2017年03月30日

小倉南区 薬師curry ランチセット(ビーフカレー・キーマカレー)ライス大盛

大神商店のベアーです。

城野の西日本シティ銀行へ用事があって訪問。
融資の手続きなどなどと。書類の記入などを行い、いまからお時間いただきますと言う事で1時間弱の空き時間が。
丁度いい具合にランチタイムと言う事で。駅近辺に何か食べる所がないかなぁと散策です。
車を銀行においてそのままふらふらと。
線路を渡った先の小道の奥にラーメン屋さんがあったなぁとかもよぎりましたが、本日の気分はラーメンではないなぁと。
駅側にお好み焼き屋とかなかったかな?とか歩きながら進んでいきますが、居酒屋さんはランチ営業を行ってない様子。
駅に着くなぁと。逆側の中華にでも行こうかな?とか考えてたら目の前に薬師の看板が。

DSC_1391
スパイスの香りが漂ってます。カレー屋さんの様子。
持ち帰り等も行ってるみたいだし、ちょっと行ってみるかと言う事で早速訪問。

DSC_1392
ランチもやってる様子。
早速扉を開いて店内へ。段差を木製のスロープで埋めてるあたり、配慮だなぁと思いながら。
店内はカウンターにテーブル席。落ち着いた雰囲気ですが、販売店も行ってる様子でレトルト商品等々がカウンター上にディスプレイ。
奥に格子のような空間があるのでなにかな?とか考えつつ。
カウンターに座って早速メニューを拝見。

DSC_1393
ランチメニューに

DSC_1394
通常メニューと言う事で。
どうしようかな?とかんがえつつ、ランチメニューでお願いします。
カレーの種類を選んで、サイドメニューにドリンクのオーダー。
どうしようか悩みつつもとりあえず嗅覚でチョイス。

DSC_1395
サイドメニューはサラダでお願いしました。玉子サラダです。
しっかりと解された黄身白身。フワフワ食感。ドレッシングはシソ系のノンオイルかな?とか考えつつ。
野菜もシャキシャキでしっかりとドレッシングが染みてていい具合。
細かくそぼろ状になった玉子が野菜にまんべんなく溶け込んでなかなか面白い食感。
最初見た時クスクスかと思ってしまうほどの細かさ。

DSC_1396
食べ終わった頃にカレーの配膳です。

DSC_1397
右がビーフに左がキーマ。色合いも少しだけキーマカレーのほうが濃い感じで。
早速ビーフカレーからいただきます。
ライスにかけて一口。
特段辛味はそこまで無いですが、香辛料の香りがしっかりと。口に残る紫蘇のような風味。クミンが結構多めな感じかな?とか考えつつ。

DSC_1398
辛味調味料がありましたので、ご飯に少し振りかけていただくと、結構刺激的なスパイス感。
かけて食べるより、溶かした方がいいかな?と言う事でカレーの中に投入してスプーンで混ぜると意外に溶け消える感じ。
さらにご飯にルゥをかけていただくと、結構なスパイス感。ピリッと来る辛さというより、段々と辛さが残っていくような。
最初の一口は汗をかく感じでは無かったんですが、入れて以降の辛味は地味に汗が噴き出る感じで。
キーマカレーというほどひき肉感があるわけではないですが、いいコクと旨み。
全体的に具材がしっかりと溶け込んでて固形物はライスにかかってる付け合わせてほど。
ライスは柔めというより少しモッチリとした食感。
パラパラ系より日本のご飯を採用している様子。
スプーンでご飯の山を切り崩す感じ。
残りのルゥをにしっかりと香辛料を投入して、ライスと共にがっつりいただきました。

DSC_1399
食後のドリンクと言う事で。アイスコーヒーをいただきました。プレモルがいいなぁとか思いますが、まだまだ業務は続きますし。
酸味がいい具合。辛味が引く様相。

DSC_1401
支払いを済ませて帰る時に看板の裏側にハッピーアワーの文字が。
それはそれで興味を持ちつつ、本日のランチは終了です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
いいスパイス感のカレー。クミンの紫蘇っぽい香りを堪能しながら。
ランチセットで1,000円+税。ライス大盛は+100円だったと思います。
福岡県北九州市小倉北区若富士町6-19 105

TEL:093-922-5894
営業時間 11:00~20:00(日祝日定休日)
薬師curry

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:54|PermalinkComments(1)北九州市小倉南区 | カレー

2017年03月29日

小倉南区 卵’s工房 9周年感謝セット第2弾

大神商店のベアーです。

午前中から門司をぐるりと1週しながら業務に追われる感じで。
新門司を越えて下曽根方向へ着いた時間が11時半前ほど。
そろそろランチタイムだなぁと。
さぁどこで食べようか。そんな事を考えつつ門司から曽根に抜ける道を走行。
昨日、締まってたオムライスをいただくか。そんな事を考えながら向かいます。

DSC_1381
卵’s工房さん。
そんなに頻繁に来る店ではないですが、なんとなくイメージはキッシュの出来がいいお店。
早速駐車場に止めて店に向かいます。

DSC_1382
入口付近に看板が。ドリアも置いてある様子で。アツアツのフライパン系。あったまるだろうなぁとか考えながら。
扉を開いて1名である旨伝えると店内に案内されました。
左側が食事のテーブルなどなど。座敷もある様子。
曽根マダムや、この時期なので高校生らしきカップルが食事を取ってる様子。
そんな中にがっつりと入ってくあたりアイアンハートだなぁと常々。

DSC_1384
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と思いながら見てましたら、

DSC_1383
テーブルに挟んであるメニューがおススメですよと言う事で。
9周年記念セットなるものが。第2弾と言う事は初弾を打ち終わったんだろうなぁと。
せっかくですので、それをお願いすることに。
ドリアも興味があったんですが。また今度。
オムライスの盛りは小盛だそうで、大盛でお願いしました。

DSC_1385
注文してそこまで時間がかからずサラダの配膳。
ゴマドレッシングがかかった彩豊なサラダ。
レタスに水菜、ニンジン、キュウリ、レッドキャベツにパプリカなどなど。よく混ぜてお召し上がりくださいとの事でしたので、下からこぼれないように慎重に混ぜつつ。
ゴマドレッシングのクリーミーな風味、コク、旨みを感じながら。
野菜はシャキッとしてますが、レタスの切り口が若干目色がくすんで痛みの進行が進んでる様子。
まぁサラダを事前に準備しとかないと時間もかかりますし。
パリパリとした食感の野菜を完食。

DSC_1386
次に3種の前菜と言う事で。左からアサリと菜の花のマリネ、カニのキッシュ、ローストチキンの順番で。
アサリと菜の花のマリネはほぼ酸味を感じるほどではなく。
貝の旨味、菜の花の食感を堪能です。
カニのキッシュはパイ生地の上にホロホロの身とカニ味噌?玉子の風味がしっかりと。かなり柔らかめな食感。濃いめな旨み。
ローストチキンは照り焼きタレのような味わい。身に少しだけ脂分の不足感を感じる程度。まぁ胸肉的な。

