2016年01月

2016年01月31日

小倉北区 博多もつ鍋 徳川 小倉店 もつ鍋コース

大神商店のベアーです。

宴会です。前職の方々と連絡を取り合って新年会も兼ねて、また、前職の後輩が家を購入とか、退職とかいろいろな人生のイベントがあったたのでそんなことも祝いながらです。

さて、店はということで、今回は博多もつ鍋 徳川 小倉店さんにお願いしました。

DSC_3184
19:00開始ですので、遅れない様になんとか到着。
寸前まで業務をこなしてたもので、ぎりぎりでした。

DSC_3185
看板にもおすすめ料理が書かれています。
霜降りの馬刺とか、馬レバ刺とかもあったんですね。後で気づきました。

DSC_3186
店に入ると、玄関で靴を脱ぎ案内されました。周囲を見渡すと、掘りごたつ式の座敷が数隻見当たります。ロールカーテンで仕切られてて半個室。今日はそこまで人がいなさそうなので、話もできる感じ。
みなさんもう着いてるみたい。普段は自分が最初なケースが多いんですが、時間もちょうど19時宴会開始です。
お通しは肉野菜炒め。タレも少し辛め。野菜も熱しすぎてなくてシャキシャキと。ニンジンが意外に存在感をだしてました。

DSC_3187
まずはビールを一杯。
冷えたアサヒのドライ。グラスですね。

DSC_3188
コースのサラダです。大根が山盛り。ドレッシングも適度の酸味に野菜にマッチング。5人前ということで、ぼちぼちの量が。

DSC_3189
刺し盛りです。
マグロにハマチ、タコにアジとサーモン。5人前なので一人一切れほど。まずまずの量が。
鮮度もいい具合にプリッとしてます。タコは少し水っぽい感じがしましたけどね。

DSC_3190
フライです。エビに鶏にレンコン。
醤油と一緒に乗ったソースでいただきます。
きめ細かいパン粉であげられた食材。カリッとした香ばしい食感に中の食材のプリプリな様子。
ビールを飲みつつ団欒しつつ。

DSC_3191
メインのもつ鍋です。5人前結構量がありました。
出汁は醤油で。基本を味わいです。
醤油ベースで旨みもいい感じ。豚骨とか、チゲとかも興味はありますので、次回に。
モツもプリッとしてていい出汁と脂を出してます。野菜もささっと火を通していただきます。
みんな箸が止まらない様子。いい減り具合。
写メってなかったですけど、もち餃子を投入です。
餃子の皮にもちが入ったシンプル料理。少し柔らかくなる程度火を通してさっといただくとプリプリとした食感。いい感じ。
〆はちゃんぽん麺か雑炊かということでしたので、雑炊をお願いしました。
ごはんもいい盛り具合。

DSC_3192
デザートのアイスです、大き目。表面に砕いたパフみたいなものが。香ばしくて冷たいけど甘めそこそこ。
おいしくいただきました。

5人だと少し狭い感じもしましたけど、まずまずの感じ。夜は話で更けて行きます。
もつ鍋コースは2,800円程度、飲み放題を付けても4,500円ならいい感じ。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町5-5-1F
TEL:093-522-6600
営業時間 17:00~23:00(不定休)
博多もつ鍋 徳川 小倉店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年01月30日

八幡東区 そば処芭蕉庵 せいろ二段

大神商店のベアーです。

八幡東区春の町近辺で業務をこなし、突発的なアクシデントに見舞われつつなんとか昼までに片付きました。
お昼です。
そんなに昼に時間をかけれず午後の業務も差し迫っているので、手早くパパッと済ませに向かいます。
選択肢は2つ。ラーメンにするか、そばにするか。それが問題だ的な。
昨日も中華めんをいただいておりますので、無難にそばを食べに向かいます。

DSC_3183
そば処芭蕉庵さんです。
よく通りは通るんですが、食事時に寄れずじまい。初見です。
表より裏の出入り口の方がよく通りますので、表側は初でした。
年期の入った暖簾に黄土色の壁。雰囲気もいい感じ。

早速中に。

DSC_3178
中は食券対応の様子。さて何を食べるか。
鴨せいろ?釜揚げ?温かいそばにレモンの文字も?微妙に惹かれますが、初見のお店なので、せいろ一択でとおもってたら、せいろ二段盛りの文字が。君に決めた!
というわけで、二段盛りを注文。さっそく食券を渡し、中央のカウンターへ座ります。
すぐさま温かいほうじ茶?が少し温まります。

