佐賀県

2016年08月02日

佐賀県三養群 丸幸ラーメンセンター 基山本店 満腹ラーメン

大神商店のベアーです。

久留米までの道のり、佐賀県をスッと横切る鳥栖。
そんな佐賀入りは何気なく普段から行われているなぁと実感。
福岡を南下しつつ食事を何食べようか思案。
大濠の花火大会のおかげで、渋滞に巻き込まれつつもなんとか道を復帰させて太宰府近辺から筑紫方向へ。
久しぶりに丸幸ラーメンセンターに行ってみようと思い向かう事に。

DSC_5254
11時半前に着いたのでまだ空いてる様子。
以前は24時間でしたけど、ここ3年くらい前から11時オーダーストップに変わったそうで。

DSC_5255
食券スタイルです。券売機横のメニュー表を見つつ。
メニューが増えてます。中華丼とか。でも8時半で終了の様子。また今度。
満腹ラーメンと替玉の食券を買って店内へ入店。1人である旨を伝えると、どこでもいいですよ。との事でしたので、ウォーターサーバーの近くに陣取ります。
立って水汲みの手間を省くとか書くと、よほどのずぼらに見えてしまう罠。

DSC_5256
出入り口もそうですが、サイン色紙が大量に。
古い店舗から度々来てますが、たしかに歴史も長いですしね。

DSC_5257
そうこうしてましたら、配膳されました。
満腹ラーメン。通常の1.5倍。大盛ですね。
早速いただきます。
スープは久留米系。クリーミーでコクがあるタイプ。脂は少し多め。ただ、何より気になる塩味の量。
結構塩っ気が効いてて辛め。
こんな感じだったのかなぁと思いながらもれんげでスープをいただくが、やっぱり多めかなぁと。
麺は中細ストレート。長さは弱短めな感じ。
固めでお願いしましたので噛むとシコシコとした食感に。
スープの塩味も絡んで味濃いめ。
チャーシューはオイリーな仕上がり。バラ肉部位もあってしっとりとした食感。
メンマは少し甘めに仕上がってて、意外に塩味の辛さで際立つ様子。
スープをいただきつつ食べ進みます。
替玉をおねがいし、持って来ていただきましたが、少し湯切りが甘いのか、ゆで汁がうっすら滴るほどに。
スープの塩味を少し薄めてさらにいただきつつ完食です。
ごちそうさまでした。久しぶりに食べたなぁと満足。
満腹ラーメン580円に替玉120円で計700円。リーズナブルだなぁと実感。
佐賀県三養基郡基山町小倉1642

TEL:0942-92-2855
営業時間 9:00~0:00(火曜定休日)
丸幸ラーメンセンター 基山本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:51|PermalinkComments(0)

2016年04月05日

佐賀県武雄市 餃子会館 焼餃子2人前、ライス大

大神商店のベアーです。

ドライブの最中で武雄のホワイト餃子か、伊万里のハンバーグかと悩みつつも時間が合った方で食事をとることに。

友人に教えてもらってたハンバーグ屋も興味があるんですが、久しぶりのホワイト餃子もいいなぁ。とか
両方の選択肢もあるんですけど。
海岸線から山道を緩やかに進んで、3時過ぎに伊万里へ。
晩飯には早すぎだと思い、近くのファミレスで少し休憩。またブログの更新を。
ノートPCを持って来て良かったと思いつつ。
時間を少しつぶしましたけど、まだまだそんなに食事の雰囲気ではないし。

と言う事で、ハンバーグはまた今度。一路武雄を目指します。
夕方6時過ぎに武雄市へ到着。ふらふらしながら。
早速餃子をいただきに向かいます。

武雄温泉の駅近くにあります餃子会館さん。もしもしラーメンとホワイト餃子のお店。
会館と名が付く感じで確かにビルの1階に。そんな雰囲気。駐車場も周囲に少し。臨時で貸してもらえる様子でそこに止めて向かいました。
多少古めかしい感じの扉。扉を開けて入ると満席です。カウンターの奥が空いてる様子でしたのでそちらへ案内されました。

