2015年04月

2015年04月30日

100日を超えました。

大神商店のベアーです。

毎日更新を心がけ、飲みに出た日の未更新と大分宿泊で戻れずかけなかった日を除けば今年の目標のブログ更新もなんとか実施できているのかな?

毎日書くことを考えつつ朝起きたり、晩目が覚めたときに書き置こう的に進めてようやく3桁の日にちまで書き進める事ができました。

それでもようやくのスタートラインに立ったばっかりでしょう。これからも精一杯続けて行きたいと考えております。
また、アイデアはあるんですけどなかなか実行に移せてない事柄とかを今年はどしどしやっていこう。
そう思っておりますので、今後もよろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィークは少し遠征しないとと思いながら、本日の更新を進めて行きます。
今後もご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


ookamisyouten at 02:15|PermalinkComments(0)雑談 

小倉北区 そば福 三萩野店 天ざる大盛

大神商店のベアーです。

地域地域で食べるものチョイスが変わってきたり、名物ものとかを探して歩いてみたり。そんな食べ歩き人生。
旦過市場のカナッペとかが主だった例ですけど、その地区の老舗とかもうろうろしてみたり。
たまたま三萩野で仕事ということでお昼になり少し散策です。
普段なら東洋軒でラーメンか、久兵衛でうどんなんてのも有りなんですが、久しぶりに車無しで散策できるので少し中に。
そういえばそば屋があったなーということで向かってみました。

DSC_0897
萩野の大通りから1本入った路地に位置しますそば福さん。
古いつくりのお店です。
久しぶりに食品サンプルのディスプレイを見た気がします。
ドアをくぐり抜け中に入ると結構満席。
テーブルとカウンターのお店です。
2人用のテーブルにつきメニューを確認。

DSC_0898
入り口にもありました信州そばに名古屋きしめん。
珍しいなぁと思い裏も拝借

DSC_0899
定食です。全体的に安いですね。
ではということで天ざる大盛を注文です。

DSC_0901
すぐさま蕎麦湯のサービス。早速小瓶の出汁を少し取り、味わってみることに。
出汁醤油で薄まった感じ?んー。そば湯としては少し薄いかな?
お客さん多いのに、そば出てないのかな?そんなことを考えてたらそば到着です。

DSC_0903
結構大盛です。早速いただきます。
そばをつまむとそこまで長くないそばが。
最初に噛み応えとのど越しを確認。クニクニと柔らかく確りした歯ごたえ。まずます。
のど越しは普通かな。
さっそくつゆに付けていただきます。
結構ずるずるテンポ良くいけます。少しお腹にたまりそう。
てんぷらも大葉、キス、えびに玉ねぎ。
大葉からいただきました。カリカリというより衣厚めでしっかり揚げなかんじ。
つゆにつけたら少し油が浮いてきてコクの追加です。
キスも衣厚めで天ぷら屋というよりそば屋の天ぷらでまた懐かしい感じ。
そばを食べ進んで行ってると、中に白い物体が。あーこれがきしめんかな?
ゆでてる鍋か使ってる網が一緒なのかな?
蕎麦湯は薄い理由かな?そんな感じです。
そばはかなり大盛でだいぶお腹にたまりました。
天ぷらも上々でなかなか。

下町のそば屋って感じで少しノスタルジーに浸りつつ午後の仕事に戻ります。

天そば大盛で800円でした。ボリュームあって安いですね。
福岡県北九州市小倉北区黄金1-4-9
そば福 三萩野店

2015年04月29日

小倉南区 人にやさしく じょんのび チキン南蛮定食

大神商店のベアーです。

昼食を取るときに今日は何を食べよう。そんなことを考えつつ、ふらふらと散策します。
目に映るものを感じながら、腹具合を探りつつ。
胃袋と時間との相談です。
また、散策がてら寄らなかった店でも覚えておいて今度来てみよう。そういった出会いも多くあります。

小倉南区葛原付近のケーキ屋にお邪魔した際、たまたま隣の居酒屋さんの暖簾にランチの文字が
今度来てみよう。そう思ってタイミングが合ったのでよってみました。じょんのびさん。

DSC_0905
和テイストな感じのお店です。和モダンな感じで中も陰影を使った店の雰囲気作りのお店。

DSC_0906
入り口にランチメニューとかお勧めが貼られた看板。ふむふむ。日替わり定食とかまであるんですね。
扉を開けてさらに奥の座敷に通されます。
個室タイプ。なかなか雰囲気良しですね。
昔、1回だけ飲みに来て、濃厚なカルボナーラが良かった思い出があります。
今もやってるのかな?