DSC_3180
少し携帯をいじってたら配膳いただきました。早いです。
まずはそばだけを啜ります。
蕎麦の香りが立つ感じ。風味豊かでいい具合。
蕎麦の食感もクニっとした感じで、コシがあり、のど越しもいい感じ。
硬すぎず、軟すぎず。
次は塩でいただきます。
ミルの岩塩を少し器に擦りつつそばを付けていただきますと、またいい塩梅。塩で締った蕎麦の味。
中々。
さらに汁を3分の1程度器に入れつつ蕎麦をちょっと漬けてズルズルと。
汁は醤油に煮切りの味醂風味。
甘辛く、濃い味。漬けすぎると口に残り、濃い出汁の香りが残る感じ。
ちょいと漬けて一気に啜る感じでズルズルと平らげていきます。
わさびをそばに乗せて鼻に抜ける刺激を堪能しつつまたそばをズルズルと。
1枚目のせいろが終わりました。上下を入れ替えて2枚目に。
2枚目の最初だけ少しそのままいただいてみますと、風味もだいぶ飛んでる様子。そばの香りが最初の強烈なインパクトほど無い感じ。
蕎麦も乾燥ほどはいかないにしても、少し蕎麦同士がくっ付いて団子状態。
しまった!これはせいろ1枚にせいろの追加で時間差注文すべきだったと少し後悔。
金額も変わらないならそれが良かったなぁと心で思いつつ。
そんなことを考えながら完食です。

DSC_3181
そば湯を持ってきていただきましたので、

DSC_3182
注いでいただきます。
ネギを少し落とし、わさびを溶かしてほっこりと。
時間にして12時半前でしたので、蕎麦湯もそこそことろみがあったのかそのうちに一番乗りで確かめてみたい気分になりつつ。
ごちそうさまでした。
新そば時期を過ぎてますけど、そばの香りを堪能です。
せいろ二段盛りで1,300円でした。まぁこんなもんかな?
福岡県北九州市八幡東区尾倉2-7-10
TEL:093-671-1107
営業時間 
11:00~14:00(そばが売り切れ次第終了:日祝定休日)
そば処芭蕉庵

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  

2016年01月29日

福岡市東区 ざいとん 台湾まぜそば大盛

大神商店のベアーです。

業務が終わり夕方。ガソリンを満タンにしてましたので、ふと博多方面へ。
以前から車の調子が悪くて、オイル漏れとか、バッテリー関連とか多々修理を行い、戻ってきたので確認を込めて少し乗ってみることに。
どうせなら食事を兼ねてと言うことで。

DSC_3157
福岡市東区香椎駅前にありますざいとんさんです。
気にはなってましたけど、なかなか寄る機会を得ず。こんなタイミングだからということで早速訪問です。

DSC_3159
表にあるA看板にぎっしりとメニューとかいろいろ掲示されてます。
早速中に入ると、カウンターのみ7席程度。中で一人、二人と待っている様子。自分も中で待たせてもらいます。
大将に、並んでますけどいいですか?とのお声がけが。せっかくここまで来てますから待っていただきます。

DSC_3160
なんとなく暗い感じですが、店内はそこそこの明るさ。
食券券売機で購入。さてどうしよう。
サービスセットみたいなものもある様子ですが、まずは看板メニューの台湾まぜそばを押します。
あ、下に大盛があったと気づき、あとで言えばいいかとそのままにして順番待ち。

席が空きましたので着座です。
食券を渡し、+100円を追加でおいて大盛に変更のお願い。問題なさそうです。

DSC_3161
テーブルにあったメニューです。餃子とかもいいなぁと思いつつ。

DSC_3163
壁に貼られた注意書きなどなど。アルバイト募集のお知らせとか。

DSC_3164
ゆで時間が6分程度と書かれてましたので、その程度待っての配膳です。
ニンニクとニラは生。もやしとひき肉に麺大盛。早速いただきます。
底から麺を回遊させるがごとく混ぜて、ある程度色が均一になったのでいただきます。
麺がモッチリ。太麺のごつごつとしたフォルムの麺ですが、意外にやわめのモッチリ系。
スルスルと入ります。
もやしのシャキシャキとした食感がまたいいアクセント。
ひき肉は甘辛い感じに煮られてて、旨み十分。醤油タレも辛すぎず、甘すぎずと油そばよりあっさりした感じ。
生のニラとニンニクのピリピリとする辛味がまたいい感じに食を引き立たせてます。

