2016年02月

2016年02月29日

大分市 麺堂 香 高城店 野菜ラーメン+半チャーハンセット

大神商店のベアーです。

またしても大分への足取り。
やり残した事が多少あったのでその流れで訪問です。
気になってたのは丹頂さんという地元の焼きそば屋さん。日田焼きそばのようにカリっと仕上げた感じらしく、地元でもまぁまぁな感じ。
行ってみたいなぁと思いつつもそのままでしたので、ドライブがてら訪問と思いつつも向かったんですが、まさかの定休日。調べてなかったなーそこまで。
駅横の鶏とネギのラーメンの店も開いてなかったし。さてどうしようかなぁとか考えてたら、目の前の大きな看板のお店が。

BlogPaint
麺堂 香 高城店さんです。
自家製麺の文字が少し気になるので行ってみることに。

中に入ると大きな店舗。正面にカウンター奥にはテーブル等がずらりと。
結構な人数入れる様子。
カウンターに座ります。

DSC_3571
メニューを確認。どうしようかなぁと思いつつ、タンメン的な野菜ラーメンと半チャーハンのセットを注文です。

DSC_3570
店内には製麺機が置かれ、自家製麺の作成まで行っている感じ。
麺を作るのでしょうから、こだわりがあるんでしょうね。
さて、またカウンターに座って少し待ってると配膳です。

DSC_3572
野菜ラーメンに半チャーハン。

DSC_3573
ラーメンと

DSC_3574
チャーハンと言う事で。
早速いただきます。
スープを啜ると野菜の旨味が溶け出してこれはいい感じ。
あっさり系ですけど野菜の甘味と豚骨のコクがいい具合。
昔、福岡の筑前新宮駅近辺で食べたチャンポンの味を思い出してしまいました。
あの味も野菜の旨味とあっさり系の豚骨が溶け合っていい味だったなぁと。
野菜も煮られてますが、煮込まれてるわけではないのでけっこうシャキっとして歯ごたえもいい具合。
キャベツの芯も甘く、単に硬いだけの存在ではないぐらい。この芯はいいなぁとか考えつつ。
麺は中太縮れ麺。弾力があり結構スープが絡みます。
さすがは自家製麺なんでしょうね。味にマッチ。どんどんと食べ進みます。
麺が無くなり野菜がスープに浮いてる程度まできたら、チャーハンを。
出汁が利いてていい味わい。
油少な目でパサっとしてますが、スープを含みつつ米を食べるそんな要領で完食です。
飛び込みで入ったんですが、これはなかなか。
ごちそうさまでした。
駅から少し距離がありましたけど、まぁ移動できない程度ではないかなぁと思いつつ。
今度はしっかり調べてこの地を訪れないとと思います。
野菜ラーメン+半チャーハンセットで950円でした。なかなかいい感じ。

まぁ帰りの道すがらついにエンジンの不調が本格的に。中津で唐揚げを買ってだましだましと家へ帰還です。
ついに別れの時かw

大分県大分市日吉町1-22

TEL:097-556-7315
営業時間 11:00~24:00 (無休)
麺堂 香 高城店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:12|PermalinkComments(0)大分県 | ラーメン

2016年02月28日

小倉北区 酒房 武蔵 串カツ、肉じゃが

大神商店のベアーです。

一杯ひっかけて次の店へ。
時間も4時半からの開店との事でしたので、その足でふらふらと魚町銀天街を歩いてすぐそば。
酒房 武蔵さんです。

DSC_3586
ビールの温度とかが記載されてるお店。古くからやってる魚町の顔。
最初に入ったのはいつだったか忘れましたが、たまに寄る感じ。
早速中に。
店内に入ると、L字のカウンターにずらりと人が。
奥の階段を上ると座敷もあります。宴会でにぎやか。
早速カウンターへ腰かけて注文を確認。
周囲のお客さんも老若男女とはいかずも先輩ばかりが目立ちます。
夕暮れ時から飲めるのは現役を退いた諸先輩方の特権ですしね。

DSC_3588
とその前にビールを一杯。
昭和57年から値上がりしていないらしく。その価格が300円。庶民の心を鷲掴み。

DSC_3587
メニューは木の札に。下は200円から50円単位で上がっていくメニュー
豊富で安さもうれしいところ。

DSC_3589
手元のメニューもついつい見入ってしまいます。

DSC_3593
少し飲みつつ待ってますと、配膳されました串カツ。
さすがに大きさ抜群です。
立ててみるとジョッキを隠してしまうくらいの勢い。
アツアツの串カツにソースを浸して早速いただきます。
カリっと揚がった衣。そこまで厚くなく、且つ肉汁をしみ出させるほどの薄さでも無く上々。
豚肉も厚みも結構なもの。噛んだらジワリと甘味を含んだ豚脂が染み出る感じに。
旨みも良く。ソースのスパイシーな風味に負けない旨み。
少しソースが染みてくると、衣もしんなりと。これまた少し肉から剥がして旨みを吸った衣のみをいただきます。
肉の味も染みて、ソースのスパイシーな感じもあり、衣の程よい厚み。ついつい剥いで食べてはまた飲んでを繰り返し。
途中に刺さってある玉ねぎも箸休め。火が通り甘くしんなりと。
これを食べにたまにカウンターに座ってビールを数杯なんてことも。

