2016年11月

2016年11月30日

小倉北区 鷹の羽 おでん、焼き鳥

大神商店のベアーです。

寒さが染み入る季節に突入です。
堺町公園近くの温度計の電光掲示板も11℃を指して、冬に突入だなぁと。
こんな日は少し温かめなものがいいなぁと町を徘徊。
軽くいただいて帰ろう。そんな感じで。
繁華街を歩くもさすがに人踊りは少ない。
まぁ平日ですし。
焼鳥をつまんでいただこうかなぁと。
駅近くまで歩いてきてました。
そういえば、駅横の郵便局も無くなってるなぁと。
子供の頃に、このあたりでカレーを食べに連れてきてもらった記憶があったなぁとか。
黄身が乗ったカレーの思い出。
少しスパイシーな香りが立ち込めてますけど、本日の気分とちょっと違う。また今度だなぁと足早に移動です。
ふと、交番の横におでんの提灯が。
小倉の街でのおでんといえば、屋台(だった)と資さんうどんなどなど。
まぁ大太鼓とかお多幸とかもありますけど。
おでんいいなぁと言う事で早速訪問です。

DSC_0015
鷹の羽さん。近所にはかんぐんさんもありにぎやかな感じで。
趣のある入口。さっそく引き戸を開いて店内へ。
数名のお客さんが食事と共に団欒中の様子。
店内はカウンターの店。変則にL字のカウンター。
1人である旨を伝えると、お客さんとお客さんの間の席に案内されました。

DSC_0020
さて、メニューを拝見と言う事で。焼き鳥メニューが貼られてました。
おでんは鍋から上げられてて火が落ちてる様子。

DSC_0016
とりあえずと言う事でビールをお願いしました。
キリンの中瓶が配膳です。
お通しにいわしの糠炊き。
早速いただきます。
糠炊きは煮えて染みてますが、骨は少し固めな感じで。
骨の固さを噛みしめつつ。
身はそこそこに固さを残す程度の仕上がり。悪くない感じで。

DSC_0017
おでんを適当に4つほどくださいとオーダー。
鍋からチョイスいただいて温めなおして配膳です。
大根に厚揚げ、たまごに野菜天。いいチョイス。
大根の染み入り具合もなかなか。苦味も無くしっかりと出汁に浸ってる様子。
厚揚げも柔らかく。豆腐生地の部分も出汁のほのかな味わいが。
玉子の黄身だけを箸でつまみネットリとした食感を楽しみつつビールを煽る。
白身のプリッとした食感。出汁の味を堪能しながらまたビールを。
いい嗜み。
野菜天はゴボウの風味、ニンジンの風味がほのかに。
柔らかめで箸で切りつつ口に運ぶ感じで。

DSC_0018
焼鳥です。
右から砂ズリ、かしわ、肝、皮と4種類。
砂ズリ以外はタレの様子。
肝からいただきます。
タレが染みてしっかりとした焼き具合。
レバー特有の臭み等は感じず。
ネットリとした食感で芯までしっかり系。
ただ、ライトな感じで嫌いな方でも食べれないことはないかなぁと。
かしわのぷりっとした食感を堪能し、
砂ズリの歯ごたえは中々。
身の大きさは上々ですが、少し塩味が強いかなぁと思いつつ。
皮です。
プリッとした食感。厚めのいい感じ。
皮せんべいではなくしっかりと皮のコラーゲンを堪能できる熱さ。
大きさもいい感じで、これはなかなか。
ほかにも、本日のメニュー的な場所に気になる酢牡蛎やナポリタン等々が。
これ以上注文すると根がはりそうなので、このあたりで止めておいてと言う事で。
ビールを飲みつつ、大将や隣のお客さんとたわいもない地元話をしながら退散です。
ごちそうさまでした。仕事終わりで少し寄る感じの居酒屋雰囲気。そんな感じで。
中瓶2本に焼き鳥とおでんで3,000円。まぁ安くはないかな?ほどで。
福岡県北九州市小倉北区京町3-6-13

TEL:093-551-6393
営業時間 
鷹の羽

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:28|PermalinkComments(0)

2016年11月29日

宗像市 和処 樹 魚のごま醤油定食

大神商店のベアーです。

宗像市役所へ用事があって訪問。書類の受け取り等と言う事で午前中から伺ってましたが、お昼時間になってもまだ時間かかりそう。そんな感じでしたので、断りを入れて外出です。
宗像まで来てましたから何か食べて行こう。できたら津屋崎方向で魚とかいいなぁとか思ってましたけど、意外に宗像市役所で時間がとられたので、近辺の店に。
以前訪問した際に気になってた市役所前のイタリアンでもと向かってみたら、貸店舗の張り紙が。
世知辛い世の中ですね。
前訪問しとけばよかった。
そうなると、その先の和食的な雰囲気のお店にと言う事で早速訪問。

DSC_0013
和処 樹さん。小料理屋っぽい雰囲気が漂いいつつ。

DSC_0010
入口にランチの看板が。結構リーズナブルな価格設定。
早速店内へ訪問です。
引き戸をスライドさせて早速中へ。
入口から見えるのは正面にカウンター席が6席ほど。奥に座敷がある様子。
1人である旨を伝え、カウンターの右端へ座ります。
日替わりの説明を大将から受け、どうしようか少し悩んで、魚のごま醤油定食をお願いすることに。
熱めのお茶を啜りつつ周囲を見渡すとサラリーマンの方々が主の様子。
役所近辺の食事処ですしね。
座った後からもどしどしと来店が続き、結構な繁盛店の様相。
そうこうしてましたら配膳されました。

