久留米市

2016年11月10日

久留米市 久留米屋ラーメン ラーメン

大神商店のベアーです。

久留米です。
何気なく、ドライブをしつつ夜の街を走ってたらいつの間にか到着です。
飯塚あたりからゆっくりと冷水トンネルを抜けたら到着と言った具合に。
筑紫野市に入ったあたりから夜食を久留米でいただこうと思い向かってみました。
久留米市。福岡県下の都市でイメージはラーメンと焼き鳥の街。あと骨付きカルビとか。
酒を飲む店にはなかなか入る機会はありませんけど、ラーメンならばと言う事で。
西鉄久留米駅付近に車を止めて繁華街を歩いてみます。
路上には人がまばら、23時ほどに着いたのでそろそろ閉店とか帰り支度の時間かな?とか。
店の電気もぼちぼちと。
スナックとか飲み屋はまだまだこれからな感じですね。
進んでいくと、文化街商店街と書かれたアーケードが。
入口のあたりに2店舗のラーメン屋。モヒカンラーメンさんと、清陽軒さん。奥にもまだまだ店がある様子。
せっかくなので、雰囲気を楽しみつつ奥へ進んでみます。
ラーメン屋が数店、うどん屋さんに喫茶のようなお店など。
うどん屋さんも気になりますが、店内の雰囲気はラーメン屋の方が繁盛してそうと言う事で、ガヤガヤと声の聞こえる店へ訪問です。

DSC_6265
久留米屋ラーメンさん。赤い暖簾に赤ちょうちん。ホークスファンの様子で鷹の足ふきマットが。
踏んでいいのか?とか思いつつも。
扉を開いて店内へ。
中は混雑。カウンターのみで10席程度、埋まってる状態でしたが、奥の席が空いてましたので、そちらへお邪魔することに。
思い思いに食事中の様子。
〆の一杯と言った所でしょうか。

DSC_6267
メニューはこれだけ。単純明快です。
おでんもいいなぁと思いましたが、ラーメンをお願いしました。
店内で流れるテレビの音と、ラーメンをすすりつつ隣人と話をする方々。アットホームな感じのお店だなぁと。
そうこうしてましたら配膳されました。

DSC_6266
ラーメンです。
シンプルな感じです。
豚骨臭は抑えられてる感じがします。臭みはさほど気にならず。
早速いただきます。
れんげはなさそうでしたので、直器でスープを一口。あっさり系の豚骨。マイルド。少し塩味が強めかな?とまぁ〆のラーメンならこのくらいだろうなぁと。小倉堺町の力ラーメンと比べたら塩味が無いに等しいくらい。
麺は中麺ほど。太すぎず、細すぎず。茹で具合は弱固めな感じですが、しっかりとしたシコシコ麺の味わい。
少し口径のある麺にアッサリ目なスープが絡んでいい味わい。ズルズルとすすりつついただきます。
途中ゴマと胡椒を少し振り、さらのズズズと。
きくらげ、海苔、スライスされた茹で卵に、チャーシューとネギ。
バランスのとれたいい具の味。チャーシューは放置しておくととろけていきそうな感じで。
茹で卵は北九州でもよくある、数枚に切られた見栄え系。たまに騙されてしまう感がなかなか。
パパッと平らげてしまいつつ店を後に。
南京千両の時も感じましたが、濃いめの豚骨よりあっさり系の豚骨が本来の久留米系なんだろうなぁと。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
ラーメン一杯620円。胃に染み入るいい味わい。今度はおでんもいただこうと思います。
福岡県久留米市日吉町15-6

TEL:0942-36-1049
営業時間 20:00~翌3:00(日月祝日定休日)
久留米屋ラーメン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:07|PermalinkComments(0)