DSC_3591
もう少し欲しいなとおもってたので、肉じゃがを。
今度は牛肉です。
良く染みてるジャガイモ。男爵でしょう。煮崩れ感が無く、またジャガイモの粒っぽさもそこまで出汁に出てなく。
箸でつまんでジャガイモを割り、一口。
醤油と出汁に肉のコクとこれまた味の濃いジャガイモへ。
ビールでもいいんですが、焼酎ロックとかでもこれまたいい具合。
旨い煮物に焼酎のトロリとしたコク等がいいなぁとか考えますが、ついついビールを注文です。
牛バラ肉は肉の質感を損なわず。薄切りですが、噛むと弾力があるほど。固めな食感。
玉ねぎも良く煮えてこれまたトロリと、透けて見えるいい色合い。
汁も飲み干したくなる具合のよさ。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
今日も満足満足。

ビール3杯と串カツに肉じゃがで1,550円でした。堪能です。
福岡県北九州市小倉北区魚町1-2-20
TEL:093-531-0634
営業時間 16:30~22:00(日、祝定休)
酒房 武蔵

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年02月27日

小倉北区 酒処十五家 活車海老のおどり、三種盛1人前、おでん(大根、すじ)

大神商店のベアーです。

平日に少し休みを取って午前は用事、午後は予定が少し早まりふらっと町を徘徊。
ランチ時間をすでに越えて、昼時というより、更けてくる間際。まだまだ足並みは途切れる感じではない時分ですが、昔に比べたら人通りが少ないなぁと感じます。

魚町銀天街のマックも閉店して、改装準備で業者さんがコンクリートを砕いてたりと街並みも変わるもので。
小学校の頃、井筒屋の横にあった東映に映画を見に行く前に寄ってたマックがまさか閉店となるとはなぁと。

その先駅側へ少し歩くと、武蔵さん。開店は4時半と書かれてますからまた後で、

献血ルームも左手側だった気もしますが右手に移動。知らぬ間に。
ふとそんなことを考えつつ歩いてたら、

DSC_3576
たぶん目にした事もあったと思いますが、新しそうな店舗が。
店前に水槽。特段魚がいる様子ではないのかなぁと目を凝らしてみると、車エビが泳いでます。

DSC_3577
看板には活車海老の文字が。ほうほういいかもと思い、ふらふらと店内に。
夕方前なのにそこそこのお客さんが飲みつつ、食べつつと少しガヤガヤ。
一人である旨を伝え、通路横の席に座ります。

DSC_3579
メニューを確認すると、寿司、天ぷら、おでんに刺身などなど、一品料理もある様子。

DSC_3580
まずはビールをいただきます。
グラスでぐびっと。朝から特段何も飲んでなかったのでこれはキク。

DSC_3582
2匹の活車海老の注文をさてどうしようかと悩みもせずに選んだおどり。
そのままの車海老2匹が出てくると思いきや、さすがに皮は剥かれてました。まぁ〆る作業は少し心痛みますしね。
まだガラスのお猪口の中でピクピクと動く海老の身。鮮度抜群ですね。
受皿に醤油を垂らしてちょいと醤油を付けていただきます。
プリプリとした食感。弾力がやはり違う。
噛むと甘みと旨みがとろける具合。
身もはって弾力が良く。これはいい具合。
頭もしっかりと焼かれてて、少し濃いめの塩加減。
濃厚な海老味噌を堪能しつつ、バリバリといただきました。
これはいい。リーズナブルでこの肉厚感。

DSC_3583
続いて三種盛をいただきました。
タコは生ですか。これまた驚き。
海老ほどの弾力ではないですが、タコもまたいい。コリットした食感の吸盤箇所を堪能しつつたんぱくですが、噛むとまた旨みがにじみ出る味。
マグロも大ぶりの切り口。わさびを乗せて醤油に付けると赤身魚のおいしさ。
カンパチはいい脂ののり具合。
ますますお酒が進みます。
焼酎か日本酒かと思いつつも、まだまだ日も暮れてない時間帯。さすがにねぇと思いつつビールをもう一杯。