DSC_1387
メインの煮込みハンバーグのオムライスと言う事で配膳されました。
オムライス大盛。

DSC_1388
この上にたっぷりのチーズがかかっていい色合いに。
早速いただきます。
山の盛りからハンバーグをおろして、スプーンで切ると、いい固さ。スプーンでも切れる感じで。
肉汁等はそこまで染み出る感じでは無い様子。一口いただくと、なめらかというより、少し粗さを感じるほど。
ワイルドまではいかない程度。肉のアクをほんの少し舌で感じる程度の粗暴さ。
肉を感じながら、且つデミグラスソースに付けつついただきます。
トロトロな半熟加減な玉子を切り崩し中のライスを確認。
具材等は使ってないケチャップライス系。東京の有名老舗店が具材を使うと水っぽくなるとかならないとか。そんな料理番組を見たなぁと思いながら。
ケチャップライスをスプーンの腹で少し解しつつ、デミグラスソースと玉子と共にいただきます。
いい柔らかさ。濃さがしっかりと。辛くなく、且つ適度な旨みで。
チーズを含みつつさらにいただくとクリーミーな風味で意外にマイルド。チーズの香りも漂いながら。
パクパクといただきながらケチャップライスの山を崩しつつ。
大盛でも意外に足りないかな?と思いましたが、十分な量で。これはおなかに溜まるなぁと。
しっかりとデミグラスソースもいただきました。

DSC_1389
食後のコーヒーと共に、

DSC_1390
デザート一品と言う事でチーズケーキを。
上に乗ってるのはベリー系。ブルベリーにクランベリーのシロップ煮(ジャム)の様子。
結構しっかりとした固さのチーズケーキに適度な甘さのベリーを乗せつついただきました。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
なんとなく春めいてきたなぁとしみじみ。
9周年感謝セットのオムライス大盛で1,780円だったと思います。大盛が+200円。なかなか優雅なランチを。
福岡県北九州市小倉南区葛原東4丁目5-18

TEL:093-475-4159
営業時間 10:00~15:30/17:00~22:00
[土・日・祝]11:00~22:00(月曜ランチのみ、火曜定休日)
卵’s工房

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:42|PermalinkComments(0)北九州市小倉南区 | 洋食店

2017年03月28日

小倉南区 天ぷら定食はまや本店 上定食

大神商店のベアーです。

班長と新しい事を始めようと言う事で。
午後から合流して打ち合わせに。
昼飯でもどう?そんな感じで目当ての店に向かったものの、本日店休日の様子。残念。
南区曽根付近です。ほかになにかないかな?と言う事で考えてたら、久しぶりに天ぷらでもと言う事で。

DSC_1372
上吉田の天ぷら定食はまや本店さんへお邪魔することに。
リーズナブルでご飯をがっつりそんな気分の時は訪れてしこたまご飯を頂いて帰るそんなお店。
おかげで健康診断に引っかかること度々。
駐車場で待ってますと、次から次へと車が止まっていきます。
12時半を越えるほどなのに、足並みが止まらないほどの人気店。
サラリーマン御用達。そんな感じで。
店内で名前を書いて10分ほどで席に案内されました。

DSC_1373
メニューを見ながらどうしようかな?と。
ガッツリいただくと言う事で、上定食をお願いします。

DSC_1374
食事の準備と言う事で、天ぷらを置く皿に、天つゆなどなど。

DSC_1375
イカの塩辛は食べ放題ですが、残さない程度にちびちびといただきながら。
柚子の皮の風味が好ましい。そんな感じで。

DSC_1376
味噌汁にご飯。ごはんは中央にあるジャーからお代わり自由と言う事で。
以前エビ天5本のセットでしこたま米を食べ過ぎた記憶がよみがえります。

DSC_1377
そうこうしてましたら早速天ぷらが揚がってきました。
玉ねぎ天に穴子。

DSC_1379
食べ終わる前にかぼちゃ天に海老天、イカにキス。

DSC_1380
〆にレンコンと言う感じで。
天つゆの大根おろしを少し箸でつまみつつ口に放り込み、ご飯をかき込む。
全体的にパリッと仕上がってていい水分の飛び具合。
サクっとした衣の食感。少し油っぽさはあるものの、天つゆに付けつつ脂を落としさっぱりと。
大根おろしがいい具合に。
揚げたてのアツアツを口に頬張りながらご飯を頂き味噌汁を啜る。
エビのプリッとした食感。イカの弾力。キスの白身のホロリと崩れるほどの肉質。
牡蠣の天ぷらも興味はありましたがまぁそのうちにでも。
地元に密着した気取らない天ぷら屋なイメージ。
しっかりとご飯を頂き完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
イカの塩辛でご飯が何杯でも行けそうな気分。コリっとした縁ぺらの食感が好み。
上定食で1,000円+消費税。ランチとしてはいい具合。
若松の二島付近の店は閉店してましたけど、あとは本城店くらいかな?とか思い出しつつ。
福岡県北九州市小倉南区上吉田2-18-5

TEL:093-473-7728
営業時間 11:00~22:00
天ぷら定食はまや本店

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 22:47|PermalinkComments(0)北九州市小倉南区 | 食堂

2017年03月27日

小倉北区 宇佐屋うどん サバの煮付け定食

大神商店のベアーです。


さすがは3月最終週。決算〆と言う事で今週から慌ただしく動く日々が。
午前中も印鑑をいただきに、その後は書類の作成、訂正、訪問などなどと。
まぁ何をしてるかさっぱり。この時期になると予定表にしっかりとかき込みを行ってないとやり残した事が零れ落ちていくのが目に見えてわかる様子。
あぁ早く5月にならないかなぁなどと現実逃避しながら。

ランチも慌ただしくなにか食べなきゃそんな感じで。さして思い当たる節も無いので、魚町のうどん屋に行ってみようと。
2件候補を上げてとりあえずこちらへと言う事で。

DSC_1367
宇佐屋うどんさんへ。魚町銀天街の中にあります老舗っぽいうどん屋。
中も見えない造りなので結構勇気がいる扉。

DSC_1368
全体的に安い価格帯。エビ天うどんもたしか450円だったような、かけうどんも310円と駅の立ち食いうどんよりリーズナブル。
早速店内へ。
重めの入口を開けて店内へ。少し暗めなレジカウンターをぬけるとテーブル席が5席ほど。
2時過ぎでしたが、そこそこにテーブルが満席状態。結構入ってるなぁと思いながら。

DSC_1369
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
表にあった汐サバかサバの煮付けの定食がいいなぁそんな事を考えつつ。サバの煮付けをオーダーです。
少し携帯をいじりつつ待ってますとお客さんが入れ替わり立ち代わり。満席で混む感じまでは無いですが、結構出入りするなぁ。そんな事を考えてたら配膳されました。