DSC_3165
掲示にあった激辛自家製ラー油をいただきました。
香りを嗅ぐと辛味で鼻が刺激されます。
中を混ぜると、唐辛子以外にも沈殿している様子。
少しづつおかけくださいとの事でしたので、スプーンですくって3杯ほど。
混ぜていただくと、それだけなのに脳天に突く辛味。
いい辛味です。
もう少し足して麺だけを完食。

DSC_3166
ごはん付きということで、お願いしましたらそのまま器に投入です。ごはんも混ぜていただきます。
意外にタレの残りとひき肉の脂分でいい具合に混ざり合います。
追加でラー油を2杯ほど垂らしていただきました。
ひき肉の旨味、甘味がいい具合にごはんと合わさってまさに食べるラー油状態。
ニンニクもニラの生でここまでいただいたのは久しぶりだなぁと思いつつ。
明日の仕事に差し支えるかなぁとかよぎりましたけど問題なし。
堪能いたしました。ごちそうさまでした。
ニンニク多めでも全然いい感じだと思います。次の日に支障をきたさなければ。
台湾まぜそば大盛で800円でした。
近くにあれば結構いくのになぁとおもいつつ。次は中華そばも試してみたいですね。
福岡県福岡市東区香椎駅前1-17-24 香椎名店街
TEL:非公開
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜24:00(日曜日11:30〜17:00:不定休)
ざいとん

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:44|PermalinkComments(2)福岡市東区 | ラーメン

2016年01月28日

遠賀郡 えびつラーメンセンター チャンポン定食

大神商店のベアーです。

最近冷える感じなので、チャンポン率が高い気もします。
ラーメン屋でチャンポン、チャンポン専門店でチャンポン。リンガーハットとか、響チャンポンとかも合間合間に顔を出して麺を啜ってます。
ビタミンとミネラルの接種です。あと食物繊維。

チャンポンに思いをふけってたら、ある意味ソウルフード的なチャンポンが食べたくなって少し足を延ばしてみることに。
雪も溶けて路面も安定しているので安心です。

DSC_3130
えびつラーメンセンター。本店です。
昔は向かいに一軒、宗像の城山に一軒と近くに3店舗あったんですけど、いつの間にか1店舗に。
24時間営業なので、たまに食べたくなったら夜抜け出して行ったりしてました。

最初に就職した場所で10離れた先輩がここのちゃんぽんがいいよと教えてくれて以来、そこそこの頻度で通ってたり、深夜業務もこなしてたので、明け方前こっそり抜け出してチャンポンを食べに来てたのはいい思い出。

結構繁盛している様子。早速中に入ります。
テーブルとカウンターで奥には座敷が3テーブル程度。かなり広い感じ。

DSC_3131
まずは食券購入です。
もう、ここでは決まったチャンポン定食。ボタンを押しておつりの50円玉をとり、カウンターの券置き場へ。
席も埋まっているので、左のカウンター端に座ります。
おばちゃんもそれを確認しつつ調理開始。

大勢の方のガヤ声が周囲から聞こえてきます。
手を洗いに行ってみると、トイレも自動化。時代を感じます。
戻って少し待っていると配膳いただきました。

DSC_3132
チャンポン定食。

DSC_3133
チャンポンに

DSC_3134
餃子。定食屋風ですね。皿の感じとか。懐かしい感じです。

早速いただきます。
スープはあっさり系。野菜の旨味が染み出てる感じ。
少し粘度はありますが、アブラギッシュな感じではなし。
山盛りの野菜もシャキシャキとしていい食感。
豚肉、イカ等も適度な火のいり具合。コリっとしたイカゲソの歯ごたえを感じます。
スープに浸った野菜炒めでまずはごはんを一杯。
平らげてごはんのお代わりをいただきます。
次に麺を。中太のストレート。一般的なチャンポン麺です。
弾力はそこそこ、硬さは無く。良く煮られてスープを吸ってます。
ズルズルと麺を啜り終わると、口にごはんを含みスープを啜って絞める感じ。
餃子も肉がきめ細かく肉肉しさをそこまで感じず。ねっとりとした食感。野菜感もジューシーな感じもそこまではないですが、酢醤油に浸してごはんのお供。
満腹感を堪能です。ごちそうさまでした。
絶品だとか、ここでしか味わえないとか、そんな感じではないんですけど、たまに食べたくなる味。
胡椒を山のようにぶっかけてスープにあまり溶けないよう丁寧に野菜に巻きつつ食べたりするんですけどね。
なんにしても、定食のごはんお代わり無料なので、20代の頃は3杯、4杯いただいておりました。
ちょっとおばちゃんに「いい加減にしな!」みたいな雰囲気を出されたりと。
チャンポン定食950円でした。満腹までいただきました。
福岡県遠賀郡岡垣町鍋田1-1-18
TEL:093-283-1008
営業時間 24時間営業
えびつラーメンセンター