DSC_3584
もう少し欲しいなぁとおもいましたので、おでんをお願いします。大根にすじ。
追加でビールも。
大根は大き目。味が染みてそう。
早速箸で切りつつ口に。
表面の出汁の染み具合。中の火加減いい感じの層が見えます。
味噌を少し塗りつついただくとまた、味噌の深み、甘味が相成ってお酒が入る。
筋は牛筋。少し脂が残ってますがまぁそんな具合。筋肉繊維も柔らかく煮あがって、出汁も上品に染みてる様子。
そんな小倉の昼下がりを堪能しつつ、さて次の店へと言うわけで、足早に店を後に。

DSC_3585
帰りに水槽をのぞいてみると、結構な数いるなぁと思いつつ。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
やはり売りの活車海老はいい感じ。
ビール三杯に料理で2,000円程度。
チョイのみにはうれしい限り。
福岡県北九州市小倉北区京町1丁目2-17 KTビル1F(?)
TEL:
営業時間
酒処十五家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  



2016年02月26日

小倉北区 粋な板前キッチン まさの家 ごまさば、白子ポン酢、カキの土手煮、豚バラの炙り焼き、このわた

大神商店のベアーです。

久しぶりに友人と会食と言う事で店を選びます。
数店回ってみたんですが、さすがに込んでて入れる感じではなく。
そんな時に予約は大事だなぁと思います。

点々としつつもそろそろいい時間。
そういえば、と言う事で旦過で以前ランチをいただいた店(http://ookami.blog.jp/archives/45096542.html)へお邪魔することに。

粋な板前キッチン まさの家さんです。

DSC_3536
雰囲気良く煌々と明かりが照ってます。
入口の和モダン風な感じもおしゃれな感じ。

DSC_3535
看板にはメニューが少し。
早速中に入ります。
中はカウンターと団体のお客様が6名で飲食を楽しまれてる様子。
奥のテーブルにお邪魔しました。

DSC_3519
まずはビールを一杯。
少し乾いたのどを潤しながらさて、メニューの確認。

DSC_3526
通常のメニューもあるんですが、当日の入荷状況でおススメメニューがある様子。
早速気になるものをお願いします。

DSC_3520
その前にお通し。さんまの竜田揚げにカンパチの南蛮でしょう。意外に味良くビールを飲むにはいいお通しでした。
DSC_3521
ごまさば。プリッとした食感でかなりの弾力。漬かり具合もよくて味も濃すぎず、薄すぎず。ゴマの風味だけでなくごま油もたされているのかな?コクが程よく深みがある様子。
今度家でも試してみよう。

DSC_3522
タラの白子ポン酢。クリーミーな味わい。濃厚な旨みがツルっとのどを通って溶けていく感じに。
日本酒とかいいですよね。あとでもらいました。

DSC_3523
カキの土手煮です。
カキの旨味もさることながら、根菜の出汁が良く出てこれはいい感じ。
大根、にもよく出汁がしみて、またこんにゃくもぷるっと食感も程よく。
出汁をすすると、味噌の風味もほどよくなかなかな煮物です。

DSC_3524
豚バラの炙り焼き。
ビールで一番最初に食べたかった感じですが、中盤あたりで配膳です。
まぁいいんですけどね。
バラの脂が程よく落ちて柚子胡椒を塗ってネギを巻いていただきます。
炙られた肉と脂が香ばしくビールのお供になってしまいました。

DSC_3525
日本酒をもらいつつまだまだ宴は続きます。

DSC_3527
和酒とかかれたおススメメニュー。いいラインナップ。

DSC_3528
このわたをいただきつつ、お酒をかわしつつ。

DSC_3529
最後のあたりには焼酎ロックに切り替わり。

宵が更ける前にはしご酒で共通の友人宅へ訪問。
まだまだ宴は止まりません。
たまにはまったりと酒を飲みつつ。
2人で12,000円程度。それだけ見たら如何に飲んだかがわかります。飲んだ飲んだ。
福岡県北九州市小倉北区馬借1-4-10 1F
TEL:093-522-7277
営業時間 11:30~14:30、17:00~24:00(不定休)
粋な板前キッチン まさの家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年02月25日

大分市 味噌乃家 大分マート店 辛味噌ラーメン特盛、バターしょうゆ飯

大神商店のベアーです。

空を飛べるのではと言われ続けてた愛車の調子がすこぶる悪く、ほぼ原形をとどめてない程度に修理交換を繰り返してきました。
変えてないのはエンジン程度といわんばかり。
11年目の車検を控えてさてどうしようか。と考え中でしたが、これを機会に買い替えの方向で検討です。
そんな感じなので堪能しておこうと少し無理しつつも遠方へのドライブ。
業務終了と共に、タイムトライアルのごとく北九州を一般道で脱出です。
日豊線沿いをひたすらと南下。目指すは大分市。
100km強ならば時速50平均で二時間オーバーで着く計算。5時半ほどに出発なので予定では8時過ぎとか考えつつも。
特段混みにぶつかることも無く順調に進みます。
途中で少し迷いつつ、8時半過ぎに到着でした。