DSC_0907
さっそくメニューを拝見。刺身御膳とかも気になるところですが、
今日はチキン南蛮定食へ。ひよったわけではないですよ・・・チキンなだけに。好んでマヨネーズ食べない派ですけどw
定番メニューの確認です。から揚げとんかつ、は素材の良し悪しですけど、専門店ではないので、調理を主としてチキン南蛮のチョイス。

DSC_0911
待つこと数分で配膳いただきました。

DSC_0910
南蛮アップ。
から揚げタイプのチキン南蛮です。胸肉じゃぁなかったです。
野菜も結構盛られてて中華ドレッシング。シャキシャキのレタスで中華ドレッシングは好みです。
タルタルソースにパプリカで色づけです。
タルタルソースが外れてる1つをいただきます。
甘酢がしみこんでてコクが豊かですね。
から揚げもジューシーでしょう。これはいい感じ。
タルタルソースの中を少し確認すると、細かくみじん切りにされた玉ねぎかな。細かすぎてたぶんピクルスじゃないと思います。香りもしませんでしたしね。
マスタードマヨネーズであえてるみたいで少し刺激を感じます。
タルタルに付きを食べると味濃い感じでご飯が進みます。
なかなかいいボリューム。
味噌汁はインスタントかな。まぁ十分です。
ご飯おおかわりいただいて平らげました。
食後のコーヒーついてましたけど、おもわず写真取るの忘れてました。

感想としては、このコストでこの味はありかな?
葛原に昼ぐらいに居て探すのなら選択肢に入ってくる感じかな?と思います。
良いランチでした。

チキン南蛮定食680円でした。
福岡県北九州市小倉南区葛原1-12-21
人にやさしく じょんのび

2015年04月28日

小倉北区 美好野 鳥料理コース

大神商店のベアーです。

前職の時に親交がありました方とお酒を飲む機会がありました。
いくつか候補を持って最終的に鳥が食べたいとのことで、では焼き鳥か唐揚げか
どちらにするか思案のところでしたが、美好野さんなら間違いないとのことで予約して行ってきました。

DSC_0866
ちゅうぎん通りの199側にあります、老舗美好野さん
鳥料理のお店です。
白い暖簾をくぐり店に入るとカウンター。奥に階段があり2階には4席のテーブルのこじんまりとしたお店です。