2016年03月21日

久留米市 大砲ラーメン 本店 昔チャーシュー麺セット

大神商店のベアーです。

午前中に少し書類の確認を行って、午後から時間がフリー。さて。
ランチを済ませて、さてどうしようかなぁと考えてたら、後方から同車種の車が。
そうだ、久しぶりにルーフを開放してドライブするかなぁというわけで、午後から福岡県内の山中をドライブすることに。
添田付近まででて筑紫野へ。筑紫野から甘木方向へぬけて久留米に入る感じで。
調子が悪いといえど信号で止まらなければそこまで不安感を感じさせない走り。
もう少しでお別れですが、それまでに堪能と思いつつ。

さて久留米に夕方です。
久留米と言えば多々食べ物はありますが、運転があるので、お酒系を外すとやっぱりラーメンかなぁと言う事で。
こんな時間にいるのは珍しいというのと、甘木方向に向かってる先に製麺をやってる店舗の横を通って意識のフックがかかってたので向かうことに。

BlogPaint
大砲ラーメン 本店さんです。
久留米の有名店ですね。駐車場には誘導員さんがいらっしゃる。
係りの案内に従い、駐車後に店に行くと夕方7時で列を成してる感じ。
早速並びます。

BlogPaint
目の前には10名程度が、後ろにもどしどしと列ができてくる感じですが、意外にサクサクと進みます。
並んで10分そこらで入店でした。
店内は左に座敷、右にL字型のカウンター。列を成してたので席は満席。
熱気と活気にあふれてます。
カウンターの一番手前に案内されてお冷と思いきや冷たい緑茶が。
一口含むとそこまで味濃く苦味とかではないですが、
口直しな?脂っぽさをサッパリ的な?そんな感じかな。

DSC_3818
メニューを拝見しつつさて、どうしようかなぁと悩みます。
まぁそこまで選択肢が豊富なわけではないので、昔チャーシュー麺にセットをお願いします。
あとで気づいたら、チャーシューおにぎりのセットなるものもあったようで。それは食しておけばよかったなぁと思いつつ。
店内のガヤ音を耳に入れつつも周りを見渡す感じ。

DSC_3820
胡椒の瓶も大きく、ニンニクも2種類。俄然テンションが上がってきます。

DSC_3821
そうこうしてますと配膳です。
セットの餃子にご飯と

DSC_3822
昔チャーシュー麺。
まずはスープをいただきます。
一口すすると濃厚かつクリーミー。弱とろみを感じるスープ。旨みがしっかりとしてますが、塩っ辛いわけではなく。飲みやすい。
麺は細ストレート。かためでお願いしてみたのと、かなりの玉数茹でてるんでしょうね。少し粉っぽさを感じますけどそれでもいい湯で具合。
麺にスープが絡んでズルズルと胃に収まっていきます。
シコシコなストレート。長さは程よく。久留米ラーメンのイメージは麺短めな感じでしたが、そんな面影無く。
具はタケノコにチャーシューとネギに海苔。
タケノコは少し筋を感じるほどの育ったタケノコ。良く仕込まれてる様子で、硬さもそれなり。
コリコリとした食感がいい具合。
海苔は浸してごはんに巻いていただきます。しっかりとした海苔で、スープの汁気に負けること無く、溶けずにごはんへ。
チャーシューはバラ肉の薄切り。パサつき感は無くジューシーな持ち味。しっかりとした肉感。スープが濃厚なので、この薄さがくどくなくていいんだろうなぁと思いながらいただきます。

セットの餃子です。
焼面はカリッとするほどの焼き具合。蒸し面はモッチリとした柔らか弾力。中の餡はひき肉にジューシーさがプラス。おいしい餃子です。餃子のタレにラー油を少し垂らしでいただきつつ。
ご飯は少し柔らかめかな?
一口米を含んで、レンゲでスープを一口すする。そんな食べ方。
スープを飲み干したら、溶け出した髄が丼底に溜まっててニンマリ。
久留米ラーメンの醍醐味ですね。
堪能です。ごちそうさまでした。
普段なら替え玉も行っちゃう感じですけど、余韻を残して戻りたいそんな気分。
十分に堪能です。
昔チャーシュー麺にご飯のセットで1,030円。有名店になったら値段が跳ね上がるイメージでしたが、普通の価格でまた驚き。
福岡県久留米市通外町11-8