さて、飯だと思いつつ。
近所のパーキングに止めて探します。
特段ノープランで北九州を飛び出した身。
なにたべようかなぁと。

とり天の店とか探してみたり。
まぁさすがに時間としてしまってました。

何かないかなぁとアーケード内をぐるりと一周。
意外に活気というか人通りも途絶えなく。
端のあたりで音楽に合わせてダンスを踊っているのか、練習しているのか。若者の群れが。
楽し気な雰囲気。

DSC_3511
通り際に明々と照らされるラーメン屋が。
札幌味噌乃家さんです。
灯りに吸い寄せられるかの如くふらふらと店内へ。
ここに決めた。

DSC_3512
看板にはがっつりスタミナ味噌ラーメンの文字が。
ますます興味がそそります。

DSC_3513
食券券売機でメニューを選ぼうとしたら、先ほどのスタミナ味噌は終了のお知らせ。残念。また今度来て食べよう。
今日のところは辛味噌ラーメンに。量は本来普通が望ましいのですが、あえての特盛。まぁたぶん大丈夫でしょう。後悔しないよきっと。と思いつつ。
それにバターしょうゆ飯をオーダーです。

食券を持って店内に入りますと、お好きな所へ。とのお声がけ。
食券を手渡すと、辛さを選べるらしいので中間の激辛をお願いしました。この上が鬼辛だそうで。
カウンターの中央より右側へ座ります。

DSC_3514
いろいろと置かれてますし、書かれてます。
生姜にニンニク、ゴマは基本として一味とか八味とか多数おかれてます。
出来上がるまで書かれてる文字をじっくりと読みつつ。

DSC_3516
そうこうしてたら出来上がりです。辛味噌ラーメン特盛にバターしょうゆ飯。
早速いただきます。
具材は炙りチャーシューにいためたキャベツにもやし等。味玉に魚のつみれかな?それに海苔ときくらげ。
豪勢です。
スープをいただきます。濃いめでこってりですが、意外にくどくないぐらい。味噌が濃くてとろみがついてるラーメンをたまに見かけますが、そこまでの濃さは無く。辛味多め。結構唐辛子の風味がじっくりとあとから攻めてきます。チョイ辛だったかそれにしたらもう少しスープを堪能できたかなぁと少し思いつつ二度三度とスープを口に。
麺は中太ちぢれ麺。シコシコとした食感。麺の硬さもいい具合。スープによく絡んでこれまた食べごたえあり。
特盛じゃぁなくても思うくらいの量が仕込まれてました。おなかに溜まります。
チャーシューはいい具合の焼き具合。スープに少し浸していただきましたが、パサつきは感じず。結構脂をしっかりと蓄えてこれはなかなか。
野菜もシャッキリといためられてて、スープと相性がいい感じ。
海苔も形成力が強くで浸しても型崩れせず。風味もいい感じ。
こっそりと置かれたきくらげは形そのままで。コリコリとした歯ごたえがなんとも。
魚のつみれだろうと思われるダンゴ。大分だから鶏かなぁと思いますが、中はしっとりと。
崩れる形跡が無し。
つなぎが上等で、ミンチも細かい鳥ダンゴなのかなぁと思うくらいに噛むとそぼろ感が無く。結構モッチリした食感。
味も染み出てこれはおいしい。
結構な勢いでいただいてしまいました。
バターしょうゆごはんのバターを先にご飯の中に埋めて溶かしつつ周囲に広がるのを待って外から内へゆっくりと混ぜつつ。
全体がなじんで来たらいただきます。
辛味噌のスープで少し舌がヒリヒリとしてる状態で素朴な感じのごはんが異様においしく感じました。
ありかなぁ。ありだよね。とか思いつつ。
そんな感じで大分市駅前の夜を堪能です。
ごちそうさまでした。

帰りは久大線のルートで湯布院、日田を抜けて大任、香春、南小倉の経由で帰宅。
こっちの方が距離が長いんですね。
帰宅は2時過ぎ。明日もあるので、そそくさと就寝です。

辛味噌ラーメン特盛にバターしょうゆ飯で1,230円。まぁそんなもんかな?とおもいつつ。
大分県大分市中央町1-4-22 サクラヤビル 1F
TEL:097-560-0329
営業時間 [月~土]11:00~23:00 [日]11:00~17:00(無休)
味噌乃家 大分マート店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:18|PermalinkComments(0)大分県 | ラーメン