DSC_0867
みなさんが集まる前に始めてしまいましたwビンビール。
グラスに注いでぐびぐび行ってしまいます。
そうしてると皆さんお集まりなので早速開始です。

DSC_0869
鳥皮酢。ゆず胡椒がいいアクセント。皮も結構しっかりしてていいお味。ブヨブヨ感がなく締まってておいしいです。

DSC_0873
わさび漬け。これまたいい感じにしみてて旨い。漬け汁はそばつゆみたいな感じかな?
キリッとしたわさびの風味でまたなんとも。ビールが進みます。

DSC_0874
串盛り。レバーはじっくり火が通っててマッタリ系です。ズリは歯ごたえ抜群。
話題とお酒が尽きません。

DSC_0875
手羽から揚げ。パリパリで中はジューシー。鳥のうまみを閉じ込めて香ばしい香り。かなり美味しくいただきました。

DSC_0877
半身揚げ。これもまた旨いです。油、スパイス、お酒の感じでどんどん進んでいきます。

DSC_0878
少し物足りないとのことで、追加手羽4人前いただきました。結構なボリューム。でも全部平らげます。

DSC_0879
〆の鳥茶漬け。シンプルに鳥出汁と胸肉です。穏やかに胃に流し込まれます。
旨い。

夜な夜な話は進んで、次の店なんて事に。
夜は更けていきますが、まだまだ話は尽きません。
そんな一幕でした。
美味しい鶏肉料理でした。タタキがなかったのは残念。

コースで一人2,500円から。4人で20,000円いかないくらいかと。
福岡県北九州市小倉北区京町1丁目6-25
美好野

2015年04月27日

小倉北区 キッチンバーゆ喜 牛テールカレー、たまごかけごはん

大神商店のベアーです。

飲んで〆でラーメンとかうどんとか。はたまたお茶漬けなんて選択肢も多々あります。
アルコールを飲むと肝臓の糖分解がアルコール優先になるらしく、満腹中枢のカットとアルコール排出のために水分不足になるとかで、食べれるor水分を欲するということで何となく本能に訴えかけてるのかもしれません。

たしかにラーメン、うどんに雑炊、お茶漬け食べて帰ってかつ家でカップめんに湯を入れて寝てることがたまにあったり無かったり。
やかんを火にかけて寝てて取っ手が焦げてたこととかも^^;
火事にならなくて良かった。
そう考えると〆はやっぱり外で食べたほうがいいなって事で

紺屋町と堺町を隔てる大通り、セブンイレブンの隣のビル2階にありますキッチンバーゆ喜さんへ。
たまに寄らせていただきつつ〆て帰ります。

DSC_0881
階段を上がると2階の扉引き戸を開けると座敷とかが正面に。
右に曲がるとカウンターがありますので、そこに着席。

DSC_0882
メニューをみるとドリンクもありますけど、ほぼ食事メニューだけを閲覧。
お酒を飲んでるので牛テールカレーをいただきます。

DSC_0884
カレーに付いてるサラダです。
キャベツがシャキシャキ。歯ごたえがいい。酸味を帯びたドレッシングが少しバカになってる舌を洗い流してくれそうです。

DSC_0883
少し待って牛テールカレーです。カレーも煮込まれておいしい。
辛味はそこそこで。コク重視。少し固めのルゥですね。
黄身を割ってルゥとご飯にあわせて食べるのもまたいい感じ。
ゆっくりウコンを堪能しました。

まだ少し、胃袋に余裕があります。というわけで、

DSC_0886
たまごかけごはん。
卵の白身を斬る感覚で混ぜすぎず合わさる程度でしょうゆをひと回し。
薄くブラウン程度に色づいたらご飯の真ん中を少しほじ開けて流し込み。
泡立たないように丁寧に混ぜて米と米の間がしっかり卵汁で満たされてるのを確認して
ゆっくりいただきます。

なめらかな食感が大好きです。
そういえば、最近見たたまごかけごはんの記事で髪への影響があるとか無いとか・・・
少し控えます。

今日もおいしくいただきました。
牛すじカレーとたまごかけごはんで1,100円だったかな?
福岡県北九州市小倉北区紺屋町4-9
キッチンバーゆ喜

ookamisyouten at 11:47|PermalinkComments(0)北九州市小倉北区 | 食堂

2015年04月26日

小倉北区 イタリアンバル SAMURAI  ステーキカレーランチ

大神商店のベアーです。

おススメはおススメたる所以があると思います。
当然、考え出したらきりがない悪い要素(期限間近な材料を早く処理したい等)もはらむのですが、基本はそれでもお得だし、腕に自信があるので皆さんに提供したいと数々。
あえての天邪鬼なんて勿体無い話。そこはきちんと抑えなきゃダメですよね。

おぱげにあが城野の駅前通りに新しいイタリアンみたいな店ができてるとの情報提供があり、早速仕事を片付けて行ってみることに。
夜も気になりますが、ランチもやってるのであれば昼からという事でお邪魔しました。
DSC_0888
イタリアンバル SAMURAI さんです。
うわさに聞いてた全品280円の店の跡地かな?
早速中へ。テーブルとカウンターのお店です。
カウンターに座ると厨房が見えて楽しい感じ。

DSC_0889
ランチメニューは手書きの黒板。
味があります。
入り口に貼ってあったサムライステーキがすごく気になるところです。ですが、今日はランチの日さて何にしようか。
オススメは生パスタかー。イタリアンだしなー。でも肉気になるなーそんな葛藤の中で、
ステーキカレーランチをお願いしました。