DSC_0011
魚のごま醤油定食。

DSC_0012
漬けアップ。
早速いただきます。
結構いい品目の膳だなぁと。ごはんに香の物、小鉢の玉子焼きと、大豆の煮もの、サラダに主の漬けに豚汁と。
サラダのドレッシングもゴマドレッシング。豆乳のような風味がまろやかで結構いい味。
玉子焼きも甘すぎず、フワッとした出汁巻き。弱温かみを感じるほど。
大豆の煮ものは冷まして味がしっかり染みた感じに。
中のレンコン、ゴボウの繊維の食感もさることながら、大豆の少し煮られた柔らかさもいい具合で。
主菜の漬けです。
少し寝かせたヒラスの様子。身のプリっとした食感より、しんなりとした柔らかみのある歯ごたえ。噛むと甘みを感じるほどで。
提供手前でサッと和えた感じのゴマ醤油。塩っ気は強くなく、煮切りみりん等で割った風味。ゴマがしっかりとコクを出し。かつ海苔の風味が少し強めでごはんに乗せていただくとこれはいい。
日本酒でもいいなぁと。
アツアツごはんの上に少し醤油が染み出る感じで乗せて米をがつく。それの繰り返し。
ついついごはんのお代わりを。
量をどうされますか?と問われたので、多めでと。
椀に大盛でいただきました。
がっつりといただきました。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
これは中々。市役所に寄ったらランチは迷わずに済みそうだなぁと。
次は海鮮丼か刺身定食かなぁと思いつつ。
魚のごま醤油定食で800円。ごはんお代わりしても値段変わらずリーズナブル。
宗像の魚と思うと鮮度も良さそうそんなイメージで。
福岡県宗像市東郷2-2-8

TEL:0940-72-5142
営業時間 11:30~14:00/17:00~22:00
和処 樹

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:13|PermalinkComments(0)福岡近辺 | 割烹・小料理

2016年11月28日

八幡西区 りんでんばうむ(Lindenbaum) オムライス&ハンバーグ

大神商店のベアーです。

夜のお仕事絶賛稼働中。
そんな気分で、クライアントの会議に出席です。
夕方からと言う事もあり、終わりがほぼ8時前。さすがに日曜のこの時間は応えます。
無事に完了して帰路へ着くにも今から飯だなぁと。
最近の晩が手軽な感じの麺系が多かったのもあり、少ししっかりいただこうかと言う事で少しのドライブを兼ねて移動です。
気分は洋食。
しかも、チープとまで行かないほどの感じで。
ファミレスとかじゃあない感じがいいなぁと車で移動してると、ふとよぎるレストランの記憶。
そうだ、と言う事で早速向かってみることに。

DSC_0001
りんでんばうむさん。看板は煌々と。駐車場は若干暗めで。
折尾地区で営業を行ってた前職時代にランチをいただきに着たりしてたお店。
昭和チックなレストラン。行橋のさんはろーさんとか門司のさん・はっとさんに近い感じですけど、両店ほどの古めかしさはなく。
早速車を置いて訪問です。
風除の扉を開けて、店内へ。もう一枚扉を開くと明るい店内へ。
入口にケーキのディスプレイも置かれてる昭和感が漂う感じの店内。古めかしさはありますけど清潔感もしっかりと。
1人である旨を伝えると左側のテーブル席へ案内されました。

DSC_0003
さっそくメニューを拝見。
ステーキ系から釜飯系までと豊富なメニュー。
多種多様な感じが。
肉系をがっつりと思いますけど、ならばステーキハウスがいいなぁ。
ザ・洋食といえば、オムライスだろうと言う事で。オムライス&ハンバーグを注文です。
んーお子様メニュー久しぶり。

DSC_0004
その他メニューを見てたら店長おススメと料理長おススメなどなど。
店長おススメメニューだとなんとなく利益優先っぽく感じまずが、料理長おススメだと得意料理な気がしてこれもまた言葉のマジック。

DSC_0005
食事の準備が進みます。
ミソスープにドレッシングなどなど。
スープが味噌汁なのがまた味ですね。
マグカップを口に運び少しづついただきます。
味噌もアッサリ出汁の風味に三つ葉がシャキッとした食感。
底の方に溜まったワカメが味噌汁感を思い出させてくれるくらいで。

DSC_0006
そうこうしてたら運ばれてきました。
オムライス&ハンバーグ。

DSC_0007
オムライスに

DSC_0008
ハンバーグと言う事で。
早速いただきます。
まずはメインのオムライスから。
薄いたまごで覆われた昔ながらのスタイル。
少し焦げ目かな?と思って見てましたらチキンライスの赤交じりのライスの色あたりが包まれてる様子で。
しっかりとフライパンでくるむ作り方。
スプーンで一口。
中のチキンライスはしっとり系。ケチャップと言うかトマトベースのソースが米と米の間に染みわたって集団行動を起こすような。パラっと粒が団体行動を乱さないまとまり具合。
辛さとスパイスというより、しっかりとした野菜の系の出汁の旨味かなぁとか考えながら。
チキンライスがしっとりとトマト風味なので、崩れも少な目で食べやすく。
中にはグリーンピースに大き目に切られたニンジン。あとコーンなどなど。
コンカッセに切られたトマト、玉ねぎのみじん切りのソースも甘味がありなかなか。
となりのハンバーグにかけられたデミグラスソースに付けつつさらに一口二口と食べ進みます。
さて、ハンバーグと言う事で、フォークの側面で押し切ると、なかからジュワっと肉汁があふれだす感じ。
結構ジューシーな出来上がり。
肉も練りがしっかりとした感じで、ポロっと崩れる食感もなし。
肉自体がネットリとしっかりとした食感のハンバーグ。アメリカンと言うよりフランス感が満載。
肉汁滴るハンバーグですが、脂っぽさはそこまで感じず。
ご飯おいしいだろうなぁとか考えつついただきます。
デミグラスソースがまたよく合う肉料理だなぁと常々。
さて、サラダにはと言う事でゴマのドレッシングを。
切られた野菜も大き目カットではないので、フォークで口に運ぶときも跳ねず、ソースが滴らずそんな感じ。
クリーミーで濃いめのゴマドレッシング。酸味は少な目。好みの味。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。久しぶりに来るとまたいい雰囲気。
地元密着型で、以前地方紙にも載ってた記憶があったなぁと思い出しつつ。
オムライス&ハンバーグで1,400円行かない程度。消費税がありますしね。
福岡県北九州市八幡西区本城東5-13-1