2016年02月24日

小倉北区 うどん・そばの里 吾作 真鶴店 かもざる定食

大神商店のベアーです。

国道3号線を南下。三萩野から清水、その先の金鶏町までをゆっくりと。
昔ろうきんの事務所があった隣にうどん・そばの里 吾作さんが。
水車のレプリカがぐるぐると。
演出ですけど、目を引きます。
いろんな方に聞きますが、なかなか入店経験をお持ちの方も少ない様子なので、

DSC_3539
行ってきました。
寒さもそこそこ残る冬の日ですしね。

DSC_3540
おすすめが看板メニューとして入口に。
早速中に入ります。

中は座敷にテーブル。正方形のカウンターテーブルにと結構な人数が入れそう。
一人である旨を伝えて手前のカウンター中央に座りました。

DSC_3543
メニューを拝見。冬の麺と言う事で鍋焼き等も気になるところですが、目の前にかもざるの文字が。それを注文です。単品でいいですか?と聞かれたので、尋ねてみると、定食もあるそうで。そちらでお願いします。

DSC_3544
漬物コーナー。食べ放題だそうで。3種類が置かれてます。

店内はそこそこの人だかり。満席とはいきませんが、支払いが終わったら次のお客さんが来訪。そんなローテーション。

DSC_3546
そうこうしてたら配膳です。
かもざる定食。
そばをそのまますすると二八でしょう。そばがきれる感じも無く。風味もそこそこ。
平麺のそば数口そのままいただきます。
水切りは若干甘めかな?ざるに水滴が落ちる感じに。
鴨だしはネギがふんだんに。セリの香りはいい具合。鴨は薄目のスライスなので、出汁で煮られて少し濃いめの味付け。食感はそこまで感じず。
鴨肉は枚数いらないからもう少し厚めで煮てほしいなぁとか思いつつ。旨みより出汁の濃さが染みてるなぁと。出汁に溶け出してる鴨の旨味。
ざるを1枚平らげて、2枚目を下から。みずみずしさが。そのままずるずるといただきます。
そば同士がくっつく感じも無く水っぽさを少し。ざるに切れたそば等は残らず。二八ならそんなもんかと思いつつ。
天ぷらです。
レンコン、大葉、ナスにかぼちゃ、玉ねぎは輪切りではなく6分の1程度に切られた玉ねぎを1枚づつ揚げたものが2切れにエビ2尾。油の切れが少し悪い気がします。天つゆにさっとつけていただいても喉に油っぽさをひきずる感じ。これは温そばの上に乗せて楽しんだ方がよさそうだと思いつつ。そのままパクパクと。
炊き込みご飯はゴボウの風味と醤油出汁のいい具合。米もネットリとした食感でまずまず。
茶碗蒸しは少し驚き。
開けて黄色の物体が入ってたので柚子皮かな?と思い、周囲と共にすくっていただくとコーンでした。
それもまた結構な量投入されてます。いろんな意味でにやけてしまいました。

DSC_3547
そば湯をお願いしました。

DSC_3548
注いでみると1時前という時間ですがサラサラな感じ。あぁそばよりうどんの方が出るんだろうなぁと思いつつ。
鴨だしに注いで一口二口。お湯割りの鴨だしを少し堪能しつつ。

ごちそうさまでした。
広めで落ち着く感じのお店だと思います。
おススメはおススメであるなぁと思いつつ。肉ゴボ天うどんだろうなぁと思いつつ業務へ戻りました。
かもざる定食で1,330円程度だったと思います。まぁまぁ
福岡県北九州市小倉北区真鶴1-6-8
TEL:093-592-4651
営業時間 11:00~21:00(定休なし)
うどん・そばの里 吾作 真鶴店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年02月23日

京都郡 郷の味処 旬犀庵 かけうどん、ゴボウかき揚げ、おにぎり

大神商店のベアーです。

春はもうすぐですが、少し気温もいい具合なのでドライブがてら田川からみやこ町方面へゆっくりと車で移動です。
川沿いをゆっくりと移動していると道の駅のような風景が。
車が結構止まってます。