DSC_1370
サバの煮付け定食。

DSC_1371
サバアップ。
早速いただきます。
冷奴に醤油を垂らしつつ、4等分に切り分けて一口。鰹節の節感を味わいながらサバの身を。
いい煮加減。表面はしっかりと浸みて、中は少しサバの旨味が。
ハラミの部分の皮のプルンとした食感を噛みしめながら。
ご飯に煮汁をしみこませつつがっつりといただくスタイル。
生姜のシャリっとした食感。辛味が少しのアクセント。
青魚の血合い部分も煮られて臭みなども感じず。
少し小骨もある様子ですが、器用に取りつつがっつりと。
サラダは茹で卵のサラダ。
まぁサラダと言うよりスライスの茹で卵を乗せた切り野菜。マヨネーズより塩だなぁと言う事で。
味噌汁は麦白みそ。素朴な感じの中に豆腐とえのき。ネギの変わりの三つ葉の風味がなんともいい感じで。
昼の定食でなかなか満足。ごちそうさまでした。
サバの煮付け定食で750円ほど。80円だったか30円だったか。あまりの忙しさにそこまであいまいに。
福岡県北九州市小倉北区魚町1-2-12

TEL:093-521-0075
営業時間 11:00~0:00?
宇佐屋うどん

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月26日

戸畑区 食堂&肉バル Otudane(オツダネ) 薬膳カレー大盛、牛タンねぎ塩ラーメン

大神商店のベアーです。

久しぶりに戸畑の現場へと言う事で。
午前中の業務をサッと終わらせて、午後に向けての英気を養う。そんな事を考えながらランチについて少し悩みつつ。
駅周辺の食べる所を考えると結構限られてるなぁと常々。
久しぶりに駅裏の蕎麦をいただきにいこうかなぁとか。
八福さんが店を閉めたのは残念だなぁとか。
そういえば、少し前にウナギのいち川さんの近くに食堂の文字を見かけたなぁと言う事で。本日はそこに行ってみようと心に決めつつ、昼休みを迎えます。
休憩時間になったので、早速向かう事に。

DSC_1359
食堂&肉バル Otudaneさん。昼は食堂、夜は肉BARだそうで。入口は左側。いち川さんの隣に大き目な看板が目立つ様子で。

DSC_1360
おススメメニューが看板に書かれてました。
早速店内へ。
引き戸を開けて中に入ると、少し暗めな店内。内装はそこまで凝ってはなく。
大き目な音で和楽器バンドの千本桜が流れてたりと。
店員さんが誰もいない感じなので、厨房付近に顔を出して1名である旨伝えるとお好きな席へ案内。
中央の大きなテーブルに座ってさぁどうしようかと思案。

DSC_1363
お冷ではなく、温かいそば茶が。春先の気候ですが少し肌寒い季節にはちょうどいい具合。
近くに貼ってあるPOPなどを見つつ、メニューが運ばれてきたので早速確認と言う事で。

DSC_1361
看板に書いてあった牛タンねぎ塩ラーメンとか。

DSC_1362
カレーなどなど。その他ラーメンも提供されてる様子。
ワイン唐揚げがメディアで取り上げられ、おススメ商品の様子。
牛タンねぎ塩ラーメンと薬膳カレーを大盛でお願いし少し待つことに。
あとからランパスを持った夫婦が来場。注文をしつつ。土曜の昼下がりでこのくらいの客入りかな?とかちょっと思いつつ。
携帯を少しいじりながら待ってますと配膳されました。

DSC_1364
薬膳カレーに

DSC_1366
牛タンねぎ塩ラーメン。
ねぎ塩だれが乗った豚骨系。
まぁ定食屋さんな感じだなぁという第一印象。
早速ラーメンからいただきます。
スープはあっさり目の豚骨にガラ。少し甘味を感じるほど。
チャーシューの代わりに炙り牛タンが乗ってる感じですが、タン先の歯ごたえを感じる部位。少し噛みごたえを味わいつつ。麺は細ストレート。デポ茹でで、少し麺が絡み気味。
ねぎの青みが結構感じられるほどの風味、香り。
海苔ときくらげはまぁこんな感じかな?と
全体的に少しぬるめな印象。

次に、薬膳カレーと言う事で。
ルゥは粘度が高くボテっとした感じ。
野菜も肉もしっかり溶け込んでスパイス感はそこまで感じず。
旨みはしっかりと。
口の中にボテっとした印象が残る感じのルゥ。
ご飯は普通。
ラーメンの麺から先にいただいた事もありつつも全体的にぬるめな印象。
もう少し湯気立つアツアツのほうが好みだなぁとか感じながら。
ごちそうさまでした。
牛タンねぎ塩ラーメンと薬膳カレーで1,500円行かないほどで。
腹は満たされましたが、満足度は低いかなぁとか。
福岡県北九州市戸畑区新池2-11-8

TEL:093-616-1329
営業時間 11:00~15:30/17:00~23:00(日・祝日定休日)
食堂&肉バル Otudane(オツダネ)

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 18:55|PermalinkComments(0)北九州市戸畑区 | 食堂

2017年03月25日

小倉北区 大衆居酒屋 気晴れ屋 牡蠣食べ放題コース

大神商店のベアーです。

久しぶりに友人と飲み会という事で、現地で待ち合わせ。
どうやらマグロ料理の気晴れ屋さんが牡蠣食べ放題をやってる様子。
それは興味があるという事で。早速行ってみることに。

DSC_1341
大衆居酒屋 気晴れ屋 京町店さんです。
前職で料理教室イベントを開催した際にお世話になったお店。

DSC_1342
大きな看板にメニューなどなどが。
友人達が来るのを玄関前で待ちつつ。
到着とともに店内へ。
予約の席に案内されさぁという事で。

DSC_1343
ブリキの角缶に卓上コンロが設置。中は網で底上げされてる様子。
どうやら蒸し焼きスタイルでの提供。

DSC_1344
注意書きも書かれてます。1時間の食べ放題。ラストオーダーは取りに来ないそうで。

DSC_1345
上も賑わしい感じでディスプレイされてます。
早速牡蠣食べ放題コースをお願いし、飲み物をオーダー。
飲み放題1,000円という事で。発泡酒ですが金麦をオーダー。

DSC_1347
牡蠣が到着。角缶に入るだけ詰め込んで卓上コンロに火をともします。
だいたい沸騰してから10分前後だという事で。

DSC_1350
蒸し焼きというより、ゆで牡蠣状態。開いた口の端からナイフを突っ込み貝柱を切る形で。

DSC_1349
結構大き目な牡蠣で。
ぷりっとした身の食感。うまみもしっかりと。
そのままでいただいても牡蠣のうまみがしっかりt。ポン酢に塩やレモン汁などをいただきつつがっつりと。
牡蠣に熱が入ったらすぐさま配膳しつつ、次の牡蠣を入りきるまで投入。同時に注文を行う形で。
少し忙しい感じでいただく様子。
DSC_1348
金麦です。結構込み合ってたので遅れての配膳。先に注文しておいたほうがいいな?という事で数口つけたら飲み物のオーダーを行いつつ。
途中でハイボールに変えながら。