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:54|PermalinkComments(0)福岡近辺 | 食堂

2016年01月27日

小倉北区 うどん屋Tururu(つるる) 肉うどん、ミニ天とじ丼セット

大神商店のベアーです。

少し巡回がてらに小倉北区の隅々を徘徊中。寒波で冷えた町には雪だるまの残骸みたいなものが路上に結構転がってて、冬でもある意味特殊な風物詩。
九州といえども、北九州でも雪は積もりますし、寒さは響きます。
小学校の頃は11月くらいから雪が降って、12月となると連日わずかばかり積もってた記憶なんですけど、混同しているのかもしれません。

さて、お昼をと思いつつ、うどんをいただこうと思いTururuさんを訪問。
前職の先輩がおススメということで言われてた店です。上司とはまた別の方。
この方もうどん等麺類が大好きで、よく談議に入れていただいたものです。

DSC_3129
寒さが身に染みる感じなので、早々に店内へ。A看板の写真を撮ることすらおぼつかず。
中は、右奥に座敷が、左にカウンターとテーブルがありましたので、そちらのほうへ。

DSC_3125
壁にはこだわりとか、ビールとかの張り紙が。

DSC_3124
カウンターの端に座ってメニューの確認。カレーうどんなんていい感じだなぁと思いつつも、今日は肉うどんをチョイス。ここのおススメが五島麺だそうで、そちらに変更です。
それプラスミニ天丼のセットをいただきました。

数名のお客さんが食事中。奥の座敷側からお子さんの声が。乳児かな?とか思いつつ。テレビに目をやるとニュースが流れてます。お昼前に入店できましたので、込むこと無くです。

DSC_3126
少し待っての配膳です。

DSC_3127
肉うどんに(卵は11時半までのサービスでいただきました。)

DSC_3128
ミニ天丼。
早速いただきます。
出汁をすするとあごだしの様子。濃いめの出汁に醤油がふんわりと。
身も心も温まります。
うどんは細麺系。乾麺の雰囲気があります。モッチリ系ではなく、シコシコとした食感。短めですすると噛まずに口に含める様子。
まずまず。
肉はいい具合に煮られてて、硬くなく。また柔すぎず、味も濃くなくそんな雰囲気。牛丼でも対応可能な煮加減。
卵に出汁をかけて白身部分に余熱で火を通し少し固めて、黄身部分をれんげですくってうどんに浸けつつ濃厚加減を堪能です。
ミニ天とじ丼に箸をのばします。
とじられた卵の下にはかぼちゃとナスの扇状の天ぷらが閉じられてて、これまたほっこりとした食感。ナスも出汁を吸って、卵の風味とまたいい具合。
エビ天もプリッとした食感に仕上がってます。
卵もいい熱のいり具合で硬くなく、柔すぎずと運ぶ口の中でごはんと一体化。
出汁がよく利いてて、これもまたいい具合。
堪能しつつ、出汁を飲み干し完食です。
ごちそうさまでした。
うどん自体は好みがあるかもですが、今度来訪した際は普通のうどんを食べてみようと思いつつです。
肉うどん、ミニ天とじ丼のセットで1,000円程度でした。まずまず。
福岡県北九州市小倉北区重住3-2-21
TEL:093-941-8008
営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00(日曜夜の部定休)
うどん屋Tururu(つるる)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年01月26日

小倉北区 アシス スペシャルランチ ひき肉チーズナン

大神商店のベアーです。

久しぶりに班長と休みが合ったので、ランチでもということで車に乗り込み移動。
飯塚市の食堂を考えてましたけど、寒さの影響で心が少し折れて、近所に変更。
久しぶりにカレーを食べに行こうとなりましたので、行くことに。