DSC_3506
のぼりに猪肉、鹿肉と書かれ、風で揺れています。
ボタンとかもみじとかが頂けるのかな?と思いつつ食堂のようなところへ向かいます。

DSC_3500
きれいな建物です。
入口に郷の味処 旬犀庵と書かれてます。
食事ができる様子なので早速中に。

BlogPaint
入口に看板が置かれてます。ランチは11時から14時までの様子。
中を見るとセルフ形式のお店。

DSC_3505
メニューを確認するとうどんのセルフでした。
ぼたんとかもみじとかはおいてなさそう。残念、

DSC_3502
天ぷらとかもあり、このまま食事をしていこうと言う事で、ゴボウのかき揚げをとり、おにぎりとうどん大盛を持ってレジへ。支払い席に移動です。

DSC_3503
天かすとネギは入れ放題との事で投入して空いてる場所へ。

DSC_3504
と言うわけで、ゴボウかき揚げにうどん大盛。おにぎり2個です。
ではいただきますと言う事で。
出汁は黄金色。よく出汁が出ています。おいしいお出汁。
うどんは少し細目ですが、結構モッチリとした食感。ズルズルと音を立てていただきます。
いい歯ごたえ。硬いわけでもなく、かといって柔らかいだけでも無い感じ。
ゴボウは少し冷えてるので、汁に浸けていただきます。
細目の千切りでコリっとした歯ごたえ。久しぶりにいただいた感じのゴボウ天。最近うどんやでも太い系が増えてる中、このタイプでかつ衣よりゴボウのほうが多いのはうれしい限り。
繊維もしっかりとしてなかなかいい具合。
おにぎりは海苔が巻かれてビニールに包まれてますが、結構水分が飛んでる様子。少し固め。
出汁を吸いながら適度におにぎりを口に含んでいただきました。
ごちそうさまでした。
期待とはまた違った食事でしたが、まずまず。

DSC_3508
帰りに猪肉のロースハムを購入です。
赤身も適度にサシが入ってる感じ。適度に刻んでお酒のおつまみにでもと、楽しみです。

ゴボウかき揚げとうどん大盛におにぎり2個で550円でした。リーズナブルな感じですね。
京都郡みやこ町犀川生立54-1
TEL:0930-42-3339
営業時間 11:00~14:00(定休???)
郷の味処 旬犀庵

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:46|PermalinkComments(0)福岡近辺 | うどん・そば

2016年02月22日

阿蘇市 いまきん食堂 あか牛丼大盛、ミニ馬刺し

大神商店のベアーです。

土曜日は業務で20時近くまで缶詰状態。
ガソリンを満タンにして、近所で夕飯をそこそこに取って帰宅です。
早々に睡眠を接種。たぶん21時過ぎには完全に寝入ってたのではないかと。

さて、日を跨いで1時過ぎ。
十分な睡眠とはいいがたいですが、ブログの更新を行います。
済むと着替えて午前2時半ほど。

あそびに出かけます。
ドライブを兼ねて。

一般道を使って鹿児島本線沿線を南下、熊本までついた時間を確認して、八代方面まで下るか、そのまま阿蘇を抜けて大分市に入るかなんてことを考えてまったりとした大人の遊び。

いざ出発です。

朝8時に熊本市内のスタンプラリー的な作業は完了までこぎつけました。
どうしようかなぁと考えてたら、熊本市でもマラソン大会が開催の様子。
これは八代まで行って戻るとひどい事になりそうな感じがあったので、阿蘇を経由して大分市へ入る計画へ。
佐伯の寿司をいただこうと考えてたんですが、お目当ての店が日曜定休日だそうで。
時間もかかるし、昼付近には付かないので、急遽あか牛をいただこうとプラン変更です。
ブレぶれですね。

BlogPaint
向かった先はあか牛丼で有名ないまきん食堂さん着いた時間は11時前ほど。大勢の方が店の前にたむろしています。
自分も早速車を止めて店に寄り予約をお願いすると、

番号「93番」です。だいたい1時間くらい見てくださいと。
ずらっと名前が書かれた名簿を1枚、2枚めくりながら店員さんから伝えられます。

うぉ。大勢の方が見えない場所に潜んでいるんですね。
予約をお願いして、車に戻りだいたい1時間程度の時間後に店近辺で待っていると、何も知らずにさらに来られる方々が。
横耳を立ててたら4時間ほどお待ちくださいとの言葉。
4時間。12時過ぎで4時間ってもうランチじゃぁなくてディナーですね。とか心でつぶやきつつ待っていると番号が呼ばれました。
さすが1人の待ち。

BlogPaint
ちなみに1時間ほど経って寄ったときの整理番号。「22番」までしか進んでませんでした。
呼ばれたときは「31番」だったと思います。

店内に案内され、入口付近にあるカウンター3席の1席に通されました。一番奥へ座ります。
マイケルジャクソンとカタカナで書かれた色紙が目の前に。洒落で書かれてるものですね。

