃子でご飯を半分ほどいただき、スープに浮いた海苔をご飯に巻いて一口、あとは口にご飯を含んで、スープをいただくスタイルで完食です。
替玉もいただこうかなぁと思いましたが、満腹前ほどで控えておこうという気持ち。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
屋台ワンタンメンに餃子セットで1,010円ほど。悪くない値段。
福岡県北九州市小倉南区下石田1-4-1

TEL:093-963-2650
営業時間 11:00~16:00、18:00~20:40(年中無休)
石田一龍 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:02|PermalinkComments(0)

2016年12月23日

小倉北区 珍竜軒 総本店 黒玉背油ラーメン大盛

大神商店のベアーです。

御用収めまであとわずか。そんな昼下がり。
冬場の雨も珍しいなぁと思いつつ三郎丸付近を通行です。
ランチ時さぁどうしようかなぁと悩みつつも、豚福さんあたりか、それともと言う事で、珍竜軒 総本店さんを目指します。

DSC_0264
ランチ時間は結構並んでて多め。駐車場もほぼ満杯。久しぶりに11時半ほどに来店できたのでスムーズに店内へ。
扉を引いて早速中へ。それでも店内は大勢のお客さんが食事中。
飛び石ほどにカウンターが空いてましたので、そちらへ案内されました。

DSC_0265
さぁどうしようかとメニューを拝見。
以前からあったのか覚えが無いですが、黒玉背油ラーメンなるメニューが。
少し興味がありましたので早速注文です。
水を口に含みつつ、携帯をいじってますとカウンターが空いては埋まりを繰り返す感じで。
ローテーションは速いなぁと思ってましたら配膳されました。

DSC_0266
白濁スープに緑のネギの色がしっかり映える感じで。
早速いただきます。
スープを数口。
濃すぎず、あっさりとした口当たり。まろやかでコクがしっかりと。
豚骨臭さは無く。尖った感じが無い正統派な雰囲気。
ネギと共に数口いただくと、ネギのシャッキリした食感に熱が入ってこれまたいい香りと共に。
麺は中細ストレート。
シコシコ系より少しモッチリした食感。
ズズズと啜りつつのど越しを味わいながら。
背油部分をスープと共にいただきます。
少しカリッとした食感を想像してましたが、かなり柔らかな仕上がりで。
肉味噌っぽい風味。スープに溶け込んでもコクは深まりますが、味が変わるほどではない感じ。
チャーシューの量も結構な感じで。
少しスープに浸しつつ、熱を加えていただくと、柔らかくホロホロと崩れてしまいそうな食感。
薄目ですが、これは中々。
スープをいただきつつ麺を啜りつつ完食。
おにぎりもいただこうかなぁと思いつつでしたが、さすがに多すぎかな?と言う事で。
ごちそうさまでした、堪能いたしました。
久しぶりに来たら、また新鮮な驚きと感動を。
黒玉背油ラーメン大盛で820円だったと。いいボリューム。
福岡県北九州市小倉北区三朗丸1-5-5

TEL:093-941-3750
営業時間 11:00~17:00(火曜定休日)
珍竜軒 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:28|PermalinkComments(0)

2016年12月15日

福岡市東区 赤のれん&とん吉 箱崎総本店 赤のれんらーめん、半炒飯

大神商店のベアーです。

食事と言う事で。久しぶりに博多方面へ。
国道3号線を南下しつつ今日は博多付近で食事だとおもいながら向かいます。
特段なにか用事があったわけではないんですが。久しぶりにふらっと遠征と言う事で。
うどんあたりか、それとも食事だけならと言う事でいろいろ巡ります。
薬院から平尾へそこから浄水通りを抜けて気付いたら雑餉隈あたりをウロウロと。
ノープランで動くのもどうかなぁと思いつつも諦めてそのあたりの店に入ろうとしたとき、ふと思い出した赤のれん。
十数年前に香椎あたりでよくいただいてたなぁと思いつつ。酔ってみることに。

DSC_0169
箱崎の楽市楽座付近の交差点入ったあたりにあります、赤のれん&とん吉さん。
以前はチェーン展開もされてて、香椎のダイエー横の総合ビルにもテナントで入ってたおかげで、よく食べに行ってたなぁと思い出しながら。
手前の駐車場に車を置いて早速店内へ。
自動ドアが開き、中から数組のお客さんの声が。
居酒屋展開もしている様子でちょいと酔いの声が聞こえます。
中の方まで入って行ってまだいいですか?と尋ねたらOKでしたのでそのままカウンターへ。
作りは結構広めで、カウンターにテーブル席が数席。
座敷は予約席の様子。