TEL:0942-33-6695
営業時間 11:00~21:00(無休)
大砲ラーメン 本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:15|PermalinkComments(0)

2016年02月18日

久留米市 モヒカンらーめん味壱家 鉄板餃子セット(ラーメン、餃子、小飯のセット)、焼替え玉

大神商店のベアーです。

博多の市内を夕方からぐるぐると周回していると少し小腹が空いてきました。
さてどうしようかなぁと思案です。
博多のラーメン屋もいいんですが、旅記録アプリが少し楽しくなってきた時分でしたので、思い切って久留米へ遠征です。
3号線を南下しつつ、基山、鳥栖を通過して久留米へ。
久しぶりに行ってみたいラーメン屋と言う事で、モヒカンらーめん味壱家さんへお邪魔することに。

DSC_3458
OPEN当初に九州ローカルの番組ドーモか何かで見たのを記憶してて、その年内に訪問した記憶が。
度々訪れてるような、ないような。
店員さんがモヒカン姿で、当初はモヒカンの人はラーメン無料だったか、割引だったかそんな張り紙を見た記憶が断片的に。まだやってるのかな?まぁモヒカンにはできませんけどね。しがない労働者なので。

DSC_3459
店内に入ります。通路に食券券売機が置かれてますので早速お金を投入。どうしようか悩みつつ、鉄板餃子セットと焼替え玉のボタンを押してさらに奥に。
店内は手前のカウンター、奥にボックス席のような形状。
手前のカウンターに座って食券を手渡します。
周囲は久留米医大の学生さんたちが食事をしている様子。話声が聞こえてきます。

DSC_3460
カウンター上にはサイン色紙が枚数貼られてました。手前にも何枚か。取材の方とか有名人とか多々多数にわたります。

DSC_3461
そうこうしてたらラーメンの配膳です。
早速いただきます。
スープはコクがあり風味豊か。あっさりほどではないですが、とろみも弱な様相。
乳化もこまやかな感じの印象。脂は浮く程度。
麺は細ストレート。固めでお願いしましたので、シコシコ度合がすこし固め。でのど越しもいい感じ。
小麦風味もある様子。
油っぽくなく、クリーミーなスープなので癖を感じず万人受けするラーメンだと思います。
ネギのシャキっとした感触もさわやか。アツアツの器なので木の盆での配膳でした。結構熱を持ってる器です。
少しづつ中央の一味を溶かしながら麺を啜るとあっという間にいただいてしまいました。
チャーシューも柔らかく、ボソボソ感があまりない印象。おいしいチャーシューでした。

DSC_3462
セットの餃子です。ごはんも横にあるんですけど、取り損ねてしまいました。
羽根部分がいいきつね色に。
タレを付けていただきます。
一口噛むとジューシーな肉感。肉自体の自然な肉汁があふれてくる様子。プリッとした餡がいい食感。中の野菜等より肉餃子な様子を全面に感じます。
皮の焼き面も羽根のようにカリッと仕上がり、蒸し面はプリプリな食感の皮。いい焼き加減です。
周囲の皮を少し鉄板から剥いでカリカリの片栗粉せんべいを堪能いたしました。

DSC_3463
焼き替え玉です。
替え玉を鉄板で焼いた後に、スープをレンゲで6杯かけての配膳。
手元の器からスープをかける際にカウントされ、6杯目でロックンロール的な掛け声を店員みなさんで言われておられました。ちょっとワクワクそんな雰囲気です。
配膳され、早速いただきます。
麺は香ばしくカリッと仕上がった表面に中はモッチリとした食感。
豚骨スープで蒸されて、かつ煮詰まった感じで味が染みてこれまたいい感じ。
一味が溶けたスープなので意外に麺もピリッと風味が残ってます。
焼ラーメンとしてこれはアイデアですね。なかなかいい感じ。
冷えてくると少し粉っぽさも感じるかもしれませんが、それはそれで。
ごちそうさまでした。久しぶりのモヒカンらーめんを堪能です。
晩を食べて夜食的にいただく量ではない気もしますけどそれはそれで。