DSC_3135
アシスさんです。
スパイスの香りが近所に漂います。
駐車場へ車を止めて訪問。

DSC_3143
A看板も大きくなって本日のカレーも記載中。ランチメニューも充実です。

中に入ると、テーブル5席ほど、カウンターも4席程度の広さ。、まずまず。
奥のテーブル席に座して早速メニューを確認。
DSC_3136
ランチメニューです。
チーズナンランチにタンドリーチキンかスペシャルランチでチーズナンに変更か悩んだ結果、スペシャルランチのナンをチーズナンへ変更でお願いしました。

スパイスの香りが漂う店内。12時を少し回ったくらいでしたので、次々とお客さんが来店。あっという間に満席状態。

そうこうしてると、配膳です。

DSC_3138
スペシャルランチ。

DSC_3140
本日のカレーのダールマッカーニと

DSC_3139
エビカレーをチョイス。辛さは5倍で。
早速いただきます。
ここのドレッシングはスパイシーでいい香り。ヨーグルト系に香辛料のいい味です。野菜がおいしくいただけます。
トマトの青臭さもまったく感じず。野菜がバクバクと入ります。ドレッシングだけ欲しいくらい。
また、チーズナンもいつものようにボリューミー。1枚食べるだけで満腹です。

DSC_3142
班長と一枚だけ交換。ひき肉とチーズのナンです。
これ意外にいい味。ひき肉をターメリック等の香辛料で味付けした旨みにチーズのとろける感じ。これだけで普通に食事ですよ。なにもカレーを付けずにいただきました。

まずは本日のおすすめのダールマッカーニをいただきます。
ベジタリアンのごちそうだそうで。豆を主体にしたカレーとの事。
ウラド豆がたんまり。ルゥにナンを浸していただくも、豆しっかりとしてる感じ。大粒のひよこ豆のような噛みごたえ等はないですけど。旨み十分。
また、スパイシーなルゥが食欲をそそります。
エビカレーはバナメイエビがいい具合の火の通り。ナンに乗せてもそのままいただいてもプリプリです。
タンドリーチキンは手羽元付近。いい肉はがれ具合に、よく染みた漬ダレとスパイス。これだけでもビールが飲める感じですけど、さすがに午後の用事がこなせなくなるので、これだけで我慢。
シシカバブーも肉っぽさが損なわれず、且つ練りこんだ野菜感もありつつといい具合。
久しぶりに堪能です。ほぼ一年ぶりくらい。
ごちそうさまでした。
変わらずの味とボリュームに舌鼓を打ちつつ。
スペシャルランチにチーズナン変更で1,500円いかない程度では。普段はチーズナンランチなんですけど、2つのカレーもいいなぁとか思いつつです。
福岡県北九州市小倉北区黒原2-31-21
TEL:093-952-7889
営業時間 11:00~22:00
アシス

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:58|PermalinkComments(0)北九州市小倉北区 | カレー

2016年01月25日

小倉南区 麺匠 明石家 城野店 極とんこつらーめん、卵かけごはん

大神商店のベアーです。

寒波が九州を覆い、寒さが身に沁みます。
車で出かけようと思い、いざ乗り込んでも路面は凍り、速度を出すと滑りそうな勢い。
温かいものが食べたいなぁと出かけたはずですが、もう心が折れそう。

とりあえず味噌ラーメンでもと考えて守恒方向へ。
ただ、さすがの寒波食事処も大概閉まってる様子。
素直に資さんでそばかうどんでもと思いつつ引き返してると、麺匠 明石家さんに暖簾が。
これは渡りに船だと思い、緩やかなスピードで駐車場へイン。
訪問です。

DSC_3144
赤い店構えに木製の大きな看板。白い暖簾が風で丸まってます。
扉も和モダンな感じ。早速中に入ります。

DSC_3148
入口入ってすぐの場所に食券販売機が。メニューを確認しつつお金を投入。
普通の豚骨ラーメン等は食べたことあるので、極とんこつラーメンをオーダーすることに。
替え玉も押しつつ、ごはんものないかな?ということで卵かけごはんをいただきます。
すべての食券を渡して席に座りつつ調理を確認。
馴れた手つきで調理が進んでいきます。
雪のせいか通りにも人がいなく、車もまばら。ゆっくりと時間が過ぎていきます。
ほどなくして、配膳いただきました。