DSC_0170
メニューを確認しながらさぁどうしようかと。
ジャンボらー麺とかの大食いメニューもある様子。
まぁ胃に負担をかけたくないので放置です。
赤のれんのラーメンに半チャーハンをお願いすることに。
テレビの音と飲みの席の会話が店内に鳴ってます。
適度に携帯をいじりつつ店内の様子を見渡しながら見てますと配膳されました。

DSC_0172
炒飯に

DSC_0173
ラーメンと言う事で。
早速いただきます。
まずはラーメンからと言う事で。
れんげでスープをいただきつつ。
醤油ダレの濃さがしっかりと。こってりというより味辛い感じの出来上がり。脂はサラッとしてしつこくなく。塩味が強めかなぁ。
スープのコクはいい感じ。そこまで豚骨臭もきつくなく。
麺は細ストレート。シコシコで表面はつるりとした食感。のどにスルスルと落ちていく感じ。
量もそれなりに。
スープが少し絡み、旨みをしっかりと。
チャーシューオイリーで結構な脂感。シナチクはいい炊き具合で柔めですが、食物繊維を感じるほどに。
ネギのシャキシャキをスープに漬け込んで少ししんなりした当たりをがっつりいただきます。
途中でゴマを投入しつつズルズルと。
さて、半チャーハンと言う事で。
盛り具合はお世辞にもきれいでは無い感じ。
スプーンですくって一口二口。いい塩加減。あっさりとしてますが、結構米はぱらっとした仕上がり。
玉子投入後即ご飯を入れて焦げる前に炒め作るそんな感じ。
きざみチャーシューの量も結構なもんで。かなり具沢山な半チャーハン。
スープを一口含んでチャーハンをがっつく形を取りながら完食です。
ごちそうさまでした。久しぶりに食べた思い出補正も含めてなかなか。
塩味が強いので、スープ飲み干すと高血圧で倒れそうだなぁと言う事でスープを残しつつ。
中々いい感じ。
ラーメンに半チャーハンで900円とリーズナブル。
福岡県福岡市東区箱崎6-12-15

TEL:092-641-4931
営業時間17:00~23:00頃?(月曜定休日)
赤のれん&とん吉 箱崎総本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:21|PermalinkComments(0)

2016年12月10日

若松区 万来軒 ラーメン大盛、餃子、ライス(中)

大神商店のベアーです。

年末大味噌前ともなり、師走時期で先生も走る。そんな時分。
今月やれることが限られてますので、もはや押し込める感じで業務を完遂。
まぁ今年のことは今年のうちにと言う事で。
バタバタと業務に追われつつも、土日はしっかりとと言う事で。昼前まで寝てさぁどうしようかなぁと。
前職の先輩から連絡があり、ランチ情報をいただきましたので早速と思って向かってみるとまさかの定休。
ネットで調べてみると第二、第四土曜日”以外”
この書き方は確認で見たら間違うなぁと。
言いたい事はわかるけど。
再度連絡を入れると、場所の情報だけをいただき、ラーメン屋があるよとの事。
行ってみることに。

「場所は若松。小石という地名の場所のジョイフル隣にラーメン屋がある」

ただこの一文。ヒントは小石とジョイフル。とりあえずナビに小石の主要場所で入れて向かってみると山の奥に到着。
さすがにこの場所にジョイフルはないよなぁと言う事で。
今度は小石、ジョイフルで検索を入れて車で10分ほどで向かってみると、ありました。ラーメンの文字。

DSC_0116
万来軒さん。
駐車場も広く数台の車が止まってます。
食事時なので結構繁盛している様子。
車を止めて店内へ。
扉を開くと右手側に座敷、左手側にテーブル席が数席。正面にカウンターで8人掛け。
カウンターの中央に座って早速メニューを確認。

DSC_0117
カレーライスも気になりますが、ラーメンをどうしようかなぁと。
基本のラーメンを大盛でお願いします。

目の前の調理風景が広がるいい場所。
麺を茹でる鍋はデポなんですが、少し広めで四角い網状。コンビニの唐揚げとか揚げてる際に見かけるほどの大きさ。パスタ的な感覚かな?とか。広めのデポで麺が茹で泳ぐんだろうなぁと思いつつ。
スープの鍋も厚手の蓋でしっかりと保温されてる感じ。
スープを器に取り、手早く麺を茹で切りスープに投入。チャーシューとメンマに海苔ともやしにネギをトッピングして配膳されました。