DSC_1352
追加でマグロの山かけと、

DSC_1351
すじ煮込みなどなど。
1時間はあっという間で、すぐにオーダーストップが。
もう少し入りそうな勢いですが、ここでタイムアウト。
ごちそうさまでした。まぁ堪能。
全体的に配膳が遅いので早めにオーダーする必要がありそうな感じ。
軍手も隣の席の型が2枚使ってたのでトングで剥いてましたから言ってもらったほうがよかったかな?とかおもながら。
あとペンチがほしい限り。牡蠣の端を叩き割るとかけらが飛び散るなぁとか思いながら。
なんにせよ入れて10分のタイムロスがあるから頑張っても6回と制限されてるなぁなんて。
牡蠣食べ放題コース1,800円、飲み放題が追加で1,000円といいリーズナブルさ。(一品料理は別料金)
なんにせよワイワイといただくお祭り的な感じで。
福岡県北九州市小倉北区京町4-4-22 1F

TEL:093-541-0960
営業時間 11:00~14:00/17:00~00:00(不定休)
大衆居酒屋 気晴れ屋

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月24日

小倉北区 呑喰処 よいしょ アジフライ、宮崎地鶏のわさび和え、明太茶漬け

大神商店のベアーです。

中津口付近に出没と言う事で。
ふらりと歩きながら町を目指します。
旧紫水会館があった通り。懐かしいなぁと。
この通りにも数件お店がありますが、そこそこに入った経験ほどで。
醤油屋さんのとなりの居酒屋さん。前々から気になってたので行ってみようと言う事で。

DSC_1325
呑喰処 よいしょさんへ訪問。
明々とライトで看板が照らされてます。
暖簾も風で揺れるほどで。
引き戸を開けて中へ訪問。
カウンターで8席ほど。
スロープのよう通路を上がり1名である旨伝えるとどうぞとカウンター中央へ通されました。
何を頼むかな?と言う事で。

DSC_1326
まずはビールをいただきます。泡立ちもいい具合。

DSC_1327
お通しは大き目な玉子豆腐。出汁汁も濃いめでいい塩味。つるりとした食感にのど越しがたまりません。

DSC_1330
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ビールといえば、フライ系かな?そんな事を考え、尋ねてみます。
カニクリームコロッケ、カキフライ、アジフライでビールならどれがおススメです?なんて。
回答はアジフライでしたので、早速オーダー。

DSC_1329
冷凍保管されてたアジフライをフライヤーでゆっくりと揚げながら。少し待ちつつ配膳です。
油がしっかりと。
ソースをかけて熱いうちにいただきます。
身がふっくらと。衣のサクサク加減も中々。まずはアツアツ。
そのままの鯵の身の淡泊な感じもいいんですが、ウスターソースのスパイシー感も結構好み。
ビールを飲みながらアジフライをいただく。
付け合わせのサラダも水菜にキャベツ。ゴマドレッシングの濃いめでクリーミーな風味も中々。
トマトもしっかりといただきました。
アジフライをいただきながらビールが終わったので芋ロックでいただきます。
グイグイと飲める勢い。まだまだ止まらないので、

DSC_1331
焼酎に合うアテと言う事で宮崎地鶏のわさび和えをいただきました。
わさびが結構効いた感じで。醤油ダレに溶け込んだわさび。水菜と海苔をあえてがっつりと。
身は固め、皮もコリコリとした食感で歯ごたえがしっかりと。
呑むにはいいアテだなぁと。
肉の旨味を感じながらロックでイモ焼酎を飲み干していきます。

DSC_1332
ある程度飲みも進んで、そろそろ〆かな?そんな感じに。
メニューの本日のお茶漬けはと聞いてみたところ、梅と明太だそうで。
ならと言う事で明太を別皿で先にいただきました。
これであと1杯は酒が飲める。そんな感じで。

DSC_1334
1杯だけいただきお茶漬けをお願いしました。わさびも結構な量に海苔がふんだん。出汁茶漬けです。
後のせで先ほどの明太に大葉を投入。
程よく明太を溶かしつつがっつりといただく感じで。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
このくらいの飲み方がちょうどいいなぁとしみじみ。
ビールに焼酎と食事で4,800円ほど。料理は1,800円くらいでしょうから酒を6~7杯ほどいただいた計算かな?
いいアテでした。
福岡県北九州市小倉北区中津口2-1-4

TEL:093-522-7578
営業時間 18:00~(木曜定休日)
呑喰処 よいしょ

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月23日

糟屋郡宇美町 扇龍ラーメン ダブルラーメン、替玉

大神商店のベアーです。

所用で博多経由で目的地まで行くことに。
出発したのはお昼前ですが、どこかで飯でもと思いつつ。
久しぶりに須恵の三洋軒さんとか行ってみたいなぁと思いながら古賀の交差点を曲がりひたすら太宰府方面へ。
時間的に閉まってるかな?と思いながら言ってみますが、やっぱり売り切れ閉店。
まぁ仕方がないと言う事でさらに太宰府方面へ。
時間は中途半端な時間帯。だいたいの店は休憩時間に突入だろうなぁと。
朝倉付近か原鶴付近でうどんかな?と思いながら走ってると、ふと思い出す扇龍ラーメンさん。
太宰府までの道で昔行ってたなぁと言う事でなつかしさもあり、寄ってみることに。

DSC_1321
扇龍ラーメンさん。以前はもっと福岡寄りの反対車線で営業をされてましたけど、こちらに移転です。
記憶にあるのはいきなり団子を販売してた店も長屋のテナントに入ってたなぁと。
しみじみ。
早速暖簾をくぐり店内へ。
カウンターで1人食事中。
テーブル席等もあり広めな造り。
カウンターの席を2つほど飛ばして座ってさぁどうしようかな?と。

DSC_1322
手元にあったメニューを拝見。よくいただいてたメニューもしっかりと。
ラーメン1杯ワンコインの驚きのリーズナブルさがなんとも。

DSC_1323
と言う事でよくいただいてたダブルラーメンをオーダーです。
携帯をいじり、漫画はじめの一歩を数ページ眺めてたら配膳されました。
早速いただきます。
スープを一口、二口。柔らかめの仕上がり。脂っぽさや、香辛料のガツンとした刺激を感じず。コラーゲンがしっかりと溶け込んだ若干粘度があるようなスープの仕上がり。
豚骨の臭みもそこまで感じず。懐かしい豚骨ラーメンの風貌。
麺は細麺ストレート。かん水多めで若干黄色が強く感じる仕上がり。
シコシコとした食感。つるりとのどを通しつつ。
きくらげのコリっとした食感をアクセントでいただきながら。
チャーシューは柔らかめ。オイリーと言うほど脂っぽさはないですが、適度にとろける仕上がりで。
パサつく感じは無く。ホロホロと崩れるくらいの柔らかさ。肉っぽさを感じず。