DSC_3552
メニューを拝見です。
あか牛丼大盛とミニ馬刺しをお願いします。

DSC_3553
裏には注意書きが。
5番目の独身者がいるので気軽に声をかけてくださいとの文字も洒落ですね。たぶん。

DSC_3555
箸等

DSC_3556
そうこうしてましたら配膳いただきました。

DSC_3559
あか牛丼に

DSC_3558
ミニ馬刺し。

DSC_3561
肉の断面はレアです。

早速いただきます。
肉をひとつまみ。噛むとしっかりとした赤身の弾力。噛めば噛むほど口の中に旨みが広がります。
赤身のおいしさ。
味噌の塊のようなものがごはんの上に少しあったので少し箸でつまんでなめてみると味噌。
とりあえす横によけて、わさびを乗せて肉をまた一口。
ピリリと鼻を抜けるわさびの刺激が強くこれは来る。
おろしたわさびではないにしても肉とわさびの相性を堪能です。
半分ほど濃いめのタレが染みたごはんと肉をいただきつつ、後半と言う事で、温玉を潰し黄身を肉に浸して一口。
いままでのタレの少しピリッと来る濃い味のタレとは変わってマイルドな風味に。
ご飯に黄身が垂れていくので、その中にわさびとさきほどの味噌の塊みたいなものを混ぜて肉と一緒にいただきます。
わさびの辛味はまだまだ残っていますが、鼻に来る刺激は黄身の力でだいぶ穏やかに。そのままごはんを食べ進みます。
味噌汁は豆腐にわかめ。出汁もよくでていい塩梅でした。

ミニ馬刺しです。
一枚脂身が多めの一切れを醤油に適度につけていただきます。
醤油を結構はじくほどの脂身。
甘味のある脂とさっぱりとした馬肉。いい具合。
薬味が用意されてましたので、ニンニクを乗せて馬刺しを一枚。
このニンニクは鮮烈な味を。
ピリリと口に刺激を与えるほどのニンニク加減。鮮度が高いのか、擦りたてなのか。
口に結構な時間残ってた感じ。
生姜も同様に馬刺しで巻いていただきました。
紫蘇巻で最後の一枚のお肉を。
玉ねぎもぴりっと辛め。
あービールが欲しいと思いつつ。
まだまだ、玄関前に人が大勢。早々に食事を済ませて退散です。
ごちそうさまでした。
観光地の有名店堪能です。
並ぶまでが店の楽しさ。並んでる最中に夢広がりますしね。
堪能です。
あか牛どん大盛とミニ馬刺しで2,160円だった気がします。
いい堪能っぷり。

最初は駐車場が見当たらず、どうしようか考えてたら、100m先の銀行前ほどに臨時駐車場が。
また、町内の商店街利用の駐車場もご利用可能そうですので、もし空いてない場合は一度店員さんへ相談ですね。
近所にあか牛の焼き肉屋さんとかあったので少し気になります。今度行ってみなきゃ。
熊本県阿蘇市内牧366-2
TEL:0967-32-0031
営業時間 11:00~14:30(14:30までの受付で間に合えば食事可能です。待ちますが。水曜定休日)
いまきん食堂

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:53|PermalinkComments(0)熊本県 | 食堂

2016年02月21日

大川市 唐揚げ大将 から揚げ(骨付き、レバー、砂ずり)、焼き鳥(豚バラ、皮、ダンゴ、レバー、なんこつ、砂ずり)、キムチ

大神商店のベアーです。

班長と共に柳川を抜けて大川市へ。
目的はから揚げです。
絶品で評判でというようなお店と言うわけではないんですが、少し気になってる。そんな感じ。
高速で八女まで進み、大川市へ入ります。

DSC_3488
唐揚げ大将さんです。
近くに駐車場がある様子ですので、そこに止めて向かいます。
通りはガラスで面していて中の様子がうかがえます。食事風景とかではないですけどね。

DSC_3489
店内でもお召し上がりできます。との文字が。
早速扉を開けて中に入ると、物置のような通路が。少し不安を覚えつつ店員さんへ声をかけると案内いただけました。
奥にもう一枚の扉があるのでそこを潜ると食事場所に。
座敷が2席、カウンターが5席ほどのこじんまりとしたお店。
どちらかと言うと持ち帰りのほうが多いのかもしれません。
座敷が埋まっているのでカウンターに案内されました。

DSC_3490
メニューを確認。
料理等を注文し少し待ちます。

DSC_3492
まずはビールをいただきました。
脂っぽい料理にはこれがいい具合。

DSC_3493
キムチです。浅漬かりで酸味は無く。辛味よりも結構旨みが多い感じ。
辛さはそこまで無く、マイルドです。
唐揚げ、焼き鳥が来るまでの間のつなぎでポリポリと。