DSC_0119
ラーメン大盛。
早速いただきます。
スープをいただくと、少し塩味が強めな感じ。アッサリとしてマイルド。油のクドさと感じることも無く穏やか。
豚骨臭を感じるほどではなく。とがった感じが無く。いい旨みのスープです。
麺は中細ストレート。少しやわめの茹で具合でモッチリとした食感にツルリとしたのどごし。麺がスープの塩味を吸って味も含みつつ。
上のメンマは少し甘めの味付け、食感も柔らかめの炊き具合ですが、食物繊維を断ち切る感じは残ってていい歯ごたえ。チャーシューは5枚ほど。オイリーと言うほど脂ギッシュではないですけど、パサつき等も特段感じず。バラの脂身がいいプルプル加減。
もやしはシャキシャキとした食感。固めの茹で具合で水っぽくなく。
途中で胡椒を数振りしてスープをいただくと、これまたスープの感じが変わる様相。
まろやかから少しピリリと締まった感じに。ゴマを振ってプチプチ感を堪能しつつ。
麺が終わりました。さてどうしようか思案。
替玉もありますが、たぶんこの系統のスープに替玉はなぁと。
やはり塩味強く、脂濃く、な感じのほうが茹でた麺でスープが薄まっても気にならないだろうけど、これだけ繊細なスープの作りだと替玉は合わないかなぁと。

DSC_0121
と言う事で、結論はライスの中をいただきつつスープを堪能です。
ご飯を口に含み、レンゲで数杯スープを含む。
いい旨み。
ご飯もモッチリと炊きあがってて柔すぎず、硬すぎず。カレーを出してるだしと思いつつ米もしっかりとしてました。
どうせならばと言う事で。

DSC_0122
餃子を注文です。
博多一口餃子より一回りほど大きさがある感じ。
酢醤油が置かれましたので、酢で割って酢多めでいただきます。
焼き面はパリッと、蒸し面はモッチリ。皮の厚さはそこまでないですが、厚すぎず。
中の餡は野菜が多め。肉よりしっかりとしたキャベツ感。
噛むと中の餡は柔らかく崩れる感じの食感。決して肉汁たっぷりのジュワッと系ではないですが、野菜と肉でふんわり仕上がった感じ。
肉肉しさはないですが、いい野菜の甘味。旨み。
ラーメンのスープを飲み干して餃子ライスを堪能です。
ライス大でもよかったかなぁと思いつつ、完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。決して派手さはないですがしっかりとしたラーメンの作り。
ラーメン大盛にライスの中と餃子で1,100円。そこらのラーメンセットと変わらない値段でいい満足度。
福岡県北九州市若松区響南町6-1

TEL:093-771-7615
営業時間 11:00~20:00だったような。
万来軒

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:15|PermalinkComments(0)

2016年12月05日

福岡市西区 安全食堂 ラーメン、焼めし

大神商店のベアーです。

昨日はここ数年の年に一度のイベントと言う事で、朝9時過ぎあたりから博多方面へ向かいます。
用事があるのは早良区なんですが、せっかくなのでと言う事で。

BlogPaint
西区の安全食堂さんへお邪魔することに。
もう、10数年ほど前、博多の友人とラーメン食べ歩きをやってた際に一度訪問した記憶があったお店で、
当時から旨かったなぁという思い出補正付きの印象。
行ってみたいなぁと思いながらもなかなか赴く機会がなく。
久しぶりに唐津まで向かった際に前を通り過ぎてその思いがますます強く。
と言う事で、久しぶりに朝から早良区まで行くし食事をこなして行こうと言う事で訪問です。
店に着いたのは11時過ぎほど。それでも店内の駐車場は満車状態。
店の中も並んでる様子。
なんとか空きの駐車場ができたのですかさず止めて店内へ訪問です。
店内はカウンターと両サイドにテーブル席。
テーブル席も相席でお願いされつつ皆さんが一斉に食事中。
数名のお客さんが並んでましたが、回転は速く10分そこらで案内されました。

DSC_0075
メニューを見つつさてどうしようかなと。
まぁラーメンに焼めしをオーダーです。
焼めしは焼く時間があるので、ラーメンを先に持って来てもいいですか?との事でしたのでもちろんOKで。
カウンターの脇に座ったので、中の作業風景がよく見えます。
平ざるで丁寧に麺を揚げる姿等々と。

DSC_0072
航行してましたら配膳です。
ラーメン。
早速いただきます。
スープは長浜系の塩味あるサラッとした豚骨スープ。
油多めで旨みそこそこに。
れんげでスープを数口いただきます。
麺は細ストレート。シコシコ系の麺をズルズルと。
結構スープの量もあり、麺も丼の中を泳いでる感じで。
チャーシューも柔らかく仕上がっててパサつき感はなく。スープの余熱で温めながらいただきます。
結構な肉感を堪能。
あっという間にラーメンを平らげつつ。

