2017年03月31日

小倉北区 富楽飯店 皿うどん、半炒飯

大神商店のベアーです。

3月の最終日と言う事で、〆などなどの処理のため東奔西走。
朝からいろんな場所へ移動しながら、ガソリンが無いランプも付いてるし。書類を作って、投函して、ラストは会議の議事進行。帰れるかな?そんな事を考えつつも時間の谷間でランチの時間。
到津あたりを走行してましたので、何をいただこうかな?と。歯科大の前の真鶴飯店の文字を見かけてふと。
そういえば、班長の先輩友人の方がこの近辺の奥に中華屋があるって言ってあなぁと。
ベトコンラーメンのあたりとかふとキーワードを記憶の奥底から広い探して向かってみることに。
ラーメン屋の通りをまだって少し進んだ先に中華料理屋さんを発見。ここかな?と言う事で早速訪問です。

DSC_1402
富楽飯店さん。出前用のカブが止まってました。
ランチ時間少し前なのでまだまだ店内はまばらの状態。
早速扉を開いて中へ。
店内はカウンター4席ほど、テーブル席が2つとこじんまりとした空間。
先客が数名。食事を取られてる最中。
カウンターが空いてたので座ってどうしようかな?と。

DSC_1403
メニューは厨房前の壁にかかってました。手前のメニューもありましたがこちらで確認しながら。
どうしようかな?
初見のお店なので中華丼とか、ラーメンにチャーハンとか。そういえば、オムライスがという話も少し思い出しつつも大衆中華。なににしようかな?と
野菜が食べたいなぁと。しかも中華だしが染みた感じ。五目麺かなぁと思いながらふと皿うどんの文字が。
皿うどんいいなぁと。野菜と太麺。酢を回しかけて酸味と中華だしの旨味。
アツアツをズズズと言う感じで。そんな事を思い浮かべながらオーダーです。
壁に半炒飯の文字もありましたのでそちらもお願いしました。
奥の厨房から調理の音が。
鍋にお玉が当たる音。炎で炒められる野菜の音等々。
ほどなくして配膳されました。

DSC_1404
皿うどん。小盛かな?と思いきや普通にしっかりと。
野菜もいたまりいい湯気感。
早速いただきます。中の具材もしっかりと中華風味でガッツリ。
麺は若干やわ系。モッチリとした食感で歯で噛むとプツリと切れる感じで。
もやしにキャベツ、ネギにニンジン。しっかりと中華だしが染みて野菜が旨い。
胡椒を少々振りかけて、厨房出入り口付近に置かれてた酢をひと回しかけて再度ズズズと麺を啜ります。
酢の影響でこってりとした酸性食品が中性な感じに。
胃にいい具合にがっつりとそんな感じで。

DSC_1405
続いて半炒飯です。飯森具合。一口いただくと脂に米に玉子の風味。
少し塩味は抑えられた感じだなぁと。
パラパラほどのご飯。脂はそこそこに。具材の玉ねぎも少しシャキッとした食感を残しつつ。
これはスープ系といただくと映える感じかな?そんな事を考えつつ。
卓上にあったソースを適量垂らしながらソース感を噛みしめつついただきます。
しっかり完食。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
街の中華屋そんな感じで。学生街の料理屋で全体的にリーズナブルな感じがさらにいい感じ。
皿うどんに半炒飯で800円。十分腹に溜まった具合。
福岡県北九州市小倉北区真鶴1丁目8-2

TEL:093-561-9280
営業時間 11:30~21:00
富楽飯店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:06│Comments(0)北九州市小倉北区 | 中華

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
livedoor 天気