DSC_3147
極とんこつラーメンに

DSC_3145
卵かけごはん。

さっそくいただきます。
スープは豚骨スープに元ダレの醤油が濃く溶けてる様子。魚粉が大量に投入されていて、削り節の香りで豚骨臭もかき消される感じに。
スープは濃いめの味付け。
少しスープをレンゲで救うと弱とろみ。
海苔を沈めて麺をいただきます。
麺は細麺ストレート。
長さは少し短めかな。スルスルと啜るといい具合に麺がのどを通る長さ。
長すぎて噛み切るほどではなし。
小麦の香りも上々。
少し固めでシコシコな麺。
焼豚は厚めで噛みごたえがあり。
肉っぽい感じが全面に。脂身もスープにつけてトロトロに。
ネギはいい幅に切られて、きくらげもコリコリな食感がアクセント。
半分ほど食べ終えて、替え玉を注文。
その間に卵かけごはんを。
卵の黄身をつぶし、白身を切るように適度に混ぜて、醤油を少し多めに垂らします。
さらにゆっくり混ぜて色合いが少し黄土色に変わった程度でごはんの中心をほじり開けて流し込み。
周囲から中央へさっくり混ぜて完成。
白身を混ぜすぎると泡立ちますし、かといって混ぜないとトロっとした食感が微妙な感じなので、あえて白身はつまんで切る感じに。
ごはんにかけた後もかき混ぜすぎると泡立って食感が微妙な感じになってしまうので、さっくりと混ぜしみこませる感じに。
個人的なこだわりです。
卵かけごはんが出来上がり、一口二口いただきつつ、出汁が染みた海苔を乗せつつまた一口。いい具合の豚骨出汁。海苔も固めでスープに沈めた程度ではバラバラにならない。いい海苔でした。
替え玉も出来上がり、スープに投入。
軽く混ぜつつテンポよく麺をすすります。
最後のスープを飲むと魚粉で少し咽そう。そのくらいの粉っぽさ。悪くはないですけど、多いかな?とか
腹も満たされ満腹です。
ごちそうさまでした。
食事中に少し話をしてたら、今城野店さんにいるのは経営者の妹さんだそうで、転職して手伝ってるそうな。
家族経営ですね。思わず頑張ってとエールを送っときました。

DSC_3149
帰りにとぼけた顔した雪だるまが店の横に。
食事の中で雪だるま作ったの久しぶりですよと言われてたんで、こいつですね。
少しほっこり。
極豚骨ラーメンに替え玉と卵かけごはんで1,180円でした。若干高めかなぁ
福岡県北九州市小倉南区城野4-4-31
TEL:093-932-6808
営業時間 11:00~21:00(月曜定休日)
麺匠 明石家 城野店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年01月24日

八幡西区 中村ホルモン店 カルビ、ツラミ、テッチャン、牛ホルモン

大神商店のベアーです。

班長が前々から興味がある店ということで、あげてた焼き肉屋。
三ヶ森近辺に住む後輩に少し情報を伺いつつ、そろそろ記事にということで訪問です。

場所は八幡西区陣原。住宅街にある焼き肉屋中村ホルモン店さんです。

DSC_3112
店に暖簾はなし。民家の様相。

DSC_3113
煌々と輝く看板が無いと全く分からない状態。
夜の8時に予約しての訪問となりました。

中に入ると、みなさん食事中。5席あるテーブル全部が埋まってます。
横にあるパイプいすで別のお客さんが待ち状態。
中に入って席が空くのを待つことに。
女将さんが常連さんに後が閊えている事を伝えている様子。申し訳ない。
20分ほどの待ち時間で席が空いたので案内いただきました。

席について早速注文です。
メニューは壁にかかっているのみの様子。さすがに、数名の席前で立ったりと動きが多すぎてなかなか写真を撮るタイミングがなく。

DSC_3114
とりあえず生ビールをお願いしました。
アルミの真空タンブラーで配膳です。泡クリーミー。
タレをその時に一緒に。
醤油系でねっとり。甘辛い感じ。ゴマの香ばしさがアクセント。