カウンターは6名くらい。あとはテーブル席。2階もある様子。大きな感じ。
カウンターに座ってメニューを確認。

DSC_3978
蛍光のメニュー表。餃子にラーメン。そんな感じ。
らーめんもいいなぁと思いますが、やはり餃子を堪能しようと言う事で、焼餃子2人前にライス大をお願いします。
焼き上がりに少しお時間いただきますがとの事ですが、問題ありません。
携帯をいじりつつ待ってますとどしどしと注文の品が運ばれていきます。
そうこうしてましたら配膳されました。

DSC_3981
焼餃子2人前に

DSC_3982
ライスの大(?)大ってほどの量ではないなぁとか思いつつもいただきます。
餃子の大きさは子供のこぶし大ほど。前見た時より少し小ぶりかな?とか感じつつも見た目は食欲が沸いてきます。
香ばしい香り。早速一口。
皮は厚めで少し粉っぽさが残ってる感じかなぁと。
皮はパリっとというより、イタリア系のピザ生地のような食感。食感としては粉ものな感じが前面に。粉っぽさでボソボソとした噛みごたえ。ピザだとトマトソースとかチーズとか肉系の脂とかでオイリーで気にならないかもしれませんが、餃子の餡も肉汁であふれかえってくる感じではないのでちょっと気になる感じ。
酢醤油を結構利用しつつ、ラー油をドバドバと利用しつついただきます。
餡も野菜がふんだんに。肉汁も多いわけではないのでヘルシー感漂いますが。油で煮込んで焼き上げる餃子なので、そんなヘルシー感はねぇwとか。
少しスープ系のなにかが欲しくなりましたけど、ラーメンは量があるしと水をがぶ飲みしつつ完食。
ご飯の量がこのくらいで助かったと初めて思う感想。
以前の期待の割にはなぁと思いつつ店を後に。
悪くはないんでしょうけど、おいしさ半減な気分で。さすがに2件目を巡るほど胃袋に空きが無かったのでこのまま帰路へ。
餃子1人前で様子見しつつ追加すればよかったなぁとか。思いながらドライブ再開です。
佐賀県武雄市武雄町昭和3-4

TEL:0954-22-3472
営業時間 11:00~21:00(木曜定休日)
餃子会館

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:11|PermalinkComments(0)

2015年09月24日

佐賀県 玄海町 魚山人 (ぎょさんじん) 刺し盛り、イカの煮物、あわびの姿焼き、サザエのつぼ焼き、たこと野菜のサラダ、魚の煮付け、心太、茶碗蒸し、赤米の寿司、潮汁

大神商店のベアーです。

シルバーウィーク最後ということで、前々から予約をしておいた魚を食べに行くツアーの開催です。
場所は佐賀県玄海町。数名の大所帯で出発です。
レンタカーを借りて一路玄海の仮屋漁港へ。
高速をひたすら走り、一般道とバイパスを乗り継いで向かいます。
最終日は生憎の雨模様でした。

DSC_1434
漁港に待ち合わせ時間について待っていると漁船が近づいてきます。
この船に乗っての送迎です。ワクワクです。

DSC_1438
船で海を進むこと約5分くらいでしょうか。船乗り場に着きましたので降りて道を進むと、

DSC_1442
店の看板魚山人と貼られてます。
さらに進むと2階に上がる小屋が。

DSC_1445
階段を上がると来訪者の色紙サインなどなど。カルロスゴーンもきている様子。あの船に乗ったんでしょうね。その風景もすごいですが。
中に入ると10畳ほどの広さの部屋が一室。皿など配膳されてます。照明も白熱灯色が3つほどで落ち着いた雰囲気。
実は、日に昼と夜の2組しか予約で取らないという豪勢な食事処。予約がいっぱいで3ヶ月待ちくらいでした。