DSC_1324
替玉をいただきました。チャーシュー1枚ついて来るスタイルで。
ズズズと啜りながらがっつりと。
玉子はハードボイルドで半分で。スープに沈めて余熱と出汁を少し黄身に吸わせていただくスタイル。
若干粘度のあるスープをしっかりいただき完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
久しぶりにいただくラーメン。なつかしさを思いながら。
ダブルラーメンに替玉で650円とリーズナブルな価格で。もう少しスープに熱があればさらに良かったなぁとそんな感じで。
福岡県糟屋郡宇美町桜原1-2-36

TEL:092-933-1425
営業時間 11:00~21:00(第1・3月曜定休日)
扇龍ラーメン

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 14:08|PermalinkComments(0)福岡近辺 | ラーメン

2017年03月22日

行橋市 食堂 百万石 皮酢、酢モツ、ヒラス刺、串カツ、焼き鳥、から揚げ、オムライス、ちゃんぽん

大神商店のベアーです。

行橋出身の先輩にからあげ太郎さんがいいよと教えてもらい訪問し、行橋のレベルの高さに意外に驚きを感じつつ。
角打ち 立ちヒロシの大将が行橋出身と言う事もあり、数点巡った記憶等々を話題で飲んでおりましたところ、大将の友人の方曰く、あっちの方が俺は好みだけどと言うような。
門司のお福とふじのような派閥抗争がある様子。ならばと言う事でつたない記憶を頼りに班長を誘って飲みに行くことに。
たぶんここでは?記憶に薄いが歴史の教科書に出てくるようなそんな名前だったなぁと言う事で訪問です。

DSC_1320
食堂 百万石さん。駅前の通りのすぐのところにありました。
持ち帰りもある店の様子。入口横の窓から注文をしてる人を見かけつつ。

DSC_1304
食堂な感じがぷんぷんと。早速扉を開いて店内へ。
中に入るとコの字型のカウンターが中央に。テーブル席も数席ほど。2階もある様子。
ほぼ満席状態でたまたま入れ替わりで帰られた方がいたので、そのテーブルに案内されました。

DSC_1313
メニューも食堂メニューから一品料理。つまみなどなど。

DSC_1309
本日のおすすめで刺身等も置いてる様子。

DSC_1307
まずはビールをいただきます。冷えたグラスに細かな泡。ぐいっと飲みながら料理を待つことに。

DSC_1310
まずは皮酢と酢もつ。配膳までにさほど時間がかからないだろうなぁと言う事で。
皮は柔らかめな食感。ポン酢をしっかり混ぜつつ。
素モツはスライスしたズリで、食感も柔らかめ。こちらもポン酢がしっかり染みていい塩梅。

DSC_1311
串カツです。
卓上にあったソースを適量かけていただきます。
豚バラに衣がしっかりと。
豚の脂身が衣でコーティングされてていい旨み。
アツアツのうちをかじりながらビールをいただく感じで。

DSC_1312
ヒラスの刺身です。
鮮度が高め。ハラミの部位はコリコリとした食感。
醤油に付けるとはじくほどの脂ののり具合。
プリッとした食感、かなりの弾力。
わさびを乗せて醤油をちょっと。口に含むと鼻を通る刺激がいい具合。

DSC_1314
から揚げを頼んだんですが、モモも骨付きも完売だそうで。モモ身を期待してたんですが、残念。
骨なしの部位をいただきます。
しっかりとした生姜醤油風味。衣も厚めですが、中の身はあっさり具合。
胸肉だなぁと。パサつくほどではないですが、ジューシーとはいかないほどの肉汁感。

DSC_1317
ビールも飲み終わりましたので、ハイボールをいただきます。
強くない炭酸。薄目ですが、さっぱりとしたハイボール感がしっかり。

DSC_1316
焼鳥です。
左から肝、ホルモン、皮、つくねの順番で。
皮のコラーゲン質を堪能しながら。
肝は結構しっかり焼くスタイル。ネットリの少し上ほどのざらつきを感じるくらい。
タレが十分に染みてますがなかなか。
つくねは柔らかい食感。ホルモンのクニュっとした歯ごたえは中々。

DSC_1318
班長注文のオムライス。
昔ながらのチキンライスを玉子に包んだケチャップ仕様。
ご飯のケチャップ感もさることながら、結構な具沢山。少しのご飯のコゲが若干目気になる程度で。

DSC_1319
〆にちゃんぽんをいただきました。野菜たくさん具沢山。
少し粘度を感じるスープ。コラーゲンがしっかりと。
野菜の量ががっつりあり、これは中々。
麺は太麺でしっかりと出汁が染み込んで優しい味に。
干しシイタケの風味と出汁を感じながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
酒2杯に料理で5,000円行かないほどだったかと。

次回はモモ身の唐揚げをいただこうと心に誓いつつ。
福岡県行橋市宮市町4-3

TEL:0930-22-0629
営業時間 土日は昼から、平日は夕方からOPENしてた貼り紙が。
食堂 百万石

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 15:01|PermalinkComments(0)福岡近辺 | 居酒屋・宴会

2017年03月21日

小倉北区 炉端と串焼 炭衛門 ゴマサバ、バーニャカウダ、麩田楽、焼き鳥、ちらし寿司

大神商店のベアーです。

先日班長と共に食事でもと言う事で、少し近況の報告及び、今後の展開についての話し合いを行うべく、小倉の街へ集合です。
とりあえず座れる場所に入ろうと言う事で焼き鳥あたりがいいなぁと言う班長のリクエスト。
そういえば、コレットの裏に入ったことの無い串焼きの店があったなぁと言う事で、向かってみます。

DSC_1211
炉端と串焼 炭衛門さん。エレベーターで2階に上がったところフロアすべてが炭衛門さんの様子で暖簾がかかっていました。
一歩踏み出すと、まさかの段差が。
前を見てないと危ないですね。
2人である旨を伝えると、入口付近のカウンターへ案内されました。

DSC_1212
壁に掲げられてるメニューがずらりと。
とりあえずビールを注文し乾杯。写メったはずが記録されてなかった罠がここに。
しっかりと飲みつつオーダーと言う事で。

DSC_1215
まずはゴマサバ。醤油が注がれた器に少し〆たサバの身。ゴマを適量振りかけてある漬けではないスタイル。
珍しいなぁと思いながら一口。煮切り醤油を適量付けてわさびと共にいただきます。
軽く締まったサバの身。少しの熟成加減があり柔らかめな食感。

DSC_1218
麩田楽です。
焼いた生麩に味噌だれをドバっと。
モッチリとした生麩の食感。味噌の濃い味がしっかりと。口の中に放り込むとかなりの弾力を感じるもちもち感。ビールで流し込みながら。