DSC_0074
さて、焼めしです。
かなりの量がそこに。
ずどんと山盛りの焼めし量が。
れんげでいただきます。
ガッツリとした量ですが、意外にふんわりとした食感に仕上がってていい味。
中にはかまぼこ、ネギ、細切れチャーシューにたまご等々。
塩味は強めですが、そこまで辛い感じも無く。
途中から味を変えるためにソースを回しかけていただきます。
しっかりいただいた感じで。完食いたしました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
以前の思い出補正は度外視しても、それでもなお愛されるラーメンなんだなぁと。
結局退席する時もさらにお客さんがならんでましたしね。
ラーメンと焼めしで1400円ほど。
あのボリュームなら仕方がない。
福岡県福岡市西区横浜3丁目35-1

TEL:092-806-2511
営業時間 11:00~16:00(スープが終わるまで?)(水曜定休日)
安全食堂

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:24|PermalinkComments(0)

2016年12月03日

小倉北区 麺屋 一の坊 とろ肉ご飯セット

大神商店のベアーです。

少しゆとりのある土曜午前中です。
快眠で目覚めもすっきりと言う事で。業務をこなし、明日の段取りなどなどを。
昼時分になり、そろそろ飯だなぁと言う事で車に乗り込みさてどうしようかと。
そういえば、小倉大門あたりのラーメン屋さんが久しく行ってないなぁと言う事で。
早速向かう事に。

DSC_0048
西小倉のベンツディーラーさん付近にあります麺屋一の坊さん。
横の駐車場に車を置いて早速訪問。
店の前には数名の方が待ってる様子。その後ろに並んで待ちます。
10分もかからずに店内が空いたので中に入ることに。
引き戸をスライドさせて店内へ。
カウンターがずらりと。
店の中はそんなに広くなく。収容人数も12~3人ほどかなぁと。
厨房側のカウンターはあと数名座れそうな感じもありましたので、逆側の一番端の席へ。

DSC_0050
さて、メニューを拝見しつつどうしようかなぁと。
セットメニューもあるのでそれだろうなぁと言う事で、とろ肉ご飯セットをお願いすることに。
入口付近でその先で演劇公演が2時からの様子で、それを見に来られてるお客さんが数名。そんな演劇論を語りつつ食事中でした。
役者さんの名前とか言ってたんですけど、右から左へ。

DSC_0052
ものの数分で配膳です。
ラーメンに。

DSC_0051
トロ肉ご飯。
早速いただきます。
まずはラーメンと言う事で。スープをれんげでいただきます。
表面に脂の膜が張ってあるほどの油分。見たらコッテリかなぁと思いきやそこまで濃くなくアッサリと。
塩分も控えめでしっかりとしたスープ。
出汁がよく取られてます。
麺を箸で持ち上げると、長浜より少し太目な細ストレート。久留米とか北九州で見かける麺。
啜るとツルリとした食感で弱モッチリ系。
いい食感でズルズルと啜り麺をいただきます。
上に乗ってる具材はチャーシューにもやし、メンマときくらげ。チャーシューは柔らかく仕上がってて口に含むと崩れるくらいの勢い。
肉の繊維質が噛むと崩れるくらいの柔らかさ。
ジューシーな仕上がり。もやしもシャキシャキとした食感。メンマの醤油風味のコクときくらげのコリコリとした食感を堪能しつつ。
替玉どうしようかなぁと少し思案するも、トロ肉ご飯もあるしと言う事で本日のラーメンはここで〆。
スープを飲み干します。丼の底にしっかりと髄の粉が見える仕上がり。
さて、トロ肉ご飯と言う事で。
煮卵の半熟加減に染み具合がなかなか。白身のプリッとした食感も黄身のねっとりとした食感も楽しみつつ。ご飯に染みたトロ肉の出し汁がいい味。
肉はバラ軟骨の様子。しっかりした繊維状の肉がよく煮られてて、箸でほどけるくらいの柔らかさ。
味も濃すぎずにしっかりとあじが染みてこれはいい味。
軟骨部位のコラーゲンも味わいながら。このご飯をもっと多めにもらってもいいなぁとしみじみ。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。久しぶりに来た感じですが、思いのほか高評価。
替玉で満腹にせず、腹八分で今日は午後の作業に取り掛かろうと言う事で。
トロ肉ご飯セットで850円でした。なかなかいい満足度。
福岡県北九州市小倉北区竪町1-2-34

TEL:093-561-3181
営業時間 11:00~21:00(火曜定休日)
麺屋 一の坊

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 17:52|PermalinkComments(0)

