弁当

2016年11月20日

大分県日田市 ふじやからあげ 日田店 唐揚げ(骨なし、半モモ)

大神商店のベアーです。

日田へ遠征です。
ちょっと時間が合ったのと、久しぶりに鳥刺しが食べたいなぁと思ったので車に乗り込み出発。
午前中から英彦山あたりをウロウロしつつ市街へ到着。
昼を金毘羅うどんでいただき(日田市で老舗のうどん屋)、さて目当てのブツをと言う事で行きつけの鳥屋さんへ。
毎度のごとく、砂ズリの刺身と、モモとムネ肉の刺身を購入。砂ズリの唐揚げが意外に良くて、温めていただくと、バターの風味がする感じで。意外に気にってるんですが、本日売り切れとの事。
残念。
このまま帰って一献とか思いましたけど、唐揚げは欲しいなぁと言う事で、光岡付近のふじやさんへお邪魔することに。

DSC_6369
ふじやからあげ 日田店です。本店は中津にあり配送とかもやってるお店。
数店舗展開している様子で、日田にも出店です。
早速手前の駐車場へ車を止めて訪問。
引き戸を開けて店内へ。1坪ほどのこじんまりとした待合場所。
カウンターから少し若い男性がこちらに声をかけてきます。「なににしましょうか」
と言う事で、

DSC_6367
メニューのチェック。

DSC_6365
写真も貼ってます。
骨なしと手羽に半モモをお願いします。
その場で揚げたてをいただくので、約8分ほどの待ち時間。
ベンチに座って待ってます。
油の跳ねる音が。パチパチと高温のはじける感じで。
油の香りも充満です。
フリーペーパーが置いてましたので眺めてましたら包んでいただけました。
さて、包みをいただき車へ。運転しながらも横から漂う唐揚げの香り。
たまりませんね。途中のコンビニで甘さ控えめの炭酸水を購入して・・・

DSC_6371
さて、唐揚げの骨なしです。
大きさはそこそこ、適量な感じ。
単に大きさだけだと、資さん系列の響ちゃんぽんで販売してるから揚げの方が大きいかなぁとか思いつつ。
表面はいいきつね色から少し濃いめのブラウン。
早速一口いただきます。
噛むとサクっとした食感。中から鶏の旨味がドバっと。
モモ肉の繊維からにじみ出るほどの肉汁。
かなりのジューシー。
筋肉繊維も硬くなく、噛みきるのもストレスを感じない程度。
また、生姜醤油の風味、隠し味ほどの一味の辛味、ニンニクがそこまで全面に出てなく、醤油フレーバーがなんとも。
口の中を炭酸水で洗い流してまた一つ、また一つと。
ついつい食べ終わってしまいました。
こうなってくると、残りも気になるのでそのままいただきます。

手羽を一つ。
こちらは写真を撮るのを忘れて平らげてました。
カリッと揚がった皮目からコラーゲン豊富な手羽皮のねっとりとした食感。
筋肉繊維はモモよりより細かく。骨と骨の間の肉はジューシーですが、さっぱり系。
味も少し薄目な感じで肉の味が前面に。
胡椒とレモンとかいいなぁとか。
手羽の先までしゃぶりつくして骨を袋に捨てていきます。
炭酸水よりビールが飲みたい。そんな気分で。

DSC_6373
半モモです。
意外に大き目。ドラム部位で肉付きがしっかり。
表面の皮もしっかりですが、身も大き目でふっくらと。
繊維の隙間のジューシーな肉汁がどんどんあふれてくる感じで。骨をしゃぶりつくす感じでいただきます。
関節の軟骨部位もしっかりと堪能。
帰路道中にこれだけでおなかがいっぱい。
結局全部帰りに平らげてしまってお酒用の唐揚げは一つも残ってない事実。
恐ろしい。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
注文は骨なし300g、手羽200g、半モモ2本(1本190gほど)で1,500円程度だった気が。
帰りに骨部位は除いても700gほどの鶏肉を平らげてるんだなぁとしみじみ。
本店も行ってみよう。
大分県日田市大字十二町玉川町555-2

TEL:0973-24-6888
営業時間 ~19:00くらいに閉まってた気が(月曜定休日)
ふじやからあげ 日田店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 21:35|PermalinkComments(0)

2016年11月04日

大分県中津市耶馬渓 からあげ おきな カラアゲ、砂ずり串

大神商店のベアーです。

耶馬渓と言う事で。
班長たちの回遊ルートで途中で寄るから揚げ屋さんがこの地に。
中津といえばから揚げが有名ですしね。
日田から山国を通り耶馬渓へ。
英彦山ルートを多用するのであまり通る機会は少ないですけど、年に数回は寄ってるなぁと思うから揚げ屋さんへ向かいます。

DSC_6192
からあげ おきなさん。日田から30分ほど中津に進んだあたりにあります。横が地域コミュニティーのホールの様子。
訪問日も学生さんたちの催しが行われてた様子で。入口付近に学生服を着た子供たちがうどんかラーメンか丼を持ちつつランチをいただいてる様子。
駐車場に止めて早速店内に訪問です。
テイクアウト専門店で、奥は仕切りで見えない様子。
招き猫が置いてあったり、5円で編んだ仏閣のような置物があったり、
以前5円で編んだ亀も見た気がしますが。

DSC_6193
メニューはこれだけ。
カラアゲと砂ずり串。リーズナブルな価格。
早速注文をお願いします。

DSC_6194
注文すると、砂ずり串はその場で3分ほど、から揚げも揚がってなかった場合は5分ほどの時間でカラリと揚げたてを。
少し待ってますと包んでいただき支払いを済ませて店を後に。
揚げたてを早速いただきます。