TEL:093-603-0555
営業時間 11:00~23:00(無休)
りんでんばうむ(Lindenbaum)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 06:33|PermalinkComments(0)北九州市八幡西区 | 洋食店

2016年11月27日

小倉南区 中華料理 楼蘭 八宝菜定食

大神商店のベアーです。

来週末にイベントがあるため、夜は飲まずに準備中。おかげで食事の機会がランチを重点に、晩は軽めが多くなりつつあるこの頃。
あと少しだなぁと思いつつ缶ビールを1本だけと甘い誘惑に負けつつ日々を。
今週末も仕事で埋まって昼も車で移動を繰り返しつつ途中で止まってTELをかけつつ。
そうこうしてましたらお昼です。
周囲を見渡すと、小倉南区。徳力公団近くなので少し小道に逸れつつ。
ラーメン屋さんとか定食屋さんとかあのあたりにあったなぁと思い向かいますと発見。
気分は中華と言う事で、早速訪問です。

DSC_6429
中華料理 楼蘭さんです。
となりの定食屋さんもそのうち来てみようと思いつつ。
営業中の文字を確認しつつあたりの駐車場へ車を置いて訪問。

DSC_6430
サービス定食と書かれた黒板に文字がぎっしりと。さぁどうしようかなぁと言う事で。まずは店内へ。
扉を開いて店内へ。
右はテーブル席、左は座敷と中央に仕切りがあり分かれてます。
まだ時間も早めの様子で、店内は来場者がおらず。
1名である旨を伝えると、お好きな席へと言う事でしたので、テーブル中央へお邪魔しました。

DSC_6431
壁にかかった定食メニュー。写真付きです。麻婆豆腐はケチャップスタイルの様子。んーどうしようかなぁと考えつつ中華丼のあんかけの色合いに少し惹かれて、八宝菜定食をお願いしました。

DSC_6432
その他メニューも多々。少し汚れが年期を感じます。
後から数名のお客さんが来場。注文もダル麺と言われてます。
ダル麺?メニューを確認すると五目あんかけ麺の様子。それもいいなぁとか思いながら。
そんな感じで待ってますと配膳されました。

DSC_6433
八宝菜定食。

DSC_6434
メインの八宝菜山盛りです。

DSC_6435
副菜のサラダなどなど。
早速いただきます。まずはサラダからと言う事で。
マカロニサラダを箸でいただきつつ。
マヨネーズもそこまで濃くなく。あっさりと。柔らかめに茹でられたマカロニに胡瓜のシャキシャキ感がなかなか。
器の練り物をいただくと鶏肉系の肉ダンゴかな?しっとりとよく練られててあらびき感も無く。タレは酸味がきいたポン酢ですけど温かい感じ。糸こんにゃくもポン酢が染みててさっぱりと。
レタスは対照的にマヨネーズがしっかりと。副菜の皿は主に酸味系だなぁとしみじみ。
さて、メインの八宝菜を。
中の具は多々。赤ピーマン、ピーマンに白菜、シイタケ、エリンギ、イカに海老に煮豚に青梗菜。あとうずらの卵。8種類から10種類に変貌を遂げてしかも山盛り。
あんかけのとろみは固めで、結構な弾力に熱気がしっかりと封じ込められてて、青梗菜を口に含むと、アツアツで舌を火傷しそうに。
煮豚はスターアニスで風味付け。中華感が増してます。
そんな固めのあんかけを箸でいただき、ごはんをかきこむ。
中華醤油の強めな味付け。関東風で濃い感じ。
ご飯が進むおかずだなぁと。
ついつい、ライスの大をお願いしてお代わりです。
中華スープは卵にコーンと少し甘めな仕上がりで、これもとろみがついててアツアツ。
ランチからあったまる仕上がりだなぁとしみじみ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
町の中華屋な感じでランチも気軽に。晩もいい感じだろうなぁと
八宝菜定食にライス大で840円。ボリュームもありコスパもいい感じ。
福岡県北九州市小倉南区徳力3-7-18

TEL:093-963-7908
営業時間 11:30~15:00/17:30~21:00
中華料理 楼蘭

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 16:16|PermalinkComments(0)北九州市小倉南区 | 中華

2016年11月26日

飯塚市 筑豊的担々麺 烏龍 汁なし担々麺特盛、ホルモン丼

大神商店のベアーです。

直方駅近辺から田川糸田方向へ進む際に気になる通り。
途中でバイパスと合流するまでの間道にいろいろな店が並んでます。
そういえば、前職の先輩に連れてきてもらった八千代ダーメンもこの通りだなぁと思いながら。
本日は担々麺が食べたい。という気分もあり、気になってた筑豊的担々麺 烏龍さんへ行ってみようと。
仕事を強制終了させて訪問です。
今週末はやることが多々あったんですけど、もう食事をメインにと言う事で。