DSC_1220
バーニャカウダーと言う事で。
焼いた野菜をアンチョビマヨネーズでいただきます。
適度な火の通り具合がなかなか。
アボガドの柔らかくトロリとした食感がいい感じ。
シイタケとかナスとかあまりバーニャカウダーで見かけない野菜もしっかりいただきました。

DSC_1221
串と言う事でねぎまがわさびで。中はしっとりとレアっぽさが残る焼き加減。表面は魚の身の食感。中は刺身ほどの食感。

DSC_1223
レバーのタレにかしわ。レバーの火の入り具合はミディアムを少し超えるほど。ネットリとした食感に少しのレバー香が漂うほどで。

DSC_1225
ちらし寿司です。
マグロ、玉子、白身。胡瓜と海苔にミニトマトが表面を覆うように盛りつけられてます。
酸味もきつくない酢飯に醤油を少し垂らしてがっつりと。
ごちそうさまでした。しっかりといただきました。
串等も少し高めな値段設定かな?と思ったほどで。
ビール4杯に料理で6,000円行かなかったくらいだったと。まぁそんなもんかな?
福岡県北九州市小倉北区京町3-5-7 2F

TEL:093-521-8977
営業時間 17:00~(不定休)
炉端と串焼 炭衛門

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月20日

小倉南区 浜焼き 浜太郎 焼き牡蠣、ホタテバター焼き、豚バラ、牡蠣飯、焼ウニ

大神商店のベアーです。

週末の仕事もそこそこにこなして、家でまったりと優雅な時間を過ごしてると、
突発的なTELでのクライアントの呼び出しに応じて夕方から訪問。
行ってみると、さして休みの日に話す内容でなかったりと。
まぁ困ったもんです。
仕方がないなぁと思いつつ家に帰り着くと班長から連絡が。
今年牡蠣小屋行ってないからどう?シーズンそろそろ終わりそうだしと言う事で、
こんな日も呑むかそんな気分で準備をして外出です。

DSC_1284
曽根の駅を過ぎたあたりにあります浜焼き 浜太郎さん。今年もやってるのを見かけてましたが、入るのは初。
横の駐車スペースに車を止めて早速訪問。
大き目のビニールハウスで奥に炭焼き場、手前に食材がぎっしりと。

DSC_1285
ハマグリやアワビが置かれてたり、

DSC_1286
時間が少し遅めな感じで食材もまばらな具合で。

DSC_1287
ウニやご飯もの等々と。

DSC_1289
ランチや牡蠣焼きそばのPOPがあったりとなんとも賑わしい感じで。

DSC_1288
全体的なメニューを見ながらさぁどうするかと言う事で。
店員さんに初である旨を伝えると、牡蠣の種類を選んで食材をバットに入れて持って来ていただければ伝票記入しますよと言う事らしい。
早速適量の食材を取りつつカウンターへ。
伝票に記載を行い札をいただ来ます。
どうやらその都度会計ではなく一括後払い方式の様子。
札に書かれた炭焼きの番号席へいきますと、オガ炭を大量に投入いただきました。
温かい感じで。この季節のこの温度は中々寒くなくていいなぁと思いながら。

DSC_1290
牡蠣大を1kgに

DSC_1291
ほどほどのの食材。試しも兼ねて。

DSC_1292
エビ釣り、サザエ釣りなんてのもありましたけど、腹上向けで横たわる車エビ群。
まぁ時期的にそろそろ終了だろうからよく仕事したんだろうなぁと思いながら。

DSC_1293
生ビールをグイッと飲みながら炭の火を眺めつつ。

DSC_1296
水蒸気爆発を起こさないように牡蠣の口を適度に空くくらい叩き割りますが、念のために班長方向に口を向けながらじっくりと焼いていきます。

DSC_1294
牡蠣ご飯を温めなおしていただきました。
かなりの昆布量でしっかりとした醤油風味。ご飯に出汁の旨味がしっかり染みた炊き込みご飯。米粒もいい粘度と固さ。

DSC_1295
焼きあがるまでウニをつまみにビールをグイッと。
冷凍の外国産ウニですが、まぁそれはそれで。
そのままでも塩味が十分トロッとした口どけはウニの旨味がそのままで。
まぁ焼き用と言う事なので、生食は適量で。

DSC_1297
口が開いた牡蠣の上にウニを乗っけて出汁焼きに。
グツグツと汁が煮あがってきたらがっつりいただきます。
ウニの旨味がしっかりと。
牡蠣の濃い旨みも相成って。
まぁ感じはわかりますが、たぶん個別にいただいても十分旨を感じるんだろうなぁと言う事で以降の牡蠣はポン酢だったり素のままでいただくこと決定。

DSC_1299
牡蠣をある程度処理し、ホタテをじっくりと。
中の汁をこぼさないように慎重に置き場を確保しながらじっくりと火を通すスタイルで。
バターも溶け汁にと一体化し、身も十分熱が入った様子なので、貝柱を外して一口パクリと。
グイッとビールを飲みながら殻を少し温めつつ、ウニを投入。

DSC_1302
と言う事で焼き雲丹をいただきます。ホタテの出汁にバターが溶け込んで中のウニが沸々と。周囲が少し溶けてきてる中のウニを箸でつまんで一献。
なかなかいい塩味に旨み。酒も切れつつあったのが残念無念。
しっかりと堪能いたしました。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。焼き雲丹いいなぁと心の奥底から思いつつ。
ビール2杯に食材で5,400円だったと思います。牡蠣大が1kgで1,500円。まぁ簑島の牡蠣直売所より若干高めな感じかな?と。冷凍ウニもパックで800円とまぁそんな具合の価格だからより焼きに躊躇もせずで。
福岡県北九州市小倉南区上曽根新町897-7

TEL:080-7946-5815
営業時間 10:00~20:30(無休ですが、3/20までで今シーズン終了だそうで)
浜焼き 浜太郎

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月19日

小倉北区 炉ばた 七福心 本日の刺し盛り、穴子の白焼き、カリカリ茶そば鉄板

大神商店のベアーです。

一杯飲める程度の臨時収入があったので、意気揚々と小倉の街に飲みに出ることに。
ガッツリといただくのもいいなぁとか考えつつはしご酒の感じで。
米町付近を歩きながらさぁ何をいただこうかと。
沖縄系の居酒屋さん2軒も気になるところですが、魚町のハワイ系のお店も興味が沸いてたりと。
逸る気持ちを抑えつつまずは、軽く一献と言う事で。

DSC_1273
炉ばた 七福心さんへ訪問です。
玄関前は少しにぎやかな感じで。
看板もしっかりと灯りが灯ってます。
脇におススメのメニューが貼られてたりと。
扉を開いて店内へ。大き目なカウンターがずらりと。
テーブル席も数席用意されてます。
1人である旨を伝えるとお好きな席へと言う事でしたので、カウンター中央あたりへ。
先客は旅行客のカップルさん。名所名物とかを訪ねてる様子。