DSC_6195
まずは砂ずり串のから揚げ。砂ずりの半身を丸ごと刺してあげてます。
アツアツを一口。
シャリっと砂ずりのいい歯ごたえ。肉が断裂する噛みごたえから、ジュワっと染み出る旨みの汁。
生姜醤油がしっかり染みて濃いめの味で、これでビールが飲みたい気分に。
しっかりと切り目を入れてるので硬さはありますが、噛みきれるように。
一口で頬張ると口の中の皮がめくれそうなくらいの熱が。
表面の衣もカリッとして中からジュワとの連携がなんともいい感じ。

DSC_6196
カラアゲです。基本ぶつ切りなので、どの部位が入ってるかはお楽しみ。
手羽元だったり。あばら部分だったり。ナンコツ多めな部位だったりと。
こちらも生姜醤油がしっかりと浸みて、カリッとした食感の衣に中はしっかりとした筋肉繊維の肉が。
その間から湧き出る肉汁。少し濃いめの味付けを肉汁で洗うかの如く。
ビールがあれば最高だろうなぁと毎回思いながらいただく瞬間。
少し大回りをして寄ってもいいなぁと思いながら。
運転手がいたら絶対ビール飲んでるんでしょうね。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
カラアゲもいただきますけど、どちらかと言えば、大きくプリップリな砂ずり串をいただきにと言った方がいいのかも。
砂ずり串が1本100円。カラアゲが2個くらいで180円程度な基準だそうで。
たまに寄りたくなる店ですね。
大分県中津市耶馬溪町大字柿坂525

TEL:0979−54−2056
営業時間 8:30~19:00
からあげ おきな

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:41|PermalinkComments(0)

2016年01月01日

広島県甘日市 あなごめしのうえの あなごめし弁当

大神商店のベアーです。

広島遠征の当初の目的。前回(http://ookami.blog.jp/archives/43700022.html)満員で寄れなかったうえののあなごめしをいただきに広島へ。
いろいろと調べてるとどうも冷えても美味しいとの様子。ならばと言うことで、高速運転時に予約を入れて弁当でいただく事に決定。その方が数こなせるのでは?と邪まな考えがよぎったことも否めない感じです。

いろいろとこなしていざうえのさんへ。店の前に来るのは2度目、意識をしていないことを考えたら3度目程度横切ってるのかなぁと。

DSC_2806
駅前でかつフェリーの桟橋前なので結構なにぎわい。車の流れも途切れないくらいです。
人道を通って店の前に。

DSC_2807
老舗な感じがします。
早速窓際にいた店員さんに声をかけると。横の待合室で待っていただくよう言われ、なすがまま。
入口付近には「本日は店内でお食事の方も弁当にて提供させていただきます」の文字が。年末で大賑わいなのはわかりますが、さすがに店内はそれでは・・・なんて事も思いつつ。
待合の大広間も結構なにぎわい。自分の前にも十数人以上の人々が。
長蛇の列。ぐるっと壁越しに一周するくらいの流れ。
14時に予約してましたが、結局30分以上の待ち時間にほぼ、みなさんと同じ程度の待ち時間で弁当をいただきました。あんまり予約の意味ないねと思いつつ。

さて、弁当です。その場で食べるか持ち帰るか。冷えても美味しいとの言葉を信じて、そのまま持ち帰りを決定。
家で堪能することに。

DSC_2848
というわけで、あなごめしべんとうです。
いい雰囲気の包み。

DSC_2849
箸と輪ゴムを取ってみると門司鐵道局の文字が。さすが駅弁の日本一に輝いた弁当。門司の鉄道工事局とかまた渋い。今は博多に移った門司鉄道局の名前を見ると子供の頃の国鉄社宅群を思い出してしまいます。
門司小倉には多くの国鉄施設があったなぁとしみじみ。

DSC_2851
さっそく包みを開けて御開帳。あなごめし弁当です。
漬物も3種。たくあんに粕漬けにしょうがの酢漬け。なんとなく豪華。ポリポリと数枚いただきつつさっそくメインのあなごめし。
少し冷えてますが穴子自体のサッパリとした身で冷えた脂感は無くいい感じ。
穴子のプリッとした食感も損なわずいい白身の魚の感じ。生臭くも無くこれはこれで。
タレも浸みて硬さも無いので意外に口に含んでも身がほどける様子。
ご飯もタレが適度の浸みこみ濃すぎず、薄すぎず。
湿りを弁当箱がしっかり吸い取りべたつきも無く、意外にご飯がしっとりを保たれてる感じ。
穴子のハラミの部分は少し肉厚でコクを感じ、尾の部分はプリッとした皮目が厚くコラーゲン的な要素を感じつつ。
山椒を振りつつピリリと刺激を取りつつ完食です。
そんな弁当。
ご馳走様でした。

弁当として堪能ですが、正直あえて冷やして食べる必要はなく、温かいものをそのまま食べた方が断然美味しいだろうなぁというのが実感。
現地でいただいた方がいいなぁと思います。
あなごめしで1,728円でした。正直弁当だと高いなぁと思います。これならあと少し出してうなぎ食べに行きたいです。
広島県廿日市市宮島口1-5-11
TEL:0829-56-0006
営業時間 10:00~19:00(弁当受け渡しは9:00~19:00)
あなごめしのうえの

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 09:55|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気