DSC_6436
向かって開いてなかったらどうしようかなぁとか思いつつもしっかりとライトがついてて杞憂でした。
車を目の前に止めて早速訪問です。

赤い扉を引き、開けて店内へ。
この扉の閉まりが悪い様子で、押し込む感じでしっかりと扉を閉めつつ。
店内はカウンター席が目の前にテーブルが左入口に。右手は座敷が3席ほどある様子。
店内はお客さんがそれなりに。8時過ぎほどでしたけど、まだまだ後からも来訪者がある感じで。
カウンターの中央に座して早速メニューを確認です。

DSC_6437
メニューは担々麺のバリエーション。
炭を練り込んだものから辛さが倍増していく感じのモノ。醤油ラーメンに汁なしと言う事で。
ならばと汁なし担々麺をお願いすることに。
大盛も替玉もある様子ですので、ここはと言う事で特盛をお願いしました。
ご飯で、肉飯を注文すると、担々麺に乗せてあるそぼろが肉飯に乗りますよと言う事でしたので、ホルモン丼をオーダーです。
厨房は目の前、ゆでる姿等々がよく見える感じで。
オーダーがあとから入って忙しくなりつつもしっかりと料理が進んで目の前に配膳です。

DSC_6439
汁なし担々麺特盛。
もやしの量が大盛です。辛みその肉もどっさりと。
下からよく混ぜて食べてくださいとの事でしたので、しっかりと混ぜつつ。
早速麺をいただきます。
太さは中太ちぢれ麺。よく坦々だれが絡んできます。
白ごまが多めで風味もしっかり。ゴマの油っぽさを感じつつ。
もやしもシャッキリと芯まで茹でられて無く歯ごたえもしっかり、みずみずしいくらい。
肉味噌は少し甘辛。辛さはそこまでなくズルズルと啜っても喉に刺激が来ない程度。ネギの風味を堪能しつつ。
ラー油をかけて食べるとさらに風味が増すような事が書かれてましたので、これはと言う事でドバドバとラー油を。
かけていただくと結構な辛味が。のどの刺激も強めにくる感じで、今まで同様ですすってて少し咽る感じに。
確かに風味が大きく変わるなぁと。そこに残った坦々ダだれもいい肉味噌風味でしっかりれんげで掬いつつ堪能です。

DSC_6440
ホルモン丼です。
このビジュアルは・・・そいうえば、飯塚オートでいただいたホルモン丼の感じだなぁと。
確かに飯塚。名物料理。
早速いただきます。
モツはしっかり煮えてて硬さも無く。柔らかい食感。良く出汁も染みてて濃いめですが、味噌風味もしっかりと。
汁多めでつゆだくな感じだなぁとか思いつつ丼の飯を見てましたが、しっかりと米に染みてそこまでのつゆだく感は感じず。
ネギもシャキシャキとした食感と共にかきこむ感じで。
しっかりと炭鉱飯をいただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
飯塚のモツ煮込み飯を堪能だなぁと。担々麺もいい盛り具合。
担々麺とホルモン丼で1,250円。結構食べたなぁとしみじみ。
福岡県飯塚市横田66-5

TEL:090-8226-4838
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00(月曜定休日)
筑豊的担々麺 烏龍
ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 17:39|PermalinkComments(0)飯塚・直方地区 | ラーメン

2016年11月25日

門司区 うどん・そば みちしお ちゃんぽん定食

大神商店のベアーです。

昼はコンビニのサンドイッチで軽く済ませて夜がっつりと考えながら業務に勤しみ。
適度で切り上げて、今日は何をたべようかなぁと。
特段メインを決めてなかったこともあり、お酒を飲む感じではないので、脂っぽいモノとか、味の濃いモノとかを避けつつ街を徘徊。
目に付く店は酒の店ばかり。
紺屋町の麻布21ビル入口に本格シェフによるフィリピン料理の文字の看板が立ってたのを見て興味が沸きつつ、乗りなれたエレベーターを昇って店前に行ってみるとフィリピンパブ的な感じ?時間いくらの飲み屋風。まぁ確かにこの場所にレストランとか作らないよなぁと。
いそいそと退散。
実際に料理は出してるのかもしれませんけど、今日じゃぁないなぁと。今度班長誘って突入するか。とか。

町中をぐるりと巡ってみたもののなんとなくここだと来る店に出会えず。
酒抜きで考えたらそんな感じかなぁとか。
車に乗り込み南区下曽根付近から門司をぐるりと。
夜の新門司に目新しさを求めて巡ってみてもさして代わり映えせず。
門司港を走行中にふと。みちしおさんの看板が明るいのを発見。
そういえば、前職の〆で来たなぁと思い、久しぶりに行ってみることに。

DSC_6424
うどん・そば みちしおさんです。
看板が赤々と。
入口の提灯も灯りが灯って夜の街頭少な目な通りで目立ってるなぁと。
前職の新年会の際に門司港で飲ませていただき、そのあとの3次会ほどで来た記憶がある程度。
もう数年以上前の話。
DSC_6425
入口には蛍光看板が。うどん、そばからカレー等々。食堂感が満載。
早速のれんをくぐり、店の中へ。
店内は昭和感のある古びた店舗。
カウンターがずらりと。テーブル席が1席あり中央にはおでんの鍋が陣取ってます。
早速入口付近のカウンターに座ってメニューを拝見。

DSC_6426
うどん・そばから一品料理に定食などなど。
何にしようかなぁと思案。丼とかもありますけど、ここは無難にチャンポン定食をお願いすることに。
前回も同様のチョイスだった記憶が。
オーダーすると、カウンター内のおかあさんが早速調理にかかります。
準備されてた野菜をまとめてフライパンに。
横でゆでるために火が灯ってる寸胴に麺を投入しつつ。
テキパキと。少し年齢を感じるほどの手つきで。
そんな風景を見てましたら配膳されました。