DSC_1275
メニューを見ながらさぁどうしようかな?と。
ドリンクオーダーを聞きに来られましたので、刺し盛りと焼酎の芋ロックでお願いしました。

DSC_1277
さっそく届いた芋ロック。氷で適度に加水されつつ。
黒霧島です。スタンダードな感じで。

DSC_1278
ほぼ同時ほどに刺し盛りが。4点盛りです。
マグロの中トロ、サーモンに炙りしめさば、タコと言う事で。
わさびを乗せつつ刺身をいただきます。
適度の弾力、いい柔らかさ。わさびの刺激を鼻で感じながらがっつりといただきます。
炙りしめさば、中トロ、タコと言う事で鮮度が重要な刺身は特段無く。マグロの熟成もいい感じの柔らかさ。

DSC_1279
焼き物でブリカマにしようかとか考えつつ悩んだところで穴子の白焼きをお願いしました。
もう少し焼かれた方が好みですが。
プリッとした食感。弾力も硬めで、骨を噛みながらいただく感じでまた焼酎が進む具合。
わさびを乗せながら醤油にちょいと付けて弾力感がある身をかじる。
青のりの風味もいいアクセント。

DSC_1280
炭水化物系を何か入れておこうと言う事で、メニューを見ながら気になったカリカリ茶そば鉄板をオーダー。
まぁ瓦そばですよね。
アツアツに焼かれた鉄板の上で茶そばがしっかりと焼けてる様子。
カリカリになった茶そばをつゆにつけていただく。カリッとした食感にモッチリとした茶そばの風味と弾力。
肉と厚手な錦糸卵もつゆに通して口に含んで肉の旨味を堪能。
鉄板の上の蕎麦を全体的に広げてカリカリ面を増やすべく、裏返したりと焼きながら。
これでも焼酎が飲めるなぁと言う事でさらに追加をしながら完食。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
意外に珍しいメニューがあってなかなか楽しいなぁと。
焼酎4杯ほどに料理で5,000円前後だったと。
福岡県北九州市小倉北区京町3-11-17 岩崎ビル 1F

TEL:093-522-1323
営業時間 17:00~00:00 (日曜定休日)
炉ばた 七福心

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月18日

小倉北区 焼肉 ヤキニク園 上ロース定食

大神商店のベアーです。

小倉北区の神岳付近を走行しつつ城野駅へ向かう途中で、三叉路を曲がった先にある焼肉屋さんが今回の現場。

DSC_1264
ヤキニク園さんです。
神岳付近は焼肉屋の激戦区で、結構な数の肉屋が。
一本入った通りから表通り、近辺まで合わせると片手で数えられないほどの焼き肉店がひしめき合ってる感じで。
そんな一角。
以前はホルモン園さんがあった跡地に同じような名前でOPENしたなぁと。オーナーは変わってないのかな?とか考えつつ通っておりましたら、ランチののぼりが数本立ってるのを発見。
ランチをやってたのかと、ふと興味が沸いて入って見ることに。
入口側の駐車場へ車を止めて早速中へ。
自動ドアを開けて下駄箱へ靴を補完。
店舗の扉を開くと音が鳴るシステム。1名の店員さんが颯爽登場。
1名である旨を伝えると奥の座敷に案内されました。

すべて個室のスタイル。確かに神岳二丁目の店長に話を聞いたら、良い肉を使った高めの焼肉屋だと聞いてますと言ってたので、そんな感じだなぁと思いながら。

DSC_1265
ランチメニューを確認。上のロース、カルビ、タン定食に地鶏豚バラ定食と言う事で。
ならばと言う事で、上ロース定食をお願いします。
ソフトドリンクはどうしましょうかと言う事で、アイスコーヒーをお願いしました。

DSC_1268
まずは最初にアイスコーヒーが。水より先に配膳です。
おおぅ。斬新な手法。さすがに食事前に味を舌に落としたくないので横によけて放置を決定。
氷が溶けて水っぽくなるだろうけど仕方がない。そんな感じで。

DSC_1269
少し待ってますと配膳されました。

DSC_1270
肉アップ。
まじまじと見ると肉です。
モミダレに浸かることも無く。
塩も胡椒すら振られてない様子。
素材の味で勝負派のお店なんだなぁと。
肉も厚めでスライスでしっかりとした感じで。
先にサラダをいただきます。
ドレッシングは焼肉屋さんのタレ系ドレッシング。酸味もそこそこに旨みがしっかり。
トマトも適度の青臭さを残しつつしっかりと。
水菜とレタスに染みたドレッシングななんともいいシャキシャキ感。

DSC_1272
網もしっかりとした鉄格子スタイル。タレもついてないからコゲも気にせずに。
早速一枚一枚と焼いていただきます。
そのままの肉の味を確認。
噛めば噛むほど肉の旨味がしっかりと。
厚めの切り口なので、少しアク的な感じが若干気になる程度ですが、肉肉しい感じの赤身の旨味。
しっかりとした筋肉繊維に適量の霜が旨みをしっかりと。
タレは醤油系で丁寧にすりおろされた食材が微かにわかる程度。旨みも十分、コクもしっかりと。
6枚ほどの肉を2枚素材で、2枚タレで、残りの2枚はテーブルに置かれてた塩を適量振りつつ脂の旨味を堪能しながらいただくスタイル。
途中で味噌汁とご飯。タレとご飯で1杯ほどお代わりしながら完食です。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。
上ロース定食で1,380円だったと。まぁこの金額なら城野のやすもりさんの少し上の定食とか、小倉町中の龍園さんとかの定食とか選択肢は多々かな?そんな感じで。
肉自体の旨味はしっかりと。
福岡県北九州市小倉北区熊本2-1-9

TEL:093-512-5829
営業時間 11:30~14:00/17:00~23:00(火曜定休日)
焼肉 ヤキニク園

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月17日

小倉北区 旬創酒庵 うま家 ごまさば、塩サバ、ナンコツの唐揚げ、明太茶漬け

大神商店のベアーです。

仕事も一段落。週末は少し用事が立て込んでるので、少し飲みも兼ねて外に出ようと。
街中を離れ少し歩いてみようと言う事で。旦過方向から三萩野、白銀付近をぐるりと回ってまた三萩野へ。
気になる店は数店あれど、いざ入るにはどうしようかなぁ?と。
三萩野といえば、以前歯科の先生から連れて行ってもらった店があったなぁと言う事で、久しぶりに行ってみるかと向かいます。
丁度交差点の先ほどにあります居酒屋さん。