DSC_0892
ミニサラダ。野菜の甘味が感じられるドレッシング。オリーブにビネガーに粒マスタードかな?さっぱりさわやかです。
にんじんも赤キャベツも赤玉ねぎも甘味がありおいしい。水菜はほろ苦さも引き立っていい感じ。

DSC_0890
夜メニューも確認です。そこそこのお値段でナイス。今度夜も来てみようと思います。

DSC_0893
少し待ってステーキカレーです。

DSC_0894
肉ちょっとアップ。
カレーは野菜を細かく砕いて煮込んでる感じ。スパイス辛目でおいしいです。
肉も柔らかくていい感じ。
カレールゥが多くてシチューを食べてるかのごとく。
結構おいしかったです。

ご飯が電子レンジで冷凍解凍でなければw
炊きたてのご飯でこれは食べたかったです。

イタリアンの店だし、ご飯頼んじゃダメだよねー
やっぱりオススメの生パスタ準備してるだろうしw

カレールゥ自体はすごく美味しかったので、夜に肉とワインも期待できるかな?

ステーキカレーランチ1,100円+税でした。
福岡県北九州市小倉北区若富士町1-10 朝日ビル104号
イタリアンバル SAMURAI

2015年04月25日

小倉北区 寿楽園 焼肉定食、サガリ、ナンコツ

大神商店のベアーです。

小倉界隈でも場所場所によっていろいろな風情が伺えます。
たとえば魚町。商店街のメイン通り。いわば小倉の昼の顔。
たとえば堺町。オフィスビルとかあるんですが、一本入れば飲み屋街といったように点在してる区画の中にいろいろな顔が。
20代の頃なんて、紺屋町はいかがわしい店の通りでしかなかったのにいまはだいぶ落ち着いてきてますしね。
というわけで、小倉下町風情を残す紺屋町の寿楽園さんへ軽く一杯ひっかけにいってきました。

DSC_0679
紺屋町のメイン通りから一本古船場側にあります寿楽園さん。
年季の入ったお店です。
ガラス扉に焼肉の絵。いらっしゃいませの足ふきマットも味なものです。
室内に入るとまた年季を感じる壁色
壁も煙でいぶされてて深い飴色に。

DSC_0668
座席に座り、まずはビールをいただきます。
キンキンに冷えてる生ビールがおいしいです。

DSC_0667
タレと七輪が到着。使い込まれた七輪ですね。

DSC_0669
焼肉定食をいただきました。ロースにホルモンのセットご飯とスープ付とのこと。
あとでご飯をスープをいただきます。
ホルモンセットはコブクロとかテッチャンとかいろいろな部位が取り合わせ。いい感じ。

DSC_0670
ゆっくり2枚づつ焼きつつビールをいただきます。
ちょっと目を離すと焦げる勢いなので、肉と真剣勝負です。

DSC_0674
休憩で定食のキムチだけ先にいただきました。
辛味もそこそそ、ビールが進みます。

DSC_0672
サガリを1人前いただきました。肉肉しいサガリです。
やわらかい部位で、噛むと味がジュワっと広がるうまさ。
ビールが進みます。

DSC_0673
ふと、メニューを覗いてたらナンコツがありましたので網交換と共に一人前注文。
豚ナンコツです。コリコリです。塩コショウで味付けなので焼いてレモンたれでいただきます。
歯ごたえとジワリと広がる味がなんとも。あっさり系です。

DSC_0677
あっさり系なので飲み物も麦水割りでいただきました。
サッパリとしててこれまたいい感じ。

軽くだったのに結構がっつり行ってしまいました。
最後にご飯とスープをかっ食らって〆でした。
写真撮るの忘れてた^^;

これだけ飲み食いで3,600円でおつりがくる感じ。
下町風情を堪能しました。
福岡県北九州市小倉北区紺屋町7-17
寿楽園

2015年04月24日

若松区 山岡家 焦がし醤油ラーメン大盛 餃子

大神商店のベアーです。

チェーン店とかもたまに食べに行くんですが、おいしくて絶品というより、話題性とかで訪問するケースも多々あります。
あと、味の基準点の回帰のためにとか。
基準のラインがあってそれより美味しいのか口に合わないのかを判断しますので、たまに食べに行ったりしてます。