2016年11月26日

飯塚市 筑豊的担々麺 烏龍 汁なし担々麺特盛、ホルモン丼

大神商店のベアーです。

直方駅近辺から田川糸田方向へ進む際に気になる通り。
途中でバイパスと合流するまでの間道にいろいろな店が並んでます。
そういえば、前職の先輩に連れてきてもらった八千代ダーメンもこの通りだなぁと思いながら。
本日は担々麺が食べたい。という気分もあり、気になってた筑豊的担々麺 烏龍さんへ行ってみようと。
仕事を強制終了させて訪問です。
今週末はやることが多々あったんですけど、もう食事をメインにと言う事で。

DSC_6436
向かって開いてなかったらどうしようかなぁとか思いつつもしっかりとライトがついてて杞憂でした。
車を目の前に止めて早速訪問です。

赤い扉を引き、開けて店内へ。
この扉の閉まりが悪い様子で、押し込む感じでしっかりと扉を閉めつつ。
店内はカウンター席が目の前にテーブルが左入口に。右手は座敷が3席ほどある様子。
店内はお客さんがそれなりに。8時過ぎほどでしたけど、まだまだ後からも来訪者がある感じで。
カウンターの中央に座して早速メニューを確認です。

DSC_6437
メニューは担々麺のバリエーション。
炭を練り込んだものから辛さが倍増していく感じのモノ。醤油ラーメンに汁なしと言う事で。
ならばと汁なし担々麺をお願いすることに。
大盛も替玉もある様子ですので、ここはと言う事で特盛をお願いしました。
ご飯で、肉飯を注文すると、担々麺に乗せてあるそぼろが肉飯に乗りますよと言う事でしたので、ホルモン丼をオーダーです。
厨房は目の前、ゆでる姿等々がよく見える感じで。
オーダーがあとから入って忙しくなりつつもしっかりと料理が進んで目の前に配膳です。

DSC_6439
汁なし担々麺特盛。
もやしの量が大盛です。辛みその肉もどっさりと。
下からよく混ぜて食べてくださいとの事でしたので、しっかりと混ぜつつ。
早速麺をいただきます。
太さは中太ちぢれ麺。よく坦々だれが絡んできます。
白ごまが多めで風味もしっかり。ゴマの油っぽさを感じつつ。
もやしもシャッキリと芯まで茹でられて無く歯ごたえもしっかり、みずみずしいくらい。
肉味噌は少し甘辛。辛さはそこまでなくズルズルと啜っても喉に刺激が来ない程度。ネギの風味を堪能しつつ。
ラー油をかけて食べるとさらに風味が増すような事が書かれてましたので、これはと言う事でドバドバとラー油を。
かけていただくと結構な辛味が。のどの刺激も強めにくる感じで、今まで同様ですすってて少し咽る感じに。
確かに風味が大きく変わるなぁと。そこに残った坦々ダだれもいい肉味噌風味でしっかりれんげで掬いつつ堪能です。

DSC_6440
ホルモン丼です。
このビジュアルは・・・そいうえば、飯塚オートでいただいたホルモン丼の感じだなぁと。
確かに飯塚。名物料理。
早速いただきます。
モツはしっかり煮えてて硬さも無く。柔らかい食感。良く出汁も染みてて濃いめですが、味噌風味もしっかりと。
汁多めでつゆだくな感じだなぁとか思いつつ丼の飯を見てましたが、しっかりと米に染みてそこまでのつゆだく感は感じず。
ネギもシャキシャキとした食感と共にかきこむ感じで。
しっかりと炭鉱飯をいただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
飯塚のモツ煮込み飯を堪能だなぁと。担々麺もいい盛り具合。
担々麺とホルモン丼で1,250円。結構食べたなぁとしみじみ。
福岡県飯塚市横田66-5

TEL:090-8226-4838
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00(月曜定休日)
筑豊的担々麺 烏龍
ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 17:39|PermalinkComments(0)

2016年11月23日

小倉北区 拉麺専門店 えん ラーメン『えん』、ミニチャーシュー丼、替玉

大神商店のベアーです。

仕事も一段落して、晩飯の事を考えながら帰路へ。
飲みたい気持ちもありますが、明日が休みだし、最近家事がたまってる気がするので、朝から作業も考えて今日のところは肝臓に勘弁してやろう。
そんな感じ。
焼きそばとかいいなぁとか思考が巡ります。
お好み焼き屋に入って、あえての焼きそば注文とか。
炭水化物に絡むソースのコク、辛味、旨み。それに胡椒を振りつつスパイス感をさらに高めていただく。
もやしを使う日田焼きそば系もいいんですが、キャベツのパリッとした歯ごたえもなかなか。
具だくさんの焼きそばより、麺のボリュームで満足したいかなぁとか。
炭水化物が重点的で。
玉子に包んだオムそば系か、それとも素の焼きそば系か。
ソースでつゆだくもありかもしれないとか。
焼うどんの柔らかい食感より、少し太めの中華麺の噛みごたえだなぁ。
いろいろとめぐります。
今日の気分はなんだろう。
そんなことを考えつつ小倉北区の中井付近を走行してましたら、花輪が置かれてるラーメン屋さんを発見。