DSC_3495
右からレバーのから揚げ、中央が骨付き、左が砂ずりのから揚げです。

DSC_3496
いただこうとしてたら、だし汁が配膳されました。
このだし汁に浸けていただく様子。
だし汁に浸ける前にまずは一口。
表面がカリっと仕上がってて中はジューシー。
骨も少な目で皮の部分もパリパリとした食感。
一人前づつでもこの量、中々な侮りがたし。
だし汁も薄味で見た目ほど濃くない味。
この中に唐揚げを潜らせていただくと、これまた風味が一転と。
薄い衣にだし汁がのっかり、しっとりと。
一味を少しふりだし汁にくぐらせるとまたピリッとした風味が追加。なかなかいい感じ。
レバーも臭みは無く、ねっとりとした食感もそこそこ。
鮮度が高いんでしょうね。レバー嫌いな方でも問題なく食べれるレベルかと。
砂ずりもシャリシャリとした食感が良く、噛む弾力が心地いい。
旨みもしっとりといい具合。

DSC_3497
焼き鳥です。
バラに皮にダンゴ。

DSC_3498
レバーになんこつに砂ずりと。
いい焼き加減。
バラは脂が適度に落ちてさっぱりですがこってり。
塩で脂の甘味を感じつつ。
皮はしっとりとした焼き具合。パリっとした皮も好きですけどこれはこれでいい味わい。
タレが濃くて皮から染み出る脂と溶け合いまた濃厚。
ダンゴはやわめ。タレが絡んで少し濃い感じ。
レバーは完全に焼レバー。中までしっかりと火が通っている感じ。ネットリとした食感ですが、そこまで印象になく。食べやすい感じだと思います。
なんこつも脂が適度に落ちて塩味がいい具合。ビールがどんどん進んでいきます。
砂ずりもから揚げ同様シャリっとした食感がいい感じに焼きあがってました。
近場にあったらいいのになぁと思う店。
地元の名店だとつくづく感じた次第。
ごちそうさまでした。十分に堪能いたしました。
地元の大学生と思われる方々が座敷で食事をとっていたのをみていると、地域に愛される店なんだろうなぁと思いつつ。
ビール3杯に料理とごはんで4,500円程度だった気がします。
福岡県大川市大字酒見1-3
TEL:0944-88-1828
営業時間 11:00~21:00(月曜、第4火曜定休)
唐揚げ大将

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 01:51|PermalinkComments(0)福岡近辺 | 焼き鳥

2016年02月20日

雑談 マックにて 期待はしてないけど、少し残念

大神商店のベアーです。

無題
  (C)2016 McDonald's

少し雑談をと思い、PCを再起動。
班長と共に移動の際、まれにマクドナルドに寄りたいと駄々をこね始めるオッサンが。
個人的にマクドナルドで商品を買う満足度は低いので入る事はそこまで無いんですけど。
久しぶりに朝マックのドライブスルーに。

班長がメニューを確認し注文してると少しいいなぁと思ってしまったのでソーセージマフィン(¥100-)を一つ注文することに。
店員さんがトッピングにトマトはいかがですか?とお声掛けいただいたので、せっかくだしと言うことで班長の分もひっくるめてトマトトッピングです。
(厳密に言えば、自分の分も含めてトッピングを注文してしまったんですが。)

車を進めて商品を受け取り、近所のコンビニで飲み物を購入。朝飯なのでがぶ飲みできるグレープフルーツジュースがほしくてついついです。

DSC_3464
包みにトマトのシールが貼られてます。

DSC_3465
中を開けると・・・トマトは?
チーズとソーセージの間に1mmに満たないほどの赤い物体が。
イメージはTOP画像ほどのトマトのスライス。
現状はこれ・・・。

まぁいいんですけどね。
この薄さにスライスする技術がすごいわwとか思いつつ
店舗によって違うのかもしれませんけど、まぁ少なくともこれで評判が回復できるなら良かったですね。
マフィンが常用メニューだったらたまにいいなぁとか思うんですけど。
一口噛むとソーセージの肉っ気、塩っ気に紛れてトマトの味が薄く。
ケチャップ多めとか言った方がよかったのでは?とか感じるほど。
ふつうにいただいて移動です。
班長が昔モスでバイトしてた時はモスバーガーのトマトの厚さもマニュアルで決まってたそうで。
末端の体制はそこまで変わってないんだろうなぁと

85c44c05
  (C)2016 McDonald's

See Youとありますけど、または無くても困らないなぁと思った瞬間でした。
ソーセージマフィン100円、トマトのトッピングが40円でした。あれで40円ならいらないなぁ。

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

ookamisyouten at 18:34|PermalinkComments(0)雑談 
livedoor プロフィール
livedoor 天気