DSC_6427
ちゃんぽん定食

DSC_6428
少しチャンポンアップ。
早速いただきます。
カウンターが内側に傾斜がある様子で、器のスープが奥へ傾いてるのはわかります。
野菜たっぷりなチャンポン。具はキャベツにもやし、玉ねぎにネギ、ちくわ、かまぼこ、海老にイカなどなど。
しっかりと野菜出汁が染み出る感じで。
味付けは中華だしをふんだんに投入してましたので、まぁそんな感じで。
あっさりとした鶏ガラスープと豚骨系のインスタント出汁がふんだんに。まぁなかなか。
麺は中太ストレート。普通のチャンポン麺を茹でた鍋に投入してからスープをあと掛け。
茹でられた麺の柔らかさを噛みしめながら。
途中で胡椒を大量に投入しようと数振りしてみると黒い粒に交じって白い粒が。
まさかと思い、少し舐めてみると塩コショウ。危ないところでした。大量投入したら危うく塩分の過剰摂取になるところでした。
一度、ラーメンの金龍で同様の経験にあってますから、警戒しててよかった。
本当に良かったと。
胡椒も封じられつつスープを口に含んでごはんをいただく。そんな感じで完食です。
ごちそうさまでした。
飲み会の3次会で来るならいい胃袋を満たす店なんだろうなぁと。しみじみ。
門司の飲み屋界隈の〆の胃袋を担うおかあさんたちはまだまだ健在の様子でした。
飲んでこよう。
ちゃんぽん定食で750円。野菜ふんだんで悪くない感じ。
福岡県北九州市門司区栄町11-19

TEL:093-331-2278
営業時間 18:00~深夜(定休は不明)
うどん・そば みちしお

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:46|PermalinkComments(2)北九州市門司区 | 食堂

2016年11月24日

八幡西区 初代 麺吉 天ざるそば大盛、しそおにぎり

大神商店のベアーです。

班長から連絡があり、ランチでもどう?そんな流れ。
何処行くかのプランも特段無しですが、八幡西区の奥に蕎麦屋があり、一度訪問するべく向かったお店が定休の様子でしたので、再チャレンジと言う事で。
小倉南区インターから九州道にのり、直方で下ります。1区間なら、都市高速より安価だし。
店に向かって走行し目的地付近へ。
どうやら本日も締まってる様子。というか閉店?そんな雰囲気。
携帯で検索してみても同様な感じでしたので、これはちょっと出遅れたのかなぁと。
さて蕎麦です。なんとなく胃も蕎麦を欲してる様子。
1件目の目的は見失いましたけど、まだまだ行きたかった店はあるので、そちらへと言う事で。
三ヶ森付近まで移動です。

DSC_6406
看板の上にそば・丼ものの文字が見える初代 麺吉さんへ。
近所にパチンコ屋などが立っていたり、同隣接する店舗がビデオ屋だったりと言う事で、なんとなくイメージはパチンコ屋にあるうどん屋さん。ただ、通る度にうどんではなくそばと書かれてる点や、入口の暖簾横の幕がそばだったりと言う事で、行ってみようとは考えつつもなかなか。
早速車を駐車場へ止めて店舗へ訪問です。

DSC_6407
おススメメニューが書かれてます。おろしトンカツぶっかけそばからいろいろと。
だいぶ年期を感じるA看板。足元も枠も黒の塗装が剥げてしまってるなぁと。
確かにだいぶ前から見てましたから長いんだろうなぁとしみじみ。
引き戸を開けると、カウンターがずらりと。奥にはテーブル席もある様子。
お昼過ぎではありましたけど、カウンターも埋まってる様子です。
繁盛店な感じ。
数分待って会計を終えられたお客さんが退出されたので、代わりに席に案内されました。

DSC_6408
カウンター中央に案内されてさてメニューを拝見。
何をいただこうかなぁと。温そばもいいんですけど、気分はざるでつるりと。
天ざるそばをチョイス。2枚とかではなく、大盛なので大盛でオーダー。あとしそのおにぎりを。
少しお時間いただきますよ。との事でしたので承諾です。
携帯をいじりつつ待ってると電池が無くなりそうな勢いが最近ありますので、じっと静かに座して時を刻みます。
店内のPOP等を確認すると、蕎麦に関する事や、食べ方等々が書かれた小冊子や、十割蕎麦についてなどなど。こだわりの店なんだろうなぁとか思いつつ。
まぁ食べ方は各個人の楽しみ方なんだろうなぁと思う今日この頃。
待ってますと配膳されました。

DSC_6410
天ざるそば大盛。

DSC_6411
そばの色合いに

DSC_6412
天ぷらの盛り具合。

DSC_6409
しそおにぎり。
早速いただきます。
そばを数口そのままで。少し太目の蕎麦。つるっとしたのど越し。香りは弱といった感じ。
田舎蕎麦を出してるお店な感じで、通常の二八そばに関しても無骨感がでてるなぁと。
薬味のネギはかなり細目に切られてるのが印象的。
わさびは練り系かな?と
つゆに3分の1程度浸しズズズと啜ると、つゆは濃いめな出汁仕立て、醤油も辛めな感じですが、醤油が濃くなく。
甘みより出汁感がしっかりとしたつゆだなぁと。
そばをズズズといただきます。
二八の蕎麦。そこまで短いものはなくしっかりとつながってるのを確認。
一気にいただきました。
さて、天ぷらです。
えんどう、パプリカ、ピーマン、ナスにサツマイモにかぼちゃと海老、シイタケ結構ふんだんに。
切り口も大き目でしっかりと。サクッと揚がった天ぷらの衣に、中の食材はジューシーで水分もしっかり含んだ形で。
天つゆも準備されてるのがうれしい限り。
辛味の強めな大根おろしを天つゆに入れていただきます。
途中しそのおにぎりをかじりつつ。しその風味がしっかりと。
ご飯はネットリとつぶれてなくいい炊き具合。
海老も大き目でプリッと上がってて、海老天ざるそばもこれが2匹ならいいなぁとか考えつつ。
シイタケも肉厚でプリッとした食感を堪能。