ラーメンにすっか。思考が無駄になった瞬間。

DSC_6399
拉麺専門店 えんさん。最近OPENしたんでしょう。花輪が数個置かれてます。
ここで豚のむらの文字を見かけたなぁと思い出しつつ早速近くのパーキングへ止めて向かいます。

DSC_6400
店の宣材写真というか、説明文が貼られてました。
早速店内へ入ります。
扉を引いて中へ。
カウンターが壁沿いに。中央にはテーブル席が。右側のカウンター奥で調理をされてる様子。
店内は数名のお客さんが食事中。その間に割って入り、右カウンターの中央に座します。

DSC_6401
さて、メニューを拝見と言う事で。
セットメニュー等もある様子ですが、ランチ用みたいだなぁと言う事で、
特製ラーメン系のラーメン『えん』とチャーシュー丼をお願いしました。
大将からのお声がけで、チャーシュー丼は量ありましからミニでも結構ですよ。と言う事でしたのでそちらへ変更。
テーブルの前にはネギ、胡椒、特製醤油と書かれた小瓶が。
醤油って?と思いつつ。メニューの唐揚げにかける感じかな?とか考えてたら配膳されました。

DSC_6402
ラーメン『えん』。スープがなみなみ。この量はうれしい限り。

DSC_6403
ミニチャーシュー丼。
大将曰く、ラーメンのスープに塩分は極力控えてるので、塩っ気が足りなかったら特製醤油を足してくださいとの事。
元ダレだったのかぁと。
では早速いただきます。
スープをレンゲで数口。クリーミーですがあっさり系。しっかりとした旨みはありますが濃すぎず。
長浜系に近いですが、塩味に頼らず。そんなスープ。
麺をズルズルと。
細ストレートの麺。茹で具合は普通でお願いしたところ、いい食感。のど越しもつるりと。麺自体もシコシコとした食感。いい茹で具合。
麺がいい具合の状態でパパッといただきます。
さて、具と言う事で。特製の辛味ひき肉を。豆板醤で炒め酸味が少々。辛すぎず。肉の旨味がそれなりに。ラー油風味も感じますが、スープに馴染むとアッサリと埋没してしまうような。印象はそこまで残らず。
もやしときくらげが結構山盛りで麺が無くなった後でもしっかりとスープから引き揚げるほどの量が投入されてます。
チャーシューは煮豚系。バラ肉の脂がいい感じに落ちて、脂身部分もいいコラーゲン質へ。表面に染みたチャーシューのタレがいい味に。これは中々。
ネギのシャキシャキ感を堪能しながらさらに数口スープをいただきます。
ミニチャーシュー丼をいただきます。
ご飯の上にきざみチャーシューとそのタレに温玉乗せ。
卵かけごはんにチャーシューと醤油がチャーシューの煮汁と思えばなかなかいい感じ。
玉子の量に対してごはんが少し少な目なので、ごはん自体は汁っぽく浸る感じで。それを口にかきこむ感じでいただきました。

DSC_6405
スープが多めなのでやはりと言う事で、替玉を注文です。
普通の茹で具合で1分程度で配膳。
早速丼に落として板d飼います。
ゆで汁はしっかり切られてますが、保水量からスープが薄まる感じで。
特製醤油を少し垂らしつついただきます。
まぁ濃く塩味の強いスープではないので、そんな感じかな?と思いつつ。麺をいただきつつスープを飲み干します。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
塩味に頼らないスープの出来具合がなかなか。気持ちどちらかと言えばらーめん『えん』より普通のラーメンあたりにチャーシュー丼でガッツリのほうが好みスタイルかもしれないなぁと思いつつ。
福岡県北九州市小倉北区日明3-5-1

TEL:093-581-3515
営業時間 11:00~14:30/18:00~21:00 [日・祝] 11:00~17:00(月曜定休日)
拉麺専門店 えん

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:11|PermalinkComments(0)