DSC_3115
まずはテッチャン。

DSC_3116
同時にツラミとカルビ。すべて一人前づつ。

DSC_3117
早速カルビを残して、テッチャンにツラミを焼き始めます。
タレが焦げる香ばしいにおいが漂います。

DSC_3118
漬ダレも甘味が強いのか、焼く火を少し抑えても若干焦げが発生。自分もまだまだ精進が足りません。
火が通ったので早速。
ホルモンはクニっとした食感。脂もしつこくなく口内に広がります。
噛めば噛むほど味わいが増していく肉。鮮度の高いテッチャンなんだろうなぁと思いつつ。

次はツラミです。筋張って見えましたが、以外に肉身は柔らかめ。筋の部分も硬くなく。頬肉でこのクラスの柔さは久しぶりの食感。旨みも上々。ビールが普通に進みます。
ビールもまだまだ大丈夫。もう少しなにか食べたいなぁとおもっていたので、

DSC_3119
牛ホルモンをお願いしました。
中にはヤン、丸腸、シビレ等の盛り合わせ。心躍る皿ですね。
早速焼きつつ飲みつつです。
丸腸はある程度しっかり焼いてみましたが、中の脂がジューシー。外目を少しカリッとする程度まであっためてビールのあてに。

ヤンは歯ごたえがいい具合。コリッとした食感がまたなお食べ飽きさせない具合。噛めば旨みが染み出て、脂もそこそこに。これも鮮度が高い感じ。
シビレもギアラもおいしくいただきました。なかなかおいしいお肉です。

さて、というわけで、今日のメインです。

DSC_3121
まだ、表面が焦げてない鉄板部分を使いながら、炙るように肉を育てます。
カルビです。初見で見たピンクの肉身、サシのいり具合を考えると、ビールより断然味わうべきものということで、

DSC_3122
ごはんです。
タレをまぶしてごはんにON。
カルビ→たれ→ごはんの完成です。
ビールを飲み終えたので、水をいただき。まずはがぶ飲み。それから炭水化物接種に取り掛かりです。
カルビが赤みが残る程度にあぶって、脂がじわりと染み出る様子。ごはんに流れて染みるタレと脂。
カルビのサクっと切れる歯ごたえ、噛むと脂が染み口に広がる感じ。とろけるまではないですが、なかなかの肉質。
柔らかい。
もったいないので、1枚1枚丁寧に仕上げつつごはんをいただきましたが、いいおかずなおかげで、ごはんを3切れほどで平らげてしまいました。
残りをゆっくりと炙りつつ堪能。
ごちそうさまでした。
時間は、ほぼ9時過ぎ程度。閉店時間です。
女将さんの立つカウンターに行って支払い終了。そのまま玄関をがらりと開けつつ退散です。
ごちそうさまでした。満足いたしました。

まぁ予約をしても時間通りにはいかない小規模経営のお店だなぁと思いつつ。
肉質は上々、場所も隠れ家的なので、友人知人、恋人の話のネタにもなると思います。
込みますし、目が行き届かないかもしれませんけどね。
カルビ、ツラミ、テッチャン、ホルモンにビール2杯にごはんで4,000円でした。あのクラスのカルビでならいい具合。
福岡県北九州市八幡西区陣原5-10-47
TEL:093-691-4315
営業時間 17:00~21:00
中村ホルモン店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2016年01月23日

小倉南区 ずぼら カツカレーダブル

大神商店のベアーです。


1月となると、決算月が近づいて来るため、若干忙しくなる日があったりして、日々バタバタと駆け回る事も多くなってきます。
時間もそこそこ。仕事も終わって晩酌でもしながら寝ようかと思いつつも、食事はしっかりとっておこうと言う気持ちで。向かった先は南区石田のトライアル横にありますずぼらさん。

DSC_3091
トライアルの横に併設されてあります食堂です。
昭和な感じが漂うお店、夜も更けてきましたので煌々と明かりが。
早速中に入ります。
テーブル席のみのお店。
中はL字型になってて、奥にはテレビが宙に吊らされてます。

DSC_3092
メニューもよく見る赤の縁取りがある紙が貼られて壁にずらっと並んでる感じ。

DSC_3093
手元のメニューもあるんですけどね。
ここにきたらいつもいただく、カツカレーダブルを注文です。
ご主人に伝え、テレビを眺めていると数分ほどで出来上がり。
配膳です。