鉄板餃子セットに焼替え玉で1,150円だった気がします。おなかいっぱい。
今度はとんこつ飯をいただきに来ようと思います。
福岡県久留米市津福本町221
TEL:0942-39-6786
営業時間 11:30~0:00 (第三水曜び定休)
モヒカンらーめん味壱家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:42|PermalinkComments(0)

2016年01月03日

久留米市 龍の家 上津店 スペシャルセット(ラーメン、焼き餃子、焼きめしセット)

大神商店のベアーです。

正月の三ヶ日はおとなしく家でマッタリと酒を酌み交わし。
つまみも簡略にサンヨーのオイルサーディンのふたを半分程度開けてそのまま火にかけつつポン酢を一振り。
煮立ってきたらニンニクペーストと一味を振るだけの即席イワシのアヒージョ。これを爪楊枝で刺しつつビールをあおる。
今年も控酒とか節酒は難しそうな予感。
体調を崩さない程度に働いて呑んで食べるそんな感じに抑えつつ。

先日久留米までの遠征を。目的地はラーメン竜の家さんへ。
以前より久留米付近にくるといただいておりましたが、夕方くらいまでの営業時間だとてっきり早とちり。
夜帯の時間には振り向きもしなかった感じ。夜は夜のラーメン。昼は昼のラーメンと思いつつ。

BlogPaint
さて、昼過ぎ程度です。とりあえず向かってみると車の列が。
さすがは繁盛店。駐車場に止める事から並んでる様子。
店の前にも数名の方が待ってる状態。
中の風除室から店内に入る場所も鮨詰め状態。満員です。
とりあえず名前を書いて並びます。

DSC_2751
店内は結構広め。15分程度待ってカウンターに通されました。

DSC_2760
メニューはシンプルに。ラーメンとサイドメニュー。スペシャルセットを注文です。

DSC_2753
カウンターに置かれたもやしを時間までシャキシャキと。
味は中華だしに浸された味付けもやし。一味を振ってますがそこまで辛さは無く。
追加でラー油を垂らしていただきました。
一風堂のもやしのほうが好みです。

DSC_2755
到着です。ラーメンのこく味に

DSC_2754
焼きめしと

DSC_2757
焼き餃子。小とかではなくて全部デフォルト。意外に量があり、満足度高し。
早速ラーメンからいただきます。
スープは濃いめの豚骨。クリーミーですが北九州の牛乳系とはまた違う風味。少しスープがぬるい気もしましたけどまぁいいか程度。
背脂が大量に投入されててこれがこく味なんだろうなぁと思いつつ。
とろみもあり口に含むと濃い豚骨の旨み。豚骨臭はそこまで感じず。
麺は細ストレート。いい具合にスープの絡み。歯切れもよくもっちりとよりスルッと喉を通るのど越し感が中々。
噛むとプツリと麺が切れる弾力もいい。
もやしは根切りされてて茹加減は軟すぎず、硬すぎず。シャッキリ感が残ってます。また水気を追加する感じではなく、スープを劣化させることもなさそうと思いつつ。
チャーシューはバラ系。脂身がいい具合に蕩けてかつ炙りチャーシューもいい具合。
キクラゲとネギは食感のアクセントほどと思いつつ。
完成度の高いラーメンです。