DSC_1451
早速みなさんでビールを乾杯です。
陶器のグラスに冷えたビールがいい具合。

DSC_1454
刺し盛りです。鯛にシマアジにイカ。だいだいではなくてみかんの輪切り。野菜も自家製とのこと。自家製のゆず胡椒でいただきます。
鯛の身もぷりぷりして鮮度抜群。シマアジの刺身も脂の乗りがいい感じ。コリっとした食感です。イカも弾力があり口に含むと鮮度がわかるつるっとした舌触り。
驚きは赤いゆず胡椒が風味豊かで辛味もピリッとしてコクがあり刺身に合う様子。
塩ではなく唐辛子にニンニクでしょうか。おいしいゆず胡椒を少しずつ刺身に乗せていただきました。

DSC_1455
イカの煮物です。中に卵がぎっしり。
噛むとプチプチと卵た潰れてうまみが染み渡ります。焼酎と会う一品だと感じます。

DSC_1456
イサキの煮付けでしょうか。中には小ぶりのクエもいた様子。大将が言っておられました。
この煮付けもいい味です。醤油辛くなく、しっかりと出汁を吸った身がなんとも。ご飯食べたくなる系の煮付けでした。

DSC_1458
鮑です。そのまま箸で貝柱部分をはずして丸かじりです。
ワタの部分の苦味がまた濃厚でいい味。身も食感はありますが、意外にやわ目。噛み千切れるほどの鮑。おいしくいただきました。

DSC_1459
サザエです。
中ぶりな大きさで身離れもいい感じ。するっとわたまで抜けて口に運ぶとワタがさほど苦味を感じずです。
味の濃いサザエでこれは病み付きになりそう。
中の出汁もおいしくいただきました。

DSC_1461
たこと野菜のサラダ。中華名で大将が言われてましたけど、のんべえなので記憶が曖昧。
たこの身がしっかり引き締まっててコリッとした食感。野菜にかかってるドレッシングも中華風で食べ進みます。
野菜も豊富でこれも自家製だそうで。

DSC_1462
ひじきのキッシュです。やわ目の卵焼きに大量のひじきを投入って感じでしょう。ひじきを煮物意外で食べるのは久しぶりな気がします。

DSC_1463
アマダイのさつま揚げ。レタスと一緒にいただきます。
これまたいい練り物。ふわふわの身に魚のすり身の強い味がしっかりと。
レタスもパリッとしててまたいい具合。

DSC_1465
心太です。
テングサから自分で取って作っているとの事で、正直驚きです。
噛むとプツプツと切れる感じがまたいい味わいでした。

DSC_1466
茶碗蒸しです。ウニがのってました。
魚介の出汁がふんだんに使われてて、中にはホタテとしいたけのみ。シンプルな茶碗蒸しですが、濃厚な卵の味わい。少しすくって焼酎を飲みつついただきました。

DSC_1468
赤米を使った寿司だそうで。鮮度の高いネタに感服。ご飯の酢飯もいい具合の味付け。おいしくいただきました。
おなかいっぱいになりつつです。

DSC_1470
潮汁です。シマアジの頭をほぐしながらいただきました。いい塩梅です。

大将が調理が終わった後に座敷に来ていただき、話をしながら楽しい宴会になりました。
フレンチの坂井シェフとも友人で料理を一緒に作った話を聞かせていただきながら夜は更けていきました。
楽しい時間とおいしい料理を堪能です。ごちそうさまでした。
本日お邪魔した建物も自作だそうで、なにからなにまで自作とは恐れ入りました。
コースの料理が5,000円からとの事で、20,000円のコースになると飼育してるクエを出していただける様子。それもすごい。
佐賀県東松浦郡玄海町仮屋高岩
TEL:0955-52-2733(船で行くので完全予約制です)
魚山人 (ぎょさんじん)



ookamisyouten at 14:38|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気