DSC_6413
そばをいただいてる最中にそば湯の配膳です。
食べ終わったので早速と言う事で、まずは湯のみでそのままを。
溶きそば湯と書かれてましたのでとろみ具合を見ると、いいネットリ感。
口に含むとそばの風味がしっかりと。
味も蕎麦感が出てて、なかなか。
次に出汁に投入です。

DSC_6415
濃いめのトロリ感がなんとも。蕎麦の上にあった海苔が少し落ちてた様子で。まだまだ甘い食べ方だなぁとか考え。
ネギとわさびを少し溶きつついただきます。
出汁がしっかりとしてるつゆでしたので、これは中々。濃い出汁の旨味がそば湯で程よい程度に。
ほっこりしつついただきました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
天ざるそば大盛で1,800円、しそおにぎりで210円はまぁ若干ランチとしては高めかなぁとか考えながら店を後に。
悪くない感じです。おろしトンカツそばもいただいてみようと心に誓い。
福岡県北九州市八幡西区里中3-1-15

TEL:093-613-8305
営業時間 (月)11:30~15:00/(水~日)11:30~17:00(火曜定休日)
初代 麺吉

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年11月23日

小倉北区 拉麺専門店 えん ラーメン『えん』、ミニチャーシュー丼、替玉

大神商店のベアーです。

仕事も一段落して、晩飯の事を考えながら帰路へ。
飲みたい気持ちもありますが、明日が休みだし、最近家事がたまってる気がするので、朝から作業も考えて今日のところは肝臓に勘弁してやろう。
そんな感じ。
焼きそばとかいいなぁとか思考が巡ります。
お好み焼き屋に入って、あえての焼きそば注文とか。
炭水化物に絡むソースのコク、辛味、旨み。それに胡椒を振りつつスパイス感をさらに高めていただく。
もやしを使う日田焼きそば系もいいんですが、キャベツのパリッとした歯ごたえもなかなか。
具だくさんの焼きそばより、麺のボリュームで満足したいかなぁとか。
炭水化物が重点的で。
玉子に包んだオムそば系か、それとも素の焼きそば系か。
ソースでつゆだくもありかもしれないとか。
焼うどんの柔らかい食感より、少し太めの中華麺の噛みごたえだなぁ。
いろいろとめぐります。
今日の気分はなんだろう。
そんなことを考えつつ小倉北区の中井付近を走行してましたら、花輪が置かれてるラーメン屋さんを発見。

ラーメンにすっか。思考が無駄になった瞬間。

DSC_6399
拉麺専門店 えんさん。最近OPENしたんでしょう。花輪が数個置かれてます。
ここで豚のむらの文字を見かけたなぁと思い出しつつ早速近くのパーキングへ止めて向かいます。

DSC_6400
店の宣材写真というか、説明文が貼られてました。
早速店内へ入ります。
扉を引いて中へ。
カウンターが壁沿いに。中央にはテーブル席が。右側のカウンター奥で調理をされてる様子。
店内は数名のお客さんが食事中。その間に割って入り、右カウンターの中央に座します。

DSC_6401
さて、メニューを拝見と言う事で。
セットメニュー等もある様子ですが、ランチ用みたいだなぁと言う事で、
特製ラーメン系のラーメン『えん』とチャーシュー丼をお願いしました。
大将からのお声がけで、チャーシュー丼は量ありましからミニでも結構ですよ。と言う事でしたのでそちらへ変更。
テーブルの前にはネギ、胡椒、特製醤油と書かれた小瓶が。
醤油って?と思いつつ。メニューの唐揚げにかける感じかな?とか考えてたら配膳されました。

DSC_6402
ラーメン『えん』。スープがなみなみ。この量はうれしい限り。

DSC_6403
ミニチャーシュー丼。
大将曰く、ラーメンのスープに塩分は極力控えてるので、塩っ気が足りなかったら特製醤油を足してくださいとの事。
元ダレだったのかぁと。
では早速いただきます。
スープをレンゲで数口。クリーミーですがあっさり系。しっかりとした旨みはありますが濃すぎず。
長浜系に近いですが、塩味に頼らず。そんなスープ。
麺をズルズルと。
細ストレートの麺。茹で具合は普通でお願いしたところ、いい食感。のど越しもつるりと。麺自体もシコシコとした食感。いい茹で具合。
麺がいい具合の状態でパパッといただきます。
さて、具と言う事で。特製の辛味ひき肉を。豆板醤で炒め酸味が少々。辛すぎず。肉の旨味がそれなりに。ラー油風味も感じますが、スープに馴染むとアッサリと埋没してしまうような。印象はそこまで残らず。
もやしときくらげが結構山盛りで麺が無くなった後でもしっかりとスープから引き揚げるほどの量が投入されてます。
チャーシューは煮豚系。バラ肉の脂がいい感じに落ちて、脂身部分もいいコラーゲン質へ。表面に染みたチャーシューのタレがいい味に。これは中々。
ネギのシャキシャキ感を堪能しながらさらに数口スープをいただきます。
ミニチャーシュー丼をいただきます。
ご飯の上にきざみチャーシューとそのタレに温玉乗せ。
卵かけごはんにチャーシューと醤油がチャーシューの煮汁と思えばなかなかいい感じ。
玉子の量に対してごはんが少し少な目なので、ごはん自体は汁っぽく浸る感じで。それを口にかきこむ感じでいただきました。