DSC_1248
旬創酒庵 うま家さん。馬刺し等々がいいと言う事で連れて行ってもらったなぁと。

DSC_1249
店の横の壁にはおまかせコース等々のメニューがずらりと。
早速訪問です。
扉を開けて中に入ります。
履物を脱いで下駄箱に入れるスタイル。段を上がり店内へ。
店内は掘りごたつ式の座敷のテーブルがずらりと。左奥にカウンターが。
1名である旨を伝えるとどうぞと掘りごたつ式のカウンターへ。

DSC_1250
まずはビールを一杯いただきます。
サッポロ系で泡多め。グラスを傾けてビールをいただきます。

DSC_1252
お通しと言う事で。茹でブロッコリーの醤油系ドレッシングかけ。コリッとした茎の食感も中々。ブロッコリーの穂先の部分もいい固さ。
ビールを半分ほどいただきながら、さぁどうしようかなと言う事で。

DSC_1253
まずはゴマサバをいただきました。
浅漬けタイプでしっかりと。
わさびはチューブのきざみ混ぜスタイルで。
漬け醤油にしっかりとわさびを溶いてピリリとした風味と共にいただきます。
さばのプリッとした食感。中々。海苔も適度に混ぜつつ。
焼酎が欲しくなってきたので二階堂をロックでお願いしました。
キリリとアルコール感を感じる麦焼酎。ロックの氷を混ぜて冷やして出してくるので若干目加水されてるほどで。
大葉でくるんでサバの身をいただき、焼酎で口をサッパリと。
まだまだ焼酎いけるなぁと言う事で。

DSC_1254
塩サバをお願いします。
ハラミあたり。大根おろしは水分多めで甘めな感じで。
脂がしっかりと出て旨みが凝縮してるハラミあたりをアツアツのうちに箸でつまみつつグイッと一献。
大根おろしに醤油を適量振りつつ口に運んでこざっぱりと。
身もふっくらとと焼きあがってて、そこそこの塩味がいい酒のアテで。

DSC_1255
揚げ物と言う事でやげんナンコツの唐揚げを。
から揚げと言うより天ぷらっぽい感じだなぁと。
素揚げの方が若干好みかもと思いつつ。
軟骨部位の周囲についてる肉も丁寧にそぎ落とされた完全にナンコツ部位の唐揚げ。
塩味は少な目。少し塩を追加で振りつつ、レモンを回しかけていただきます。
コリッとした食感のナンコツ、アツアツです。
衣が少し野暮ったくもっさりとした感じですが、まぁそんなもんかな?と思いながら。

DSC_1256
〆前かなぁと言う事で明太お茶漬けをお願いします。
明太を別皿で先にいただき、これをつまみでいただこうとしたら、

DSC_1257
言うのが遅かった様子で一口かじったあたりで出汁が注がれお茶漬け配膳。
あらら。
わさびをお茶漬けに溶いて海苔茶でズズズと先にいただきます。
冷えて汁を吸った飯をいただくくらいならと言う事で。
米も適量。出汁も少し多めでサラッと胃に流し込み。〆のお茶漬けを完食し、残った明太と二階堂を飲み干す形で。
完食です。ごちそうさまでした。堪能いたしました。
全体的に少し量が少な目設定だなぁというのが感想かな?と。
食べ盛りではないですけど、もう少し多めな店の方が満足度が高いかも。
ビールに焼酎5杯程度に料理で5,000円程度だったと思います。
焼酎ロックが+50円と書かれてましたけど、がっつり氷入りなんですけどねと思いながら。
福岡県北九州市小倉北区片野1-1-3

TEL:093-921-5959
営業時間 17:00~3:00 (日・祝日 17:00~0:00)(月曜定休日)
旬創酒庵 うま家

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


2017年03月16日

小倉北区 中華料理 龍福 八宝菜定食

大神商店のベアーです。

午前中に小倉北区をぐるりと回り、午後からは少し城野方向へ足を延ばす予定。
ランチはその途中でと思いながらも久しぶりに中華っぽいものがいいなぁと。
そういえば、小倉北区の市役所手前に中華屋さんがあったなぁと思い出し、寄ってみることに。
久しぶりの訪問です。

DSC_1243
中華料理 龍福さん。町の中華屋っぽい雰囲気で下町感が漂う風貌。
ガラス戸から中を覗いてみると、サラリーマンのオアシスな感じで。
女性客もグループで食事を取られてる様子。
早速扉を開けて店内へ。
おばちゃんがいらっしゃいと。少し陽気な感じがする方。
1名である旨を伝えると奥のテーブル席へどうぞと案内いただきました。
座ってさぁどうしようかな?と日替わり定食が壁に貼られてた感じで。

DSC_1244
水と共に年期の入ったメニュー表が。
大分色あせてます。
どうしようかなぁと考えつつ、ラーメンも350円とは安いなぁと。
麺類よりご飯の定食気分。そう感じで八宝菜定食をお願いすることに。
近所の勤め先の方々の様子で、休憩時間をゆっくりくつろいてる様子。
漫画の量がかなり多めで背中の棚にずらりと。
そんな感じで待ってましたら配膳されました。

DSC_1245
八宝菜定食。

DSC_1246
メインアップで。
早速いただきます。
小鉢は冷奴にほうれん草に炒り玉子。3品とは中々侮りがたしとか考えつつ。
メインの八宝菜も結構な量がしっかりと。
ご飯多めでもらえばよかったとか考えつつ。
ほうれん草に醤油を少し垂らしシャキっとした食感をいただきながら、冷奴へ。
ゴマがしっかりと振られて少しの醤油でコクと旨みを堪能。
炒り卵は作り置きですが、中華だし味でいただきつつご飯をがっつりと。
さて、メインの八宝菜と言う事で。結構な食材量。イカに海老に肉団子、きくらげ、ベビーコーン、うずらの卵が2個か3個か。多いなとか思いながら。豚肉に青梗菜等々。しっかりと中華餡でとろみもつけて。
箸でつかみつつご飯を頂く。
野菜もシャキっとした食感でこれまたいい具合。
ビールとか焼酎とかもいい具合の塩味で濃さはそこそこに。
ご飯を頂きながらお代わりもらおうかなぁとか少し過るも、食べ過ぎだなぁと言う事で控える方向で。
味噌汁は柚子入りの様子。わかめの味噌汁を啜ると少し酸味が。
ん?作り置きで酸っぱくなってる?と思って数口いただいてみると、柚子の皮が。なるほど。たぶん果実も絞って風味を足してるんだなぁと思いながら。
ごちそうさまでした。堪能いたしました。中々のボリュームにリーズナブルな価格帯。
八宝菜定食で700円とはかなりのコスパの良さ。
福岡県北九州市小倉北区中島1-14-2

TEL:093-531-8928
営業時間 11:00~14:30/17:00~21:00(日祝日定休日)
中華料理 龍福

ランキングに参加中です。よければクリックお願いします。

人気ブログランキング にほんブログ村ランキング
  


ookamisyouten at 11:35|PermalinkComments(0)北九州市小倉北区 | 中華
livedoor プロフィール
livedoor 天気