焼きめしをいただきます。
米はパラっというより少し芯がある感じ。事前に油とお米をなじませているのか、作り置きなのか不明ですが結構油っぽい。パラッと感を出すためでしょうか、回転を上げるためでしょうか。大量の油が舌に残る感じ。
米も硬いので口に含んでスープで流し込むような。
スープに投入して雑炊スタイルとかならいいのかもしれませんけど、そうするともはや焼きめしの意味合いが無くなるのかも。
良い所というと、チャーシューの風味が良く意外に味はしっかりと。食感と油が微妙ですが舌が感じる味覚に置いては悪くない感じ。

焼き餃子です。
皮目は弱パリッと中シットリ。肉にも味があり酢醤油付けずとも食べれそう。
肉汁は少な目でラーメン屋の餃子と言ったところ。
白いご飯にも合いそうな感じでした。

DSC_2758
最後にデザートでプリンをいただきます。
濃厚でクリーミー。やわ目の食感でカスタードクリームをそのまますくって食べてる様子な
タピオカが飾りで添えられてて噛むともっちり。
上にはミルクがかけられててカラメルソース等の味は無し。
まさにカスタードクリームっぽいという感じ。

ご馳走様でした。並んで食べるのに少しだけ抵抗を感じますけど、これはこれで美味しい感じ。
調べたら深夜2時程度まで開いてるんだなぁというのが大きな感想です。
夜ラーメンでこれたんだなぁ。
スペシャルセットにプリンで1,270円でした。コスパはすごいいい感じ。
福岡県久留米市上津1-2-1
TEL:0942-22-7811
営業時間 11:00~26:00
龍の家 上津店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 13:27|PermalinkComments(0)

2015年10月30日

久留米市 丸星ラーメン ラーメン、替玉

大神商店のベアーです。

夜10時前ほどに業務が終了。早速帰路と思いつつも、今日はなに食べて帰ろうか。と思案しつつ八幡方面をうろうろ。
土地勘が無いので、地味に南下です。
折尾近辺まで来たときに、博多でラーメンにしようとふと思いついたので、ひたすら南下。
博多まで来たときに、久留米に行くかと思いつき早速向かうこと40分弱。
目的のラーメン屋はオーダーストップ10分後でした。

残念。

どうしようか考えつつ運転してましたが、明日もあるし帰らないと
という事で、帰路途中の丸星ラーメンにいくことに。

DSC_1908
12時前ですが明かりもついてて、お客さんも結構な数。
子供連れでラーメンですか。12時ですけど大丈夫?とか考えつつ入店です。

DSC_1911
食券を購入です。
もう迷うこと無くラーメンしかないメニュー
トッピングも焼き豚に玉子程度ですね。
下にはおでんの食券。スムーズです。

店内に入ると昔とは大違い。意外に明るくなってる気分。前は警察犬の自作テープの音楽と写真のイメージでしたけど、J-POP的な音楽等が流れている様子。
テーブルは相変わらず見たいですけど。

空いてる席に座ると食券と交換の感じでラーメンが配膳。

DSC_1909
おばちゃんまだ食券渡してないのに。
どうも、居る人に適当に配膳している様子。すごいなぁと実感。
まぁラーメンしかメニューにないし、焼きぶたとか玉子トッピングする人少ないのかな?と思いつつ。
替え玉の食券を置いてたら、それも持って「もういいかね?」との事
気がはやw

ともあれ早速いただきます。
白濁スープに元ダレで少し茶色を帯びてるスープ
意外にあっさりとして飲みやすい。
深みというよりスッキリ系。
小倉が久留米系からラーメンの広がりがあったと味わうたびに思います。
麺は中細ストレート。短め。
湯で具合は普通での様子。いい弾力です。
しっかり小麦の香りです。麺も弾力があり、するっと胃に収まります。

DSC_1910
そうこうしてたら替玉。普通の茹で加減をお願いしました。麺を投入してさらにずるずると。
ご馳走様でした。ラーメン堪能です。
スープを飲み干すと髄がしっかり丼の底に溜まっててコクもそこそこ、旨みも十分。そんな感じ。