DSC_6405
スープが多めなのでやはりと言う事で、替玉を注文です。
普通の茹で具合で1分程度で配膳。
早速丼に落として板d飼います。
ゆで汁はしっかり切られてますが、保水量からスープが薄まる感じで。
特製醤油を少し垂らしつついただきます。
まぁ濃く塩味の強いスープではないので、そんな感じかな?と思いつつ。麺をいただきつつスープを飲み干します。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
塩味に頼らないスープの出来具合がなかなか。気持ちどちらかと言えばらーめん『えん』より普通のラーメンあたりにチャーシュー丼でガッツリのほうが好みスタイルかもしれないなぁと思いつつ。
福岡県北九州市小倉北区日明3-5-1

TEL:093-581-3515
営業時間 11:00~14:30/18:00~21:00 [日・祝] 11:00~17:00(月曜定休日)
拉麺専門店 えん

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年11月22日

門司区 焼とり工房 炭焼小屋 焼き鳥、地鶏のタタキ、さつま芋のデップステック、アジの開き、砂ズリの唐揚げ、味噌ちゃんこなべ、ネギオムレツ、ピーマンユッケ

大神商店のベアーです。

先日の鳥刺しを買ってきたその日に区分けして、冷凍庫へ保管し、数日間の間に焼酎と共にと言う事で、今日あたりに飲んでおこう。そう思いながらいそいそと準備を。
解凍時間の間も口さみしい感じなので、ピーナッツにビールで時間をつぶしつつ。
そんなときに班長からの連絡が。

飯でもどう?

出したばかりでしたので、そのまま冷凍庫へ再保管。飯に行くことに。
今日は目的が焼き鳥と指定があり、さてどうしようかなぁと。
班長運転なので、ある程度の距離があっても大丈夫。そんな感じで。
気になってた門司の焼き鳥屋か、はたまた黒崎の焼き鳥か。そんな感じで考えながらとりあえずの合流を果たします。
門司の記事があと少しで50件を越せそうな感じもあったので、門司方向へ足を向け出発。

DSC_6374
門司駅付近のパチンコ屋隣にあります焼とり工房 炭焼小屋さん。以前から気になってる店でした。
門司まで飲みに出る機会も少ないですのでこんな機会だからこそと言う事で。
近くの駐車場へ車を置いて早速店内へ。扉を開けると店員さんが待ち構えてます。2名である旨を伝えると座敷のテーブルに案内されました。

DSC_6376
早速ビールをお願いします。
お通しに皮酢と枝豆。
皮酢はコリっとした食感で地鶏系。なかなか歯ごたえがいい感じ。
ポン酢もさわやかな酸味で強すぎず。

DSC_6377
メニューを拝見しつつオーダーを。串も単品100円ほどからのリーズナブル加減。ほかの単品料理も値段が安め。あとは質の勝負です。

DSC_6380
地鶏のタタキをお願いしました。
表面が焦げるくらいの炙り加減でしっかりと冷やされてます。
厚手に切られた鶏のモモ。コリっとした皮の食感がいい感じ。
生姜を乗せてポン酢でいただくと、これまたさわやかな風味。ピリリと生姜の辛味が生きていい具合。
モモ身の弾力のある食感を堪能です。

DSC_6381
焼鳥で豚タンに豚バラ。
バラをいただきます。
脂がしっとりと。ジューシーな肉汁。あっさりとした肉汁が噛むとあふれんばかり。
肉身もいい感じの厚さ。噛みごたえもそこそこに。
バラの脂身と肉の旨味が凝縮だなぁと。久しぶりに豚バラをいただいたなぁと。

DSC_6382
鶏肝にぼんじり。
肝をいただきます。
ネットリとした食感。焼過ぎずかつ、レア加減ではなく。炙り肝より程よく火が通ってる感じで。
レバー特有の臭みや食感も気にならないくらい。
これは中々いい焼き加減。タレも甘辛でしっかり絡んでます。

DSC_6384
さつま芋のデップスティック。
中央に盛られたのはバターに砂糖とか多々混ぜてるデップ。
アツアツに揚げられたサツマイモを付けると、熱で溶けて絡む仕組み。
さつま芋にバターの組み合わせ。外れる感じがしないです。
ホクホクとした甘みのあるサツマイモにバター風味。

DSC_6385
左からサガリにホルモンつくねに皮が2本。
皮をいただきます。ここの皮は焼過ぎず。柔らかくクニュっとした食感を大事にしている様子。
厚手の皮からいいコラーゲン。ねっとりとした皮目タレがしっかりと。
つくねもいただきました。鶏のミンチをよく練り上げてる様子。粗いミンチ感はなく団子状にしっかり形成されててこれもなかなか。ピーマンの苦味がまた後を引く感じで。

DSC_6386
アジの開きです。
水分をしっかりと抜かれた魚の身。磯の香は漂いますが、凝縮された魚の旨みがしっかりと。
いい酒の肴です。

DSC_6387
砂ズリに豚軟骨。
ズリの食感は噛むと固めでシャリっと肉がきれる食感。仲なら旨みがしっかりと。
この大きさは中々いいボリューム。
豚軟骨もコリコリとした横隔膜のナンコツ。噛めば噛むほど旨みを増していきます。
この部位が大好きであればついつい注文です。

DSC_6388
砂ズリの唐揚げ。油淋鶏スタイルです。
揚がった砂ズリにタレをかけて野菜と共に。
このタレもいい醤油ベース。なかなかこの唐揚げに合うなぁと。野菜とも抜群に。
このズリの唐揚げはなかなかいいなぁと思いつつ。