今回は話題性の方でした。

DSC_0714
若松の郊外、港付近に位置します、山岡家さんへ訪問です。
前には老舗の太陽軒さんがありますポプラ横。
大きな赤い看板で目立ってます。
駐車場もかなりの台数確保。
意外に若松はラーメン激戦区ですし。
そんな中茨城県からの家系刺客が殴りこみですね。

早速中に入り食券を購入です。
入り口に期間限定メニューがありましたので、本当は基本を味わってだとは思うんですが、
限定の響きに負けてのオーダーです。

焦がし醤油ラーメン大盛に餃子を注文。

DSC_0716
まずは餃子。6個入りで香ばしく焼けております。
酢醤油に付けていただきました。
まずまず。
野菜多めなのかな?パサつく感じは無いですけど、肉汁少ないなーと。
枡元さんの餃子の方が正直美味しいかな?
あとはラー油垂らしていただきました。

DSC_0718
少し待ってラーメン着丼です。
大盛デカイ。洗面器くらいの大きさです。
門司時計台の衝撃ほどは無いですけどね。
油膜が張って熱々のスープです。
早速一口。マー油的な香りかな?。みんずラーメンを思い出しました。
がっつり系ですねー。
なかなかの大盛具合で。
麺は太いストレート。これもやっぱりがっつり系ですねー。
味玉も半熟加減が写真のとおり。
チャーシューは甘め
なかなかです。

家系といえば、南小倉インター付近にあったんですが、今はもう閉店してたりと、
なかなか定着しない味ですよね。
いろいろな地域の味が増えればうれしいんですが。
今度はカップメンにもあった味噌をチャレンジしてみましょう。

ラーメン大盛と餃子で1,400円程度だった気がします。
福岡県北九州市若松区桜町17-2
山岡家 北九州店

ookamisyouten at 10:58|PermalinkComments(0)北九州市若松区 | ラーメン

2015年04月23日

門司区 二代目清美食堂 ちゃんらー大盛、半焼飯セット

大神商店のベアーです。

門司港はレトロ地区としてさまざまな取り組みを行っていると思います。
ゴールデンウィークも21回目の海峡フェスタなんて催しも行うみたいですし。
カレー選手権やラーメン選手権もさながら
名物料理で焼きカレーとかも大きく売り出して
観光地さながらです。

さて、門司港の名物料理との触れ込みでちゃんらーというのがあるそうで。
話には聞きますが、門司港に行ってもなかなか触れる機会がなかったので、
そろそろ本格的に触れてみよう。そう思い立って門司港出光美術館付近へ

DSC_0817
ありました、二代目清美食堂さん。
芋洗坂係長のお店?です。

早速中に入るとテーブル2席とカウンターのお店
壁に貼られたメニューを見るとありましたちゃんらー。
焼飯セットでいただきます。

DSC_0818
壁にある芋洗坂係長の乗ったチラシにいろいろ書いてあります。
トイレも劇団とかのチラシでいっぱいでした。

DSC_0820
数分待って到着です。
なんかイメージと違った。
野菜多めのラーメンってイメージを持ってたんですが、逆だったんですねー。
ちゃんぽん麺のラーメンって感じ。
スープをすすってみると塩系でうまみがありいいお出汁。
なかなかおいしいスープです。
麺はやわ麺でするする入ります。
やわいのでコシとかは無し。モチモチ感もそこまで感じずでした。
半焼飯は醤油ベースの焼飯でした。
少し油っぽいかな?
ご馳走様でした。