おばちゃん忙しいんで接客そこそこなのかなぁwとか考えつつ後に。
食券券売機の横には撮影お断りの文字。後で気づきました。
ラーメンと替え玉で500円。ワンコインです。昔は350円程度だった気もしますけど、もう十数年も前の話ですしね。
福岡県久留米市高野2-7-27
TEL:0942-33-6440
丸星ラーメン (丸星中華そばセンター)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 11:18|PermalinkComments(0)

2015年06月21日

久留米市 南京千両 屋台 ラーメン大盛、とんこつご飯

大神商店のベアーです。

土曜に急遽仕事が入り完遂したのは午後10時過ぎ。
少し小腹に補給してた程度で実際の夕飯はまだまだなので
とりあえず日曜日の予定は特段無いのを確認しつつ、さて飯だと
何を食べようか。

少し思案の中で、ラーメンを食べよう。久留米に行こう。そんな事を考えて早速実行です。
時間としては午後10時を超えてるので、3号線を進んでも大丈夫だろうとの事もあり早速南下です。
博多を過ぎて大宰府を過ぎて久留米市に到着。お昼だったら大砲さんとか、竜の屋さんあたりがいい具合ですが、夜しかも深夜ですので、
念願の南京千両 屋台へ赴くことに。

DSC_0130
久留米駅のすぐ近く。三井ビルの前にある南京千両さん。
立派な暖簾が目印ですぐわかりました。
赤々とついた明かりが隙間から漏れて屋台感を感じさせます。
早速暖簾をくぐり席へ。深夜ですが、3名くらい先客が。飲み帰りの様子。うらやましい。
席は屋台周りに8席程度、テーブル1って感じでした。
座ると冷やしたお茶が出されて意外感。一手間かけてるんですね。
ラーメンの大盛とご飯ものでとんこつご飯なるものがある様子なのでいただきました。

DSC_0131
ラーメン大盛です。メンマ、刻みチャーシューに海苔とネギ。シンプルな具材です。
レンゲとかはおいてなさそうですので、ドンブリ直飲みでまずはスープを一口。
見た目もそうですが、あっさり系です。濃いとんこつ、匂いも獣臭をいかに消してとかのイメージを持ってた久留米ラーメンですが、まったく逆でかなり薄味。コクはあり飲みやすい。北九州のラーメンルーツと言われたら確かにそのとおりな味わい。油膜が張るほどのコッテリではなく、飲んだ後の胃袋に優しく染み入る感じですね。
飲んでませんが・・・。
麺は中細ちぢれ麺。あっさりスープによく絡む麺でした。
ストレートじゃないんだとこれも驚き。いい具合の湯で加減で感動。
おいしいラーメンです。
メンマもやわらかくて噛むたびに味が染み出してきます。チャーシューの細切りもスープと一体になって麺をすするたびに絡んでアクセント。おいしいです。

DSC_0132
食べ進んでいくととんこつご飯を提供いただきました。
見た目は普通の炊き込みご飯です。
一口食べると、醤油の元ダレベースの炊き込みご飯です。
中に細切れチャーシューが混ぜ込まれてて肉の味がお米にしみこんでます。
トンコツ出汁で炊いたお米らしいですけど、そのコク、旨みとか初体験ですので、とりあえず炊き込みご飯だと言わざる得ないかな。
普通にお米も潰れてないご飯でした。

おいしくいただきました。南京千両さんはそのうち行ってみようと思いつつなかなか来れてない店のひとつでしたので今回はいい体験でした。久留米ラーメンのイメージも変わる感じで楽しいひと時でした。

屋台であるので、座ったときに隣のおじさんからビール飲みませんか?とお声がけいただき、泣く泣くお断りさせていただいたのが心苦しい感じでした。屋台での人とのふれあいもまたいい時間だと思います。

ラーメン大盛にとんこつご飯で900円でした。
福岡県久留米市東町36 熊本ファミリー銀行前
南京千両 屋台

ookamisyouten at 11:58|PermalinkComments(0)
livedoor プロフィール
livedoor 天気