DSC_3094
カツカレーダブルに味噌汁。

DSC_3096
カツアップに

DSC_3097
味噌汁です。
早速いただきます。
ルゥを少しすくい口に。辛味がビリっと押し寄せてくる感じ。酸味も感じます。
ここのカレーは辛い。でもいい具合の辛味で後を引く感じ。
ごはん少な目でカツがメインのカツカレーいい景色です。
カリッと揚げられたカツの歯ごたえがまたいい感じ。
噛むごとにカリカリとした衣の食感に、薄めの豚肉の脂感が。
もうカレーのスパイスで味はカレー風味に収まってますけどそれもまたいい感じ。
衣とをカレーソースで食べてる様子がまた好物です。
ごはんもそこそこにいただきつつ、口の中の辛さを水と味噌汁で洗い流すようにいただきます。
味噌汁の出汁もいい具合のいりこだし。あげと豆腐に味噌風味がしみてこれまた白ご飯が食べたくなる感じ。
たまに来たくなる昭和の食堂の味でした。
ごちそうさまでした。
カキフライの衣もカリカリに揚がってるんだろうなぁとか想像しつつ、そのうちいただきに。
カツカレーダブルで800円でした。いい晩餐。
福岡県北九州市小倉南区八重洲町5-15 トライアルに隣接
TEL:093-962-2462
営業時間 10:00~20:00
ずぼら

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 13:14|PermalinkComments(0)北九州市小倉南区 | 食堂

2016年01月22日

苅田 ちゃんぽん亭一天愛 ちょい辛もやしちゃんぽん大盛

大神商店のベアーです。

南区の外れあたりに所用で出かけたのでお昼はそのあたりでと思いつつ。
苅田駅付近のラーメン屋とかいいなぁと思いながら行橋方面へ車を走らせつつ向かいます。
最近は冷え込みが激しいので、少し暖かいものでと思っておりましたが、ふとちゃんぽんが脳裏によぎってきたので、そのままちゃんぽん確定です。
サンリブとか家電量販店の敷地近所にあります、ちゃんぽん亭一天愛さんへ。
以前南区で仕事をしてる時に、たまに足を延ばして来てた店です。
常連ではないですが。

DSC_3087
壁に大きくちゃんぽんの文字が。
暖簾も赤が色あせてきてます。
隣の駐車場へ車を止めて早速中に。

11時過ぎくらいでしたので、まだまだ来客はなく、自分が今日の一番手。
早速メニューを確認です。

DSC_3088
何をいただこうか。
ちょい辛もやしちゃんぽんを大盛で注文です。
カウンター上には水差しが等間隔に置かれてます。
水を一口、テレビからはお昼のニュースの音とともに、調理の野菜が炒められる音、その中にスープを投入する音などなど、大鍋で煮られたスープがコトコトと気泡を出しつつにおいが漂います。

DSC_3090
少し待っての配膳です。
ちょい辛もやしちゃんぽん大盛。
どんぶりに結構な量。淵近くまでスープが注がれ、野菜も山のよう。
早速いただきます。
いい具合にいためられたもやし、豆板醤で少し辛めの味付け。スープに浸すと辛味が移りそうでしたので最初にまずはスープ飲み。
あっさり系です。薄さを感じず、さっぱりとした旨みを持っている様子。
先日の幸来亭さんのように、肉魚介、野菜の旨味が溶け出している感じではないですが、野菜もそこそこに煮込まれてる具合。
麺に到達するまでに結構な量の野菜を接種。
キャベツもいい具合の火の通り。シャキッとしてますが、スープに浸されてしんなり。芯も柔め。
他に豚肉、きくらげ、かまぼこ等の具材も炒められて投入されてますが、何を置いても、もやしとキャベツの量がたくさん。
ようやく麺にたどり着いてすすります。
麺は中太麺ストレート。シコシコの食感。弾力は薄し。
スープを適度に吸った麺もまた味がしみてなかなか。
これ一杯で十分満腹です。
写真映えするために、ミニ系のどんぶりをいただこうかとと思いましたけど、入る余地なし。満腹です。
ごちそうさまでした。
老舗のちゃんぽん屋さんがリンガーハット以外で提供いただけるのがある意味安心感。
ちょい辛もやしちゃんぽん大盛で830円でした。
福岡県京都郡苅田町殿川町1-52
TEL:093-436-5239
営業時間 11:00~20:00(月曜定休日)
ちゃんぽん亭一天愛

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 12:09|PermalinkComments(0)福岡近辺 | ラーメン
livedoor プロフィール
livedoor 天気