2016年11月21日

八幡西区 麺処 太陽 中華そば大盛(海老)、餃子

大神商店のベアーです。

八幡西区相生付近を走行です。晩に何を食べようか。思ってたのが、謝謝餃子さんで餃子ライスとかかな?そんな感じで八幡地区へ。
車で移動しつつ、さてと言う事で。
店の前に着いたのはいいんですが、結構満席状態。車も止めれそうにないしなぁと言う事で少しグルグルと周囲を周回。
石挽そばとかもあったなぁとか考えつつ巡っていたら、新規開店のお店が。

DSC_6360
麺処 太陽さんです。
黄土色の暖簾がなんとなく目新しい感じで。
車を近くのパーキングに止めて訪問すると、塩ラーメンか、中華そばのお店の様子。
最近豚骨以外をいただいてないなぁと思いましたので、そのまま訪問です。

店内はだれもおらず。まぁ新規OPENのお店ですしね。
店員さんと大将の2人の様子。入口右側にテーブル席。あとはカウンターに椅子が並べられてます。
早速カウンターに座ってメニューを拝見。

DSC_6362
鉄板焼きそばも気になるところですが、中華そばで香味油を海老でお願いしました。大盛注文です。
あとは餃子もオーダー。
早速調理をする音が。
ほかメニューを確認してたら、夜メニューに麻婆豆腐の文字が。気になりますがそのうちにでもと言う事で。
少し待ってましたら配膳されました。

DSC_6363
中華そばに

DSC_6364
餃子。少し濃い色合いです。
早速いただきます。まずはスープを数口。しっかりとした節の香り。あっさり系。醤油の風味は強くなく、出汁の旨味がしっかりと。少し淡泊な感じ。そんな印象。
麺はそこまで太くない弱ちぢれ麺。スープにほどほど絡むくらいで、麺をいただいてる感じ。
ズズズと啜ると小麦の香りが。
少し細目ですので、柔らかい食感まで茹でられてるなぁとか思いつつ。
具は鶏チャーシューにたまごにメンマとネギに海苔と山芋。山かけは初体験です。
麺を絡めていただくとマイルドでつるりとした食感。のど越しもツルリと。
鶏チャーシューもいい仕上がりで、パサつきもそこまで感じず。しっとりとした鶏肉の食感。
メンマはどちらかと言えば、筑前煮のタケノコのような。コリっとした歯ごたえはしっかりと。染みた出汁のタケノコの旨味。思いのほか初な食感、味わい。
煮卵も半熟でよく染みていい感じ。
海苔もスープに浸していただきました。
食べ進めていく途中で、胡椒を少し多めに投入。これがまたスープの風味が引き立つ感じで。
ブラックペッパーがよく合うスープだなぁと。
自家製と書かれたラー油を垂らしたら少し崩れた感じだったので、胡椒どまりで堪能。
ただ、山芋が麺を数口いただいたら、スープに溶け混ざって少しの粘度を感じさせる程度に消えてしまったのは残念。逆にこれを多めの山かけそばならぬ、山かけラーメンでもいいのかもなぁとか思いながら。
スープも適度に飲み干し完食。
さて、餃子を。酢にタレを半々程度で割りつつ浸していただきます。
モッチリとした皮目。焼き具合はパリッとは特段せずですが、皮のモッチリ感がいい感じ。
中の餡の割合も野菜多めで、肉汁があふれてくる感じでは無し。
ストレートな餃子だなぁと。
肉っぽさより餡がしっかりと野菜と馴染んだ優しめな餃子なイメージ。
ラー油をさらに足して完食。
ごちそうさまでした。これは中々。
食べ進むにつれて、味の変化を感じる中華そば。なかなか奥が深いと思いつつ。
中華そば大盛に餃子で1,210円でした。悪くない値段。
そういえば、香味油の海老感はよくわからないままだったなぁというのが主だった感想。ネギ油も試してみたら把握できるのかな?と。
福岡県北九州市八幡西区相生町5-18 シャルマンコート古賀

TEL:093-883-6321
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00(火曜定休日)
麺処 太陽

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



ookamisyouten at 15:31|PermalinkComments(0)

2016年11月14日

岡山県玉野市 鶏そば 一休 鶏白湯ラーメン大盛、半チャーハン

大神商店のベアーです。

着実に西日本に足を延ばしつつ勢力拡大。
特段何かを食べようと足を赴くわけではないので下調べは重要だなぁと思いますけど。
週末と言う事もあり、どう時間を使うかが問題です。
電話が鳴る事も無い時間ですので、いろいろとやりたい事はあるんですが、
それを置いて現実逃避のように車でドライブに慣行。
仕事終わりの深夜に車で北上です。
岡山県を一路目指して。