壁に書いてあったのが、子供でもおこずかいを持って食べにこれる港のふるさと料理的な。
確かに、450円の普通盛りは安いかな?
セットとかにすると一気に金額が跳ね上がりました。
名物料理なので、1回話のネタに食べれればみたいな感じでした。
半焼飯とちゃんらー大盛で950円。高い・・・かな?コスパもわるくない・・・かな?、満足感が圧倒的に足りない気がしながら帰っちゃいました。芸能人の店って感じなんですかねー。
福岡県北九州市門司区東港町2-25
二代目清美食堂


ookamisyouten at 07:33|PermalinkComments(0)北九州市門司区 | ラーメン

2015年04月22日

小倉北区 キッチン TANKO(タンコ) メンチカツセット、デザート

大神商店のベアーです。

洋食屋ではよくメンチカツを注文するケースが多いと思います。
好きなんですけど、この有象無象感は・・・
花形のハンバーグとかミックスフライ的なものとか、から揚げとか多々ある中であえてのメンチカツ。
ひき肉のパテを確認しておきたいのと、パン粉種別と揚がり具合を見ておきたいのといろいろ要因はあるんですが、
なんにせよ揚げ物のお肉って事ですかねー
おいしくいただきます。

今日は何食べよ。そんな気分でお昼近くまで事務作業を行い、そろそろ昼かーとの事でどうするか考えておりましたら、ふと洋食が恋しくなる気分。
最近食べてないなーとの事で、洋食だったら何処だ?
ゆっくりドライブがてら店探しです。
湯川方面に気付いたら向かっておりましたので、久しぶりにTANKOさんにと足を向けました。

DSC_0663
湯川線足立にありますTANKOさん。アウトレット家具屋の奥に店を構えられております。
民家と間違う風貌。
早速中に入ります。

テーブル6席にカウンター。
ここのカウンターは座ったこと無いなーと思いながら席に着きます。
メニューを確認しながら、ハンバーグかな?いや、メンチカツでしょ。とのことであっさり決定。
メンチカツセットを注文です。

DSC_0657
黒板にデザート郡の表記があったのでそれもお願いしました。

DSC_0658
待つこと数十秒程度で最初の一品
ポテトサラダです。
きれいに練られててしっとりしてておいしい。
卵の白身が大振りで噛む感じがいい感じ。

DSC_0659
牛蒡のポタージュです。
牛蒡の風味を感じます。おいしいですけどあえて、独特な香りの牛蒡を利用してまで作るべきか否か
そんなことを考えつついただきました。
おいしいですけどね。

DSC_0661
メンチカツです。まさに大判型。
タルタルとデミグラスのあわせ技のソース。
まずは端をフォークで切ると。閉じ込められてた肉汁がドバーと流れ出してきます。
タルタルに付けていただきます。
濃厚なマヨネーズの味ですが、玉ねぎの食感と味も残しつつ肉がおいしい。
ハンバーグには無い味わいではなかろうかとw
次にデミグラスのみを切ったメンチカツに塗れさせていただきます。
これもまた、味わい濃いデミソースがいい感じに絡みおいしい。
ご飯が進みます。ついついおかわりです。
サラダのドレッシングもいい塩梅で酸味もきつくなくいい感じ。
食べ進んでいくうちにタルタルのマヨネーズとデミグラスソースとあふれ出た肉汁の融合が始まり、更なるソースが出来上がっていきます。
ソースの一滴までおいしくいただきました。

DSC_0662
デザートを持ってきていただきました。
チョコレートのテリーヌ:思った以上に硬さがあり、フォークで切り分けも「おにいさんちょっと本気出しちゃうぞ!」程度の力こめて切る(割る)感じでした。ザッハトルテかな?硬い。甘いがあったのでコーヒーももらえばとか思いました。
白ごまのブランマンジュ黄粉ソース:プリンというよりゼリーかな。しっとりと葛で固めた感じのデザートで、意外にセサミの風味が生きてます。黄粉ソースで洋から和テイストへ変貌ですね。
苺のソルベ:みんな大好き苺シャーベット。程よい酸味と爽やかな甘さ。苺感を残しつつのソルベで脂っこい口の中が一気に洗い流された感じです。

マダム御用達のお店ですねー。あちこちからおしゃべりの声が聞こえてました。皆さんゆっくりだw
仕事に戻りたくない気分で店を後に。
ランチを堪能いたしました。

メンチカツセットとデザート盛で1500円でおつりがくる感じです。
福岡県北九州市小倉北区足立3-2-8
キッチン TANKO

ookamisyouten at 03:44|PermalinkComments(0)北九州市小倉北区 | 洋食店
livedoor プロフィール
livedoor 天気