DSC_6389
壁に貼ってあった鍋のメニュー。気になる味噌ちゃんこをお願いしました。
1人前でも十分な量。しっかりと具が満載。
これだけで一人で酒飲めるなぁとか本気で思う感じ。
中にたくさんの野菜と鶏の身、つみれ、もち等々。味噌風味ですが、味噌は濃くなくアッサリ目。
春菊が煮える前に苦味を堪能しつついただきました。

DSC_6391
ネギオムレツと言う事で。ネギのかかったオムレツかなぁと前評判。
実際に頼んでみると中まで白ネギがしっかりと。火の通った白ネギのシャキッとした食感がいい感じ。
玉子も柔らかく仕上がってて適量いただきました。

DSC_6393
ピーマンユッケ。
気になってた野菜メニューと言う事で注文。たまごに湯通しされたピーマンにパプリカ。ユッケのタレであえていただくと、シャキっとした食感がなんともいい感じ。
塩昆布も旨みも相成ってこれは中々。焼酎とかも合いそうだなぁとか

DSC_6392
地元のミカンを使った梅酒だそうで、興味がわいてきますので、早速注文。

DSC_6394
ロックでいただきました。
くどくない甘味でオレンジの風味を感じます。
梅酒を飲む機会がそこまでないので、バヤリースオレンジ割りよりもう少し濃厚かなぁという感じで。
堪能いたしました。これは中々料理もお酒もしっかりと。
ガッツリいただいたなぁと思いつつお会計をお願いしたらだいたい8,000円程度くらい。
ビール3杯に梅酒、ウーロン茶を2杯含んで料理とこの金額。結構リーズナブル。
小倉店の方にも顔出してみようと思います。
福岡県北九州市門司区高田1-4-18

TEL:093-391-1189
営業時間 17:00~翌01:00(無休)
焼とり工房 炭焼小屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年11月21日

八幡西区 麺処 太陽 中華そば大盛(海老)、餃子

大神商店のベアーです。

八幡西区相生付近を走行です。晩に何を食べようか。思ってたのが、謝謝餃子さんで餃子ライスとかかな?そんな感じで八幡地区へ。
車で移動しつつ、さてと言う事で。
店の前に着いたのはいいんですが、結構満席状態。車も止めれそうにないしなぁと言う事で少しグルグルと周囲を周回。
石挽そばとかもあったなぁとか考えつつ巡っていたら、新規開店のお店が。

DSC_6360
麺処 太陽さんです。
黄土色の暖簾がなんとなく目新しい感じで。
車を近くのパーキングに止めて訪問すると、塩ラーメンか、中華そばのお店の様子。
最近豚骨以外をいただいてないなぁと思いましたので、そのまま訪問です。

店内はだれもおらず。まぁ新規OPENのお店ですしね。
店員さんと大将の2人の様子。入口右側にテーブル席。あとはカウンターに椅子が並べられてます。
早速カウンターに座ってメニューを拝見。

DSC_6362
鉄板焼きそばも気になるところですが、中華そばで香味油を海老でお願いしました。大盛注文です。
あとは餃子もオーダー。
早速調理をする音が。
ほかメニューを確認してたら、夜メニューに麻婆豆腐の文字が。気になりますがそのうちにでもと言う事で。
少し待ってましたら配膳されました。

DSC_6363
中華そばに

DSC_6364
餃子。少し濃い色合いです。
早速いただきます。まずはスープを数口。しっかりとした節の香り。あっさり系。醤油の風味は強くなく、出汁の旨味がしっかりと。少し淡泊な感じ。そんな印象。
麺はそこまで太くない弱ちぢれ麺。スープにほどほど絡むくらいで、麺をいただいてる感じ。
ズズズと啜ると小麦の香りが。
少し細目ですので、柔らかい食感まで茹でられてるなぁとか思いつつ。
具は鶏チャーシューにたまごにメンマとネギに海苔と山芋。山かけは初体験です。
麺を絡めていただくとマイルドでつるりとした食感。のど越しもツルリと。
鶏チャーシューもいい仕上がりで、パサつきもそこまで感じず。しっとりとした鶏肉の食感。
メンマはどちらかと言えば、筑前煮のタケノコのような。コリっとした歯ごたえはしっかりと。染みた出汁のタケノコの旨味。思いのほか初な食感、味わい。
煮卵も半熟でよく染みていい感じ。
海苔もスープに浸していただきました。
食べ進めていく途中で、胡椒を少し多めに投入。これがまたスープの風味が引き立つ感じで。
ブラックペッパーがよく合うスープだなぁと。
自家製と書かれたラー油を垂らしたら少し崩れた感じだったので、胡椒どまりで堪能。
ただ、山芋が麺を数口いただいたら、スープに溶け混ざって少しの粘度を感じさせる程度に消えてしまったのは残念。逆にこれを多めの山かけそばならぬ、山かけラーメンでもいいのかもなぁとか思いながら。
スープも適度に飲み干し完食。
さて、餃子を。酢にタレを半々程度で割りつつ浸していただきます。
モッチリとした皮目。焼き具合はパリッとは特段せずですが、皮のモッチリ感がいい感じ。
中の餡の割合も野菜多めで、肉汁があふれてくる感じでは無し。
ストレートな餃子だなぁと。
肉っぽさより餡がしっかりと野菜と馴染んだ優しめな餃子なイメージ。
ラー油をさらに足して完食。
ごちそうさまでした。これは中々。
食べ進むにつれて、味の変化を感じる中華そば。なかなか奥が深いと思いつつ。
中華そば大盛に餃子で1,210円でした。悪くない値段。
そういえば、香味油の海老感はよくわからないままだったなぁというのが主だった感想。ネギ油も試してみたら把握できるのかな?と。
福岡県北九州市八幡西区相生町5-18 シャルマンコート古賀

TEL:093-883-6321
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00(火曜定休日)
麺処 太陽

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



livedoor プロフィール
livedoor 天気