岡山県と言えば、前職で一度訪問した事が。
タンカー船の船長との契約のため水島港から船に乗って沖合のタンカー船まで運ばれて、商品の説明と印鑑をいただき無事帰還。
その間にタンカー船に関してのお話を伺えたりと。
為になる時間だったと思います。
通行以外で足を踏み入れるのは2回目だなぁと。
イメージはモモとマスカットに吉備団子にジーンズなどなど。
美作の地名を見ると宮本 武蔵を思い出しますので、北九州も縁はあるのかなぁと。
そんな事を考え、2号線を北上し、岡山入りです。
倉敷から岡山までそこまで離れていないので、車でふらふらと。
港付近を散策したり、駅周辺を行ったり来たりと。
お昼あたりでさてどうしようかなぁとたまたま通りかかった道路で、
「鶏と煮干しと魚介」の文字が。いい雰囲気の店だなぁと思いつつ、玄関前には数名の待合状態。
気になるので向かってみました。

BlogPaint
鶏そば 一休さんです。確かにそばの文字が書いてあるなぁと近づいて発見。
数名のお客さんが待ち状態でしたので、名前を書いて表で待つことに。
少しの間周囲を見てたら店外に出てきた店員さんから名前を呼ばれてましたので、店に向かう事に。

DSC_6304
風除の扉を開けて右手の壁にはくまモンマークの熊本県産小麦袋が貼られてました。
なんかいいですね。九州を感じつつ。店内へ。
店内はカウンターが右手に6席程度。あとはテーブル席がずらりと。少々広めの造り。
カウンターへどうぞと言う事でしたので端のカウンターへ座りつつメニューを拝見です。

DSC_6305
メインは3種類に担々麺とか味噌ラーメンとかがある様子。
どうしようかなぁと悩みつつ、鶏白湯を大盛で半チャーハンをお願いしました。
13時を回るくらいの時間でしたのでそろそろ落ち着いて来る感じで。
少し待ってましたら配膳されました。

DSC_6307
鶏白湯ラーメン大盛に

DSC_6306
半チャーハン。
早速いただきます。スープを一口いただくと、クリーミーな濃厚スープ。
とがった感じは特段無いですが、まろやかな舌触り。濃いめですけど、コウノトリさんのような濃さは無く。旨みはそこそこ。飲みやすい感じだなぁと
さて麺をと箸でつかもうとしますが、さすがは大盛。麺同士が少し絡んで解すのに少し手間が。メニューを見たら替玉もある様子でしたので、そちらで対応でもいいのかなぁとか思いながらも。
濃さはあるので、替玉もたぶん対応可かな?微妙かな?そんな事を考えつつ箸で解して麺をいただきます。
白湯用の麺は平麺の弱ちぢれ麺。
形状はベトナムのフォーみたいな感じで、噛むとモッチリとした食感。
平麺なのでスープがいい具合に絡む感じ。
薄目の仕上がりなので、腰はそこまでなく。ズズズと啜りつついただきます。
結構な食べごたえ。
具はチャーシューにシナチクと水菜に玉ねぎ。シナチクの太さは驚きです。コレ噛めるのかな?と思いつつ口に含むと意外な柔らかさ。味も甘めでしっかりと浸みてます。
これはいいなぁと。店の看板とかでも行けるなぁとか思いつつ。
チャーシューは薄切りですが豚肉の旨味をしっかりと。
水菜のシャキシャキとした食感に、生玉ねぎのピリッとくる辛味がなんともいい感じで。
おいてた胡椒は白コショウで味をそこまで変えず、辛味を追加するほどでしたが。
あらびきのブラックペッパーでもおいしいだろうなぁとか思いつつ一振り二振り。
スープも飲み干します。

さて、半チャーハンを。色合いは濃い茶系。パラリとしたいため具合に具だくさん。
スプーンですくうと米が独立して崩れる形。
一口いただくと。出汁で炊いたご飯の旨味。節系の香りもしっかりと。
これは中々。脂が若干多めな感じもしますけど、米自体にしっかりと出汁で炊いた旨みが。
角切りチャーシューの歯ごたえ、たまごも焦げなく、ネギもいい火の入り具合。シャッキリした食感がなんとも。
半チャーハンじゃあなくてもいいなぁと食べつつ思いながら平らげました。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
フォーみたいな麺のインパクトがなかなか。モッチリと柔らかめで消化もよさげな感じだなぁと
鶏白湯ラーメン大盛に半チャーハンで1,010円。妥当な感じで。
次の日は仕事でしたので、早々に退散し、北九州への日帰りドライブ。フットワークの軽さをアピール。
岡山県玉野市用吉1756-1

TEL:0863-73-5977
営業時間 11:00~22:00(火曜定休日)
鶏そば 一休

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:10|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気